空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

ルッツエルン スイスの小さな湖畔の街 おすすめスポットご紹介

 

f:id:globalcat:20190621060952j:plain

 

ルッツエルン♪心浮かれる湖畔の街

 

先日、出張でスイスの小さな街、ルッツエルンに行ってきました。

 

スイスは初めてでしたが、ルッツエルン、

かなり気に入りました✿*.(❁′ᗨ‵❁)*✲゚

 

こじんまりとしていて、一人でも、ぷらぷら街歩きがしやすい街です。

 

わたしは、基本的にひとりでも旅を楽しめるタイプなのですが、カップルや女子旅などにもおすすめできる素敵な街です♪

 

スイスは物価が高いのですが、街を歩いているだけで、心が浮かれる美しい街です。

 

ルッツエルンおすすめホテル

 

f:id:globalcat:20190619124132j:plain

 

ルッツエルンの中央駅からバスで20~30分のHorwの近くの湖畔のホテルSeehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)に泊まりました。

 

f:id:globalcat:20190620124240j:plain

 

とっても静かで、心洗われる風景と、かけがえのない経験に出会える素敵なホテルです。

 

詳しくは、下記のブログにてどうぞ♪

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

ルッツエルンおすすめの理由

 

f:id:globalcat:20190619124245j:plain

 

ヨーロッパには、出張でたくさんいっていますが、ルッツエルンは今まで行った中でも、また行きたいと思わせてくれる素敵な街のひとつです。

 

山が迫ってくる迫力、底まで見える済んだ水の湖、たくさん深呼吸したくなる澄んだ空気、木々がそよ風で揺れる音、その音に美しく重なる小鳥のさえずり、日々の忙し日毎日を忘れさせてくれる空間が、ルッツエルンにはあります。

 

私自身、毎月のように欧米・アジアに飛び回っている身なので、心身ともに疲れ果てることもしばしば。

 

そんな忙しい毎日に、こういった素敵な時間を味わさせてくれる街に出会うと、明日の生きる活力をもらえる気がして、とても幸せな気持ちになります。

 

ルッツエルンは、小さくて、とても自然が美しい、平和な街なので、女性ひとりでも安心して、のんびり街歩きを楽しめます。

 

ほとんどの見どころは、ルッツエルン中央駅付近に集まっているので、『ここだけは見ておこう』という場所には、徒歩でまわることができます。

 

ルッツエルンの街中マップ

 

わたしの出張合間の街歩きは、基本的に、現地入りしてから、ホテルでマップをGetし、適当に、ぷらぷらと行き当たりばったりで、気分次第です。

 

街歩きに使ったマップを下記にてご紹介しますね。

 

f:id:globalcat:20190623155712j:plain

 

コンサートホール以外、上記の黄色で表記してある観光地は、徒歩ですべて見て回りました。

 

ムゼック城は、やたら横長に大きいので、適当に、人が流れる左側の場所で、見晴らしの良いとこだけ、いってきました。

 

ルツェルン湖の水位調整堰!?Nadelwehrというのは、観てきたのか、どうなのか、覚えてないのですが、あんまり興味がなかったので、スルーしました。

 

個人的には、瀕死のライオンを見に行く途中と、ムゼック城、シュプロイアー橋のあたりと、ホープ教会、そして、Good Viewと書いてある場所をぷらぷらしたのが、お気に入りです。

 

そして、秘密の場所として、ホテル近くのSteinibachriedが特にお気に入りです。

 

街歩きスポットご紹介

 

f:id:globalcat:20190623151910j:plain

 

秘密の癒しスポットSteinibachried

 

ルッツエルンの中でも、お気に入りの場所Steinibachriedをご紹介します。

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)の部屋に置いてあった、ルッツエルンの見どころ、紙ベースのファイルの中に見つけた素敵な場所です。

 

f:id:globalcat:20190623152704j:plain

 

こちら↑ホテルからもらった資料にあったマップです。

 

なかなかGoogleマップでも出てこないので、貴重な現地マップです(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)◞

 

特に何があるっていう訳でもないのですが、人が少なく、心から気持ちを休められる静寂な場所です。

 

わたしの中では、エネルギーがリチャージされたので、いってみれば、パワースポットのような場所、ですପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)行き方は、

 

ホテルを背に目の前にある1本道を左手に、

ひたすらまっすぐ道なりに10分ほど歩いていくと、

 

f:id:globalcat:20190621124127j:plain

 

左手に↑の赤い木のおうちが出てきますので、そのおうちを左折し、まっすぐ。

 

そうすると、草がいっぱい生えているような小道につながるので、道なりに行くと、たどりつけます。

 

f:id:globalcat:20190621062444j:plain

 

このような散歩道に出ます。

 

f:id:globalcat:20190621062537j:plain

 

そして、こんな景色に出会えます。

 

f:id:globalcat:20190621062644j:plain

 

下記ブログの下のほうへ行くと、Steinibachriedの動画が見れますので、様子がうかがえるかと思います。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

瀕死のライオン像

 

f:id:globalcat:20190623153721j:plain

 

ルッツエルンの観光地と言えば、『瀕死のライオン』がググれば出てきます。

 

出張合間のわたしの街歩きは、何かを深く知る、というよりも、5感で楽しむ、目で見て、鼻で嗅いで、その場の雰囲気を楽しむこと最優先!

 

としているので、観光地のうんちくは、ほとんど知らずに帰ってきてます( ´•ᴗ•ก)

 

ぷらぷら街を歩いて、その街の風を感じてきた、というブログ内容なので、詳しく知りたい場合は、ご自身でググってくださいね◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

 

代理店のオフィスが、地図上でいうと、瀕死のライオンの右斜め上の住宅街のほうにあったので、まずはそこまで、ホテルからバスを乗り継ぎお仕事で向かい、

 

その後、瀕死のライオンまでは、代理店オフィスの事務のおばちゃんに、地図を描いてもらって、てくてく歩いていきました。

 

その地図が、こちら↓

 

f:id:globalcat:20190623160534j:plain

 

左の楕円の〇の中に書いてあるのが『あひる!?』で、ちょっと上のほうに書いてある、動物らしき物体が『瀕死のライオン』です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

 

わたしは、基本的に方向音痴で、地図が読めない女なのですが、なぜか、この地図だけは読めて、すんなり瀕死のライオンにたどり着きました(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)◞

 

瀕死のライオン、、、確かに、厳かな感じで佇んでいたのですが、なんせ、まわりに、中国人の観光団体客が、自撮りスマホでポーズ決めまくりの女子、おばはんたちがわんさかいて、『うーん』という感じ、でした(;^ω^)

 

あまり、美しくない光景ですね・・・。

 

見てるこっちが恥ずかしくなるようなモデルポーズ・・・。

 

瀕死のライオンそのものよりも、瀕死のライオンまでたどり着く散歩道のほうが楽しかったです。

 

f:id:globalcat:20190623161145j:plain

 

こどもたちが、面白い形のブランコに乗って遊んでいたり、

 

f:id:globalcat:20190623161221j:plain

 

こんな素敵な風景がちらっと見えたり、

 

f:id:globalcat:20190623161255j:plain

 

こんなトロピカルな花と出会えたり、

 

f:id:globalcat:20190623161318j:plain

 

こんな、高台の上に立つアパートやおうちの間の急な階段を下りてみたり、、、

 

f:id:globalcat:20190623161655j:plain

 

Swiss Houseの緑に映える素敵なデザインの建物を眺めたり、、、

 

f:id:globalcat:20190623165538j:plain

 

花屋をのぞいてみたり、

そういうことが、楽しかったです(◍´ꇴ`◍)

 

ムゼック城壁

 

f:id:globalcat:20190623161435j:plain

 

ムゼック城壁からの眺めです(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)◞

 

素敵でしょ♪

 

youtu.be

 

こちら↑ムゼック城壁からの動画です。

 

f:id:globalcat:20190623161754j:plain

 

とにかく、見晴らしがよくて、湖と緑、そしてルッツエルンの建物の茶色の屋根のコントラストが美しくて、しばらく眺めていました。

 

f:id:globalcat:20190623161855j:plain

 

城壁はこんな感じです。

 

f:id:globalcat:20190623161921j:plain

 

中に入ると、ひんやりとしていて、こんなアンティークな雰囲気の空間に。

 

ムゼック城壁はとにかく大きいので、適当に切り上げて、街に下りてきましたପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

 

石畳のショッピング街

 

f:id:globalcat:20190623162118j:plain

 

わたしは自身、あまりショッピング大好き女子ではないので、お店はのぞかず、街の雰囲気だけを楽しんできました。

 

f:id:globalcat:20190623162222j:plain

 

街のところどころの隙間から、涼しい風景が垣間見れます。

 

f:id:globalcat:20190623162306j:plain

 

なんだか、とっても、存在感のある置物でしたので、写真に収めました◟(ˊ꒵ˋ∗)◜∗.♪

 

f:id:globalcat:20190623162358j:plain

 

ちょうど、ホワイトアスパラが美味しい時期で、たくさん並んでました(⁎˃ᴗ˂⁎)

 

f:id:globalcat:20190623162452j:plain

 

