空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

シカゴはアートな街 街を歩けばアートに出会う

 

f:id:globalcat:20180817065926j:plain

 

ミレニアム・パークのザ・ビーン(The Bean)

 

こちらは、シカゴで撮ったお気に入りのショット。

 

ミレニアム・パークのザ・ビーンの名前で愛されているオブジェ。

 

ビーンの中にシカゴの街が映っていて、まるで別の世界から、もうひとつのプラネットをみているような気分になります。

 

シカゴ市民1000人の顔

 

『クラウン・ファウンテン』という噴水。

 

f:id:globalcat:20180817070639j:plain

 

巨大な長方形の噴水に映し出されるのは、1,000人のシカゴ市民の顔のようです。

 

口の中からジョ~~~っとお水が出るのがなんともユニーク。

 

f:id:globalcat:20180817070740j:plain

 

2つ噴水があって、2つとも大きなスクリーンに顔が出てきます。

 

シカゴは夏でも過ごしやすいですが、日中の日差しは強く、結構暑いです。

 

噴水の周りにはベンチもあるので、涼んでいる人も多く見かけられました。

 

ティファニー・グラスドーム

 

f:id:globalcat:20180817071048j:plain

 

ミレニアム・パーク前にある、シカゴ文化センターでご覧になれます。

 

それも無料で入れるからありがたい。

 

シカゴで目にしたもので、このティファニー・グラスドームは、わたしの中では一番思い出に残る、そして一番美しいと思ったものです。

 

シカゴの摩天楼の景色も素敵ですが、わたしは、このドームに心を奪われました。

 

なんと表現したらよいのでしょう、グラスの質感にこの丸み、そして柔らかな黄色、緑、ピンクに青が絶妙なバランスで融合しているこの色合いが、とても上品で心ごと包み込まれる優しさを感じるドームです。

 

f:id:globalcat:20180817124127j:plain

 

まるで刺繍のようなタイルアート。

 

f:id:globalcat:20180817124216j:plain

 

外観も素敵♪

 

下記のサイトに、もっと詳しく記載があり、写真もきれいです。

mikissh.com

  

丸みを帯びた高層ビル(Lake Point Tower)

 

f:id:globalcat:20180817071713j:plain

 

シカゴには、たくさんユニークで斬新なデザインの高層ビルがたくさんあり、目移りしますが、わたしのお気に入りはこれ、Lake Point Towerです。

 

ネイビー・ピア付近にある高層マンションで、ミシガン湖を一望できるようです。

 

何が好きかというと、やはりこの丸み。

 

わたしは、角ばっているものより、丸みのあるものに惹かれます^^

 

 ポップなアート

 

f:id:globalcat:20180817121859j:plain

 

シカゴ文化センターのアートギャラリーで、たくさんポップなかわいらしいアートがあって、かなり心浮かれました。

 

こちらのアートは、クラッシックな色使いと、文字フォントが素敵。

 

f:id:globalcat:20180817122932j:plain

 

こちらも、カジュアル&レトロ。

 

ナイトショーではなく、ブレックファーストショー??^^;

 

f:id:globalcat:20180817123407j:plain

 

こちらは、巻き毛にするために、おばちゃんが寝る前に巻くようなものを巻いて、どことなくエロチックでセクシーな女性のアート。

 

f:id:globalcat:20180817123756j:plain

 

こちらは、バカボンのパパとママを洋風にしたような感じ^^

 

f:id:globalcat:20180817123835j:plain

  

レコードがモチーフのシックなアート

 

f:id:globalcat:20180817123913j:plain

 

ディテールを横からみると、こんな感じ。

 

シカゴの街中アート

 

f:id:globalcat:20180817124315j:plain

 

こちらの写真は、シカゴリバーの畔の壁アート。

 

青い空とエメラルドグリーンのシカゴ川に映える、カラフルアートです。

 

f:id:globalcat:20180817124522j:plain

 

こちらは、McCormick Place(マコーミックプレイス) - シカゴの巨大な展示会場から徒歩3分のマリオットホテルのアートです。

 

これ、結構大きくて、目の前でみると、迫力ある大きさです。

 

f:id:globalcat:20180817124821j:plain

 

こちらは、建築物を学ぶリバークルーズの際に見かけたアートです。

 

〇の中に、無造作に、でもピッタリ入っている模様が素敵だなと。

 

f:id:globalcat:20180817124947j:plain

 

こちらは、確か・・・学会会場内の通路で見かけたアート。

 

シカゴの街が、夕焼けに染まっているのでしょうか。

 

ピーカンな青空を背景としたシカゴの街アートが多い中、どこか哀愁漂うシカゴの街。

  

f:id:globalcat:20180817125151j:plain

 

こちらは、帰国前にお目にかかった、オヘア国際空港内のアート壁画です。

 

なんともカラフルでユニークなアート。

 

シカゴは、マンホールもおしゃれ(写真を取り忘れ)ですし、ちょっとしたことが何かとおしゃれな街です。

 

街を歩けばアートに出会う、そんな街シカゴは、素敵な街です♪

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

シカゴの治安と交通について、個人的に感じたこと

 

f:id:globalcat:20180815071048j:plain

 

シカゴの治安について

 

わたしは、どこの街においても、まずは肌で街の雰囲気を感じるようにしています。

 

今までの出張において、それほど危険と感じる都市には行ったことがないので、果たして自分のセンスがどこまで役に立つのかはわかりませんが、『この街は大丈夫そう』というのは、なんとなく、感じている自分がいます。

 

さて、シカゴですが、オヘア国際空港においても、宿泊先のRiver Noth という地域(シカゴ川のちょい北側)は、人通りも多いですし、雰囲気的には、女性ひとりでも安心して歩ける街、という印象です。

 

ただし、シカゴは全米3番目の大都会。

 

じもっぴーのUberドライバーに話を聞いたところ、シカゴで危険な場所というのが確実にある様子で、主にダウンタウン、チャイナタウンから南方面は危険のようです。

 

出張前には、下記サイトにて、ざっくりですが、どのあたりが危険な地域なのかを確認していきました。

 

地図上に、ギャングや泥棒の絵が描いてあって、わかりやすい情報です。

 

ざっくりと、危険地域を把握するのに役立ちました。

 

ryugaku-kuchikomi.com

 

地下道が多いシカゴ

 

わたしが滞在したRiver Nothという地区では、何かと地下道にくぐる道が多かった印象です。

 

地下道も歩いている人がそれなりにいましたので、それほど怖いと思う雰囲気ではありませんでしたが、地下道はホームレスの住処と思われる場所や臭いがし、また、地上に比べるとゴミも多い印象ですので、やはり、少々遠回りでも地上の明るい通りを歩くのがベターかと思います。

 

また、建築物リバークルーズの乗り場のあたりから、ミレニアム・パークまで徒歩で向かう際にまた地下道に入ってしまって、それも人っ子一人いない、車も通らないだだっ広く延々と続く地下道・・・。

 

途中、紙袋にビールかワインの瓶(酒瓶)を入れて歩いているホームレスらしき男性にも遭遇し、地上への出口が見えないところへ突入してしまい、引き返すにも微妙な距離を歩いてきてしまって、結局、意を決して連れの同僚について歩くこと5分ほど、やっと地上の青空が見え、ミレニアムパークの駅構内にたどり着きました。

 

シカゴで一番怖かった通りです・・・。

 

街中は、これでもかっていうぐらい、消防車のサイレンが頻繁になっていましたが、昼間のダウンタウンやRiver North地区付近の地上を歩く限り、怖いと思う雰囲気はありません。

 

銃撃事件のニュースは毎朝

 

シカゴ滞在中、ローカルニュースを毎朝テレビで聞いてましたが、感覚的には天気予報と同じぐらいのトピックス感で、シカゴの銃撃事件の件数の発表や、昨晩どこどこで銃撃事件があり、〇〇名死亡・・・みたいなニュースを耳にしました。

 

偶然、その週の銃撃事件が多かったのか、それとも日常茶飯事なのか、わたしにはわかりませんが、頻繁にニュースをやっている印象です。

 

基本的なことを忘れない

 

シカゴに限らず、どこにいてもそうですが、基本的には

 

〇夜遅くの一人の外出は避ける

〇危険と言われる地域に立ち入らない

〇適度な緊張感を忘れない

 

ということが大事かと。

 

慣れてくると、そして、疲れていたり、仕事が終わったという解放感がある場合は、どうしても気が緩みますし、隙が生まれます。

 

今のところ、大きな事故や事件に巻き込まれた経験はありませんが、油断は禁物と、肝に銘じて海外出張にでかけるようにしています。

  

忘れてはいけない一言。

 

安全は金で買う

 

安全を守るためにケチってはいけません。

 

お金で解決できるなら、安全を選ぼう。

 

シカゴの大渋滞

 

オヘア国際空港からUberでダウンタウンまで向かいましたが、途中で何度か渋滞にはまりまして、1時間以上かかりました。

 

日曜日の午後3時~4時ぐらいでしたので、普通は渋滞になる時間帯ではないかと思うのですが、結構時間がかかりました。

 

金額的には、Uberでチップ込みで30~40ドルぐらいです。

 

タクシーですと、60ドル+ ぐらいだそうです。

 

地下鉄ブルーラインでも、オヘア国際空港からダウンタウンまで行けますが、他のラインと駅が重なっていないような地域にホテルがあると、大きな荷物を持っての移動は何かと大変。

 

ただ一方で、シカゴの交通渋滞はナメてはいけないです。

 

通勤ラッシュの時間帯などでは、Uberのドライバー、そしてホテルの受付のじもっぴーに聞いたところ、『地下鉄が一番確実』とのことでしたので、下手すりゃ2~3時間動かないということもあるらしので、ホテル⇒オヘア国際空港には、ブルーラインの最寄り駅までuberで行って、そこから地下鉄でオヘア国際空港まで向かいました。

 

オヘア国際空港までの地下鉄

 

最終日に地下鉄で空港に向かいましたが、ガラガラの空き空きでした。

 

地下鉄は片道3ドルとかなり割安ですが、チケット発券機はおつりが出ませんのでご注意を。

 

また、クレジットカードで支払いを試みましたが、なぜか読み取りできず・・・。(同僚も断念)

 

地下鉄の改札は、ディズニーランドのように、バーをくるっとまわして入るタイプなのですが、ここでハプニングが。

 

スーツケース大x1、ボストンバック大x1、手荷物バッグx1を両手に抱えた同僚は、改札のバーをまずは荷物だけを通してしまって、肝心な本人が通れず・・・。

 

シングルチケットは、バーが1回くるっとまわったら終わりです。

 

しょうがないので、同僚はバーをえいっと飛び越えたところ、遠くのほうから警備員の声が、『エクスキューズ、サー(ちょっとそこのあなた!』待ちなさい!と、とっ捕まえる勢いの大きな声で引き留められ、理由をかくかくしかじか説明。。。

 

なんとか理解してくれ、『もういいから、早くいけ』ぐらいの感じで、シッシとされ、なんとか地下鉄に乗り込みました。

 

みなさま、手荷物いっぱいの際には気をつけましょう。

 

地下鉄の停車駅、結構あります

 

オヘア国際空港行きの地下鉄なんですが、停車駅が結構あります。

 

おそらく40分ぐらいはかかったと思います。

 

途中、辺鄙なところで、地下鉄が長らく停車しましたが、何のアナウンスもなく、ドアも開かず、誰もおらず・・・。

 

無事に到着できてよかったです^^

 

Uberやタクシーは便利

 

Uberもタクシーも結構、簡単につかまりますので便利です。

 

ひとつ、経験からの教訓。

 

シカゴには、著名なホテル、例えば

 

〇ヒルトン

〇マリオット

〇ハイアット

 

など、1つじゃなく、3つも4つも(それも結構近距離に)ありますので、『どこの?』と聞かれますから、住所とホテルのフルネームを必ずメモってから出かけましょう。

 

この度、バスは利用しませんでした。

 

なるべく自分の足で歩いて、街を感じてみよう! というのがわたしのポリシー。

 

歩いてみると、街のいろんな顔が見えてきて楽しいです♪

 

シカゴは、グルメの街ですし、夜景はきれいだし、公園も、ビーチも、美術館もありますので、街でプラプラ遊ぶには楽しいかもしれませんね。

 

食事は、、、、ビジネスディナーで、宮崎牛(A5ランク)とホワグラを頂きましたが、高級な油を消化できないわたしのお腹は完全に壊れ、大変な思いをしましたが、それ以外は、とっても美味しく、いろんな国のお料理を楽しめました!

