空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

中国出張・観光ビザ(査証)短期間(15日間以内)の滞在は不要。

 

f:id:globalcat:20190219121206j:plain

画像:photoACクリエイター:KoK51さん

 

2019年3月、そして10月に中国に初めて出張します。

 

出張にあたり、ビザが必要なのか確認しました。

 

15日間以内ならビザ不要

 

中国本土への出入国に際して、中国大使館のWebを拝見したところ、査証関連業務を東京ビザ申請センターへ委託しているようで、中国大使館のWebサイトには、中国への出入国に関する査証関連情報は何も記載がありませんでした。

 

中国本土への出張は、15日間以内で、下記の(一)~(三)に該当しない場合は、ビザ(査証)は免除されるようです。

 

シンガポール、ブルネイ、日本3カ国の一般旅券を所持する国民が、観光、商用、親族知人訪問あるいは通過の目的で中国へ入国する場合、滞在日数が15日以内であればビザが免除され、外国人に開放された空港、港湾から入国することができます。

 

但し、上記の3カ国国民のうち、下記に該当する方は事前のビザ申請が必須となります。

 

(一)一般旅券を所持し、観光、商用、親族知人訪問の目的での滞在が15日間を越える方。

 

(二)一般旅券を所持し、留学、就労、定住、取材の目的で訪中する方。

 

(三)日本の外交、公務パスポートを所持する方(二国間協議に基づき、シンガポールとブルネイの外交、公務パスポートを所持する方については、滞在日数が30日間を超えない場合にはビザが免除されます)。

 

www.visaforchina.org

 

 

東京ビザ申請センターに電話

 

f:id:globalcat:20190219123606j:plain

画像:photoACクリエイター:bBearさん
 

 

東京ビザ申請センターの電話は、ながーーーーーい、音声ガイダンスがあり、その後、オペレーターに無事つながればラッキー、そして、オペレーターにつながらないまま電話が切れます(^-^;

 

わたしが不運だったのか、わかりませんが、5~6回かけても、オペレーターにつながれることはなく、断念しました。

 

同僚が電話をかけた際には、20分ほどの音声ガイダンスの後、やっと奇跡的につながったようです。

 

東京ビザ申請センターにメール

 

電話がつながらなかったので、メールもしてみました。

 

メール受信はされているようですが、返信がありません。

 

おそらく、東京ビザ申請センターに用がある場合は、オフィスに出向くのが一番速くて正確です。

 

東京ビザ申請センターの業務時間と場所

 

東京ビザ申請センターの業務時間および所在地は下記リンクからご確認下さい。

 

以下は、2019年2月18日付、当該サイトから引用した情報です。

 

業務時間

月曜日から金曜日まで(祝日除外)

申請受付時間:午前9時から午後3時まで

お支払いと受け取り時間:午前9時から午後4時まで

東京ビザセンターは普通申請、緊急申請、特急申請サービスが提供でき

(特急申請の受付は午前11時半まで)

所要日数は4営業日、3営業日、2営業日

 

所在地

東京ビザ申請センター

東京都港区虎ノ門4-1-17神谷町プライムプレイス8階

電話:81-(0)3-6430-2066 FAX:81-(0)3-6432-0550

Email:tokyocenter@visaforchina.org

 

www.visaforchina.org

 

行き方

 

日比谷線の神谷町(かみやちょう)の4b出口から、徒歩3分ぐらいの場所です。

 

4b出口を出たら、目の前の道路を渡って、4b出口を背に右方向に進みます。

 

すぐ目の前にある信号を左折し、道路の右側を直進します。

 

そうすると、1Fにドトールが入っている大きなビル、プライムプレイスがあります。

 

その8Fです。

 

東京ビザ申請センターに出向く

 

f:id:globalcat:20190219123800j:plain

画像:photoACクリエイター:yoocoさん

 

朝10時半ごろでしたが、結構混み合ってました(;^ω^)

 

東京ビザ申請センターのオフィスは、だだっ広く、受付に2名の男性がおり、実際のビザ申請業務受付窓口は、結構横長にたくさんありました。

 

朝から待っている人も多く、中国大使館が対応しきれずビザ申請センターに業務を委託したというのも理解できます。

 

まずは、8Fまでエレベーターで上がると、東京ビザ申請センターの入り口に、日本語を話す女性係員(中国人)が一人待ち受けております。

 

『今日はどのようなご用件ですか?』と聞かれ、

 

『仕事で中国に行くのですが、ビザは必要ですか?』と逆質問をすると、

 

『仕事だから、当たり前でしょ、ビザは必要です!』と即答されました。

 

『えぇぇぇ~、要らないんじゃないのぉ?』と思いながらも、とりあえず、受付に並ばされます。

 

受付は中国人男性2名(日本語話します)が対応しているのですが、1件ごとの対応に時間がかかるため、15分~20分ほど並びました。

 

やっと、自身の順番がまわってきて、

 

『3月と10月に中国本土に15日間以内の滞在にて出張に出かけますが、ビザは必要ですか?』と質問したところ、

 

『日本のパスポートなら不要です』との回答でした(^-^;

 

ほっ!入口のおばさんの話だけで帰らなくてよかった。。。

 

全員中国人スタッフの対応のようなので、質問の仕方を間違えると、逆の回答も帰ってくるので気をつけましょう。

 

質問は、明確に正確に。

 

ただ、最後に言われた言葉がちょっと気になります・・・

 

それは、

 

『Webページに記載がありますから、それをみてください。』

 

『僕たちは、ビザを申請するだけですから、ビザの要否は中国入国審査官が決めます。』と。

 

確かに、そうなんだろうけど。。。

 

中国大使館にはビザ情報は一切記載がなさそうだし、東京ビザ申請センターが公開している情報が全てと思うのですが・・・(^-^;

  

確実な情報を入手する大切さ

 

f:id:globalcat:20190219123959j:plain

画像:photoACクリエイター:akizouさん

 

この度、東京ビザ申請センターに電話をかけてもつながらず、メールを送っても返信がなかったため、念のため、東京ビザ申請センターに出向き、係員にビザの要否を確認しました。

 

会社のお金を使って出張するので、中国本土に到着後、確認不足で入国できなかったでは済まされません。

 

念には念を重ねて、自分で確認するのがわたし流。

 

というのも、Web上の情報をうのみにして、えらい目にあったからです。

 

例え公式サイトであっても、です。

 

お国柄によっては、日本ではありえない、『突然の変更』などもあります。

 

わたしは、10月に中国の蘇州で開催される中国ニューロサイエンスという展示会に出席します。

 

中国ニューロサイエンスの日程を、現地の代理店による主催者への電話確認、そして公式Webページ上でも開催日程を確認した上で、航空券を購入したのですが、なんと、いつの間にか、予定が1週間前倒し!になっていたのです。

 

慌てて、現地代理店から再度主催者へ電話連絡してもらい、最終日程を確認してもらったところ、実は米国のニューロサイエンスの日程と近かったので1週間ずらしたとの回答。。。

 

もう、勘弁してよぉ~~~~泣(ToT)

 

幸い、航空券を手配した同日のことでしたので、また、今年はANAのフライトを集中的に手配していたこともあり、ANAに拝み倒して日程変更をしていただきました。

 

冷や汗ものでした(^-^;

 

ということで、今回の確認は、まずは3月に香港から深センに顧客訪問する際の確認っていうことで東京ビザ申請センターに確認に出向きました。

  

中国出張は不安だらけ

 

f:id:globalcat:20190219124119j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん女性
 

昨年、中国北京に本社を構える現地中国企業と代理店契約を締結し、今年はじめて代理店営業にて中国を訪問します。

 

欧米の出張には慣れているわたしですが、アジアの出張は不安だらけです。

 

特に中国は、言葉の壁もありますし、何が起こるか予測不可能な得体のしれない漠然とした不安があります。

 

そんな中入ってきたニュース。

 

2019年2月14日のニュースで、伊藤忠商事の社員が拘束された事件

 

1年前からスパイ容疑で拘束されているようですが、なぜに今頃ニュースに???

 

www.youtube.com

 

完全にわたしの個人的な偏見ですが、いろいろ周りからの話を伺っている限り、中国は予測不可能なことが発生するリスクが高そうで、また、ものごとが、ロジカルに進まない印象(^-^;です。

 

わたしの場合は、現地代理店と共に行動するので、まったくの単独というわけではないのですが、背景がわからない事件が起きたりすると、やはり怖いものです。

 

幸い、中国本土の現地代理店の社長と営業部長は、ウエスタナイズされた中国人なので、英語も上手ですし、グローバルビジネスの感覚を持っている人たちです。

 

なので、比較的、安心ではあります(^-^;

 

ビザ情報は直前に確認を

 

f:id:globalcat:20190219124306j:plain

画像:photoACクリエイター:akizouさん


この度、2019年2月時点において、中国短期出張の際のビザ情報を調べ、15日間以内の滞在であれば、ビザは不要と確認を取りましたが、いつ情報が変更になるかわかりません。

 

中国出張を控えておられる方は、自身の出張目的を考えて、東京ビザ申請センターに直接確認をしましょう。

 

免責

※当ブログに掲載している情報は、当ブログ管理人が個人的に、2019年2月に自身の目的に合わせて、中国本土入国の際に確認し、経験し、入手した情報になります。本情報を参考にされ、発生するいかなる事象についても、当ブログ管理人は一切の責任を終えないことをご了承ください。実際に中国本土へ行かれる方は、東京ビザ申請センターにて最新情報をご確認ください。

 

それでは、みなさま良い一日を

 

Have a nice day

 

byちびまる

外国銀行小切手の取扱いは困難。海外勤務者の方、年金の払い戻しは現地銀行に。

 

f:id:globalcat:20190214125259j:plain

画像:photoACクリエイター:akizouさん

 

外国小切手は取扱い困難

 

海外生活の経験が方には、関係のない話かもしれませんが、何らかの理由にて、

 

〇海外生活

〇海外勤務

 

をご経験されている方の場合、外国銀行小切手を受け取る可能性があります。

 

つい最近、わたしは外国銀行発行の小切手を受取り、何の疑問の持たずに最寄りの銀行窓口に手続きに行きましたところ、

 

『当行では、外国小切手の取扱いはございません』

 

との回答。

 

面食らいました。

 

銀行なのに小切手の取扱いがないって、、、

 

『どいうこと???』と。

 

それも誰もが知っている都銀です。

 

まさに青天の霹靂! ( ̄□ ̄;)

 

言っている意味がわからないと、しばし状況を飲み込めずにおりましたが、どうも、外国銀行発行の小切手は、マネーロンダリングのリスクなどが大きいこともあり、どこの銀行も取扱い中止しているはず、とのこと。

 

そんなはずないだろー

 

と思っておりましたが、そんなことありました・・・

 

都銀と地銀に電話をかけまくり、聞いてみたところ、やはり答えは同じ。

 

『当行では外国銀行発行の小切手取扱いはしておりません』

 

とのこと。

 

どうやら、マネーロンダリングのリスク回避が大きな要因のようですが、外国銀国小切手の取り扱いは、何かと事務的にもコストがかさむ印象です。

 

よって、電子マネーなど時代の流れとともに、小切手取扱いというのは、自然に淘汰されていくのでしょう。

 

小切手を取扱ってくれた銀行

 

この度、『外国銀行発行の小切手受領』という予期せぬ事態に面し、外国銀行小切手を取り扱ってくれる銀行を探しまくり、やっと1社だけ『取扱い可』の銀行を見つけました。

 

三菱UFJ銀行です。

 

三菱UFJ銀行の本店、外為課に電話をつないでもらい事情を説明したところ、『当行でも2019年5月末を以って取扱いが中止になります』との回答。

 

ほっと一安心したのもつかの間、小切手を取扱う条件として、三菱UFJ銀行の口座を持っていること

 

不運なことに、わたしが居住する地域には、三菱UFJ銀行の支店がなく、また、わたしは三菱UFJ銀行の口座を開設した経験もありません。

 

銀行口座は、窓口に出向けば、どこでも作れるものと思っていましたが、そうではないんですね。

 

あくまでも、居住地や勤務先の近くの支店で口座開設というのが原則なのだそうです。

 

わたしの居住地から、三菱UFJ銀行の最寄り支店までは、電車で1時間弱の地域

 

口座を開設するだけでも、一苦労でした。

 

外国小切手の換金の長い道のり

 

f:id:globalcat:20190214130128j:plain

画像:photoACクリエイター:紺色らいおんさん
 

たいした額の小切手ではないのですが、ほっておくこともできず、わざわざ会社を休んで、電車で1時間弱の場所にある三菱UFJ銀行の窓口まで出向きました。

 

開店9時に一番乗りで出向いたのですが、そこからが長かったです。

 

合計で2時間半ぐらいかかったでしょうか。。。

 

まずは、窓口で相談。

 

口座を開くにあたり、口座を開く目的等をいろいろたずねられます。

 

わたしの場合、

 

〇居住地が遠い

〇給与の振り込み口座でもない

〇外国小切手換金が目的

 

という状況でしたので、普通口座を開くだけでも、

 

〇窓口に事情を説明

〇窓口担当が上席に相談

〇上席が可否を決定

 

と、口座を開けるかどうかの可否が下されるまでに1時間ほどかかりました。

 

その際に、運転免許証とマイナンバーを提出。

 

身元の確認ですね。

 

なんとか、口座開設のGoサインが出ると、今度は、通常窓口ではなく、外為課の窓口に出向きます。

 

口座を開設する前に、小切手原本を外為課窓口にて確認してもらう作業があります。

 

〇どこの国の小切手か

〇どこの銀行発行の小切手なのか

〇小切手支払いの目的は何か

 

などをまた説明し、小切手の取扱いに関しての可否を確認します。

 

また、外国銀行発行の小切手換金にあたり、さまざまなリスクについての説明があり、それに同意する必要があります。

 

例えば、

 

〇手数料は5,000円

〇外国銀行手数料も自己負担

〇手数料は払い戻し不可

 

などです。

 

めでたく、Goサインが出ましたので、また、通常窓口へ出戻りし、普通口座の開設です。

 

普通口座を開設するにあたり、

 

〇口座開設の申込書の記入

〇捺印

〇身分証明書の再提出

〇口座オプションの選択

〇カードの暗証番号の決定

〇ネットバンクの設定、など。

 

書類手続き等が結構たくさんあります。

 

普通口座を開設するだけでも、

 

〇普通の普通口座

〇スーパー普通口座

 

そして、通帳の種類は、

 

〇紙ベースの通帳

〇ネット通帳(エコ)

 

にするのか、そして、ネット通帳を選ぶと、

 

〇スマホAPP

〇特別カードの発行

 

を選ばなくてはならなくて、さらに、銀行カードは、

 

〇通常の赤色のカード

〇ディズニーの柄

 

どちらかを選んで、

 

その上で、

 

〇デビットカード

〇クレジット―カード

 

を作るかどうかを決めなければなりません。

 

それが済んだら、今度は、ネットバンクの設定にて、

 

〇使用メールアドレス

〇パスワード(誕生日や〒以外)

〇パスワード忘れた時のコード(4桁)

 

を決めて、なんとか口座を開設。

 

さらに自身で、ネットバンクに入って、いろいろ設定しないとならないらしいです(;^ω^)

 

40代半ばのわたしでも、すでに情報過多で頭がいっぱいなので、ご高齢者には厳しい手続きかなと感じました。

 

無事に口座を開設すると、またまた外為課に戻って(ビルの2Fと4Fを行ったり来たり)、

 

〇口座開設の書類の提出

〇小切手原本の提出

〇小切手換金申込書の記入

〇小切手換金手続き

 

という作業が待っていました。

 

その際に、くどいようですが、外為課の担当窓口により、再度、あらゆるリスクについて同意させられます。

 

何らかの事情により、振出しがキャンセルされた場合でも一度支払った5,000円は戻ってこないこと、そして、先方の銀行手数料がかかる場合は、わざわざ、また窓口に出向いて現金払いが必要であることなど。

 

話を聞いている限り、外国銀行小切手の取扱いに関わる銀行側の事務作業コストは大きいように思います。

 

個人的な考えですが、外国銀行発行の小切手の取扱い中止という判断は、コスト高により業務縮小という名目もあるのではと思います。

 

帰国の前に考えること

 

f:id:globalcat:20190214130251j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん
 

海外において、ある一定期間居住し、かつ現地で勤務経験がある場合は、年金の積み立てや払い戻しという手続きに直面する可能性があります。

 

わたしも長年オーストラリアに居住し仕事をしてきましたので、オーストラリアの制度に則り、雇用主側が年俸に対してプラス9%を年金として支払ってましたので、永住権放棄とともに、年金積立の払い戻し請求をしました。

 

結構な年月でしたので、それなりの残高の残高がありました。

 

年金を早期解約、払い戻し、そして永住権の放棄という条件もあり、約3分の1の金額を差し引かれて払い戻しとなりました。

 

数年前に小切手入金の手続きをした際には、なんの問題もなくすんなりいったのですが、時が経てば状況は変わり、今回は大変な目にあいました。

 

この度、再度小切手による払い戻しは、オーストラリアの年金会社が計算を間違っていたということが発覚し、その分の追加払い戻しです。

 

もう、二度とないことを祈りますが、今後、わたしと同様に、何らかの理由で、どこかの国の永住権を放棄し帰国をされる方には、

 

〇年金払い戻しの確認

〇外国銀行への振り込みの可否

 

などをよく確認の上、ご帰国されることをお勧めします。

 

わたしは本帰国と共に、現地の外国銀行(オーストラリア)の口座を全て閉じてきてしまったのですが、これから本帰国をされる方は、年金など大きな払い戻しが予期される場合は、現地口座を残したままのほうが無難かと思います。

 

なぜか、オーストラリアの年金会社からは、外国銀行向けの銀行振り込みは不可との回答で、小切手支払いのみでした。

 

三菱UFJ銀行での外国銀行発行小切手取扱いが今年の5月で終了となれば、日本にいながら、小切手の換金・入金はほぼ不可能なのでは、と思います。

 

全部の銀行に確認したわけではないので、もしかしたら、どこかの金融機関で取り扱いをされているところがあるかもしれませんが、わたしが経験した限りでは、『非常に困難』な状況です。

 

わたしの経験が、誰かのお役に立てれば幸いです。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

息苦しいのはストレスが原因かも!?深く考えずにできることをやろう(ヒトカラがおすすめ)

 

息苦しい時ありませんか?

 

 f:id:globalcat:20190212123511j:plain

画像:photoACクリエイター:FineGraphicsさん

 

最近、というか、前にも経験はあるのですが、なんとなく、『息苦しい』という時って、ありませんか?

 

わたしは、結構、あるんです、息苦しい時が。

 

息苦しいというより、空気が吸い足りてない感じ。

 

『息が吸いづらい』と思えば思うほど、そのことに集中してしまい、自分のマインドを追い込んでしまう。

 

吸っても、吸っても、なんとなく、満足しない、そんな感じです。

 

『息苦しい』とググってみると、

 

〇パニック症候群

〇うつ症状

〇自律神経失調症

〇過呼吸症候群

〇ストレス

〇心不全の疑い

〇肺の病気の疑い

〇タバコの吸い過ぎ?

 

など、いろいろと、怖いなぁと思う病気の情報が出てきます。

 

わたしは喫煙の経験はないですし、なるべく受動喫煙してしまう環境も避けているので、喫煙による肺の病気のリスクはあまり考えられません。

 

でも、わたしは、心配性だし、とっても怖がり。

 

それでいて、頑張り屋さんで、何事もやり過ぎてしまうという不器用な一面があります。

 

だから、どちらかというと、

 

〇パニック症候群

〇うつ病

〇過呼吸症候群

〇自律神経失調症

〇ストレス

 

などが、隠れ要因として考えられます。

 

上記の病気や症状は、誰にでも起こりうること。

 

どんなに見た目が明るく、元気そうに見えても、ヒトの内心はわからないもの

 

自分でも気がついていない可能性もあります。

 

わたし自身、自分では悩みもあまりなく、ストレスも少なく、自由きままにやっているほうという自負はありますが、それでも、わたしにだって、それなりにストレスを感じることはあります。

 

海外を飛び回って仕事をしているから、さぞかし強靭な肉体と精神と思われがちですが、中高年のわたしにとっては、それなりに体にも心にも負担はあります。

 

特に、西に東に地球をあちこち短期間でまわっているので、体内時計も狂っているだろうし、自律神経系も乱れやすい環境にはあります。

 

そして、生真面目な性格(^-^;

 

油断はできません

 

かといって、過度な心配は本末転倒。

 

自分で自分の首を絞め、病気にしてしまうようなもの。

 

うつ症状の情報サイトを読んだ日には、

 

〇息苦しい⇒はい

〇首コリがひどい⇒はい

〇体がだるい、ねむい⇒はい

 

とくると、『わたしは、うつなのか!?』と思い込んでしまいそうで、勝手に、悪い方に物事を当てはめてしまいがちな自分がいます。

 

でも、考え方によっては、

 

〇息苦しい⇒肩凝りのせい?

〇首凝りがひどい⇒スマホの見過ぎ?