エメラルドグリーンの水面と、美しい木々の緑のコントラストが素敵で、ロイス川の川辺に並ぶレストランでは、ワインやビールを片手にリラックスして余暇を楽しんでいる人たちがたくさんおりました。

 

シュプロイアー橋

 

f:id:globalcat:20190623162819j:plain

 

こちら、シュプロイアー橋です。

 

意外と早くて急激な流れのロイス川╚(•⌂•)╝

 

水は澄んでてきれいなのですが、近くを通るとちょっと怖かったです。

 

f:id:globalcat:20190623162647j:plain

 

シュプロイアー橋のほうから見たカペル橋です。

 

f:id:globalcat:20190623163231j:plain

 

 

水がとてもきれいでした◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

 

f:id:globalcat:20190623163340j:plain

  

橋の中からの風景です。

素敵でしょ♪^^

 

f:id:globalcat:20190623163427j:plain

 

橋の中でパチリ♪

 

カペル橋

 

f:id:globalcat:20190623163732j:plain

 

アイコニックな角度の写真↑

カペル橋です。

 

f:id:globalcat:20190623163832j:plain

 

カペル橋の中からも、風景を切り取りパシャ♪

 

youtu.be

 

ビデオにもおさめてみました◟(๐´з`)◞

 

フランシスコ教会

 

f:id:globalcat:20190623163917j:plain

 

教会の静寂な環境は結構好きで、各地で足を運んでいますが、こちらの教会は明るい日差しが差し込み、素敵な教会でした。

 

静寂な中、教会の中で、ちょっと一休みさせて頂きました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

また、フランシスコ教会の中には付近には、無料で使える公共のトイレがあり、使わせていただきました。

 

便座が恐ろしく高く舞い上がる、なんとなく宇宙空間のようなトイレで使い方に戸惑いましたが、用を足すには許容範囲の衛生度合いでした。

 

イエズス教会

 

f:id:globalcat:20190623164138j:plain

 

こちらも、白基調の色合いの上品なデザインの教会でした。

 

こちらも、一休みにて、寄らせていただきました。

 

ホープ教会

 

f:id:globalcat:20190623164702j:plain

 

そして、こちらがホープ教会。

 

フランシスコ教会、イエズス教会、ホープ教会、3つの中で、1つ見るとしたら、ホープ教会をおすすめします。

 

一番大きくて、見応えがあります。

 

f:id:globalcat:20190623164821j:plain

 

こちらも白基調の素敵な教会です。

 

f:id:globalcat:20190623165041j:plain

 

立派なパイプオルガンもあります。

 

Nice Viewスポット

 

f:id:globalcat:20190623165113j:plain

 

最後に、こちらのNice View スポット!

 

ホテルの受付のおばちゃんに、『ここだけは、絶対に行ってみてね!』と言われた場所です。

 

ホープ教会から、川辺に下りてきたあたりです。

 

f:id:globalcat:20190623165243j:plain

 

目の前には、こんな雄大な山々が!

 

f:id:globalcat:20190623165318j:plain

 

ルッツエルンには、水があるところには、アヒルと白鳥がいます!

 

f:id:globalcat:20190623165400j:plain

 

観光客に慣れていて、寄ってきます^^

 

f:id:globalcat:20190623165434j:plain

 

美しい街ルッツエルン♪ 

 

また、訪れたい街です。

 

ルッツエルンのアクセス

 

f:id:globalcat:20190623165506j:plain

 

こちら、ルッツエルンの中央駅です。

 

f:id:globalcat:20190623165800j:plain

 

チューリッヒ空港からルッツエルン中央駅には、1時間15分ぐらいで直通でこれます。

 

f:id:globalcat:20190623170157j:plain

 

電車は、こんな感じで、車体に黄色の線が入っているのが1等車です。

 

f:id:globalcat:20190623165937j:plain

 

こちらが一等車の車両です。

 

料金は、片道53CHFでした。

 

一等車であれば、スーツケースも余裕で置いておけます。

 

f:id:globalcat:20190623165955j:plain

 

チューリッヒからルッツエルンに来る途中の車窓の風景はこんな感じ。

 

f:id:globalcat:20190623170301j:plain

 

ルッツエルンの駅構内、そして奥はホームです。

 

f:id:globalcat:20190623170337j:plain

 

ルッツエルンからチューリッヒへ出発の際には、大きな掲示板でホームを確認します。

 

ルッツエルンの駅には、特にインフォメーションデスクは見当たらず、その辺にいる駅員らしき人たちに声をかければ、いろいろ教えてくれます。

 

f:id:globalcat:20190623170505j:plain

 

こちらが、ルッツエルンの駅を外から眺めた風景。

 

f:id:globalcat:20190623170542j:plain

 

駅の前にはバス停がアルファベットで並んでおり、自分が行くべき路線の番号を確認して、バスに乗車します。

 

ちなみに、ルッツエルンのタクシーも安心して乗れます。

 

ルッツエルン中央駅から、Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)までは、30Euroぐらいです。

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)と言えば、『おっ!、素敵なホテルに泊まるねー』って、言われるぐらい、タクシードライバーも知っているホテルです。

 

タクシーススタンド付近にタクシーはずらっといますが、日本のように一列には並んでないので、適当にタクシードライバーに声をかけると、一番先頭で待っているドライバーを教えてくれます。

 

ルッツエルンでのグルメ

 

f:id:globalcat:20190623170923j:plain

 

ルッツエルンでは、この大きなシュニッツェルのようなお肉が名物です。

 

f:id:globalcat:20190623171031j:plain

 

現地代理店の社長に連れて行ってもらったお店、、、とても有名で、なかなか予約が取れない店らしいのですが、、、名前を忘れました( •́ɞ•̀)

 

f:id:globalcat:20190623171129j:plain

 

とても重厚な雰囲気の伝統的なスイス料理のお店で、スイスの伝統的な衣装でサーブしてくれます。

 

f:id:globalcat:20190623171214j:plain

 

前菜のお野菜も、見た目も美しく、とても美味しかったです♪

 

f:id:globalcat:20190623171253j:plain

 

なんと、テーブルにフライパンが運ばれ、そこでシュニッツエルを揚げてくれます。

 

とんでもない量のバターが投入されます(((((((⊙ө⊙))))))

 

f:id:globalcat:20190623171332j:plain

 

全部は食べきれなかったので、残りは代理店社長にたいらげて頂けました( ᷇࿀ ᷆ )

 

一番のお気に入りはホテル

 

youtu.be

 

わたしの一番のお気に入りは、なんといっても、ホテルで過ごした時間です。

 

youtu.be

 

白鳥がこんなにも近くに自然といる、素敵な場所です(..◜ᴗ◝..)

 

f:id:globalcat:20190623171912j:plain

 

ホテルから眺める、この風景が一番好きでした(*ฅ́˘ฅ̀*)

 

いかがでしたか?

 

ルッツエルン、素敵な街でしょう?

 

ぜひ、ルッツエルン、訪れてみてくださいね♪

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

ルッツエルン出張 湖畔のホテル Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)に泊まる

 

f:id:globalcat:20190619124245j:plain


 

Seehotel Sternenの感想

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)は、スイスの美しい街ルッツエルンにある湖畔の素敵なホテルです。

 

youtu.be

 

ホテルのホスピタリティも素晴らしく、街の喧騒から隔離され、閑静な湖畔にあるホテルで、また泊まりたいと思えるホテルのひとつです。

 

湖に面したレストランには、テラス席がたくさんあり、美しい湖とアルプスの山を望みながら朝ごはんを食べたり、イブニングには、ワイングラスを片手に、おつまみをつまみながら、一杯ドリンクを楽しむのも素敵です。

 

バルコニー付きのお部屋 

 

f:id:globalcat:20190619124132j:plain

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)は、3階建てぐらいのこじんまりとしたホテルで、アットホームな感じです。

 

わたしは、2階にあるお部屋で、湖側のバルコニーがあるお部屋に滞在しました。

 

ベッドも寝心地が良く、ちょうど良い大きさのお部屋で、リラックスすることができました。

 

木目調で、茶色とベージュで統一された落ち着いた雰囲気のお部屋です。

 

エアコンはなく、扇風機が置いてあり、バルコニーのドアには網戸がないため、夏はもしかしたらちょっと暑いかもしれませんが、5月のルッツエルンは20℃前後のちょうど良い気候快適でした。

 

f:id:globalcat:20190620123434j:plain

 

デスク回りもシックでシンプルな作りで、使いやすかったです。

 

f:id:globalcat:20190620124447j:plain

 

収納も大きくて、セキュリティボックスもちゃんとあります。

 

f:id:globalcat:20190620124522j:plain

 

お水は無料で置いてあり、電気ポットもあるので、日本から持ってきた乾燥食材(スープや、おかゆなど)も気軽にいただけます。

 

バスルームとアメニティ

 

f:id:globalcat:20190620123601j:plain

 

バスタブ付きのお部屋を準備頂き、可動式のシャワーでお湯のでもよく快適でした。

 

f:id:globalcat:20190620123704j:plain

 

アメニティも充実していますが、コンディショナーはありません。

 

ヨーロッパのホテルでは、コンディショナーがないことが結構多いので、コンディショナーは持参すると良いと思います。

 

バルコニーからの眺め

 

f:id:globalcat:20190620124135j:plain


お部屋のバルコニーからは、何も遮るものもなく、湖と雄大な山を望めます。

 

f:id:globalcat:20190620124240j:plain

 

素敵でしょ^^

 

優雅な朝ごはん

 

f:id:globalcat:20190620124338j:plain

 

こちら、朝ごはんです。

 

バイキングの品数は少ないですが、十分です。

 

f:id:globalcat:20190620124424j:plain

 

おうちのキッチン的な大きさのビュッフェ。

 

f:id:globalcat:20190621060757j:plain

 

朝食会場からのビューは最高でした♪

 

f:id:globalcat:20190621060826j:plain

 

テラス席も気持ちが良いですよ♪

 

f:id:globalcat:20190621060952j:plain


すずめに炒り卵、持っていかれましたー(;^ω^)

 

晩御飯もホテルで

 

f:id:globalcat:20190621061122j:plain

 

物価が高いスイスなので、外で食べても高いのですが、それほど量を食べれないわたしは、 Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)でオントレー1皿と、パン、そして白ワイン1杯を頂き、30€ぐらいでしたが、満足しました。

 

f:id:globalcat:20190621061301j:plain

 

20℃ぐらいの気候で、夕方18時ぐらいにホテルのテラスで晩御飯。

 

湖と山を目の前に、優雅な気持ちでのんびり晩御飯を頂き、心もおなかも満たされました。

 

パンが美味しいくて、完食しました!

