空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

道後温泉女子ひとり旅1泊2日(本館、飛鳥の湯、椿の湯)外湯めぐり

  

f:id:globalcat:20181213193606j:plain

 

道後温泉ひとり旅

 

海外にひとりで出張に行くことがあっても、なかなか国内をひとり旅する機会がありませんでした。

 

この度、ANAのプレミアムポイントが30,000ポイントまであとわずか!『ブロンズのステータスまで手が届くところにいますよ』というご案内をANAから頂き、急きょ弾丸んにて国内ひとり旅をすることに

 

『ひとり旅』で頭に浮かんだのが、以前から行ってみたかった道後温泉

 

四国は行ったことがなかったし、道後温泉と言えば夏目漱石『坊ちゃん』の舞台となった街。

 

坊ちゃんを読んだことがなかったので、『坊ちゃんを機内で読みながら、道後温泉に旅に出る』という、文学少女チックなイメージに憧れを抱いたら最後。

 

急きょ休みを取って、ANA羽田発松山行きの航空券を手配。

 

文学少女のイメージでひとり旅をする予定でしたが、羽田空港の書店にあった漱石の書籍は、

 

〇こころ

〇吾輩は猫である

 

だけで、肝心の『坊ちゃん』がないというオチ。。。

 

仕方がないので、スマホでサクッとあらすじだけを読み、いざ道後温泉目指して出発。 

 

それにしても、いつでも好きな時に、休みが取れる今の職場はありがたい^^

 

航空券を手配して、、、までは良かったのですが、手ごろな宿がない!

 

どこも満室で、高額な宿ばかりが空室という事態に。

 

今回のひとり旅の目的は、『ANAのプレミアムポイント稼ぎ』でしたので、なるべく低コストでのひとり旅をサクッとすることにしました。

 

温泉は全て外湯まわりにして、食事も好きなものを外で食べることにして、ビジネスホテル宿泊しました。

 

1日目の13:30に到着して、2日目の14:20の飛行機で帰るという超特急なひとり旅でしたが、十分過ぎるほど満喫することができました。

 

わたしの個人的な感想文ではありますが、これから道後温泉に行かれる方のお役に少しでも立ててれば、と思いながら道後温泉ひとり旅日記を綴ります。

 

東京から道後温泉までのアクセス

 

f:id:globalcat:20181213194224j:plain

 

ANA便で東京羽田空港第2ターミナルから松山空港までは約1時間のフライトです。

 

国内線のフライトは20年以上ぶり

 

国際線ばかりのわたしは、ついつい2時間前に空港に行ってしまい、時間を大きく持て余すことに。

 

初めて知ったことですが、ANA便では、Skipというサービスがあり、預け入れ荷物がなければ、チェックイン手続きをスキップでき、E-チケットを手にダイレクトにセキュリティーチェックに行けます。

 

セキュリティーチェックでは、国際線とは違って、国内線の場合は100mLを超える溶液を持ち込めるということも初めて知りました。

 

いつも10時間以上のフライトの国際線利用が多いわたしにとって、1時間のフライトは、新幹線の乗車とさほど変わらない感覚でした。

 

松山空港に降りると、みかんのシャンパングラスのオブジェがあり、外にでて左手に行くと、松山駅および道後温泉方面のリムジンバスの停車場所とチケット販売機があります。

 

f:id:globalcat:20181213194056j:plain

 

松山空港から道後温泉までの大人片道運賃は610円で、リムジンバスは飛行機の時間と接続しています。

 

f:id:globalcat:20181213194502j:plain

 

ちなみにバスのチケットは、バスが来てからでないと購入できないようです。

 

f:id:globalcat:20181213194404j:plain

 

松山空港から道後温泉までは約40分の道のりで、松山空港からは補助席を使うほどの満席で乗車できない方もおられたようです。

 

また、バスの運賃は、現金払いかチケットの事前購入のみのようです。

 

道後温泉から松山空港行きのバスに乗るには、坊ちゃん列車の前にあるバス停から乗車します。(駅の向かい側)

 

f:id:globalcat:20181213194442j:plain

 

道後温泉から松山空港行きのバスに乗る際には、バスのチケット券売機はないため、バスがきたら整理券をとり乗車し、降車時に現金610円を支払います。

 

道後温泉の格安ホテルに泊まる

 

f:id:globalcat:20181213194919j:plain

 

せっかくはるばる四国の愛媛にある道後温泉までやってきたのだから、素敵な温泉宿でのんびり時間を過ごしたいところですが、あいにくお手頃価格のお宿はどこも一杯でした。

 

f:id:globalcat:20181213194947j:plain

 

帰って寝るだけの場所と割り切って、宿は道後温泉にある格安ビジネスホテルに素泊まりしました。

 

今回お世話になったのは、道後温泉商店街まで徒歩1分の場所にある『ビジネスホテルさくら』です。

 

www.dogo-sakura.com

 

1泊なんと4,800円(税込み)!と破格です。

 

ビジネスホテルさくらの魅力は、なんといっても立地です。

 

〇目の前にファミリーマート

〇徒歩3分以内にセブンイレブン

〇徒歩1分以内に道後温泉別館(飛鳥の湯と椿の湯)

〇徒歩3分以内で道後温泉商店街

〇徒歩5分以内に道後温泉本館

〇徒歩5分以内に道後温泉駅(リムジンバス乗り場)

〇徒歩5分以内にお食事処も豊富

 

ホテルの特徴としては、

 

〇お部屋は古いが清潔

〇トイレ・洗面所も清潔

〇ウオシュレット付

〇お部屋は玄関付きで広め

〇お風呂場も広い(使わないけど)

〇wifi 無料(接続良好)

〇間接照明

 

トイレと洗面台はきれいです。

 

f:id:globalcat:20181213195300j:plain

 

マイナス点としては、禁煙室がなく、若干部屋がタバコ臭いです。

 

窓を開けて換気し、常備してあるファブリーズを使うことで、緩和できます。

 

f:id:globalcat:20181213195201j:plain

 

わたしも大のタバコ嫌いですが、値段を考えれば我慢ができる範囲のタバコ臭さです。

 

荷物を置いたり、携帯電話をチャージしたり、寝るだけの部屋と考えれば十分快適です。

 

ホテルはファミマの目の前の道を渡って、建物の隙間の道をちょっと入ったところにあります。

 

間違えても、ファミマの目の前の道を右手に行かないように!

 

殿方の夜の歓楽街・・・女性が立ち入る場所ではありません!

 

黒スーツの怪しげな男性がたくさん道で呼び込みをしており、間違えても女子がひとりで歩く道ではありません!

 

が、しかし、、、

 

わたしは何も知らず、その道をひたすら突き当りまで歩いてしまいました(;^ω^)

 

わたしの失敗を他の誰かに活かそう!

 

道後温泉について

 

f:id:globalcat:20181213195402j:plain

 

道後温泉は、むかしむかし、聖徳太子も入浴に来られた日本最古の温泉。

 

道後温泉本館には、皇室がご利用になられた皇室専用浴室があります。

 

道後温泉は夏目漱石の小説『坊ちゃん』の舞台で一躍有名になった温泉街ですが、はるか昔に聖徳太子も来られたと聞くと、なんとも言えぬ古のロマンを感じます。

 

そしてジブリ映画『千と千尋の神隠し』の舞台のモデルにもなったと言われている道後温泉本館は、常に観光客でごった返している印象です。

 

また、足を痛めたシラサギが道後温泉で足を癒したというお話もあり、道後温泉の本館の屋根のてっぺんにはシラサギが立っています。

 

また、別館の飛鳥の湯にもシラサギをモチーフにした壁画があります。

 

道後温泉の泉質は、源泉かけ流しで、42℃に保たれており、若干熱めではありますが、女子に嬉しいお肌がツルツルになるアルカリ度が高いの単純温泉です。

 

pH9.1とアルカリ度が高いため、トロリとした柔らかなお湯です。

 

また、道後温泉は温泉特有の硫黄の臭いがしないので、硫黄の臭いが苦手な人でも安心して体を癒すことができる温泉です。

 

道後温泉は、小さな街であり、商店街から、道後温泉本館や別館、お食事処などが密集しているので、徒歩にて食べ歩き、お土産屋さん巡り、外湯巡りなど短時間で楽しめます

 

ひとり旅でも、カップルでも、家族連れでも、どんな旅でも楽しめる温泉街です。

 

外湯めぐりでは、わたしは個人的には道後温泉別館の『飛鳥の湯』が一番のお気に入りです。

 

一番のお気に入りの理由は、泉質は同じでも、空いているし、露天風呂もあるし、スタッフのサービスは温かみがあって素晴らしいし、何よりリラックスできる空間だからです。

 

道後温泉本館、飛鳥の湯、そして椿の湯の特徴を下記にてご紹介します。

 

外湯周りのコツ

 

f:id:globalcat:20181213195709j:plain

 

道後温泉の外湯には、

 

〇道後温泉本館

〇道後温泉別館【飛鳥の湯】

〇道後温泉【椿の湯】

 

の3つがあります。

 

それぞれの特徴のダイジェストとしては、

 

〇お湯は同じ(42℃、pH9.1単純泉)

〇全て道後温泉駅から徒歩5~10分圏内

〇のんびりしたいなら飛鳥の湯

〇入浴だけなら椿の湯

〇歴史に浸りたいなら本館

〇my小タオルを持参すると便利

〇館内にお食事処は無し

 

という感じです。

 

本館は道後温泉のアイコニックな建物なので一度は入る価値はありますが、個室以外は利用時間1時間で、年配のスタッフに行動を仕切られるのでリラックスはしづらい環境です。

 

飛鳥の湯は、オープン1年目で90分の滞在ができ、スタッフも若くホスピタリティを感じられ、のんびりできます。

 

太古と最先端の融和を感じさせるデザインで、浴室ではプロジェクションマッピングも楽しめます

 

椿の湯は、入浴のみで、アメニティーやタオルなど何もなく、ドライヤーや鍵付きロッカーも10円ですが有料です。

 

こちらの施設は地元の方々の銭湯というイメージが色濃く出ています。

 

目的に応じて外湯めぐりをされると良いかと思います。

 

道後温泉本館の感想

 

f:id:globalcat:20181213195929j:plain

 

道後温泉駅前から商店街に入り、突き当りを右に行くと突き当りに、道後温泉本館が真正面に見えてきます。

 

さすが日本最古の温泉と呼ばれるほとの貫禄がある佇まいです。

 

実際に道後温泉本館を訪れて、人力車のガイドさんに教えてもらって知ったことですが、むかしの道後温泉本館の正面は、今現在の正面ではなく、商店街を背に左手だったそうです。

 

f:id:globalcat:20181213200026j:plain

 

その証拠として、道後温泉本館のお屋根のてっぺんに佇んでいるシラサギが左の方向を向いてます(昔の正面の方角)。

 

また、むかしの道後温泉本館は、とても小さな建物だったらしいのですが、むかしの建物を残しつつ、増築を繰り返し、今の複雑な屋根がたくさんある複合体になったようです。

 

f:id:globalcat:20181213200056j:plain

 

道後温泉本館は、ゆっくり温泉を楽しむというよりは、歴史ある道後温泉本館の歴史に触れる、そして建物を見学するというどちらかというと『美術館に入館する感じ』です。

 

道後温泉本館は、建物を外から様々な角度から眺めるのも楽しいです。

 

f:id:globalcat:20181213201239j:plain

 

横からの眺め。

 

f:id:globalcat:20181213201315j:plain

 

むかしは正面だった側からの眺め。

 

f:id:globalcat:20181213201351j:plain

 

空の散歩道からの眺め。

 

コースにより滞在できる時間は異なりますが、二階大広間コースでは、滞在時間は1時間なので、2つのお風呂に入って、かつ、お茶を飲んで休憩し、そして館内の見学と、結構慌ただしいです。

 

道後温泉本館での時間は、時間とルールに縛られながら、館内スタッフの案内と指示に従って行動するため、ゆっくりリラックスして温泉を楽しむというより、『日本最古の温泉の歴史に触れる経験をした』という感覚です。

 

地元の人の話では、道後温泉本館のスタッフは松山市の職員の方だそうで、それもほぼ全員が年配のベテラン社員な感じなので、あれこれ指示をされるとどうも恐縮してしまいます。

 

道後温泉本館での入浴入館コースは4パターンあり、

 

〇霊(たま)の湯と神の湯のどちらも入るか

〇個室での時間を過ごしたいのか

〇それとも大広間での休憩で良いのか

〇それとも神の湯の入浴だけで良いのか

 

によって、入館料が異なってきます。

 

わたしは、せっかくなので一番高いコースの霊の湯三階個室コースにしようと思いましたが、すでに個室が満室にて利用ができませんでしたので、大広間コースにしました。

 

ちなみに、個室は事前予約ができないそうで、個室の利用を希望する場合は、現地にて申し込みをし、満室であれば、空く時間を待って申し込む必要があるようです。

 

わたしが訪れた12月はどちらかというと閑散期であり、それも平日金曜日でしたが、それでも満室で入れませんでした。

 

個室の数は多くないので、なかなか入れないことが想定されます。

 

わたしは、二階大広間のコースで入館したのですが、まずは番号札を渡され、決まった席に誘導されます。

 

f:id:globalcat:20181213200320j:plain

 

座布団の前には御着物入れのような箱が設置されており、その中から浴衣と手ぬぐいを持ち、貴重品ボックスに貴重品を入れ(100円有料)、まずは霊の湯を案内されます。

 

さすが最古の温泉だけあって、建物は古く霊の湯の浴場にはトイレやパウダールームもなく、とにかく狭い!です。

 

ちなみに当たり前ですが、浴室の撮影はNGですので、ここから先は想像で^^

 

霊の湯は、家族風呂の2倍~2.5倍程度の大きさで、比較的深めの浴槽です。

 

見ず知らずの他人が、それも全裸で一斉に同じ浴槽に入るには、プライベートゾーンが狭いので、若干居心地の悪さを感じます。

 

お風呂の大きさの割に人が多く、なんとも言えない混み具合で、小さなお風呂に大人数で入り静かに向かい合っている感じです。

 

腰かける場所は浴槽への出入り口だけで、それ以外は壁、かつ中途半端な深さなので、常に中腰で入浴ですのでご高齢の方には不向きと思われます。

 

お湯の温度は熱めで42℃を保っているようです。

 

お湯が熱いので長湯する人もなく、回転は早いのですが、浴室には窓もなく狭いので若干の圧迫感を感じるのは否めません。

 

『霊の湯に入りました』という経験以外、特別な思いはわたしにはありません。

 

神の湯は、霊の湯に比べ広く、もう少しゆったりとした広さで入浴ができますが、やはり42℃と熱めのお湯なので、長居はできません

 

どちらのお湯もアメニティは、資生堂のTSUBAKIを採用されています。

 

湯上りは浴衣に着替え、座敷に戻るとお茶とおせんべいのサービスがあります。

 

有料ではありますが、

 

〇坊ちゃん団子(80円)

〇みかん缶ジュース(140円)

 

f:id:globalcat:20181213200617j:plain

 

など、地元ならではの食べ物や飲み物もいただけます。

 

ただ、大広間はテーブルもなく、座布団一枚、お着物入れひとつであり、また、松山市職員のスタッフさんが大勢見張っていらっしゃるので、なんとも落ち着かず・・・。

 

少し汗が引いてきたら、更衣室で服に着替え、係の方が又神殿(ゆうしんでん)へご案内してくれ、皇室がお使いになられたお部屋や浴室の見学をし、最後に三階の坊ちゃんの間を自由に観覧して終了です。

 

f:id:globalcat:20181213200724j:plain

こちらは大広間にある更衣室

 

坊ちゃんの間は、、、、

 

夏目漱石が好きで『坊ちゃん』を熟読され、その物語に浸りたいという方はお楽しみになられるお部屋と思いますが、『坊ちゃん』をあらすじだけしか理解していないわたしにとっては、なんてことない畳の間でした^^;

 

f:id:globalcat:20181213200757j:plain

 

良い経験になりましたが、本館は一度経験すれば良いかなと、個人的には感じています。

 

道後温泉本館では、入浴入館チケットには4パターンあります。

 

詳しい情報および更新情報は、道後温泉本館の公式サイトでご確認ください。

 dogo.jp

 

霊の湯(たまの湯)三階個室コース

営業:6:00 – 22:00

価格:大人1,550円 小人770円

時間:1時間20分

内容:霊の湯と神の湯の入浴、坊ちゃんの間がある3Fの個室の利用、貸し浴衣、貸しタオル、又神殿観覧、お茶と坊ちゃん団子のサービス付き

 

2階席コースと比べて大人一人あたり300円しか違わないので、個室に空きがあるようであれば、一番おススメのコースです。

 

霊の湯二階席コース

営業:6:00 – 22:00

価格:大人1,250円 小人620円

時間:1時間

内容:霊の湯と神の湯の入浴、2F大広間休憩室の利用、貸し浴衣、貸しタオル、又神殿観覧、お茶とおせんべいのサービス付き

 

神の湯二階席コース

営業:6:00 – 22:00

価格:大人840円 小人420円

時間:1時間

内容:神の湯の入浴のみ、2F大広間休憩室の利用、貸し浴衣、お茶とおせんべいのサービス付き

 

神の湯階下

営業:6:00 – 23:00

価格:大人410円 小人160円

時間:1時間

内容:神の湯の入浴のみ

 

又神殿

営業:6:00 – 21:30

価格:大人260円 小人130円

内容:又神殿の観覧

 

道後温泉別館【飛鳥の湯】の感想

 

f:id:globalcat:20181213201114j:plain

 

道後温泉外湯めぐりで、わたしのお気に入りの飛鳥の湯

 

1日目の夜1回目はお風呂だけのコースを楽しみ、2日目は帰る直前の昼間にお風呂と二階席休憩コースを楽しみました。

 

滞在時間が90分と長めにとられているため、時間をあまり気にせずにのんびりできます。

 

f:id:globalcat:20181213201553j:plain

 

飛鳥の湯は、1年前にできた外湯の館であり、聖徳太子が訪れた時代『飛鳥時代』を思わせるようなデザインの建築物となっております。

 

まず、入館したら下駄箱用に100円玉硬化が必要になりますので、小銭の準備をお忘れなく

 

100円玉は帰る際に戻ってきます。

 

こちらの道後温泉別館『飛鳥の湯』は1年前にオープンしたばかりなので新しく、浴室のスペースも大きくとっており、内風呂も大きく、また、ミニガーデンを望む露天風呂もあります。

 

道後温泉本館と異なり、空いており、わたしが訪れた金曜日の夜は、ほぼプライベート空間状態で、露天風呂はひとりでのんびりと、ゆっくり入浴できました。

 

飛鳥の湯も、道後温泉本館と同じく、加水も加温もしていない源泉かけ流しの湯なので、若干熱めのお湯ですが、露天風呂ではベンチもあり冷たい風にもあたれるので、とても心地が良かったです。

 

また、飛鳥の湯では、30分間隔で、内風呂の壁画を使い、プロジェクションマッピングを導入しており、瀬戸内海の海を白い船がゆっくりと動き、お日様が上がっていき、シラサギが飛んでいくというような演出です。

 

ほんの数分ですが、とても特別なものを見せて頂いた気分になりました。

 

また、飛鳥の湯でも、道後温泉本館同様に、アメニティは資生堂のTSUBAKIが採用されており、本館と違って、パウダールームが広くとられており、浴衣を着たまま体を冷まし、髪を乾かし、スキンケアをのんびりできます。

 

二階席の大広間での休憩をとる場合は、本館同様に決められた座布団とお着物入れの前に案内されます。

 

f:id:globalcat:20181213201723j:plain

 

飛鳥の湯の大広間は、明るい色調で本館よりも広く、伊予の芸術品で内装されていてとても素敵な空間です。

 

f:id:globalcat:20181213201747j:plain

 

素敵な玄関ロビー

 

f:id:globalcat:20181213201822j:plain

 

伊予の伝統工芸

 

f:id:globalcat:20181213201848j:plain

 

床の間には道後温泉の絵図

 

また、道後温泉本館は、いかにも『市の職員です』という年配のスタッフばかりですので、ご案内されるたびに緊張してましたが、道後温泉別館の飛鳥の湯は、ほとんどのスタッフが若手20代~30代のスタッフなので、リラックスできました。

 

また、ホスピタリティという面においては、飛鳥の湯のほうが洗練されています。

 

本館のほうは、どちらかというと『上から目線』での接客という印象を受けました。

 

おそらく、道後温泉本館のほうは、ほっておいても人が来るためホスピタリティを高める必要性がなく、どちらかというと、来客者の交通整理、コントロールが必要なので、どうしてもキビキビと厳しくならざるを得ないのかなと思います。

 

飛鳥の湯は、入館の人の数を見ている限り、どちらかというと人の呼び込みをしなければならない立ち位置の外湯なのでホスピタリティを高める必要性があるのではないかと思います。

 

飛鳥の湯では、休憩の際に、温かいお茶と、美味しいお餅のお菓子を頂きました。

 

また、飛鳥の湯では、大広間には縁側が設けられていて、熱い温泉に入った後に、冷たい風を感じたい場合は、縁側でのんびりすることもできます。

 

f:id:globalcat:20181213202029j:plain

素敵な縁側

 

f:id:globalcat:20181213202057j:plain

 

素敵な生花も活けてあります。

 

f:id:globalcat:20181213202127j:plain


違う種類のお花も^^

 

そして、お帰りの際には、浴衣から自身の服に着替えるための更衣室が、とても広くとられており、またパウダールームもあるため、身だしなみを整える環境もバッチリです。

 

飛鳥の湯の料金パターンは、下記の通りです。

 

二階特別浴室利用:1組2,000円+大人1,650円、小人820円

お茶菓子、浴衣、小タオル、バスタオル、貸湯帳付き、特別浴室利用(90分)

営業時間:7:00 – 22:00

 

二階個室:大人1,650円、小人820円

お茶菓子、浴衣、小タオル、個室利用(90分)

営業時間:7:00 – 22:00

 

二階大広間:大人1,250円、小人820円

お茶菓子、浴衣、大広間利用(90分)

営業時間:7:00 – 22:00

 

一階浴室のみ:大人600円、小人300円

入浴のみ(90分)

営業時間:7:00 – 23:00

 

アメニティーと一階脱衣所のパウダールーム、ドライヤー、給水機は無料で利用できます。

 

詳しい情報や更新情報は飛鳥の湯公式サイトでご確認ください。

dogo.jp

  

道後温泉【椿の湯】の感想

 

f:id:globalcat:20181213203339j:plain

 

椿の湯は、松山市民の憩いの場でもあり、源泉かけ流しの道後温泉を毎日楽しめる銭湯的な位置づけの外湯です。

 

場所は、道後温泉別館『飛鳥の湯』のすぐ向かいにあり、建物は新しく、飛鳥の湯と椿の湯の前の広場には、ミニガーデンがあり、椿の花をモチーフにした赤い大きなオブジェがあり、その中にカップフルで入ると恋が成就するようです。

 

f:id:globalcat:20181213204040j:plain

 

男女で椿の花の中に入る=めしべとおしべになる、といった感じのようです^^

 

f:id:globalcat:20181213204123j:plain

 

椿の湯と飛鳥の湯の間のミニガーデンには小さな川があり、川の中には詩が書かれています。

 

f:id:globalcat:20181213204232j:plain

 

小さな橋の上にも詩が書かれています。

 

椿の湯は、浴室は大浴場のみで、露天風呂はありません

 

アメニティー、タオルなどは一切ないので持参する必要があり、また、ドライヤやーロッカーは1回10円(有料)で利用可能です。

 

利用料金:大人400円、小人150円

利用時間:6:30 – 23:00

 

椿の湯は、朝風呂がおすすめです。

 

のんびりするような休憩室はありませんので、さっとはいって、さっとあがるイメージ。

 

朝早くに行くと、地元のおばあちゃんたちが朝風呂に入りに来られます。^^

 

椿の湯や飛鳥の湯に入浴を希望される方は、自身のmy小タオルをご自宅から持参されると便利です。

  

道後温泉で人力車を体験

 

f:id:globalcat:20181213205722j:plain

画像:photoACクリエイター:annaさん
 

人生初の人力車を道後温泉で体験しました!