〇体がだるい、ねむい⇒ただの疲労感?

 

と、誰にでも当てはまる事象にもなります。

 

『病は気から』という言葉もあるぐらいですから、自分で自分を無駄に追い込み苦しめるのはナンセンス。

 

でも、過信はせずに、検査すべき検査はやりつつ、過度な心配をすることなく、自分と向き合っていこうと思っています。

 

原因はストレスか?

 

f:id:globalcat:20190212124037j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん
 

会社で『ストレスチェック』という制度が導入されました。

 

人事担当者と面談があるのですが、その前に、厚労省の『こころの耳』というWeb上でできる診断ツールで、簡単な質問に回答していくと、おおまかなストレス度合いを把握できるようで、事前診断を行いました。

 

kokoro.mhlw.go.jp

 

 

正直に回答した結果、

 

『あなたはストレスをあまりかかえておらず、また、

ストレスの原因となる要素もあまりないようです。』

 

と優等生な回答(^-^;

 

ほんまかいな、と自問自答。

 

私にだって、ストレスはありますよ、それなりに(^-^;

 

でも、基本的に職場環境は良いほうだと思っています。

 

わたしの場合は、勝手に自分で追い込む(営業の数字など)傾向にあるので、外的環境においてストレスがなくても、内的環境にてストレスを抱え込むリスクはあります。

 

まわりにやれと言われてないのに、いろいろやってしまう性質。

 

まぁ、性格なのでしょうね。

 

自分でストレスをコントロールする術を見つけるしかありません。

 

ストレスと上手く付き合う

 

f:id:globalcat:20190212124455j:plain

画像:photoACクリエイター:momo105さん

 

ストレスがない人なんて、この世の中いないと思うんです。

 

少なからず、誰だって、それなりにストレスというものを感じて生きているのではと思います。

 

ストレスは、悪いことばかりではなく、自分の成長につながったり、生きる活力にもなりますので、適度なストレスバランスを保つ工夫が必要です。

 

ストレス度合いが強すぎず、弱すぎずに。

 

わたしの場合は、

 

なるべく、心地良いと思うことをたくさんすることで、ストレスのバランスを保っています。

 

具体的に言うと、『やりたい時に、やりたいことをする』です。

 

わたしの場合、独り身ですから、自由な時間は比較的多く取れるので、やりたいと思った時に、すぐに行動に移しやすい環境があります。

 

わたしが日常的に、やりたいと思うことは、ささやかなことも多いです。

 

例えば、

 

〇一人カラオケで歌いまくる

〇モスバーガーを食べる

〇お菓子を食べる

〇温泉旅行にでかける

〇寝たいだけ寝る

〇ストレッチをする

〇マッサージに行く

〇録画ドラマを見る

〇映画に行く

〇音楽を聴く

〇体を動かす

〇掃除をする

〇自分に花を買う

 

など。

 

結構好きなのが、ひとりカラオケ

 

エネルギーを使うし、腹筋運動にもなるし、何より好きな曲を聴きながら、大きな声で歌うというのは気持ちが良いものです。

 

ひとりカラオケのすすめ

 

f:id:globalcat:20190212124745j:plain

画像:photoACクリエイター:紺色らいおんさん

 

ひと昔前までは、『えぇぇ~ひとりでカラオケに行くのぉ~?』と変人扱いされたものですが、今時では、『ヒトカラ料金』などというものが設定されるぐらい、ポピュラーなひとりカラオケ

 

わたしは多い時で、週1回2時間ほど、ぶっ通しで歌いに行きますが、ひとりでカラオケ店に来ている人は、結構います。

 

わたしが思うに、一人でカラオケに来る人の特徴としては、

 

〇純粋に音楽が好き

〇純粋に歌うのが好き

〇それなりに歌える

 

という人であり、特に誰かに聞かせたくて、歌うのではなく、歌いたいから歌うだけ、なのでは?と思うところがあります。

 

基本的に、『自立・独立心が強い人』なのではと。

 

言葉を変えると、『自己中心的』な人、はい、わたしです(^-^;

 

特に誰かと盛り上がる必要はなく、一人で盛り上がればそれで良く、誰に気を遣うでもなく、ひたすら歌いたい歌を歌いまくるのが目的。

 

おそらく、心のどこかで、

 

『誰かに聞かせるほどの、しろものでもない』

 

ということが、わかっているからかもしれません。

 

また、ストレスバランスを整える目的であれば、一人のほうが良いのです。

 

誰に気を遣うでもなく、思うがままに、抑揚をつけて、リズムに乗ってただひたすら歌う、それだけのことですが、結構気持ちがすっとします

 

大きな声を出して歌うということは、それなりに大きな息を吸って、大きく吐き出しています。

 

ストレスを抱えると、呼吸が浅くなりがちなので、歌うことで、自然と深呼吸もできるので、自律神経が整えられるような気がします。

 

2時間も歌えば十分なのですが、2,000円もかけずにストレス解消になるのだから安いものです。

 

意外と身近にあるもの・ことで、ストレス解消できるものは、たくさんあります。

 

自分の心と気持ちに従って、生きていれば健やかに生きられます^^

 

Follow your gut feeling!

 

それでは、みなさまも、お体に気をつけて

 

Have a nice day

 

Byちびまる

白目が真っ赤! 結膜下出血!? 見た目は怖いが問題なし

 

f:id:globalcat:20190206102345j:plain

画像:photoACクリエイター:fuaさん
  

目が真っ赤!血が出たぁ?!

 

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

世紀末が来た・・・と思うほどの出来事。

 

朝起きて鏡を見たら、

右目の白目が真っ赤っか!!!

 

うさぎ???

(いやいや、そんなにかわいくない)

ドラキュラ??? 

(いやいや、八重歯ないし)

オオカミ少女?

(いやいや、少女って年じゃないし)

 

とにかく、尋常じゃない白目、

いや血みどろの白目

 

思わず、『キャァ~~~~~!』 

 

誰か助けてぇぇ~~~~

と叫びたくなる衝撃。

 

ひさしぶりに、アタフタしました

゜。(゜Д゜;)≡

 

白目の部分が血で真っ赤っかだったので、速攻で眼科に駆け込みました。

 

充血している赤さではなく、目から血が出た!?と思うほど、血の色で真っ赤。

 

見た目はとにかく、、、どこか、

ヤバそうな感じ。。。

 

なんとなく目がゴロゴロするなぁとは思ってはいたのですが、まさかこんなおどろおどろしい目になってしまうとは。

 

痛みはなく、若干違和感があるぐらいなので、見た目とのギャップが大きく、おろおろ。

 

結論から言うと、見た目ほど、

『大したことはない』そうです。

 

※私の場合は、検査をして『問題なし』でしたが、場合によっては、他の病気が潜んでるケースもあるようですので、同様の症状がある方は、必ず眼科専門医に診察してもらってください。

 

結膜下出血と診断される

 

f:id:globalcat:20190206103342j:plain

画像:photoACクリエイター:Sconeさん
 

見た目のイメージとしては↑↑↑の画像ですが、上の画像は『結膜炎』で出てきたイメージ画像です。

 

結膜炎の場合は、白目の部分が赤くなっても、べったりと血で染められた感じではなく、毛細血管が赤く浮き出た感じなんだそうです。

 

結膜下出血の場合は、もう少し、白目にべったり血が出た感じで、見た目はもっと怖いかも(^-^;

 

結膜下出血とは、

 

“結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。 多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。 結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく視力の低下の心配もありません。

Santenサイトより引用

 

 

見た目は、おどろおどろしい感じですが、

ほとんどのケースが心配ない

ようです。

 

いろいろ検査しましたが、『問題ありません』とのこと。

 

お薬もなく、検査だけで終了。 

 

痒みや痛みがあったり、頻繁に繰り返されるようであれば、再度受診が必要のとのことなので、ひとまず経過観察です。

 

結膜下出血の原因は?

 

f:id:globalcat:20190206104227j:plain

画像:photoACクリエイター:FineGraphicsさん
 

原因は、

 

〇くしゃみ・せき

〇過飲酒

〇月経

〇疲れ・ストレス

〇原因不明など

 

さまざまなようです。

 

わたしの場合は、いくつか原因が考えられます。

 

まず、疲れ。

 

先週の水曜日から3日間、幕張メッセで展示会。

 

朝から晩まで慣れない立ち仕事で、しゃべりっぱなし

 

頭のてっぺんから、目、首、肩、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、足首、足の裏まで、筋肉が凝り固まってコリコリでした。

 

長時間立っているだけで、どっと疲れが出てしまいました

 

その上、連日飲み会で、夜中までメールチェック、2日目の夜には、深夜2時までデスクワークをしてしまったので、寝不足もあったと思います。

 

そんな中、興味本位で電極を活用した美顔器!?を首あたりにビリビリ(結構痛かった(^-^;)試したのが良くなかったのでしょうか。。。

 

電極の力を利用して細胞間の隙間を開けてコラーゲンやら、ヒアルロン酸やらを流してシワを伸ばすというもの。

 

結構なビリビリ感でした。。。

 

最終日は満員電車に揺られて帰るという、疲労がピークに達した翌日に、結膜下出血になりました。

 

ムリは、ほんと、いけないですね。

 

きっと、原因は、

 

〇疲れ

〇ストレス

〇睡眠不足

 

そして興味本位で試した、電極ビリビリ美顔器。

 

勝手な思い込みですが、この電極ビリビリが最後のとどめとなった気がします。。。 

 

激しく反省。。。

 

回復には時間がかかる

 

f:id:globalcat:20190206105336j:plain

画像:photoACクリエイター:potecoさん
 

うさぎのようにおめめが真っ赤っかなので、道行く人に「大丈夫???」と心配され、

 

『あーこれ?、たいしたことないんです、

痛くも、かゆくもないんですよぉ=(^-^;』と、

 

説明するのも面倒な日々、なのです。

 

一度毛細血管がキレて血が白目ににじみ出たら、血が吸収されるのを待つだけのようなのですが、これがなかなか引かない。

 

真っ赤なおめめのまんまです。

 

白目に戻るまで、数週間、長くて1か月以上もかかるようです。

 

はぁぁ、見た目が怖いわたしの目。

 

オオカミ少女(おばさん)。

 

ドラキュラ女(おばさん)のようです。

 

とりあえず、八重歯がなくて、ほんと、よかったです。

 

蒸しタオルが良いらしい

 

f:id:globalcat:20190206105216j:plain

画像:イラストACコレハルさん ホット女子
 

特に、これといって処方される薬もなく、ただただほっておくだけなのですが、蒸しタオルを目に当てると、血の吸収が早まるらしい・・・

 

のですが、いまのところ、それほど大きな改善は見られず・・・

 

でも、蒸しタオルは目の疲れを癒してくれるので良いようですね。

 

やってはいけないこと

 

f:id:globalcat:20190206105807j:plain

画像:photoACクリエイター:FineGraphicsさん
 

 

それは、目をこすること、だそうです。

 

目薬は市販のものでも良いようですが、刺激(清涼感)のないものを使うのが大事とのことです。

 

ついつい、朝寝起きにやってしまう、目をぐりぐり(こすること)

 

眠っている間は、自律神経の関係で、涙があまりでないそうで、目が乾きやすいらしいです。

 

以前は、のどの渇きではなく、目の渇き(目をつぶって寝てるのに)を激しく感じて目が覚めて、目薬を差すという状況に陥ったことがありましたが、コンタクトレンズからメガネに変えて症状がおさまりました。

 

あまり、目が乾くと良くないのだろうと思いながらも、ついつい、うとうと、長い眠りに落ちてしまうわたし。

 

最近疲れもたまっていたので、とにかく、寝てばっかり。

 

眠り姫のように、よく寝るわたし笑

 

40半ばで、自分を姫というと突っ込まれそうですが、、、とにかくよく寝ます。

 

パソコン用の眼鏡をかう

f:id:globalcat:20190206110228j:plain

 

今回、結膜下出血のため眼科にいき、眼底、眼圧、視力、いろいろ検査して頂き、ひとつわかったことがあります。

 

目自体は何の問題もないのですが、現在使っているメガネの度が強すぎるということ。

 

車の運転をするので、それも考えて少々度が強めのメガネを作ったのですが、パソコン作業には強すぎて、逆に眼精疲労を招いているという指摘を受けました。

 

いちおう、現在使っているメガネもブルーライトカット加工がしてあるのでパソコンにも適したメガネではあるのですが、度が強すぎるとよろしくないんだそうです。

 

よって、少し度を落としたパソコン用の眼鏡レンズの処方箋を出していただき、

 

〇車運転用

〇パソコン用

 

の2種類のメガネを持つことにしました。

 

わたしは、Retrieveという疲れ目軽減メガネを愛用していて、予備に色違いで2つもっているので、1つを車運転用、もうひとつをパソコン用に度数を変えて使い分けすることにしました。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

肩・首コリは目から?

 

f:id:globalcat:20190206110718j:plain

 

最近、肩凝り、首凝りがひどいです。

 

マッサージにいっても、サロンパスを貼っても、ホッカイロで温めても、なかなかコリがほぐれず・・・。

 

目の疲れが原因かもしれません。

 

暇さえあれば、スマホとパソコンに向き合っている気がします。

 

よろしくないですね。

 

40代半ばを超えてくると、いろいろガタが出てきます。

 

健康第一で毎日を生きないと。

 

働きすぎ!とのことで、今日はのんびり休暇を満喫中。

 

何もしない贅沢!を楽しみたいと思っていましたが、結局1週間もサボってしまったブログと向き合うわたし(^-^;

 

それでは、みなさま、くれぐれも、お体をお大事にして、

 

Have a nice day

 

Byちびまる

台湾出張おすすめホテル 台北中心地 パーク台北 ホテル / 美侖大飯店 (大安駅6番出口0分)

 

f:id:globalcat:20190129122005j:plain

 

1. 日本語が通じるホテル

 

f:id:globalcat:20190129122302j:plain

 

台湾では日本と同じく、ホテルや空港ではそれなりに英語が通じても、タクシーやレストランなど街角のお店では英語が通じないことが多々あり困ることがあります。

 

わたしがこの度お世話になったホテル パーク台北 ホテル / 美侖大飯店では、英語はもちろんのこと、日本語も話せるスタッフがフロントに常勤しているため、安心感があります。

 

英語が通じる欧米はなんとかなると思って、今まで仕事をしてきましたが、アジア諸国はわたしにとっては未知の世界です。

 

いざという時に日本語ができ、そして日本人になれたスタッフが常勤しているホテルは安心です。

 

2. 台北中心の地下鉄駅徒歩0分

 

f:id:globalcat:20190129122702j:plain

 

ホテル パーク台北 ホテル / 美侖大飯店は、台北市街中心地の地下鉄大安駅6番出口の目の前です。

 

道路を渡るまでもなく、6番出口を出て地上に上がればすぐ目の前がホテルのエントランスですのでとても便利です。

 

地下鉄大安駅から夜市まで一駅、台湾一高いビル101には二駅という便利さ。

 

f:id:globalcat:20190129122855j:plain

 

松山空港まではタクシーで10分600円ぐらいですので、地下鉄大安駅が目の前でも、タクシーに乗ってしまった方がらくちんです。

 

3. 親切でフレンドリーなスタッフ

 

ホテル パーク台北 ホテル / 美侖大飯店のホテルスタッフは、みんなとても親切でフレンドリーです。

 

エントランスを横切れば、『ニーハオ』と笑顔で挨拶してくれますし、

 

〇タクシーで台北駅まで行きたいの

〇そしてクレジットカードで支払いたい

〇それから領収書も必要!

 

と伝えると、タクシードライバーにその旨を事前に説明してくれます。

 

コンシェルジェの方も常にエントランスにいらっしゃるので、気軽になんでも尋ねられます。

 

重い荷物を持っていれば、さっと持ってタクシーまで運んでくれますし、タクシーに乗ってからも出発するまでお見送りをしてくれます。

 

4. とっても清潔で落ち着いた快適

 

f:id:globalcat:20190129123052j:plain

 

外観は普通のホテルですが、内装はとても近代的で美しく清潔です。

 

この度わたしは、予約サイトで大特価であった101タワービューのキングルームお部屋を格安で手配しました。

 

確実にバスタブがついているお部屋です。

 

f:id:globalcat:20190129123115j:plain

 

バスタブは大きく、シャワーブースが別にあり、シャワーは固定式ではなく可動式のため、とても使いやすく快適でした。

 

f:id:globalcat:20190129123140j:plain

 

もちろんお湯の出も最高

 

お部屋は広く、使い勝手の良い間取りでした。

 

デスク回りにはコンセントが3~4つほどあり、携帯電話とパソコンの充電を一緒にできるのがよかったです。

 

コンセントの形は日本と同じですので、プラグは不要です。

 

電圧は、110 ~ 240Vと記載があるパソコンや携帯の充電器であれば、変圧器も不要です。

 

f:id:globalcat:20190129123217j:plain

 

お部屋の内装は、茶色基調で落ち着いた色合いと家具でしたので、ゆっくりと体を休めることができました。

 

5. Wifiが超高速で快適

 

Wifiは、パスワードを1回入れれば、あとは自動接続でしたのでとても簡単でした。

 

また、Wifiの速度が、今まで経験のないほど、高速でサクッとつながり動きがスーパー早いです。

 

6. セキュリティ―Boxあり

 

f:id:globalcat:20190129124127j:plain

 

セキュリティ―Boxはクローゼットの中で、使い方も簡単

 

パスワード4桁入れてCloseもしくはOpenで開閉できます。

 

ちなみにワードローブもハンガーがたくさんあり、収納も広く使いやすかったです。

 

バスローブもあります^^

 

7. ベッド寝心地良し

 

f:id:globalcat:20190129123052j:plain

 

ベッドは、高過ぎず低すぎず、固すぎず、柔らかすぎず、枕の固さもちょうど良く、快適な寝心地でした。

 

ベッド再度には、お部屋の電気の全てをコントロールするスイッチがあり、全点灯、全消灯など、ボタンひとつで全てできたので楽でした。

 

8. TOTOウオシュレット

 

トイレは、TOTOのウオシュレット(お尻乾燥機つき)で快適です。

 

ただし、本ホテルではトイレットペーパーを水で流すのはダメです。

 

お部屋には何の案内もないですが、フロントに確認したところ、備え付けのゴミ箱にトイレットペーパーを捨てるようにと言われました。

 

9. 朝ご飯が美味しい(豊富)

 

f:id:globalcat:20190129124335j:plain

 

朝ご飯付きのプランで宿泊しました。

 

和食と洋食があって、おかずも豊富でした。

 

和食は、おかゆ、温泉卵、のり、お漬物などがあり、洋食では、クロワッサン、パン2種類の他、蒸しパン、肉まんなどがあり、ソーセージ、炒り卵、ベーコン、サラダは数種、ヨーグルト etc. 十分な種類が準備されています。

 

f:id:globalcat:20190129124427j:plain

 

コーヒーも、ブラックコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソがあり、ジュースは、リンゴジュース、オレンジジュース、野菜ジュースなど。

 

店内も広く十分な席がありますので、ゆったりと朝食を頂けます。

 

10. とても静か

 

台北市街の中心地にある割には、ホテルの中はとても静寂でリラックスすることができました。

 

騒音に悩まされることもなく、毎日朝までぐっすり寝ることができました。

 

11. チェックアウトは12時

 

チェックインも13時頃にすることができましたが、チェックアウトも遅めで12時なので、のんびりできます。

 

わたしは、フライトが13:20でしたので、11時頃ホテルをチェックアウトして、タクシーで松山空港まで10分、のんびり帰国の途につきました。

 

12. 日本語マッサージ店 徒歩5分

 

f:id:globalcat:20190126231624j:plain 

 

また、台北美侖大飯店(パーク 台北 ホテル)から徒歩5分以内に、日本語が通じる足つぼマッサージ店があります。

 

東河足體所 TO-KO style とうこうスタイル

No. 243, Section 1, Da'an Road, Da’an District, Taipei City, 台湾 106

Phone: +886 2 2703 0906

f:id:globalcat:20190126231511j:plain

 

台北美侖大飯店(パーク 台北 ホテル)の玄関を出て右側に細い路地があり、進むと小さな公園がありその右側をまっすぐ行くと比較的大きな通りにでます。

 

道路を渡ってすぐ右に進むと東河足體所 TO-KO style とうこうスタイルがあります。

 

予約なしで、ふらっと行っても入れます

 

受付の女性が日本語が上手ですので、電話して日本語で予約してもOKと思います。

 

施術をする男性も片言の日本語ができ、とても穏やかで優しそうな男性でした。

 

f:id:globalcat:20190129125039j:plain

 

まずは、足湯であっためて、、、

 

f:id:globalcat:20190129125146j:plain

 

こんなパンツに着替えさせられます(^-^;

 

なんともアジアンチック

 

f:id:globalcat:20190129125242j:plain

 

ちゃんとあたためた足をタオルで覆ってくれます。

 

それほど痛くもなく、心地良い足つぼマッサージ(40分で600TWD = 2,400円程)です。

 

ホテルからふらっと夜でも歩いて行ける手軽さ、日本語が通じる気軽るさ、おすすめです^^

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

【2019年1月】台湾出張行く前に知っておくと便利な15のこと

 

f:id:globalcat:20190126221721j:plain

 

この度初めて台湾に出張しました。

 

ラッキーなことに、上空から富士山がきれいに臨めました(^o^)/

 

f:id:globalcat:20190126223300j:plain

 

実はアジアの出張はシンガポールに次いで二度目。

 

欧米の出張が多いわたしは、英語が通じないかもしれない!?アジアの出張は不慣れで、不安で一杯なのです。

 

台湾は日本人にも人気の旅行先ですが、仕事で行くとなると、何かと不安なことばかりです。

 

特に心配性なわたしは、何かと漠然と不安なのです(;^ω^)

 

事前に現地情報を調べても、現地に行ってみないとわからないことが多いものです。

 

実際に台湾に出張に行ってみて、事前に知っておけたら気持ち的にラクかも!?と思える情報をまとめてみました。

 

1. 両替は台湾で(小銭が必要)

 

f:id:globalcat:20190126222001j:plain

 

わたしはいつも出発する空港にて両替をしていきます。

 

理由は、現地についてからバタバタするのも嫌だし、何より現地通貨での支払いを帰国後清算する際に基準となる両替レートが必要だからです。

 

ちなみに台湾ドル(TWD)は、4を掛ければ日本円です。

 

現地通貨は残してしまってもメンドクサイので、今回は羽田空港のTravelex(トラベレックス)で2,000TWD(8,000円程度)を両替していったのですが、

 

『1,000TWD札しかありません』とのこと(-_-;)

 

1,000TWD = 4,000円ほど

 

う~ん・・・

 

大きなお札2枚かぁ。。。

 

お財布に入れるには楽だけど、空港到着後、タクシーに乗るとなると、100TWD単位でほしいもの。

 

しょうがないので、台湾松山空港後、空港内にあるセブンイレブンでエナジードリンクを買い小銭をゲットしました。

 

小さな買い物過ぎると、大きなお札が混じってきちゃうので、『全部100TWDでちょうだい』とお願いしたら、快くくれました。

 

台湾松山空港到着後、出口を出る前に両替所があり英語も通じるので、現地空港到着後に、100TWDを混ぜてもらって両替したほうが便利です。

 

2. チップは不要!