 

Seehotel Sternen からのビュー

 

f:id:globalcat:20190621061451j:plain

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)の一番のお気に入りは、このビュー。

 

とても閑静な立地に、大きな湖と目の前に迫る山々。

 

トロピカルな雰囲気のヤシの木など、リゾート感覚を味わえます。

 

f:id:globalcat:20190621061702j:plain

 

お天気が良いと、空も湖もとても青く、緑が映えます。

 

f:id:globalcat:20190621061823j:plain

 

この景色から、なかなか離れられず^^

 

f:id:globalcat:20190621061923j:plain

 

ホテルのすぐ隣には、ちょっとした公園というか、広場があって、peacefulな空間が広がっています。

 

f:id:globalcat:20190621062035j:plain

 

白鳥が芝生でシロツメ草をつっついてました^^

 

youtu.be

 

ホテルの外観とロビー

 

f:id:globalcat:20190621062126j:plain

 

ホテルは、こんな感じでペンションのような一軒家のような感じ。

 

f:id:globalcat:20190621062221j:plain

 

ロビーもこじんまりとしていますが、『ただいま~』と言いたくなるようなほっこり感があります。

 

レセプションのスタッフもとても親切でフレンドリーです。

 

f:id:globalcat:20190621062325j:plain

 

ホテル正面はこんな感じです^^

 

ホテル周辺の環境

 

f:id:globalcat:20190621062409j:plain

 

山が近く、空気もきれいで、何より静か^^

 

f:id:globalcat:20190621062444j:plain

 

ホテルから徒歩5分ぐらいのところに、とっても平和な散歩道があります。

 

youtu.be

 

f:id:globalcat:20190621062537j:plain

 

人もほとんどおらず、カモや白鳥が水面でパシャパシャしている音がするぐらいで、他には鳥のさえずりぐらいです。

 

f:id:globalcat:20190621062644j:plain

 

心が洗われる素敵なスポットです。

 

youtu.be


2羽のアヒルが気持ちよさそうに泳いでました^^

 

f:id:globalcat:20190621124127j:plain

 

ホテルを背に道を左手にてくてく歩いてくると、赤い木のおうちが見えてきます。

 

そこを左手に入っていくと、アヒルや白鳥がいる平和な散歩道に出ます。

 

無料バスチケット

 

f:id:globalcat:20190621124252j:plain

 

ホテルの最寄りバス亭まで、のんびり歩いて10分ぐらいです。

 

ホテルの前の道をひたすらまっすぐ行って、右に曲がったところにあります。

 

f:id:globalcat:20190621124420j:plain

 

バス停からルッツエルン中央駅まではバスで20~30分ぐらいです。

 

Seehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)では、事前にメールで、滞在中の無料のバスのチケットをくれます。

 

チューリッヒ空港からルッツエルンまで電車で1時間、ルッツエルンからSeehotel Sternen (ズィーホテル シュテルネン)の最寄りバス停まで20分、タクシーの場は15分ぐらいで、30スイスフランぐらいです。

 

ルッツエルンは、のんびりした小さな可愛らしい観光地なので、旅行にもおすすめです♪

 

それでは、have a nice day

 

byちびまる

 

 






 

ドイツ 水と緑の都美しい街ハンブルグの街歩きおすすめスポット 観光&グルメ

 

f:id:globalcat:20190606074209j:plain

 

↑の写真は、聖ニコライ教会の展望台から撮ったハンブルグの街です。

 

ハンブルグの魅力

 

ハンブルグ、素敵でしょ^^

 

ハンブルグは、ドイツ北部の港町。

 

水と緑、そしてエメラルドグリーンで統一されている歴史的建造物の数々。

 

4年前に訪れた際には、初めてのヨーロッパ出張ということもあり、時差ボケやら、緊張で、当時の街の様子をほとんど覚えていません。

 

やたらと大きな湖のまわりをひたすら歩いたなぁ・・・という記憶だけ。

 

今回2度目のハンブルグ出張にて、ちょうど週末をはさみ、のんびり街歩きをする時間もあったので、たくさん自分の足で歩いて、ハンブルグの街を楽しみました。

 

特別にプランを立てずに、ホテルでもらった地図を片手に、気分でぷらぷらと街歩きをした結果、ハンブルグの魅力にたくさん触れることができました。

 

ハンブルグの魅力を微力ながらお伝えできればと思います。

 

ちなみに、下記ルート14km - 2万歩ぐらいです(;^ω^)

 

1日観光おすすめルート

 

f:id:globalcat:20190609124827j:plain

 

こちら↑↑↑実際にわたしが、ホテルからもらったマップを片手に歩いて観光したルートです。

 

手作り感満載の、ごちゃごちゃマップなのですが、自分の足で歩いたからこそ、お伝えできる情報かと思います。

 

わたしが泊まったホテルScandic Hamburg Emporioから出発して、最初の行き先だけを決めて、それから街の雰囲気を楽しみながら、気分次第で訪れた場所です。

 

時間がたっぷりあったので、気の向くままに観光したのですが、とても楽しかったので、ご紹介します^^

 

①ハンブルグおすすめホテル

 

f:id:globalcat:20190609150335j:plain

 

まず、わたしが泊まったホテルの紹介ですが、とても静かな場所で、どこに行くにも便利な4スターホテルです。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

また、泊まりたいホテルです。

 

こちらのホテルから、マップ上のU2Gansenmarkt駅まで徒歩1分(ホテルの目の前です)で、U1Stephansplatz駅まで徒歩5分、U1, U2, U4などたくさんの路線が乗り入れているUngfenstieg駅まで徒歩10分です。

 

②ボタニカルガーデン (Planten)

 

f:id:globalcat:20190609125716j:plain

 

まず、おすすめしたいのが、Scandic Hamburg Emporioから徒歩10分でたどり着ける素敵なボタニカルガーデン、Planten un Blomen(プランテン・ウン・ブローメン)です。

 

ハンブルグで、一番好きな場所になりました。

 

youtu.be

 

f:id:globalcat:20190609130331j:plain

 

ホテルの目の前のDammtorwallという道をホテルエントランスを背にして右手に進み、1つ目の角Junguiusstraβeという道にぶつかりますので、それを左に行きますと、Gorch-Fock Wallという大通りに出ます。

 

Gorch-Fock Wallの信号を渡りますと、すでに大きな公園らしきものが目の前に広がっているのですが、道なりに、右のほうへ登っていきます。

 

f:id:globalcat:20190609130355j:plain

右手のほうに川や池のようなものが見えてきますので、ひたすら道を上がっていきます。

 

f:id:globalcat:20190609130435j:plain

 

そうしますと、こんな感じで、ところどころに備え付けられているベンチでのんびりしている人たちの光景を見かけます。

 

f:id:globalcat:20190609130526j:plain

 

ずっと上がっていくと、熱帯植物園のようなハウス式の建物が出てきます。

 

そこを右に行くと、カラフルなお花の庭園が広がっています。

 

f:id:globalcat:20190609130635j:plain

 

つつじのような形をしたお花が、素敵に咲き誇っていました。

 

f:id:globalcat:20190609130716j:plain

 

淡い水色の可憐な小さなお花も^^

 

f:id:globalcat:20190609130753j:plain

 

素敵でしょ^^

 

f:id:globalcat:20190609130856j:plain

 

南国のような鮮やかな色のお花も

 

f:id:globalcat:20190609130920j:plain

 

珍しい形をした紫色のお花も緑に映えていました^^

 

f:id:globalcat:20190609131007j:plain

 

ついつい、たくさん写真を撮ってしまいました。

 

f:id:globalcat:20190609131037j:plain

 

緑がまぶしくて、野鳥のさえずりが心地よくて、気温20℃前後で、爽やかな風がそよそよ吹いていて、なかなかこの場所を離れられず、一人ベンチで目を閉じて、自然の豊かさを堪能しておりました。

 

youtu.be

 