 

道後温泉本館の目の前に、たくさんの人力車が並んでおります。

 

12月の上旬はオフ期間ということもあり、閑古鳥が鳴いていまして、寒い中人力車のお兄さんたちがずーっと立ちんぼで少し気の毒でしたので、時間を持て余していたこともあり、20分ガイドコース3,000円に申し込みました。

 

10分コースは、ぐるっと道後温泉を回るだけですが、20分コースは、人力車のお兄さんが観光ガイドをしながらまわってくれます。

 

今回わたしの人力車をご担当頂いたのは、宇和島出身の大学生のお兄さん。

 

道後温泉の歴史や、おすすめのお食事処や、穴場の観光場所など、いろいろ教えてくれるので楽しかったです。

 

人力車のお兄さんに教わるまでは、坊ちゃん電車が本当に走るというのは、知りませんでした。

 

ただの展示品だと思っていましたので、教えてもらってよかったです。

 

ちょうど坊ちゃん電車が出発する時刻で、車掌さんが汽笛を鳴らしてまずは電車をバックさせてから、道後温泉駅に入るところを見学しました。

 

f:id:globalcat:20181213210012j:plain

 

夏目漱石『坊ちゃん』の時代、明治初期の頃を再現し、車掌さんの制服なども当時のデザインなのだそうです。

 

f:id:globalcat:20181213205930j:plain

 

また、道後温泉駅前にある『坊っちゃんカラクリ時計』が時間になると3段上に上がるというのも言われなければわからなかったです。

 

f:id:globalcat:20181213210033j:plain

 

からくり時計の夜の風景はこちら

 

f:id:globalcat:20181213210111j:plain

 

からくり時計のそばには足湯があり、寒い夜にはくつしたを脱げばすぐに温かい道後温泉のお湯で足を温められます。

 

道後温泉のピークシーズンは夏休みだそうで、その時期は商店街を人力車で通るのは一苦労なんだそうです。

 

たわいのない話をしながらあっという間の20分が過ぎ、わたしの人生初の人力車体験は終了しました。

 

道後温泉の地ビールを頂く

 

f:id:globalcat:20181213210221j:plain

 

道後温泉本館のすぐ隣に、地ビールを頂ける『道後温泉麦酒館』というカンターバー・レストランがあります。

 

 

お風呂上りに一杯飲むには素晴らしい立地に佇むレストランで、わたしもお風呂上りにひとりで地ビール一杯を『タコわかめかまぼこ』と一緒に頂きました。

 

f:id:globalcat:20181213210357j:plain

 

地ビールの種類は4種類で、

 

〇坊ちゃんビール(ライト)

〇マドンナビール(深みのある色)

〇漱石ビール(黒ビール)

〇のぼさんビール(ドイツビア)

 

の飲み比べができますが、わたしはそれほどのん兵衛さんではないので、グラスで1杯坊ちゃんビール(一番軽め)を頂きました。

 

f:id:globalcat:20181213210435j:plain

 

お風呂上がりのビールは最高です♪

 

おつまみセットの『たこわかめかまぼこ』は美味しかったのですが、ひとりで食べるには多すぎました。。。

 

かまぼこだけで、お腹がいっぱいに。

 

こちらのお店はスタッフさんも感じが良く、カンターがあるので、お一人様も気楽に入れます。

 

f:id:globalcat:20181213210506j:plain

 

サクッと飲んで、サクッとつまみを食べて帰るにはちょうど良いお店です。

 

道後温泉のグルメ

 

f:id:globalcat:20181213210551j:plain

 

道後温泉のグルメと言えば、

 

〇じゃこカツ

〇鯛めし

〇一六タルト

〇愛媛みかん

〇坊ちゃん団子

 

でしょうか。

 

もっとあるのでしょうが、1泊2日の弾丸ひとり旅ゆえ、あまり考える時間もなく、とりあえず、一通り頂きました

 

じゃこカツは、道後温泉本館の目の前に『谷本蒲鉾(かまぼこ)店』があり、そちらでいただけます。

 

f:id:globalcat:20181213210734j:plain

 

1つ150円ぐらいだった記憶が・・・すみません、価格は定かではありませんが、代金をお支払いしてから、速攻で揚げてくれます

 

待ち時間はほんの2~3分です。

 

f:id:globalcat:20181213210718j:plain

 

かじった後で、ゴメンナサイm(_ _)m

 

アツアツの揚げたてを頂けるので、食べ歩きには最高の一品です。

 

鯛めしは、道後温泉本館のお隣にある、『すし丸』というお店でいただきました。

 

f:id:globalcat:20181213210955j:plain

 

鯛めしを頂けるお店は、たくさんあり、有名どころは、

 

〇にきたつ庵

〇かどや

 

あたりですが、おなかが空いた頃にちょうど目の前にあったお店が、すし丸で空いてたので、こちらのお店で鯛めしを頂きました。

 

f:id:globalcat:20181213211103j:plain

 

お夕食時にガラガラでしたので、少し心配ではありましたが、とても美味しくて、ほぼ完食いたしました。

 

わたしが頂いたのは、『ぶっかけ鯛めし単品』です。

 

f:id:globalcat:20181213211145j:plain

 

確か1,000円ぐらい。

 

出汁が入った生卵に真鯛のお刺身や玉ねぎなどを入れてかき混ぜ、それをかつお節がたくさん乗っかっている温かご飯の上にぶっかけて食べる鯛めしです。

 

絶品でした。

 

お料理の値段はこちら

 

実は鯛めしではないですが、、二日目の羽田に飛び立つ直前に、松山空港内の『かどや』さんで、真鯛が乗っかった海鮮丼を頂きました。

 

松山空港の2F左手にあります。

 

f:id:globalcat:20181213211357j:plain

 

こちらも美味しかったのです。

 

f:id:globalcat:20181213211423j:plain

 

どさくさに紛れて、最後のご褒美に『あらごしみかんのお酒』も頂きました。

 

道後温泉のスイーツ、一六タルトは、ロールケーキの中にあっさりあんこが巻いてあり、パクっと一瞬で食べきってしまう美味しさです。

 

f:id:globalcat:20181213211504j:plain

 

あんこ好きにはたまりません。

 

完全にピンボケ・。・

 

愛媛みかんは、想像以上の甘さでした。

 

f:id:globalcat:20181213211918j:plain

 

普通スーパーで買うようなみかんとは異なり、皮と実の間が薄くむきにくいのですが、オレンジを食べる要領でくし型に切って食べると食べやすいです。

 

美味しかったので果物屋さんで愛媛みかんを2つほど買って帰りました。

 

最後に『坊ちゃん団子』ですが、こちらを食べずに道後温泉に来たとは言えないと思って、道後温泉本館にて80円にて1串頂きました。

 

f:id:globalcat:20181213211942j:plain

 

三色のお団子ですが、アンと餅の境目がわかりづらいお団子で、うーん何とも言えない味。

 

美味しいというほどでもなく、まずいということもなく、普通・・・の味でした。

 

お土産に買って帰るほどの美味しさではない気がしたので、スイーツの代わりに、お土産には地ビールと地酒を購入しました。

 

地元の人に聞いたおススメ

 

f:id:globalcat:20181213212535j:plain

 

道後温泉と言えば『鯛めし』と思ってしまいますが、飛鳥の湯の露天風呂で出会った地元の人に教えてもらった美味しいお食事処『大黒屋』さん。

 

今回は時間がなくていけませんでしたが、おうどんが美味しいらしいです♪

 

場所は、ビジネスホテルさくら(道後温泉商店街のすぐ近く)から、徒歩5分圏内

 

道後温泉商店街にて、道後温泉本館方面を背にして、ひたすら直線道路を歩いて、セブンイレブンを超えたあたりの信号交差点にあります。

 

朝ご飯、美味しいのに・・・

 

f:id:globalcat:20181213212930j:plain

 

お米屋さんが営むカフェ『のらのカフェ

 

tabelog.com

 

朝9:00から開店です。

 

うどんが美味しい大黒屋さんの信号渡った向かいにあります。

 

道後温泉商店街、ビジネスホテルさくらから、徒歩5分圏内です。

 

f:id:globalcat:20181213213213j:plain

 

店内は比較的こじんまりとはしていますが、ファミレスのようなテーブル席があり、のんびり朝ご飯を頂けます。

 

f:id:globalcat:20181213213315j:plain

 

朝ご飯は、300円台からあるのですが、飲み物オーダーが必須で、飲み物が500円以上しますので、朝ご飯でも800~1000円はかかります。

 

朝ご飯は、クロワッサンの洋食か、卵かけご飯の和食。

 

わたしはコーヒーを頂いたので、クロワッサンの洋食にしました。

 

こちらのお店、コーヒーも美味しかったし、朝ご飯も美味しかったのですが、スタッフ3人娘の愛嬌がすこぶる悪いです。

 

悪気はないのだろうけど、、、

 

接客業で、それも朝のフレッシュな時間なのに!

 

笑顔や爽やかさがないというのはアウトだなぁ。。。

 

もしかして、、、

 

『ケンカしちゃった?』と思ってしまうほど、

 

びっくりするぐらい笑顔がなく、不機嫌そうな顔で働いています・・・。

 

せっかく店内も素敵で、美味しいごはんを出すのに、あの愛嬌のなさは残念です。

 

わたしは感じの良いお店が好きで、逆に、どんなに素晴らしい空間でも、美味しいごはんでも、お店の人が感じが悪いのは嫌です。

 

なので、わたしは、こちらのお店に行くことは、もうないかな。。。

 

道後温泉の商店街

 

f:id:globalcat:20181213212037j:plain

 

道後温泉の商店街は、こじんまりとして、あっという間にすべてのお店を回れる大きさです。

 

どこかレトロな雰囲気があり、浴衣で下駄を鳴らしてカップルで歩きたい商店街です^^

 

f:id:globalcat:20181213212147j:plain

 

あまり商売っ気はなく、『伊織』など良質タオルのお店があります。

 

f:id:globalcat:20181213212217j:plain

 

愛媛県と言えば『今治タオル』で有名ですが、今治タオル以外にも良質なタオルメーカーが愛媛にはあるのですね。

 

ふわふわなタオルに触れて幸せな気持ちになりました。

 

f:id:globalcat:20181213212244j:plain

 

お土産どころもたくさんあります。

 

f:id:globalcat:20181213212321j:plain

 

最後に、こんな可愛らしい猫ちんとも出会えてほっこり^^ 

 

道後温泉まとめ

 

f:id:globalcat:20181213212436j:plain

 

道後温泉は、女子ひとり旅でも十分に楽しめる観光地です。

 

アルカリ度が高いお湯は、美人の湯といっても過言ではなく、お肌がつるつるになります。

 

温泉に4回も入ったおかげか、疲れがすっかり取れました!

 

とにかく、お湯はいいです!!!

 

温泉好きの女子なら、外湯めぐりだけでも、かなり癒され心が満たされるのでおすすめです。

 

ひとり旅なら、宿代はぐっとおさえて、好きな時に外湯に入りにいって、好きな時に食べ歩きしたり、一杯飲みに行ったり、郷土料理を頂いたりと、気ままに遊ぶのがおすすめです。

 

道後温泉、また行きたいな♪

 

では、みなさまhave a nice day

 

By ちびまる

サンディエゴ動物園とバルボアパークを訪れる

 

f:id:globalcat:20181209200005j:plain

 

米国No.1サンディエゴ動物園

 

世界でも有数の動物園として知られているサンディエゴ動物園

 

一度は行ってみたかった場所。

 

4度目のサンディエゴ出張で、やっと実現しました。

 

バルボアパーク内にあるサンディエゴ動物園では、650種、3,700匹以上の世界の動物たちを見ることができます。

 

仕事終わりに、ちょっとの時間だけ、世界の動物たちに癒されにサンディエゴ動物園に行ってきました。

 

サンディエゴ動物園までのアクセス(ダウンタウンから)

 

f:id:globalcat:20181209200436j:plain

 

サンディエゴ動物園(バルボアパーク)は、サンディエゴのダウンタウン、ガスランプ・クオーター:Gaslamp Quarterのブロードウェイ(5番通りの近くのバス停)から市バスで20分、片道2.75USDで行けます。

 

わたしはこの度、ダウンタウンから少し離れたイタリア人街Little Italyに滞在でしたので、米国の代理店営業マンと一緒にウーバー:Uberを利用しました。

 

イタリア人街からは、道の混み具合にもよりますが、車で15~20分ぐらいです。

 

サンディエゴ動物園の入園料

 

サンディエゴ動物園の入り口付近は、たくさんの家族連れでごった返しています

 

わたしたちは窓口でチケットを購入したのですが、チケット代は大人1名54USD (一番安いチケット)です。

 

54USDというと、だいたい6,000円ぐらいです。

 

いろんな体験オプションなどをつけるともっと高いです。

 

6,000円!と単純に考えると高いなぁ~と思いますが、実際に動物園に入ってみると、それだけの対価を払うだけの価値がある、と思いました。

 

きっと、あれだけ広大な環境と、希少動物も含めた世界各地のたくさんの生き物を維持するというのは容易なことではありません

 

環境を維持するだけでも、莫大な費用がかかることが容易に想像できます。

 

緑豊かな環境の中で、世界各国の生き物と出会えるのだから、54USDなんて大した金額ではないと思います。

 

サンディエゴ動物園のスタッフさんたちに、感謝の気持ちさえ、芽生えさせてくれるような素晴らしい動物園です。

 

サンディエゴ動物園のお気に入りTOP5

 

1. 園内のケーブルカー

 

f:id:globalcat:20181209200836j:plain

 

動物園なので、お気に入りと言えば、『お気に入りの動物』を普通挙げるものですが、わたしの中でサンディエゴ動物園として深く印象に残っているのは、『ケーブルカー』での園内移動です。

 

動物園内は、とんでもなく広く、また傾斜もあるので、全てを徒歩で回るのは大変です。

 

ケーブルカーを上手く利用し、園内を移動すれば、効率よく見たい動物を見ることもできますし、何より、お天気が良い日に、緑が豊富な動物園の景色をケーブルカーから眺めるのはとても気持ちが良いのです。

 

f:id:globalcat:20181209200936j:plain

 

ケーブルカーの乗車には、別途料金はかからず、入園料に含まれていますので、乗りたいだけ乗れます。

 

混み具合によっては、並んで待ち時間がありますが、ケーブルカーの乗車時間は数分ですので、意外と回転も早く、行列ができていても10分も待たずに乗れました。

 

2. 仲良しなチーターと犬

 

f:id:globalcat:20181209201030j:plain

 

サンディエゴ動物園で、特に印象的だったのが、チーターと犬がひとつの場所で隣り合って、仲良く時間を過ごしていたことです。

 

チーターって、一匹狼的な印象で、誰かと一緒にいるイメージはなく、常に鋭い目をして獲物を追っている、もしくはいつも警戒心バリバリな雰囲気を持っているイメージ

 

なのですが、そんなチーターが、ワンちゃんと仲良く隣同士で、寝っ転がっているんです。

 

それも、とてもリラックスした感じで^^

 

でも、隣にいるんだけど、お互いお尻を向けて寝そべっていて、近くにいるんだけど、お互いが独立心を持って生きている感じがして、『スープの覚めない距離感』を上手く保っている印象でした。

 

一見、『会話のない夫婦!?笑』みたいな雰囲気も感じたのですが、『あぁ、心を許し合っている二人なんだなぁ』と、その光景にわたしも心が癒され、ずーっと彼らを眺めてました。

 

信頼っていいですね。

 

仲良しっていいですね。

 

仲良しだけど、お互いのスペースはちゃんと尊重している、そんな関係性に惹かれました。

 

わたしも、心から気を許せる、そんな相手が欲しいものです^^

 

3. ゾウさんのお鼻

 

f:id:globalcat:20181209201245j:plain

 

動物園で、ゾウさんと言えば、オーソドックス、どこにでもいる動物ですが、サンディエゴ動物園では、動物がなるべくリラックスできるように配慮したスペースの取り方をしています。

 

大きな敷地内に、2~3頭のゾウさんがいて、とても自由に草を食べたり、転がってみたり、背中をかいてみたり、、、結構動きがあって、見ていて楽しかったです。

 

f:id:globalcat:20181209201328j:plain

 

特にゾウさんのお鼻。

 

お腹が空いていたのか、とても食欲旺盛で、器用にお鼻を使って草を食べるゾウさんのお鼻に目が釘付けになり、しばらく眺めていました。

 

『あのお鼻、、、筋肉質?なんだろうか。。。』とか、

 

『あのお鼻は、いったい、何キロまで持ち上げられるんだろう。。。』とか、

 

『どこまで小さなものを、あのお鼻でつかめるのだろうか。。。』など、

 

いろいろ、どうでも良いような疑問が頭に浮かんでは消えと、とりとめもないことを考えるのも楽しいものです。

 

ゾウさんの生体の謎について、わかりやすく解説しているサイトをみつけました。

 

xn--ols97e46f0m4a7qr.xyz

 

ゾウさんのお鼻が長いのは、あの大きな体、頭の大きさなど、フィジカルな体の特徴や、生きていく上での合理性などによる背景的な理由があるようですね。

 

4. ほとんど動かないコアラ

 

f:id:globalcat:20181209201559j:plain

 

サンディエゴ動物園は、大陸別にテーマが分かれていて、『オーストラリア』のセクションもあり、久しぶりにコアラを拝見しました。

 

わたしが長年住んでいたシドニーにも、タロンガ動物園というとても素敵な景色を望める動物園があり、たくさんオーストラリアの動物と出会っていました。

 

オーストラリアと言えば、コアラにカンガルー、ワラビーにウオンバット、ポッサムにクックバラ、そしてクロコダイルと、たくさんアイコニックな動物がいます。

 

中でもコアラは人気で、一度は抱っこしてみたいと思うキュートな動物です。

 

f:id:globalcat:20181209201751j:plain

 

見た目はキュートなのですが、実は、ギョッとする醜い鳴き声だったり、意外と臭かったりもしま笑

 

あいかわらず、ぜんぜん動かない、寝ているだけですが、見ていて飽きないビジュアルです^^

 

シドニーには、もうひとつ、フェザーデール・ワイルドライフ・パーク:FEATHERDALE WILDLIFE PARKという比較的小さな動物園があり、わたしが訪れた当時は(10年以上前ですが^^;)フェザーデールでは、たくさんのコアラを1~2mぐらいの距離で間近で見ることができ、至近距離で触ることもできました。

 

コアラは、基本的にほとんど動かない動物で、1日24時間中、20時間ぐらいは寝ていて、それ以外はユーカリの葉っぱをもぐもぐ食べている動物です。

 

ユーカリを食べているせいか、コアラは独特な匂いがします。

 

コアラは遠目で見ている限りでは、ライトグレイの毛をしていて、ふわふわに見えますが、実際には、触ってみると驚くほどゴワゴワです

 

コアラがかわいいと言いながら、ディスるようでなんなのですが、実際に触ってみて、そのギャップに大きなショックを受けたことを今でも覚えています。

 

コアラは、遠くからじっと見守る感じがいいです。

 

居心地がとても良いとは思えない木の股のところにちょこんと座り、ずーっと眠りこくってるコアラ。

 

f:id:globalcat:20181209201821j:plain

 

時々目を覚まして、キョロキョロしては、また目を閉じて寝るだけ^^;

 

『何考えているんだろうなぁ』と思ったりもしますが、あまり変わらない表情のコアラの顔を見てると、『きっと、何にも考えていないんだろうなぁ』と思い返してみたりして、そんな時間がとてもリラックスできます。

 

5. どこでも人気者のパンダ

 

f:id:globalcat:20181209202132j:plain

 

どこにいっても大人気のパンダちゃん

 

上の写真を見る限り、どことなく、太ったおっさんに見えなくもない^^;

 

パンダを見る時だけは、30分ぐらい並びました

 

f:id:globalcat:20181209202253j:plain

 

サンディエゴ動物園には2頭のパンダがいるのですが、ヒトの流れにそってみなくちゃならないので、パンダを眺めていられるのは長くても数分です。

 

f:id:globalcat:20181209202317j:plain

 

みんなにカシャカシャと写真を撮られるパンダちゃん。

 

白と黒のブチで、ふわふわ、そして丸っこいというビジュアルのパンダ。

 

f:id:globalcat:20181209202357j:plain

 

どうして、それだけで、こんなに人気なんだろうと思ったりもしますが、パンダの平和的な雰囲気が人気のポイントだったりするのかなと、思います。

 

そこにいるだけで、笹の葉を食べているだけで、人気者になれるパンダ。

 

f:id:globalcat:20181209202450j:plain

 

『うらやましいなぁ』と、パンダにちょっぴりジェラスを感じながら、サンデイエゴ動物園を後にしました。

 

その他の動物

 

f:id:globalcat:20181209202540j:plain

 

その他でくくってしまって申し訳ない気持ちもあるのですが、きりがないので、くくりました^^;

 

こちらは、一本足で可憐に立っていたフラミンゴ

 

肝心の足が映ってないといのことに今になってショックを受けているのですが、とても美しいピンク色でした。

 

f:id:globalcat:20181209202755j:plain

 

そしてヒョウ。

 

大阪のおばちゃんのヒョウ柄(👈偏見かしら!?(;^ω^))を思い浮かべながら、本物のヒョウを見てました。

 

f:id:globalcat:20181209203032j:plain

 

そしてキリン。

 

長い首を長ーく伸ばして、黒い舌も長ーく伸ばしてご飯食べてました。

 

キリンは動きがゆっくりなので、見ていて癒されます。

 

f:id:globalcat:20181209203146j:plain

 

えーとー、こちらは、、、なんだたっかな??