 

f:id:globalcat:20190126233256j:plain

画像:photoACクリエイター:sayokoさん

 

台湾ではチップは基本的には不要です!

 

何か特別に助けてもらった!という時には、気持ちでチップをお渡ししましょう。

 

3. 松山空港が断然便利

 

f:id:globalcat:20190126222411j:plain

 

松山空港は、台北中心地までタクシーで10分(160TWD: 640円ぐらい)ですので断然便利です。

 

また、松山空港は小さな空港なので、出国・入国もとっても楽です。

 

ANAは松山空港に乗り入れています。

 

わたしは、ANAを利用したので松山空港しか経験がないのですが、桃園国際空港は市街地から離れており、車で30~40分ほどかかるようです。

 

台湾人の話によれば、桃園国際空港は欧米向けの長距離フライトを乗り入れており、松山空港よりも大きい印象です。

 

また、桃園国際空港は中華航空やLCC格安航空会社も多く乗り入れているとのことです。

 

出張の場合は、なるべく空港間の移動は楽に短くしたいもの。

 

時短のため松山空港が断然おススメです。

 

ただし、松山空港の無料Wifiはホープレス

 

全然、つながりませんでした。

 

4. トイレ事情(紙が流せない!)

 

f:id:globalcat:20190126222729j:plain

画像:photoACクリエイターガイムさん

 

わたしがこの度一番衝撃を受けた事件が、台湾のトイレ事情です。

 

羽田空港の本屋で購入した小さなガイドブックをフライト中に斜め読みして事前情報を得ていてよかったです。

 

台湾は、下水道が古く整備が遅れているため、トイレットペーパーが流せない施設がほとんどです。

 

わたしが宿泊したホテルは台北中心地の4スターホテルですが、トイレットペーパーをトイレに流すことができませんでした

 

TOTOのきれいなトイレでウオシュレットも万全!

 

なのに、トイレットペーパーを流せない(;^ω^)

 

部屋のバスルームに特に注意事項の案内はないのですが、念のためフロントに確認したところ、

 

『トイレットペーパーは流してはダメです。備え付けのゴミ箱に捨ててください』

 

と説明されました。

 

『うっそぉ~~~やだぁ=(; _ ;)』

 

どうしても抵抗があったので、もう一回、別のスタッフに聞いてみました。

 

『流せません、ごみ箱に入れてください』と同じ返事(;^ω^)

 

習慣とは怖いもので、ついつい便器にポイっとしてしまいそうになります。

 

台湾でも場所によっては、流せるところもあるようですが、たいていの施設がダメです。

 

『トイレットペーパーがトイレに流せる幸せ』

 

台湾に行くまでは、考えもしなかった喜びです。

 

帰国後、トイレにトイレットペーパーが流せる爽快感。

 

嬉しかったです。

 

また、公衆トイレにはトイレットペーパーが備わってない場合もありますので、ポケットテイッシュの持参は必須です。

 

5. 地下鉄・駅構内で飲食は罰金!

 

f:id:globalcat:20190126223158j:plain

 

気をつけなきゃならないこと。

 

それは、地下鉄駅構内や電車の中での飲食です。

 

発見されたら罰金が課せられます。

 

現地の台湾人曰く、水もガムもダメ、とのこと。

 

バブルミルクティを片手に駅に向かう途中に注意され、驚いたルールでした。

 

気をつけましょう(;^ω^)

 

ちなみに、地下鉄の切符の買い方は簡単です。

 

券売機で、『日本語』を選んで、案内に進むだけです。

 

ちなみに、地下鉄の近距離1~2区間ぐらいなら20TWD ( 80円ぐらい)です。

 

気をつけたいのが、チケットが紙ではなく、特別な青色のプラスチック製?のICコインなので、チケットが手元に残りません。

 

=領収書が出ません。(出なかった(^-^;)

 

改札機の近くに窓口があるので領収書が欲しいと言えばくれます。

 

また、改札の通り方は、青のICコインをスイカのようにかざし改札をくぐります。

 

改札を出る時は、コインを改札機の中に入れます。

 

6. それ、ミネラルウオーター?

 

f:id:globalcat:20190126223359j:plain

 

台湾の水道水は飲まないほうが無難です。

 

歯磨きやうがいは大丈夫です。

 

お腹が弱いわたしは、水や氷に要注意で、ミネラルウオーターの常備は必須なのですが、台湾では、ペットボトルの水が全てミネラルウオーターとは限りませんのでご注意を。

 

台湾で販売されているペットボトルの水は、

 

〇水道水をろ過したもの

〇ミネラルウオーター

 

の2種類があります。

 

水道水をろ過したものは『自來水』と記載があり、ミネラルウオーターは『礦泉水』と記載があります。

 

水道水をろ過した水は、ミネラルウオーターに比べ極端に価格が安いので、価格帯でも判別できます。

 

ホテルのお部屋でも、

 

〇水道水をろ過した水!?は無料

〇ミネラルウオーターは有料

 

でした。

 

f:id:globalcat:20190126223451j:plain

 

これ↑↑↑ホテルに無料サービスとして置かれていたペットボトルの水ですが、『純浄水』とあり、問題ない飲料水質だとは思うのですが、『地下水〇〇』とあるので、なんとなく不安でやめておきました。

 

お腹が弱いわたしは、念のため水道水をろ過したものは避け、ミネラルウオーターを選ぶようにしました。

 

台湾には、セブンイレブンやファミリーマートが街角にたくさんありますので、エビアンやヴォルビックなど馴染みのあるミネラルウオーターも手軽に手に入ります。

 

※ファミマなどコンビニではクレジットカードが使えませんでしたので、キャッシュが必要です。

 

下記、台湾の水事情について詳しく説明があり参考にさせて頂きました。 

 

takuhaisui.info

 

7. 英語が通じない!筆談の準備を

 

f:id:globalcat:20190126224542j:plain

 

わたしがアジア諸国の出張で不安に思うことは『英語が通じない』ということです。

 

欧米への出張は英語が通じないということはほとんどなく、言葉が通じるため安心感がありますが、日本も含めてアジアの場合は、英語が話せない人が多いというのが難点です。

 

松山空港到着後、タクシーに乗ってホテルに向かいましたが、タクシーのドライバーは、英語がさっぱりダメで、Receipt(領収書)という言葉も通じず、悪戦苦闘しました。

 

なんとか筆談で乗り切りましたが、焦りました(;^ω^)

 

出張で来ているので、もちろん帰国後会社に清算する必要がありますので領収書の入手は必須です。

 

 

ホテルからタクシーに乗る際には、コンシェルジェに

 

〇行き先

〇支払い方法

〇領収書の依頼

 

を予めドライバーに伝えてもらうようにお願いすると安心です。

 

ちなみに、ホテルから松山空港に向かった際のタクシードライバーは、英語が比較的通じたので歓談できました。

 

f:id:globalcat:20190126224842j:plain

 

スパイダーマンが大好きなドライバーさんで、車内はスパイダーマン一色(^-^;

 

f:id:globalcat:20190126224929j:plain

 

ハンドルも、携帯の待ち受けも、インテリア全てがスパイダーマン!!!

 

スパイダーマンに守られている気分でした(o^o^)/ 

 

アジア出張の際には、いざという時の現地語筆談をあらかじめ準備する必要があると思いました。

 

必須で必要なのは、

 

〇ホテルの名前と住所

〇領収書をください

〇松山空港までお願いします

〇いくらですか

 

このぐらいを現地語(北京語)でメモっておけば安心です。

 

現地のタクシーのドライバーが年配の方も多いので、老眼である可能性も高いです。

 

文字は大きめに!準備しましょう。

 

8. お腹を壊さない工夫

 

f:id:globalcat:20190126235916j:plain

 

わたしは昨年米国の出張で、胃腸を壊し救急搬送され、点滴をうち、薬を投与してもらうという苦い経験があります。

 

完全にトラウマです(;^ω^)

 

プライベートな旅行であれば自己責任で済みますが、出張は会社の経費を使ってするものですから、体調を崩して仕事にならないとなると大問題です。

 

現地の食べ物を楽しみたいのはやまやまですが、胃腸に自信が持てない以上、極力お腹を壊さない工夫が必要です。

 

体調管理は仕事のうちです。

 

〇生水を飲まない

〇氷を避ける

〇生ものも避ける

〇冷たいものも極力避ける

〇アルコールも極力避ける

〇食べ過ぎない

 

特に、生水、氷、生もの(刺身やフルーツなど)は口にしないように気をつけるようにしました。

 

4スター以上のホテルの朝食であれば問題ないと思いますが、切ってあるフルーツやサラダ、氷水などはなるべく避けるようにしました。

 

アルコールは必要に応じてたしなむ程度に留めるようにします。

 

台湾では、夜市(ナイトマーケット)が有名ですし、食べ歩きなども楽しみたいものですが、ここはぐっと好奇心をおさえて、雰囲気を楽しむだけに留めました。

 

お腹が強い人なら夜市で食べ歩きも良いかと思いますが、わたしは自信がないのでやめておきました。

 

でも、台湾人がせっかくすすめてくれるものは、なるべく食べたいものです。

 

『わたし、お腹が弱いの』

 

ということを予め事情をお伝えした上で、

 

〇デパートの中

〇それなりの店構え

 

の飲食であれば、あらかじめ腹をくくり、いただくようにしました。

 

小籠包は鼎泰豐・Din Tai Fung・ディンタイフォン!

 

f:id:globalcat:20190127000302j:plain

 

日本にも進出していますが、大変美味しい小籠包をはじめ、台湾人おすすめのメニューをいくつかいただきました♪

 

www.dintaifung.com.tw

 

9. 絶品バブルミルクティ

 

f:id:globalcat:20190126225749j:plain 

 

台湾で一番高いタワー101のはす向かいのデパートの中にあるJENJUDAN黒糖タピオカミルクティ(甘さマイルド)Mサイズ60TWD(240円ぐらい)は、絶品でしたのでおすすめです。

 

台湾出張中の食べ物で、小籠包と同じぐらい絶品でした。

 

Mサイズで十分大きいのでMサイズをおすすめします。

 

頂く前によく振って、黒糖とタピオカをよく混ぜます。

 

タピオカはとても大きくて、ストローで吸うと、ポロンポロンと大きな玉が口の中に入ってきて、なんとも言えないやみつきになる歯ごたえ)^o^(

 

タピオカにも黒糖が練って入っており、なんとも言えぬほど良い甘さの美味しさです。

 

10. プラグや変圧器は不要

 

f:id:globalcat:20190126230535j:plain

 

プラグの形は日本と同じ形です。

 

電圧は、100 – 240V と記載がある電気機器なら問題ありません。

 

出張で使うものと言えば、

 

〇ノートパソコン

〇携帯

 

の充電ぐらいでしょうか。

 

パソコンと携帯の充電であれば、上記の記載があれば変圧器は不要です。

 

11. ファミマとセブンが多い

 

f:id:globalcat:20190126230643j:plain

 

台北市街の街を歩けばファミマかセブンを見かけます。

 

日本よりも多いのではないかと思うほど、よく見かけます。

 

今回セブンイレブンには入りませんでしたが、ファミマは何度か利用しました。

 

日本のお菓子もありますし、おにぎりもあります。

 

おにぎりの中身は日本のそれとは異なりますが、ご飯に困ったらおにぎり、サンドイッチ、カップラーメンなど手軽に手に入りますので便利です。

 

f:id:globalcat:20190126230722j:plain

 

12. 日本語が通じるホテル

 

f:id:globalcat:20190126230845j:plain

 

この度、わたしは台北中心地の地下鉄大安駅(6番出口)徒歩0分の台北美侖大飯店(パーク 台北 ホテル)を利用しました。

 

Booking.comでキャンセル不可35%OFFで15,000円(朝食付き)ぐらいでした。

 

f:id:globalcat:20190126234901j:plain

 

たまたま大特価で空いていたのがタワー101が望めるキングベッドルームでしたが、あまり外を見ることもなく(^-^;

 

f:id:globalcat:20190126234821j:plain

ちなみに、これが景色(^-^;

 

景色がないお部屋で十分かと思います。

 

4スターのホテルで、宿にうるさいわたしでも、おすすめできるホテルです。

 

おすすめできる理由として、

 

〇日本語が通じる

〇大安駅0分の立地

〇親切でフレンドリー

〇とっても清潔

〇Wifi超高速

〇バスタブあり

〇シャワーブース別

〇お湯の出が良い

〇セキュリティ―Boxあり

〇ベッド寝心地良し

〇枕の高さもGood

〇落ち着いた空間

〇朝ご飯が美味しい(豊富)

〇静寂

〇チェックアウト12時

 

など、とても快適です。

 

13. 日本語が通じるマッサージ

 

f:id:globalcat:20190126231624j:plain 

 

また、台北美侖大飯店(パーク 台北 ホテル)から徒歩5分以内に、日本語が通じる足つぼマッサージ店があります。

 

東河足體所 TO-KO style とうこうスタイル

No. 243, Section 1, Da'an Road, Da’an District, Taipei City, 台湾 106

Phone: +886 2 2703 0906

f:id:globalcat:20190126231511j:plain

 

予約なしで、ふらっと行っても入れます

 

受付の女性が日本語が上手ですので、電話して日本語で予約してもOKと思います。

 

施術をする男性も片言の日本語ができ、とても穏やかで優しそうな男性でした。

 

台北美侖大飯店(パーク 台北 ホテル)の玄関を出て右側に細い路地があり、進むと小さな公園がありその右側をまっすぐ行くと比較的大きな通りにでます。

 

道路を渡ってすぐ右に進むと東河足體所 TO-KO style とうこうスタイルがあります。

 

それほど痛くもなく、心地良い足つぼマッサージ(40分で600TWD = 2,400円程)です。

  

2泊3日での駆け足出張でしたが、足つぼマッサージを受けられて、絶品バブルミルクティを飲み、絶品小籠包を頂けたので満足です。

 

f:id:globalcat:20190126233627j:plain

 

14. 旧正月の時期は避ける

 

f:id:globalcat:20190126233808j:plain

 

中国、台湾、香港、シンガポールなどに出張の際には、旧正月の時期2月は避けましょう。

 

1週間ほど、オフィスもクローズ、誰も働きません。

 

日本の年末年始のような状態です。

 

2019年の旧正月は2月5日(火)です。

 

出張のアポイントは2月上旬~中旬は避けましょう。

 

15. 中国との微妙な関係

 

f:id:globalcat:20190126234743j:plain

 

台湾、中国、香港は微妙な歴史的背景があります。

 

台湾も香港をひとつの国としてみるか否かなど、センシティブな話題は避けましょう。

 

台湾の人たちは、台湾人としての誇りを高く持っています。

 

また、中国本土と同じ扱いをされることを嫌う傾向にあります。

 

台湾は昔日本の植民地であったこともあり、日本にはとてもなじみがあり、また親日家が多いため、どことなく、日本人に通ずるようなところもあります。

 

日本の話をするのはとても喜びますが、中国の話はあまりしたがらない感があるように思います。

 

個人的な感覚ではありますが、そんな感触でした。

 

 

お腹に気をつけて飲食したおかげで、体調を崩すこともなく無事に帰国することができました。

 

それでは、みなさま良い旅を

 

Have a nice day

 

Byちびまる

 

 

【2019年1月】外国銀行小切手の換金は困難!ほとんどの銀行で取扱い中止。某銀行の窓口対応にがっかり。

 

 f:id:globalcat:20190121201653j:plain

画像:photoACクリエイター:アディさん

 

外国銀行小切手取扱い中止

 

2019年1月21日付で、わたしが調べた情報です。

 

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の本店、そして八十二銀行の地元支店に電話をかけて確認しました。

 

全ての銀行に問い合わせをしたわけではないので100%正確ではありません。

  

しかしながら、上記4社の銀行に問い合わせて話を聞いている限りでは、ほぼどこの銀行も取扱いを中止している、もしくは近い将来中止する方向であると理解しました。

  

念のため、郵ちょにも電話しましたが、郵ちょはそもそも外国銀行発行の小切手の取扱いはありません。

 

みずほ銀行も三井住友銀行も中止と伺いました。

(2019/1/21本店に電話確認取りました)

 

唯一、三菱UFJ銀行のみ2019年5月末迄は、取扱いありとの回答でした。

 

三菱UFJ銀行本店の外為担当窓口に確認しました。

 

都銀の本店やカスタマーサポートなど電話したところ、まともに答えてくれたのが唯一東京三菱UFJ銀行だけ

 

口コミで評価が高い銀行だけあって、

 

〇窓口対応が迅速かつ的確

〇専門部門担当者も的確

〇かつ助言がスマート

 

でした。

 

東京三菱UFJ銀行のみが手数料5,000円ぐらいで2019年5月末まで対応してくれるようですが、東京三菱UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。

 

また、『それなら口座を作れば良い』と思いますよね。

 

でも、そう簡単にはいかないのです、地方の人間にとっては。

 

誰もがどこでも東京三菱UFJ銀行の口座を作れるわけではないようで、基本的にはお住まいの地域で、勤務先がある都道府県での開設するのが原則のようです。

 

東京三菱UFJ銀行の支店がない県にお住まいの場合は、一番最寄りの他県の支店にわざわ出向いて口座開設の審査を受ける必要があります。

 

そして必ずしも、わざわざ出向いていったとしても、口座を開設できるとは限らないそうです。

 

外国小切手を取り扱うことに関して、日本の銀行は非常に慎重であり、取り扱いをしたがらない傾向にあります。

 

また、小切手をまずは窓口で確認してもらってから、換金・入金できるかの判断がなされるようですので、仮に口座を開けたとしても、自身が所持している外国銀行の小切手を換金・入金できるかは別問題です。

 

都銀でダメなら地銀と思い、八十二銀行など電話してみましたが、今年に入って取り扱いを中止したとの回答でした。

 

ことごとく門前払い状態で、また、『じゃぁ、どこに照会すればいいの?』という答えを誰も持っていない、もしくは意図的に教えてくれない状況にあります。

 

たかだか200AUDの小切手なのですが、何の努力もせずごみ箱に捨てるわけにもいかず、ただ今、大きく苦戦中(-_-;)

 

とりあえずの解決策

 

 

f:id:globalcat:20190121203348j:plain

画像:photoACクリエイター:bBearさん

 

わたしは地方住まいで、不運にも東京三菱UFJ銀行がない県におります。

 

よって、わざわざ他県の

 

〇東京三菱UFJ銀行に出向き

〇口座開設の審査を受けて、

〇換金する小切手の審査も受ける

 

しかないようです。

 

200AUD (USDではない!)なので、銀行手数料やら、交通費やら、費やす時間やらを考えると、『捨てたほうが無難か』とも思ったりもしますが、やはりお金なので捨てるわけにもいかず。

 

時間を見つけて、東京三菱UFJに出向くしかありません。

 

外国小切手を受け取った理由

 

f:id:globalcat:20190121203822j:plain

画像:クリエイター:acworksさん
 

 

先日、オーストラリアの年金ファンドより小切手が送られてきました。

 

わたしはオーストラリアに永住権を持ち、長年シドニーに住んでいました。

 

企業から年金(当時は年収の9%)をお支払いいただき、年金を運用していました。

 

2009年に仕事の都合で帰国し、オーストラリアに帰る理由もなくなり永住権放棄と共に、年金も返金解約しました。

 

永住権を放棄した2014年頃に、年金を解約した際もオーストラリアのNational Australia Bank (NAB)の小切手が送られてきたのですが、その際には何の問題もなく自身の口座に入金できました。

 

5年後の今、状況は大きく変わりました。

 

外国銀行発行の小切手は受け取らないほうが良いでしょう。

 

換金できなければ、ただの紙切れでしかありません。

 

わたしも散々年金ファンドには、外国送金をお願いしましたが、銀行手数料がかかるからなのか、『小切手以外は対応不可』とのことでしたので、やむを得ず小切手で承諾

 

なぜ外国小切手取扱い中止に?