 

では、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

シカゴでUber(ウーバー)デビュー 一度使ったら手放せない手軽さ

 

f:id:globalcat:20180814055251j:plain

 

Uber (ウーバー)って何?

 

Uberは、スマホとネット環境さえあれば、ワンタップで自分がいる場所に車が迎えに来て、わざわざ行き先を伝えたり、道案内することもなく、支払もクレジットカードから自動引き落としなので、お金のやり取りもせず、目的の場所に連れて行ってくれる配車システムです。

 

米国企業ウーバー・テクノロジーズが運営しサービスを提供する車の配車アプリとサービスで、世界70か国、450都市以上でサービスを提供しており、基本的に、タクシーよりも乗車料金が割安で、スマホにアプリをダウンロードし、ユーザー登録、決済クレジットカードの登録を行い、ネットアクセスさえあれば、簡単に利用できるサービスです。

 

ドライバーは民間人で、Uberにドライバー登録をすればUberのドライバーとして仕事ができてしまうシステムです。

 

『民間人なら誰でもドライバーになれるの???』と、最初は、Uber利用に安全性の面から抵抗があったのですが、これだけ全世界でサービスが浸透していることを考えると、安全面もしっかり考慮された上でのサービス展開なのだろうと思い、Uberをシカゴで初利用しました。

 

Uberはどうやって使うの?

 

簡単です。

 

まず、スマホで下記のUberサイトにアクセスします。

 

www.uber.com

 

1.ユーザー名を登録する。

2.クレジットカード詳細を入力する。

3.行き先を登録する(ホテル名や場所の名前でOK)

4.配車依頼のボタンを押す

5.降車時にドライバー評価(5つ星中)

 

これだけです。

 

スマホのアプリを起動させると、自分の居場所がGPSで自動的に表示され、自分がいる場所の近くにいるUberドライバーが何台か表示されます。

 

 

Uberをシェアするか、単独で利用するかオプションが出てきますが、わたしは単独利用を選びました。

 

ドライバーの特定は、車種や車の色、ドライバーの顔写真、そして車のプレートナンバーでできます。

 

そうすると、『2分後に到着します』など、配車までの時間が表示されますので、あとは、車の色と車のプレート番号の確認をして、『ちびまるさんですか?』と名前を確認されるので、『はいそうです』といって、乗車するだけです。

 

Uberの魅力

 

Uberの魅力は、なんといっても手軽さです。

 

ドライバーに行き先の説明をすることもないし、わずらわしいお金のやりとりもいりません。

 

チップの支払いもシステム化されていて、5ドル、10ドル、15ドル、と表示されたものを選ぶ場合と、10%、15%、20%という%で選ぶ場合といろいろありますが、いずれにしても、ポチっと選ぶだけで、クレジットカードで自動支払いです。

 

領収書は、登録済みのメールアドレスに自動的に飛んできますので、領収書を紛失する恐れもないし、何より、さっと乗って、さっと降りられる手軽さが魅力です。

 

また、何より、支払い金額が乗車前に決定づけられるので、ぼったくられる心配もありませんし、到着地までのルートも自分のスマホで確認でき、また、あとどのぐらいの時間で到着する、という到着予測もしてくれますので便利です。

 

それと、5 ~6名など大人数の場合で1台で移動したい場合は、ワゴン車など大きめの車をあらかじめ指定することも可能なので、とても便利です。

 

Uber料金は需要と供給で変動

 

Uberの料金は、システムで決定づけられており、ドライバーと料金の確認をする必要はありません。

 

Uberの料金は、需要と供給のバランスで変動します。

 

通勤時間のラッシュアワーなどUberの需要が高い場合は、通常価格の倍の値段に設定される場合もありますが、それでもタクシー料金とそれほど変わらない金額です。

 

1か所に何万人も集まる学会会場からダウンタウンまで乗車する場合は、時間帯によっては大混雑し、Uberの配車時間も10分~20分など時間がかかる場合もあります。

 

 

Uberのドライバーと会話を楽しむ

 

わたしは、Uberに限らず、Taxiの場合でも、会話を楽しむようにしています。

 

Uberのドライバーと話をする限りでは、彼らはそもそもタクシーのようなドライバーが本職というわけではなく、どちらかというとアルバイト的な感覚でやっている人が多いように思います。

 

シカゴのオヘア国際空港からホテルまでお世話になったUberのドライバーは、もともとPhDを持っている専門家で、企業のトップまで上りつめたインテリなおじさんで、なんでUberのドライバーやっているのかと聞いたところ、『彼女とデートしたいからお小遣い稼ぎ』なんだそう^^;

 

基本的にリタイアしているようでしたが、お料理も大好きのようで、時々パーティを催してシェフとしてお料理をふるまうのだとか。

 

政治の話から、ビジネスの話、そしてシカゴの街に関する話まで、道中小一時間ほど、ずっとおしゃべりしてました。

 

インテリおじさんも楽しかったようで、ホテル到着時には、特別にチョコレートを頂きました^^

 

まだ1回ぽっきりのUber Useですが、また利用したいと思います。

 

では、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

USAシカゴおすすめ観光【5選】短期間の滞在でも十分楽しめるシカゴ

 

f:id:globalcat:20180813055253j:plain

 

1.シカゴ建築物リバークルーズ

 

わたしは、出張の際には、必ず隙間時間にできる限り街を歩き、観光を楽しむようにしています。

 

今回のシカゴ出張は、同僚と一緒だったのですが、彼はいつも図書館で地球の歩き方を借りてきてくれ、あらかじめ、見どころをいろいろ調べてくれるのでありがたいです。

 

その彼がおすすめしてくれたのは、シカゴ建築物リバーツアー。

 

シカゴは米国第3の都市、大都会。

 

そのシカゴには、他の都市では見られない、ユニークかつ、アーティスティックな高層建築物がたくさんあり、シカゴはアートな街です。

 

わたしたちは、シカゴ建築協会が提供するリバークルーズ、Chicago's First Lady に乗って、シカゴ川3本の支流を90分かけてまわり、シカゴの建築物をみてまわりました。

 

f:id:globalcat:20180813060448j:plain

 

クルーズは、90分で46USDと若干高めでしたが、費用対効果は十分でした。

 

f:id:globalcat:20180813060701j:plain

 

チケット売り場と船乗り場は、シカゴ川(ダウンタウン側)にあります。

 

f:id:globalcat:20180813060744j:plain

 

Merchandise Mart は1930年にGraham, Anderson, Probst & Whiteにより建てられた商業施設で、写真におさまりきれないほどの横長の建物で、その大きさには圧倒されます。

 

f:id:globalcat:20180813061530j:plain

 

こちらは、シカゴのアイコニックな建築物で1967年に建てられたMarina City。

 

まるでトウモロコシのようなこの建物は、BertrandGoldbergにより完成させられた61階建てのツインタワー。

 

住居や駐車場、レストランや劇場、お店やホテルなどが入る複合施設です。

 

f:id:globalcat:20180813061852j:plain

 

こんなレトロな橋をたくさんくぐりながらのクルーズ。

 

f:id:globalcat:20180813061955j:plain

 

こちらは、600Westという1908年にSchmidt, Garden and Martinにより建築されたMontgomery Ward Companyのウエハウス(倉庫)です。

 

とにかくその大きさに圧巻。

 

f:id:globalcat:20180813062237j:plain

 

こちらは、150 N. Riversideという2017年にGoettsch Partnersにより建てられた54階建てのビルで、建物の下が三角形のようにとんがってるのが特徴。

 

f:id:globalcat:20180813062443j:plain

 

こちらは、Lake Point Towerで、1968年にSchipporeit and Heinrichにより建築された高層ビルで、この丸みを帯びた建物はなんとも斬新で美しかったです。

 

夏場はとにかく暑いので、サングラス、日焼け止め、帽子は必須アイテムです。

 

日差しが結構痛いです^^;

 

 Chicago Architecture Foundation

112E. Wacker Drive (Michigan AveとWacker Dr.の交差点)

TEL:+1-800-982-2787

https://www.cruisechicago.com/

 

2.ネイビーピア(Navy Pier)の花火

 

f:id:globalcat:20180813121516j:plain

 

ネイビー・ピアは、直訳すると海軍埠頭(かいぐんふとう)で、この大きな観覧車が目印です。

 

シカゴ川の北側に位置し、わたしが泊まった宿、Hyatt Place River Nothからは、E Illinois Stをひたすらまっすぐ20~30分歩けば到着できる場所にあります。

 

E Illinois Stをまっすぐ、なのですが、この道路はまっすぐだけど、地下に降りたり、地上に出たりを繰り返し、地下道が長く、地下道はホームレスのおうち?らしきものもあり、あまり歩きたい通りではありません。

 

ちょっぴり遠回りになりますが、一本奥に入った道を歩くか、バスで向かうかが良いかと思います。

 

ネイビーピアでは、夏場は、水曜日と土曜日に花火があがり、わたしもちょうど土曜日の夜が開いていたので、22:15頃からの花火を見に行きました。

 

日本の花火とは異なり、ラテン系の音楽とともに鑑賞^^;

 

f:id:globalcat:20180813123243j:plain

 

ちょうどお月さんがきれいに出ていて、満月と花火を楽しむことができました。

 

f:id:globalcat:20180813123343j:plain

 

ネイビー・ピアから眺めたシカゴの摩天楼。

 

花火も楽しかったですが、夜景も素敵でした。

 

ネイビー・ピアには飲食店も多く、花火の日の夜は大勢の人々でごったがえしています。

 

危険な雰囲気はないですが、油断は禁物。

 

スリなどに気をつけましょう。

 

Navy Pier | A Chicago Landmark

600 E Grand Ave, Chicago, IL 60611

 

3.ミレニアム パーク (Millennium Park)

 

f:id:globalcat:20180813124000j:plain

 

こちら、シカゴ名物、ミレニアム・パークのThe Bean ビーン。

 

巨大なお豆のようなオブジェに映るシカゴの高層ビル。

 

f:id:globalcat:20180813124210j:plain

 

なかなか美しかったです。

 

f:id:globalcat:20180813124235j:plain

 

ちなみに、こんな巨大なアートも。

 

お口から水がジョーって、出るんです^^;

 

巨大な建物自体が噴水のように水が出て、あたりは水浸し。

 

すっぽんぽんで水遊びする子供の姿もあって、なんとも微笑ましい^^

 

ミレニアム・パークにも、Hyatt Place River Noth(シカゴ川の北側地域)から、歩いて行けますが、やはり30分ぐらい歩きます。

 

City of Chicago :: Millennium Park

201 E Randolph St, Chicago, IL 60602

 

4.シカゴ文化センター(Chicago Cultural Center)

 

f:id:globalcat:20180813125053j:plain

 

シカゴの中で、ここがわたしの一番のお気に入り。

 

ミレニアム・パークの向かいにあるシカゴ文化センターは、外見は地味ですが、内装は素敵です。

 

ティファニーが手がけたグラスドームは一見の価値あります。

 

f:id:globalcat:20180813125400j:plain

 

この子が目印。

 

f:id:globalcat:20180813125435j:plain

 

内装の色調とデザイン、そして照明がなんともわたし好み。

 

f:id:globalcat:20180813125518j:plain

 

とっても静かですし、ひんやりした空気は、落ち着きます。

 

f:id:globalcat:20180813125717j:plain

 

建物の中は意外と広くて、各お部屋でさまざまなアートの展示がされてました。

 

ポップなアートがたくさんあって、楽しい空間でした。

 

シカゴ文化センターは無料で入れるので、シカゴ観光にちょっと疲れたという方は、こちらで休息をとるのも良いかもしれませんね。

 

シカゴ美術館はえっらい大きそうで、隙間時間には遊べなそうな感じでしたので、シカゴ文化センターのポップなアート鑑賞は、ちょうど良いボリューム感でした。

 

シカゴ文化センター(Chicago Cultural Center)

78 E Washington St, Chicago, IL 60602

 

5.ジョン・ハンコックセンター(John Hancock Center)

 

f:id:globalcat:20180813190601j:plain

 

こちらは、シカゴの北側の地域にあり、夜景で有名な超高層ビルです。

 

36階はバーラウンジになっており、入場料は取りませんが、その代わり、ドリンクはそれなりの値段です。

 

ほとんど待たずに一気にエレベーターで36階へ、ビューンといったのですが、ドリンクを1杯飲もうとすると、まず入り口で15分ほど待たされ、さらに席に通されてから15分、なかなかオーダーを取りに来てもらえず・・・。

 

こちら、ビューはとてもきれいでおすすめですが、わたしたちがお邪魔した際には、席はちらほら空いているものの、なぜか接客がめっちゃ遅いという状態。

 