 

間違いなく、ゼブラではないですね・・・ごめんなさい、名前を忘れてしまいました。。。

 

ホッキョクグマとライオンは、見に行きましたが現れず・・・。残念。

 

f:id:globalcat:20181209203426j:plain

 

最後に、こちら、珍しい木。

 

ショッキングピンクに白いボンボンがぶら下がっていて、最初は作り物の木と思いましたが、自然に生息している木のようです。

 

名前、、、、忘れました。。。ごめんなさいm(_ _)m

 

とにかく広大なサンディエゴ動物園、時間の許す限り園内を歩き回りましたが、見れた動物たちは一部だけ。

 

2万歩近く歩いて、くたくたでしたが、お隣のバルボアパークにもちょっとだけ足を延ばして蓮の池を見に行きました。

 

f:id:globalcat:20181209204209j:plain

 

バルボアパークの蓮の花

 

f:id:globalcat:20181209203828j:plain

 

バルボアパークの蓮の花、大好きです。

 

いろんなところで、蓮の池を見てきましたが、わたしはバルボアパークの蓮の花が一番好きです。

 

f:id:globalcat:20181209204142j:plain

 

こちらの眺めが好きなんです。

 

f:id:globalcat:20181209204510j:plain

 

こちらは、バルボアパークの中にある植物園の草花です。

 

素敵でしょ?^^

 

f:id:globalcat:20181209204601j:plain

 

最後にこちらの景色。

 

素敵でしょ?^^

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

byちびまる

サンフランシスコとシリコンバレーでのお仕事

 

f:id:globalcat:20181204230844j:plain

 

USA西海岸でのお仕事

 

今回の出張は、2つの展示会の仕事がサンディエゴで1週間を挟んであったので、中1週間は帰国せずに、米国に留まり西海岸の顧客回りをしました。

 

西海岸といっても広大な北米大陸です。

 

移動距離を考えると、場所を明確に絞ってプランを立てる必要があります。

 

顧客アポイントを取る際には、移動距離や移動手段、そして費用と時間的効率なども考えて、

 

〇1都市集中にするか

〇どの都市を中心に考えるか

〇複数都市をまわれるのか

 

1週間あれば、たくさん顧客訪問ができるだろうと思っていましたが、米国は広大ですから、意外と移動時間に時間を取られますので、まずは方向性決める必要があります。

 

サンフランシスコに決めた理由

 

f:id:globalcat:20181204230921j:plain

 

いろいろ考えた結果、サンフランシスコに滞在し、サンフランシスコ周辺の顧客回りを決めました。

 

理由としては、

 

〇UCSFで展示会がタイミングよくある

〇UCSFは大口顧客になりうる大学

〇バイオクラスタ地域でもある

〇トラフィックが悪くない

 

など。

 

UCSFとは、University of California San Francisco(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の略称ですが、こちらの大学は、米国国内において研究資金調達大学ランキングでトップ5位には必ず入る大学です。

 

研究資金調達力がある大学なのです。

 

わたしが勤める企業の商材は、研究者向けの商材なので、研究資金調達力がある大学というのは営業労力を費やすには魅力が高い大学です。

 

ちょうど良く、UCSFに既存顧客もおり、また大学構内におけるライフバイオサイエンスの展示会開催があり、大学構内での展示会にも出展し、顧客アポイントも取ることができました。

 

アポ取りの大変さはどこも同じ

 

f:id:globalcat:20181204231319j:plain

 

わたしは営業職なので、ターゲットとなる顧客とどれだけ会って、話をして、興味を持ってもらって、商材を買ってもらうかが、売上・利益に直結し、わたしの人事考課の対象でもあります。

 

日本に帰らず一週間米国に滞在するということは、次の展示会の旅費を削減できるにしても、1週間分の滞在費が発生します。

 

滞在費が発生するということは、その分を回収し、より大きな利益につなげる活動をして、会社に対して『費用対効果が大』と思ってもらえるようにしなければなりません。

 

予定は組んだものの、大変なのが顧客とのアポイントです。

 

顧客アポイントを取り付けることは、決して容易ではありません

 

米国に限らずですが、顧客はよっぽどの用がない限り、営業マンに時間を割いてはくれません

 

既存顧客であっても、日本から、わざわざメーカーがやってくるといっても、皆さん忙しいので、よっぽど興味がなければ、会ってはくれません

 

1か月前ぐらいから、代理店営業と手分けして、

 

〇コールドコール

〇コールドメール

 

をかけて、やっと取ったアポイントが3件

 

コールドコール、コールドメールとは、見知らぬ人に電話をかけたり、メールを送ることです。

 

たいていは無視されるか、断られるアプローチ。

 

めげないしぶとさが大事です。

 

中には、こういったアプローチにわかりやすい嫌悪感を示す人もおられます。

 

でも、100件の内1件ぐらいは、アポイントが取れるものです。

 

今回の出張では、既存の顧客が2件、新規の顧客が1件の合計3件でした。

 

国内線でサンフランシスコへ

 

f:id:globalcat:20181204231126j:plain

 

UCSFの展示会に申し込み、アポイントがやっと出張直前にとれたので、サンディエゴからサンフランシスコ往復の航空券を手配しました。

 

今回はユナイテッド航空だったのですが、わたしたちが利用した時期(10月末~11月上旬)サンディエゴからサンフランシスコまでは片道110 ~ 300USDぐらいで、出発の時間帯により価格が上下します。

 

わたしたちは、往復ともお昼前に出発する便にて、片道120USDぐらいのリーズナブルな価格帯を利用しました。

 

飛行時間は1時間と、東京―大阪間ぐらいの距離ですが、

 

〇チェックイン手続き

〇荷物の預け入れ

〇セキュリティチェック

 

などは国際線と同じ流れで、それも国内線は結構混み合うため、空港には余裕を持って2時間前に到着するようにしました。

 

ユナイテッド航空の国内線利用の際の注意点としては、

 

〇荷物の預け入れは有料

〇機内持ち込みは2点まで

 

この2点です。

 

スーツケース1つ預ける場合、片道25USDかかります。

 

チェックイン手続きはセルフ機器で行うのですが、その際にクレジットカードで決済します。

 

セキュリティ―チェックも国際線同様に、

 

〇電子機器をバッグから出す

〇液体は100ml以下を透明な袋に

〇ポケット全て空にする

〇靴も脱ぐ

 

など、面倒な手続きは国内線でも一緒です。

 

米国の国内線で驚いたのが、こんなにセキュリティが厳しくても、わんちゃん(小型犬)を連れて搭乗ができることです。

 

初めて小型犬を飛行機の中で見つけた時は、ものすごく驚きました。

 

ご主人様のお膝の上にちょこんと座っているのですから。

 

 

ちなみに、機内持ち込み制限は結構厳しく、おひとり様2点までです。

 

わんちゃんが、機内持ち込みアイテムにカウントされるのかは、、、謎ですが^^;

 

わたしと同行していた代理店営業マンが

 

〇自分のバッグ

〇展示会グッズ

〇スーツ

 

と3点持っていたため、搭乗の際に止められました

 

幸い、わたしの手荷物が1点だけでしたので、わたしが搭乗手続きの際に、彼のスーツをわたしの手荷物としてカウントすることで搭乗できました。


1時間と短い飛行時間ですが、スナックと飲み物のサービスがあります。

 

スナックは決まってプリッツル、、、ですが、美味しくありません。

 

飲み物は、基本的には冷たいソフトドリンクだけで、お水、オレンジジュース、リンゴジュース、コーラ、スプライトあたりが準備されています。

 

国際線の10時間以上のフライトが常であるわたしにとっては、1時間のフライトなんて、どうってことない時間

 

日本の新幹線に乗っているような感覚です。

 

レンタカーで顧客回り

 

f:id:globalcat:20181204231034j:plain

 

サンフランシスコ空港から、レンタカーを3日間借りて顧客訪問をしました。

 

3日間借りて120USDぐらいだったと思いますが、スーツケース2つを乗せられるトヨタのちょっと大きめの車だったと思います(車種覚えておらず・・・)。

 

サンフランシスコ空港国内線到着ロビーから、レンタカーを借りる場所までは遠く、空港内のモノレール(もちろん無料)で移動します。

 

f:id:globalcat:20181204231408j:plain

 

モノレールで確か3~4駅ぐらい離れていたと記憶しています。

 

サンフランシスコ国際空港がどれだけ広大かは、このモノレールを乗るとわかります。
レンタカー会社はたくさんあり、選ぶだけでも大変ですが、米国代理店営業マンのおススメはエンタープライズEnterpriseというレンタカー会社で、リーズナブルだけどサービスが良いようです。


比較的新しい、大きさも乗り心地も良いトヨタ車に無料でアップグレードして頂きました。

 

Enterpriseで唯一大変だったのが、サンフランシスコ国際空港にて車を返す時の駐車場探しです。

 

Enterpriseの看板がわかりづらく、なかなかEnterpriseの駐車スペースが見つけられずに何度も立体駐車場をくるくるまわりました。

 

レンタカーを借りて、サンフランシスコや周辺地域の顧客まわりをしたわけなのですが、もちろん運転はわたしではなく、米国代理店営業マン。

 

彼は運転が得意で、運転が好き。

 

わたしは運転が苦手で、運転が嫌い

 

ちょうど良いコンビでよかったぁと、思った次第です。

 

わたし一人では、到底無理、、、です。

 

スキルのある人と一緒にお仕事ができて、ありがたい、感謝。

 

シリコンバレーを訪問

 

f:id:globalcat:20181204231456j:plain

 

シリコンバレーと言えば、『IT技術の最先端!』というイメージですが、実際にどんな地域なのかは、行ったことがなかったので、行ってみるまでは、全然想像もつきませんでした。

 

ちょうど、紅葉の時期にも重なり、シリコンバレーの街並みは、秋色に染まっていて、とてもきれいでした。

 

多くの新興企業や技術系のグローバル企業が密集する地域で、中でも、Apple 社、Facebook 社、Google、スカイプなどが有名。

 

この度は、パロアルト:Palo Altoという、サンフランシスコから車で40分ほどの地域にある公立病院を訪問しました。

 

f:id:globalcat:20181204231526j:plain

 

広大な敷地に何棟もの建物が立っている病院で、今回は、病院内の研究室で研究をしている先生を訪問しました。

 

f:id:globalcat:20181204231601j:plain

 

お忙しい先生でしたので、はるばるやってきたものの、面会時間は30分。

 

あっという間の面談でした。

 

f:id:globalcat:20181204231628j:plain

 

病院敷地内には、小さな薔薇のガーデンがあり、色とりどりの薔薇が咲いていました。

 

f:id:globalcat:20181204231732j:plain

 

患者さんたちが、日向ぼっこしているそばで、そっと薔薇の香りをかいでみたら、ほのかに薔薇の香りがして、幸せな気持ちになりました

 

なかなか、バラの香りがちゃんとする薔薇には出会えないものなので、久しぶりに野生の薔薇の香りを楽しめて嬉しかったです^^

 

パロアルトには、タンフォード大学もあり、構内を見学に行ってきました。

 

f:id:globalcat:20181204231954j:plain


スタンフォード大学と言えば、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ。

 

スティーブ・ジョブズのスピーチ「stay hungry, stay foolish」という名言を思い出します。

 

f:id:globalcat:20181204232102j:plain

 

とんでもなく広大な敷地に、キャンパス、協会、スタジアム、学生寮などがあり、さすが世界屈指の名門大学だけあり、メインキャンパスの雰囲気には威厳を感じました。

 

f:id:globalcat:20181204232024j:plain

 

メインキャンパスは大きすぎて、1枚の写真に納められず・・・

 

f:id:globalcat:20181204232142j:plain

 

キャンパスの目の前には、とても大きなグリーンフィールドがあります。

 

f:id:globalcat:20181204232322j:plain

 

こんなに立派なスタジアムもあります。

 

スタンフォード大学は、意外とスルスルと、部外者がキャンパス内に入れてしまい、わたしもちゃっかり、お昼ご飯をスタンフォード大学構内のカフェテリアでいただきました。

 

お昼時を過ぎた2時頃でしたので、カフェテリアはほとんど終了してしまっていましたが、1か所だけOPENしていて、サンドイッチを頂きました。

 

パンを切って、冷蔵庫からアボカドやら、レタスやらを取り出し、まるで家庭のキッチンで作るサンドイッチでした。

 

フレッシュなサンドイッチではあったのですが、14ドルと高額な割には、味もそっけもないサンドイッチ・・・。

 

塩気があまりにもないので、残念ながら食欲わかずに、半分以上を食べ残してしまいました。

 

UCSFにて顧客訪問と展示会

 

f:id:globalcat:20181204232405j:plain

 

シリコンバレーからサンフランシスコに戻り、今度は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校を訪問し、顧客アポイントと展示会を行いました。

 

f:id:globalcat:20181204232536j:plain

 

UCSFもたくさんの建物がありましたが、わたしたちは、神経科学センターを訪問しました。

 

大学構内は、とても洗練された素敵な空間です。

 

f:id:globalcat:20181204232514j:plain

 

セキュリティが万全で、UCSFの研究者との面談は、セキュリティデスクで面談手続きを行い、実際に研究者に合うには、研究者が保持しているセキュリティの鍵がないと、研究施設には入館できないシステムになっています。

 

ちなみに、ID提出にて、パスポートの提示も必要です。

 

展示会は、お昼時の実質2時間半という超短いもの。

 

f:id:globalcat:20181204232617j:plain

 

時間の割には高額な展示会でしたが、短時間でどっと研究者が押し寄せ、一気に話ができるので、費用対効果はとてもよく、展示会の費用というのは単純に所要時間だけでは量れないものと思いました。

 

f:id:globalcat:20181204232711j:plain

 

展示会場に入るには、受付で登録を済ませる仕組みになっています。

 

f:id:globalcat:20181204232640j:plain

 

サンフランシスコ滞在は、たったの3日間だけでしたが、シリコンバレーにまで足を延ばし、密度の濃い仕事の時間を過ごすことができ満足です。

 

また、近いうちに訪れたいと思います。

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

by ちびまる

サンフランシスコおすすめ観光スポット3選

 

サンフランシスコ出張にて、夕方のひと時を少し観光する時間がありました。

 

f:id:globalcat:20181130125517j:plain
 

今回は、海外代理店の営業マンと同行出張でしたので、彼と車で観光できる場所をまわりましたのでご紹介します。

 

1. ピア39 (野生アザラシの大群)

 

ピア39は、サンフランシスコのダウンタウンからは、やや離れた場所にあり、ノースビーチ:North Beachにある埠頭で、大量の野生のアザラシに出会える場所です。

 

車でノースビーチに向かったのですが、さすが物価が高いサンフランシスコ!

 

1時間の駐車で、駐車料金が14USDかかりました。

 

ピア39の周辺は、ダウンタウンのユニオンスクエア地区とは異なり、のんびりした雰囲気です。

 

可愛らしいお店やレストランがあり、潮風に吹かれてほっと一息つける地域です。

 

f:id:globalcat:20181130125351j:plain

 

1週間朝から晩までぶっ続けで仕事をしていたので、良い息抜きとなりました。

 

f:id:globalcat:20181130125840j:plain

 

煌びやかなメリーゴーランドが突然出てきた^^;

 

チョコレートの専門店にて、サンフランシスコのチョコレート、ギラデリチョコレート:Ghirardelli Chocolateを会社のお土産に1つ買いました♪

 

f:id:globalcat:20181130125435j:plain

 

ピア39の一番の見どころはアザラシ:Sea Lion

 

youtu.be

 

遠ーくから、オ’’ッオ’’ッオ’ー’ッ!

 

とても美声とは言えない鳴き声が聞こえてきて、遠目では『えっ?砂袋???』

 

と思うような、ぼてっとした大きな茶色の物体がゴロゴロとうごめいているのが見えてきて、、、

 

近くでよーく見てみると、

 

すのこのような木の板に、びっしりと所狭しに足の踏み場もないぐらい、アザラシがぎゅうぎゅう詰めに転がってました。

 

まぁ、アザラシは足がないので、足の踏み場は要らないのでしょうけど^^;

 

『かわいい』というよりも、大量のアザラシの群れに、ぎょ!とするというか、圧倒され目が釘付けになります。

 

見た感じでは、8割以上のアザラシが、『ドテっ』と寝っコロがっているだけ。

 

中には活動的なアザラシもいて、寝っコロがっている他のアザラシの上を転がって移動するという滑稽な光景も。

 

遠慮という二文字とは縁遠く、ドスッドスと、他人のボディーの上を、100キロぐらいあるのでは?と思ってしまうボディーで転がって(滑って?)いくずうずうしい姿に目が釘付け^^;

 

f:id:globalcat:20181130125300j:plain

 

そして乗っかられても、踏まれても動じない、アザラシの寛容さに、ある種の感動すら覚えました。

 

野生のアザラシを、それもあれだけの数のアザラシを見られるというのは貴重な経験でした。

 

アザラシにも性格が垣間見れて、群れを好まず、離れ小島でのんびりと、ひとりの時間を過ごしているアザラシもいて、なんとなく自分を見ているようでした。

 

f:id:globalcat:20181130125221j:plain

 

どことなく、その孤独なアザラシに親近感を覚えるわたし。

 

f:id:globalcat:20181130130008j:plain

 

ピア39からは、極悪人が投獄された監獄島アルカトラズ島も眺められます。

 

かの有名なアメリカの代表的なマフィア『アルカポネ』が収容された監獄のようです。

 

下記のサイトには、アルカトラズ島での囚人の生活ぶりが画像付きで詳細に説明されています。

 

karapaia.com

 

ぞっとする生活環境、、、が見て取れます^^; 

 

2. ロンバートストリート

 

f:id:globalcat:20181130130311j:plain

 

ロンバートストリートは、別名『ワインディング・ロード:くねくね曲がりくねった道』とも呼ばれています。

 

世界で最も曲がりくねった道のようです。

 

サンフランシスコでのおすすめの場所を聞くと、『ワインディング・ロードがいいわよ』と教えてくれたので、行ってまいりました。

 

『くねくね道・・・』

 

『どれだけ、くねくねと曲がり曲がっているのだろう』

 

そして『どれだけ長い道のりなのだろう・・・』と、

 

細い山道を思い描いていたので、車酔いを心配したのですが、完全に余計な心配でした。

 

f:id:globalcat:20181130202410j:plain

 

サンフランシスコ、、、とにかく勾配がすごい^^;

 

f:id:globalcat:20181130202526j:plain

 

高台に上がった景色がこんな感じ。

 

f:id:globalcat:20181130202647j:plain

 

なかなか、車の中からでは、わかりづらいのですが、写真の奥は、めちゃめちゃ急な上り坂の道

 

あの坂道・・・、絶対歩きたくない・・・と思っちゃいました^^;

 

f:id:globalcat:20181130202749j:plain

 

こちらがシャッターチャンス!

 

一瞬でしたが、わぁ~♪って、胸が高鳴る美しさでした。

 

f:id:globalcat:20181130202838j:plain

 

坂を下りたところに、なんやら派手なかぶり物をした交通整理のおばちゃん発見。

 

『Move! Move! Don't Stop Here!!! - どいて、どいて、ここで止まらないで!』と叫んでおりました。

 

くねくね道は、サンフランシスコの高台の住宅街からの下り坂。

 

それも走行スピードは10~20km/時という超のろのろ運転、そして3分ぐらいの超短時間の走行ですした。

 

あっという間に坂の下です。

 

あれほどの急な坂道で鋭角な曲がり道は、なかなか見られないというのはありますが、高台から見下ろすサンフランシスコの街の景色がとてもチャーミングなのでおすすめです。

 

一見の価値ありの景色です。

  

3. クリッシーフィールド(浜辺)

 

f:id:globalcat:20181130203422j:plain

 

ゴールデンゲートブリッジを間近で眺められる浜辺がクリッシーフィールドです。

 

ゴールデンゲートブリッジは、『世界で一番美しい大橋』なんだそうです。

 

車は無料で止められ、駐車スペースも広めなので、ゆったりした気持ちになります。

 

当日のお天気は、曇り空でしたので、ゴールデンゲートブリッジの赤が青空に映えるコントラストは見られず残念。

 

それでも、大橋を間近で見れたて嬉しかったです。

 

f:id:globalcat:20181130203647j:plain

 

ゴールデンゲートブリッジは、全長2km以上、高さも70m近くという巨大な橋ですが、建設完成までには、たくさんの苦労と人間ドラマがあったようです。

 

ゴールデンゲートブリッジがなかった時代は、住民たちの交通手段はフェリーだけ。

 

住民たちの強い要望により巨大橋建設の話が上がるも、当時は大恐慌真っ只中で、資金調達も大変だったようです。

 

海流の流れが速く、強風と霧がすごいサンフランシスコ湾での巨大橋建設は命がけ

 

『建設不可能な橋』と言われながら、建設現場で何人も命を落としながら、苦労の末に完成した奇跡の大橋なのだそうです。

 

ゴールデンゲート・ブリッジの建設物語の詳細は下記サイトからどうぞ。

 

wondertrip.jp

 

そんな奇跡の橋を眺め、浜辺でさざなみを聞きながら、のんびりと贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 

youtu.be

 

都会の喧騒から逃れ、コーヒーでも飲みながら、リラックスするには良い場所です。

 

クリッシーフィールドは広々とした芝生もあり、わんちゃんを思いっきり走らせ、水遊びをさせている現地の方がおられました。

 

ワンちゃんたちは、そりゃもう、ぶんぶんしっぽを振って、楽しそうに、バシャバシャとボール遊びをして大はしゃぎでした^^

 

下記のサイトでクリッシー・フィールド付近の情報を紹介しています。

 

www.visitcalifornia.com

 

最後に、、、 こちら↓↓↓ 

 

f:id:globalcat:20181130203026j:plain

 

ベイエリアをドライブ中に見かけた素敵なおうち

 

こちらはアパートではなく一軒家なのだそうです。

 

真っ赤なブーゲンビリアが素敵で、思わず車を止めてパシャリ^^

 

典型的なサンフランシスコの自宅のデザインなんだそうですよ。

 

こんな、可愛らしいお家に住んでみたいものです。

 

今回のサンフランシスコ出張では、仕事のタイムスケジュールがタイトだったので、なかなか街歩きができませんでした。

 

でも、ちょっとだけでも素敵な街並みに触れられたのでので嬉しかったです。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

byちびまる

サンフランシスコおすすめレストラン3選(ユニオンスクエア徒歩圏内)

 

f:id:globalcat:20181126221010j:plain

 

サンフランシスコ出張は3泊4日と短い出張でしたが、ユニオンスクエアから徒歩圏内のおすすめレストラン見つけましたのでご紹介します。

 

f:id:globalcat:20181126221132j:plain

 

サンフランシスコはケーブルカーで有名ですが、歩く方角を間違えると、心臓やぶりの上り坂を登るハメになります。

 

f:id:globalcat:20181126220526j:plain


今回ご紹介するのは、上り坂を登らなくても良い方角、フラットな道沿いにあるレストランをご紹介します。

 

1. Colibri Mexican Bistro(メキシカン)

 

f:id:globalcat:20181126215718j:plain


1泊目の夜はメキシコ料理を頂きました。

 

店内はメキシコの雰囲気が感じられる陽気な音楽と内装で、店員さんも感じの良いお店で、今までに食べたメキシカンの中で一番美味しいお店でした。

 

特にお肉料理はおすすめです。


わたしは、メキシコ版豚肉の角煮のようなお料理をいただきましたが、驚くほどの肉の柔らかさでホロホロのゴロゴロ肉を頂き完食しました。


ユニオンスクエアより1ブロックのギアリーストリート:Geary Street沿いにあるメキシコ料理レストランはユニオンスクエアから徒歩3分~5分圏内です。

 

f:id:globalcat:20181126215756j:plain


こちらのメキシカンは、タコスやブリトーなど一般的なメキシコ料理以外にも、肉料理などたくさん選択があり、伝統的なメキシコ料理を味わえます。

 

f:id:globalcat:20181126215818j:plain

 

味付けも日本人好みの味付けで、食べやすかったです。


アットホームな雰囲気の店内では落ち着いて、リラックスした気持ちでいただけます。

 

f:id:globalcat:20181126215841j:plain

  

Colibri Mexican Bistro

メキシコ料理

438 Geary St, San Francisco, CA USA

TEL: +1 415-440-2737

Menu

 

2. Kin Khao(タイ料理)

 

f:id:globalcat:20181126220144j:plain


2泊目の夜は、タイ料理を頂きました。

 

もちろんタイのビール、シンハー:SHINGHA Beerと共に。


こちらはColibri Mexican Bistroから2ブロックの Mason & Ellis Streetの角にあるタイ料理レストランです。


ホテル日航サンフランシスコとヒルトンホテルサンフランシスコの間の通りがMason Stで、ちょうどホテルの裏手にあり、Parc55 San Francisco A-Hiltonの1Fにあるレストランです。


平日の18時半ごろお店についたのですが、すでに店内は満席


外にも人が並んでいたので、人気店であることは間違いありません


15分ほど待って並んでいたら入店できました。


米国の代理店の営業マンと2人でシェアして頂きました。


想像通り、お料理は何を頼んでも美味しくて、特にウサギの肉のグリーンカレーは絶品でしたが、食べきれず・・・残念ながら残しました。

 

f:id:globalcat:20181126220059j:plain

 

【サンフランシスコ治安情報】


Kin Khaoは、Googleマップで確認したところ、サンフランシスコ中心地でもっとも危険な地域と呼ばれるテンダーロイン:Tenderloinの地域に所在するようです。


Taylor Streetよりユニオンスクエア側なので比較的安全のようです。

 

また、実際に歩いた雰囲気も、普通の人らしき人がたくさん歩いていましたのでそれほど物騒な気配はしませんでした。


危険だなと感じたのは、Market Streetを境に、サウス・オブ・マーケット: South of Market地区方面。

 

物騒な気配というか、歩いている人、道路にたむろっている人たちを見た限りでは、『歩くのは危険な雰囲気』でした。

 

※上記の情報は、わたしの個人的な経験と感想によるものですので、安全確認は現地にてご自身の責任にてお願いします。

 
下記の情報サイトがわかりやすいかと思います。

 

ryugaku-kuchikomi.com

 

Kin Khao

タイ料理

55 Cyril Magnin St, San Francisco, CA 94102 USA

TEL: +1 415-362-7456

URL: https://www.visitunionsquaresf.com/eating-drinking/kin-khao

  

3. Pinecrest Dinerダイナー(食堂)

 

f:id:globalcat:20181126220437j:plain


日本でいう安価な食堂のようなお食事処をダイナーというそうです。

 

3日目の晩は、お財布にも体にも優しい軽食を取ることにしました。

 

こちらのお店もユニオンスクエアより徒歩5分圏内です。


毎日ガッツリ晩御飯を食べていると胃腸に負担がかかりますよね。

 

軽く食べられるところということで、Pinecrest Dinerにてツナのホットサンドイッチを頂きました。

 

チップスは余計でしたが^^;


軽くといっても、結構なボリュームでしたが、とても美味しいツナサンドでした。


ウエイトレスさんは、いかにもアメリカンという感じの女性で、気さくでちゃきちゃきしています。

 