 

f:id:globalcat:20190121204105j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん小銭

 

ことごとく、『外国小切手の取扱いは中止しました』と言われるので、こぞって銀行が中止にする理由を聞いてみました。

 

本当かどうか真意はわかりませんが、

 

〇マニーロンダリング防止

〇回収のリスクヘッジ

〇小切手取扱いの減少

〇窓口業務のコスト削減

 

特に、『コスト削減が大きな要因?』と感じました。

 

一度、相手先の銀行から該当金額が送られてきても『返してくれと言われるケースも』なきにしもあらず、らしいです。

 

話を聞く限りでは、『結構めんどくさそうな業務』です。

 

それに加えて、

 

〇電子マネーの進化

〇店舗業務の減少

〇店舗の減少

〇コスト削減?

 

銀行も企業運営が大変なのかもしれない、と考えてしまいます。

 

だから、需要が少ない業務は淘汰されていく。

 

銀行窓口の対応に『がっかり』

 

f:id:globalcat:20190121210748j:plain

画像:photoACクリエイター:FineGraphicsさん

 

外国銀行小切手の取り扱いが中止になったという『仕方がない』部分は、受け入れるしかありません。

 

ただし、取扱いが中止になったと顧客に伝える、銀行側のカスタマーサービスの質は別問題。 

 

某都銀の窓口担当の今回の対応に呆れてしまった出来事がありました。

 

朝9時開店で9:02に番号札を引いたわたしは『0人待ちです』の1番目でしたが、なぜか待たされること15分。

 

もちろん、他に待っている客もいないのに、です。

 

なかなか窓口担当者が出てこず意味もなくひたすら待たされました。

 

時間がないから、朝一番で来て早く用を済ませたいのに、

 

なぜにこんなに待たなければならないのだろう?

 

理由もなく待たされるその状況に耐えかねて、

 

3人ぐらい何もせずに突っ立っているだけのおじさん社員に『まだですか?』と伺っても、

 

『もうしばらくお待ちください、そろそろお呼びしますので』と言われるだけ。

 

15分後にやっとこ現れた窓口担当。

 

『おはようございます』

『お待たせしました』

  笑顔も、ぜんぜんない。

 マスクの裏の表情ひとつ変えない、感じの悪さ。

 

『お姉さん低血圧ですか?』と聞きたくなるぐらい感じの悪さ。

 

『外国小切手を換金・入金お願いします』というと、

 

『外国小切手の取扱いはございません』の一言、以上おしまい。

 

『・・・それ、今このタイミングで言うの?』と、心の中で叫んだわたし。

 

なんのために『本日は何のご用件ですか?』と、入り口で聞いて、

番号札を渡すおじさんが3人もいるのだろうか

 

『外国銀行が発行した小切手を入金したい』と伝えたにもかかわらず、

 

『なぜ番号札を渡す時点で、取扱い中止の事実を伝えない!???』

という怒りが爆発しそうになるのをおさえつつ、

 

『では、わたしは、この小切手をどこで換金すればよいのですか』と聞くと、

 

 『当行以外のサービスに関してはわかりかねます』の一点張り。

 

『わかりません』のオウム返しです。

 

なんのヒントもなく、考えるそぶりもなく、同情するそぶりもなく、

 

『当行ではわかりかねます。』との一点張り。

  

完全にホープレスな対応

 

頼りにならない銀行、と思ってしまいました。

 

頼りにならない銀行なら、別にこの銀行に口座を持つ必要はない、と思ってしまいました。

 

この某都銀では、以前も同様の事象がありました。

 

外国企業の取引先が外国銀行発行のVISAからキャッシュアウトができずに困っていたときのこと。

 

間がなく、窮地に立たされていたので、藁をも掴む思いで、助けを求め銀行窓口を訪ねたが『わかりません』の一言で門前払い、何も助けてくれません。

 

というより、助けようとさえしてくれなかった。

 

その銀行の目の前のコンビニATMで簡単にキャッシュアウトできるにもかかわらず(偶然後から知ったことですが)、です。

 

結局、自身で解決策を見つけ窮地を脱したものの、その銀行窓口の対応には、ただただ『がっかり』の一言です。

 

その『がっかり』に輪をかけ、今回の対応で『失望』となり、わたしの中で『信頼喪失』につながりました。

 

一度失われた信頼は、なかなか元には戻りません。

  

時に、個人の顧客が相談することなんて、窓口担当の直接的な問題でもないし、自身が属している会社とは無関係な問合せかもしれません。

 

でも、そこで、どれだけ親身になって目の前で困っている人を助ける姿勢を見せられるか、で、顧客の信頼や吸引力に差がつき、その差は長い目で考えれば『雲泥の差』だと思うのです。 

 

要するに、その銀行に対する信頼する力・ロイヤリティに影響を与えます。

 

そのコンビニATMは他の銀行だったのだから、知っているけど教えなかったのか、無知なだけなのかは知らないけれど、

  

ホスピタリティーのかけらもないなと思ってしまいました。

 

今回もまったく同じ。

  

例えわからなくても、言い方っていうものもあるだろうし、『わかりませんのオウム返しではなく』、せめて、『これいう手はどうか、あーしてみてはどうか』など、

 

銀行員ならではの知恵、もしくは業界ならではの知識というものがあるのでは?と思ってしまいます。

 

 

『わかりかねますといってシャッターを下ろすのは簡単』だけど、顧客は離れていく一方だと思います。

 

何の解決にもならないまま時間が過ぎ、『わかりました、では、通帳の記帳だけお願いします』と、また待たされること15分

 

今度は、『記帳するオペレーターがただいま作業をしておりますが、もう少々時間がかかります』とのこと。

 

なぜ時間がかかっているのかの説明もないまま、その時点で来店から45分。

 

45分間の間、何の用も足せていません。 

 

店内には、ほとんどお客さんがいない、にも関わらず。

 

どのぐらい時間がかかるかもわからないというので、『もう結構です』といって、諦めて立ち去りました。

 

一言も『申し訳ございません』と言わない(言えない)窓口担当に、完全に飽きれました。

  

他の国なら、こういう対応でも仕方ない、と受け入れられるかもしれない。

 

でも、日本では、もっと高いホスピタリティを当然のこととして求めてしまいます。

 

頭にきてしまうのが、営業の電話はがんがん業務時間中にかけてくるのに、いざ困って相談をした際に門前払いというところ。

 

必要な時に助けてくれないなんて、そんなサービス要らない。

  

『お・も・て・な・し』の心を持つニッポン。

 

1歩、2歩先のサービスを提供できる国であってほしいと願うばかりです。

 

わたし自身も、ユーザー目線で対応することを忘れてはいけないと、思っています。

 

例え自身の会社では提供できないことであっても、

 

目の前に困っている人がいる時に、

 

なんとか助けてあげたい、

 

なんとか力になりたい、

 

そう思えるニッポン人でありたい。

 

企業人である前に、一人の人間として、そう思います。 

 

わたしは欲張り、わがまま、と言われます。

 

求めすぎるのかもしれません。

 

でも、諦めたくないんです。

 

自分自身も、ニッポンも。

 

素晴らしいニッポンであってほしいし、素晴らしいニッポン人でもありたい。

 

明日から台湾出張で、こんなしょうもないことで、イライラしている場合じゃない。

 

気持ちを切り替えて、明日から海外出張いってきます。

 

それではみなさまhave a nice day

 

Byちびまる

 

※ 念のためのお断り・・・

本サイトの情報は、サイト運営者が個人的に各金融機関に電話にて確認した2019/1/21時点の情報であり、その後、どのように状況が変わっていくかはわかりません。 実際に外国銀行発行の小切手の換金および銀行口座への入金をご検討されている方は、必ずご自身にて、お住まいの最寄りの銀行窓口もしくは適宜金融機関にご相談・ご確認の上ご対応くださいますようお願いいたします。

腸内環境を改善するヨーグルトで人生バラ色

 

f:id:globalcat:20190120214749j:plain

画像:PhotoACクリエイター:APSさん

 

はじめに・・・

 

わたしの知人で、ひどい下痢症だった人の話です。

 

ヨーグルト習慣で体質改善ができたという方のお話しです。

 

あくまで1個人の経験であり、誰にでも当てはまる話ではありません。

 

また、本記事は、下痢症の治療や体質改善を医療の側面からアドバイスするものではありません。

 

その点をご了承頂いた上で本記事をお読み頂き、ご自身の判断と責任において本記事の内容を参考にされてください。

 

下痢症の辛さ

 

いろいろな方のお話を伺っていると、

 

〇下痢は男性の悩み

〇便秘は女性の悩み

 

が多いように思います。

 

わたしは、いずれも・・・遭遇しますが(-_-;)

 

ヨーグルトを食べ始めてから劇的に体質改善をされて、辛い下痢の苦しみから解放されたというお話を伺ったのでシェアさせて頂きます。

 

あくまで個人の体験なので、誰にでも当てはまるとは限らないのは承知で、説得力があったのでわたしも実践しようと思いました。

 

その方のお話ですと、

 

幼い頃から、下痢をするのは当たり前。

 

お酒を飲むと下痢。

 

外出するたび下痢。

 

腹痛と下痢は日常茶飯事で、持病のようなもので改善できないと思っていたようです。

 

要するに、諦めていたそうです。

 

体質だから、しょうがないんだと。

 

いつどこで急にお腹が痛くなって、襲ってくるかわからない下痢。

 

怖いですよねぇ。

 

営業職の彼は、もちろん顧客訪問が仕事であり、電車に乗ったり、飛行機に乗ったりするのは日常茶飯事。

 

移動中、いつも考えているのは『トイレ』のことばかり

 

どこにトイレがあるのか。

 

便秘も苦しくて困りものですが、下痢は緊急事態に陥るので大変ですよね。

 

いざとなったらすぐに駆け込めるトイレの位置情報を把握するのはとても重要。

 

いつ下痢に襲われるかわからない不安な毎日

 

電車に乗れば、用もないのに、トイレのある駅で下車

 

不安で仕方がないんだそうです。

 

長旅でトイレがない環境は、下痢の悩みを抱える人にとっては地獄の苦しみ

 

わたしもお腹が弱いので、お腹の悩みは他人ごとではありません。

 

自分がいつどこで、同じ苦しみに遭遇するかわからない、と思いました。

 

テロリスト並みに臭いオナラ

 

f:id:globalcat:20190120220153j:plain

画像:photoACクリエイター:マロンマロンさん

 

オナラをするたび『テロリスト並みの臭さ』と家族に迷惑がられていたそうです。

 

テロリスト並みに臭いオナラって・・・

 

なんだか、、、すごそう(*o*)

 

腸内環境を整える書籍を読む限り、腸の中から出てくるガス(オナラ)の臭いが異様に臭いというのは、腸内環境が悪く、悪玉菌優勢の状態なんだそうです。

 

オナラが臭ければ臭いほど、善玉菌がコテンパにやられ、7割型の日和見菌が悪玉菌よりになって、悪玉菌が圧勝の状態ということでしょうか(あくまで想像)・・・。

 

とにかく、臭すぎるオナラというのは、腸内環境がよろしくないようです。

 

ヨーグルトを食べる習慣を徹底的につけてからは、彼のお腹のテロリストは、善玉菌にて無事に退治され、『臭いオナラ、さようなら』という状態になれたようです。

 

便や尿は健康のバロメーターとはいったもので、用を足した後に、排せつ物の様子を確認するというのは大事ですが、オナラも体調管理のバロメーターになるとは。

 

便の場合は、

 

〇色

〇形

〇固さ

〇臭い

〇量

〇頻度

 

尿の場合は、

 

〇色

〇濃さ

〇泡立ちの有無

〇臭い

〇量

〇頻度

 

でしょうか。

 

まさかオナラも腸内環境のバロメーターになるなんて、知りませんでした。

 

オナラは臭いもの!?と勝手に思い込んでいました笑

 

ヨーグルトで人生バラ色

 

f:id:globalcat:20190120220706j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん 

 

彼がヨーグルトを摂取する機会を得たのは、所属会社の産業医の先生からすすめられたのがきっかけだそうです。

 

健康状態のヒアリングを受けた際に、『それは腸内環境がかなり悪いね。だまされたと思って、ヨーグルトを朝昼晩食べてみて』と言われたのがきっかけ。

 

ヨーグルト習慣をはじめたところ、1週間で体調の違いを実感したそうです。

 

〇お腹が痛くならない

〇下痢にならない

〇オナラも臭くない

 

ヨーグルトを朝・昼・晩とこまめに摂取し、また、ご飯の量を減らし、バランス良い食事をとるようにも心がけた結果、びっくりするぐらいお腹の調子が良くなったそうです。

 

さらに、腸内環境が大きく改善したおかげで、自然に体重が5kg落ちたそうです。

 

まさにヨーグルト様様で、人生は一転バラ色に!!!

 

f:id:globalcat:20190120221112j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん

 

ヨーグルトで、人生が変わった!と目がキラキラ♡

 

お腹の調子が良くなるということは、お腹の悩みがなくなるだけでなく、免疫力も高まり、また気分も爽快!ダイエットにも成功し、気分上々⤴になれるようです。

 

腸内環境が正常化し、体質改善に至ったようです。

 

彼の体験は1個人の体験であり、誰にでも同じように当てはまるかどうかはわかりませんが、腸内環境の不具合があるなら、ヨーグルト習慣を試してみる価値はありそうです。

 

複数のヨーグルトを摂取する効果

 

f:id:globalcat:20190120221248j:plain

画像:photoACクリエイター:きなこもちさんヨーグルト 

 

世間では、『自身にあったヨーグルトを見つけたほうが良い』と耳にすることがありますが、そうとも限らないようです。

 

彼がカウンセリングを受けた先生の話によると、腸の中にはたくさんの菌が共存していて、それらのバランスが平和に保たれていることが大事とのこと。

 

人間関係に限らず、腸内のそれぞれの菌たちの関係も、『調和・ハーモニー』が大事なんですねぇ。

 

腸内の善玉菌、悪玉菌、日和見菌を平和にバランスよく維持するには、いろんな種類の食べ物をバランスよく食べるのが大事で、ヨーグルトも同様なのだそうです。

 

1種類のヨーグルトだけを食べ続けるより、何種類ものヨーグルトを適当に摂取するほうが、腸がさまざまな菌に対応できる力を持てるのだそうです。

 

『これではければダメだ!』みたいな思い込みは捨てたほうが良いらしい^^;

 

どんなヨーグルトでも良いから、『おいしそうだな』と思ったものを手に取り、朝・昼・晩に摂取すると良いそうです。

 

ヨーグルトの形状も、

 

〇液体

〇固形

〇ゼリー状

 

なんでも良いそうです。

 

腸内環境を整え人生バラ色♪

 

わたしも朝昼晩ヨーグルトを摂取し始めました。

 

まだ、それほど劇的な変化は見られないですが、続けてみようと思います(o^^o)

 

それでは、みなさま have a nice day

 

By ちびまる

 

※念のためのお断り

本記事の内容は、1個人の経験談です。全ての方に当てはまる内容とは限らず、あくまで1事例の参考として読んでください。また、本サイト管理者は医療関係者ではありませんので、本記事は下痢症の治療や改善を促すものでもありません。本記事を読み、体質改善のためにヨーグルト摂取をご検討の方は、ご自身の判断と責任においてお願い致します。本ブログ管理人は一切責任を持てませんのでご了承ください。

サウナで血行を改善し、自律神経を整える

 

f:id:globalcat:20190117122024j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

  

 

自律神経が乱れている自覚

 

自律神経が乱れている自覚がわたしにはあります。

 

〇変な汗をかく

〇息苦しい時がある

〇お腹が冷える

〇時々動機がする

 

など。

 

特に、体の冷えがひどくて、週2回の運動をしても、お風呂に入っても、すぐに冷えてしまいます。

 

汗をかくのは脇の下と顔そして胸のあたりぐらいで、足は冷たいまま。

 

スチームサウナにはいっても、顔はすぐに赤くなり熱くなるのに、手足はなかなか温かくならない。

 

また、時々お腹を触ってみると、お腹だけが異常に冷たい時も多々あります。

 

明らかに血行不良・・・。

 

自律神経の乱れは、

 

〇生活の乱れ

〇ストレス

〇加齢

 

など、いろいろな要因はあるにしても、自律神経の乱れによる『体の冷え(特にお腹の冷え)』をなんとか改善したいと思っています。

 

腸内環境が悪い自覚

 

昨年は海外出張する度に胃腸を壊し、大変辛い思いをしました。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

今年の抱負は、『腸内環境を整え免疫力UP!』そして、胃腸のトラブル回避です。

 

突然やってくる胃のむかつき、腹部の激痛、そして下痢。

 

具合が悪くなってから、いくら胃薬や整腸剤を飲んだところで後の祭り。

 

全然効果はなく、逆に症状を悪化させます。

 

幾度となくやってくる突然の体調不良を繰り返していると、トラウマ(そして臆病)になります。

 

胃が痛い、気持ち悪い、お腹が痛い、下痢 etc. 日本にいても、体調悪くなると辛いのに、慣れない海外の環境で、仕事もこなさないといけないとなると、生きた心地がしません。

 

今年は、根本的な体質改善を図ります。

 

自律神経をまずは整え、そして腸内環境を改善し、免疫力をあげる。

 

海外でバリバリ仕事ができるように、自己管理に励みたいと思っています。

 

高温サウナの良さを知る

 

f:id:globalcat:20190117075351j:plain

画像:photoACクリエイター:丸岡ジョーさん

  

自律神経を整えるにはどうしたら良いか、無理なくできる工夫を探していました。

 

自律神経が整う

血管縮小の正常化

血行不良の改善

冷え性の改善

腸機能の改善

 

この流れが正しいかどうかはわかりませんが、少なくともわたしにとっては、

 

〇血行不良

〇体の冷え

 

を改善するのが大切なのではないかと思っています。

 

血行を良くするには、刺激が必要です。

 

高温サウナの可能性を考えてみました。

 

実は高温サウナは、『尋常じゃない暑さ』=『不快』と感じて遠ざけていました。

 

以前に何度かトライしましたが、いずれも1分以内に断念

 

断念の理由は、サウナ入った瞬間の足の裏の熱さ(;^ω^)

 

アチチっ!な足裏にすぐギブアップ。

 

忍耐力がないわたしは、『我慢してまで入る必要ないだろう』と、どこかで『高温サウナは自分とは無縁』と思っていました。

 

サウナに入る『明確な目的』がなかったのです。

 

しかしながら、サウナの効果を改めて読んでみると、『私に必要なことばかり!』と気がついたのです。

 

サウナと冷水への入浴は、交感神経と副交感神経を交互に刺激します。

 

交換神経と副交感神経を交互に刺激をすることで血行が促され、自律神経を整える上で重要な『血行改善』が期待されます。

 

自分の中では『治療のような位置づけ』で、高温サウナに興味を持ちました。

 

ひとは、目的があれば考え方や感じ方も変わるものです。

 

『わたしの体にサウナが必要』と思えば、サウナ入浴は『3度の食事と同じこと』、やって当たり前と思えてくるはず。

 

実際に目的を持ってサウナ入浴に取り組んでみると、『足裏のアチチも、ほんの一瞬だけ』ということがわかりました。

 

また、姿勢を正して目を閉じて、じっと無心になることに集中すれば12分などあっという間に過ぎていきます。

 

また瞑想することになるので、『高温サウナ入浴は癒しになる』ということも知りました。

 

ある程度の忍耐は必要ですが、無理を感じることもないので、『高温サウナは意外といけるかも』と確信しました。

 

サウナ初心者のわたしは、無理をせずに、

 

〇サウナ12分

〇冷水10秒

〇休憩10分

 

を2セット行うこととしました。

 

時間がない時は、1セットでも良しとしました。

 

その結果どうでしょう。

 

1回のサウナ入浴で効果を実感できました\(^o^)/

 

30分ほどサウナ入浴に時間を費やすだけで、体温をより効果的に維持することができます。

 

高温サウナで気がついたこと

f:id:globalcat:20190117122446j:plain

画像:PhotoACクリエイター:OFFさん

 

高温のサウナ入浴で気がついたこと。

 

改めて、わたしの体は血行不良であることを実感させられました。

 

手足が真っ赤っかになり、体に熱を感じるものの、汗が思うように出ないということ。

 

そして、汗が出る場所が、

 

〇背中

〇お腹

〇脇の下

 

がメインであり、10分ほどたってからやっと額に汗がじんわり出てきますが、手足からは汗がまったく出てこないのです。

 

汗をかく場所が、緊張した時にどっと汗が出る場所と一緒なのです。

 

特に、脇の下とお腹(-_-;)

 

また、足が真っ赤っかになり、まだら模様のように血管まわりだけが赤くなってる!?というような不思議な状態に。

 

いずれにしても、血の巡りがチグハグ

 

上手く循環していないように思いました。

 

自律神経を整える難しさ

 

f:id:globalcat:20190117122643j:plain

画像:photoACクリエイター:FineGraphicsさん

 

自律神経とは、

 

『自分の意志とは無関係に動き、臓器の活動を支配する』神経

とわたしは理解しています。

 

自分の意志とは無関係に働く神経・・・コントロールが難しそうです。

 

それも、『ストレス』『感情』などにより影響される繊細な神経

 

ストレスや感情をコントロールするのは難しいものです。

 

とは言え、自分の体なので、なんとか自己管理をしたいものです。

 

まずは血行改善!