少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

 

f:id:globalcat:20190609132158j:plain

 

途中、このような滝のような光景もあり、夏は木陰も多く涼しい場所だと思います。

 

f:id:globalcat:20190609132242j:plain

 

St Pauliの方角へ公園がずーーーーっと続いており、Planten un Blomen(プランテン・ウン・ブローメン)から、テクテクと歩いていきました。

 

上部の地図上で、青のライン⇒が公園のお散歩コースです。

 

途中で、噴水があったり、みんなで団らんできるようなベンチがあったり、とてもリラックスできる設計がしてある公園だなと思いました。

 

f:id:globalcat:20190609132501j:plain

 

噴水も結構派手に(;^ω^)

 

f:id:globalcat:20190609132531j:plain

 

公園の中をずっと歩いていくと、カフェが1件出てきます。

 

こちらで、ランチやお茶の休憩を取ると良いかもしれませんね。

 

f:id:globalcat:20190609132620j:plain

 

緑いっぱいのスペースが、どこまでも広がっています。

 

f:id:globalcat:20190609132956j:plain

 

St. Pauli駅付近で、公園の出口があり、信号を渡り、Halgolanderという通りをまっすぐ行くとU3地下鉄Landungsbrucken駅にたどり着き、目の前に上の写真のような建物が見えてきます。

 

たくさんお土産屋さんがあり、わたしはここでお土産用のマグネットを買いました。

 

f:id:globalcat:20190609133055j:plain

 

ハーバークルーズができるふ頭がたくさんあるのですが、なかなかどこから乗ったらよいかわかりづらく、また、残念なことにスタッフもあまり親切ではなかったため、ここでのクルーズは見送りました。

 

f:id:globalcat:20190609133203j:plain

 

ちなみに、フィッシュマーケットに行ってみようかと思い、そちら方面に歩いてみたのですが、街の雰囲気がガラッとかわり、あまり治安が良さそうではなかったため、途中で引き返しました。

 

テナントが空室の落書きだらけの建物や、ビール瓶が割れて落ちていたりと、酒場でケンカがあったのかなと思ってしまうような雰囲気でした。

 

f:id:globalcat:20190609133524j:plain

 

Landungsbrucken駅から、街中方面に向かって港沿いを歩いているとたくさんの船が目に入ってきました。

 

③聖ミヒャエル教会 (Michaelis)

 

f:id:globalcat:20190609133700j:plain


適当に歩いていましたら、St. Michaelis Church(聖ミヒャエル教会)にたどり着きました。

 

www.st-michaelis.de

 

辿りつく前に、ハーバーのほうから、Raimarusstraβeを街中に歩いあてくる途中、地元の人達が多そうなレストラン街に出ました。

 

一本隣のRambachestraβe沿いにもたくさん多国籍レストランが密集しています。

 

Raimarusstraβeの突き当りに階段があり、それを登ったところにSpielplatz Eichholzというちょっとした公園のような広場が広がっていて、そこもまた平和な雰囲気で素敵なところでした。

 

www.youtube.com

 

St. Michaelis Church(聖ミヒャエル教会)の入り口。

 

f:id:globalcat:20190609134633j:plain

 

教会の中は静寂で、素敵な空間が広がっていました。

 

f:id:globalcat:20190609134702j:plain

 

少しだけ休ませていただき、清らかな気持ちになりました。

 

f:id:globalcat:20190609134752j:plain

 

途中、黄金の親指?が光り輝く銅像を発見。

 

おそらく、たくさんの人が触れて、ピカピカに磨かれたのだと思います。

 

わたしも、とりあえず、黄金の指をなでなでさせていただきました^^

 

④ 聖ニコライ教会 (Nikolai)

 

f:id:globalcat:20190609135028j:plain

 

St. Michaelis Church(聖ミヒャエル教会)からLudwing Erhard-Straβeを歩いていくと、St. Nikolai Memorial(聖ニコライ教会)にたどり着きます。

 

www.mahnmal-st-nikolai.de

 

St. Nikolai Memorial(聖ニコライ教会)には、展望台があり、エレベーターですぐ行けます。

 

f:id:globalcat:20190609135631j:plain

 

エレベーターの目の前に、展望台チケットを販売している窓口があるので、そちらで5Euro支払いチケットを買います。

 

f:id:globalcat:20190609135722j:plain


こちらは、下から見上げたSt. Nikolai Memorial(聖ニコライ教会)。

 

f:id:globalcat:20190609135753j:plain


こちらは、St. Nikolai Memorial(聖ニコライ教会)の展望台からのハンブルグの街並みです。

 

youtu.be

 

緑と水の都、ハンブルグ、とても素敵でした。

 

次は、St. Nikolai Memorial(聖ニコライ教会)から、ハンブルグのシンボル的建造物Tawn Hall (市庁舎)へ。

 

f:id:globalcat:20190609135854j:plain

 

途中、立派な銅像と出くわしました。

 

⑤ ハンブルグ市庁舎 (Town Hall)

 

f:id:globalcat:20190609140042j:plain

 

こちら、市庁舎の中庭です。

 

f:id:globalcat:20190609140107j:plain

 

裏側から入ると、立派なライオンが市庁舎をお守りしている様子がうかがえます。

 

f:id:globalcat:20190609140151j:plain

 

市庁舎は、建物が大きすぎて、なかなか全貌を写真におさめきれないのです。

 

f:id:globalcat:20190609140423j:plain

 

こちら、正面の市庁舎です。

 

f:id:globalcat:20190609140452j:plain

 

市庁舎の中にも入れますよ♪(無料です)

 

ちなみに、市庁舎の最寄り地下鉄駅は、U3のRathaus駅か、U1,2,4が乗り入れている

Jugfenstieg駅です。

 

⑥福音教会 (Peter's)

 

f:id:globalcat:20190609140638j:plain

 

こちら、市庁舎のすぐ近くにあるBergstraβeとMonckebergstraβeの角にあるSt. Peter's Church(聖ペーター福音教会)です。

 

とても静寂でハンブルグ市民が日々の心の平安を祈りに訪れているのだろうなと思わせる質素で落ち着くな佇まいです。

 

ちなみに、こちらの教会には、無料で利用できるトイレがあります。

 

ヨーロッパでの街歩きでは、トイレが有料なので、なかなか小銭がない時は大変です。

 

スーパーやデパートでもトイレは有料なので、小銭は持っておいたほうが無難です。

 

⑦ 買い物 (Europa Passage)

 

f:id:globalcat:20190609141516j:plain

 

いわゆる、大型ショッピングセンターです。

 

www.europa-passage.de

 

一通り、フードコートや衣料品店が入っており、スーパーも入っています。

 

f:id:globalcat:20190609141628j:plain

 

スーパーで欧州ワインを安く買おうと思って立ち寄りましたが、どれもこれもホコリがかぶっており、買う気になりませんでした。

 

お水とお菓子などを買いました。

 

f:id:globalcat:20190609141723j:plain

 

スーパーの目の前に、スパニッシュのワインバーがあり、そこでもワインボトルを販売しており、こちらのお店は、店主が自ら厳選したワインが販売されています。

 

値段もピンキリで、わたしは15Euro程度の赤ワインを買いました。

 

店主はワインの知識も豊富で、なんでも教えてくれ、なぜおすすめかなども教えてくれるので信用できます。

 

その場で軽く一杯、ハムでもつまみながら飲める小さな飲食スペースもあります。

 

f:id:globalcat:20190609141959j:plain

 

歩き疲れたら、市庁舎の前の広場にある出店で一休み。

 

わたしは、ライトビールを頂き、のどの渇きを癒しました^^

 

ちなみに、お店によっては現金払いだけなので、20Euro ~ 50Euroぐらいは持っておくとよいと思います。

 

⑧ ハーバークルーズ (Alster) 

 

f:id:globalcat:20190609142318j:plain

 

1時間のクルーズで16 Euroでした。

 

チケットは、ボートに乗るときに買います(窓口ではありません)。

 

クレジットカードでも支払いができます。

 

とても気持ちが良い日でしたので、クルーズは最高でした。

 

f:id:globalcat:20190609142643j:plain

 

ダックも気持ちよさそうに泳いでました。

 

youtu.be

 

空高くあがる噴水は迫力満点です。

 

f:id:globalcat:20190609142707j:plain

ヨットやカヤックなど、個人でも各々に楽しんでいる姿が散見されました。

 

youtu.be

 

途中、個人のボート船が軽く接触し、個人ボートに乗っていた子供がボートから湖に落ちるというアクシデントがありましたが、自力でボートに這い上がり”拍手喝采”というハプニングも(;^ω^)

 

f:id:globalcat:20190609142839j:plain

 

立ちボートをして楽しんでいる人もたくさん見ました。

 

f:id:globalcat:20190609142916j:plain

 

とてもお天気が良く、ちょっぴり日焼け(;^ω^)

 

f:id:globalcat:20190609142943j:plain

 

途中、こんな橋をくぐります。

 

f:id:globalcat:20190609143003j:plain


一時間で十分に水の都ハンブルグ、ハーバークルーズを満喫しました。

 

⑨デパートお酒 (Alsterhaus)

 

f:id:globalcat:20190609144008j:plain

 

ハンブルグで、ウイスキーをお土産に買おうと探したのですが、なかなかボトルショップを見つけられず、

 

ショッピングモールでワインを買ったスパニッシュワインバーの店主に相談したところ、ALSTERHAUSというデパートの最上階で売っているよと教えて頂きました。

 

www.alsterhaus.de

 

最上階といっても、5階建てぐらいの建物なので、エスカレーターですぐです。

 

f:id:globalcat:20190609144200j:plain

 

ありました!たくさんのお酒が!!!