20ドルぐらいでお食事ができ、テーブル席は日本のファミレスのような雰囲気でほっこりします。


Pinecrest Diner

ダイナー(食堂)

401 Geary St, San Francisco, CA 94102 USA

TEL: +1 415-885-6407

Menu

 

番外編:イマイチだったお店(中華街)

 

ユニオンスクエアではなく、チャイナタウンにあるお店の情報です。

 

China LIveというお店なのですが、Google口コミ評価は4★以上でした。

 

でも、わたしにはイマイチでした。

 

f:id:globalcat:20181126222421j:plain

 

chinalivesf.com

 

f:id:globalcat:20181126222545j:plain

 

こんな可愛らしい雑貨やインテリアも販売しているレストランなのですが、、、

 

f:id:globalcat:20181126222643j:plain

 

こんなにも奥行きもあり素敵な空間なのですが、、、

 

そして、エンターテイメント性にも優れモダンな店内なのですが、

 

わたしが頼んだヌードルスープは、びっくりするほど、何の味も素っ気もないシロモノでした。。。

 

f:id:globalcat:20181126222507j:plain

 

見た目はソコソコ美味しそうなのですが、、、

 

偶然、このお料理だけが美味しくなかったのか不明ですが、、、

 

味のなさに耐えかねて、醤油をかけて食べました。

 

ウエイトレスのおばちゃん一押しのメニューだったのですが。

 

飲茶のセクションなど、ガラス張りで作っているところが丸見えなので、味と食の衛生に自信があるお店なのでしょう。

 

でも、ウエイトレスのおばちゃんの押しが強く、また、大したサーブもされてないけど、チップは15%以上が自動設定という。。。

 

一応、滞在中のわたしの中のイマイチだったレストランもご紹介^^;

 

3つのレストランしかご紹介ができませんでしたが、特にメキシコレストランColibri Mexican Bistroはおすすめ♪

 

それではみなさま、have nice day

 

byちびまる

 

サンディエゴおすすめ穴場レストラン6選(近郊編:コロナドビーチ、ヒルクレストなど5地区)


サンディエゴに10日以上滞在していると、ダウンタウン地区ガスランプクオーター以外の街にも出かけてみたくなるものです。


サンディエゴの本当の良さはダウンタウン近郊の街を訪れないとわからないかもしれません。


わたしは米国の中ではサンディエゴがNo.1 ダントツで好きです。


サンディエゴ中心地の近郊の穴場のレストランをご紹介します。

 

1. Farmer's Bottega(家庭料理)

 

f:id:globalcat:20181122132627j:plain


こちらのレストランは、今まで訪れたサンディエゴのレストランの中でNo.1です。


レストランのアットホームな雰囲気も、レストランのサービスも、お料理のお味も、お値段も割安で一番のお気に入りになりました。

 

f:id:globalcat:20181122132707j:plain


わたしは今回の出張では、かなり体調を崩し、胃腸がボロボロでしたが、それでも、こちらのお料理はおいしく、オントレーサイズでしたが、タコとポテトのお料理を頂き完食しました。

 

f:id:globalcat:20181122132745j:plain


Farmer’s Bottegaには、裏庭テラスがあり、道路に面しておらず、とても素敵な空間が広がっています。

 

f:id:globalcat:20181122132814j:plain


どこかのご自宅の裏庭にお邪魔しているようなリラックスした雰囲気で、緑が豊富で、大きな木々にはランプがぶらさがり、柔らかい照明の中、静かな空間で、のんびりおしゃべりしながら食事を楽しむことができました。

 

f:id:globalcat:20181122132853j:plain

 

こちらはシェアして頂いた前菜。

 

チーズと生ハム、そして甘めのソースがかかったお肉料理で、とても美味でした。

 

f:id:globalcat:20181122133021j:plain

 

素朴なガーリックトーストに前菜のチーズ、ハムそして甘いソースを絡めて一緒頂きました。

 

サクサクのパンにトロッとしたチーズ、甘じょっぱさがたまりません。

 

f:id:globalcat:20181122133157j:plain

 

こちらはリブステーキ。

 

一口頂きましたが、ホロホロのお肉でした。

 

f:id:globalcat:20181122133257j:plain

 

こちらはチキン料理。

 

ベビーキャベツを焼いた香ばしさ、ローズマリーの香りが漂い、とても美味しいチキン料理でした。


テーブルを担当してくれたウエイターさんが、自然な満面の笑みとサーブの仕方を通じて『僕、このレストランが大好き♡』という全身全霊で伝えてくるところが何より良かったです。


とても感じの良いウエイターさんで、彼が毎日食べても飽きないというタコのお料理を頂き、本当に美味しかったので感動しました。


その日は、わたしたちのテーブルの隣では、どこかのご家庭のお誕生日パーティが催されていて、おじいちゃん、おばあちゃんたちが楽しそうにゲームなどして歓談しているのを横目でみながら、ほのぼのとリラックスしました。


街の喧騒から離れて、静かな夜をテラスで過ごしたい方におすすめのレストランです。

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ、チップ込みで一人50USDぐらいです。


Farmer's Bottega家庭料理(テラス席あり)

860 W Washington St, San Diego, CA USA

ヒルクレスト:Hillcrest地区

TEL: +1 619-458-9929

Menu

 

2. Civico 1845(イタリア料理)

 

f:id:globalcat:20181122133610j:plain


こちらはイタリア人街のレストラン通りIndia St沿いにある小さなトラットリアですが、とにかく人気のお店で混みあっています。


全員が揃わないとテーブルに案内してもらえないほど、混みあってました。


お料理のお値段は比較的リーズナブルで、お味も確かな味です。

 

f:id:globalcat:20181122133758j:plain


お店の雰囲気は、まるでイタリア。


イタリア人のオーナーが経営するCivico 1845はイタリアのトラットリアそのものです。


イタリアに行かなくても、サンディエゴで十分イタリアを味わえる雰囲気です。


顧客との会食ということもあり、お料理の撮影は遠慮しました。


わたしは、お客様の女性と伝統的なラビオリをシェアし頂きました。


その日はハローウィンであったため、お店は完全にパーティムードで、ウエイトレス、ウエイターも仮装しており、中には一瞬ギョッとする獣のかぶり物でサーブするウエイターがいたり、全身白タイツに赤パンという、何の仮装だろうか・・・と思うような装いも^^;


イタリア人街のイタリア料理は、比較的どこで食べても美味しいものですが、イタリアのトラットリアの雰囲気を楽しみたいかたにおすすめのお店です。

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ、チップ込みで一人50USDぐらいです。


Civico 1845

イタリア料理

1845 India St, San Diego, CA 92101 USA

イタリア人街 Little Italy地区

TEL: +1 619-431-5990

Menu

 

3. Nonna (イタリア料理)

 

f:id:globalcat:20181122134518j:plain

 

こちらもイタリア人街 Little Italy のIndia St沿いにあるイタリアンレストランです。

 

こちらのNonnaは、ふらっと入って当たり!のレストランです。

 

夕方6時前でしたが、テーブル席は満席という混み具合でしたので、わたしたちは、Barカウンターでサクッと飲んで、サクッと食べて帰るという選択をしました。

 

f:id:globalcat:20181122134827j:plain

 

サンディエゴの地ビールもいただけます。

 

なんと、迷っていたら、オーナーさんらしき人が出てきて、テイステイングも無料でさせてくれました\(^o^)/

 

単なるラッキーかもしれませんが、ビールの味の特徴も丁寧に教えてくれて、飲み比べもさせてくれたので、好みのビールを選んで美味しくお料理を頂くことができました。

 

ウエイトレスの感じも非常によく、またサービスも良いです。

 

『チリと粉チーズが欲しい』と伝えたら、丁寧に小皿にいれて、ささっとサーブしてくれました。

 

親切で丁寧です。

 

f:id:globalcat:20181122135030j:plain

 

わたしはライトなBeerと、トマトベースのシンプルなスパゲッティを頂きましたが、素朴な味わいで美味しかったです。

 

f:id:globalcat:20181122140445j:plain

 

ほろ酔い気分で帰り道に、可愛らしい藁人形!?を見かけました^^

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ、チップ込みで一人40USDぐらいです。

 

Nonna
イタリア料理
1735 India St, San Diego, CA 92101
TEL: +1 619-234-1735
Menu

 

4. Sun Deck Bar (メキシコ料理)

 

f:id:globalcat:20181122141316j:plain


コロナドビーチは、サンディエゴで私が一番好きな場所です。


サンディエゴに行かれたらぜひとも訪れてほしいビーチです。

 

f:id:globalcat:20181122141513j:plain


ホテル・デル・コロナドは、とても古いクラシカルなホテルで、マリリンモンローが撮影に訪れたことで有名なホテルです。


大きなクーポラの茶色のお屋根がトレードマークで、コロナドビーチフロントにあるホテルなので、ビーチで遊んで水着のまま帰れてしまうホテルで、のんびりリゾート気分を味わいたい方におすすめです。

 

f:id:globalcat:20181122141357j:plain


一度は滞在してみたいホテルのひとつです。


こちらのホテルに隣接されているSun Deck Barは、宿泊客ではなくても気軽に利用できるBar レストランです。

 

f:id:globalcat:20181122141434j:plain


主にタコスなどのメキシコ料理の軽食ですが、青い空に白い砂浜のビーチを眺めながら、カクテルを頂くのも素敵です。

 

f:id:globalcat:20181122141549j:plain


こちらはサンセットも美しく、のんびりタコスやワカモリ(アボカドディップ)でもつまみながら、モヒートやリゾートチックなカクテルなどを頂くのも贅沢な気分を味わえます。

 

f:id:globalcat:20181122141613j:plain


お値段は少し高めですが、高級感あふれるリゾートの雰囲気を味わえるので、決して悪くはないと思います。


カップルにおすすめの場所です。


ちなみに、ビーチ入り口にもトロピカルなリゾート雰囲気抜群のカクテルBarがあります。

 

f:id:globalcat:20181122141721j:plain


ビールもワインもいただけますが、夏場は結構なお値段で1杯15USDぐらいします。


サンディエゴはオフシーズンでも温暖な気候なので、夏以外のオフシーズンに訪れるのが良いと思います。


夏は結構混みあいますので、リゾート気分というよりは、海水浴場という雰囲気になります。

 

⇒コロナドビーチへのアクセス


コロナドビーチまでの行き方ですが、コロナドまでは、コロナドフェリー乗り場からフェリーで15分です。

 

f:id:globalcat:20181122141810j:plain

 

フェリー乗り場は、トラムグリーンラインのSanta Fe Depot駅から徒歩5分ぐらいコンベンションセンターの裏手からは、ハーバー沿いを散歩しながら徒歩15分~20分ぐらいです。

 

f:id:globalcat:20181122141951j:plain

 

コンベンションセンターを背に、ミッドウェイ軍艦ミュージアムを通り過ぎてからすぐです。


チケット売り場は、フェリー乗り場のすぐ前にあり、片道4.75USD(550円ぐらい)で、クレジットカードで買えます。

 

f:id:globalcat:20181122142715j:plain

 

フェリーからの街の景色は、サンデイエゴのポストカードそのもの

 

美しい街並みの景色を堪能できます。

 

往復チケットは割安ですが、コロナドビーチからフェリー乗り場までは、バスの乗車が必要ですし、帰りはバス一本で帰ってきた方が便利ですし安いです。

 

ちなみにバス乗車時の支払いは、おつりが一切でません。

 

あらかじめガスランプクオーターのトラム駅などで、コンパスカードを購入し20~30USDぐらいをチャージしておくとバス乗車には便利です。

 

f:id:globalcat:20181122142336j:plain


まぁ、バス代は2.75USDなので、仮に3USDを現金で支払ったとしても、25セント損するぐらいなので大したことありませんが、5USD札しかない、10USD札しかないとなると高くつきますのでご注意を。


コロナドに到着したら、一番最初に目にする大きな道路沿いの右手に901番のバス停がありますので乗車します。

 

f:id:globalcat:20181122142036j:plain

 

15~20分ぐらいバスで走りホテル・デル・コロナド前で降ります。

 

f:id:globalcat:20181122142605j:plain

 

ホテル前の交差点の手前で、ボタンではなく、黄色い紐を引いて『降ります』サインをして下車します。

 

f:id:globalcat:20181122142540j:plain

 

行きはフェリーで、帰りはホテルの前からダウンタウン行きのバスに乗り、大きなコロナド橋を通って帰ってくるルートがおすすめです。

 

f:id:globalcat:20181122142637j:plain


バスは30分ぐらいでダウンタウンに到着しますが、道路の込み具合にもよります。

 

f:id:globalcat:20181122142853j:plain

 

バスの道中にて、斬新な建物が見えてきます。

 

バスの運転手さんが観光ガイドもしてくれて、サンデイエゴの中央図書館と教えてくれました。


ブロードウエイ(Broadway)Stで5th Aveの最終地点で降りると、ガスランプクオーターど真ん中まで徒歩数分です。

 

コロナドビーチへ行くには、半日ぐらいは必要ですが、ぜひとも訪れて頂きたい観光地です。

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ(軽食)、チップ込みで一人30~40USDぐらいです。


Sun Deck Bar Hotel del Coronado

メキシコ料理(Bar)

1500 Orange Ave, Coronado, CA 92118 USA

コロナドビーチ/デル・コロナド・ホテル

TEL:+1-800-445-8667

Email: largepartydining@hoteldel.com

URL: https://hoteldel.com/restaurant-coronado/sun-deck/

 

5. Trust(ニー アメリカン料理)

 

f:id:globalcat:20181122143429j:plain


こちらのお店は、ノースパーク North Park地区にあるモダンなレストランです。


道路に面した角っこにあるお店で、テラス席は道路に直接面していますが、車どおりが少ない住宅街なので排気ガスもないですし、騒音もないため問題ありません。

 

f:id:globalcat:20181122143558j:plain


こちらのレストランは、長期出張に毎日同行してくれたアメリカ人営業マンと『よく頑張りました』というお疲れ様会のために訪れました。


11月上旬でしたがテラス席でも寒くはなく、また、本物の暖炉(電気ではなく本物の火を使う暖炉)もあり、雰囲気もなかなか良いです。


こちらのお店はなかなか予約がとれない人気店のようです。


最終日ということもあり、わたしもだいぶ体調を回復したため1杯だけロゼを頂きました。

 

f:id:globalcat:20181122143706j:plain

 

カリフラワーのお料理、そしてハムとチーズの盛り合わせなどのオントレーを頂きました。

 

f:id:globalcat:20181122143938j:plain

 

メインにはロブスターのリゾットを頂きました。

 

若干、わたしには塩気が強すぎるかなと思いましたが、お酒と一緒に頂くにはちょうど良いのかもしれません。

 

f:id:globalcat:20181122143855j:plain

 

だいぶ、ピンボケ・・・ごめんなさい。

 

最後の夜にて、力尽きました・・・


お料理は美味しかったのですが、前菜を頼みすぎてボリュームが多すぎました。

 

ウエイターの質そしてサービスは抜群です。


毎回ナイフとフォーク、そしてお皿をお料理ごとに変えてくれます。

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ、チップ込みで一人60USDぐらいです。

 

Trust

ニュー アメリカン料理

3752 Park Blvd, San Diego, CA 92103 USA

ノースパーク:North Park地区

TEL: +1 619-795-6901

Menu

 

6. Casa Guadalajara(メキシコ料理)

 

f:id:globalcat:20181122144220j:plain


こちらはメキシコの雰囲気を感じられるOld Townにある伝統的なメキシコ料理を頂けるメキシコ料理レストランです。


お客様もメキシコ人が多く、広い店内にはたくさん席がありますが、夕食の時間帯にはたくさんの人が行列


わたしたちは、早めの夕食をとったため並ぶことなく入店できました。

 

f:id:globalcat:20181122144259j:plain

 

とにかく、、、カラフルで派手な店内で、ザ・メキシカン!という雰囲気を味わえます。


こちらは何を頼んでもボリューム満点のお料理が出てきますが、メキシコ料理らしいお料理を楽しみたいかたにはおすすめです。

 

f:id:globalcat:20181122144554j:plain

 

これ、スープとタコス・・・

 

どんぶりで出てきます。

 

もちろん、食べきれず・・・


若干サービスに雑なところもありますが、彼らに悪気はありません笑


おおらかな面、おおざっぱな感は否めず、『あぁ、異国にいるのだなぁ』と思わせてくれます。


当日は、10/31 でDay of the Dead(死者の日)、メキシコ版ハロウィン真っ只中でした。


もともとガイコツが街に溢れるOld Town.

 

この日は、多くの人でごった返し、どこもかしこもメイクをし仮装をした人だらけ。

 

ガイコツもいつも以上に、そこらじゅうにわんさか。

 

なんでもない普通のわたしが『逆に目立つ』という状況。


Casa Guadalajaraでは、ガイコツのメイクにハロインの衣装を装った4人組バンドが、生バンドをご披露してくれて、いつも以上に騒がしいメキシカンな雰囲気の中、メキシコ料理を頂きました。

 

f:id:globalcat:20181122144458j:plain

 

メイクもどことなく雑!?^^; 


Casa Guadalajaraには、アメリカ人の営業マンは大好きなので、メキシカンと言えば、いつもここに連れてこられます。

 

予算は、1ドリンク、1デイッシュ、チップ込みで一人40~50USDぐらいです。


Casa Guadalajara

メキシコ料理

4105 Taylor St, San Diego, CA USA

オールドタウン:Old Town地区

TEL: +1 619-295-5111

Menu

 

サンディエゴ、日本人にはあまり観光地として知られている感じがない印象ですが、JALの直行便も出ていますし、コンパクトな可愛らしい街なのでおすすめです^^

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

byちびまる

サンディエゴおすすめレストラン6選(ダウンタウン:ガスランプ・クオーター地区)

 

今回は米国腎臓学会腎臓週間2018(Kidney Week-ASN 2018)およびSFN 2018 ニューロサイエンス 北米神経科学会議の展示会がサンディエゴで開催されました。

 

約15日間ぶっ続けで仕事し、最後息切れしましたが、なんとか美味しいものを食べながら乗り切りました。

 

今回で4度目のサンディエゴなのですが、今回も美味しいお店を開拓(というより連れて行って頂いた)しましたのでご紹介します。

 

1. Roy's (フュージョン料理)

 

f:id:globalcat:20181121222634j:plain

 

Roy's Restaurantは、普通にステーキやシーフード料理もありますが、ハワイアンと日本料理(味付け)とのフュージョン料理があるレストランです。

 

米国代理店が取り扱う他のメーカーの接待の席(ほとんど関係ない立ち位置)にて、どさくさにまぎれ同席させて頂き、ただ飯を頂きました^^

 

Roy’sは、サンディエゴ・コンベンションセンターの裏手(ハーバー側)の階段を降り、コンベンションセンターと隣接しているマリオットホテルの付近にあります。

 

基本的には高級レストランのカテゴリーに入るかと思いますが、ただ飯ゆえ、金額をほとんど覚えておりません汗(でも、メインで30USD台だったと思います)

 

わたしは小さめの高級ステーキを頂きました。

 

高級とは言え、日本の霜降りステーキのような後から胃もたれするステーキではなく赤身のステーキです。

 

普段は、海外のメインディッシュは食べきれないわたしなのですが、小さめのステーキで、脂っこくなくあっさりと頂けるステーキでしたので、珍しくペロリと完食いたしました。

 

おそらく、海外のメインディッシュでの完食は、これが初めてです。

 

それぐらい、美味しいステーキでした。

 

わたし自身はとても満足のいく会食でしたが、テーブルについたウエィターができない子ちゃんで、メインディッシュが出てくるのに、ものすごく時間がかかり、お料理を出した直後に、『今すぐデザートを頼まなければ、お出しできません』と、たたみ掛けセールスを仕掛けてきました。

接待される側の大御所先生(欧州の研究者)は、あっけにとられ、数秒後にご立腹にて、『君は、僕の朝食まで注文取る気かね?』と嫌味たらたらの苦情を申し付け、デザートは頂けぬという状況でした。

 

お料理はよかったですが、ウエイターの質がイマイチ・・・でした苦笑^^;


日本食というか、日本の味付けのフュージョン料理がたくさんあったのが印象的でした。

 

日本酒もあるようですが、、、

 

〇純米にごり酒(ココナッツ?)

〇純米酒(きゅうり?)

〇テイスティング(きゅうり?からのココナッツ?)

 

日本酒もハワイアンとのフュージョンなのでしょうか・・・。

 

わたしは普通にシャルドネの白をいただきました。

 

寿司もありますが、これも微妙です・・・

 

完全にハワイアンとのフュージョンです。

 

きゅうり、アボカド、サーモン、マグロ、そしてポン酢です。

 

外国人ウケはすると思いますが、日本人の先生方の接待には不向きです。

 

話題作りにはよいかもしれませんが・・・

 

わたしが食したのは、普通のステーキでしたが、すでにメニューが変わっているようです。

 

Roy's Restaurant
ハワイアン&日本食のフュージョン料理
333 W Harbor Dr, San Diego, CA 92101
TEL: +1 619-239-7697
Menu

 

2. Rowing Club (シーフード)

 

f:id:globalcat:20181121223145j:plain

 

いつも日本の代理店の社長さんに連れて行って頂く穴場のシーフードレストランです。

 

コンベンションセンターのすぐ裏手にあり、お昼時のちょっと前11:30頃に行くと、ガラガラ空いてて、落ち着いてリラックスしてお食事ができます。

 

ここの名物料理は、カニです!

 

大きなポットにカニの足、トウモロコシなどがゴロっと入ってきて、まずは紙の前掛けをしてからいただきます。

 

全てが手づかみでいただくので、手はドロドロになりますが、とうもろこしは驚く甘さ、カニも甘くておいしいです。

 

カニと格闘している間は無言になるので、接待には向きませんが、カジュアルでリラックスしたヨットハーバークラブ的な雰囲気なので、ざっくばらんな接待でしたらおススメです。

 

いつもご馳走になるので値段はわからないですが、カニが入っている1ポットでも結構なボリュームで、大人3人で十分、というか余るぐらいです。

 

空いているので穴場です。

 

ゆっくり、のんびり、お話しができます。

 

Rowing Club(Joe's Crab Shack)
シーフードレストラン
525 E. Harbor Drive
San Diego, CA 92101-5995
Rowing Club:619-233-7391
Sun - Thu: 11:00 AM - 10:00 PM
Fri - Sat: 11:00 AM - 11:00 PM
Lunch Menu
All Menu

3. Lou & Mickey's(ステーキハウス)

 

コンベンションセンター目の前のテラス席もあるステーキハウスです。

 

ごめんなさい、写真はありません。。。

 

いつも商談で利用しますが、ステーキハウスなのに、ステーキは食べたことがありません。

 

店内にも席がたくさんあり、またテラス席もたくさんあるため、国際学会のような数万人人が集まるような時でも、予約なしで入れます。

 

ランチタイムは混むかもしれませんが、14時~17時ぐらいであれば、こちらのレストランのテラス席でのんびりビールでも飲みながら、オープンに商談ができます。

 

日本の先生の場合は、昼間からビールやワイン、というわけにはいかない場合も多いですが、欧米の企業の場合は、当たり前のように昼間っからビールやワインを飲みながらの商談です。

 

あまり知られていないかもしれませんが、サンディエゴにはビール醸造所がたくさんあり、地元の人はよく飲みます。

 

こちらのレストランは、チョイ飲みしながら、さくっとおつまみをつまむ感じの商談に利用させて頂いています。

 

Lou & Mickey's
ステーキハウス
224 Fifth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-237-4900
Menu

4. Rustic Root(開放的なRooftop Bar)

 

f:id:globalcat:20181121223633j:plain

 

こちらはコンベンションセンターから5番通りを3ブロック歩いてIsland Avenueを渡ったセブンイレブンの隣(コンベンションセンターを背に5番通りの右側)にあります。

 

コンベンションセンターから歩いて5分もかかりません。

 

わたしは体調を崩していたので、お酒も飲めず、ちょこちょこつまむ程度でしたが、いわゆるパブ飯が美味しいお店です。

 

f:id:globalcat:20181121223726j:plain

 

こちら、アメリカでは珍しい、ハードシェルのタコス。

 

アボカドソースが下に敷いてあって、ちょっと辛めの味付けのおせんべいみたいなタコシェルで、中身は海老とキャビアもどきのとびっこ!?(イマイチわかりませんでした)がのっかっていて、酒のつまみにはもってこいのおつまみでした(わたしはお酒が飲めませんでしたが)

 

f:id:globalcat:20181121223945j:plain

 

こちらは海老のフリッター、スイートチリソース絡め。

 

ビールにピッタリ!なはず・・・

 

f:id:globalcat:20181121224050j:plain

 

こちらはアツアツのミートボール、グツグツでした。

 

わたしたちは、2回のRooftopBarでご飯を食べたのですが、窓がなく、天井もなく、バルコニーにソファーがあって、キャンドルライトがあり、柔らかな光と風が気持ち良い空間です。

 

さくっと食べて、さくっと飲んで帰るにはとっても良いBarです。

 

ウエイトレスは、めっちゃ露出の高いミニスカ、ピチピチの黒づくめの装いで、アイラインが黒でビーっと引かれたアバンギャルドな女性たちが、きびきびとしており、ちゃきちゃきとオーダーも取りにくるのでストレスフリーでした。

 

Rustic Root
アメリカ料理店(Rooftop Bar)
535 Fifth Ave, San Diego, CA 92101
TEL:+1 619-232-1747
Menu

5. The Dubliner(アイリッシュパブ)

 

こちらは、完全にスポーツバーのアイリッシュバーです。

 

若くて可愛らしいギャルがピッチピチのshirtやワンピース、スカートなど露出の高い装いで、サーブしてきます(完全にわたしはおじさん化)。

 

忙しいと若干サーブが遅いですが、感じは良いです。

 

f:id:globalcat:20181121224355j:plain

 

わたしは体調を崩しており、お酒を飲めず、アイリッシュバーでオープンサンドを食するというなんとも迷惑な客でしたが、わたしと一緒にいた若いアメリカンボーイ2名が、ガッツリ食べて、ガッツリウイスキーなどを飲んでくれたおかげで、肩身の狭い思いをせずにすみました。

 

f:id:globalcat:20181121224422j:plain

 

こちらは3人でシェアして食べた、コーンビーフ巻き(アイリッシュ名物なのだとか!?)