 

高温サウナを利用して、まずは体全体の血行を改善する努力をします。

 

できれば1日2回、習慣づけたいです。

 

そして優先順位は、お腹の冷えを直すこと

 

お腹を常に温める努力をして、腸の血行を促進し、腸の蠕動運動の活発化を図ります。

 

腸が正常に動いてくれれば、消化不良も改善されるはず!

 

あとは、腸内環境を整える努力!

 

ヨーグルトを上手く活用します^^

 

それでは、みなさま、体調管理を万全に!

 

今日も一日、明るく、元気に、楽しみましょう^^ 

 

Have a nice day

 

By ちびまる

 

海外出張の段取りを早めに終わらせる工夫

 

f:id:globalcat:20190112222143j:plain

画像:photoACクリエイター:yoocoさん

 

海外出張の段取りは年末から

 

わたしは次の年の海外出張の段取りを年末あたりから、ぼちぼち始め、

 

年始に年間の予算確保、2月頃までには年間の出張スケジュールを確定させます。

 

理由は、早く本来やるべき仕事に全集中するためです。

 

出張が始まってしまえば、仕事の段取りで忙しく、宿やフライト予約に構ってる暇はありません。

 

次から次へとあちこち飛んでいかなければならないので、たぶんその最中はヘロヘロ_| ̄|○

 

なので海外出張に関わる雑用はチャッチャと片付けてしまいます。

 

海外出張は、国内の出張とは異なり、出張に出かける前に段取りや確認すべきことがたくさんあります。

 

例えば、

 

〇パスポート残存期限

〇査証の要否

〇フライト照会・手配

〇宿泊先の手配

〇保険の申し込み

〇治安情勢

〇地理的情報

〇言語確認(英語の可否)

〇現地の交通情報

〇現地の通貨

〇チップの習慣

〇商慣習マナー

〇飲食の注意事項など

 

上記を下調べした上で、現地取引先とのアポイントや商談、展示会、顧客訪問、会食などの段取りをする必要があります。

 

異国の地に出かけていき、まったく知らない土地で仕事をするというのは、想像以上に大変でストレスがかかるものです。

 

一言で言えば、『わからないことだらけ』です。

 

何をするにしても、イチイチわからないことが多いので、自力で答えを見つけることは極力しないで、『まずは現地の人に尋ねる』ことを優先し時短に努めます。

 

また、想定外のことが日常茶飯事的に起こるので気を引き締めて、慌てずに、臨機応変に柔軟な対応が求められます。

 

海外出張に月1~2回出かけるわたしは、出張が始まったら、出張段取りに時間を割く余裕はありません。

 

出張の手配の心配をせずに、本来の仕事に集中するためにも、フライトやホテルの手配を早めに済ませ、ひとまず現地の基本情報だけを揃えて、余裕を持って海外出張にのぞみたいものです。

 

ムリのない年間スケジューリング

 

f:id:globalcat:20190112222410j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさんバッグ

 

海外出張は、新しい世界を肌で感じることができるので楽しいことも多いですが、メンタル面での疲労はもちろんのこと、身体的にも大きな負担がかかります。

 

仕事は大事ですが、自身の健康と安全が何より大事です。

 

ムリのないスケジュールが必要です。

 

私の場合は、長距離フライトである欧米への出張も多いため、地球を西に行ったり、東にいったりと、とにかく大忙し。

 

長距離移動ですと、日本時間とは真逆のタイムゾーンへ行ったり来たりするので、体内時計の調整も容易ではありません

 

特に胃腸のトラブルはつきもの(^-^;

 

ジェットラグなど睡眠の問題はないのですが、わたしは胃腸が弱いので、少しでも無理をすると胃腸の調子を崩してしまいます

 

ただでさえ、胃腸がそれほど強くないのに、慣れない海外で、朝から晩まで働いて疲労がピークな中、日本時間の真夜中に重たい食事をすることになるので、胃腸への負担は計り知れません。

 

一昨年は、

 

〇5月ポルトガル(西)

〇5月コペンハーゲン(西)

〇6月トロント(東)

〇7月シカゴ(東)

〇10月西海岸USA (東)

 

欧州⇔日本⇔USAを行ったり来たり。

 

最後の10月USAの出張では、

 

〇日本⇒サンディエゴ

〇サンディエゴ⇔サンフランシスコ

〇サンフランシスコ⇔シリコンバレー

〇サンディエゴ⇒日本

 

と20日の間に展示会3つをこなしつつ、都市間を頻繁に移動しながら顧客訪問をするという過密スケジュール。

 

海外出張の終盤にかけて、完全に胃腸が壊れてしまい、大変辛い思いをしました。

 

今年は、昨年もよりさらにハードなスケジュール

 

欧米に加えてアジア各地も訪問します。

 

アジアとなると、食べ物や水など衛生面の懸念もあり、胃腸を壊してしまわないか、大きな不安もありますが、なんとか順調に仕事をこなし、良い結果を日本に持ち帰る必要があります。

 

自分の体調を考えつつ、年間の全体的な海外出張をバランス良くスケジューリングをする必要があります。

 

なるべく出張と出張の間は、1週間以上のブレイクを入れ、各訪問国の

 

〇季節的な要因

〇ホリデーシーズン

〇予算立ての時期

 

なども考えながら、予定を組みます。

 

暑過ぎず、寒過ぎない季節で、かつ現地のホリデーシーズンに当たらないようにすることは、海外出張予定を組む際に結構重要です。

 

気候の大きな変化は、体調を崩しやすくなります。

 

また、6月~8月はサマーホリデー、もしくは、4月のイースターホリデー、12月のクリスマスホリデーなど、市場が完全にオフ状態になる地域もあります。

 

市場が閑散期で顧客を訪問できないようでは、お金をかけて訪問する意味がありません。

 

よく現地の代理店と話をしながら、いつ訪問するのがベストなのかを考え、出張計画を立てる必要があります。

 

海外出張シミュレーションをする

 

f:id:globalcat:20190112222844j:plain

photoACクリエイター:TicTacさん

 

相手方に訪問の打診をする前に、必要な予算の確保をする必要があります。

 

予定を細かく立ててから予算申請では、全てにおいて行動が遅くなります。

 

年間の海外出張予算を頂くために、ざっくりと年間の海外出張シミュレーションをしてみます。

 

相手の予定を聞いてから・・・なんて言っていたら、いつまでたっても、何の出張もFIXできないので、訪問時期はダミーで決めておいて、後で調整すれば良いのです。

 

その上で、航空券や宿泊費などをざっくり把握します。

 

予算オーバーしないためにも、少し多めに見積もって決裁を取りにいきます。

 

旅費は出発の時期に大きく左右されますので、計画が変更になっても予算オーバーしない段取りが必要です。

 

稟議申請は簡潔に、迅速に

 

f:id:globalcat:20190112223141j:plain

photoACクリエイター:acworksさん小銭

 

年間のおおよその予算を立てて、

 

〇販売戦略のプレゼンし

〇戦略計画に合意いただき

〇口頭ベースでOKをもらっておく

 

それから稟議書を一気に申請しておくと決裁も早く、後々が楽です。

稟議内容は、簡潔に、

 

〇行き先

〇訪問目的

〇目指す結果

〇申請予算

 

のみを記載した申請書をエクセルで作成します。

 

1枚しっかり申請書を作れれば、あとはシートコピーで枚数を増やし、必要なところだけ修正をかければ一気に複数枚の稟議申請書を作成できます。

 

よく見かけるのが、1申請1ファイル(ワードやエクセル)で作ること。

 

わたしは1ファイルに年間の計画、そして稟議申請書を作ります。

 

そうすることで、ファイルを探す手間も省け、修正をする際もとても楽です。

 

また、稟議申請書を回す際に、稟議決裁に関わる重要人物(キーパーソン)に事前に根回しをしておくことは決裁を迅速に進める上で、とても大切です。

 

重要人物とは、稟議決裁の書類を詳細に確認する人であり、予算を出すのにお財布を握っている、もしくは一番権限がある人です。

 

最終決裁をする社長に、口頭ベースで事前に『YES』をもらっておくことは言うまでもありません。

 

軌道修正の報連相は後で

f:id:globalcat:20190112223419j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん足

 

予算の稟議決裁がおりたら、取引先とのアポイント取りです。

 

各国に散らばる現地代理店は、

 

〇国民性

〇企業文化

〇窓口のパーソナリティ

 

により、

 

〇仕事のスタンス

〇仕事の優先順位

〇仕事の進め方

〇仕事のスピード

 

は、さまざまです。

 

『YES』と確認していたとしても、さまざまな事情で『NO』と覆されることも日常茶飯事です。

 

よって、臨機応変に、相手の特徴を受け入れつつ、調整を取っていく必要があります。

 

予定が大ブレしたとしても、ストレスにならないことが大事です。

 

わたし自身、きっかり何でも白黒つけたいタイプですし、物事をさっさと決めて前倒しで進めていきたいタイプなので、『のらりくらりなタイプ』の人との仕事は大変です。

 

でも、イチイチ目くじら立てるのも、イライラするのも、ストレスを抱えるのも、結局自分のためにならないので、深呼吸をしながら柔軟に状況を受け入れつつ対応する必要があります。

 

再調整も迅速に

 

f:id:globalcat:20190112223620j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん打合せ

 

今年分は、すでに年間スケジュールを立て予算を確保したので、ただいま、具体的な年間海外出張スケジュールのアポイント調整しているところです。

 

なのですが、、、

 

さっそく計画倒れ・・・(^-^;

 

計画では、

 

3月:香港、韓国、台湾

4月:シンガポール、オランダ

5月:ドイツ、北欧、UK、スイス

6月:ハンガリー

7月:USA(NYとLA)

8月:休憩

9月:イタリア、ドイツ

10月:中国

11月:USA(ワシントンD.C.)

 

という予定でしたが、

 

台湾の代理店より『その日は会社が休み』と連絡があり、2月で調整を試みました。

 

がしかし、、、

 

『2月はsuper busy: 超多忙』とのことで、急遽1月末に行くことになりました。

 

それで、やっと顧客アポイントを取り、いざ予定していたフライトを確保しようとしたら、今度は『予定便が満席!』という事態。

 

速攻で代理店に連絡をとり、1日前倒しで予定を組み直し、フライトと宿を確保。

 

次にシンガポールですが、4月第一週に予定していましたが、4月第一週は『顧客の予算が未決定の時期』、よって

 

『すぐに売りが立ちづらい』とのことで、バイオポリスでの展示会を再調整中。

 

次にオランダですが、4月中旬に共同展示をしようとしていましたが、

 

先方が『どうしても中国に飛ばなくてはならなくなった。』と連絡が入り、共同展示の予定が崩れ、先方が来日することに

 

次にスウエーデンですが、5月の初旬に行く予定でしたが、

 

『すでに他の展示会でsuper busy 超多忙』とのことで、

 

6月は?と聞くと、『6月~8月は閑古鳥(^-^;』

 

理由は、『サマーホリデーで、誰もいない』

 

じゃぁ9月は?と聞くと、『〇日から〇日まではスクールホリデーだね』

 

と、またホリデー。

 

じゃぁ〇日は?と聞くと、『あ、その日は祝日』笑

 

と、またもやお休み。

 

『じゃぁ、スウエーデンの人は、いつ時に一生懸命ガシガシと働くの?』と聞くと、

 

『う~ん・・・ガシガシ働く日は、、、ないかもー笑』との回答。

 

そんなことはないのだろうけど、結構のんびりしている国民性のようなのですが、休み明けんなら良いかもというので、そのあたりを狙って再段取り中。

 

次にイギリスですが、予定していた展示会への回答を聞いたところ、

 

『それにはやっぱり出ないことに決めたわ』

 

⇒(えぇぇ(-_-;)私)

 

『その代わり〇〇と〇〇に出るから、あなたも来られるならwelcomeよ(^o^)/!』との回答。

 

Welcomeなのはありがたいのだが、〇〇と〇〇の展示会の日程は、わたしのスケジュールに合わない笑

 

ということで、こちらも再調整。

 

こんな感じで、見切り発車をすると再調整が必要になるのだけれど、

 

わたしのほうで予算が決定しているので、訪問目的が同じで予算内であれば問題ないので、あとは出張スケジュールのパッチワークをするだけ。

 

年間のスケジュールで、自分にとってもバランスよく、相手にとっても都合が良いところに、年間カレンダーというパズルに、ピースをはめていく作業をするだけです。

 

段取りが済んだら本業に専念

 

f:id:globalcat:20190112224334j:plain

画像:photoACクリエイター:photoBさん 

 

予定がFIXしたものから、まずはいつでもキャンセル可能な条件で宿をおさえておきます。

 

フライトについては、予約とともにキャンセル料が発生するため、

 

〇できる限り直行便

〇できる限りANA便

〇できる限り楽な乗継ぎ

〇価格

 

を調べて起き、間違いなく出張すると決まれば速攻でフライトをおさえ支払いを済ませます。

 

フライトと宿泊先をまずは決めておけば気も楽です。

 

それから、査証の要否は早めに確認をしておきます。

 

その上で、年間の海外出張スケジュールに合わせて、本業の仕事の準備を進めていきます。

 

本業の仕事の段取りや準備がひと段落したところで、

 

〇現地の基本情報

〇現地の治安情報

〇現地の通貨

〇チップの習慣

〇空港からのアクセス

〇飲食の注意など

〇おすすめ観光地など

 

直前に調べて現地入りします。

 

こんな具合で、ただ今は、年間スケジュールを再調整中でして、フライトと宿を確保している最中です。

 

最後は神頼み

 

f:id:globalcat:20190112224900j:plain

 

40代後半に差し掛かるわたしにとって、年10回ほどの海外出張は、正直言えばしんどいです。

 

何がしんどいって、やはり体です。

 

昨年は、後半に体調を大きく崩してしまい、苦しみました。

 

今年は、胃腸を整えストレスを軽減し、トラブルフリーで海外出張を無事に済ませられますようにと、神頼みしてきました^^

 

埼玉県の秩父の山奥にある『三峯神社』

 

パワースポットで有名な神社のようです。

 

www.mitsuminejinja.or.jp

 

〇健康のお守り

〇交通安全

〇気のお守り

 

3つを買って、

 

樹齢800年以上の杉の木 神木におでこをくっつけて、『神様、わたしを守ってくださーい』とお祈りしました。

 

f:id:globalcat:20190112225552j:plain

 

そして、この壮大な秩父の山を拝んで、パワーをたくさんもらってきました^^

 

『病は気から』というのは、あながち嘘ではないように思います。

 

とりあえず、信じられるものは信じてみて、担げる縁起は全部担いで、今年も頑張ろう!

 

海外出張の予定に加え、海外からの来客対応もあるため、今年も大忙しとなりそうです。

 

ブログの更新、最近スローになり気味ですが、なんとか続けられることを祈って!

 

みなさま、have a nice day

 

Byちびまる

アンケート調査で使える結果を出すために大事なこと

 

f:id:globalcat:20190109062511j:plain

画像:photoACクリエイター:紺色らいおんさん

 

調査の目的を明確にする

 

ビジネス現場において、いろんな場面でアンケート調査を行う機会が出てきます。

 

アンケート調査を行う目的は組織によってさまざまですが、ターゲット顧客層の

 

〇顕在ニーズの把握

〇潜在ニーズの把握

〇購買動向の把握

〇顧客満足度の把握etc.

 

があり、そして、アンケート調査の結果(データ)を

 

〇新商品の開発

〇新サービスの提供

〇サービスの見直し

〇新発想の模索など

 

ヒントや裏付けに役立てます。

 

わたしの場合は、営業畑なので、売上・利益を上げるためのツールや、営業活動に必要な予算の決裁を取る目的の場合が多いです。

 

プレゼン資料で『訴えるメッセージの裏付けデータ』としてアンケート調査を行うことがあります。

 

アンケート調査を行う前に、アンケート調査結果をどのように生かすのか、『出口』をしっかりと事前に考える必要があります。

 

使えるアンケート調査結果とは?

 

f:id:globalcat:20190109063041j:plain

画像:pthoACクリエイター:akizouさん

 

どんなアンケート調査の結果が使えるのか。

 

それは、わたしが思うに、

 

仮説を立てたストーリーを、

明確に裏付けられる統計結果

 

が得られるアンケートではないかと思います。

 

今まで多くのビジネス現場で目にしてきたことは、アンケート調査を行うこと自体が目的となってしまい、せっかく集めた情報が何の役にも立たない・使えないという状況です。

 

〇アンケート調査を行う

〇たくさん答えてもらう

 

ということを『仕事の主目的』となってしまい、

 

〇どんな情報を

〇何のために集め

〇どんな解析を行い

〇どんな結果を得たいのか

 

という仮説が全く立てられていない『脈略のない質問』が、ただ並べられているアンケートでは、どんなに情報を集めて解析しても、『パッとしない結果』になりかねません。

 

アンケートの質問内容を考える前に、しっかりとアンケート調査の目的を決め、『どんなアンケートの解析結果が欲しいのか』

 

そして『その解析結果から、何が得られるのか』など、仮説を立てた上で、アンケートの質問を考える必要があります。

 

『やっぱり、読みは間違っていなかった』という結果になるのか、それとも、

 

『え~っ!?まったくの想定外・・・』となるのか、アンケートを実際にとってみないと結論はわかりませんが、予算申請のための裏付けにおいては、『想定通りの結果』が欲しいものです。

 

想定通りの結果を得るためには、アンケートの回答をお願いする『ターゲット層の絞り込み』をした上で、アンケートをお願いする必要があります。

 

ターゲット層の絞り込みが甘いと、回答結果が希釈され『だから・・・何? So what?』という、どうにもこうにも使えない結果になりがちです。

 

せっかくアンケートを実施するなら、意味のある結果が出るようにしたいものです。

 

回答者目線でアンケートをつくる

 

f:id:globalcat:20190109071056j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

 

見ず知らずの相手に、わざわざ時間を取ってもらってアンケートに協力をしてもらうには、アンケートを実施する前に、しっかりとアンケート内容を吟味する必要があります。

 

まずは、相手の立場に立って、

 

〇サクッと(3分以内)

〇手軽に(ポチっと押すだけ)

〇スムーズに(トラブルフリー)

 

にアンケートを終わらせることができるような配慮が必要です。

 

質問内容を吟味する

 

f:id:globalcat:20190109071212j:plain

画像:PhotoACクリエイター:himikoさん

 

どんな質問を問いかけ、どんな回答オプションを準備するかで、アンケート結果の良し悪しが決まります。

 

アンケートのテーマをしっかりと定めて、そのテーマからぶれない質問内容にする必要があります。

 

アンケートを作成していると、どうしても、欲張りになりがち

 

あれも、これもと、質問を広げすぎると、何のためのアンケートなのかがわからなくなってしまいます。

 

アンケートテーマを軸に考えた際に、グレーゾーンに入る質問内容の場合は、『このアンケートで、本当に聞く必要があるのか?』ということを自問自答する必要があります。

 

アンケートは、回答する側の目線に立って、

 

〇テーマからぶれない

〇質問は1行で短め

〇回答は選択式で短め

〇質問数は多くても5つ

〇回答に迷わない工夫

 

をする必要があります。

 

質問内容は、シンプルかつダイレクト

 

わかりやすい言葉が良いです。

 

時々みかけるのが、質問内容が長く複雑、かつ回答内容も長いセンテンス

 

読むだけで疲れますし、嫌気がさします

 

アンケートに答えることで何のメリットもなければ、速攻で離脱です。

 

なるべく、アンケートを回答する人の負担にならない工夫が必要です。

 

アンケート無料サイトを利用する

 

f:id:globalcat:20190109071532j:plain

画像:photoACクリエイター:カメラ兄さんさん 

 

Googleで、『アンケート無料』と検索すると、アンケート無料サイトがたくさん出てきます。

 