 

ワインもウイスキーもブランデーも、豊富にありました。

 

最上階には、ワインバーもたくさんあって、ショーケースに並んでいるお惣菜やつまみなどを頼んで、カウンター席で軽く飲んだり、夕食を済ませたりすることができます。

 

わたしは、残念ながら、おなかが空いていたなかったので、今回は見送りましたが、美味しいワインにちょっとつまみたい人にはおすすめです。

 

また、Tax RefundのGlobal Blueのカウンターは地下1階にあります。

 

そこで、Tax Refundの相談ができます。

 

わたしは、ドイツの後、スイスに4日滞在してから帰国でしたので、相談したところ、ハンブルグの空港で手続きをすればOKとアドバイスを頂きました。

 

ちなみに、ハンブルグ空港での手続きは、

 

①チェックインの機械でチェックイン手続き

②チェックインカウンターでその旨を連絡

③Terminal1の税関デスクでスタンプしてもらって荷物を預ける

④セキュリティチェック後のGlobule Blueカウンターでクレジットカードへ返金

 

という、しちメンドクサイ手続きをしました。

 

返金額は、50Euro購入で、たったの3Euro返金です(;^ω^)

 

⑩ドイツ料理 (Parlament)

 

f:id:globalcat:20190609144600j:plain

 

こちら、Tawn Hall ハンブルグ市庁舎の地下にあるドイツ料理レストランで、別の日に接待で使ったのですが、とても美味しかったので、ご紹介します。

 

www.parlament-hamburg.de

 

こちらは、夕食のメニュー(料金表)です。

 

f:id:globalcat:20190609145247j:plain

 

わたしは、旬の食材ホワイトアスパラに、溶けたバターをふりかけたお料理を頂きました。

 

溶けたバターはアスパラガスの美味しさを引き立たせる役割で、今までの人生で一番おいしかったホワイトアスパラガスで、珍しく完食しました!

 

f:id:globalcat:20190609145152j:plain

 

お魚の料理は、こんな感じでてんこ盛りでしたが、ドイツ人はペロリ。

 

f:id:globalcat:20190609145223j:plain

 

こちらも、とてつもなく大きなお魚!!!

 

さすがドイツ人、完食!

 

ワインはシャルドネの白を頂きましたが、とても美味しくお料理とも相性ばっちりでした。

 

⑪タイ料理 (Saymai Thai)

 

f:id:globalcat:20190609145516j:plain


Scandic Hamburg Emporio(スカンディック ハンブルグ エンポリオ)の目の前にある、Saymai Thai Restaurant(タイ料理レストラン)ですが、とても居心地もよく、美味しかったのでご紹介します。

 

f:id:globalcat:20190609145750j:plain

 

タイのビールシンガーと一緒に、グリーンカレーを頂きました。

 

こちら、見た目は白いのですが、グリーンカレーです(;^ω^)

 

辛すぎず、甘すぎず、程よい甘辛さでとても美味しかったです。

 

お店のサービス対応している人が、オーナーさん、もしくは家族経営のお母さんらしき人がひとりで切り盛りしているので、サーブに時間がかかることもありますが、

 

せっかちなわたしでも、待てましたので、きっと大した待ち時間ではなかったように思います。

 

お店のWebは工事中のようですが、味は確かでした(;^ω^)

 

 

いかがでしたでしょうか、ハンブルグ、素敵な街と伝えられるといいな♪

 

それではみなさま、have a nice day

 

by ちびまる

ハンブルグ動物園 Tierpark Hagenbeck (ハーゲンベック動物園)に行く。とっても魅力的です♪

 

ハンブルグ出張の際に、週末があったので、のんびりハンブルグ観光をたのしみました。

 

土曜日は街歩き、日曜日は動物園&水族館♪

 

f:id:globalcat:20190604075058j:plain

 

ハーゲンベック動物園の感想

 わたしが今まで訪れた動物園の中でNo.1です。

 

なぜNo.1かというと、

 

〇動物との距離が近い

〇適度な広さ

〇動物が活動的

〇木陰のベンチがたくさん

〇芝生でごろりん

〇リーズナブル

〇水族館もある

〇庭園もありリラックス

 

など、動物園&水族館を一緒に楽しめて、動物たちを身近に感じられて、

 

緑いっぱい、色とりどりのお花も楽しめるという、

 

一日いても飽きない動物園です。

 

心のデトックスにも最高~♪

 

ハーゲンベック動物園へアクセス

 

f:id:globalcat:20190604121714j:plain

 

地下鉄U1が便利です。

  

Tierpark Hagenbeck (ハーゲンベック動物園)は、赤のラインU1地下鉄Tierpark Hagenbeck駅目の前にあります。

 

Tierpark Hagenbeck駅を降りて、地上に出て左手に行くと、すぐに信号があり、

 

その信号をキリンに人がまたがっている像がある方角へ渡ります。

 

f:id:globalcat:20190604123804j:plain

 

そうすると、上記のような広大な芝生が広がっていて、歩道があるので、

 

道なりにてくてく歩いていくと、ハーゲンベック動物園のメインエントランスにたどり着きます。

 

f:id:globalcat:20190604121909j:plain

 

わたしが滞在した、Scandic Hamburg Emporio (スカンディック ハンブルク エンポリオ)は、U1地下鉄Gänsemarkt駅の目の前で、

 

Gänsemarkt駅からTierpark Hagenbeck 駅までは、Door to Doorで、1時間もあれば動物園に行けちゃいます。

 

ハーゲンベック動物園の入園料

 

わたしがお勧めするのは、動物園と水族館の入園料がセットになっているチケットです。

 

大人:30 Euro

小児:21 Euro (4-16歳)

4歳未満の幼児は無料です。

 

詳しくは、下記公式サイトでご確認ください。

hagenbeck.ticketfritz.de

 

ハーゲンベック動物園の開園時間

 

動物園も水族館も9:00 - 18:00 です。

 

動物との距離が近い!!!

 

ハーゲンベック動物園をおすすめする一番の理由は、動物との距離の近さです。

 

象さんは一番人気

f:id:globalcat:20190605121939j:plain

 

まるで微笑んでいるような象さんのお顔。

 

微笑んでるつもりはないかもしれませんが、優し気にスマイルしているようなそのお姿に、ほっこりしました。

 

f:id:globalcat:20190605123929j:plain

 

ハーゲンベック動物園では、象さんやいろんな動物に餌付けができるのですが、象さんが一番人気。

 

ちなみに餌付けの餌はエントランス入ってすぐ左手にあるテーブルブースで買えます。

 

餌付けは人気で、特にゾウさんの餌付けは常に人だかり。

 

午後には、ゾウさんもお腹いっぱいになり次第終了。

 

こんなに近くで増さんのお鼻の穴をみたのは初めて(;'∀')

 

youtu.be

 

器用に鼻の穴で食べ物をつかんで、お口に運んでおりました^^

 

f:id:globalcat:20190605123741j:plain

 

象さんは全部で5~6頭ぐらいいて、赤ちゃん象さんもいて、お母さん象のお乳を飲んでおりました^^

 

youtu.be

 

まるでダンスでもしているかのように、ゆらゆらと揺れている象さん^^

 

 キリンさん

f:id:globalcat:20190605220329j:plain

 

次に、キリンさん。

 

キリンと同じ目線の場所で、餌付けができます。

 

キリンのパチパチっとしたおめ目がなんともキュート。

 

youtu.be

 

の~んびり、のっそのっそと歩いて近づいてくるキリンをじっと見ていると、まるで自分に会いにきてくれるような感覚です。

 

この後、キリンに顔をなめられました(;^ω^)

 

アルパカさん

 

f:id:globalcat:20190605223221j:plain

 

アルパカ、、、実は、那須動物王国で、トラウマ的な事件(口からツバではなく、〇〇を吐き出された)があり、

 

警戒していたのですが、良い子たちでした。

 

youtu.be

 

とにかく顔が近い💦(^^;;

 

ヤギさん

f:id:globalcat:20190605223607j:plain

 

顔は怖いですが、ヤギがたくさんいる檻の中に自由に入れて、ヤギの群れに戯れて、なでなでできます。

 

f:id:globalcat:20190605223708j:plain

 

ちっちゃいヤギは可愛いですよ(^^)

 

大きなヤギはコワモテなのが多かった印象(^^;)

 

ワオキツネザルの皆様

 

f:id:globalcat:20190605223732j:plain

 

こちら、お名前がわからなくて、『しっぽしましま ミーキャット』というキーワードで、出てきました、

 

ワオキツネザル、というアニマルのようです。

 

youtu.be

 

水族館の中には、一度きりしか入れないのですが、水族館にはいったところ、この子たちがお出迎え。

 

特別柵もなく、めっちゃ至近距離で、この子達、警戒心全くなく、ちょこんと、

 