おそらく、ウエイトレスの数が足りてないんでしょうね。

 

手を挙げて『オーダーお願いします』という合図をしてもぜんぜん誰もきてくれなくて、やっと来たかと思えば、今度は、待てど暮らせどドリンク来ず・・・。

 

耐えかねて『もうかれこれ15分も待ってるんだけど、ドリンク全然来ないよ』というと、『わたしたちは忙しいの!!!』と逆ギレされる始末。

 

忙しいのはわかりますが、逆ギレはないだろう=と思って、1杯も飲まずに退散。

 

運が悪かったと思うしかありません。

 

飲まなくて良いならば、空いてる空間で夜景をさっとみて、さっと帰るというのでも良いかもしれません。

 

 

サービスとしては最悪でしたが、シカゴの大都会の夜景は素晴らしいです。

 

www.tripadvisor.jp

 

ジョン・ハンコック・センター(John Hancock Center)

875 N Michigan Ave, Chicago, IL 60611

 

個人的には、シカゴ文化センターがとても好きでした。

 

また、建築物のリバークルーズも、お天気が良いと風が気持ち良いし、たくさんのユニークな建築物をのんびりと眺めることもできるのでお勧めです^^

 

では、みなさまhave a nice day

 

by ちびまる

 

 

シカゴ出張おすすめレストラン 【6選】シカゴはグルメの街

 

f:id:globalcat:20180809060620j:plain

 

1.ピザ職人一押しシカゴピザ

 

米国第3の都市シカゴは大都会。

 

高層ビルが立ち並ぶ摩天楼の街シカゴ。

 

そんな大都会シカゴは、米国の中でとってもグルメな街、なんだそう。

 

シカゴと言えば、シカゴピザ。

 

Deep Dish Pizza (深いお皿のピザ)というのが有名、ということで、シカゴピザを食べずにシカゴに行ってきたとは言えないと思いまして、滞在中、ひどくお腹を壊しながらも、体調よりも欲望と気合いでシカゴピザを頂いてきました。

 

大得意先の社長様が、年に何度も米国にこられていて、シカゴにも何度も足を運ばれていて、シカゴピザについても、もちろん経験者。

 

その社長様の姪っ子さんが、なんと日本でシカゴピザ専門店を経営していて、レシピの創作の際に、わざわざシカゴにやってきて、シカゴピザの食べ歩きをし、『一番おいしかった』というピザ屋さんをご紹介してくださいました。

 

f:id:globalcat:20180809061529j:plain

 

シカゴピザの特徴は、深いお皿のようなフライパンに、カリカリの厚めのピザ生地が敷いてあって、その上に、たっぷりのチーズとピザの具、そしてソースがかかってあり、まるでキッシュのようなピザ。

 

f:id:globalcat:20180809061846j:plain

 

こちら、直径10インチ(約25cm)のシカゴピザ。

 

5人で食べに行きまして、この10インチピザx3種を注文。

 

〇ベジタリアン(野菜具沢山)

〇バジルとトマト

〇ソーセージ

 

さすがシカゴピザ職人一押しピザ屋ということもあり、チーズが全然くどくないせいか、見た目とは異なり、意外にあっさりしたピザで、あまり量を食べれない私でも、小さめのピースを3種類を美味しくいただきました。

 

f:id:globalcat:20180809071834j:plain

こちらのピザ屋です。

 

www.tripadvisor.jp

 Lou Malnati's Chicago - South Loop
805 S. State Street, Chicago, IL 60605

TEL: 312.786.1000

 

2.ボヘミアンハウスでハンガリー料理

 

f:id:globalcat:20180809121021j:plain

 

こちらはダウンタウンからシカゴ川を渡った北側エリアにあるボヘミアンハウスBo

Hoというレストラン。

  

わたしが滞在したホテルHyatt Place Chicago River Northから徒歩5分ほどのところにあるレストランです。

  

f:id:globalcat:20180809122912j:plain

 

今回の出張はプラハ、チェコにも一緒に行った同僚と一緒だったので、ふたりして『ボヘミアン』には二人ともなじみがあるため、いいねーということで行ってみました。

 

店内は落ち着いた感じの内装で、お料理は、チェコ料理に限らず、隣国のハンガリーのお料理もあったため、ハンガリー料理を頂きました。

  

f:id:globalcat:20180809121557j:plain

 

ジャガイモをパン生地と一緒に練って作ったものにチーズがトロリ、そしてディルがのっかっている食べ物、とてもおいしかったです。

 

f:id:globalcat:20180809123318j:plain

 

11USDとリーズナブル。

 

f:id:globalcat:20180809123430j:plain

 

こちらはシュニッツエル。

 

ドイツ人の知り合いに、『シュニッツエルなんて、何にも食べるものがない時に選ぶ最終手段、レストランで食べるもんじゃない』なんて言われたことがありましたが、わたしは結構好きなのです、シュニッツエル。

 

ジューシーで、とてもおいしかったです^^

 

f:id:globalcat:20180809123626j:plain

 

こちら、最後に頼んだデザート。

 

アイスクリームだと思って頼んだら、シュークリーム?だったというオチ。

 

それもシューがものすごく固い^^;

 

中身はクリームではなく、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ味のアイスクリームだったので、中身だけ食べました。

 

落ち着いて食事したい時に、おすすめのレストランです。

 

BoHo

11 W Illinois St, Chicago, IL 60654

 

3.素朴なマンマの味付けイタリアン

 

f:id:globalcat:20180809124051j:plain

 

こちらもHyatt Place Chicago River North近くのイタリアン。

 

徒歩3分ぐらいの1ブロックです。

 

イタリアの大衆食堂的な赤のギンガムチェックのテーブルクロスがほっこりなごみます。

 

こちらも宿から1ブロックのところにあったレストランで、レストランの中は奥行きが深くテーブル席がたくさんあります。

 

軽く飲んで、軽くつまみたいと思って入ったレストランで、焼きアスパラガスとマリナラスパゲッティを頼んでシェアして頂きました。

 

素朴な味付けで、塩っ気もほどほどで、家庭的なマンマな味付けでした。

 

何より、ウエイトレスさんが、ほどよく声をかけてくれ、ほどよくほっといてくれるので、リラックスして食事を楽しむことができました。

 

www.tripadvisor.jp

 Maggiano's Little Italy

516 N Clark St, Chicago, IL 60654

 

4.モダンでシックなイタリアン

 

f:id:globalcat:20180810150925j:plain

 

こちらもHyatt Place Chicago River Northから1ブロック徒歩3分のイタリアン。

 

看板が大きく出ているわけでもないので、入り口がわかりづらいレストランなのですが、こちらは、Maggiano's Little Italyとは雰囲気がガラリとかわり、モダンでシックなイタリアンレストランです。

 

ガーリックブレッドと、タコ料理の前菜を頂き、メインはイカ墨&カニのスパゲッティをいただきました。

 

シェアして頂けたのですが、スパゲッティも1つをあらかじめ2つに分けて、きれいに盛り付けてサーブしてくれました。

 

f:id:globalcat:20180810151326j:plain

 

見た目はグロいですが、イカ墨がパスタに練りこんであったので、お歯黒になる心配もなく、また、イカ墨の生臭さ(☚勝手なイメージ)もなく、結構スパイシーでしたが、美味しかったです。

  

www.tripadvisor.jp

 RPM Italian

52 W Illinois St, Chicago, IL 60654

 

5.気軽にサルサ(メキシカン)

 

f:id:globalcat:20180810160753j:plain

 

ちょっと軽く食べたいね、といったときにお手軽なメキシカン。

 

こちらもHyatt Place Chicago River Northから1ブロック徒歩3分。

 

シカゴはいたるところに、たくさんレストランがあるのでご飯には困りません。

 

仕事帰りに一杯やろうか、と気軽に入れるのがメキシカン。

 

こちらのお店は、カウンターでメニューをみながらオーダーするシステムで気楽。

 

アボガドが新鮮で、サルサソースも止められない美味しさ。

 

f:id:globalcat:20180810161303j:plain

 

店内はこんな感じで、めっちゃカジュアル。

 

f:id:globalcat:20180810161355j:plain

 

カウンターの後ろには、こんあ焼き窯が^^; 

 

まさにファイヤー!っていう感じ。

 

f:id:globalcat:20180810161435j:plain

 

ビールはカウンターに並んでいるので、『これちょーだい』と指さしでOK

 

ビール片手にタコス食べて、ビール1杯では済まず、同僚が最後にマルガリータをご馳走してくれて満足^^

 

www.tripadvisor.jp

XOCO

449 N Clark St, Chicago, IL 60654

 

6.絶品甘辛グリーンカレー

 

f:id:globalcat:20180810162532j:plain

 

出張の終わり頃になると、胃袋もだんだん疲れてきて、ほっこり、アジアンフードが食べたくなるのですが、わたしは日本食レストランには絶対行かないと決めています。

 

理由は、まず、海外で食べる日本食は、現地のシェフがアレンジしたフュージョン料理というか、『これ、どーみても和食じゃないだろー』と突っ込みどころ満載のレストランが多く、素直にごはんを楽しめない自分がいるからです。

 

日本人としてのつまらぬこだわりというか、要するにメンドクサイ自分が顔を出すというか、日本食を食べるなら、日本が一番と思っている自分がいる限り、満足よりも不満が残るリスクが大だからです。

 

アメリカにきて、わざわざ、日本食にお金を出したくない、というのが本音です。

 

前置きが長くなりましたが、美味しいタイ料理屋に出会いました。

 

Star of Siamは、Hyatt Place Chicago River Northからは、2ブロックで徒歩5分ぐらいです。

 

内装がものすごくアジアンチックで、ゾウさんアートで心がなごみます。

 

このレストランは、掘りごたつ式お座敷もあります。

 

f:id:globalcat:20180810163601j:plain

 

タイフードを食べるんだったら、タイビール^^

 

ライトで、日本のビールに似たところがあり飲みやすいと、ビールの味がわからないわたしは思うのです。

 

f:id:globalcat:20180810163432j:plain

 

前菜はココナッツミルク味のお味噌のような甘辛ダレにつけて食べるソテー。

 

ビールがすすむ^^

 

f:id:globalcat:20180810163752j:plain

 

甘酸っぱいタレにつけて、ぽいっと一口、口に放り投げられる海老シューマイ。

 

また、ビールがすすむ^^

 

f:id:globalcat:20180810163855j:plain

 

タイと言えば、『トムヤムクンだろー』と、同席の先生がおっしゃるので、私自身、それほど食べたい食べ物ではないのですが、頼んだところ、こんなどんぶりで登場。

 

マッシュルームが丸ごとゴロっと入っていて、何気に病みつきになる酢っぱ辛さ。

 

f:id:globalcat:20180810164101j:plain

 

タイと言ったら、『パッタイとグリーンカレーだろー』と思うわたしは、シェアするにも関わらず、誰にも意見を聞かず迷わず注文^^ 

 

わたしの身勝手行動を何も言わずに受け入れてくれる同僚と先生には感謝。

 

えっらい大きな皿にてんこ盛りで出てきたパッタイ、そしてまたもや、大きなどんぶりに大量に出てきたグリーンカレー。

 

グリーンカレーは、ココナッツミルクがきいていて、最初の1口2口は甘いのですが、どんどん辛さが増してきて、結構な辛さが口いっぱいに広がります。

 

甘辛いグリーンカレー、甘酸っぱいパッタイ、どちらも病みつきになる美味しさで、食べたいけど、おなか一杯でもう食べれない、半ば拷問の状態に・・・。

 

ドギーバッグ(doggy bag=お持ち帰り)にしたかったほどのおいしさでしたが、残念ながら最終日の夜で翌日帰国だったため、無念でしたが、残しちゃいました。

 

それから、、、ここのレストランのウエィター(おそらくタイ人)は、結構なさわやかイケメン揃いでした^^

 

www.tripadvisor.jp

Star of Siam

5655, 11 E Illinois St #1, Chicago, IL 60611

 

グルメの街シカゴ、おすすめレストランはたくさんあるんだろうけど、宿付近のレストランに適当に入りましたが、どこもクオリティが高く、美味しかったです^^

 

では、have a nice day

 

by ちびまる

シカゴ出張 巨大なコンベンションセンターMcCormick Place(マコーミックプレイス)での仕事

 

f:id:globalcat:20180808060218j:plain

 

McCormick Place(マコーミックプレイス)の場所とアクセス

 

シカゴのコンベンションセンター(国際会議場)McCormick Place(マコーミックプレイス)は、わたしが今まで経験した各都市の国際会議場の中で最大です。

 