わたしの場合は、アンケート調査を実施する対象が

 

〇海外(英語可の地域)

〇ライフバイオサイエンス

〇B to Bユーザー

 

です。

 

英語対応のアンケートプラットフォームを選ぶのは必須条件です。

 

今回のアンケートで使わせて頂いているのが、Survey Monkey というサービスサイトです。

 

アンケートサービスのサイトは数多くありますが、同業界の営業畑の人から、『簡単で、使いやすいよ』というフィードバックを頂いたので、使ってみました。

 

www.surveymonkey.com

 

無料で利用する場合、機能の制限はありますが、欲しい結果を得るには十分使えるサービスサイトであると思います。

 

特徴としては、

〇回答オプションが豊富

〇自動集計・グラフ化

〇送信オプションが豊富

 

です。

 

利用の際の手続きも簡単で、

 

〇ログイン(Googleなど)

〇テーマを入力

〇質問内容を入力

〇回答方式を決定

〇回答内容を入力

〇Webリンクを生成

〇メール送信

 

です。

 

一斉メールを送信する場合は、CSVファイルをアップロードして、そのままEmail送信できるようです。

 

今回わたしはWeb linkを生成し、個別メールでアンケートを実施しました。

 

アンケートの回答結果が、すぐにWebに反映され、グラフ化されるため、毎日アンケート結果を確認するのが楽しいです。

 

最後に・・・

 

f:id:globalcat:20190109071906j:plain

画像:photoACクリエイター:photoBさん「ノートパソコンとタブレット」
 

ターゲット顧客の率直な気持ちを知り、その上で、商品やサービスの在り方を考えることは、企業が発展していく上で、とても大切です。

 

ただし、どんな質問をし、どんな回答群の中から答えをもらうのかを良く考えて、

 

その上で、ターゲット顧客が望んでいる傾向を知ることが重要になってくると思います。

 

ターゲットのお客様となる方々が喜ぶ商品そしてサービスの提供ができるように、

 

『ターゲットのお客様を知る・理解する』こと

 

を大事にしていきたいと思います。

 

それではみなさま、have a nice day

 

By ちびまる

 

母の終活ノートと向き合う新年

 

f:id:globalcat:20190105222423j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさんキャンドル

人生の幕引き

 

人は『おぎゃ~っ!』と生まれた瞬間に人生のろうそくの火が灯され、その時点から時を刻みながら死に向かい生きていきます

 

よくよく考えると、生命って不思議

 

生まれる前は『生に向かって』細胞分裂し形となって出てくる準備。

 

生まれた瞬間、『育っていく』とともに、確実に『死に向かって時を刻む』のは誰しも平等に与えられた宿命であり事実

 

この事実からは、誰も逃れられない。

 

だからこそ『怖い』とも思うし、『安心』という一面もあるのだと思います。

 

人は自分に関係のある人の死を悼み悲しみ、『尊いもの』として感じます。

 

身近な人であればあるほど、心が近ければ近いほど、その悲しみは深いもの

 

わたしは凡人なので、多くの人と同じように、きっと感じるはず。

 

いつも当たり前のように近くにいる人の死を意識するというのは、とても複雑な心境ではありますが、早かれ遅かれ、どこかの時点で『さようなら』をしなければなりません。

 

去る方も、去られる方も、覚悟を決めて、『永遠のさようならに備える』というのは、とても大切なことかもしれないなと思う今日この頃。

 

自分の人生の幕を閉じる準備をしておくというのは、何も年老いてからでなくても、いつでも良いのかもしれません。

 

だって、人はいつ、どこで、どんな状況に置かれ、

 

人生の幕を閉じるかなんて、誰にもわからないし、

 

若くても、年老いていても、人が人生の幕を閉じるタイミングは人それぞれ

 

いつ、どの時点で、自分の人生の幕が運命によって閉じられても、悔いのない人生を送りたいものです。

 

わたしの母

 

f:id:globalcat:20190105222924j:plain

画像:photoACクリエイター:momokaphotoさん

 

わたしの母は今年で73歳

 

わたしの父も同じく今年で73歳。

 

わたしの母は、23歳で父と結婚し、父と50年間連れ添い、夫婦として生きてきました。

 

50年って、、、

 

わたしが生きている時間よりも長い(^-^;

 

『お父さんと結婚したのが人生最大の失敗』と平気で娘に言う母親ですが、

 

口は悪くても、母性本能が強く、献身的

 

いつ時でも、『自分のことより他人を思いやる優しい人』なのです。

 

確かに娘であるわたしからみても、わたしの母の苦労は絶えない

 

わたしの母は、40代でわたしの父が倒れて以来、父の分まで働き、食べ盛りの私たちを育てながら、家計を支えてきました。

 

その間、20年間も祖母の介護をしてきました。

 

やっと祖母が逝って、自由の身になれたかと思いきや、その直後に父が再度倒れ、父の介護が始まりました。

 

他人のために、いつも、いつも、働いてきた母。

 

昨年、父が介護4にて施設に入り、やっと自由の身になることができました。

 

72歳でやっと、です。

 

せっかく自由の身になれたのに、それでも毎日病院に通う母

 

父のごはんの時間に寄り添い、ご飯を食べるのを手伝い、

 

父が退屈しないようにとラジオやら、テレビやらをセットする母。

 

床ずれしないように、お尻の下に枕を入れたり、

 

寒くないように、頭からネックウオーマーをかぶせたり、

 

風邪をひかないように、除菌シートで父の手を拭いたり、、、

 

挙句の果てに、同じ病室の他のじいさんの具合にも気をかけ、

 

たくさんの人々を、ついつい、お世話してしまう母。

 

どこまで献身的で、他人に人生を捧げる人なのだろうと、娘ながら感心します。

 

どこから見ても、太ったおばさんですが、『ナイチンゲール』に見えてきます。

 

わたしの母は、もともと社長令嬢でお手伝いさん3人に育てられたというお嬢様育ち。

 

戦後間もない時代に、洋服は全て、生地選びからのオーダーメイドだったそう。

 

そんなお嬢様な母ですが、一方で野生的な一面もあり、

 

〇木登り大好き

〇ケンカも強い

〇棒持って歩く

 

まるで、ジャイアンのような女の子だったそうです。

 

小学生でも、夜遅くまで男の子を連れて、棒を振り回してほっつき歩いていたらしいです。

 

若かりし頃美人だった母は、モテモテだったのに、なぜか『うだつの上がらないサラリーマンの父』と恋に落ち、祖母の反対を押し切って結婚。

 

父と結婚し東京から田舎に移住した後も、どんな境遇であろうとも、

 

〇明るく

〇元気に

〇楽しく

〇前向きに

 

生きてきた母の姿には、感動すら覚えます。

 

どんな時でも『ラッキー♪』と考える人なのです。

 

少なからず、わたしは母のDNAを引き継いでいるので、前向きなところは、母譲りかもしれません。

 

話を聞く限り、結構、辛い思いもしてきただろうに、

 

そんな苦労はなんのその、持ち前の逞しさで気丈に乗り切ってきたのでしょう。

 

母から後ろ向きな言葉を、聞いたことがありません。

 

わたし自身は、生まれ育った町(実家がある町)は退屈過ぎて、故郷を捨ててきた人間です。

 

でも、母は大都会からど田舎に来たにもかかわらず、何にもない田舎で、

 

友達もたくさん作って、自分なりに楽しみをたくさん見つけて『最高~♪』って、いつも楽しそうに生きています。

 

母は『とても賢い人』なのだと思います。

 

わたしの母は、テレビひとつでMAX楽しめる人なのです。

 

野球、マラソン、ゴルフ、相撲、フィギアスケート、駅伝、サッカー、スポーツなら何でも好きですし、

 

音楽もクラッシックからポップスまで、アイドルだって大好きです。

 

テレビや週刊誌に、

 

〇キムタク

〇剛ひろみ

〇美輪明宏など

 

自分が好き💓と思った被写体をすぐに写メを撮る母。

 

被写体のチョイスには若干『?』と思うところもありますが、

 

母が『これはいい!』と思ったものは、とにかく何でも写メを取り縁起を担ぐのです。

 

『縁起良さそう!』と思った被写体を見つけたら、すぐにガラケーで写メを取り、待ち受け画面にしてウキウキしているのです。

 

前に走っている車のプレート番号が、11-11とか、スーパーで買い物したレシートが2,222円など語呂が良いだけでも、『きゃ~っ♪』って、大喜びする人なのです。

 

何を食べに行っても、どこに遊びに行っても、めちゃ美味しい、すっごく良いとこ、最高~♪って、『何事も大絶賛!』する人なのです。

 

そんな風にいつも楽しく、前向きに生きている母ですが、

 

『お父さんが生きている間は死ねないわね』でも、『そんなに長く生きたいとも思わない』と言います。

 

『いつ死んでもいい』って思っているようですが、『お父さんを置いていったら、迷惑がかかる』

 

だから、『お父さんも、一緒にあの世に連れていく』という、

 

自分が死んだ後先のことさえも、『他人に迷惑がかからないように』と気遣いができる人なのです。

 

『お父さんと一緒に居たいから』というのではなく、『迷惑をかけたくないから』というのが大きな理由みたいです。

 

そして、わたしの母は、とってもルーチンな人。

 

起きる時間も、買い物に行く時間も、食べる時間もほぼ毎日一緒です。

 

そして父のお世話をすることを中心に、何事も考えています。

 

親子なのに、わたしと母はある意味、真逆。

 

わたしは母のように、他人に献身的にはなれない。

 

わたしは、他人よりも自分を優先してしまう。

 

でも、母は自分よりも『他人の気持ちを優先』して生きています。

 

そんな母には、どうか余生を思い存分楽しんで、好きなように時間を過ごしてほしいと願います。

 

わたしが実家に帰るのは年に一度

 

母に会うのも年に一度。

 

今年73歳と考えると、80歳まで生きると仮定した場合、母に会えるのはあと7回。

 

『10回もない』かもしれない、と思うと、やはり年に一度の帰省は、なるべく

 

〇長く実家に滞在し

〇母とたくさん時間を共有し

〇母にたくさん贈り物をして

 

たくさん話をして、たくさん笑って、楽しい時間を一緒に過ごしたいと思います。

 

f:id:globalcat:20190105224710j:plain

 

そんなことを考えながら実家で時間を過ごしていると、母にたくさん贈り物を買ったところで、わたしの気持ちはなかなか満たされない。

 

『足りない』と思ってしまうのです。

 

父との時間も大切ですが、母は、わたしにとって特別です。

 

男前で、情に厚く、たくましく、さっぱりした性格で、心優しいわたしの母。

 

わたしの中では、『生きていてくれるだけで、安心できるのが母の存在』なのです。

 

毎週土曜日19時に必ず母に電話します。

 

なるべく話をしたいから、そして、

 

なるべく心配をかけずにいたいから、

 

そして、何より、母の元気な声を聞くだけで元気がでるものですから、

 

わたしは、毎週母に電話をかけます。

 

特に、何の用がなくても。

 

娘としては、できる限り長生きして欲しい。

 

そして、勝手ながらも、わたしを残して、あの世に行かないでと願ってしまうのです。

 

何歳になろうが、いつまでたっても、わたしは母の子供なのです。

 

いつまでも、ずっと、ずっと、ただただ、その存在に甘えていたい。

 

母の存在は偉大です。

 

母の終活ノート

 

f:id:globalcat:20190105225109j:plain

画像:photACクリエイター:キイロイトリさん
 

あっけらかんと見せられた『母の終活ノート』

 

お友達から終活ノートをもらったらしいのです。

 

『自分もいつ死ぬかわからない』と思ったようで、終活ノートには事細かに書かれていました。

 

〇葬儀は簡素に

〇銀行情報

〇年金情報

〇大切なお友達

〇母の生い立ち

〇母の思い出

〇母の好きなこと、など

 

自身が亡くなった後に、わたしと兄が困らないようにと、2歩も3歩も先回りして、考えられた情報が記されていました。

 

なんとも『母らしい』と思った次第です。

 

自分自身でも、老いを感じてきているのでしょう。

 

動きを見ている限りでは、それほど違いは感じませんが、以前よりも、

 

〇耳が遠くなった

〇同じ話を何度もする

〇忘れっぽくなった

〇理解度が落ちた

 

など、年に一度だけ母に会うわたしも、母の老いを感じるところは多々あります。

 

ある程度、自分がしっかりと認識できる間に、子供たちに大事なことは伝えておこう、『困らないように準備をしておこう』という潔さには、母の品位と気遣いを感じます。

 

今すぐどうこう、というわけでもないですが、でも、そろそろ、そういう時期『死期を意識する時』なのかなと、感じさせられました。

 

母は中学時代のお友達とも50年以上の月日をかけて、年賀状のやり取りをしてきており、今体が動くうちに、会いに行こうとしています。

 

『大切な人たちに、ちゃんと会っておく』

 

そして、我が人生に思い残すことがないように、着々と準備して動いているわたしの母。

 

娘としては、やはり複雑というか、なんとも言えぬ寂しさがあります。

 

わたしの終活準備

 

f:id:globalcat:20190105230014j:plain

 

わたしは40代なので、終活はまだ早いと言われそうですが、世界中を仕事で飛び回り、いつどこで、事故やトラブルに見舞われるか、わからない身です。

 

わたし自身、『終活の準備』をしておいても良いかなと、母をみていて思いました。

 

人はいつ、どこで、『人生の幕引きをするかわからない』ことを考えると、やはり『今が大事』と思うのです。

 

もちろん、わたしがこの世を去った時に、周囲が困らないよう段取りは必要として、

 

それよりも大事なことは、『やりたいと思ったことは、今やる』ということ。

 

明日が必ず来るとは限らない。

 

それは、わたしに限らずだれでも。

 

そう思うと、日々を

 

〇いつも明るく

〇いつも元気に

〇いつも前向きに

〇感謝を忘れずに

 

生きたほうがいい。

 

『後ろ向きになったり、落ち込んでる暇はない』と思うのです。

 

今の自分ができることを、とにかく精一杯やる。

 

そして、できる限り笑顔で、楽しく、健やかに生きる。

 

そうすることで、たとえ自身のろうそくが短い運命だったとしても、

 

その一生は輝いて、

 

充実した内容の濃いものになって、

 

ピカっと輝くお星さま☆彡になれるかもしれない。

 

とにかく、後より、先より、今が大事。

 

今を大切に、精一杯生きよう。

 

母の終活ノートから、パワーをもらえた新年でした^^

 

『お母さん、いつも、ありがとう』

 

そして、

 

『これからも、よろしく♪』

 

では、みなさまhave a nice day

 

By ちびまる

自律神経と腸内環境を整え免疫力をUP!底力をつける

 

 

f:id:globalcat:20190104160136j:plain

画像:photoACクリエイター:akizouさんイノシシ

今年の抱負は底力をつけること

 

2019年、平成最後の年が明けました。

 

皆さまは年末年始をどのように過ごされましたか?

 

わたしは長めの休暇を取り、実家でのんびりした時間を過ごさせていただきましたo(^o^)o

 

約10日間パソコンから離れ、『完全にOFFモード』にて時間を過ごしました。

 

本を読んだり、買い物に出かけたり、温泉に入ったり、テレビを見たり、散歩に出かけたり、昼寝をしたり、気の向くままに時間を過ごしました。

 

食べたいものも何でも躊躇なく頂きました。

 

やるべきことは何もなく、ただやりたいことだけやりました。

 

時間に縛られず、好きに時間を過ごしていると自然と体の調子も整い、昨年11月アメリカ出張時の体調不良からも解放され、心身共に健やかなお正月を過ごすことができました。

 

2018年のわたしは、今までにない忙しさで海外出張に出っぱなしで、体内時計が狂いまくりにて、『胃腸の不調』に悩まされました。

 

胃腸の調子が悪いと、いろんな意味でパフォーマンスが落ちます。

 

胃腸の調子が悪いと、ご飯をまともに食べられず、ちっとも元気が出ません。

 

今年はさらに海外出張が増え、忙しくなりますので、体調管理を第一優先に考えたいと思います。

 

まずは、弱い胃腸を整えて、免疫力をUPし、いざという時に底力がでるように体づくりを今年の抱負といたします。

 

では、どうすれば、胃腸を整え免疫力をUPできるか考えてみましょう。

 

胃腸が弱ると免疫力が落ちる

 

f:id:globalcat:20190104153204j:plain

画像:photoACクリエイター:ei-miさん
 

腸内環境のバランス(善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7)が崩れると免疫力が弱り、病気にかかりやすいのだそうです。

 

腸は栄養を吸収し、毒素を排泄し、自律神経を整えるのにとても重要な臓器なのでそうです。

 

腸内環境のバランスが崩れる=

自律神経も乱れている=

体が弱っている

 

ということになります。

 

自律神経のバランスが崩れるのが先なのか、腸内環境のバランスが崩れるのが先なのかはわかりませんが、

 

腸は『第二の脳』と呼ばれ、自律神経と腸内環境が、密接なつながりを持っていることは間違いないようです。

 

自律神経とは?

 

f:id:globalcat:20190104153336j:plain

画像:photoACクリエイター:まぽさん
 

自律神経とは、簡単に言えば、

自分の意思でコントロールができない『臓器を支配する神経』です。

 

自律神経には、交感神経副交感神経の2種類があり、

 

交換神経が働くと脳が興奮し緊張や高揚、活動的となり、

 

副交感神経が働くと脳がリラックスし心身ともに休眠モードに入ります。

 

自律神経は、心とも密接につながっていて、

 

〇嫌だなぁ

〇辛いなぁ

〇頭にくるなぁ

〇ストレス・・・

 

など、マイナスな感情を抱くだけでも、その感情が自律神経に影響し、終いには臓器にダメージを与えてしまいます。

 

そう考えると日々のストレスマネジメントの良し悪しも、私たちの体に影響を与えることになります。

 

気持ちの持ちよう、考え方次第で、感情をコントロールできれば、自律神経自体をコントロールできなくても、『自分自身の体のバランスを保つことはできる』とも感がられます。

 

感情のコントロールは、なかなか難しいものですが、自分にとって何が大事で優先が高いのかを考えれば、日ごろ向き合う悩みや問題のほとんどは、たいしたことではないと気がつくことができます。

 

腸内環境を整える工夫

 

f:id:globalcat:20190104153611j:plain

画像:photoACクリエイター:まぽさん

 

1. ストレスを抱えない

 

体調管理ひとつにしても、あまり神経質になってしまうとストレスになってしまい、自立神経を崩す=腸内バランスが乱れると、本末転倒です。

 

わたしは自他ともに認めるまじめで頑張り屋さんなので、ついつい無理をしてしまい体を壊してしまいがち

 

『何事もほどほどに』が大事です。

 

そして、自分が好きじゃないこと、苦痛と思うことは

極力やらないようにしようと思います。

 

『我慢が足らない』と言われそうですが、それでもいいやと思っています。

 

だから、食事にしても、運動にしても、自分が心地良いと思うこと、自分が楽しめることを中心にして、その中で『最善を尽くす』をすることとしました。

 

『頑張り過ぎない』ことが、わたしの課題です。

 

2. 水を飲む

 

水を飲むことは、それ自体でリラックス効果があるそうです。

 

また、ヒトの体において水の割合はざっくり7割らしいので、水分を補給する大切さがわかります。

 

1日1.5 ~ 2 リットルのミネラルウオーターを飲むと良いと言いますが、なかなか実行できないものです。

 

大きなペットボトルを見てしまうと『こんなに飲めない』と感じてしまいますが、コップでこまめに飲めば意外と飲めてしまいそうです。

 

朝一番と夜寝る前の水分補給は血液の流れを良くするには、大事のようです。

 

また、水分を良くとることは、疲れやストレスを軽減し、また便通にも良いようです。

 

朝一番に1杯(200mL)

朝ご飯時に1杯(200mL)

午前(500mLペット1本)

お昼に1杯(200mL)

午後(500mLペット1本)

夜ご飯に1杯(200mL)

寝る前に1杯(200mL)

合計:2,000mL

 

『水も滴るいい女』になりたいものです。

 

ちなみに、ビールや缶酎ハイなどは、『水分補給』にはならず、アルコールは逆に水分を奪ってしまうようです。

 

あくまで、ミネラルウォーターによる水分補給が大事のようです。

 

3. 一日3食たべる

 

f:id:globalcat:20190104160657j:plain

画像:photoACクリエイター:ハピネスさん 

 

巷では、『現代人は3食も取る必要はない』という説もあるようですが、腸の蠕動(ぜんどう)運動には、一定の刺激が必要のようです。

 

腸を適度に動かし、適度に休ませることが大事のようです。

 

それには、一日3食という食事のパターンがちょうど良く、それぞれの食事をゆっくり味わいながら楽しみながらいただくの良いようです。

 

特に朝ご飯をしっかり食べるということは大事みたいです。

 

体を腸内から起こし、体も脳もアクティブな状態にすることで、一日のパフォーマンスも良くなるようです。

 

4. 食べる量を調整する

 

食べたいものを我慢するのはストレスになるので、食べたいものを我慢せずに、食べる量を調節すれば心も満たされ体重コントロールもしやすくなるようです。

 