おっさんのように座ってます。

 

ウミガメさん

 

f:id:globalcat:20190605224504j:plain

 

ウミガメさんもこの通り、ちいちゃな子供たちも、ウミガメさんの甲羅にタッチできます。

 

最初、あまりにも近い距離にいるので、置物かと思いました(;^ω^)

 

うさちゃん

 

f:id:globalcat:20190605224624j:plain

 

カメとくれば、うさぎ。

 

うさちゃんの三角お屋根のおうちが3つぐらい並んでて、うさちゃんのご近所さん宅が。

 

どなたが、どこのお宅ですか?(;^ω^)と思うほど、

 

人間のおうちのようにコミュニティーがありました。

 

ペリカン!?ではなさそう(;^ω^)

 

f:id:globalcat:20190605224919j:plain

 

動物園の中には、芝生の広場がたくさんあるのですが、この子が、唐突におりました。

 

ペリカン!?ではないですよね、くちばしが違う気がする。。。

 

youtu.be

 

こちらがペリカンですね。

 

ペリカンの群れが、左に右に、いったり、きたり、

 

ずーーーっとしてるんです。

 

なんだか、ゆ~ら、ゆ~らと、優雅な贅沢な感じ。

 

ペンギンもスイスイ

 

f:id:globalcat:20190605225350j:plain

 

ペンギンも、とても透明なきれいな池で、すいすいと水浴びしてました。

 

youtu.be

 

とても広大な池に、ペンギンたちが、のびのびと泳いだり、ひなたぼっこしてました。

 

ワラビーちゃん

 

f:id:globalcat:20190605225659j:plain

 

ワラビーも、木陰でのんびり涼んでおりました。

 

こちらも、人が通る歩道のすぐそばに広がる芝生で、柵もなく、ふつーに、

 

その辺に寝っ転がってます。

 

その他たくさん

 

f:id:globalcat:20190605231424j:plain

 

ご紹介しきれないのが、残念ですが、あとは、現地でのお楽しみということで。

 

猿山、白くま、ジュゴン?、オラウータンなど、たくさん、活動的な動物たちを至近距離でみれるので、とても楽しいです。

 

緑や花々もいっぱい

 

f:id:globalcat:20190605225857j:plain

 

ハーゲンベック動物園は、とにかく、緑や花々がたくさん咲いていて、まるでヘブン。

 

f:id:globalcat:20190605225936j:plain

 

こんなテンプルらしきものもあって、エキゾチックなフォトスポットもあります。

 

f:id:globalcat:20190605230022j:plain

 

アイスキャンディーを食べながら、のーんびり動物園の中をぶらぶら歩くのは、とーってもリラックス。

 

f:id:globalcat:20190605230106j:plain

 

こんなビュースポットも^^

 

子供の遊び場も!

 

f:id:globalcat:20190605230143j:plain

 

動物園の中には、大きな遊戯がある遊び場があり、子供たちは大はしゃぎです。

 

ブランコにのったり、ジャングルジムみたいのに登ったり。

 

食べ物もリーズナブル

 

f:id:globalcat:20190605230303j:plain

 

USAのサンデイエゴ動物園は、めっちゃ広大で素敵な動物園ではありますが、飲食が高い。

 

それに比べて、ハンブルグのハーゲンベック動物園は、ファーストフードの出店のようなものがたくさんあり、

 

わたしはフィッシュ&チップスを頂いたのですが、これで6 Euroぐらい。

 

まぁ、高いと言えば高いですが、USAのサンデイエゴ動物園では20USDぐらい、ハンバーガーとコーラでかかりましたので、

 

それに比べれば安いもんです。

 

大きさも手軽で、

なかなか美味でした。

 

水族館もおすすめ

 

f:id:globalcat:20190605230613j:plain

 

最後に、水族館。

 

最後というよりは、エントランス入ってすぐでしたので最初に見たのですが、なかなか素敵な水族館でした。

 

f:id:globalcat:20190605230704j:plain

 

水族館のつくりが、とっても自然を感じられる空間で、

 

まるで亜熱帯地域のジャングル!?のような感じです。

 

美しいサンゴ

 

f:id:globalcat:20190605230825j:plain

 

わたしが一番気持ちが上がったのが、サンゴの美しさ。

 

サンゴ礁は、いろんな水族館で観れますが、ここまできれいな、生き生きとした、きらきらしたサンゴを見るのははじめて。

 

f:id:globalcat:20190605230939j:plain

 

この子、エビ!?の一種かと思いますが、まるでアニメのようないでたち。

 

f:id:globalcat:20190605231011j:plain

 

とにかく、サンゴの美しさにうっとりです。

 

クマノミ

 

f:id:globalcat:20190605231040j:plain

 

クマノミも、サンゴのベッドで気持ちよさそうにしています。

 

f:id:globalcat:20190605231123j:plain

 

クマノミの数もたくさん

 

幻想的なクラゲ

 

f:id:globalcat:20190605231157j:plain

 

クラゲも、自然な色合いというか、変な演出がなく素敵でした。

 

巨大なワニ

 

youtu.be

 

ラッキーなことに、目の前にワニがのっそり出てきました。

 

オーストラリア在住時にはお会いできませんでしたが、まさかドイツハンブルグで、ワニに出会うとは。

 

f:id:globalcat:20190605231729j:plain

 

こんな可愛らしい小動物も^^

 

ちっちゃな穴から、ひょっこりはん!?笑

 

いかがでしたか?

 

とても素敵な動物園と思いませんか♪

 

わたしはすっかりファンになりました。

 

家族連れにもいいし、お友達同士でも、カップルでもいいし、もちろん、ひとりでのんびりと、もおすすめ。

 

ハンブルグを訪れた際には、ぜひともTierpark Hagenbeck (ハーゲンベック動物園)を楽しんでください♪

 

では、have a nice day

 

by ちびまる

ハンブルグ出張 Scandic Hamburg Emporio (スカンディック ハンブルク エンポリオ)に泊まる

 

f:id:globalcat:20190602111638j:plain

 

Scandic Hamburg Emporioに泊まった感想

 

『どこへ行くにも便利で、静かな環境のホテル』で、スタッフも親切で、朝ごはんも美味しく、また出張で利用したいホテルです。

 

ホテルへのアクセス

 

f:id:globalcat:20190602113145j:plain

 

ハンブルグは地下鉄が発達しており、かつ、シンプルなので、とても利用しやすいです。

 

f:id:globalcat:20190602114444j:plain

 

Scandic Hamburg Emporioの一番の最寄り駅は、赤ラインU2のGänsemarkt駅で、ホテルの目の前徒歩1分です。

 

U2ラインでは市庁舎まですぐのJungfenstieg駅まで一駅です。

 

また、ハンブルグのHangenbeck動物園&水族館の最寄り駅HagenbecksTierpark駅まで7駅(20分ぐらい)です。

 

青のラインU1の最寄り駅Stephansplatz駅までは1本道で徒歩5分圏内です。

 

ちなみにハンブルグの街見どころは、コンパクトにおさまっているので、一日あれば、徒歩でも十分に観光できます

 

わたしは、週末にお天気が良かったので、ホテルを出発し、

 

〇ボタニカルガーデン

〇公園お散歩(巨大)

〇St. Pauli Landing Bridges

〇聖ミヒャエル教会

〇聖ニコライ教会

〇ハンブルク市庁舎

〇Europa Passage★

〇アルスター湖クルーズ

〇Alsterhaus★

 

★Europa Passageはショッピングモールで、Alsterhausはデパートメントストアです。

 

Alsterhausの最上階には、ワインバーがたくさんあり、ウイスキーやワインが豊富においてありますので、お土産探しにおすすめです。

 

f:id:globalcat:20190602121843j:plain

 

上記の地図内だったら、徒歩で一日のんびりまわれる範囲です。

 

ハンブルグ国際空港までは、タクシーが便利で30分で30Euroぐらいです。

 

 

f:id:globalcat:20190602114552j:plain

 

ちなみに、ハンブルグのタクシーメーターはバックミラーに電光表示されますので、料金を確認しやすいです。

 

ドライバーの頭がしっかりうつってますね(;^ω^)

 

ホテルの施設

 

f:id:globalcat:20190602114722j:plain

 

こちら↑ホテルの外観です。

 

ホテルの隣には、似たようなデザインの高層ビルが建っていますので、位置確認をしやすいです。

 

お部屋の雰囲気

 

f:id:globalcat:20190602114941j:plain

 

スカンディックというだけあって、北欧らしい雰囲気のお部屋で、木のぬくもりを感じるシンプルなデザインです。

 

ベッドは、シングルベッドが2つ並べてあり、抱き枕がありました。

 

お部屋の設備

 

f:id:globalcat:20190602115101j:plain

 

セキュリティBox、電気ケトル、冷蔵庫、アイロンなど一通りそろっており、デスク回りもすっきりとしていて使いやすかったです。

 

WiFiも特にパスワードや登録が必要なく、Scandic EasyというWiFiを選択するだけで、サクッとつながりました。

 

バスルーム

 

f:id:globalcat:20190602115323j:plain

 

バスタブ付きのバスルームを希望しました。

 

シャワーヘッドは可動式で、使いやすかったです。

 