場所やダウンタウンからのアクセスなどは、下記のブログで紹介があります。

 

【学会場情報】シカゴ McCormick Place | 海外医学学会ブログ|医師ご出張手配のエキスパート「旅工房」

 

MacCormick Placeの正式サイトにもアクセス情報がありますが、車でのアクセス情報が主で、電車はバスなどは、『自分でそれぞれ然るべきサイトで確認してね』といった感じでわかりづらいです。

 

McCormick Place - Chicago, Illinois

 

事前に調べましたが、わたしが理解したのは、『地下鉄緑のラインで行けば良いんだな』ぐらい^^;

 

ただし、残念ながら、わたしたちの最寄り駅からは赤ラインしか走っておらず、途中でめんどくさくなって、『Uberで行こう』という結論に達しました。

 

McCormick Placeは、ダウンタウンの南のほうでチャイナタウンの近くですが、そのあたりは、ホテルが少なく、まともなホテルといえば、McCormick Placeに直結しているHyatt Regency McCormick PlaceとMarriott Marquis Chicagoぐらいでしょうか。

 

大半の人がダウンタウン方面からタクシー、Uber、地下鉄、バスでの移動になります。

 

わたしたちの滞在先、シカゴ川を渡った北側のエリアからは、渋滞がなければUberで20分ぐらいでした。

 

南棟か北棟かと聞かれたら・・・

 

シカゴ到着後のお仕事初日のことです。

 

行き先を指定すれば、道案内しなくても連れて行ってくれるのがUberの良いところ。

 

Uberを手配する際にMcCormick Placeをスマホで指定すれば、後はドライバーが自身のナビに従って行くだけ。

 

のはずでしたが、、、

 

想定外の質問がUberのドライバーから飛んできました。

 

『南棟?それとも北棟?どっち』と。

 

えーーーーーっと、知らない。

 

わからないので、えいやーで、適当に、『北棟に行ってちょーだい』といったところ、行きついたところが、北棟の裏側の?!駐車場入り口で、それも進入禁止のマーク。

 

『あんたが、北棟って言ったんじゃないか!』と、ドライバーに責められつつ、『ごめん、ごめん、でも知らなかったんだからしょうがないじゃん、とりあえず、メインのエントランスに連れて行ってー南棟なのかしら???おねがーい』とお願いし、ぶつぶつ言われながらも南棟のメインエントランスに到着。

 

McCormick Placeにお仕事で行かれる方、普通のドライバーは、どこがメインのエントランスかは知っていますが、まれに、こういったドライバーにあたった際には、南棟の入り口が必要ですのでご注意を。

 

こういったトラブルは日常茶飯事なので慣れてます、はい^^;

 

約870社の展示ブースをまわる

 

わたしの今回の仕事場は、米国臨床化学会議(AACC)と呼ばれる学会で、わたしはサイエンティストでもなんでもないですが、サイエンティストを相手に仕事をしているので、こういった学術学会の展示会でのお仕事が多いです。

 

AACCは非常に大きな学会で、今回は約870社の出展企業による展示会、学術セミナーや発表などもとんでもない数があり、1つの会場に3万人ほどの研究者や関係者が集まります。

 

わたしが認識している限り、AACCは、どちらかというと、B to B(企業と企業のマッチング)の商談が多く、ターゲット顧客へ商材を直接プロモーションするような機会ではなく、代理店にとっては、サプライヤー(メーカー)探しや関係維持、メーカーにとっては代理店や協業先の企業探し、といったところです。

 

もちろん、参加する人によって参加の目的は異なりますが、わたしにとっては、

 

〇代理店会議

〇既存顧客との商談

〇協業先のサーチ

〇新技術やトレンドの情報入手

 

が主な参加の目的になります。

 

ただ、難儀なのが、とんでもなく広い会場で、とんでもない情報量と向き合わなければならず、事前準備をするにしても、出展企業が870社もあれば、ショートリストを作るだけで大変な作業。

 

本来なら、事前に出展企業を調べてあたりをつけて情報収集にあたるのが賢いのでしょうが、わたしには、そんな時間はありません。

 

まずは、会場内を端から端までさーっと870社のブースの前をジグザグ歩行し、展示ブースのキャッチフレーズや人、雰囲気、展示物をみて、どんな企業なのかを歩きながら察しをつけます。

 

歩いていると、話ができる人、できない人、得られる情報、得られない情報など、その場でだいたいわかるので、動きながら優先順位をつけて情報と向き合うようにしています。

 

展示会場内を歩くだけで、1万歩は軽く超えます。

 

ポスター発表も全部まわる

 

会社への情報を持って帰るには、なるべく多くの情報の中から拾い上げていく必要がります。

 

わたしは学術的なことはさっぱりですが、ポスター発表会場もジグザグ歩行で、まずはタイトルのキーワードを拾いながら、会社の商材と直接関係がありそうなポスター発表があれば、まずは結論を読み、役に立ちそうであれば、概要を読む、というようにしています。

 

なんせ情報量が恐ろしく多いので、ある程度適当さ、ほどほどに、という気持ちで向き合わないと狭い範囲でしか情報を拾えないので、浅く広くが大事かなと、思っています。

 

フィーリングで話をする

 

なかなか、ピンポイントで会って話を聞きたいという人とは出会えません。

 

でも、人が人をつないでくれますので、まずは、フィーリング的に、『あ、この人いい感じ』と思う人とは名刺交換して、ざっくばらんに無駄話も含めて、いろいろ話をするようにしています。

 

なかなか難しいのですが、まれに、次につながる出会いがあったりもします。

 

仕事の話だけで終わった人というのは、次につながらないことが多いかも。。。

 

無駄話は、何気に重要。

 

会場内でランチ

 

外にご飯を食べに行くなら、さっと食べて帰れる徒歩圏内にはお店がありませんので、Uberで若干ダウンタウンより、もしくはチャイナタウンあたりでご飯でしょうか。

 

中で食べるなら、スタバや食堂、サンドイッチやスープなど、食べるところはありますが、結構高いです。

 

サラダで10ドル超えます。

 

わたしはランチはスキップか、取引先にUberでお出かけしランチを頂きました。

 

早めに退散

 

3万人が集まる学会。

 

始まる時間はバラバラでも、終わる時間はだいたい一緒。

 

帰りの足を捕まえるのが大変!

 

タクシー乗り場はまるで戦場。

 

学会会場のエントランス付近で働く交通整理のおじさん、おばさんたちは、とんでもなく大きな声で、それも荒々しく、『はい、そこ立ち止まらない、どいて!どいて!』みたいな感じで、まるで羊飼いのように、人混み整理。

 

早めに仕事を済ませ、1時間ほど前に切り上げれば、すんなりホテルに帰れます。

 

怒涛のように過ぎ去った時間でしたが、McCormick Placeでのお仕事は有意義でした。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

シカゴ出張おすすめホテル 予算の中で利便性と快適さを優先した宿選び (Hyatt Place Chicago River North)

 

f:id:globalcat:20180807051659j:plain

 

安心して歩ける地域に泊まる

 

シカゴは米国第3の都市。

 

大都会です。

 

今年2018年の米国臨床化学会議(AACC)はシカゴで開催され、各国の代理店との会議や顧客との商談にてシカゴを訪れました。

 

フライトの乗り継ぎ空港としては何度かシカゴオヘア国際空港を利用しているのですが、地上に降り立ったのは今回が初めてです。

 

シカゴは比較的安心して街歩きができる都市ですが、一歩間違えたエリアに入ってしまうととても治安が悪く(特に南のほう)、危険な場所もあるようなので、どの辺が危険なエリアかどうか下調べは重要です。

 

毎度のことながら、学会会期中の宿代はべらぼうに高額。

 

特に米国都市は、基本的にどこにいっても高額で頭が痛いです。

 

わたしは昨年の12月に、シカゴのホテルを押さえました。

 

昨年12月(8か月前)でさえ、すでに満室のホテルもあり、また、学会会場McCormick Place(マコーミックプレイス)に比較的近いダウンタウンのホテルの大半が、軽く1泊30,000円超えで、国税(1%)・州税(11.9%)・市税(4.5%)合計16.5%の税金を加えると下手すりゃ1泊5万円を超えます。

 

ダウンタウン地域では軽く予算を超えてしまうため、若干ダウンタウンからは離れますが、ダウンタウンまで徒歩圏内、シカゴ川を挟んで北側の地域、そして比較的安全な街と思われるあたりでホテルを探しました。

 

予算内におさまり、かつ地下鉄最寄り駅にも徒歩圏内のホテルを探した結果、Hyatt Place Chicago River Northに決めました。

 

利便性と快適さを優先し宿を選ぶ

 

f:id:globalcat:20180807071757j:plain

 

時々、「仕事先(多くは学会会場)から車や電車で1時間以上の場所に、それも最低限の宿をとって出張に来ています」と、誇らしげに話す日本人の海外出張者に出会います。

 

出張予算は各会社によって大きく異なるため、会社の都合上、どうしても予算がさけないという場合は仕方ないかもしれません。

 

ただ、わたしだったら、海外出張者の身の安全や健康管理などの配慮がないまま予算重視(とにかく安くしろ!)という会社だったら辞めるかもしれません。

 

だって、海外出張にでかけるというのは、それなりに体を張って仕事をすることです。

 

海外は日本に比べたらテロの発生だって多いし、米国は銃撃事件はざらです。

 

要するに外に出ればでるほど、良い機会が増える分リスクも増えます。

 

時間もお金も労力(人件費)も割いて海外出張するのであれば、なるべく出張者の身の安全と健康管理、そして成果を出しやすい環境を整えるというのは会社側の努めであり、逆に出張者の体と心に負担がかかる予算の使い方は、全てにおいて「無駄遣い」と感じます。

 

どんなに安く仕上げても、リターンがなければムダ金です。

 

私自身、ビジネスとはいえ、移動はビジネスクラスではなくエコノミーですし、すべてにおいて贅沢な環境を要望するわけであはりませんが、安全・健康・成果のバランスを考えた時に、滞在中は、自分自身が仕事に集中し、できる限り成果を出しやすい環境を整えます。

 

そのためなら、会社に予算の交渉だってします。

 

わたしは人一倍心配性です。

 

そして人一倍方向音痴・・・。

 

仕事以外のことをなるべく心配しない環境を自ら作る努力をします。

 

海外出張経験者にしかわからないことだと思いますが、海外出張は、想像以上に体にも精神的にも大きな負担がかかります。

 

特に欧米諸国へ、ほぼ月1(多い時で月2)ペースで出張に出かけるわたしは、マジで体力勝負なところがあります。

 

欧米諸国と日本の時差は少なくとも12時間以上あり、シカゴの場合はー14時間です。

 

また、気候も異なるので、日本と出張先の間の温度変化にも耐える必要があります。

 

それから欧米の場合は、フライト時間も長い。

 

直行便でも11~12時間、今回の場合はミネアポリスへの訪問も間に入れたので、行きはトランジットを入れてDoor to Door では、ほぼ一日がかりの移動となります。

 

食べ物も違えば、言葉も文化も違う。

 

日本の真逆の時間帯(日本の夜中2~3時頃)に、顧客と会食をし、ガッツリとステーキやら、ピザやらを食べて、お酒も飲んで、本来熟睡しているであろう時間帯に、胃と調に食べ物を消化させながら、取引先と歓談しながら関係作りをしなければなりません。

 

そして海外滞在中は、毎日何かしら問題が勃発し、その度に現地で問題解決にあたり、身の安全を守り、健康管理をしつつ、仕事で成果を出す必要があるのです。

 

時には、問題解決するために、見知らぬ誰かと交渉したり、厳しい口論することもあります。

 

慣れない街で短期間で仕事をして、何らかの成果を持ち帰るには、それなりの集中力とバイタリティ(タフさ)が必要なのです。

 

現地で体調を崩しても、なるべく短時間に回復し、仕事をしなければなりません。

 

海外出張と言うと、きらびやかに聞こえて楽しいことばかり、素敵なことばかりに聞こえるかもしれませんが、気合を入れて、安全・健康を守り、成果を持ち帰るプレッシャーと闘いながら活動するので、心身共に体力が必要なのです。

 

Hyatt Place Chicago River Northに泊まった感想

 

f:id:globalcat:20180807062105j:plain

 

便利で安全な立地

Hyatt Place Chicago River Northは、シカゴ川の北側に位置し、オヘア国際空港からダウンタウンまで地下鉄で約40分ですが、オヘア国際空港とダウンタウンをつなぐ地下鉄は青ラインのみであり、最寄り駅のClark & Lake駅から、タクシーで5分ぐらいの場所です。