例えば炭水化物。

 

ご飯、パスタ、ラーメン、蕎麦、パンなど炭水化物は美味しいものが多いですよね。

 

炭水化物を食べないというのはストレスになるので、食べる量を調整することで、カロリーも糖分もコントロールできればと考えています。

 

わたしはもともと、大食いなほうではなく、どちらかというとすぐにお腹がいっぱいになってしまうほうです。

 

食べたいものでも、量を少なくすることには、まったく抵抗がありません。

 

一日の食事量として、

 

〇朝は多めに4

〇昼は少な目3

〇夜も少な目2

 

の割合で調整しようかと思っています。

 

お昼におなか一杯まで食べてしまうと食後に眠気が襲い、午後のパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

腹7分目ぐらいが良いようです。

 

夜は活動量が落ちるため、夜ご飯も軽めにして、お腹を軽くしたまま就寝がベスト。

 

少しお腹に空腹感があるほうが、よく眠れます。

 

5. 食べる順番を考える

 

胃腸を徐々に働かせるために、

 

(1) 野菜

(2) おかず

(3) 主食

(4) デザート

 

の順に食べ、穏やかな糖の吸収ができるようにします。

 

ご飯、パン、麺類などの主食から先に食べてしまうと血糖値が急激にあがり、血管を傷つける原因になります。

 

6. 善玉菌を増やす

 

f:id:globalcat:20190104154546j:plain

画像:photoACクリエイター:きなこもちさんヨーグルト

 

善玉菌を増やす食べ物として、野菜、くだもの、発酵食品があります。

 

発酵食品には、

 

〇納豆

〇豆腐

〇漬物

〇味噌

〇醤油

〇ヨーグルト

〇チーズ など

 

があります。

 

いずれもスーパーで手軽に手に入る食材です。

 

それから、善玉菌の餌になる食べ物をせっせと取ります。

 

たとえば、

 

〇キャベツ

〇玉ねぎ

〇キノコ類

〇海藻類

〇大豆

〇はちみつ

〇にんにく

〇にんじん

〇りんご など

 

これらもスーパーで手軽に買えますね。

 

7. 日和見菌を味方に

 

腸内細菌の中で、7割を占める日和見(ひよりみ)菌

 

日和見菌を善玉菌側に味方につけるか、悪玉菌に持っていかれるのかが健康の命運をわける運命の分かれ道

 

善玉菌が悪玉菌に比べて優勢であれば、日和見菌を味方につけることができ、腸内環境を良いバランスで保つことができます。

 

逆に悪玉菌が優勢になってしまうと、日和見菌が悪玉菌寄りとなってしまい、ウイルスや細菌感染にかかりやすくなるそうです。

 

便秘や下痢などにもなってしまいます。

 

善玉菌を増やす食べ物をバランスよく取り入れながら、腸内環境を善玉菌優勢のまま保ちたいものですね。

 

8. 早めの夕食を

f:id:globalcat:20190104160758j:plain

画像:photoACクリエイター:potecoさん

 

仕事が忙しくなると、残業が増え、帰りが遅くなりがちです。

 

2018年は、夜7時半~8時までの残業が多かったせいか、夕飯はコンビニでお弁当やラーメンなど出来合いものを買い、22時近く迄だらだら食べてしまう傾向にありました。

 

それも、ついつい飲んでしまうアルコール(^-^;

 

プシュッと缶を開け、シュワシュワな冷たい飲み物を習慣的に飲んでいました。

 

血糖値が気になるわたしは糖質ゼロなどの缶酎ハイを買って飲んでいましたが、胃腸の調子を崩したことをきっかけに、平日の何でもない日の飲酒はやめることにしました。

 

特別飲みたいわけでもないのに、ついつい習慣で買って飲んでしまうアルコール。

 

手元にあるから飲んでしまうわけで、そもそも買わないという選択をすれば飲まなくても平気なのものなのです。

 

アルコール飲料と共に食事もだらだらと遅くなりがちで、22時頃までに食べ終わり、23時頃就寝というのが常でしたが、習慣を改めることにしました。

 

朝早めに出勤することでなるべく定時に帰宅することとし、なるべくコンビニには寄らず、自宅にあるもので夕食を済ませる努力をすることにしました。

 

コンビニに立ち寄るとついつい要らないものまで買ってしまうため、『コンビニに寄らない』選択をなるべくしようと思います。

 

9. 適度に運動する

f:id:globalcat:20190104155521j:plain

画像:PhotoACクリエイター:LAYWさん

 

土曜日・日曜日と週に2回はジムで筋トレと有酸素運動をするのが習慣です。

 

ウオーキング30分などの軽い運動を平日に取り入れ、もう少し体を動かし、血流と蠕動運動の改善に努めたいと思います。

 

運動も『気がついたら30分!』と思えるように、好きな音楽を聴きながら、ストレッチをしたり、軽く筋トレをしたりしながら、じんわりと体が温まる程度の運動をこまめに取り入れようと思います。

 

そして運動の際には、動作に合わせて深呼吸を意識し、リラックスを心掛け、自律神経を整えたいなと考えています。

 

ストレスを感じると、呼吸が浅くなってしまいがちです。

 

十分な酸素を取り入れ、ゆっくりと息を吸って息を吐く。

 

深呼吸をするだけでも、体と心はリラックスしていきます。

 

10. 健やかなお通じ

f:id:globalcat:20190104160929j:plain

画像:photoACクリエイター:momo105さん


女性にとって、『便秘』は美容にも健康にも大敵です。

 

わたしは数年前から、亜鉛とマグネシウムのサプリメントを飲むようになってから、便秘の症状が大きく改善されました。

 

『ミネラル不足』は便秘の要因になりうるので、これからも亜鉛とマグネシウムを上手く摂取し、『便秘からの解放』を目指したいと思います。

 

お通じは、健康のバロメーターというぐらい、毎日排泄されるお便りの色や形、そして臭いなどで健康状態を把握することができるそうです。

 

腸内環境が良い場合は、

 

〇おうど色

〇バナナ2~3本

〇沈む

〇臭わない

 

だそうです。

 

最後に・・・

 

f:id:globalcat:20190104152853j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん

 

わたしの今年の抱負は『胃腸と自律神経を整え免疫力UP』することで、底力を身につけることです。

 

タイムゾーンが真逆の欧米への出張が今年も目白押し。

 

それに加えてアジア圏内の出張もあるため、月に1~2度は海外に出ていくスケジュールです。

 

タイトな海外出張スケジュールにも負けない強靭な体を作るために、

 

〇ストレス管理

〇食事と運動管理

〇健康管理

 

3つの管理を上手くできるようになりたいです。

 

健康第一!

 

そして最強のコンディションで今年もイノシシのごとく突っ走ります^^

 

皆様にとって良い一年でありますように^^

 

Happy New Year & Have a nice day

 

Byちびまる

自分のライフスタイルや価値観を見直す(2018年の振り返り)

  

f:id:globalcat:20181227111043j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさんcat

 

2018年、あと少し

 

わたしは、誰よりも早く長期休暇に入り、大掃除をし、断捨離をします。

 

そして、今年をひとり静かに振り返り、新年に向けて鋭気を養うようにしています。

 

今年は、12/26 ~ 1/3まで9連休。

 

確か昨年は、もっと早くて2週間以上休みをとりました。

 

日本にいながら、長期休暇をサクッととれる会社でお仕事をさせて頂けるのは幸せです。

 

今年も我ながら、仕事に遊びによく走り抜けた一年だったなと感じています。

 

途中息切れし、最後は胃腸を大きく崩しながらも、年の瀬に調整しつつ穏やかにフィニッシュ。

 

来年は、さらに海外出張が増え、欧米そしてアジアの国々を月に1~2回の頻度で回ります。

 

来年は、もっと速く、もっと力強く飛び跳ねて、走れるように、年末は冬眠します。

 

年末にひとり静かに振り返るのは、自分のライフスタイルについて。

 

今年のわたしは、自分が望む時間の過ごし方をしてきただろうかと。

 

そして、今年のわたしは、自分が望む成長ができたのだろうかと。

 

さらに、来年のわたしは、どんな成長と時間の過ごし方を望むのかなど、ゆっくり考えます。

 

2018年、平成という時代が終わろうとしている今、自分自身の生き方や在り方を見直すには良いタイミングかなと思っています。

 

ライフスタイルとは?

 

f:id:globalcat:20181227111211j:plain

画像:photoACクリエイター:gois×goisさん 

 

よく耳にも口にもする『ライフスタイル』

 

でも、まじまじと『ライフスタイルとは何ぞや?』という問いに向き合ったことは、なかったかもしれません。

 

Web辞書で、言葉の意味を引いてみると、

 

〇生活の様式

〇生活の営み方

〇人生観

〇価値観

〇習慣

 

を含めた『個人の生き方』を総じて『ライフスタイル』と言うようです。

 

lifestyle(ライフスタイル)の意味 - goo国語辞書

 

または、『個人の在り方』とも考えられるでしょう。

 

わたしは、昔から、『生き方』や『在り方』には関心を持っています。

 

スマップの『世界に一つだけの花』という歌の中には、

 

そうさ僕らは

世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

 

というフレーズがありますが、わたしはこの歌詞が好きです。

 

わたし自身も、世界に一つだけの花のように、形はどうであれ、

 

生き生きと、わたしの生を生きていたいと、いつも思っています。

 

そして、『わたしという花』を、どのように形づくって、咲かせて、表現していくか、

 

そして自分を最大限輝かせることができるのか、一生懸命に考えなければならないのは自分。

 

『どのように表現していくのか』ということが、生き方や在り方=ライフスタイルにつながっていくのだと思っています。

 

生き方や在り方は、時を刻んでいく間に、変わっていくかもしれないし、

 

同じ路線をより深く追求するのかもしれません。

 

それはきっと、ひとそれぞれ異なるのでしょうね。

 

ライフスタイルの素地となるもの

 

f:id:globalcat:20181227111400j:plain

画像:photoACクリエイター:ei-miさん

生き方や在り方、人生観や価値観。

 

ライフスタイルの素地となるものは、

 

〇育ってきた環境

〇出会ってきたものや人たち

〇経験

 

ではないかと思います。

 

これらを通じて、自分が思い描く理想のイメージを明確に、もしくは漠然に心に抱き、

 

そして、そこに向かって自分を近づけていく行動こそが、

 

『自身の花(ライフ)づくり』の営みになるのかなと、思います。

 

自身のライフスタイルの振返り

 

f:id:globalcat:20181227111455j:plain

画像:photoACクリエイター:potecoさん 

 

今現在の自身の嗜好を客観的に見つめて、

 

今後、自分はどんなライフスタイルを目指していくのかを考えてみたいと思います。

 

1. 身につけるもの

 

身につけるものと言えば、

 

〇衣類

〇ジュエリー

〇小物

〇靴

〇メイク

〇香水

 

あたりでしょうか。

 

わたしは、正直なところ、お洒落にうとく、

 

お買い物という行為も、あまり好きではありませんし、得意でもありません。

 

できることなら、1度手にしたものを、ずっと使い続けたいと思ってしまうタイプ。

 

なるべく心にも体にもしっくりくるものを1つだけ見つけたいです。

 

でも、なかなか、そういったベストフィットなものに出会えないのが悩みの種。

 

わたしは、超がつくほどコンサバティブな嗜好の持ち主です。

 

〇シンプルなデザイン

〇シンプルな色使い

〇シンプルな素材

 

が好きです。

 

柄物は、派手な色使い、ごてごてした装飾も苦手です。

 

選ぶ色は、黒、白、グレー、ベージュ、茶が基本です。

 

質感が良く、着心地が良く、品があり、シルエットが美しいものが好きです。

 

一つでも、好みのブランドを選べればと思ってはいるものの、

 

なかなか出会えずにいます。

 

ちょっとしたカットの具合、長さ、質感、デザインで、

 

『あぁ、残念』ということが多いのです。

 

今のところ、良さそうと思っているブランドは、

 

〇BURBERRY

〇MACKINTOSH LONDON

〇POLO RALPH LAUREN

 

この3つぐらいです。

 

理由は、デザインがシンプルで美しいから。

 

それも、ブランドメーカー品というのが、なるべくわからないデザイン。

 

ブランドカラーやロゴが目立つものはなるべく避けたい。

 

ジュエリーでは、TIFFANYだけ。

 

なぜ?と聞かれると、おそらく、『定番中の定番』だからです。

 

シルバーのオープンハートをひとつ持っています。

 

お手入れをしつつ、シルバーの柔らかな質感、

 

そしてコロンとした丸みのあるハートが好きです。

 

何のブランドでも良いと言えば良いのですが、

 

なかなか『これだ!』と思えるブランドに出会えていない自分がいます。

 

自分にしっくりくるブランドメーカーを自ら探せばよいのでしょうけど・・・

 

でも、田舎暮らしということもあり、多くのお店に出向く機会もないのが現状です。

 

『あなたがお探しのものをお持ちしました。』と素敵なものを出してくれて、

 

『あぁ、こういうのが欲しかった』とサクッと買えて、

 

my コンシェルジュがいるお店が1つだけあったらいいのに、

 

と思っていまします。

 

これからも、

 

〇ベーシック

〇高品質・長持ち

〇シンプル

〇着心地

〇自分らしさ

 

にこだわって、身の回り品をひとつずつ、揃えていきたいと思います。

 

f:id:globalcat:20181227111702j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさんバッグ

 

次に、メイクについてですが、、、

 

化粧は数年前にやめました。

 

どこに行くにもノーメイク

 

ニベアの色付きリップクリームを塗るぐらいです。

 

やめた理由は、

 

〇常に保湿をしたい

〇汚れが気になる

〇費用と時間のムダ

 

と思ってしまったからです。

 

『化粧ぐらいしなさい』と叱られそうですが、

 

年をとればとるほど、化粧なんてしたくない、と思ってしまう自分がいます。

 

いつもでも、どこでも、

 

同じ顔でいたいし、素顔でいたい、心も顔も。

 

スキンケア化粧品も、高いものは一切使っていません。

 

いま使っているのは、

 

〇牛乳石鹸

〇オリーブオイル

〇ハト麦化粧水

〇マダムジュジュ

 

いずれも1,000円以下ですが、これといって、肌の不具合がなく、また経済的です。

 

牛乳石鹸(6個入)400円、オリーブオイル500mL(エキストラバージン食用)800円、

 

ハト麦化粧水(500mL) 500円、マダムジュジュ (45g) 500円、全部合わせて2,200円です。

 

数ヶ月持つので、とても経済的です。

 

テレビを見ながらオリーブオイルで顔のマッサージをのんびりするのは、

 

結構気持ちが良くストレス解消にもなります。

 

オリーブオイルでマッサージの後に牛乳石鹸でさっぱり洗い流せば、

 

突っ張ることもなく、化粧水をつけなくてもしっとりしています。

 

日常的には、ハト麦化粧水とマダムジュジュでもちもちのお肌になれます。

 

わたしの顔には、それで十分と思っています。

 

f:id:globalcat:20181227111741j:plain

画像:photoACクリエイター:momo105さん

 

最後に香水。

 

以前、アロマセラピストでもあったわたしは、香りにはそれなりに敏感なのです。

 

香水は、あまり得意なほうではないのですが、

 

品のある香りがほのかに漂う人はセクシーだなと思うのです。

 

自分も香りぐらいはセクシーでいたいと思ってつけています。

 

仕事仲間から頂いたCHANELの『チャンス オー タンドゥル』という香りがとても好きで、

 

毎朝ほんのり香る程度につけています。

 

あまりフローラル、フローラルしておらず、柑橘系の清々しい香りです。

 

嗅覚は人間の一番古い感覚機能であり、人の相性や好き嫌いにも大きく左右する感覚です。

 

ロマンチックな感覚機能なのです。

 

自分が好きだなと思う香りを『ほんのり香らせる女性でいたい』です。

 

2. 食するもの

  f:id:globalcat:20181227112419j:plain

画像:photoACクリエイター:ハピネスさん

 

『食べることは、生きること』

 

いつまでも、食欲旺盛で、美味しいものを美味しいと、食べられる自分でいたいです。

 

10代~ 20代の頃は、『美味しければなんでも良い』と思って、

 

いつでも、好きなものを好きなだけ食べていました。

 

俗に言う『ジャンクフード』と呼ばれる食べ物が大好きです。

 

ポテトチップス、カップラーメン、お菓子や菓子パンなど、高カロリーで栄養価が低い食べ物も好んで食べていました。

 

でも、40代になってくると、体にいろいろと変化が現れ、生活習慣病のリスクを心配し始めます。

 

また、以前のように肉や油っぽいものをガッツリ!、なかなか食べられなくもなってきます。

 

食べたものが、血となり肉となり『健康』に跳ね返ってくるので、

 

体が喜ぶ食材を食して、いつまでも強くしなやかな健康体で、元気に生きていたいものです。

 

忙しいと、どうしても楽な方、楽な方に流れてしまいます。

 

コンビニやスーパーのお惣菜で済ませるのは簡単です。

 

また、それなりに美味しかったりもします。

 

でも、毎日の大半が出来合いものとなると、やはり体には負担がかかります。

 

コンビニ弁当などは、お腹は一杯になっても、不思議なことに、なぜか心が満たされません。

 

また、コンビニでついつい買ってしまうのが缶ビールや缶酎ハイ。

 

特別飲みたいわけじゃないのに、ついつい習慣で買って飲むようになってしまいます。

 

旬な食物を取り入れて、お味噌汁など簡単調理でも良いので、自分で作って食べるようにしたいです。

 

また、お酒も本当に飲みたい時に、

 

美味しいお酒を大切な人と一緒に楽しく歓談しながらいただきたいものです。

 

普段の食生活は質素倹約な食卓で、

 

時々、外食をして贅沢に好きなものを美酒と共に食する

 

というメリハリ生活が理想的です。

 

3. 住まう空間

 

f:id:globalcat:20181227112643j:plain

 

わたしはずっとアパート暮らしです。

 

それも賃貸^^

 

10年前に帰国してから、ずっと同じ住処です。

 

普通のアパートですが、

 

〇とても静か

〇とても平和

〇広めの間取り

〇ベランダも広い

〇開放的な立地

 

と、とても住みやすい環境なのです。

 

ずっとこの先も、住み続けたい住処です。

 

田舎なので、家賃も安いですし、何よりベランダの目の前に遮るものがなにもなく

 

朝日、夕焼け、星空、満月など、自然を楽しめる住宅環境です。

 

狭過ぎず、広過ぎず、田舎過ぎず、都会過ぎず、

 

低層2階建てなので災害時もすぐに逃げられます。

 

わたしにはピッタリな住まいなのです。

 

マンションや戸建てを買って所有したいという気持ちは、まったくと言っていいほどないです。

 

所有するということは、管理をするということ。

 

地域のしがらみに縛られるのも好きではないので、賃貸アパート暮らしが性に合っています。

 

なので、これからも、いつまでも、今の住処にできる限り居たいわたしなのです。

 

4. 物との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227112845j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん

 

『身につけるもの』と同じで、わたしは物をめったに買いません。

 

海外出張に行き始めのころは、物珍しさに、お土産品をいろいろ買ってしまいました。

 

でも、今は自分に買ってくるものとしては、

 

〇マグネット

〇絵葉書

〇Tシャツ

 

ぐらい。

 

よっぽど、一目ぼれしたものでなければ、買わないようにしています。

 

使えるものを捨ててしまう、ごみを増やしてしまうことに大きな抵抗感があります。

 

捨てることもできず、そして自宅に物を増やしたくないので、

 

不要なものは買わないようにしています。

 

プレゼントやお土産も、なるべく消耗品や食べ物などを頂くようにしています。

 

身につけるものも、それぞれ1つか2つで良いと思っています。

 

それでいて、物を増やしたくないという気持ちが強いわたし。

 

ショッピングをする機会も少なく、お金を使う機会も少ないです(;^ω^)

 

そのかわり、欲しいものは高くても買うので、倹約家にもなれず・・・。

 

心地良いものを少しだけ持ちながら、毎日大事に使いながら、生活したいです。

 

5. 仕事との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113000j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん足

 

わたしの人生にとって、仕事は、自分の価値を見出せる活動です。

 

仕事を通じて、多くのことを学び、そして楽しみを見出し、成長できます。

 

仕事を通じて、友人をつくり、仲間をつくり、

 

社会的な存在価値を見出していけます。

 

だから、わたしは仕事にはこだわりたいです。

 

そして、国際社会に価値のあるものを創造し、提供できる自分でありたいと強く願います。

 

生涯を通じて何を成し遂げられるのか、まだわたしにはわかりません。

 

でも、何かひとつぐらい、『お役に立ててよかった』と思える大業を成し遂げたいです。

 

仕事に重きを置いてしまいがちなわたしは、ついつい頑張り過ぎて、無理をしがちです。

 

誰にやれと言われることもないのに、自ら自分を追い込んでしまうところがあります。

 

もう少し周りを見渡しながら、ハーモニーを奏でながら仕事を進められるようになりたいです。

 

自分一人の力は、たかが知れてます。

 