お湯のでも、勢いよく出て、温度調節も簡単、問題ありません。

 

f:id:globalcat:20190602115551j:plain

 

アメニティーは大きなボトルが備え付けられており、シャンプーとシャワージェル、そして石鹸のみなので、コンデイショナーは自前のものを使いました。

 

f:id:globalcat:20190602115643j:plain

 

152cmしかないわたしには、大きすぎるバスタブで、寝転んでも足が届かないので、のんびり寝転べないという不都合はありましたが、160cm以上ある方であれば問題ないと思います。

 

f:id:globalcat:20190602115751j:plain

 

トイレはいたって普通で、トイレの流れは問題ありません。

 

ヘアドライヤーは、あらかじめ壁にかけてあり、結構風量も強かったので快適でした。

 

海外のドライヤーは風量が弱いケースがほとんどなので、この点はポイント高いかと思います。

 

朝ごはん

 

f:id:globalcat:20190602115923j:plain

 

ドイツはパンが美味しい^^

 

朝ごはんのメニューは毎日ほぼ同じですが、サラダ、チーズ、ハム、パン、ヨーグルト、シリアルの種類がそれなりに豊富なので、不満はありません。

 

コーヒーは、セルフでカプチーノ、エスプレッソなど、マシーンから自分で好きなのをもってこれます。

 

f:id:globalcat:20190602120110j:plain

 

朝食会場のテーブルはたくさんあるので、座れないということはありませんが、8時~9時の時間帯は年配の団体客などで混みあいますので、8時前がおすすめです。

 

f:id:globalcat:20190602120204j:plain

 

お願いすれば、オムレツなども作ってくれます。

 

スパ施設

 

f:id:globalcat:20190602120416j:plain

 

今回は、時間がなくて使用する機会がありませんでしたが、サウナがあります。

 

女性専用と男女兼用のサウナルームがあります。

 

f:id:globalcat:20190602120352j:plain

 

更衣室もとてもきれいでした。

 

f:id:globalcat:20190602120505j:plain

 

サウナを出た後のシャワーブースもとても清潔でした。

 

ボタニカルガーデン

 

f:id:globalcat:20190602120612j:plain

 

わたしがこのホテルを気に入った一番の理由は、ホテルから徒歩5分以内で、とても素敵なボタニカルガーデンがあることです。

 

f:id:globalcat:20190602120812j:plain

 

ボタニカルガーデンには、カラフルな色とりどりの花々が咲いていて、また、野鳥も多く、緑もたくさん生い茂っているので、とても癒されました。

 

f:id:globalcat:20190602120933j:plain

 

緑が多いハンブルグ、おすすめの観光地です♪

 

それではみなさま、have a nice day

 

by ちびまる

アムステルダム キューケンホフ公園のチューリップを見に行く

 

チューリップを見に行く

 

f:id:globalcat:20190529123443j:plain

 

仕事で、アムステルダムに行ってきました。

 

オランダと言えば、チューリップ!

 

ちょうど、アムステルダム訪問が5月中旬だったということもあり、『チューリップ』が頭によぎってはいたのですが、隙間時間に行ける場所でもなさそうだったので、半ば諦めかけていたところ、

 

ホテルの売店のおばちゃんに、

 

今行かなかったら、、、

絶対後悔するわよ!

時間を作って、いってきなさい!

 

と、だいぶ背中を押されて、行ってきました、キューケンホフ公園

 

この度、オランダ在住の日本人の方に、車で連れて行っていただきました。

 

下記サイトに、キューケンホフ公園について、とても詳しく、まとめられてあります。

 

www.tabigashitaijinsei.com

 

キューケンホフ公園へのアクセス

 

f:id:globalcat:20190601122130j:plain

 

アムステルダム・スキポール国際空港から、車で20分ほどの場所にあります。

 

Keukenhof Holland
Stationsweg 166A
2161 AM Lisse

f:id:globalcat:20190601122735j:plain

 

スキポール国際空港やアムステルダム市街地から、バスでも行けるようです。

 

広大なチューリップ畑が見られる時期は、ものすごい交通渋滞らしいので、時間的に余裕を持っていく必要がありそうです。

 

わたしが訪れたのは5/16で、すでにチューリップ畑は刈り取られ、畑にはなーんにもありませんでした。

 

ピークが過ぎてもキューケンホフ公園内には、たくさんのチューリップが咲いており、十分見ごたえがあり、かつ、空いていたので、のんびり見ることができました。

 

渋滞もなく、駐車場もガラガラで、園内もスイスイでしたので、とても癒される空間にてチューリップを楽しむことができました。

 

キューケンホフ公園の基本情報  

 

f:id:globalcat:20190601122053j:plain

 

 

開園期間

2019年3月21日~5月19日

 

チューリップが見られる時期だけなんですね^^

 

開園時間

8:00 - 19:30

 

春の時期のアムステルダムは、日が長く21:00ぐらいまで明るいです。

 

入園料(窓口)

大人:18,00 Euro

 

駐車料金

6,00 Euro

 

空いてる曜日

 

(月)(火)(水)

 

空いている時間

11:00前

15:00以降

 

ロッカー使用料

2,00 Euro

 

これらの情報は、キューケンホフ公園のFAQに 記載があります。

https://keukenhof.nl/en/faq

 

オランダのチューリップ

 

f:id:globalcat:20190601125336j:plain

 

オランダのチューリップの第一印象ですが、日本のチューリップと比べて、かなり大きいです。

 

そして、日本のチューリップ庭園と違って、ディスプレイの仕方が芸術的というか、見せ方が上手い、という印象です。

 

広大な敷地内に、池や大きな木々たちとともに、とても自然に、かつバランスよく、チューリップが植えられていて、公園内を歩いているだけで、とても気持ちが⤴ります。

 

f:id:globalcat:20190601130043j:plain

 

チューリップ以外の花もたくさん植えられていて、まるでヘブンにいる夢心地です。

 

f:id:globalcat:20190601130128j:plain

 

園内の芝生には、カモの親子がいたりして、心が和みます。

 

f:id:globalcat:20190601130213j:plain

 

こちら↑↑↑もチューリップですが、日本のチューリップにはない形で、白とピンクのコントラストがきれいでした。

 

f:id:globalcat:20190601130325j:plain

 

園内には、こんな可愛らしいオブジェも^^

 

f:id:globalcat:20190601130357j:plain

 

広大な園内の敷地には、たくさん野鳥もいて、鳥のさえずりが聞こえて、目も耳もたのしませてくれます。

 

www.youtube.com

 

なかには、すでに枯れちゃっているチューリップもありましたが、満開のチューリップもたくさんありました。

 

f:id:globalcat:20190601130448j:plain

 

こういったディスプレイがとても素敵♡

 

f:id:globalcat:20190601130547j:plain



オランダの色オレンジのかごいっぱいにお花が^^

 

f:id:globalcat:20190601130641j:plain

 

人生において、チューリップの時期にアムステルダムに行ける機会なんて、そうそう訪れない中で、この度、少々無理してでも、出張の隙間時間にキューケンホフ公園に行ってよかったです。

 

賞味1時間ほどの滞在で、駆け足でのチューリップ観賞ではありましたが、『絶対にいくべきよ』と背中を押してくれた売店のおばちゃん、そして、わざわざ1時間以上かけて、アムステルダムに会いに来てくれたお友達に感謝です。

 

心置きなく、この後、アムステルダムからドイツ、ハンブルグに向けて飛び立つことができました^^

 

それでは、みなさま have a nice day

 

byちびまる

 

アムステルダム出張 ホテル ジャカルタ アムステルダム(Hotel Jakarta Amsterdam)に泊まる

 

f:id:globalcat:20190527091337j:plain

 

Hotel Jakarta Amsterdamに泊まった総評

 

アムステルダム出張にて、Hotel Jakarta Amsterdamに泊まりました。

 

www.booking.com

 

一言でいうと、リゾート感溢れる素敵なホテルです。

 

アムステルダムでは、ほとんど時間がなくて、街中を見て歩くこともないと思ったので、のんびりと体も心も休められる解放感溢れるホテルを探したところ、見つけたのがHotel Jakarta Amsterdamです。

 

アムステルダムの中央駅からバスで5分ほどの港付近の閑静な立地で、館内はまるでインドネシアのジャングルのように緑が生い茂り、吹き抜けなので、とても解放感があります。

 

スタッフも親切でフレンドリーですので、安心して、リラックスして滞在できます。

 

自信をもってお勧めできるホテルです。

 

洗練されたお部屋

 

f:id:globalcat:20190527092609j:plain

 

室内は緑と木目調の色彩で統一されており、とても落ち着けます。

 

f:id:globalcat:20190527092812j:plain

 

間接照明が少し暗めに設定してあり、夕方には夕焼けに染まる海が見え、とてもきれいでした。

 

コーナーに設置してあるソファーは、一度座ったらなかなか離れられない心地よさです。

 

ただし、ひとつ難点が。。。

 

厚手のカーテンしかないので、カーテンを閉めないと丸見え(;^ω^)

 

薄手のカーテンも、欲しいところです。

 

デスクワークは化粧台で

 

f:id:globalcat:20190527093853j:plain

 

リビングスペースには、デスクランプがないので、仕事向きのデスクではないですが、バスルーム前の化粧台には、電源コンセントもあり、また明るめの照明が設置されているので、そちらでパソコンワークができました。