 

時間に余裕がある時は良いのですが、シカゴの交通渋滞はひどいので、時間的拘束がある時は地下鉄移動がおすすめです。

 

ホテル周辺の治安は、女性ひとりで街を歩いても雰囲気的にも、人通り的にも安心でした。

 

レストランは、徒歩圏内にたくさんあり、イタリアン、メキシカン、地中海料理、タイ料理、アメリカン、ボヘミアン料理など多岐にわたり、食べるところには困りません。

 

スーパーは徒歩5分ぐらいのところにあります。

 

夏には花火あがるネイビーピアや、シカゴ川を渡ってダウンタウンには20~30分で行けます。

 

ホテル設備

f:id:globalcat:20180807123306j:plain

 

残念ながら、King Bedroomのお部屋でもバスタブはなく、全室シャワーのようです。

 

お風呂には入れませんが、部屋は清潔でとても快適でした。

 

大きなL字型のソファーがあり、また足置きもあり、ゆったりとしたサイズなのでくつろぐことができました。

 

Wifiのつながりやお湯の出も良好です。

 

アメニティもいたって普通でしたが、シャンプー、コンディショナー、洗顔ソープ、ボディーソープがあり、バスタオルも2~3枚と十分にありました。

 

アイロンはありますが、セーフティボックスはありません。

 

ワークデスクは広くて、デスクランプも明るくて、椅子も座りやすくて、仕事がしやすかったです。

 

 

フィットネス設備もありますが、いたってスタンダードです。

 

ホスピタリティ

フレンドリーですが、可もなく不可もなく、といったところです。

 

ひとつ、残念だったのは、チェックインが17:30ぐらいにならないとできなかったこと。

 

16:00頃ホテルに到着しましたが、清掃が終わってなく、ロビーでしばし待たされました。

 

朝食

無料朝食のサービスをしていて、炒り卵、ソーセージ、ポテト、パン、シリアル、ジュースにコーヒーなど、スタンダードなアメリカンブレックファーストがいただけます。

 

毎朝温かいお料理は若干変わりますが、クオリティとしては、ヨーロッパとは異なり、米国の場合は基本どこでも同じレベルです。

 

ただし珍しく、レーズントーストのパンがあり、毎日おいしくいただきました^^

 

費用対効果

まずまずの費用対効果だと思います。

 

特別可もなく不可もなく・・・ですが、価格相応の品質だと思います。

 

シカゴ、米国の中では、なかなか良い都市だなと感じました。

 

一言でいうと、アートとグルメの街です^^

 

ではみなさまhave a nice day

 

by ちびまる

ミネアポリスの郊外 ミネソタの田舎町に泊まる(Hampton Inn & Suites St. Paul Oakdale/Woodburylink) 

 

f:id:globalcat:20180806055552j:plain

 

ミネアポリスを訪れる

 

ミネアポリス訪問は2年ぶりです。

 

シカゴで開催される米国臨床化学会議(AACC)に合わせて、わたしが働く会社の米国代理店がある米国ミネソタ州ミネアポリスに2泊3日の日程で訪問しました。

 

ミネアポリスには、羽田空港からデルタ航空にて直行便が出ていますが、シカゴでの仕事がメインなので、羽田→シカゴ→ミネアポリス→シカゴ→成田という2都市間以上滞在プランの航空券にて訪れました。

 

シカゴから飛行機でミネアポリスまで1時間という近距離ということもあり、この度、代理店の新しいラボとオフィスの見学と、さまざまな協業案についてフリーディスカッションを持ちました。 

 

ミネアポリスは、米国の中では田舎の方で、その中でも米国代理店がある地域はさらに田舎の方で、道路も広く、完全に車社会のだだっ広い自然豊かな地域です。

 

夏季は、日本のように湿度が高く暑い時では35℃以上になることもあるようですが、冬季は極寒で、雪が降り続き湖は完全凍結、-10℃以下になることも多いようです。

 

幸い、わたしが訪れた2日間の気温は24~26℃ぐらいで、湿度も低く、さわやかな風が吹く心地良い天候でしたが、その前日は35℃超えでとっても暑かったようです。

 

ミネアポリスの郊外に泊まる

 

f:id:globalcat:20180806125149j:plain

 

この度、数か月前にオープンしたばかりのHampton Inn & Suites St. Paul Oakdale /Woodburylinkに2泊しました。

 

ヒルトン系列のホテルです。

 

今回は、お呼ばれでの訪問なので、費用は全額代理店負担にてお世話になりました。

 

ミネアポリス中心地からセントポールを抜けたずっと先の田舎町にあるホテルなのですが、代理店営業トップの女性のご自宅に近いということで、こちらのホテルにお世話になりました。

 

立地的に、あまりビジネスでおすすめできるホテルではないですが、空が高くて、空気が澄んでて、自然が多くて、そして、何より新築&モダンで、とても素敵な環境で癒されました。

 

f:id:globalcat:20180806125701j:plain

 

こちらのホテル、なんともアーティスティックな内装で、モダンで素敵な空間でした。

 

f:id:globalcat:20180806125806j:plain

 

残念ながら、King Bedroomにはバスタブがなくシャワーだけでしたが、十分な広さシャワーのお湯の出も良く快適でした。

 

f:id:globalcat:20180806125925j:plain

ホテルのいたるところに、アートな空間が広がり、女子の心をぎゅっと掴んでくれます。

 

f:id:globalcat:20180806130043j:plain

朝食はこちらのラウンジで。

 

スタンダードな朝食メニュー(炒り卵、ベーコン、ポテト、パン、シリアル、フルーツ、ワッフル)でしたが、リラックスしたスペースで、美味しくいただきました。

 

f:id:globalcat:20180806130235j:plain

 

フィットネスエリアも完備しておりますが、わたしは、毎晩飲んで、食べてばかりで、1回も使用することなく・・・。

  

アメリカンドリーム大豪邸

 

今回のミネアポリス訪問では、これぞザ・アメリカンドリーム!というキャッチフレーズがお似合いの大豪邸を訪問しました。

 

個人宅なので写真掲載は控えますが、なんと、敷地面積3エーカー(12,000㎡)もある友人のご自宅にお邪魔しました。

 

エーカーって・・・・畑じゃないだから、、、と思うほどの広さ。

 

郊外とは言え、結構なお値段であることは容易に想定できます。

 

どんなご自宅かというと、、、

 

〇水深5m飛び込み台がある温水プール(お庭に)

〇ジャグジー(お庭に)

〇ガーデンダイニングスペース(お庭に)

〇ビリヤードとダーツ

〇ビール&ワインたくさんカウンターバー

〇別宅のゲストハウス

〇フィットネススペース(家の中)

〇めちゃめちゃ大きいバルコニー(2F)

 

など。。。

 

ここはリゾートか!と思うほどの豪邸でした。

 

ホリデーに遊びに行きたいと思うほど、リラックスした空間でした。

 

f:id:globalcat:20180806131105j:plain

 

こちら、豪邸のキッチンでお見掛けした金魚^^

 

とても素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

アメリカ最大のショッピングモール

 

f:id:globalcat:20180806131248j:plain

 

ここは、遊園地じゃないですよ^^ 

 

ショッピングモールの中です。

 

ミネアポリスには、アメリカ最大のショッピングモール、モール・オブ・アメリカがあります。

 

空港のすぐ近くにあるので、せっかくなので立ち寄って頂きました。

 

アメリカ最大というだけあって、確かに大きい^^

 

ショッピングモールの中にあるアミューズメントパークは、結構本格的なジェットコースターなど、アトラクションがあります。

 

f:id:globalcat:20180806131538j:plain

店内には、レゴショップも^^

 

時間が1時間しかなかったので、ゆっくりは見れませんでしたが、アメリカ最大!という大きさは実感できました。

 

もし機会があればぜひ立ち寄ってみてください^^

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

by ちびまる

メンズ仕立ての女性シャツ 良質な生地のシャツにカフリンクスを買う

 

f:id:globalcat:20180725055312j:plain

 

良質な生地のシャツが欲しい

 

わたしはシャツが好き。

 

それも、男性シャツのような、しっかりした厚手の良質な生地のシャツが好き。

 

それも、凹凸のある生地自体にデザイン性があり品がある生地が好き。

 

良質で着心地の良いシャツなら、少々高くても欲しい。

 

と思っていろいろ探すのだけれど、これがなかなか見つからず。

 

できることなら自分の目で見て、手触りや着心地を確認して買いたいものですが、なかなか、わたしが住んでいる町のデパートでは、わたしが欲しいシャツが見つからず。

 

オンラインで探してみるも、これまた、なかなかわたし好みの生地のシャツが見つからない。

 

男性のシャツ専門店ならたくさんあるのに、なんで女性のシャツ専門店はないのかしら???と思うほど、女性のシャツで素敵な生地のシャツがない。

 

いくつか女性のシャツでも良質な生地のシャツを販売しているシャツ屋さんを見つけたものの、うーん、イマイチ・・・というものばかり。

 

でも、見つけました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

メンズ仕立ての女性シャツ

 

やっと、1件見つけました。

 

わたし好みのシャツ生地で女性のシャツを販売している会社さん。

 

六本木にショールームがある老舗シャツやさんのozie

 

www.ozie.co.jp

 

キャッチフレーズが”メンズ仕立ての女性シャツ”

 

1924年創業の株式会社 柳田織物 【ozie】オジエというシャツ専門老舗会社です。

 

『伝統x革新』をコンセプトに、シャツ屋さんとしての確かな伝統技術でシャツを仕立て、新しいシャツの着こなしを提案するシャツメーカーです。

 

大量生産をするのではなく、顧客ニーズをしっかり拾って商品化しているシャツ屋さんです。

 

ここに、ありました! 

 

わたしが欲しかったシャツの生地がたくさん!

 

男性シャツに比べたら少ないですが、襟元や袖口、そしてシャツ生地や形状にこだわったシャツがいくつか提供されており、また、メンズ仕立てでカチッとした女性でもカフリンクスができるシャツを提供しています。

  

素敵(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

サイズ合わせに六本木ショールームへ

 

サイズもただのSサイズ、Mサイズだけでなく、Sサイズでも2パターンあったり、またシェイプが異なるシャツがあるので、念のため着心地確認にてショールームへ行ってきました。

 

通常土日・祝日はお休みなのですが、連休中日ということもあり、ショールームがオープンしていたので、予約をとっていってきました。

 

ピシッとシャツとスーツを着こなしたダンディーな社長さんが、奥の方から出てこられて、シャツの着こなしや生地について、あれこれ教えて頂きながら試着し、生地を選んでシャツを2枚購入しました。

 

あれこれショールームで生地やデザイン選びをしている中、ひとりの若い男性がショールームにふらり入ってきて、『僕もしっくりくるシャツが欲しくて探しているんです』とのこと。

 

男性は首回りのサイズ、女性は胸まわりのサイズがシャツ選びには大事なんだそうで、基本的には体にフィットピタっと着るのがビジュアル的にはスマートなんだそうです。

 

ただ、わたしは肩とわきまわりにちょっと余裕がないと嫌なので、社長さんの助言よりも、自分が感じる着心地優先で選びました。

 

カフリンクスを買う

 

f:id:globalcat:20180725072505j:plain

 

ほんとうは、ダブルカフリンクスのシャツが欲しかったのですが、女性用は種類が少ないため、コンバーチブルカフスのシャツを2枚買いました。

 

そして、少々奮発して、Simon Carterのシックなカフリンクスを1つ購入しました。

 

シンプルで若干カチッとしてて、エレガントなカフリンクスが欲しかったので、好みのものが見つかってハッピーです。

 

明日から米国出張にて、新しいシャツとカフリンクスをと思ってましたが、結構暑そうなので、ニットのカットソーとカーディガンを持参することにしました。

 

新しいシャツとカフリンクスは、10月末のサンディエゴへ3週間ほど出張する際に持参しようかと思います。

 

それではみなさま本日も

 

have a nice day

 

by ちびまる 

 

 

 

USAに出張、日本からのお土産 費用をかけずに喜ばれるものを考える

 

f:id:globalcat:20180724062014j:plain

 

代理店へのお土産を準備

 

今週はUSAへ出張です。

 

まずは代理店があるミネアポリス、ミネソタへ立ち寄り代理店会議を行い、その後すぐに、シカゴへ飛んで、米国臨床化学会(AACC)にていくつか商談を予定しています。

 

USAには年に2~3回ほど出張するのですが、AACCという学会は米国代理店にとっては大イベントであり、わたしと似たようなポジションBusiness Development Managerで仕事をするmy friendは、本学会会期中に30もの商談アポイントがあり、いつも大忙し。

 

息つく暇もありません。

 

わたしはというと、870社以上の企業が展示している展示会場をジグザグ歩行し情報収集そして商材紹介と、いくつかの商談をする予定です。

 

AACCには、米国代理店総出で展示するので、日ごろの感謝も込めて、展示会参加者にささやかながらミニギフトを持参するようにしています。

 

USAの代理店の方々とは、個々人との距離も近く、仕事上の関係ではあるものの、とっても仲良しなので、なるべく日本からのお土産を個々人に向け持参するようにしています。

 

会社 vs 会社のお土産は、会社の経費を使って、それなりのお菓子を選びますが、個々人へのミニギフトはmy pokect からですので、あまりお金はかけられませんし、受け取る側も気軽に受け取れるような大きさと重さ、そして金額の品にしています。

 

お菓子をスーパーで買う

 

意外と喜ばれるのが、日本のキャンディ。

 

以前、ペコちゃんの紙にくるまったミルキーキャンディを持参したら、大の男、70代のおじさんも含め大好評!