チームで仕事ができるようにならないと、大きな仕事は成し遂げられないと思っています。

 

6. お金との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113040j:plain

画像:photoACクリエイター:photoBさん時間とお金

 

お金は、良く使えば良縁を生み、繁栄をもたらすことができます。

 

お金は、悪く使えば人の邪悪な心を生み、破滅に追い込みます

 

お金との付き合い方も、人生を豊かに生きるには大事なことですね。

 

お金は天下のまわりもの。

 

あまり執着しないほうが身のため、と思って生きています。

 

そもそも、物欲がないわたしは、あまりお金を使うこともないのですが、やはり『備えあれば憂いなし』です。

 

いざという時に、自分の身を守れるように貯蓄は大事と思っています。

 

ただ、貯金ばかりしていても、つまらないので、

 

〇大切な人と時間に

〇自分の健康や癒しに

〇自分の教養と経験に

 

惜しみなく使うようにしています。

 

わたしにとって、時間は一番大事な資源。

 

時間を有意義に過ごすために必要なお金は、惜しみなく使うようにしています。

 

7. 社会との付き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113207j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん

 

わたしは、あまり人付き合いが得意なほうではなく、また好きなほうでもありません。

 

営業職なので、社交的と思われがちですが、あまり社交の場が得意ではないのです。

 

人と触れ合うのは好きですが、社交の場は好きではありません。

 

猫ちゃんと一緒かも(^-^; 

 

時々、遊んでもらえたら嬉しいタイプです。

 

例えば、友人関係にしても、1 vs 1の時間の過ごし方なら、心地が良いのです。

 

多くても3人ぐらいまで。

 

相手を大切に想い、のんびり語り合うのは好きです。

 

でも基本的にひとりの時間が好きなので、あまり多くの友人がいても大変です。

 

ましては大人数の飲み会やパーティーなどもってのほかで、疲れるだけで、楽しめないのです。

 

わたしは『不器用&超まじめ』なので、多くの人の人生に関わるのが負担なのです。

 

疲れちゃうんですよね。

 

f:id:globalcat:20181227114531j:plain

画像:photoACクリエイター:ノアノアさん

 

SNSも唯一Facebookのみ関与していますが、

 

『この人とはつながっていけるかも』と思える人とだけつながっています。

 

時の経過とともに、人付き合いの内容も変わってきます。

 

関わり合いがなくなった友人からは、フェードアウトするようにしています。

 

人との付き合いは、その時々、自分のステージで必要な人とだけ、つながっていけば良いかなと、わたしは考えています。

 

『薄情な人』と思われているかもしれません(^-^;

 

でも、多くの人たちと関わることを、心地良く思えないタイプなので仕方がありません。

 

親友と呼べる人でさえも、普段はめったに連絡しません。

 

何か重要な相談などがある時に、連絡をするぐらいです。

 

他の友人とは、機会があれば『ちょっと会おうか』というぐらいで、定期的にお会いする人たちはいません。

 

そして、『ちょっと会おうか』という機会が永遠に巡ってこなそうな人たちとは疎遠になっていきます。

 

わたしは人付き合いに、あまり努力を注げるタイプではないのです。

 

やっと自分なりに、その事実受け入れられるようになってきました。

 

家族とも、友人とも、社会ともお付合いは『ほどほどに』させて頂くほうが、心地良いのです。

 

8. 体との付き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113451j:plain

 

自分の体は、自分が大事にするしかありません。

 

40代半ばになると、いろんなところがガタついてきます。

 

メンテナンスが必要になり、また、強化していく必要も出てきます。

 

体は、先天性のものを除き『習慣』で作られます。

 

〇食べる

〇寝る

〇動く

〇鍛える

〇考える

 

全てが自身の選択になりますが、

 

習慣は味方につければ強い武器になりますが、

 

敵に回すと厄介です。

 

悪習慣は、病をもたらします。

 

難しいのがストレス。

 

精神的なストレスは、捉え方次第でいかようにもコントロールできるものですが、

 

なかなか容易なことではありません。

 

海外にあちこち回っていると、『どこでも生きていける、図太い神経を持っているんだろう』と思われがち。

 

でも、わたしは神経質ですし、外的環境に弱いところがあります。

 

打たれ弱いですし、すぐお腹を壊してしまいます。

 

ものごとの考え方、捉え方を学んでいかないと強くはなれません。

 

わたしの来年の抱負は、『胃腸を鍛えること』です。

 

特に『腸』です。

 

腸は、免疫機構に大きな影響力を持ちます。

 

腸内環境が悪化すると、免疫力は低下し、病気にかかりやすくなります。

 

なので、まずは腸を鍛え、同時に精神も鍛えます。

 

強くしなやかな、逞しい自分でいたいです。

 

無理をせず、怠惰にもならず、

 

ものごとの考え方・捉え方を学び、

 

心身共に強くなる努力をします。

 

9. 大切にしたいこと

 

f:id:globalcat:20181227113337j:plain

画像:photoACクリエイター:TicTacさん

 

大切にしたいこと、まずは『自分』です。

 

自分を大切にして、

 

それから周りを大切にして、

 

社会に貢献できる自分になりたい。

 

社会とは、会社の人、友達、家族、地域の人、日本の社会、国際社会、いろいろな形や範囲があります。

 

自分の精神が未熟なので、社会貢献に至っていません。

 

まずは小さなところからはじめて、大きなことを成し遂げられる自分になりたいです。

 

基本的なところで、

 

〇自分を大切に

〇人には親切に

〇環境を大切に

 

この3つです。

 

10. 立ち振る舞い

 

f:id:globalcat:20181227113707j:plain

画像:PhotoACクリエイター:acworksさん女性

 

今後、わたし自身が学んで改善していかなければならないこと、

 

それは、立ち振る舞い『所作』です。

 

〇人への接し方

〇ものの言い方 

〇立ち振る舞い

 

特に、人との関わる際の『所作』です。

 

わたしは、

 

〇自分勝手過ぎる

〇自分中心過ぎる

〇主張が強すぎる

 

ところがあり、無礼な態度をとることも少なくありません。

 

特に、ものごとが上手くいかない時に、品性を保てず、怒ってしまう自分がいます。

 

多少なりとも、わたしのまわりの皆様にご迷惑をかけていることは否めません。

 

今の自分は、自分が理想とする人物像から大きくかけ離れたところにいます。

 

徳を積み、徳のある人になりたいです。

 

徳のある人とは、『精神的・道徳的に優れた品性・人格を持ち合わせた人』のことです。

 

自由な心で生きることと、自分勝手に生きることは、似て非なるもの。

 

徳を積むには、徳のある人から学ぶのが一番かと思いますが、

 

歴史上の人物から学ぶのも良いかもしれませんね。

 

わたしは、人の気持ちよりも、自分の主張を優先するところがあります。

 

その人の気持ちを汲みつつ、自己主張できるようになりたいです。。

 

個性を失わずに1アップできるように、来年も頑張りたいと思います。

 

2018年を振り返って

 

f:id:globalcat:20181227114249j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん光

 

みなさんにとって、2018年はどんなお年でしたか?

 

わたしは、たくさんの国に出かけて行って、

 

たくさん仕事をして、たくさん遊んだ一年でした。

 

また、自分の不甲斐なさに反省し、自分らしさを失わずに、人格を磨いていきたいと、 

感じた年でもありました。

 

それから、何より健康第一!とも思った年でもありました。

 

反省は毎日で、進んでいるようで、停滞しているようで、、、。後退してなきゃ良しとしよう。

 

いろいろな想いを胸に抱きながら、来年もまた、まわりに感謝を忘れずに、精一杯生きたいと思える年でした。

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

そして、良いお年をお迎えください♪

 

byちびまる

転職と天職 転職を7回してきた40代の私が思うこと

 

f:id:globalcat:20181223155513j:plain

画像:PhotoACクリエイター:LAYWさん

 

天職に憧れ、そしてもがく

 

誰でも、『自分の仕事はこれだ!』と自信を持って言える天職を見つけたいものですよね。

 

わたしも例外なく、天職と呼べる素敵な仕事に出会いたい、と思っていました。

 

天職のイメージとしては、

 

〇大好きでたまらない!

〇人より秀でる才能の開花!

〇社会を良くしたい!

 

など、寝食を忘れるほど没頭できる仕事、ではないでしょうか。

 

でも、よくよく考えると、自分で何がしたいのか、何が好きなのか、何が得意なのか、まったく感じられないまま『天職』と出会えるはずもなく、10代~30代後半までの間、答えが見つからなくて、もがき苦しんでいたように思います。

 

転職で天職のヒントを得る

 

f:id:globalcat:20181223155624j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん夢

 

40代半ばになった今、『たくさん転職してきて、いろいろ経験してきたなぁ』と、我ながら自身の半生を振り返り、しみじみ思うところがあります。

 

主に20代~30代は、明りのない暗闇を手探りで出口を探すような毎日でした。

 

自分は何がしたいのか、何に人生を賭けたいのかなど、『自分にとっての特別』を何か見つけたくても見つからず、私はもがいて苦しんていたように思います。

 

自分は何がしたいのか、全然わからなかったから、フィーリングで『面白そうだな』と思ったことは、手当たり次第チャレンジして、仕事の経験をしてきたように思います。

 

自分が確かに手ごたえを感じるものを、自分の手で掴みたいという気持ちが強かったのだと思います。

 

それこそ、後先なんて、まったく考えずに、ただひたすらと、その時々の自分が感じたままに、進む道を選んで仕事をしてきました。

 

これまでに、アルバイトも入れると、わたしの転職歴は7回です。

 

正社員では5回、そのうち海外での転職が3回です。

 

自分が選んできた道が正解なのかと聞かれると、正直わからないですが、後悔はありません。

 

機会が巡ってきた時にフィーリングで物事を判断し、仕事を選んできたわたしの経歴書は、一言で言うとハチャメチャで、何の一貫性もないため、まったく一般企業ウケしません

 

まともな人事担当者であれば『あなたは一体何がしたいの?』と、NGを出すような経歴書です。

 

40代半ばになった今のわたしには、転職は難しいでしょう。

 

『転職を繰り返す=長続きしない人』と判断されますので、転職を繰り返すということはリスクが伴います。

 

よっぽど、多くの人が目を見張る具体的な成果を出すか、自身の個性(キャラ)をかってくれる企業でなければ、ハッピーな転職は難しいでしょう。

 

それでも、わたしは、後悔はありません。

 

転職を繰り返し、さまざまな業種で大・中・小と多くの企業で仕事をしてきたからこそ、わかることもあるわけで、結果的にはすべての経験が私の人生の肥やしとなり、良かったと思っています。

 

40代半ばになってようやく、やっと『これが天職なのか!も?』と思える仕事を任されている今、わたしの中で『天職』を見つけつつあります。

 

f:id:globalcat:20181223155937j:plain

画像:PhotoACクリエイター:photoBさん

 

今、わたしが現職に就けているのは、今までの私が選んできた道の積み重ねがあったからこそ。

 

その延長線上で生じている事であり、過去のどのピースが欠けても成り立たなかった事象だと考えています。

 

今の仕事が天職かどうかは、まだ確信は持てないですが、天職と思い込んで努力をし、経験を積み上げることで天職にできるかもしれない、という段階にわたしはいます。

 

天職とは、もしかしたら、自身が一生懸命自分の責任で選んできた道の積み重ねの先にあるものであり、

 

最後は『自身の思い込みで、自分自身が決めること』その上で、

 

『周りからも認めてもらえること』ではないかと考えています。

 

熱中できない性格

 

f:id:globalcat:20181223160302j:plain

画像:photoACクリエイター:しみるけいさん

 

わたしは幼い頃から、『大好き』と言えるほど熱中できる対象物が見つけられず、これといって、特別夢見る職業もありませんでしたし、熱中するほどの遊びもありませんでした。

 

冷めている、というのとも違くて、強い思いを感じられるセンサーを持っていないだけなのです。

 

要するに、鈍いんです(;^ω^)

 

小学生の頃に将来の夢を聞かれても、特別に何にもなくて、とりえず思いついた職業『パン屋さん』と適当に答えるしかなかった自分を、今でも鮮明に覚えています。

 

我ながら、『つまらない子供だな』と、自身の不甲斐なさを感じていました。

 

他の子たちが、学校の先生、看護婦さん、お菓子屋さんなど、答えているところを羨望の眼差しで眺めてました。

 

わたしは『将来何になりたい?何が好き?』と聞かれるのが、とても苦痛でした。

 

わたしは今でも、自分の中に特別好きというものもありませんし、何かにはまるほど熱中できるこれといった趣味もないです。

 

何事も、『そこそこ好きで、そこそこ興味ある』といった感じです。

 

ひとつぐらい、『わたしは〇〇が大好き、だれにも負けない!』と、言えるものがあったらどんなに良いだろうと思うのですが、ないのだから仕方がありません。

 

音楽、本、映画、スポーツ、旅行、いろいろと、普通は趣味と言えるほどの熱があるかと思うのですが、わたしにはないので、誰とも話が盛り上がれない、という悩みはあります。

 

だから、『〇〇が大好き』と、大好きな対象物を持っている人を羨ましく思ったりもします。

 

唯一、長続きしたというか、習得まで結びついたのが語学です。

 

『英語ができるようになりたい』と突然思い立って、海外に長年移住し英語を習得しましたが、『英語が好きだから』という理由ではなく、『ただ、できるようになってみたかっただけ』でした。

 

英語が好きだと思ったことは、一度もありません。

 

だから、洋画もあまり見ませんし、洋楽も特別聞きたい曲もありません。

 

40代半ばの今になって、やっと、そういった何にも特別な思い入れを感じられない自分を受け入れられるようになり、だいぶ気持ち的には楽になってきました。

 

年を重ねるというのは、悪いことばかりではないですね^^

 

わたしは、どうやら『そこそこ好き、かも・・・』としか感じられない人間のようです。

 

源泉かけ流しの温泉で例えれば、最初から『ぬる湯』の熱しか発することができない源泉のような人間なのだと、最近は思うようにしています。

 

高いボルテージがあげられないというのは、能力の問題ではなく、個性なのだと思うようにしました。

 

その個性を自分なりに受け入れて、そこそこの高さのボルテージの自分と、上手くお付合いしていけば良いかなと、思えるようになりました。

 

情熱大陸に出ているボルテージが高そうなプロフェッショナルな方々をお見掛けすると『かっこ良いなぁ』と思います。

 

それは、きっと、『道端の黄色のたんぽぽが、情熱的な真っ赤な薔薇になりたい』と夢見るのと同じなのでしょうね。

 

でも、所詮、たんぽぽは、たんぽぽ。

 

薔薇にはなれないのです。

 

『人は人、自分は自分』と割り切ることが大事と思っています。

 

言うまでもないですが、わたしは上記の例では『雑草の黄色いたんぽぽ』のほうです^^

 

転職回数が多いわたし

 

f:id:globalcat:20181223160053j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん 

 

わたしは、過去に転職を7回してきました。

 

それも、まったく違う業界と職種で。

 

下記の3~8までは海外で、そのうち日本食レストランと行政団体はアルバイトで、最後のライフバイオサイエンスの業界では、海外から日本へ異動し、帰国から勤続10年目です。

 

また、海外生活をしている間は、銀行で働きながら、二足の草鞋でアロマセラピーのサロンを自身で運営していた時期もあります。

 

1.旅行会社

2.英会話スクール 

3.日本食レストラン

4.大手銀行

5.IT系の会社

6.不動産会社

7.行政団体

8.ライフバイオサイエンス

 

ご覧の通り、わたしのキャリアには、まったく一貫性がありません。

 

その時々に、『やってみようかな』と思ったことをやってきました。

 

天職をもとめて、転職してきたわけではありませんが、天職のヒントが見つかれば、とはずっと思っていました。

 

正直なところ、転職の経緯については、あまり、これといった深い意味はありません。

 

ただ、機会があった時に、フィーリングで決めて選んできました。

 

わたしの履歴書は、あまり使い物になりません。

 

自身の市場価値を知る

 

f:id:globalcat:20181223160916j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん光

 

誰でも『自分の市場価値ってどのぐらいなのだろう?』と思うのではないでしょうか。

 

わたし自身も、とても興味がありました。

 

現実は、、、

 

わたしの市場価値は、決して高くはないです。

 

わたしは、MBAを取得するために、大学をすっ飛ばして大学院に進学し、MBAを取得し大学院を卒業後、LinkedInなどSNSなどでヘッドハンティングの会社から連絡がくるようになりました。

 

でも、たいていの場合、仕事もオファーされますが、双方のミスマッチで上手くいきません。

 

オファーされる段階で人材会社が参考にしてくる情報は最小限であり

 

〇語学力

〇現職の役職

〇MBA

 

この3つで判断して連絡してきますが、

 

『転職は7回です』と言った時点でOUTになるケースが多いです。

 

わたしの場合は、何一つ極めてきた専門能力がないため、ヘッドハンターにとって、わたしの経歴は『期待外れ』となることが多いのです。

 

わたしの要望もかなりピンポイントという理由もありますが、一般的に、書類選考の段階で多くの企業は『転職7回』と聞いた途端にドン引きします。

 

それに加えて、

 

〇年齢高い

〇専門性なし

 

となると、まず、わたしに興味を示す企業はありません。

 

ヘッドハンティングからいくら連絡が来ようと、書類で判断する企業がほとんどなので、転職を成功させるには、大仕事の成功(実績を出す)ことが条件と思います。

 

評価は他人が決めること

 

f:id:globalcat:20181223161533j:plain

画像:photoACクリエイター:akizouさん

 

今まで自分がやってきたことや、今現時点の仕事も含めて、自身の評価は『自分が決めることではなく、他人が決めること』というのをある人から教わりました。

 

だから、どんなに背伸びをして、見栄を張ったところで、自身の能力を他人に訴えたところで、あまり意味はありません。

 

『評価するのは他人であり、周りがやること』ということを、やっと最近になって理解できるようになってきました。

 

人が転職する理由のひとつとして、『思うように評価してもらえない』というのがあるかと思います。

 

でも、評価してもらえない理由は『単なる自分の能力不足』ということを認められない限り、どこにいっても、あまり変わらないと思います

 

わたし自身、やっとこのことに気がついて、自身の能力不足を痛感しているところです。

 

仕事上の能力は当然のこと、人としての人間力も身につけていかなければならないなと感じています。

 

天職と自身が思える仕事を見つけるには、自己満足ではなく、周囲に認められて、初めて『天職です』と言えるのではないかと思います。

 

絶え間ない探求心

 

f:id:globalcat:20181223161941j:plain

画像:photoACクリエイタ ひでちゃびん さん
 

天職を得るには、自身の絶え間ない探求心、満足しない気持ちの延長線上にあるように思います。

 

人は満足してしまったら、きっと興味を失い、面白いと思えなくなってしまうのではないでしょうか。

 

面白くて追い続けるには、

 

〇わからない

〇もっとよくしたい

〇もっとうまくなりたい

〇なぜだ?

 

など、欲求不満を抱えている状況が続くことが必要不可欠なのではと思います。

 

欲求不満があるから、その欲求を満たすために自己研鑽し、もっと技術を磨き、経験を深めプロフェッショナルな域に達するものなのではないでしょうか。

 

それでも満たされないから努力し続ける、そんな状態が『天職に出会う』ということなのではなないかと思います。

 

わたしの天職(発展途上)

 

f:id:globalcat:20181223162247j:plain

画像:クリエイター:はむぱんさん
 

幼い頃は、夢なんてなかったわたしですが、今は、少しだけ天職について夢を描けるようになってきました。

 

わたしはいま、ライフバイオサイエンス企業で海外事業責任者として仕事をしています。

 

わたしは外国諸国に出かけて行って、いろんな国の人と話をしたり、一緒に仕事をしたりすることを楽しいと感じています。

 

もしかしたら、形はなんでも良いのかもしれません。

 

でも、せっかくライフバイオサイエンスという業界で働いているので、新薬開発にて国際社会に大きなインパクトを与えられる仕事に関わりたいと考えています。

 

わたしの今の大きな関心は、アルツハイマー病です。

 

現在の世界アルツハイマー病人口は、ざっくりと4,600万人、2050年頃には1億人超えと言われていますが、根治する治療薬はありません。

 

わたし自身は研究者ではないので、自身で治療薬の開発はできません。

 

でも、研究活動に携わることができるポジションにいるので、なんとか貢献できないかと考えています。

 

微力ではありますが、少しだけでも新薬の開発に携わることができたら、嬉しく思います。

 

わたしはサイエンスのバックグラウンドがないので、論文読むのも一苦労ですが、それでも、大きな仕事ができる自分になりたいなと、夢を描いている自分がいます。

 

人はどこで、どのようなタイミングで、どんなパッションに遭遇するかはわからないもの。

 

だから、今すぐにやりたいことがみつからなくても、明るく、笑顔で、前向きに生きていくことで、そのチャンスを掴みとれる自分に成長したいものです。

 

今すぐでなくてもいい。

 

でも、自分にとって、大切な何かを見つける努力はし続けたいものです。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

By ちびまる

 

フッターの欄