 

f:id:globalcat:20181121224521j:plain

 

こちら、若干ピンボケで恐縮ですが、米国代理店アメリカンボーイ(30歳代)が食べた超ビッグなハンバーガー

 

f:id:globalcat:20181121224617j:plain

 

こちらもピンボケごめんなさい汗

 

もうひとりのアメリカンボーイが食したフィッシュ&チップス

 

f:id:globalcat:20181121224717j:plain

 

そして、こちらが最後。

 

わたしが食したアボカドオープンサンド。

 

とてもフレッシュなキュウリ、トマト、アボカド、チーズがアツアツのトーストに乗っかっていて美味しかったです。

 

これ、10ドル。

 

米国にしちゃ、安いでしょ。

 

サンドイッチ、何気に美味しくて感動~♪

 

The Dubliner
アイリッシュパブ
554 Fourth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-239-5818
Food Menu
Drink Menu

 

6. La Puerta (メキシコ料理)

 

こちらは、実は予約でいっぱいで入れず、隣の隣のThe Dublinerアイリッシュスポーツバーにわたしは流れたのですが、アメリカ人代理店の営業ボーイズたちは、わたしが体調不良でダウンしている間に再度チャレンジで食にありつけたようです。

 

わたしは食べてないので、1次情報でなく申し訳ないのですが、アメリカ人ボーイズ(30代)が、really really good! (めっちゃ、めっちゃ!!!美味しかった)というので、おススメに挙げておきます。

 

La Puerta
メキシコ料理(The Dublinerのすぐ近く)
560 Fourth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-696-3466
Food Menu

サンディエゴでお過ごしの際にご参考にしていただければ幸いです♪

 

では、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

サンディエゴ出張 - 郊外のMisson Valley周辺ホテルDoubleTree by Hilton Hotel San Diego - Hotel Circleに泊まる

 

f:id:globalcat:20181118202857j:plain

 

国際学会中のホテルは高い

 

わたしの仕事は、国際学会展示会で商材のプロモーションなのですが、サンディエゴは国際学会開催地として人気も高く、サンディエゴへの出張は今回で4度目です。

 

サンディエゴは西海岸に位置しメキシコ国境に近い街で、米国の中でも比較的治安もよく、コンパクトにまとまった美しい海辺の街のため、アメリカ人の旅行先としても人気が高い街です。

 

サンディエゴは、わたしも好きな街なので仕事で訪れるのは嬉しい限りなのですが、毎回、頭を悩ますのが宿泊先の確保

 

本当に、頭が痛い毎度の悩みです。

 

国際学会会期中は、1都市に集中して数万人集まるため、現地ホテルは1年前から満室のところも多く、価格はべらぼうに高いのが常です。

 

夏の時期と重なると最悪で、サマーホリデー客も大勢押し寄せるため、サンディエゴのダウンタウンのホテル代は、300 ~500ドル!!!

 

今回はオフシーズンの11月ではありますが、3万人が集まる国際学会であったため、とても手が出せない価格でしたので、今回は郊外のホテルに宿泊しました。

 

郊外のホテルは比較的安い

 

サンディエゴ国際空港からはUberで15分、コンベンションセンターがあるダウンタウンからバスで30分ぐらいの場所、Mission Valley (ミッションバレー)という地域があります。

 

Mission Valleyの近くに、Hotel Circle (ホテルサークル)という高速道路沿いにホテルが立ち並ぶ地域があり、その一帯のホテルは比較的リーズナブルで割安なホテルが多いです。

 

DoubleTree by Hilton Hotel San Diego - Hotel Circleに泊まる

 

この度は、Hotel CircleにあるDoubleTree by Hilton Hotel San Diego - Hotel Circleに7泊滞在しましたのでホテルをご紹介します。

 

www.booking.com

 

ホテルの値段

 

今回は国際学会会期中ということもあり、通常より高めでしたが、それでもダウンタウンのホテルに比べれば100USD/泊以上割安でした。

 

1泊230USD (税込み・朝ご飯込み)でした。

 

わたしのお部屋はツインのお部屋でしたので、大人4名まで泊まれるお部屋で、- 大人2名、子供2名分朝食付きのプランでこの値段でした。

 

同行していた米国代理店営業スタッフ2名が予約したプランは朝食抜きだったようで、わたしの部屋の朝食バウチャー券に便乗し、彼らも無料で朝ご飯を頂くことができました。

 

部屋の大きさと朝食付きということを考えると、税込み価格で230USDというのは割安です。

 

ホテルの立地

 

f:id:globalcat:20181118203255p:plain 

 

Hotel Circle一帯は、高速道路沿いなので、徒歩ではどこにもでかけられないという不便さがありますが、DoubleTree by Hilton Hotel San Diego - Hotel Circleを選んだ理由としては、国際学会の無料シャトルバスがホテル目の前から出ていたので、交通の便を考え選びました。

 

ピーク時は10分間隔、オフ時は20分間隔で、朝7時頃から20時半までシャトルバスが運行していましたので、学会会場への行き来は便利でした。

 

ホテルの中に小さなショップがありお水や軽食など購入できますが、水は1本(500mL)で3.75USDと空港並みの高さなので、ダウンタウンのスーパーマーケットで軽食とお水の調達しました。

 

ホテルの雰囲気

 

 f:id:globalcat:20181118203352j:plain

 

吹き抜けのロビーがあり、その先は屋外の温水プールとジャグジーがあり、リゾート地の雰囲気がありリラックスできます。

 

f:id:globalcat:20181118203723j:plain

 

ホテルのスタッフもフレンドリーで、のんびりした雰囲気があります。

 

ホテルの客室

 

f:id:globalcat:20181118203637j:plain 

 

わたしのお部屋はキングサイズベッドのツインルームでしたので、広めのお部屋でリラックスできました。

 

お部屋の清潔度合いや広さは十分だったのですが、両隣がコネクティングルーム仕様で、隣の声が丸聞こえ、という問題はありました。

 

細かいことではありますが、わたしが利用した部屋は、デスクランプの電源差し込み口がとてもゆるく、なかなかうまく充電ができないという問題があり、若干の不便を感じました。

 

ネット環境は良好、でも。

 

ネット環境は良好でしたが、まずはヒルトンホテルのサイトでログインして、パスワードを入れるのですが、これがなかなか上手く接続できず、何度かトライ&エラーを繰り返しました。

 

また、一度ログインすれば自動接続の時もあれば、再度ログインし直しということも多々あり、ネット接続に若干の面倒くささがありました。

 

バスタブあり、でも。

 

f:id:globalcat:20181118203916j:plain

 

バスタブ付きのお部屋をあらかじめリクエストしておいたので、バスタブ付きのお部屋でした。

 

f:id:globalcat:20181118203950j:plain

 

お湯の出もよく、アメニティも良かったのですが、お風呂の栓のしまりが悪く、しばらくすると水位が落ちていくという問題があり、何度もお湯をためなおす必要がありました。

 

セキュリティ―Boxあり

 

f:id:globalcat:20181118204032j:plain

  

セキュリティ―Boxもあり、安心して貴重品を預入れて宿泊することができました。

 

ベッドの快適さ

 

ベッドの固さと枕の高さは快適でした

 

また、ベッドの高さもちょうどよく、快適でした。

 

静寂さ

 

f:id:globalcat:20181118204131j:plain

 

ホテルは郊外に立地しているのでとても静かな環境ではあるのですが、お部屋が高速道路に面している、および屋外プールの面に面していると夜もうるさいです。

 

高速道路は車がびゅんびゅん走る音が聞こえますし、プールでは子供がはしゃぎ、また大人もほろ酔いでパーテイームードなので声も大きくなり騒々しいです。

 

最初は高速道路側でプール側の部屋だったので、フロントに掛け合い、高速道路の反対側の部屋でバスタブ付きの部屋に変更して頂きました。

 

f:id:globalcat:20181118204212j:plain

 

高速道路と反対側の部屋は、とても静かで穏やかな環境です。

 

が、しかし、、、

 

わたしたちが宿泊した最初の3日は、カレッジの学生のフォーマルパーテイィーがあり、ホテルのロビーはカレッジの学生でごった返しており、毎日がパーティーという騒々しさ

 

また、カレッジの学生たちとは別の男女4人組が、運悪くわたしのすぐ隣の部屋で、週末にホリデーにきたようで、これまたパーティーアニマル状態

 

黒人の男女で、部屋では大音量のラップミュージックでノリノリ、アルコールも入り、声も大きくなる一方で、なんと彼らはホテルのロビー外でマリファナを吸っているという・・・。

 

カリフォルニア州(サンディエゴ含む)では娯楽用大麻は合法化され、マリファナを吸える環境があるのです。

 

mainichi.jp

 

マリファナ吸って、お酒飲んで、ラップミュージックでノリノリ、そりゃ、ご近所騒音迷惑なんぞ考える状況でもなく、『静かにして』と言っても無駄。。。

 

なのですが、さすがに深夜2時でも大声で笑ったり、ラップミュージックで騒いでいる声が聞こえてきたので、堪忍袋の緒が切れました

 

とは言え、相手は大柄黒人4人組

 

下手に顔が割れ、トラブルになったら怖いので、セキュリティを呼ぶことに

 

何度フロントに電話して、セキュリティーをお願いしたことか。

 

地獄の週末でしたが、幸い彼らは2泊3日で去っていき、とても静かな夜が戻ってきました。

 

価格が割安ということは、リーズナブルな分、さまざまな層の人たちがホテルを利用しますので、騒音トラブルなどは日常茶飯事かもしれません。

 

また、お部屋のドアが、自分の手でしっかり閉めないと『バタンっ!』と大きな音を発しますので、誰かがドアの開け閉めをするたびに、バタン!バタン!と大きな音がするので、眠りが浅い人は起こされてしまいます。

 

今回の旅は、サンフランシスコのストライキやら、サンデイエゴのパーティーアニマルとの遭遇やらで騒音に悩まされること多し^^;

 

朝ご飯

 

f:id:globalcat:20181118204709j:plain

 

ビュッフェスタイルの朝ご飯で、わたしの宿泊プランはコンチネンタル式ではなく、Full Breakfastでしたので、温かいお料理もいただけました。

 

とは言え、ここは米国。

 

ヨーロッパのように、新鮮な野菜、多種多様なハム、チーズなどはなく、お決まりの固めのスクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン、フライドポテト、マフィンに果物と、朝から高カロリーな食事です。

 

わたしは体調を崩していたこともあり、毎朝食事は控えめにとり、決まってワッフルを焼いて食べていました

 

f:id:globalcat:20181118204615j:plain

 

一日のエネルギーを取るには十分な朝ご飯で、特別美味しいわけでもないですが、何かをおなかに入れるには十分です。

 

ホテルの総評

 

価格が安いだけあって、宿泊客の客層も庶民的であり、中にはパーティーピープルなグループと遭遇する確率は高い=騒音に悩まされる可能性も大です。

 

騒がしい人たちと遭遇しなければ、そして高速道路側と反対の客室であれば、比較的静かな夜を過ごせますが、壁が薄く、コネクティングルーム仕様なので、隣の音が聞こえます。

 

ホテルのスタッフにも対応に個人差があり、夜中の騒音にセキュリティ―をお願いしても、なかなか対応してもらえず、しびれを切らしてフロントに出向いたところ、なんと、セキュリティーのおじさんがのんきにテレビを見ているではないですか。

 

『ねぇ、なんで来てくれないの?』と、やや怒り気味で伝えると、『今行こうと思っていたところだよ、で、どの部屋だっけ?』と、なんとものんきな返し・・・。

 

また、清掃のひとも、毎日何かしら忘れる・・・という感じで、トイレとペーパーがない、コップがない、ぞうきんを部屋に置き忘れるなど、普段あまり遭遇しない出来事も、ありました。

 

悪気はないのでしょうが、スタッフの仕事ぶりにはムラがあります。

 

騒音が気にならないという人には、割安なホテルなのでおすすめですが、車がなければ移動はUberかタクシーになります。

 

おそらくホテルの印象への大きな要因は、隣人の騒音トラブルであり、ただ単にわたしの不運が要因かもしれません。

 

騒音がなければ、ここまで疲れはしなかったし、もしかしたら良い印象のホテルだったかもしれません。

 

わたしは基本的に静寂でなければ眠りにつけないタイプないので、夜中の騒音は仕事に支障をきたすため、個人的には好んで選ばないです。

 

次回のサンディエゴ滞在では、迷いなくLittle Italy のCharming Little Italy Suites by Sonder(アパートメント)を選びます。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

では、みなさまhave a nice day

 

By ちびまる

サンフランシスコ出張 リーズナブルなホテルChancellor Hotel on Union Squareに泊まる

 

f:id:globalcat:20181117122030j:plain

 

はじめてのサンフランシスコ出張

 

この度、はじめてサンフランシスコへ出張にでかけました。

 

サンフランシスコと言えば、日本人にも人気の旅先という印象です。

 

サンディエゴでの展示会の仕事の合間に1週間時間ができたので、西海岸のバイオクラスタ―地域の1つであるサンフランシスコ~シリコンバレー周辺の顧客まわりと、大学構内でのライフバイオサイエンスの展示会を1つ予定にいれました。

 

サンディエゴにて展示会をひとつ終え、サンフランシスコには飛行機で向かいました。

 

サンディエゴからサンフランシスコまでは、飛行機で約1時間です。

 

サンフランシスコ国際空港からレンタカーを借りて、顧客回りをしました。

 

レンタカーを借りて・・・と言っても、運転手はわたしじゃないですけどね^^

 

サンフランシスコやシリコンバレー周辺では、車を運転できないと、顧客回りはちょっと難しそうです。

 

サンフランシスコ中心地に泊まる

 

f:id:globalcat:20181117121612j:plain

 

サンフランシスコ国際空港からダウンタウンまでは車で40~1時間ほどですが、ユニオンスクエア周辺はショッピングセンターやホテルが立ち並ぶ騒がしい場所です。

 

今回お世話になった宿はユニオンスクエアど真ん中のChancellor Hotel on Union Squareというホテルです。

  

www.booking.com

 

Chancellor Hotel on Union Squareに泊まる

 

f:id:globalcat:20181117122130j:plain

 

通常、宿泊先は自分で決めるのですが、今回は時間がタイトだったこともあり、今回の宿は、米国代理店営業に任せ予約をしていただきました。

 

Chancellor Hotel on Union Squareは、ユニオンスクエアど真ん中にあり、若干古いホテルですが、ホテルのスタッフも親切で、3泊4日のビジネスユースには、十分快適な設備でした。

 

ホテルの値段

3泊お世話になったのですが、素泊まり税込みで511USD (1泊あたり:170USD)でした。

 

ダウンタウンで、それも物価の高いサンフランシスコで1泊170USDというのはリーズナブルと思います。

 

サンディエゴのダウンタウンは、1泊300 ~500USD(税別)がざらですので、それを考えると立地やホテルの質を考えると割安です。

 

ホテルの立地

 

f:id:globalcat:20181117122326j:plain

 

Chancellor Hotel on Union Squareは、ユニオンスクエアまで徒歩1分の場所です。

 

ユニオンスクエアの周辺は、ブランド品店や大きなデーパート、そして飲食店がたくさんありますので、お買い物好きな人には便利な場所です。

 

わたし自身は、どちらかというとお買い物が苦手、ウインドーショッピングができないタイプ。

 

一般的な女子力がガクッと欠落しているため、特別に胸が高鳴ることもなく、なんとも味気ない仕事一色の滞在となりました。

 

ホテルのすぐ隣にはドラッグストアがあり、お水や朝ご飯用のマフィン、バナナ、サラダ、エナジーバーなどの調達ができ便利です。

 

f:id:globalcat:20181117122416j:plain

 

夜間になるとホームレスの人々が物乞いにて、うろうろしてますが、ほっておけば特別な害はありませんので、それほど物騒というほどの雰囲気ではありません。

 

ホテルの雰囲気

 

f:id:globalcat:20181117122628j:plain

 

Chancellor Hotel on Union Squareは、ビジネス街のビジネスホテル的な雰囲気を持ったホテルで、特別可もなく不可もなくというホテルです。

 

ホテル受付ロビーは昔ながらの落ち着いたインテリアでホテルスタッフも感じが良く、困ったことは快く助けてくれます。

 

ホテルの客室

 

f:id:globalcat:20181117122736j:plain

 

それほど広いわけではないですが、ビジネスユースには十分な広さで、お部屋も清潔です。

 

ネット環境も良好

 

インターネットの接続も高速で快適でしたし、接続時の手続きも簡単でした。

 

デスクランプ付近には、電源差し込みが2つあります。

 

パソコンの電源と携帯電話の電源を同時にデスク上で差し込めるのは便利。

 

ちょっとしたことですが、こういった利便性は出張者には嬉しいことです。

 

バスタブあり(on request)

 

f:id:globalcat:20181117122921j:plain

 

今回の出張でラッキーだったのは、すべての滞在においてバスタブがあり、入浴をゆっくり楽しむことができ、体を休めることができました。

 

海外のホテルではバスタブがなくシャワーだけの部屋も多いので、必ずバスタブ付きのお部屋を事前にリクエストしておきます。

 

リクエストをしていてもノーレス、シャワーのみということもざらにありますが、ダメもとでリクエストをしておき、なるべく事前に確約してもらうと安心ですね。

 

バスタブはとても大きく、152cmの小さなわたしの体では、端から端まで届かず・・・。

 

お湯のでもよいので、いつでも、何度でも温かいお風呂に入れるというのはありがたいです。

 

アメニティも充実

 

f:id:globalcat:20181117123012j:plain

 

アメニティーもシャンプー、コンデイショナー、石鹸、ボデイークリームなど充実しており、アメニティーの質も香りもそこそこGoodです。

 

ヨーロッパのホテルの場合は、シャンプー、コンディショナーが揃っていない場合も多いのです。

 

そして、シャンプーがあったとしても、髪がけっこうきしんでしまったり、あまり質が良くない場合もあります。

 

普通に快適に髪を洗ってさっぱりできて、不具合がないというのはありがたいです。

 

また、子供連れのご家族向けに、お風呂で遊ぶアヒルもおりました。

 

もちろん、わたしには不要ですが、なんとなく心が和みました^^

 

セキュリティ―Boxあり

 

f:id:globalcat:20181117123109j:plain

 

セキュリティBoxもありましたので、日本円やお財布などはセキュリティBoxの中に保管しておきました。

 

セキュリティ―Boxがあるというのは、海外出張者にとっては結構重要な要素です。

 

セキュリティBoxがあれば、とりあえず現地で使わない、大事なものを全て入れておけるので安心感があります。

  

ベッドの快適さ

 

f:id:globalcat:20181117123229j:plain

 

ベッドの固さや枕の高さも快適でした。

 

欧米人向けなのか、ベッドの高さがとても高いのです。

 

背が低いわたしは、毎回ベッドの上によじ登る感じで、ちょっと大変でした。

 

それも、サンフランシスコでは胃腸の調子を崩してしまい、トイレとベッドの往復・・・という時に、すぐにごろんと横になれない高さは致命的でした。

 

しょうがないので、床に転がって、腹痛の波が過ぎ去るのをじっと待つという、なんとも寂しい感じで夜を過ごしました。

 

写真ではわかりずらいのですが、ベッドの高さがデスクの高さと同じです。

 

2m近い米国代理店の営業マンでさえ、『ベッドの高さは確かにちょっと高いね』と言っていたので、1.5mしかないわたしにとっては、とても高く感じました。

 

静寂さ

 

f:id:globalcat:20181117123538j:plain

 

残念ながら、滞在中ずっと朝から晩までご近所ホテルの従業員のストライキで、騒音がひどかったです。

 

One Job is Enough! 

 

というプラカードを持ち、賃上げのストライキです。

 

『本来は1つの仕事で十分でしょ、何になぜ私たちは、1つの仕事だけじゃ生活できず、他にも仕事をしなくちゃなんないのよ、ふざけんなーっ!もっと給料あげろっ!