 

『これは、やめられない!』

 

あっという間になくなりました。

 

わたしはスーパーやドラッグストアでお菓子を買うようにしています。

 

理由は単純、安いから。

 

そして、もっと日本の生活感が感じられるから。

 

空港やお土産店でお土産を買うのも良いのですが、なんとなく『ザ・お土産!』という感じになってしまうのと、基本的に価格も高いため、スーパーで買ったお菓子を、100円均一で買ったかわいいバッグに詰め込んでミニギフトを手作りするようにしています。

 

子供たちにもお土産を買う

 

f:id:globalcat:20180724063906j:plain

 

USA代理店の営業トップのmy friendは2児のマミー。

 

バリバリ働くキャリアウーマンですが、愛情深い女の子2人のお母さんなのです。

 

『彼女たちはわたしのすべて』というぐらいかわいがっています。

 

彼女の子供たちにもこの度初めてお会いするので、ちょっとしたお土産を。

 

7歳と4歳の女の子。

 

かわいいお菓子を喜ばないはずがない^^

 

小さい子は、ごちゃごちゃとたくさんお菓子が入った袋を開けるのは大好きです。

 

というか、わたしは、大好きでした。

 

なので、小さなお菓子が入ったミッキーマウスのお楽しみ巾着袋を作って持っていきます。

 

ケンカしないように、同じミッキーの巾着に、同じお菓子をそれぞれ詰めて^^

 

 それから、、、、

 

f:id:globalcat:20180724123242j:plain

 

キラキラ☆彡ピンキーなワンピース♪

 

小さな女の子は、ピンクや赤、パステルカラーが大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

サイズが合うかどうかは、正直不安が残るが、かわいらしい夏のワンピを7歳と4歳の女の子ふたりに2着ずつ買いました。

 

本当は、夏らしくユカタを買いたかったのですが、一番小さなサイズでも小学校5年生ぐらいから・・・とのことで断念。

 

ユカタを着る時の髪飾り(こちらもピンクのお花)を2つ買いました^^

 

あとは、サイズが合うことを祈るのみ。

 

かさばらないもので、邪魔にならないお土産

 

スーツケースのスペースには限りがあるので、お菓子を買うにしても箱詰めのものはスペースを取るのでNG、割れ物も心配なので避けて、、、それでいて、高くないものとなると、なかなか難儀なのです。

 

この度わたしが買ったもので、お菓子以外のお土産は、

 

〇250mL厚手のガラス瓶の日本酒x2(代理店の社長へ)

〇フェルトのコースターx 4(猫と月がモチーフ)(社長夫人へ)

〇八重桜の香りとリーフ型のお香立て(代理店営業トップの旦那様へ)

〇ちっちゃく丸っこいこけし(代理店営業トップのご両親)

 

なるべく小さくて、スペースを取らないグッズをお土産に買いました。

 

今年4月に米国代理店社長と代理店営業トップが来日し、それなりのおもてなしをしたお返しとして、今度は、米国にておもてなしを受ける側に。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

代理店営業トップが来日の際には、半世紀をかけた探し人をわたしが見つけて奇跡のご対面を実現したことから、彼女のご両親がわざわざ会いに来てくれることに。

 

そんなわけで、お土産も結局すごい量になってしまって、13,000円ほどの支出に^^;

 

ただ、感謝の気持ちを込めての贈り物だから、良いお金の使い方をしたと思っています。

 

喜んでいただけると良いのですが^^

 

では、みなさま本日も良い一日を。

 

Have a beautiful day

 

by ちびまる

やりたいことは、やってみよう。行きたいところは、行ってみよう。今すぐにでも

 

f:id:globalcat:20180723060849j:plain

 

まずは、動いてみる

 

『若い時の苦労は、買ってでもしなさい』

 

という言葉がありますが、苦労じゃなくても、楽しそうなこと、やってみたいことをやってみる、経験してみるということは、それがどんな経験であれ、良いんじゃないかなと。

 

ただし!

 

念のため、断っておきますが、自分や他人を傷つけるようなことはNG

 

あくまで平和的なハッピーライフなワクワクが基本♪

 

〇楽しそうだな

〇面白そうだな

〇見てみたいな

〇聞いてみたいな

〇感じてみたいな

〇やってみたいな

〇いってみたいな

 

など、夢や憧れを叶えたり、自信につながりそうな『〇〇してみたいな』の経験です。

 

経験が1つ増えるということは、それだけ人生も豊かになっていく、とわたしは信じています。

 

よくある話が、

 

〇お金がたまったら・・・

〇宝くじにあたったら・・・

〇定年退職したら・・・

 

と、『いつかきっと』みたいに思い描くだけで、終わっちゃうこと。

 

いつか、ではなく、今すぐに!

 

直近1年ぐらいで、やりたいこと、行きたいところに、行けるのではないかと、まずはまじめに考えてみると、意外とやれちゃう、いけちゃうものです。

 

なぜ今すぐに!が大事なのか。

 

それは、知らず知らずのうちに、自分の中で熱が下がるから。

 

 興味を持つというのは、その時だけのタイミングなのかもしれません。

 

時間が経ってしまったら、『別にいいかな、やらなくても』という気持ちになってしまって、経験する機会を損失してしまいます。

 

わたしは経験してみて、損することはないと思っています。

 

例えそれが苦い経験であっても。

 

だって、経験してみないとわからないこと、感じられないことは多いのだもの。

 

経験しないとわからない

 

わたしは、自己中&わがままなだけあって、今までの人生を自分なりに振り返ってみると、やりたいことは、周りを気にせずやってきた方ではないかなと、思っています。

 

わがままだから、できたのかもしれない。

 

自己中だから、突っ走れたのかもしれない。

 

やってみたい!と思うとすぐに実行してしまうので、失敗も数知れず・・・。

 

痛い目にもずいぶん会いました。

 

子供の頃にさかのぼってみると、、、

 

【小学校】

〇吹奏楽(県大会優勝!)

〇サッカー(かじっただけ)

〇そろばん(7級でおしまい)

 

まともにやったなぁ、と思えるのは、吹奏楽部だけ。

 

それも動機が不純で、好きな男の子が吹奏楽部にいたから。

 

それだけの動機で、トランペットやら、トロンボーンやら、鼓笛隊やら、いろいろやりまして、『好きな子と一緒にいられる✧♡』というモチベーションだけで続けられた吹奏楽。

 

動機は不純でしたが、県大会で優勝(^o^)/

 

今では、残念ながら何の楽器も演奏できず・・・。

 

【中学校】

〇バレーボール(完全補欠)

〇エレクトーン(今では弾けず)

〇新聞配達(小遣い稼ぎ)

 

新聞配達も、これまた不純な動機で、好きな男の子が新聞配達をやっていたので、自分もやれば朝デートができる✧♡ということで、小遣い稼ぎというより恋する乙女の力で頑張ってました。

 

【高校】

〇コンビニのバイト(お金欲しさ)

〇バスケットボール(万年補欠)

 

コンビニのバイトは、父が倒れて極貧になったため、自分の小遣いを本当に自分の労働力で稼がなければならない状況で、お金欲しさで毎朝バイト。

 

バスケはなんとなく、、、青春!っていう気がして頑張って、たくさんの時間と労力を使いましたが、最後の最後にわかったことは、『自分は球技に向いてない』ということでした。

 

たくさん努力して、ものにならなかったことで、『どんなに努力しても、努力する方向を間違えちゃならない』ということを身をもって学べたことは大きな収穫。

 

【専門学校】

〇80年代のドラマ(男女7人夏物語や東京ラブストーリー)にほだされて、旅行関係の仕事に憧れ旅行の専門学校へ

 

大黒柱の父が倒れて母の稼ぎだけの極貧生活の中、150万円ほど学費が必要な専門学校進学を強引に進めたわたし。

 

母の年金を解約させてまで駄々をこねて進学したにもかかわらず、旅行会社での勤務を3年半で終了するという、なんとも親不孝ものなわたし・・・。

 

【20代~30代半ば】

〇ダメンズと恋愛(振り回されて終わり)

〇旅行会社で働く(海外未経験)

〇英字新聞を購読(読めずごみ箱行き)

〇英語教材を購入(聞き取れずごみ箱行き)

〇英会話スクール勤務(英語がしゃべれず)

〇田舎から都会へ(無理やり転勤願い)

〇ジャズダンスを習う(鏡に映る自分に失望)

〇海外留学の貯金(当てもないのに貯金)

〇外国人と付き合う(完全に興味本位)

〇事実婚(破局に終わる)

〇海外へ行く(2週間のはずが11年)

〇海外で生活(まったく英語できず)

〇海外に留学(まったく英語できず)

〇海外で働く(特筆すべきスキルなし)

〇アロマの資格を取得(今は使えぬ資格)

〇アロマのサロン開業(出費ばかりの事業)

〇外資企業で勤務(3ヶ月で退職)

〇海外で転職(2年で解雇処分)

〇永住権を捨てて帰国(浦島太郎状態)

 

【30代後半~今】

〇TOEICを受験(思ったより大変!)

〇MBAを取得(思った通りに大変!)

〇イタリア一人旅(10年越しの夢!)

〇海外出張(なかなか楽しい)

 

その他、

 

〇ヨガ(体固くポーズ取れず)

〇水泳(下半身が沈む)

〇フラメンコ(眉間にシワ似合わず)

〇フラダンス(腰の動きついていけず)

〇草木染教室(一度だけ)

〇お絵描き教室(一度だけ)

〇メイクレッスン(一度だけ)

〇サーフィン(溺れただけ)

〇シュノーケリング(今、ちょっとかじり中)

 

などなど、まずはやってみただけでThe ENDというものは数知れず、ご覧の通り、失敗ばかり。

 

それでも、経験してみて良かった、と思えるのは、やりたいと思ったことをやってみたという満足感と、やってみたけどダメだったという諦め感など、経験したことにより、得られた感覚や知識も多いからだと思います。

 

経験したことにより、より興味が出たこともあれば、興味が失せたことも多々あり。

 

イタリアへ訪れることだけは、10年以上温めた末の経験でしたが、行ってみたからわかったこと、気がついたことがたくさんあったので、これまた良い経験でした。

 

以前ほど、イタリアに行きたい!という気持ちは薄れました。

 

要するに、はまらなかった、ということでしょう。

 

好きは好き、でも、それほどではない、ということなのでしょう。

 

また、経験したからこそ、失敗したからこそ、苦労もしたからこそ、誰かと分かち合える思いや、笑い話など、いろんな意味で引き出しが増えるので話題づくりには困りません笑

 

今の気持ちを大切に

 

わたしは、10代、20代、30代を経験して、ただいま40代を謳歌中です。

 

わたしは、それぞれの時代に、それなりに、自分がやりたい、なりたい自分の気持ちを大切に、失敗しながらも、恥をかきながらも、つまずきながらも、その時代の自分の気持ちに正直に向き合ってきたので、その時代に『やっておけばよかった』という後悔はひとつもありません。

 

後悔はないですが、親には大変迷惑をかけて、心配もかけてきました。

 

『不良娘!出ていきなさーい!』と母親に怒鳴られて、本当に家を出て一人暮らしを早々と経験したのも、今となっては良い思い出です。

 

たくさん迷惑をかけながら生きてきた(生きてきている~現在進行形)のですが、わたしはわたしなりに一生懸命に生きてきた(生きている)から、それはそれで良いのだと思っています。

 

40代の今のわたしは、結婚もせずに、子供も産まずに、おそらく、親が思い描いていた娘ではなく親にとってみれば、『完全なる想定外』な娘の成長かもしれませんが、それでもわたしの人生に責任を持てるのはわたしだけなのだから、これからも、今まで通り、やりたいように、生きたいように生きていきます。

 

今の気持ち(Feeling)を大切に。

 

やりたいことは、今すぐやろう。

 

行きたいところは、今すぐ行こう。

 

会いたい人には、今すぐ会おう。

 

感謝の気持ちと、愛する気持ちは、いつも惜しみなく言葉で伝えよう。

 

そう思って生きています。

 

最近のやってみたこと(秘境でシュノーケル)

 

思い立って、、、行ってきました、やってきました。

 

伊豆半島の最南端!

 

南伊豆にある秘境と呼ばれる場所『ヒリゾ浜』でのシュノーケリング。

 

ヒリゾ浜の紹介 | 仲木へ行こうよ

 

f:id:globalcat:20180723212203j:plain

 

船でしか行けないヒリゾ浜は、夏は激混み&欠航など、なかなか上陸するには難儀な秘境のようですが、行ってきました、シュノーケリングをしに。

 

f:id:globalcat:20180723212353j:plain

 

ヒリゾ浜は、人数制限があったり、駐車場が夜明け前から満車だったり、かなり気合を入れて行かないとたどりつけない場所らしいんですが、夏休み前の平日は比較的空いてました。

 

シュノーケリングなんて、オーストラリアでちょっとかじったぐらいで、わたしの最近の人生には、ほとんど縁がなかったアクティビティだったのですが、思い立ったら吉日、シュノーケリングのセットを買って、いざヒリゾ浜へlet's go!

 

たいして泳げない&怖がりなわたしは、

 

〇船が沈没したら・・・

〇船に酔ったら・・・

〇沖に流されたら・・・

〇海水を飲んで溺れたら・・・

〇足がつったら・・・

〇ちんくい虫にさされたら・・・

〇日焼けでひどい目にあったら・・・

〇島に取り残されたら・・・etc. etc.

 

どうしよう~~~

 

などと、あれこれと心配ばかりしていましたが、一度じゃぼんと海に入って、何回か、転んだり、岩にひっかかって、もがきながら、若干引き潮に流されそうにもなりながらも、なんとかシュノーケリングを満喫!

 

キラキラの熱帯魚を目にした瞬間、不安なんてなんのその、足がつろうがなんだろうが、キラキラ熱帯魚の群れに心を奪われ、気がついたら3回もじゃぼんと海に入って、しばらくの間シュノーケリングに熱中してました。

 

慣れてくるとフィンをゆらゆらさせて泳ぐのが楽になり、泳ぐスピードも速くなります。

 

気分だけは人魚姫のように、尾っぽ(足)をひらひら。

 

とはいえ、まだまだド素人、もぐったりは到底できず、海面でお魚を眺めるぐらいしかできませんが、ウミヘビもみれたし、大きな魚もみれたし、何より、赤・青・黄色などのキラキラ熱帯魚をたくさん間近で見れたのは、予想以上に楽しい経験となりました。

 

f:id:globalcat:20180723213820j:plain

 

ヒリゾ浜の帰り道に、弓ヶ浜でも遊んできました。

 

海水の透明度が高くて、遠浅で素敵なビーチです。

 

水着で裸足、麦わら帽子にサングラス。

 

ビーチパラソルの下、ビーチチェアに腰かけて、ビールと唐揚げ片手に『あー最高~♪』

 

気持ちの良い風に吹かれて、穏やかな海に入って、涼んできました。

 

ビーチライフ、久しぶりに満喫しました^^

 

仕事も好きですが、遊ぶことも大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

それではみなさま、have a nice summer time

 

by ちびまる

 

 

わたしは、ヒトの話が聞けないオンナ・・・。自覚症状がないから直せない。

 

f:id:globalcat:20180719055632j:plain

 

わたしの欠点

 

ひとはそれぞれ、良いところもあれば、悪いところもある。

 

悪いところの大半は欠点で、要するにいたらないところを。

 

いろんな意味で、大人になりきれないままミドル40になってしまったわたしは、おそらく、一般的な40代半ばの女性に比べると、

 

〇気が利かない

〇大人げない

〇良くも悪くもKO(空気読めない)

 

など、人様に、知らず知らずのうちにご迷惑をかけていることが、推測されます。

 

ともだちと呼べる人が極端に少ないわたしですが、その極端に少ない輪の中にいる人たちの大半に口をそろえて言われる言葉が、

 

『ほんと、ヒトの話聞いてないよね笑』ということ。

 

わたしを受け入れてくれる友というのは貴重な存在なのですが、その友たちに会うたびに言われるんです、『ヒトの話を聞いてない!』と。

 

当の本人は心当たりがなく、もちろん悪気もないわけで、どこで、どうやったら、ヒトの話を聞いていないという印象を与えてしまうのだろうと、われながら頭を抱えてしまうのです。

 

まわりからは、自由奔放に生きているようにみえる(おそらく・・・)わたしでも、人並みに、こういった悩みがあったりします。

 

欠点とは、足りないところ、なんだろうけど、周囲への迷惑度合いで、その悩みの深刻さは変わってくるのかなと思うのですが、みなさまにも、ヒトには理解してもらえない、自分だけが抱える悩みがありますでしょうか。

 

人の話を聞いてない、と言われる

 

わたしの周囲のお友達、特に『できる・オトナな友人の大多数』からは、

 

『もう、ヒトの話全然聞いてないんだから』、もしくは、

 

『あ、わたしの話全然興味ないでしょ、聞いてないでしょ笑怒』と、

 

激しく突っ込まれること多々あり・・・。

 

オトナな彼らは、笑って、叱って突っ込んでくれますが、たぶん、少なからず、イラっとするはずなのです。

 

もしくは、『寂しい思いをしている』はずなのです。

 

わたしのキャラを受け入れてくれる友人は、『それがちびまる』と、キャラ自体を受け入れてくれているのでありがたいのですが、当の本人のわたしは、どうして、そんな風に言われてしまうのか、見当もつかない状態。。。

 

当の本人は、いたって普通に、目の前で話を聞いているつもりなんですが、どうも、関心がなさそうな顔をしているのか、話を聞けないヤツ、というレッテルを貼られます。

 

自覚症状がなければ、直せない

 

自分では気がつけない、まわりから突っ込まれるわたしの症状。 

 

〇ヒトの話を聞いてない

〇何度も同じことを聞く

〇何度も同じことを言う

 

ボケたか?

 

と思う症状なんですが、自分が思うに、若い頃から言われている感もあるので、年齢ではなく、性格の問題かと^^;

 

わたしのブログの中では、なぜか下記の記事がダントツNo.1なのですが、もしかすると、この症状は、

 

他人に興味がないと言われる所以?なのでしょうか。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

 性格だから、しょうがないの

 

もう、こうなったら、『ごめんなさーい』というしかない。

 

もう40代半ばのおばちゃんなので、性格は、もう、直りません。

 

ごめんなさい

 

悪気はないの、許してちょーだい、というしかない。

 

『ヒトの話を聞いてなーい』って言われるたびに、

 

わたしは欠陥があるのか? 頭の問題か? 心の問題か?

 

わかりませんが、それなりに凹んだり、落ち込んだりするのです。

 

でも、どうしたらいいか、わからない・・・。

 

なので、わたしのまわりのみなさま、申し訳ありませんが、それがわたしと思って、お付き合いくださいまし。

 

こんなわたしなのですが、、、

 

とりあえず、精一杯楽しく、まっすぐに生きます!

 

では、みなさま、毎日暑いですが、、、

 

健康第一で、have a nice day

 

by ちびまる

 

大切な人にギフトを贈ることは、自分への癒しにもなる

 

f:id:globalcat:20180717055841j:plain

 

お金を大切な人に使う

 

先日、ボーナスをいただきました。

 

ボーナスといっても、たいした額ではないのですが、それでも、毎月のプラスαで収入が入ってくるというのは嬉しいものです。

 

お金は大切なもの。

 

お金がすべてではないけれど、お金は適切に使えば、人生を豊かにしてくれるもの。

 

自分のためにも使って、そして、大切な誰かのためにも使う。

 

そして残りは将来の備えのためにとっておく。

 

自分のために使って、自分の心を満たすというのも良いものだけど、大切な誰かに、ちょっとしたギフトを買って、贈り物をすることも自分にとって癒しになります。

 

誰かを思って、あれこれ物を選ぶというのは楽しいものです。

 

ギフトを贈る時に気をつけていること。

 

なるべく、手元に残らないものを選ぶようにしています。

  

贈り物は、意外と難しい

 

わたしは、贈り物をするのは好きなのですが、難しいということも感じています。

 

物を贈るというのは、選んだ人の趣向が反映されてしまうので、『気持ち』と言えども、『えぇーーー、もらっても困る』という事態に陥るリスクがあります。

 

私自身、お土産やプレゼントなど、いただくことがあるのですが、やはり、自分が使わないものをいただくと、その取扱いに困ったりもします・・・。

 

例えばアクセサリー。

 

わたしはアクセサリーは1つ気に入ったものを身につける傾向にあります。

 

いくつもじゃらじゃら、もしくは日替わりでアクセサリーを身につけるタイプではないです。

 

ブレスレットを何個もいただいても、そのまま箱に入ったまま・・・という状態になります。。。

 

自分のテイストじゃないから要らないと処分するわけにもいかず、ただただ、もらったまんまの状態で箱に入ったままで放置、という状態。

 

相手に自分の趣向を押し付けないように気をつけよう。

 

友達に花を買う

 

お花ひとつにしても、切り花を贈るのか、鉢植えを贈るのかか悩みどころです。

 

花瓶を持っていない人に切り花をプレゼントしたら、そのために花瓶を買ってもらわなくてはならなくなるため、ちと迷惑になってしまう一方で、日ごろから切り花を買っては自分で活けている人には、植木鉢より切り花のプレゼントのほうが喜ばれます。

 

わたしのお友達は、鉢植えではなく、切り花を自分で活けるのが好き。

 

でも、わたし自身は胡蝶蘭が好きで、できる限り長く楽しめるお花が良いと思って、花を活けるのが好きな彼女にミニ胡蝶蘭をプレゼントしてしまいました^^;

 

2回も胡蝶蘭を咲かせてくれたようですが、「鉢植えより切り花がいい」と言われて以来、切り花を贈ることにしました。

 

久しぶりに彼女に会うことになり、夏らしく、ひまわりを中心に、黄色やオレンジに緑を添えたミニ花束を買って、彼女にプレゼンとしました。

 

黄色やオレンジ、そして優しい緑のコントラストは、部屋を明るくしてくれます。

 

また、花を贈る場合は、花の香りについても配慮が必要です。

 

わたしはユリの花の見た目はゴージャスで好きだけど、香りが好きではありません。

 

でも、バラの香りは好き^^

 

香りがきついものは避けましょう。

  

誰かを思って花を買うというのは、いつの時でも、自分の心も癒されます。

 

上司にお中元を贈る

 

日ごろ、自由に仕事をさせて頂いている御礼として、社長と上司数名にお中元やお歳暮を贈ります。

 

それもお手紙つけて^^

 

固い挨拶は抜きにして、『いつもありがとうございます』の気持ちを込めて、可愛らしい便せんに筆ペンで1枚短めのお手紙を書きます。

 

拝啓、敬具、前略、かしこ、などは書かずに、自分らしい言葉で、思っていることを伝えます。

 

今年は、ほんわかパステルカラーのピンク色のアルパカが描いてある便せんで、お手紙を添えました。

 

贈り物は食べ物か飲み物を選ぶようにしています。

 

例年は、水ようかんなどのひんやり冷やしていただくスイーツを送ってましたが、今年は、社長には佃煮セット、上司には、ビールセットや冷や麦などを贈りました。

 

量はそれほど多くなく、美味しそうなものを少しだけ。

  

ご家族で召し上がりやすい食べ物や飲み物で、手ごろなお値段なものを贈るようにしています。

 

手ごろで庶民的なものであれば、贈るほうも受け取るほうも気持ち的には楽かなと。

 

母にはギフト券

 

実家の母が、『お父さんのおむつ代、ばかにならないのよ』と言います。

 

父の介護では、何かとお金がかかります。

 

おむつ代もばかにならないみたいなので、少しでも何かの足しになればと思い、実家の地域にもあるドラッグストアでギフト券を購入し書留で母に郵送しました。

 

現金を送るよりも、ギフト券のほうが、母ももらいやすいかと。

 