 

という訴えです。

 

現地の人の話では、お部屋清掃の仕事では、ひどいところで1時間の時給が2~3ドルというところもあり、チップがなければ食べていけないのだそうです。

 

チップといっても、全室にてまじめに支払う客ばかりとも限らず、米国人でさえ『あ、忘れた』とか、『1日1ドルもあげない』という人もいます。

 

わたしは一応、滞在日数分を1日1ドルを枕に置いておき、最終日のチェックアウトも1ドル置いていくようにしています。

 

なんとなくですが、毎日、毎日、部屋の清掃ばかりで、誰からも『ありがとう』という声もかけらなかったら、正直やってられないだろうし、寂しいだろうと思うのです。

 

だから、最終日には、メモ書きで、『とても快適でした、どうもありがとう』というメッセージと共に1ドル置いていきます。

 

もちろん、清掃に問題があったり、不具合があればチップなど置いていかないですが、よっぽどのことがない限り、チップを心づけとして置いていきます。

 

今回のストライキは世界的にも高級ホテルとして有名な2ホテルです。

 

高級ホテルだからといって、従業員の質、そしてモチベーションが高いとは限らず、こういった不満を爆発させるほどの待遇の悪さなどを目の当たりにすると、やはり部屋の中に貴重品は置いておけないと痛感します。

 

ダウンタウンの滞在は、食事などに便利ではありますが、騒音トラブルはありますね。

 

f:id:globalcat:20181117123605j:plain

 

朝7時から夜10時までノンストップで、バケツの底を棒でたたき、笛を鳴らして叫び続ける低所得者層の従業員

 

これには正直参りました

 

幸い22時にはピタッとやめて退散してくれるので深夜に騒音で悩まされることはありませんでしたが、同じリズムで同じ音、それも不快な音を延々と聞き続けるというのは、とてつもないストレスになります。

 

日本では考えられない迷惑極まりないストライキです。

 

自由な国米国では、こういった騒音トラブルがあっても表現の自由が許されるのか、警察も出てこないし完全放置状態

 

周辺ホテルに偶然滞在せざるを得ない観光客は不運としか言いようがないです。

 

毎回、仕事を終えてホテルに戻ってくるたび、『あー、まだやってるよー、Oh No-...』と嘆きたくもなります。

 

22時過ぎの静けさを考えると、通常であれば、ダウンタウンのど真ん中であっても、それほどうるさくなく、平和な睡眠タイムを過ごせるかと思います。

 

エレベーターで偶然乗り合わせた、同ホテルにお泊りのお年を召されたおばあちゃまに、『騒音ひどいですよね』と声をかけたところ、『良いお天気で最高ね~♪』との回答。。。

 

耳が遠いことで、恵まれる場合もあるんですね^^;

 

食事は自分で調達

 

f:id:globalcat:20181117124127j:plain

 

お隣のドラッグストアでサラダやマフィン、エナジーバー、バナナやヨーグルトなど、適当なものを調達できるので、朝ご飯はサラダとヨーグルトで済ませました。

 

海外出張は外食続きで胃腸への負担も大きいので、朝ご飯などで調整するのも良いかと思います。

 

サンフランシスコ、今回は仕事づくめで、あまり街の雰囲気を感じる機会は少なく残念でしたが、サンフランシスコ周辺には既存顧客が多いので、また来ることになりそうです。

 

その際は、もう少し、街の雰囲気を楽しみたいです。

 

では、みなさまhave a nice day

 

by ちびまる

 

サンディエゴ長期滞在におすすめ!イタリア人街のコンドミニアム(Charming Little Italy Suites by Sonder)に泊まる

 

f:id:globalcat:20181113122503j:plain

 

西海岸サンディエゴの長期出張

 

先週末に米国出張を終え、帰国しました。

 

今回の出張先は、

 

〇サンディエゴ5泊

〇サンフランシスコ3泊

〇サンディエゴ7泊

 

サンディエゴとサンフランシスコを行ったり来たりしながら、3つの展示会を行い、そして顧客との商談や会食などをほぼ連日連夜でしたので、体力的にも精神的にもチャレンジングな出張でした。

 

15泊17日の米国出張の準備にて、一番頭を悩ませたのが持参する衣類の数です。

 

f:id:globalcat:20181113122725j:plain

 

スーツケースは1つ、入れられる衣類の数は限られます。

 

そもそも15日分の下着や衣類を持っていません^^;

 

出張の途中で洗濯が必要でしたので、最初のサンディエゴ5泊を洗濯機と乾燥機のあるコンドミニアムに滞在しました。

 

イタリア人街を選んだ理由

 

f:id:globalcat:20181113123023j:plain

 

この度、サンディエゴのイタリア人街を選んだのにはいくつか理由があります。

 

ダウンタウンに比べ安い

 

サンディエゴは米国内において治安も良く気候が穏やかで、観光地として人気の都市です。

 

また、大きなコンベンションセンターがあるので、学会や展示会の開催地としても人気です。

 

コンベンションセンターがあるダウンタウン、ガスランプクオーターにホテルが密集していますが、とにかく宿代が高いです。

 

学会会期中となると、稼ぎ時なのか、べらぼうに高く1泊4万~5万円台です。

 

コンベンションセンターから徒歩圏内のほうが何かと便利なので、今まではダウンタウンのホテルを1年前から押さえて、なんとか予算内(許容範囲)のホテルを確保していましたが、1年前の確認であっても3万~4万円代のホテルばかりでしたので困っていました。

 

今回は、長期出張ということもあり、旅費もかさむのでダウンタウンのホテル滞在は断念し、ダウンタウンからトラムで3駅のイタリア人街(リトルイタリー:Little Italy)で宿探しをしました。

 

幸い、イタリア人街において、口コミ評価が8以上のコンドミニアムを見つけることができましたので、初めてコンドミニアムに滞在しました。

 

学会会期中は、学会無料シャトルバスが10分~20分間隔で出ており、イタリア人街からも1本シャトルバスが走っており、滞在先からバス乗り場まで徒歩10分圏内でしたので助かりました。

 

f:id:globalcat:20181113135008j:plain

 

3週間前の全額前払いという条件に若干抵抗ありましたが、選択の余地もなく、滞在を決めました。

 

平和で穏やかな雰囲気の街

 

f:id:globalcat:20181113123639j:plain

 

ダウンタウンのガスランプクオーターは、レストランもホテルも多く、常にガヤガヤ、学会会期中となると小さな街に約3万人近くがどっと押し寄せますから、すごい人混みです。

 

人が多いということは、酒場も多く、夜の街中は、連日パーティ状態で騒がしいです。

 

ホテルがバーやレストランに近い場所だったりすると、夜中まで騒音に悩まされることもあります。

 

ダウンタウンからトラムで3駅離れたイタリア人街は住宅街でもありますので、犬を連れて散歩している人が多く、とても平和で穏やかな雰囲気なので落ち着いて滞在できます。

 

ホームレスが少なく治安も良い

 

f:id:globalcat:20181113122854j:plain

 

サンディエゴは西海岸に位置し、また人気の都市でもあり物価も高く、貧富の差も激しいのでは?と思ってしまうほどホームレスが多いです。

 

特にダウンタウンのコンベンションセンター前やガスランプクオーターには、ショッピングカートに荷物をたくさん詰め込んでうろうろしているホームレスや、また薬物を疑ってしまうような奇行をする人たちをお見掛けします。

 

イタリア人街では、それほど多くのホームレスはおらず、夜でも比較的安心して歩けます。

 

スーパーがご近所にあり便利

 

f:id:globalcat:20181113123944j:plain

 

ダウンタウンにも大きなスーパーがありますが、イタリア人街にも小さなグローサリーショップや、デリカッセン(ハムやチーズ、オリーブ、惣菜を量り売りしてくれるお店)が入っているスーパーマーケットがあり、朝食やランチに便利です。

 

レストランがたくさんあり便利

 

f:id:globalcat:20181113124103j:plain

 

イタリア人街ですから、もちろん美味しいイタリアンレストランが多数あり、また、テラス席がある雰囲気の良いリラックスムードなレストランがたくさんあります。

 

こじんまりとしたお店も多く、常に満席というお店もありますが、レストランが立ち並ぶ通りにお店がたくさんありますから、ご飯には困らない街です。

 

トラムの駅にも近くて便利

 

f:id:globalcat:20181113124749j:plain

 

サンディエゴはトラムやバスが発達しています。

 

f:id:globalcat:20181113124819j:plain

 

コンパスカードをトラムの駅の自販機で購入し、一度カードを購入すればチャージができますのでとても便利です。

 

リトルイタリー(Little Italy)のトラム駅からダウンタウンコンベンションセンター駅までは3駅、ガスランプクオーターまでは4駅です。

 

サンディエゴ国際空港まではトラム1本ではいけないのですが、タクシーやUberで15分~20分ぐらいで、空港からイタリア人街まで11ドル(チップを入れると13ドルぐらい)でした。(2018年10月)

 

暮らすように滞在する快適コンドミニアム(Charming Little Italy Suites by Sonder)

 

f:id:globalcat:20181113124932j:plain

 

この度、口コミ評価が8以上と評判も上々のコンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在し、とても快適でしたのでご紹介します。

 

www.booking.com

 

Charming Little Italy Suites by Sonder Little Italyの中心地(レストランが立ち並ぶ通り)までは、徒歩で5~10分ぐらいの閑静な住宅地にあるコンドミニアムです。

 

万全なセキュリティ―

f:id:globalcat:20181113125203j:plain

 

チェックインの3日前に、建物玄関のセキュリティ―PINコード(4桁)と、部屋番号、そして部屋のドアのセキュリティ―PINコード(4桁)の情報がメールで送られてきます。

 

とても丁寧なチェックインおよびチェックアウト情報がメールで送られてきますので、入退室に困ることはありません。

 

f:id:globalcat:20181113125409j:plain

 

また、PINコードですべてドアの開閉をしますので鍵の引き渡しもなく、チェックイン、チェックアウト手続きもないのでとても楽です。

 

PINコードなど忘れてはならない情報は、メールの画面写メを取っておくと、PINを覚えられなくてもスマホで画像を開けばすぐに確認できるので楽でした。

 

ひとつ注意点としては、部屋のドアは自動ロックではないので、外出の際には外からPINコードで施錠が必要ですし、部屋に滞在中は内側からPINコードではなくアナログなドア鍵ロックが必要です。

 

スタッフ対応が素晴らしい

 

すべてメール対応でのやり取りでしたが、メールは同日、遅くても翌日には返信があり、海外とは思えない非常に迅速な顧客対応です。

 

相談や困りごとに真摯に対応してくれます。

 

対応スタッフは複数人でアトランダムですが、リクエストや照会を放置されることはありませんので安心でした。

 

広々とした空間で清潔な室内

 

f:id:globalcat:20181113125602j:plain

 

リビング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、ランドリーのスペースがゆったりと確保されており、広めのスタジオアパートメントのような作りです。

 

f:id:globalcat:20181113125641j:plain

 

お部屋のデザインは、リラックスできるようなインテリアで、寝具もソファーも心地良く、仕事を終えて自宅に帰宅するような感覚で滞在できます。

 

また、お部屋はとても清潔なので、安心して滞在できます。

 

キッチン設備が素晴らしい

 

f:id:globalcat:20181113125817j:plain

 

食文化を大切にするイタリアを思わせるような充実したキッチン設備です。

 

コンロは電気ではなくガスコンロで、鍋の種類や包丁も数種類、食器用洗剤、スポンジ、布きん、ディスポーザルシステムの流し台、大きな冷蔵庫、電子レンジ、電子湯沸かし器、トースター、コーヒーメーカーなど。

 

f:id:globalcat:20181113125854j:plain

立派なガス式コンロ、電子レンジに包丁各種

 

f:id:globalcat:20181113125920j:plain

炒め物やスープを作る際に便利なキッチン用具

 

f:id:globalcat:20181113125943j:plain

スプーン、フォーク、ナイフ、計量カップも!

 

f:id:globalcat:20181113131607j:plain

フライパンや鍋各種

 

f:id:globalcat:20181113131628j:plain

コーヒーメーカー、オリーブオイルも常備

 

f:id:globalcat:20181113131648j:plain

電子ケトル

 

f:id:globalcat:20181113131703j:plain

トースターがあれば朝ご飯に便利♪

 

f:id:globalcat:20181113131718j:plain

パスタをゆでたり、野菜を洗ったり、ざるがあると便利

 

f:id:globalcat:20181113131737j:plain

キッチン清掃道具も万全

 

f:id:globalcat:20181113131759j:plain

大きな冷蔵庫

 

f:id:globalcat:20181113131820j:plain

食器も充実

 

f:id:globalcat:20181113131835j:plain

コップやカップ

 

ありがたかったのが、塩、コショウ(それもガリガリっと削るタイプ)、小さな瓶のオリーブオイル、そして切れ味の良いラップが常備されていたこと。

 

f:id:globalcat:20181113131439j:plain

お塩やコショウは削るタイプ

 

f:id:globalcat:20181113131534j:plain

まな板、ラップやホイル、鍋敷きも

 

海外のラップは決まって切れ味が悪く使いづらいというのが常ですが、まるで日本のラップのようにパリッと切れ味が良いラップに感動しました。

 

調味料やラップはないだろうと思い、日本からも持参したのですが使わずに済みました。

 

バスアメニティが充実

 

f:id:globalcat:20181113132905j:plain

 

シャンプー、コンデイショナー、石鹸、ボディーローションなど、ホテルのアメニティーの質はホテルによってまちまちですが、Charming Little Italy Suites by Sonderのアメニティは、香りも使い心地もよかったです。

 

f:id:globalcat:20181113133131j:plain

 

ドライヤーも普通のものですが、快適に使えました。

 

バスタブもあり、お湯の出も良好

 

f:id:globalcat:20181113132749j:plain

 

海外ではお湯の出が弱かったり、お湯の温度がぬるかったりする場合はがありますが、Charming Little Italy Suites by Sonderのお湯の出はとてもよく、今回は、バスタブがあるお部屋を事前にリクエストをして確保していたので、ゆっくりと入浴タイムも楽しめました。

 

お風呂の栓は、押して止めるタイプです。

 

f:id:globalcat:20181113133058j:plain

 

シャワーヘッドは固定式です。

 

f:id:globalcat:20181113133021j:plain

 

 

湯船にゆっくり体を沈めて、体を温めることは疲労回復にも良いですし、良質な睡眠にも良いです。

 

ほっとする柚子の香りやラベンダーの香りの入浴剤を入れて、副交感神経を休ませたり、バブルバスにして泡ぶくぶくのお風呂に入るのも気持ちが良いものです。

 

静かな住宅街に立地

 

f:id:globalcat:20181113133242j:plain

 

出張時には夜が静かでしっかり睡眠をとれることが体調管理には重要になってきます。

 

Charming Little Italy Suites by Sonderが立地する場所は、閑静な住宅街なので、夜も静かでベッドの寝心地もよくぐっすり眠ることができました。

 

コンビニとスーパーが徒歩3分圏内

 

f:id:globalcat:20181113133327j:plain

 

Charming Little Italy Suites by Sonderは、受付デスクがあるわけでもなく、完全にアパートの一室を借りるだけの宿泊施設なので、朝食も出ないですし、食料や飲み物の調達は自分でスーパーやコンビニでしなければなりません。

 

Charming Little Italy Suites by Sonderから徒歩10秒以内にセブンイレブンがあり、徒歩3分以内にデリカッセンがあるスーパーマーケットがあるので、朝ご飯やお水の調達にはとても便利でした。

 

f:id:globalcat:20181113133403j:plain

 

コンビニもスーパーも夜遅くまで開いているのでとても便利でした。

 

f:id:globalcat:20181113133435j:plain

店内はこんな感じです。

 

f:id:globalcat:20181113133507j:plain

お土産の購入にも良いですね。

 

f:id:globalcat:20181113133544j:plain

お酒も売っているので、アパートでのんびり飲むのも良いですね。

 

洗濯機と乾燥機も充実

 

f:id:globalcat:20181113133645j:plain

 

米国の洗濯機と乾燥機を使うのは初めてで、使い方に戸惑いましたが、米国人の仕事仲間にどこに洗剤をいれ、どこのボタンを押せばよいのかを教わり、簡単に使えました。

 

f:id:globalcat:20181113133721j:plain

ランドリールームにはクローゼットやアイロンもありますので便利です。

 

f:id:globalcat:20181113135753j:plain

 

洗濯をする=アイロンもかける、ですね。

 

f:id:globalcat:20181113135835j:plain

 

アイロン台の広げ方は簡単ですが、意外とわからない閉じ方。

 

この裏面のバーを下に押して、足をたたみます。

 

洗剤はキューブの中に液体が入っているタイプのものが3つ備え付けてあり、所定の場所に入れるだけでしたので、備え付けのものを利用しました。

 

f:id:globalcat:20181113133828j:plain

左手のポケットを開けると洗剤を入れる場所があります。

 

f:id:globalcat:20181113133909j:plain

これ洗剤。このまま洗濯機にいれます。3つ洗剤が備え置きされてました。

 

洗濯機と乾燥機は、結構音が大きいので深夜や早朝の利用は控えたほうが無難です。

 

f:id:globalcat:20181113134025j:plain

 

下にある機械が洗濯機で、ダイヤルをお好みの洗濯(ジェントル、スピーディなど)を選んで、あとはボタンを押すだけでスタートします。

 

f:id:globalcat:20181113134151j:plain

上にある機械が乾燥機。こちらもダイヤルをお好みに合わせてボタンを押すだけです。

 

それほど大きな騒音ではないですが、他の部屋で夜中に洗濯機や乾燥機を回している音が聞こえました。

 

テレビのつけ方が難しい

 

f:id:globalcat:20181113134246j:plain

 

こんな画面と格闘しました。

 

難しいというほどでもないですが、TVと書いてあるボタンを押してもテレビがつけられず、テレビのリモコンと数日格闘しました。

 

f:id:globalcat:20181113134327j:plain

 

どこ押しても、この画面に戻りスタックしてしまうという・・・

 

米国人の仕事仲間に使い方を聞いたところ、TVを選択ではなくHD?という選択をすると地上波テレビが見れました。

 

チェックアウトも手続き不要

 

チェックアウトの日は、使った食器やキッチン用具を洗って元の定位置に戻し、ドアのPINコードを入れるパッドのマークを押すと施錠がされチェックアウトとなります。

 

エレベーターはなく階段のみ

 

f:id:globalcat:20181113134450j:plain

 

ひとつだけ大変だったのは、エレベーターがなく階段だけなので、重たいスーツケースを、よいしょ、よいしょ、と3階まで持って上がらなければならなかったことです。

 

3階が確か一番最上階なので、大したエクササイズではありませんが、チェックインとチェックアウトの際にちょっとだけ荷物運びが大変です。

 

コンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderの総評

 

f:id:globalcat:20181113134603j:plain

 

とても安心してリラックスし滞在できましたので、次回サンディエゴ出張の際に、またCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在したいと思います。

 

朝ご飯込みの宿泊代ではないので、朝食代は実費になりますが、スーパーでフランスパン、ハムとチーズ、サラダパックなどを購入しておけば、朝食とランチは自炊できますので安上がりです。

 

f:id:globalcat:20181113134632j:plain

美味しいハムとチーズ、そしてフランスパンとオリーブを買って、ランチと朝食を作って食べてました。

 

f:id:globalcat:20181113134749j:plain

朝ご飯はこれで十分でした。

 

また、通常米国のホテルの朝食では、サラダが出ることはなく、朝からマフィンやワッフル、フルーツ、ベーコン、ソーセージなど糖質が高く高カロリーな内容なので、自炊のほうが、食べたいものを食べたい分だけ頂けるので、食べ過ぎることもなく健康管理にも良いかと思います。

 

f:id:globalcat:20181113134918j:plain

 

お天気が良い日は、Little Italyから港の散歩道を通り、コンベンションセンター方面に歩いていくこともできますので、サンディエゴのイタリア人街Little Italyでの滞在は、仕事にもホリデーにもおすすめです。

 

米国の出張はサンディエゴの確率が高く、今回で4度目のサンディエゴでした。

 

今後は迷わずイタリア人街のコンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在したいと思います。

 

それでは皆様、have a nice day

 

by ちびまる

 

海外旅行や海外出張時に安心・安全 ウエストポーチ – セキュリポ(SECURIPO)のモニター体験

  

f:id:globalcat:20181111211756j:plain

 

セキュリポ SECURIPO セキュリティポーチ スキミング防止 薄型 ウエストポーチ 貴重品 ポーチ 旅行便利グッズ【防水ライクラ生地】 ランニングポーチ ウエストバッグ LiberFlyer

 

〇薄くて軽い

〇安全・安心

〇防水加工

〇スキミング防止機能

〇スタイリッシュ

 

を売りにしたウエストポーチ『セキュリポ』のモニター体験の感想です。

 

使い心地と感想を正直に書いています。

 

海外出張時のリスク

 

慣れない土地への海外旅行や海外出張で心配事のひとつは、現金やクレジットカード、パスポートなど絶対になくしたくないものを盗まれたり、落としたりすること

 

海外は日本と違って、スリやひったくりなど一瞬のうちに大事なものを盗まれてしまうリスクが大きいものです。

 

わたしは年に5回ほど、欧米を中心に海外出張に出かけ、長い時では3週間ほど日本を離れ海外で仕事をすることもあります。

 

海外での仕事は主に、展示会、顧客との商談や会食などですが、大きなスーツケースを持ちながら都市から都市への移動など、仕事のスケジュールをこなすだけでも精一杯です。

 

海外出張中は、大事な貴重品をしっかり守り、安心して快適に時間を過ごしたいものですね。

 

わたしが海外出張中に、肌身離さずポーチに入れて持ち歩いている貴重品と言えば、

 

〇パスポート

〇クレジットカード

〇現金

〇ホテルの部屋の鍵

〇航空券のEチケット

〇スーツケースの鍵

〇携帯電話

 

ですが、これらの貴重品をコンパクトに収納できる軽量かつ機能的で、そしてスタイリッシュなポシェットをなかなか見つけられずにいました

 

この度、海外旅行や海外出張におすすめ!というウエストポーチ『セキュリポ』のモニター体験をしました。

 

セキュリポとの出会い

 

セキュリポという安全面での機能性を重視したウエストポーチを開発したベンチャー企業の社長さんよりご連絡を頂いたのが始まりです。

 

ネット上の膨大な情報量の中から、わたしのブログを見つけて頂き、セキュリポモニターのオファーを頂きました。

 

米国出張直前にご連絡を頂いたのは、ちょうど良いタイミングでした。

 

わたしがモニターを引き受ける条件として、

 

『正直な感想をブログへアップすること』です。

 

ウエストポーチへの偏見

 

正直なところ、わたしはウエストポーチ自体に、『おじさんっぽくってちょっと嫌かも・・・』と偏見を持ってしまいました。

 

わたしの個人的な勝手なイメージですが、ウエストポーチは、どことなく古めかしい昔の旅行者が身につけるもの、また、中年の男性が主に使っているイメージが強く、ウエストポーチへの抵抗感をぬぐい切れないまま、モニターを引き受けてしまった自分がいました。

 

それも価格が2,000円以下という、とてもリーズナブルな値段設定で、『なんだかちょっと安っぽいかも・・・』という印象もあり、『うーん、果たしてわたしは、セキュリポを使いたいだろうか・・・』不安な気持ちで引き受けてしまったことに若干後悔の念を抱いていました。

 

わたしはコンサバティブかつ、なかなか好きなものを見つけられないタイプで、食わず嫌いなところもあるので、少しでも嫌だなと思ったものは基本使わない、試さないタイプです。

 

それでも、セキュリポのモニターを引き受けた理由は、300人以上の海外出張者にアンケートをとり、要望を取り入れて開発したという経緯を知って、その熱意と努力に気持ちを動かされたからです。

 

『まずは、実際に使ってみてから、使い心地などを評価しよう』と決めました。

 

セキュリポは現地使用のみ

 

f:id:globalcat:20181111211912j:plain

 

米国出張を控えた数日前に、セキュリポが届きました。

 

箱の中にチャック袋のような袋に梱包されていました。

 

見た感じ、触った感じは、とても薄くて軽量なウエストポーチです。

 

さっそく、出張の荷造りをして準備をしている際に問題が。。。

 

わたしは長財布を普段使っているのですが、お財布がポーチにはいらないのです。

 

わたしは普段、ポシェットの中に、長財布と小銭入れを別々に入れて持ち歩いているのですが、まずお財布が入らないという問題に直面しました。

 

日本円に加えて現地通貨ドルの現金、パスポート、家の鍵、スーツケースの鍵、E-チケット、ホテルの予約確認書・・・など、

 

ショルダーポシェットに入れていたものは以外とたくさんあり、コンパクトなウエストポーチ、セキュリポには到底入らないという問題が発生しました。

 

でも、そもそも、ポーチにお財布を入れる必要はないのかも???

 

と考えなおし、ひとまず、現地についてからセキュリポの使用を考えようと、とりあえず、自宅から現地米国に着くまでは、普段使っているショルダーポシェットを使うことにしました。

 

現地米国のアパートについてから、さっそくウエストポーチ、セキュリポに中身を入れ替えて使用してみました。

 

セキュリポに入れるものは最小限にしてみました。

 

〇パスポート

〇米ドル(紙幣のみ)

〇クレジットカード2枚

〇E-チケット

〇宿泊予約確認書

〇旅程表

〇スーツケースの鍵

〇自宅の鍵(平べったい鍵)

〇宿の鍵(カード)

〇携帯電話

 

日本円は現地では使わないので、長財布に入れて、普段使いのポシェットに入れ、アパートやホテルのセキュリティ―ボックスに保管。

 

セキュリティ―ボックスがない場合は、スーツケースに保管し鍵をかけておきました。

 

セキュリポの使い勝手は?