母曰く、『物は要らない』らしいので、いつもお花を贈っていますが、今回は、実生活にすぐに役立てられるもののほうが良いかなと思い、少々味気ないかと思いながらも、ギフト券をプレゼント。

 

ドラッグストアのギフト券であれば、父のおむつに限らず、いろいろ買いたいものが買えて便利かなと思います。

 

USAの代理店向けに日本のお菓子を買う

 

来週から、またUSAへ出張です。

 

会社向けには、箱に入った少し立派なお菓子を。

 

代理店の営業マンには、スーパーでお菓子を。

 

結構喜ばれるのが、ミルキーキャンディ。

 

それもオーソドックスな紙に包まれているキャンディ。

 

『これは美味しい、やめられない』と、スイーツ男子(おじさんも含めて)にも大人気。

 

そして、代理店営業トップの女性のちびっ子ガールズたち(5歳と3歳)には、子供が大好きな小さなお菓子やシールをたくさん。

 

だいそれたものはプレゼントできないけど、 ちびっこ女子が喜びそうなお菓子やグッズは想像できます。

 

だって、わたしも遠い昔はちびっ子女子でしたから^^

 

先日彼女が来日した時には、ひざわんこ(ちょっとだけ、どっしりした重さがあるぬいぐるみ)をプレゼントしたころ、その子には”ビスケット”という名前がつき、毎晩ちびっ子女子と一緒にSweet Dreamをみているそうだから、なんとも微笑ましい限りで、こちらまで、心がほっこりします^^

 

プレゼントは、相手を想ってする行為。

 

押しつけがましくならず、さりげなく、相手が喜びそうなものを贈りたいものです。

 

それではみなさま、連日猛暑で大変ですが、、、

 

have a nice day

 

by ちびまる

自分のために花を買い、自分のためにお料理をする イタリアンの夕べ

 

f:id:globalcat:20180714115947j:plain

 

猛暑だろうが、キッチンでお料理

 

30℃を超える猛暑日、暑くて仕事などやってられないと思い、夏休みをとりました。

 

暑くて休んだんですが、、、エアコンと扇風機をガンガンかけながら、ガスコンロを使いっぱなしの数時間、もちろん、汗だくです。

 

久しぶりに美味しいものが食べたくなって、お友達とおうちごはん。

 

普段、仕事が忙しく、なかなか、のんびりお料理をする機会が持てないので、最近はめっきり料理頻度が減りましたが、わたしは、料理すること自体は嫌いじゃありません。

 

どちらかというと好きかな。

 

理由は、美味しいものを食べるのが好きだし、そこそこ美味しいものを作れてしまうから、心もお腹も満たされるんです。

 

手の込んだ料理は作れないけど、フライパンと鍋1つあれば作れる料理が好き。

 

新鮮なハーブや香辛料を使って作る料理、それも短時間で作れるものが好きだから、どうしてもイタリアンが多くなります。

 

画像検索のイメージでメニューを決める

 

タコのアヒージョ

 

f:id:globalcat:20180714114324j:plain

 

これ、タコのアヒージョ。

 

”タコ” ”イタリアン” ”つまみ” でググって画像検索したところ、タコのアヒージョのおいしそうな画像がたくさんでてきたので、タコのアヒージョらしきものを作ろうと決めて、なんとなく、適当につくりました。

 

わたしのお料理は、ちょっちょっちょっ!超=適当です。

 

だいたい画像検索して、材料をざーっとみてみて、味のイメージを持ちます。

 

自宅にある調味料、

 

〇オリーブオイル

〇塩・胡椒

〇鷹の爪

〇ニンニク

〇砂糖の代わりにラカンカ

 

で作れそうだったので、

 

〇ゆでだこ

〇バジル

〇イタリアンパセリ

 

だけを買って、適当に刻んで、適当にフライパンに入れ込んで焼いてしまえばできあがり、と、こんな調子です。

 

フライパンは、だし巻き卵を作る小さなフライパンで、気持ち多めぐらいのオリーブオイルを入れて、ガーリックと鷹の爪を弱火で炒めてオイルに香り付けをして、買ってきたゆでだこを一口サイズに適当に切って、さ~っと軽く炒めて塩コショウし、刻んだバジルとイタリアンパセリを混ぜておしまい。

 

ワインに合いそうなものを作る

 

ナスのみそ田楽風チーズ焼き

 

f:id:globalcat:20180714114915j:plain

 

これもフライパンひとつで簡単にできちゃう、ナスのみそ田楽風チーズ焼き。

 

これは、1分40秒の動画をみて、『すぐできそう』と思ったので、作りました。

 

お味噌を使うので『和』の印象が強いかなーと思ったのですが、チーズと合わせれば意外と白ワインに合うかもと思い作ってみたら、結構普通に合いましたぁ~。

 

その動画がこちら

cookpad.com

 

鶏もも肉のバジルトマトソース煮

 

f:id:globalcat:20180714113400j:plain

 

こちらは、鶏モモ肉のバジルトマトソース煮。

 

こちらも、なんとなくのイメージでつくりました。

 

いつも作るパスタのトマトソースを若干アレンジして、 もも肉をガーリックぶつ切りと日本酒につけ、塩コショウして、しばし寝かせて、フライパンで両面焼きながら、みじん切りの玉ねぎを少し多めに入れて、いい色になってきたな~と思ったら、パックのトマト粗みじん切りソースを入れ込み、ブイヨンとお水を足して、味を調えるだけ。

 

結構おいしく出来上がり満足^^

 

スモークサーモンといくらのホワイトソースパスタ

 

f:id:globalcat:20180714120722j:plain

 

こちらは、わたしの定番パスタ。

 

クリームソースは、玉ねぎを薄切りしたものを軽く鍋で炒めて、大さじ1ぐらいの小麦粉をいれて、牛乳をざーっと入れて、ブイヨンと塩コショウで味付ければおしまい。

 

冷蔵庫にあったマイタケをオリーブオイルで焼いて軽く塩コショウ。

 

パスタはいただく前に固めにゆでて、ソースがはいったフライパンにパスタをトングで入れて軽く混ぜ、最後に火を止めてスモークサーモンを適当にちぎっていれれば完成。

 

スモークサーモンで薔薇(一応、バラ)の形を作って、飾りつけ、まわりにイクラをちりばめて、パルメザンチーズを削って上からかければ出来上がり♪

 

元気なひまわりを一輪挿し!

 

f:id:globalcat:20180714122000j:plain

 

お花屋さんに行ったら、元気なひまわりがたくさん店頭に並んでいて、迷わずゲット!

 

一輪挿し用に買いました^^

 

250円で、こんなに自宅を華やかにしてくれるんだから、ありがたい、ありがたい。

 

ひまわり。

 

とっても夏らしいお花ですよね。

 

元気が出るので大好きです♪

 

自分にひまわりを買って、美味しいワインを飲むために、美味しいごはんを汗だくになりながら作り、〆て5,000円ぐらいで、呑んで食べれるんだから、安い娯楽です。

 

美味しいごはんを作るのは、結構リフレッシュになります。

 

自分でご飯を作って、新鮮な食べ物を口にするのは元気が出ます。

 

ぜひ、みなさまもお試しあれ!

 

では、have a nice day

 

by ちびまる

 

これからは海外だ!、とはよく聞くけれど、具体的にどのような海外ビジネス展開を考えているのか?

 

f:id:globalcat:20180712071142j:plain

  

『これからは海外だ!』とは、よく聞きますが、、、

  

最近の朝のテレビ番組は、どうも視聴率を気にし過ぎ!?なのか、どこもかしこもバラエティ番組化していて、ゲームをやったり、食レポだったり、アニメを取り込んでみたり、、、どこもかしこも似たような構成で、見ていても退屈と感じているのはわたしだけだろうか。。。

 

NHKでも良いんだけれど、最近わたしは、BSのモーニング・サテライト・ジャーナル、略してモーサテを毎朝、朝ご飯を頂きながら見ています。

 

モーサテは、短時間で、株式市場、為替の変動、天気予報、グローバルニュースなど、世界の経済やHOTニュース、そしてさまざまな日系企業をピックアップしては、新しい発想の事業展開や、その企業の強さ、そしてユニークな新技術などの紹介をしているので、仕事上、何かと参考になることも多く、見ていて面白いのです。

 

前置きが長くなったのですが、モーサテにおいても、他のテレビ番組においても、最近多いなと思う話が、「これからは海外だ!」という話。

 

東証一部の大企業の社長も、片田舎の中小企業の社長からも、こぞって『これからは海海外事業展開に注力!』といったコメントが多い印象です。

 

その背景には、おそらく日本の

 

〇人口の減少

〇長期のデフレ

〇貯金好きな国民性

 

など、国内消費に期待しづらいというのを感じていて、若くて活気のある人間がわんさかいる国、特にインドや中国など、人口が桁違いに多い『海外』に焦点を当てたくなるのかなと感じるところがあります。

 

ある分野において、すでに国内もしくは世界のトップシェアを持っている日系企業の場合は、わたしが思うに、やみくもに海外!海外!と言っているわけではなく、しっかりと戦う土俵の的を定め、相手の強みや弱みもちゃんと分析した上で自社のポジショニングやアドバンテージを見出し、現実的な事業戦略のもと、仮説立てができているのだと思うのですが、その一方で、、、

 

国内の需要が鈍化している=国内売上伸びないという悩みを抱えているがために、『これからは海外で勝負だ!』っと、意気込むだけの企業も少なからず存在して、そもそも海外っていうけれど、具体的にどこの地域?とか、どの市場で、どの訴求ポイントで勝負するの?という明確なアイデイアを持っていない、海外事業展開するために必要な人・もの・金もない、というケースも多いのではないかと思います。

 

海外、海外、というわりには、自分では直接海外には出向かないし、調査もしないし、英語ができないから、現地の人を知ろうともしない、という、どちらかというと、基本的には海外市場や海外に住んでいる人や企業、そして文化や習慣などにそもそも興味がないという経営者の場合は、海外戦略も実際には具体的に何も描けない、という企業経営者も少なくないのではと思います。

  

侮れない中国勢メーカー

 

うちの会社の人にも偏見が多いのだけれど、

 

中国=品質悪い、まがいもの

 

みたいな印象を持っている人が多いように思います。

 

確かに、品質がとんでもない中国メーカーの製品が多いというのもあるかもしれないけれど、わたしが海外市場に出向いて行って、多くのビジネスマンと話をする限り、中国メーカーを侮ってはいいけない、と、ひしひしと感じるところがあります。

 

また聞きではありますが、彼らは米国や欧州など先進国の有名大学や企業からの出戻り人材も多く保有していて、洗練された優秀な中国人が中国本土にわんさかいるようです。

 

また、外国一流メーカーから技術を学び、自社の技術として取り入れ、中国本土の経済が上がり、また人々の暮らしのレベルもあがり、いけいけどんどん的な競争社会の中、技術も品質のレベルも上げてきている企業があることは否めません。

 

もちろん、クレームが多いということはあるみたいですが、良いものと悪いものをしっかりわけて、中国メーカーの商材で設けている欧米企業の話を聞いていると、中国メーカーの市場アプローチは非常にアグレッシブで、勝負の仕方に潔さ、そしてスピード感を感じます。

 

キーワードとしては、

 

〇問題があれば、全額返金保証

〇要望があれば、全品代替え

〇低価格・短納期

〇膨大な品揃え

 

など、です。。

 

なかなか、太刀打ちできない・・・というのが本音です。

 

多少品質が落ちようが、安くて、フレキシブルで、スピーディーな中国メーカー品を選ぶ顧客も代理店も結構多いことに驚きます。

 

そこそこ、7割OKぐらいの結果がでればそれでいい、という顧客にとっては、安い方が良いのです。

 

また、彼らの卸値は半端なく安価で、日系企業では普通に考えたら、どう逆立ちしても太刀打ちできる卸値ではない、と思ったこともしばしば。

 

そもそも、中国勢メーカーがひしめき合う市場で勝負すべきではないのですが、そうなると、中国勢メーカーが追従できない、ONLY ONE /ユニーク性に富み、必要とされる需要のある製品で、良品質なものを商材として勝負する必要があります。

 

それは、商品の開発力だったり、サービスの質だったり、スピードだったり、、、いろいろ要素はあるものの、中国=品質悪い、という考えは捨てたほうが良いなと、個人的には思っています。

 

日系メーカーだからこそ光るもの、選ばれる要素を考えていかなければならないなと。

 

難儀なことですが、そこが日系企業が海外市場で勝負し生き残っていける鍵ではないかと思っています。

 

今日も暑いですが、みなさまにとって良い一日でありますように。

 

have a nice day

 

by ちびまる

フッターの欄