 

300人にヒアリングをして開発されたデザインだけあって、よく考えられている商品です。

 

実際に使ってみると、使いやすいです。

 

f:id:globalcat:20181111212040j:plain

 

パスポートや家の鍵、クレジットカードなど、絶対になくせないものは、内側のチャックがついた袋の中へ収納します。

 

f:id:globalcat:20181111212004j:plain

 

カードを数枚入れる小さなポケットがあり、クレジットカードの出し入れも簡単でした。

 

米国の場合は、アルコールを飲酒する際にパスポート原本提示を求められる場合が多いので、肌身離さずパスポートは持っていますが、内側のチャックがついた袋の中であれば、ひったくりや紛失のリスクは大幅に軽減できます。

 

頻繁に出し入れするもの、例えば1ドル、10ドル紙幣、旅程表、Eチケット、ホテルの予約確認書などは、外側のチャックがついたポケットに入れておくと便利です。

 

f:id:globalcat:20181111212107j:plain

 

携帯電話はお腹側の網ポケットに入れておけば、チャックがついていないのですぐに取り出せますし、また、おなかにピタッとポーチがくっついているので携帯電話を落とす心配もありません

 

f:id:globalcat:20181111212137j:plain

 

セキュリポの利点

〇安全・安心

〇薄くて軽い

〇機能的

 

何より、大事なものをなくさない安心感は大きいです。

 

違和感なく身につけられて、薄くて軽量なので目立たず、また快適です。

 

ベルトの部分がゴムになっていますので、伸び縮みが自由自在です。

 

いつでもピタッと腰に密着したまま着用できます。

 

また、柔らかいゴム製なので、お腹周りの圧迫感もありません

 

セキュリポの改善点

〇デザイン性

〇高級感に欠ける

〇耐久性が心配

 

女子の心を躍らせる質感やデザイン性、そして高級感が欲しいなと思いました。

  

また、3週間使用後、糸くずが出てきてほころびを感じましたので、少々高くなっても、長年使えるように、耐久性に自信が持てる材質であると良いなと思いました。

 

若干、材質と縫い目に安っぽさを感じます。

 

f:id:globalcat:20181111212203j:plain

 

また、一日中着用していると、若干ゴムが緩んでポーチが下がってくるので、ポーチが下がらないように、ゴムの調整をし直す必要がありました。

 

実際にリーズナブルな価格なので、価格の割には機能性や耐久性は良いかなとは思います。

  

モニターの総評

 

3週間、米国現地で毎日使用していましたが、基本的にとても機能的で使いやすいウエストポーチであり、また、内側のポケットにパスポートやクレジットカードを入れる小さなポケットもあり貴重品をしっかり守れる安心感があります。

 

f:id:globalcat:20181111212303j:plain

 

また、ポーチの色がブラックであり、かつ薄くて軽いので、スーツ姿であっても違和感なく使えたので、展示会や商談の際にも身につけていることができました。

 

f:id:globalcat:20181111212349j:plain

 

スカートとシャツの場合は、こんな感じ。

 

f:id:globalcat:20181111212512j:plain

 

パンツ姿の場合は、こんな感じ。

 

着用した感じは、思ったほどおっさんぽい印象がなく、ウエストポーチへの大きな抵抗感なく着用できました。

 

現地での支払いは基本的にはクレジットカード使用であり、また現金払いするにしても小銭を使うことは稀なため、紙幣とクレジットカードだけ持ち歩けば十分ですので、薄くて軽量なセキュリポであれば、身軽に貴重品のみを持ち歩くことができます

  

終わりに・・・

 

本コンテンツは、LiberFlyer社よりトラベルグッズ、ウエストポーチ『セキュリポ』のモニターの依頼を受け、商材を無償提供頂き、実際のモニター経験を記事にしています。

 

LiberFlyer社より、商材は無償提供頂きましたが、商材を無償提供頂いた以外に、本ブログ運営者とLiberFlyer社の間に利害関係はございません。

 

本ブログコンテンツは、本ブログ運営者が、実際にセキュリポという商材を使ってみた個人的な感想をブログ記事にして掲載しています。 

 

当ブログ運営者は、本ブログコンテンツでご紹介した商材に関するいかなる事象に対しても、責任は一切持てませんのでご了承ください。

 

セキュリポに関するご質問やご照会等は、直接LiberFlyer社へお問い合わ頂き、またご購入に際しましては、ご自身の判断と責任にてお願いいたします。

 

www.liberflyer.com

 

販売者情報

 

店舗名:LiberFlyer
販売業者名:リバーフライヤージャパン合同会社

(LiberFlyer Japan.LLC)
販売責任者名:星野 貴昭様
所在地:東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階
電話番号:050-3550-0865
Email:support@liberflyer.com
公式URL:http://liberflyer.com

LiberFlyer | 利用規約より抜粋

 

こちらの商品は、アマゾンでも購入が可能です。

  

個人的には、また次回の海外出張の際に、頂いたセキュリポを利用させて頂こうと思っています^^

 

この場をお借りして、セキュリポを無償提供頂いたこと、LiberFlyer様へ感謝申し上げます。

 

それでは、皆さま安全・安心、そして快適な旅を!

 

Have a great day!

 

byちびまる

ANAと思って選んだユナイテッド航空運航便 サンフランシスコ経由のサンディエゴ行き

 

f:id:globalcat:20181102123019j:plain

 

10/24に日本を出て、日々展示会や商談に追われ、気がつけば11月。

 

早いもので、残りの出張もあと1週間ほど。 

 

やっと、少しのんびりできる隙間時間ができたので、ブログを久しぶりに更新中^^

 

ユナイテッド航空でのフライト


今回、サンディエゴ行き直行便のJALがファーストクラスまで満席でしたので、サンフランシスコ経由のユナイテッド航空運航便、サンフランシスコ経由でサンディエゴを利用しました。


実は、ANAと思って予約していたと思っていたら、ユナイテッド航空の運航便というオチ^^;


割安なはずですね。。。


成田からサンフランシスコまでは約11時間のフライトです。


なるべく、機内では快適に過ごしたいものです。


ユナイテッド航空運航便に乗るのははじめてではありませんが、久しぶりなので、ユナイテッド航空運航便のフライトについての感想を述べたいと思います。

 

1. 機内の清潔さ


今回利用したユナイテッド航空運航便は、比較的新しく、座席背面のモニターも、座席も、トイレも清潔で快適でした。


座席は、布製のシートではなく、ツルツルの合成素材でしたら、座席のクッションの固さもちょうどよく、そこそこ座りやすかったです。


ただ、ANAのようにフットレストはありませんので、いつものように荷物を足元におき、足置きにしました。

 

2. 機内食について


機内食は、とても質素で簡易なもので、味はご想像通り、大して美味しくありません


夜ご飯は、チキンとご飯 or パスタでしたので、チキンを頂きました。


甘いソースのチキンで、まずくもないけど、特別美味しくもなく・・・


朝ご飯は、オムレツ、ソーセージ、そしてハッシュドポテトでしたが、『これでお腹いっぱいにしたくない』という味でした。


朝ご飯は、ほとんど手を付けず、さようなら。


あれこれ、オプションもなく、また、出してから片付けるまでの時間が結構短いので、ワゴンが通路をふさぐ時間も短くて、トイレに行きやすかったです。

 

食事の時間はささっと終了、という感じです。


ANAと同じと言えば、食後にアイスクリームが出ることぐらいでしょうか。


ハーゲンダッツではないですけど^^

 

3. アルコール飲料は全て有料


驚いたのが、アルコール飲料が全て有料ということ。

 

食事の時のビールやワイン1杯ぐらいは、どこのエアラインでも無料で出すものですが、100%有料というのは初めてで驚きました。


ソフトドリンクは無料ですが、種類は少ないです。

 

オレンジジュース、リンゴジュース、ジンジャエール、コカ・コーラ、スプライト、ファンタ、ぐらいだったと思います。


わたしは、機内でアルコールを頂くと具合が悪くなるので飲まないので、インパクトはゼロですが、無料のアルコールを楽しみに飛行機に搭乗するお客さんにとっては、なんとも寂しい話です。

 

4. 映画やドラマ


日本のドラマはありません

 

邦画は3~4つぐらいありますが、若干古いのと、マイナーな感じです。


わたしは、飛行時間の大半は、日本のドラマや邦画を見て過ごしているので、暇を持て余しました


外国映画が好きな人であれば退屈しないかもしれません。


わたしは英語ができるので、さぞかし洋楽や洋画を見るのだろうと思われることが多いのですが、洋楽が好きというわけでもないし、洋画もほとんどみません


ハリウッド映画は、昔はときどき見ましたが、なんとなく展開に想像がつくというか、最近めっきり興味がなくなってしまいました。

 

最近みた洋画で面白かったと思ったのは、

 

〇ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

〇NASAで活躍した黒人女性を描く「ドリーム」

 

この2本ぐらいでしょうか。


ユナイテッド航空のエンターテインメント、わたしにとってはあまり心が躍るものはありませんでした。

 

5. エコノミー席でフラット横寝


ユナイテッド航空で、よかったと思うことは1つ。

 

f:id:globalcat:20181102124548j:plain


めっちゃガラガラで、わたしが乗った便は、エコノミー席の後方のほとんどが空席で、おそらく3分の2は空いていたと思います。

 

空いてて良いことと言えばトイレ。

 

ほとんどトイレを待つことはなく、いつでも空いてました。

 

人も少ないので、比較的トイレも清潔なままの状態が保たれてました。


わたしは、3列通路側を取ったのですが、窓側も真ん中も誰もいなくて、枕と毛布を3枚使って、完全に横になって寝れました


体が小さめなわたしは、3つの座席にすっぽり入り、快適なフラットシート状態に


幸い飛行はスムーズで揺れることもほとんどなく、3~4時間ほどよく眠れました。


横になることが多かったので、足がむくんで痛くなることもなく、体は楽でした。

 

サンフランシスコ空港で乗り継ぎ

 

f:id:globalcat:20181102125312j:plain


ユナイテッド航空は乗客が少ないためか、サンフランシスコでの入国審査もほとんど並ぶことなく、自動入国審査でサクッと手続きを済ませ、入国審査官の質問も、さらっと2つか3つで済みました。


1時間もかからずに乗継便のゲートに到着したのですが、乗り継ぎ時間は4時間!
完全に暇を持て余してしまったので、仕事をしてました。


サンフランシスコの空港は、WiFiが無料で、時間制限もなく、サクッとつながり高速なので快適ですし、ゲート付近には、電源差し込みがあるデスク席もあるので、仕事をしやすい環境にあります。


コーヒー片手にポテチを食べて、メール対応をしていたら、あっという間に時間も過ぎ去り乗継便へ搭乗。


サンフランシスコからサンディエゴまでは1時間ぐらいなので、あっという間に到着です。


個人的な感想ですが、サンフランシスコ航空の乗り継ぎは、シカゴやロスよりも時間がかからず楽なように感じます。

 

まとめ


ユナイテッド航空を好んで利用することはないと思いますが、同時刻にANA便があると、予約はANA便に集中するので、ユナイテッド航空便は比較的空いているように思います。

 

たまたま、わたしが乗った便だけが、ガラガラだったのかもしれませんが、同時刻に日系航空会社が同じ行き先に飛んでいる路線であれば、空きが多い可能性は大きいのではと、個人的に思います。

 

食事やエンターテインメントには期待せずに、のんびり横になって寝ていきたいという人には、比較的空いているユナイテッド航空はおすすめです。


ユナイテッド航空の利用は、自分なりの機内での過ごし方さえ見つけられれば、安くて、静かで、快適かもしれません。

 

ただいまサンディエゴで仕事中で、帰国は9日後とまだ先なのですが、帰りもユナイテッド便なのでガラガラであることを祈りつつ・・・

 

以下、帰国便を経験した後の話。。。

 

※サンディエゴ⇒サンフランシスコ⇒成田は、普通に混んでました汗

 

行きのユナイテッド航空が空いていたのは、偶然だったかも^^; 

 

それも、『後で持ってくるね』と言われた朝ご飯、出てこず・・・。

 

ご飯も特別食べたいものでもないため、出てこなくてもノーインパクトではあったのですが、混んでいるユナイテッド航空は、特別何か良いことがあったかというと・・・・特にないかも^^; という結論です。 

 

みなさまにとって良い一日でありますように。

 

Have a great day!

 

by ちびまる

 

快適な長期海外出張のための荷造りと滞在5つの工夫

 

f:id:globalcat:20181024083155j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

  

中途半端な滞在期間の悩み


今日から、USAに長期滞在型の出張に出かけます。


長期といっても全行程17日間で約2-3週間なのですが、この中途半端な長さが荷造りの際に頭を悩ませます。


一番の悩みは、持っていく衣類の数です。


今回の出張は、


〇サンディエゴ5泊(アパートメント)

〇サンフランシスコ3泊(ホテル)

〇サンディエゴ7泊(ホテル)


の予定で、基本はホテル滞在なので、洗濯ができません


今回の出張では最初の5泊がアパートメントなので、洗濯機と乾燥機を利用できるので、4日分の衣類は洗濯が可能です。


4泊分をまわして使えると考えれば、今回の場合は11日分の衣類の準備が必要です。


クリーニングに出せば済む話なのですが、なんとか余計な支出を抑えて、15日間滞在を乗り切る必要があります。


毎日着るものとして必要なアイテムは、


〇ショーツ

〇くつした

〇ストッキング(仕事用)

〇インナー

〇ブラジャー


意外とかさばるアイテムが、ブラジャーなのです。


男子には不要なブラジャー。


これが結構悩みの種なのです・・・。


ブラジャーを10個以上なんて、ももそもそも持ってないし、仮に持っていたとしてもスーツケースの半分を占めてしまいそう・・・。


そして、意外と厚みが出る靴下も考えもの。


男性の仕事用靴下であれば薄くてかさばらないと思いますが、わたしが持っている靴下は何気に厚みがあり、これまたかさばるのです。


ストッキングを履く日は、なるべく靴下は履かないようにして靴下の数を減らします。


15日分の衣類を入れるとなると、衣類だけでスーツケースがいっぱいになってしまいます。


工夫が必要ですね。

 

長期海外滞在と荷造り5つの工夫

  

f:id:globalcat:20181024083714j:plain

画像:photoACクリエイター:まんだむさん

 

1. アパートメントに滞在する


今回でサンディエゴの出張は4回目となります。


今までは、コンベンションセンターに徒歩で行けるダウンタウン(Gaslamp Quarter: ガスランプ・クォーター)に滞在していました。


でも、国際学会の会期中はホテル代が高騰し、1泊4万円~5万円はざらです。


今回は、最初の5泊は、Little Italy駅(イタリア人街)から徒歩10分程のところにある1泊2万円代のアパートメントに決めました。

 

www.booking.com



朝食はついていませんが、自炊ができるので安上がりです。


Little Italyからコンベンションセンターまではトラムで3駅ですので、比較的便利な立地です。


交通費は若干かかりますが、1泊5万円⇒2万円代に抑えることで、大きな経費削減になります。

 

2. 調味料を持参し自炊する

 

f:id:globalcat:20181024083902j:plain


米国出張でいつも頭悩ますのが朝食とランチです。


米国のホテルで朝食付きといっても、ヨーロッパと違って、生野菜(サラダ)や新鮮なチーズやハムはなく、朝から高カロリー、血糖値が急上昇しそうな食べ物ばかりです。


例えば、マフィン、ワッフル、パン、シリアル、オレンジ、リンゴ、バナナ、炒り卵、ベーコン、ソーセージ、とこんな感じです。


血糖値の急上昇は避けたいのです。


今回は、最初の5日がアパートメント滞在なので、朝ご飯とランチは自炊することにしました。


自炊するとなると、問題になるのが調味料の数々。


数日滞在のために、塩、こしょう、オイルなど買いたくないので、今回は、無印良品で購入した小さな容器を利用し、塩、こしょうを準備し、加えて、トマトソース(使い切りサイズ)、少量オリーブオイルなどの調味料とインスタントの味噌汁を持参することとしました。

 

ちなみに、スープストック類は、動物由来のエキスが入っていることが多いので、米国への持ち込みは厳しそうなので、やめておきました。


到着日にマーケットに買い出しに行き、


〇パン

〇レタス

〇キュウリ

〇トマト

〇ハム

〇チーズ

〇牛乳

〇シリアル

〇スープストック

〇スープの具となる野菜など


などを買い出しに行き、朝ご飯はサラダとパンそしてスープ、もしくはシリアルを頂き、ランチはサンドイッチを持参します。


そのために、クレラップとタッパーウエアを1つ持参します。


コンベンションセンター内もしくは付近は、ランチを気軽にできる場所がありません


たいていが、美味しくないサンドイッチを高額で買うことになるか、レストランで1食30~50ドルはかかるランチを取るか、それか昼食を抜くかのどれかになります。


サブウエィが近くにありますが、2ブロックは歩くので、展示会場から往復するだけで、結構な時間がとられてしまいます


好きな具材のサンドイッチを持参すれば、リーズナブルに、そして適量のお昼ご飯を美味しく頂くことができます。

 

3. 仕事着はシャツをメインに

 f:id:globalcat:20181024083943j:plain


女性の場合、仕事着は、

 

〇スーツ(パンツ or スカート)

〇ニット素材の服

〇ジャケット


などのオプションがありますが、スーツは洗濯可能な薄手の生地のものを1着選び、基本はシャツ+パンツ or スカートにスーツの上着を羽織るパターンで準備します。


ニットは、結構かさばりますし、洗濯できても乾燥機には入れられないので大変です。


厚手のしっかりとしたジャケットは、見た目もカチッとして、温かいので良いのですが、10月下旬~11月の上旬のサンディエゴは、昼間は28℃ぐらいにまで気温が上昇するため、意外と暑いので、ジャケットは邪魔になります


とは言え、逆にコンベンションセンター内(特に展示会場)は、冷房の効きが強く、凍えるような寒さが常です。


現地の温度変化に柔軟に対応でき、かつ荷造りの際にかさばらない仕事着は、


〇シャツ10枚程度

〇スカート&パンツ

〇スーツの上着(薄い)

〇カーデガン1枚


を選ぶとコンパクトにまとまります。


シャツは薄いので枚数が多くてもかさばりませんし、洗濯も楽ですし、乾燥機にも入れられ、アイロンがけをすれば、着回しができるので便利です。


また、シャツは結構温かいので、シャツとカーデガンであれば、カーデガンを脱いだり、着た入りすれば、20℃~30℃ぐらいの気温変化に対応できます。


展示会場内でどうしても寒い場合は、わたしはユニクロのウルトラThinのショートダウンを着用します。

 

4. 普段着はTシャツをメインに

 

f:id:globalcat:20181024084134j:plain


フライトの際にはなるべく楽な恰好で、体に負担がかからない装いをします。


わたしは決まってジーパンにTシャツ、そしてパーカーです。


ジーパンは1着履いていくもののみで、Tシャツは3~4枚薄手のものを持参します。
こちらも洗濯が楽なので重宝します。


ジーパン+Tシャツ+パーカー or カーデガン、このパターンしか持っていきません。

 

どこに行くにも楽ですし、アクティブに行動できます。

 

5. 寒さと暑さ対策を忘れずに

 

f:id:globalcat:20181024085122j:plain

画像:photoACクリエイター:いおスタさん


海外出張では、寒暖の差にも悩まされます


わたしの場合は、欧米の出張が多いので、日本と出張先の温度差が20℃以上の場合もありますし、現地においても、朝晩は冷え込み、日中は真夏日ということも少なくありません。


また、長距離フライトの際に、機内の温度が急激に下がり、極寒になる場合もあります。


急激な寒さや暑さで体調を崩してしまわないように、気を遣う必要があります。


とは言え、それほどたくさんの衣類を持っていくこともできないので、『玉ねぎ式』の装いで、寒さ対策には、薄くて温かい衣類があると重宝します。


今回は、秋の装いとして、


仕事中は、

 

〇インナー

〇シャツ

〇カーデガン

〇パンツ or スカート


プライベートと機内では、

 

〇インナー

〇Tシャツ

〇裏地もこもこパーカー

〇ジーンズ


そして、かならずユニクロのウルトラThinショートダウンをエコバッグに入れて持ち歩きます。

  

f:id:globalcat:20181024085608j:plain


暑くて脱ぐ際も、寒くて切る際も、玉ねぎ式の装いで、手荷物がかさばらない工夫をすると、寒暖の差に迅速に対応でき、常に快適に過ごせます。


また、スーツケースのスペースに余裕があれば、薄手の大判ストールを入れておくと、ちょっと肌寒い時に、さっと肩からかけて体を冷やさない工夫もできます。


薄くて、軽くて、温かい衣類を1~2つ持っていくと良いかと思います。

 

今回のわたしのスーツケースは満杯ですが、なんとか1つに収まったのでやれやれです。

 

それでは、海外出張にて、しばしブログはお休みすることにします^^

 

みなさま良い一日を Have a nice day

 

by ちびまる 

海外出張よくあるトラブル回避5つの工夫

 

f:id:globalcat:20181019162412j:plain

画像:photoACクリエイター:KoK51さん

海外出張前は、てんてこまい 


来週、米国出張を控えており、出張準備に追われています。


今回は、17日間とやや長めの滞在となります。


訪問先はサンディエゴとサンフランシスコ

 

今年最後の海外出張です。

 

出張中の主なイベントは、


〇米国腎臓病学会 (ASN) in San Diego

〇ライフサイエンス展示会@UCSF in San Francisco 

〇北米神経科学会議(SFN) in San Diego


展示会でのプロモーションですが、商材に関係する学会ですので、学術セッションへの参加、顧客との商談や会食などがあり、隙間時間に顧客訪問の予定があり、すでに準備段階にて、いっぱいいっぱい^^;


絶賛ストレスMAXナウ中!なわたしです。


自分でも、少々盛り込み過ぎた・・・と反省しているところです。


海外出張に慣れてきた今だからこそ、今一度気を引き締めて、海外出張中にトラブルに巻き込まれないように、落ち着いて慌てずに、出張の準備をしたいものです。


海外出張中は、想定外のトラブル発生は日常茶飯事なので、ある程度、トラブル対処には慣れているものの、なるべくトラブルフリーでストレスフリーにて海外出張したいものです。


これまでに、わたし(もしくは、わたしの同僚)が面食らったトラブルの中で、よくあるトラブルと対処法を5つご紹介します。


事前に『こういうことがあるのね』と知っているだけでも、面食らった際に慌てずに対応できるかと思います。

 

海外出張によくあるトラブル5つ

 

1. クレジットカードが使えない

 

f:id:globalcat:20181019162919j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん


わたしの同僚がしばしば面食らっているトラブルです。


彼はANAの陸マイラーということもあり、できることならマイルを貯めやすいJCBやAmexを使いたいのですが、ことごとく断られるのを目の当たりにしています。


JCBやAmexそしてダイナースカードは、海外のホテルやレストランによっては、断るところも多いです。


あくまでわたしの個人的な憶測ですが、これらのカードはサービスを提供する側にとって、使用手数料が高いため、導入していない施設も多いのではと思います。


オーストラリアでレストラン業を営む友人が、そのようなことを口にしていました。


また、VISAやMasterカードであれば、断られるケースはまずありませんので、念のため、VISAかMasterのどちらかを予備で持っておくと、いざという時に便利です。


ちなみに、わたしは、みずほ銀行のセゾンVISAと、三井住友のVISA(ANAマイル自動加算)のどちらも持っていきます。


わたしの場合、海外出張が多いので、ホテル代や航空券代の支払いが1つのカードに同時期に重なると簡単に限度額に達して使用できない場合があります。


また、VISAであっても、カードの磁気の問題で読み取れずに使えないとういことも稀にあります。


2枚VISAもしくはMasterカード持っていれば、1枚がだめでも、予備の1枚ですぐに対応できます。

 

2. 小銭がなくて、用を足せない

 

f:id:globalcat:20181019163651j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん


米国では、電車やバスに乗る際に、精算機から、おつりが出ない場合があります。


先日、シカゴに行った際にダウンタウンからオヘア空港に向かう際に、交通渋滞のリスクを考えて電車を利用しました。


一見、クレジットカードか現金のどちらでも支払いが可能な券売機だったのですが、何度チャレンジしてもクレジットカードが使えず(VISA)、現金払いでは、おつりがでない券売機でした。


同僚が小銭を持っていなかったので、わたしが立て替え、後日清算しました。


市バスも、釣銭がでない場合が多いので、小銭を持っていないと、えらい高いバス代を支払うことになります。


米国で公共交通機関(バスやトラムなど)に乗る場合は、事前に専用カードを購入し必要額をチャージして、専用カードで乗車するのがストレスフリーです。

 

また、ヨーロッパの場合は、公共トイレは、ほとんどが有料です。

 

街中でトイレに行きたくなった場合は、レストランに入って食事をするか、お金を払って有料トイレを利用するかのどちらかになります。

 

その場合、1€や1.5€など小銭が必要になります。

 

小銭を準備しておくと安心です。

 

3. スーツケースの紛失

 

f:id:globalcat:20181019163956j:plain

画像:photoACクリエイター:KoK51さん


ロストバゲージ(スーツケースの紛失)はよくある話です。


わたし自身は、紛失の経験はないですが、フィラデルフィア空港にて、待てど暮らせどスーツケースが出てこず、別室で保管されていたという経験があります。

 

理由は、、、不明です。


今でも、謎は包まれたまま^^;


わたしの知人も、何人かロストバゲージの経験をしています。


フランス人の研究者でもありビジネスマンの彼は、大事なプレゼンテーションを控えた出張先でまさかのロストバゲージ・・・。


幸い、フライトの際にスーツを着ていたようで、その1着のスーツで仕事を乗り切ったそうです。


『僕は、何日も同じスーツを着ていて、まるでホームレスのよう・・・』と嘆いていました。


お洒落なフランス人の彼にとって、なんという悲劇


ロストバゲージは不可抗力なので、どうすることもできないのですが、現地を仕事するための最重要グッズは、肌身離さず機内持ち込みにしたほうが良いと思います。


わたしの場合は、


〇パソコン

〇パソコンと携帯の電源

〇電源コンセント(米国は不要)

〇商談時に使う資料とノート

〇名刺

〇貴重品

 


これらは、必ず機内持ち込みにします。


展示会で使用するポスター持参が必要な場合は、ポスターを筒に入れて機内持ち込みしますが、多くのケースでは同僚が持参してくれるので助かっています。


仕事着については、最悪、現地で調達すれば良いので、そこは割り切ってスーツケースの中へ。


ロストバゲージは起こりうると想定した荷造りをすると良いと思います。

 

4. 預け荷物の重量オーバー

 

f:id:globalcat:20181019175844j:plain


仕事を終えて帰国にて、チェックインカウンターにおいて、『はい、重量オーバー』

 

万が一、空港に到着するのが遅れて、最終コールでの重量オーバーの宣告をされてしまうと、痛いですよね。。。


心配性なわたしは、早めに空港には到着するようにしているのですが、いつどこで、交通渋滞などで遅れてしまうかはわかりません。


わたし自身は、重量オーバーの宣告を受けたことはないのですが、わたしと一緒に同行営業する同僚くんは、かなりの高い確率で重量オーバー宣告を受けています^^


学会展示会では、顧客との商談だけではなく、自分自身が学会展示会場をまわり、情報収集をすることもあるので、膨大な資料を持ち帰ることも多々あります。


資料の多くは電子媒体ではなく、ハードコピー紙媒体が多いので、ちょっと集めただけでも結構な重さになります。


そこで、いつもチェックインカウンターで、スーツケースを開けて荷物を取り出すはめになる同僚くんは工夫をしていました。


重量オーバーになること前提で、スーツケースの中に折りたたみのボストンバッグ(薄い素材で軽量)のものを入れておきます。


そうすれば、重量オーバーにてスーツケースを開けた際に、機内持ち込み用の詰め替えのバッグが入っていれば、その場でさっと詰め替えできますから、迅速に対応できます。


米国の場合は、預ける荷物は2つまでOKなので、詰め替えたボストンバッグもそのまま預けてしまえば、重たい荷物を持ち歩くことも避けられます。

 

5. 清算額を間違えられる

 

f:id:globalcat:20181013215151j:plain

画像:PhotoACクリエイター:himikoさん


海外において、清算を間違えられることは、多々、多々!!!ありますので、しっかりと精算前に金額を確認することは大切です。


わたしの海外出張の中で一番多いトラブルは『精算額の間違い』です。


特にホテルチェックアウトの際の精算額の間違い。


海外のホテルの場合、ホテルのグレードの高い低いにかかわらず、精算額を間違えられることがあります。

 

チェックアウトの際に、宿泊した部屋の基本料金を確認するのは当然ですが、都市によっては税金のシステムが異なりますので要チェックです。


〇市税、州税、国税、サービス税

〇清掃代(アパートの場合)

〇朝食代&チップ

〇その他のサービス代


など、あらかじめ金額を計算しておくと、チェックアウトの際のトラブルを回避できます。


実際にわたしが経験したケースで一番もめたケースは、


宿泊予約サイトで朝食込みの宿泊プランで予約をしたにもかかわらず、朝食にかかるチップ代を毎回支払ったにもかかわらず、チップのダブル請求されたことです。


会社で出張清算をする以上、請求書の額面と支払額、その内訳が正確であること、そして請求内容の根拠を説明できなければなりません。


なかなか納得のいく説明を頂けず、複数名の受付担当者に確認したところ、3人とも説明内容に相違があり、完全に事態は迷宮入り・・・。


最後には、受付のお姉さんが逆ギレするという始末で、エライ目にあったことがあります。


プライベートであれば、大した金額ではない場合、『不運であった』と受け入れてしまえば済むのですが、仕事ですとそういう訳にはいかないのです。


最終的には、宿泊予約サイトのカスタマーサービスより謝罪を受け違約金をお支払いいただくことにて解決しました。


ホテルのグレードは、4スターホテルでしたが、それでも個人主義の色が強い国の場合、個々人の感情が優先され、顧客をハッピーにするどころか完全にピストオフ(キレる)ホテルの社員もいます。


通常、その場の空気を大事にする日本人の場合は、どんなに納得がいかないことであっても、不運を受け入れ引き下がるというスマートな対応をするのでしょう。

 

わたしの場合は、海外生活が長かったこともあり、納得がいかない場合は『戦って解決する』モードが身についています。


クレームの場合、スマートで品のある対応をしたいものですが、わたし自身、理性よりも感情が前にでる性質なので、戦いモードのわたしの対応をしたスタッフも不運としか言いようがありません。


ホテルによっては、最終チェックアウトする前にすでに全額クレジット清算をされるケースもあり、請求書兼領収書は、前日の夕方にドアに挟まっている場合もあります。


また、予約サイトで保証のために使ったクレジットカードにて全て決済される場合が多いため、部屋ごとに支払いを分ける必要がある場合、もしくは異なるクレジットカードで支払う場合は、チェックインの際にあらかじめ受付に伝えておく必要があります。


しかひながら、どんなにしっかり伝えても、伝わらない場合もあり、上手く清算できないことも多々あります。。。


海外の場合、日本人のように几帳面できめ細やかなサービスは期待できません


『わかりました』と1人のスタッフが受け付けたとしても、引継ぎがされず、思い通りにいかないことも日常茶飯事。


よって、大事なことの確認は、ダブルチェック、トリプルチェックをするぐらいの気持ちでお願いするほかありません。


なるべくストレスフリー、トラブルフリーで海外出張をしたいものです。


トラブルがあって当たり前ぐらいの気持ちで海外出張にのぞめば、『すべては想定内』として、トラブルシュートする際に余裕ができるかもしれません。


海外出張の経験値があがってくれば、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなります。


海外出張には、ある程度の『鈍感力』も必要かもしれないですね^^


それではみなさまHave a nice day

 

By ちびまる

やりたいことが見つけられない悩みを解決する5つのヒント

 

f:id:globalcat:20181016213916j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

 

やりたいことが見つからない悩み

 

『やりたいことが見つけられない』という悩みは、主に『本当にやりたい仕事は何のか、が見つけられない』という生きる術に直結していることが多いのではないでしょうか。

 

趣味を見つけるのであれば、もっと気軽に考えられますが、自分がやりたい仕事=世間一般的に言う『天職』を見つけたいという悩みであれば、なかなか答えがでないものです。

 

〇人生の目指すべきゴールがわからない

〇ゴールを目指すための地図(設計図)がない

〇でも生きるためには、稼がなくてはならない

 

という堂々巡り。

 

やりたいことさえ見つかれば、そしてそれを仕事として生計を立てられる道筋が見えれば、それに向かって進めばよいのですが、強いパッション(みなぎる情熱)が感じられなければ、『本当にやりたいことなのか?』と、チャレンジする前から自信が持てなくなるものです。

 

自分の感情が本物なのか、ゆるぎないものなのかが見極められず、『違うかも・・・』と自信をなくしてしまい、迷いはじめます。

 

また、どんな道においても障害はありますから、その障害の壁の高さより、『やりたい』そして『なりたい』という欲が強くなければ途中で心が折れてしまいます

 

『やりたいこと』への欲が強ければ強いほど、困難にも立ち向かうエネルギーを発することができますが、その欲が強固なものに育っていない時に、相談した相手から『やめたほうがいい』というマイナス要因をたくさん聞いてしまうと、やる気がなえてきます。

 

きっと、人はそれぞれ、内に秘めたやりたいことを持っているのだろうけど、さまざまな困難や障害、そして打算や言い訳などネガティブ要因の力が強すぎて、なんとなく『上手くいかない気がする』という気持ちのほうが勝ってしまうのが常です。

 

それでも、『やりたいことがわからない』と悩んでいるということは、少なからず現在の自分に満足しておらず、満たされない気持ちがあるから見られる現象であり、『自分の人生をよりよくしたい欲』を持っていることは確かだと思います。

 

〇今の暮らしに満足している

〇今の自分に満足している

〇我慢して生きることを選んだ

〇惰性で生きることを選んだ

 

このような状態の人は、『やりたいことが見つからない』という悩み自体を持つことはないように思います。

 

『今のままじゃ嫌だ』と思っている自分がいるからこそ、『やりたいことを見つけたい』、『天職を見つけて輝きたい』という願望があるのだと思います。

 

わたしも、やりたいことなんてなかった

 

f:id:globalcat:20181016214450j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん

 

わたし自身もそうでした。

 

〇やりたいことが見つけられない

〇何も強い思いを感じられない

〇目指すものも、場所もない

 

といった感じで、パッションを感じるものがありませんでした。

 

努力する力だけは持っていた子供でしたので、学校の成績はそれなりに優秀でしたが、試験で点を取る以外の目的がなかったので、試験が終われば全ておしまい、まったく身にならない努力でした。

 

高校3年間を終えて、『何も残らない努力は虚しい』ということをじんわり学びました。

 

まわりの友達は、学校の先生になりたい、看護師になりたい、医者になりたいなど、明確な目指すべきゴールをもって勉強に励んでいましたが、わたしの場合は、特別に憧れる職業もなかったので、何かを学びたいという強い動機もありませんでした。

 

でも、人並みに、ただ進学したいという曖昧な気持ちだけは持っていたので、1年間だけの旅行専門学校に進学しました。

 

旅行専門学校を選んだ理由は、ただ『なんとなく』です。

 

それ以外、特別な動機はありません。

 

わたしは80’年代に育ち、当時の人気テレビドラマで、『男女七人夏物語』や『東京ラブストーリー』などを見て育った世代です。

 

わたしは、これらのドラマが好きでした。

 

特に女性の主人公が好きでした。

 

それらのドラマの主人公の女性が、『海外で働くことを夢みる女性たち』でしたので、そのドラマを見ながら、『海外で働く』という漠然とした憧れが芽生えたのではと自分なりに分析しています。

 

旅行専門学校を出て、国内旅行主任者資格をとって、地元の田舎の小さな旅行代理店に就職しましたが、『なんか、違う・・・』と違和感を覚えて旅行代理店を辞めて、英会話スクールに転職しました。

 

母親には、わたしが安易に仕事を辞めたように映ったようで、えらく叱られたのを覚えています。

 

転職の大きな原動力は、危機感でした。

 

『この町にはいられないという危機感。

 

わたしが生まれ育った町は、これといって何にもない田舎町です。

 

まわりの大人が話す話題と言えば、『誰それが、どこで、どうした』という近所の人の話題や噂話ばっかり

 

一言で言うと、非常につまらなかったのです。

 

そういった環境にうんざりしていて、『わたしはご近所の話題だけを耳にしながら、一生を終えるのか、そんなの絶対に嫌だ!』という嫌悪感に似た危機感を持っていました。

 

また、日本の国会議員のおじさんたちが議論する姿をテレビで見ていて、『くらだない水掛け論』としか感じられず、『違う世界(海外)空気を吸いたい』と思っていました。

 

『海外に脱出する』というわたしの動機は単純で、今自分が生きている世界が単純に、『つまらなかったから』、そして『そんな世界でしか生きられない自分に、嫌気がさしたから』です。

 

特別にやりたいことがあって海外に出たのではなく、ただ当時の自分を取り巻く環境から逃れたかったという、どちらかというとネガティブな動機でした。

 

海外に出る直前に、本屋で立ち読みした本から、これもなんとなく、『アロマセラピスト』という職業に興味を抱き、その後アロマセラピーの専門学校に留学することにはなったのですが、この動機は、取ってつけたような動機です。

 

ただ、海外に出てみたかった、それが大きな動機です。

 

海外に出ても、日本で経験した『嫌なこと』は、日本以上にたくさんありましたし、海外に出たからといって、やりたいことなんて特別には見つかりませんでした

 

でも、結果的には、海外に出たからこそ、日本では知り得なかったことを知り、海外だからこそできる経験をして、異国の地で生活したからこそ見えた風景、感じられるものがありました。

 

『なんとなく』で始まったわたしの海外生活があったからこそ、今の自分がいるわけであって、40代半ばにしてやっと、自分なりの歩む道や、目指す方向性がわかってきました。

 

まだ漠然としてはいるのですが、わたしのやりたいこと(仕事)のキーワードは、

 

〇多国籍の企業や人と関わる仕事で

〇わたし独自の感覚を生かすことができ

〇日本を拠点に海外に出向く仕事

 

です。

 

その背景には、

 

〇居住地は日本がいい

〇多くの国や都市に仕事で訪れたい

〇現地の人と仕事がしたい

 

『あわよくば、現地の人たちと友達になりたい』

 

という私の欲求があります。

 

わたしのやりたいことは、これらのキーワードに凝縮されています。

 

悩みを解決する5つのヒント

 

f:id:globalcat:20181016215354j:plain

画像:photoACクリエイター:piichiroさん

 

わたしは、間違いなく、『やりたいことを見つけられない群』にセグメントされていた人間でした。

 

今でも、片足突っ込んでいる状態かもしれません。

 

でも、『田舎町で、くすぶって生きるのが嫌』という嫌悪感に似た危機感と、ある意味飢餓感のような欲を抱いたことがきっかけで、海外に出るというアクションを起こしました。

 

その結果、いろいろなことに触れ、そして吸収することで『わたしなりのやりたいこと、進みたい道』を見つけることを、『おおよそ』見つけることができました。

 

わたしのケースが他の人にも当てはまるかどうかは謎ですが、わたしが昔悩んだように、『やりたいことが見つからない』人にとって、何かひとつでもヒントをお伝えできればいいなと思っています。

  

1.まずは現状を受け入れる

 

f:id:globalcat:20180925220820j:plain

 

『自分の現状を受け入れる』というのは言葉で言うのは簡単ですが、客観的に自分を見つめて、『自分の今』を認めて受け入れるというのは、なかなか難儀なものです。

 

でも、必ず何かしら、今の自分や今の暮らしに不満があると思うのです。

 

大事になってくるのが、『自分の気持ちに嘘をつかないこと』です。

 

自分の気持ちにカッコつけたり、こんなの恥ずかしいだとか、こんなの笑われるだとか、こんなのムリに決まっているなど、できない言い訳はとりあえずゴミ箱に捨てましょう。

 

自分で自分を見つめる時ぐらい、裸のピュアな自分でいましょう。

 

世間体や周りの人のことは、ひとまず戸棚にしまって、自分の本音と向き合いましょう。

 

自分の本音と向き合うというのは、良い感情だけではないですから、蓋をしておきたい嫌な自分とも向き合うことになります。

 

感じたこと、考えたこと、なんでも良いので頭に浮かんだことを文字に落とします。

 

何かの裏紙でも、切れ端のノートに殴り書きでも良いので、頭の中で思っていることの視覚化を試みます。

 

そうすると、自分が感じていること、考えていることの傾向がだいたい見えてきます。

 

例えばわたしの場合は、

 

〇自己顕示欲が強い

〇目立ちたがり屋

〇人前に出たい

〇あまのじゃく

〇我慢したくない

〇自由に生きたい

〇怖がりで不安症

〇安定は大前提

〇コンサバが好き

〇シンプルが好き

〇パーティは苦手

〇女子会は苦手

〇考え方が単純

 

など、自分自身について、なんでもよいので思いついた感情や気持ちなどを書き出してみてください。

 

そうすれば、自分という人間がどういう類の人間なのか、なんとなく自分の輪郭をつかむことができます。

 

『やりたいことが見つからない』の裏返しは、

 

〇やりたいことができていない?

〇やりたくないことをやっている?

〇失敗を恐れて一歩を踏み出せない?

 

などの状況が考えられます。

 

まずは、今の自分、そして自分が置かれている環境などを自分なりに見つめて、分析してみるとよいと思います。

 

わたしは、こういった作業をしょっちゅうやっていました。

 

そして、おんなじことを書き出しては眺めてみて、うーんと考えていました

 

考えたところで、答えはその場ででないんですけどね。

 

2.危機感と飢餓感の力を使う

 

f:id:globalcat:20181016220027j:plain

画像:photoACクリエイター:unicさん

 

『危機感と飢餓感』は、やりたいことを見つける強い動機になると思います。

 

危機感は、『このままでは、ヤバイ!』なんとかしなくちゃ、という気持ちです。

 

危機感とは、自分が危機に面するリスクをひしひしと感じることです。

 

危機感は、

 

〇自分が傷つけられること

〇自分が大損すること

〇自分が取り残されること

 

など、『このままじゃ、わたしはダメだ!』と感じる感情です。

 

人は、得することより損することにとても敏感です。

 

人は、損をするのが嫌だから、損をしないために生きる傾向が強い生き物だと思います。

 

飢餓感は、生理的な強い欲でいえば、

 

〇腹ペコで死にそう

〇ねむ過ぎて倒れそう

 

というのがわかりやすいでしょうか。

 

どうしようもなく欲する欲望が満たされず、飢餓の度合いが赤信号になる感じです。

 

飢餓感も人が自ら行動を起こすための、大きな動機になると思います。

 

危機感や飢餓感に加えて、『絶対勝ってやる!』という闘争心や、『絶対に手に入れてやる!』という、強い欲望も、何かをやり遂げたいという『熱意』を掘り起こします

 

そこそこのお給料を頂き、職場でも特別何も問題もなく、衣食住を満たされている生活に身を置いている、そこそこに幸せな人には、こういった強い危機感や飢餓感というのは感じにくいと思います。

 

人は不自由な環境にさらされると、自由になりたいという強い欲望を感じるので、『欲求不満な状況がないなぁ=』という方は、欲求不満な環境に自ら身を置いてみるというのも、『やりたいことを見つける』良いきっかけになるかもしれません。

 

3.強い憧れの対象を見つける

 

f:id:globalcat:20181016220717j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん

 

危機感や飢餓感は人が動く強い動機になりますが、憧れの対象物を持つというのも、人が動く強い動機になります。

 

憧れの存在は何も歴史上の偉人でなくても、身近な存在でも良いと思うのです。

 

例えば、

 

〇あの人の歌声は素敵♪

〇あの人のジャズ即興ピアノ最高♪

〇あの人のライフスタイルカッコいい!

 

など、身近に自分の目指すべき、ゴールとなる憧れの対象人物を見つけることで、よりイメージしやすくもなり、具体的なアクションに落としやすくなります

 

わたしの場合は、ドラマ、映画や本の主人公に憧れることが多かったように思います。

 

特に、影響を受けたのは、社会人になってから読んだシドニーシェルダン『明日があるなら』です。

 

冤罪で逮捕されてから、精神力と知性で投獄を成功させ、華麗な泥棒劇を繰り広げた主人公の淑女トレイシーの、逞しく、そしてスマートに生きる姿に心惹かれました。

 

男女の絡みがありながらも、男に溺れず寄りかからず、どんな時も自分の知性と精神力で難関を乗り越えていく姿は、わたしに衝撃を与えてくれました。

 

わたしも、強く、賢く、スマートな女性になりたいと、強く感じたものです。

 

その本との出会いは、『偶然、兄の部屋に転がっていたのを拾って読んだだけ』という何とも平凡なものです。

 

一度読んだだけなので、ストーリーの細かいところは忘れてしまいましたが、その時受けた衝撃は鮮明な感情として残っています。

 

憧れの存在は、きっと、身近なところに転がっているかもしれません。

 

憧れの存在を見つけられないという人の場合、映画を見たり、本を読んだりして、架空の人物でもモデルとなる人物像を探してみるのも良いかと思います。

 

考えるより、感じることを大切に。

 

4.できない言い訳を探さない

 

f:id:globalcat:20181013214429j:plain

画像:photoACクリエイター:gois×goisさん

 

人は、やりたいことを見つけたとしても、

 

〇自分に才能がない

〇自分にはチャンスがない

〇自分にはお金がない

〇自分には時間がない

〇自分には自信がない・・・

 

など、できない理由をたくさん並べて諦める言い訳をたくさん探してしまいがちです。

 

やってみたい、チャレンジしてみたいという純粋な気持ちを優先することが大事です。

 

できないかどうかなんて、やってみないとわからないことですし、障害があれば、やりながら解決策を考えていけば良いと思うのです。

 

人は経験のないことには、自信を持つことができません。

 

だって、経験がなければ、それが何なのか、わからないのですから。

 

でも、少しでもかじってみて、その世界に一歩足を踏み入れることで感じられることがあります。

 

怖がって避けてばかりじゃ、果たしてそれが、苦いのか、酸っぱいのか、甘いのか、辛いのか、食べてみないと味がわからないのと一緒で、どんな感じなのかを一生知ることができません。

 

〇やってみても、上手くできないかもしれない

〇やってみても、ものにならないかもしれない

 

そうかもしれません。

 

でも、やってみなければ、1%も『できる、上手くいく』可能性を見出せません

 

まずは、くだらない打算は捨てて、つべこべ言わず、考えずにやってみましょう。

 

小さなことでも、『できた』という成功体験を積み重ねれば、何か大切なものが見えてくるかもしれません。

 

5.相談する相手を選ぶ

 

f:id:globalcat:20181016220909j:plain

画像:photoACクリエイタ ひでちゃびん さん

 

『相談する相手を選ぶ』これは、とても、とても大事です。

 

相談する相手は、あなたの可能性を後押ししてくれる人を選びましょう。

 

理想としては、

 

〇あなたの話に、ちゃんと耳を傾けてくれる

〇あなたの話に、興味を持ってくれる

〇あなたの可能性を、信じてくれる

 

そして、『自分なりの建設的なフィードバックをしてくれる人』を選ぶとよいと思います。

 

間違っても、

 

〇人生を諦めている

〇文句ばっかり言って生きている

〇チャレンジを馬鹿にする

〇自分の経験ベースの考えをごり押しする

〇あなたの話を最後まで聞かない

 

ようなタイプの相手には、話をしないことです。

 

間違いなく、あなたの『やってみたい、チャレンジしてみたい』という純粋な気持ちを容赦なく踏みにじり、せっかく芽生えた『やりたいこと若葉』を育つ前に刈り取られてしまいます。

 

多くの大人は、あたかも自分はすべてを知っている、間違いない、という断定的にあなたのやろうとすること評価してきます。

 

こういう人に相談するのは、いけません。

 

自分自身が経験したこともないにもかかわらず、です。

 

〇やめときな、絶対失敗するから

〇お金をかけて何か良いリターンはあるの?

〇お金あるの?無理でしょ。

 

など、とにかく、『やめておけ』という理屈をぐだぐだ並べられ、そういったマイナスの気は大きな引力が働くので、せっかくのあなたの『やりたいこと若葉』も、簡単に萎えてしまいます。

 

そういう人には近づかず、

 

〇自然な前向き(自然な、が大事)

〇相手に意見を押し付けない

〇知性と理性を兼ね備えつつ

〇自分の人生を楽しく生きていて

〇相手の夢を応援できる人

 

に相談しましょう。

 

相談する目的は、相手に答えを出してもらうことではありません。

 

8割型固めた自分の考えや思いを再確認するために、相手の意見を『参考までに聞く』のが目的とします。

 

最終決断を相手に委ねてはダメです。

 

理由は、結果がどうなろうとも、自分で決断することで、成功も経験も全て自信につながる肥やしになっていくからです。

 

やりたいことが見つからないという状態は、ある意味『宝探し』のようなものです。

 

見つかるかもしれないし、見つけられないかもしれない。

 

でも、見つけるために動いてみれば、いろんな景色が見えてくると思いますので、宝探し自体を楽しめたら良いのではと思います。

 

宝が見つけられたらラッキー♪

 

見つけられなくても、ずっと夢の途中を楽しめます^^

 

それではみなさま have a nice day

 

By ちびまる

 

フッターの欄