 

f:id:globalcat:20190527093002j:plain

 

広めの収納スペースがあり、シースルーなので、何がどこにあるのかすぐにわかる収納棚です。

 

開放的なバスルーム

 

f:id:globalcat:20190527093227j:plain

 

こちら、仕切り度がないバスルームで、浴槽に可動式のシャワーも設置してあります。

 

浴槽は深くて、長いので、小柄な人は横たわった際に足が届かないかもしれませんが、大柄の人は、ゆったり入浴できるサイズです。

 

f:id:globalcat:20190527095214j:plain

 

シャワーブースも別にあるので、しっかり洗い流したい場合は、シャワーブースを使うことができます。

 

また、バスローブもあるため、ゆっくりバブルバスにでも入った後は、バスローブを身にまとい、ソファーでのんびりするのもお勧めです。

 

わたしは、毎回、バブを持参し、今回は『柚子の香り』を楽しみました♪

 

トイレは別スペース

 

f:id:globalcat:20190527093433j:plain

 

トイレは珍しく、バスルームとは別に設置してあり、ドアもしっかりありますので、ご夫婦やカップルでのお泊りにもおすすめです。

 

わたしは、ひとり滞在でしたので、逆にトイレのドアなどは不要でしたが(;^ω^)

 

 

お部屋の設備も充実

 

f:id:globalcat:20190527100004j:plain

 

嬉しいミネラルウオーター無料サービスがあります。

 

f:id:globalcat:20190527093945j:plain

 

冷蔵庫、お茶コーナー、セキュリティBoxなど、一通り、必要なものはそろってました。

 

f:id:globalcat:20190527094100j:plain

 

スリッパも、靴ベラも、アイロンもあります。

 

f:id:globalcat:20190527094133j:plain

 

ハンガーもたくさんあり、スケルトンな収納なので、わかりやすいです。

 

f:id:globalcat:20190527094224j:plain

 

木目調のおしゃれな体重計もあります^^

 

f:id:globalcat:20190527094259j:plain

 

アメニティも一通り置いてあり、珍しく石鹸台もありました。

 

WiFiも高速で快適

特別メンドクサイ設定もなく、サクッとつながります。

 

お湯のでも最高

お湯のでも全く問題ないので、何度でも、好きなだけ湯船に使ったり、シャワーを浴びたりできて快適でした。

 

開放的な館内

 

f:id:globalcat:20190527094409j:plain

 

Hotel Jakarta Amsterdamの特筆すべきところは、緑が多く開放的な館内です。

 

f:id:globalcat:20190527094623j:plain

 

館内は天井まで吹き抜けで、熱帯雨林に生息していそうな木々が植えられており、ジャングル感が満載です。

 

f:id:globalcat:20190527094720j:plain

 

ところどころに、腰かけられるベンチも備え付けられています。

 

f:id:globalcat:20190527094759j:plain

 

どうですか、このジャングル感^^

 

f:id:globalcat:20190527094817j:plain

 

天井から明るい自然光が差し込みます。

 

f:id:globalcat:20190527094844j:plain

 

高所恐怖症のヒトの場合、ちょっと怖いかな?

 

朝食もGood美味しい

 

f:id:globalcat:20190527095030j:plain

 

朝食も、サラダやハム、チーズにパン、一通りあって、十分なオプションです。

 

f:id:globalcat:20190527095311j:plain

 

サラダは新鮮で、自然光が差し込む、明るいレストラン会場での朝食はすがすがしいです。

 

f:id:globalcat:20190527095152j:plain

 

席がたくさんあり、テラス席でも朝食をいただけます。

 

f:id:globalcat:20190527095340j:plain

 

わたしは、店内のソファー席で朝食をいただきました^^

 

夕食もおすすめ

 

f:id:globalcat:20190527095259j:plain

 

現地の代理店営業マンと一緒にホテルで会食しました。

 

ステーキとベイクトベジタブルをいただいたのですが、とても柔らかく、量もちょうどよくって美味しくいただきました。

 

f:id:globalcat:20190527095556j:plain

 

イブニングには、ラウンジバーなどもあり、ちょっとしたドリンクにもおすすめです。

 

f:id:globalcat:20190527095850j:plain


素敵な景色を望める展望Barもあります。

 

f:id:globalcat:20190527100129j:plain

 

こんな開放的なアムステルダムの景色が望めます。

 

f:id:globalcat:20190527095926j:plain

 

展望Barに行く途中に、象さんにも会えますよ^^

 

スパ施設も充実

 

f:id:globalcat:20190527095650j:plain

 

プールは、深くて足がとどきませんでしたが、少しだけスイミングを楽しみました。

 

f:id:globalcat:20190527095745j:plain

 

のんびりとアムステルダムの景色を楽しみながら、サンデッキ(室内ですが)に寝転ぶのもリラックスできます。

 

f:id:globalcat:20190527095836j:plain

 

ジム施設もガラス張りで、アムステルダムの景色を望みながら汗を流せます。

 

f:id:globalcat:20190527100114j:plain

 

更衣室は小さめですが、清潔ですし、比較的空いていたので、快適でした。

 

f:id:globalcat:20190527100242j:plain

 

こちらがジム&スパエリアの受付です。

 

マッサージやエステルームもあります。

 

タクシー料金ご注意を

 

空港までのアクセスは、タクシーが便利です。

 

ひとつ残念なことに、ホテルに予約してもらったタクシー会社にぼったくられました

  

66Euroだったので、

 

高すぎるなと思ったのですが、なんどドライバーに確認しても『間違いない』というので、降車時にクレジットカードで支払いました。

 

でも、どうしても価格の高さが引っかかって、念のためホテルに確認したところ、通常ホテルで予約する場合は、

 

固定レートで45Euroとのこと。

 

事前に確認を怠ったため、66Euroと21Euroも高く請求されました。

 

ホテルがタクシー会社に確認したところ、『顧客(わたし)が、Detour(ツアー)を希望し、途中マーケットに寄ってチーズを買ったので、66Euroです』との回答・・・

 

チーズを買うために、市場に立ち寄っただぁ~???!

 

あまりにも、ひどい嘘だったので、びっくりして、ホテルに抗議しました。

 

タクシードライバーは、見た目はとても紳士的なおじさまで、気さくに話をしてくれたので、とても感じが良いと思っていたのに、ほんとに残念です。

 

渋滞もなく、ホテルからスキポール国際空港まで25分ですんなりついたので、レシートの画像をホテルに送り、返金を求めました。

 

何回かやり取りをしたのち、タクシー会社は嘘を認めてはくれませんでしたが、ホテル側が返金してくれました。

 

ホテルの方曰く、いままで問題がなかったタクシー会社だったので驚いているとのことでしたが、わたしは出張できており、会社負担の経費なので、

 

私自身のポケットマネーではないので、わたし個人的には損失はないけれど、明らかに、タクシー会社が嘘をついており、今後同様な被害を被る人がでることを防ぎたいという気持ちで戦いました。

 

せっかくホテル自体は良かったのに、最後にタクシー乗車で残念な結果にはなったのですが、ホテル側が迅速に、そして真摯に対応してくれたことにより、ホテルへの信頼度が増しました。

 

トラブルがあった時の対応ひとつで、ファンになるか、離れていくかが決まりますね。

 

もしかしたら、日本人ということでなめられたかな、という気もしないでもないです。

 

みなさんも、海外でのトラブルには十分気をつけて、そして、おかしいと思ったら、遠慮せずに相手に伝える努力をしましょう

 

それでは、みなさま、have a nice day

 

by ちびまる

アムステルダム出張 空港付近のホテルNH Amsterdam Schiphol Airportに泊まる

 

Amsterdam Schiphol Airportの総評

 

f:id:globalcat:20190520034155j:plain

 

とても快適で、おすすめできるホテルです。

 

www.booking.com

 

深夜到着にて、クタクタになった状態での到着でしたが、スムーズに、そして希望のバスタブ付きで静かなお部屋を準備してくれていました。

 

肉体労働の海外出張者は、ホテルでしっかり休息を取れことが、とても重要になってきます。

 

NH Amsterdam Schiphol Airportは、スタッフの対応も迅速、丁寧、適確でしたし、お部屋も静かできれい、トラブルフリー、朝食は朝日が差し込む、すがすがしい開放的な朝食会場での食事で、そして、プールにサウナがあり、体を十分に休ませることができ、満足のいく滞在でした。

 

空港無料シャトルバス

 

羽田からフランクフルト経由で、トランジット5時間プラス30分遅延にて、アムステルダム スキポール国際空港には22:30頃の到着で、スーツケースを受取ったのが23:00過ぎ。

 

どんなに治安が良いといわれても、深夜にタクシーを拾うのは気が引けます。

 

夜が遅くなればなるほど、できる限り、複数人数で移動する公共交通機関を選ぶようにはしているのですが、なんせ、大荷物。

 

ホテルの無料シャトルバスは、ありがたいです。

 

NH Amsterdam Schiphol Airportのホテル無料シャトルバスは、30分おきに出ていて、乗り場は、到着ロビーを背にして、ずっと右手のレンタカーのカウンターがある出口のすぐ目の前です。

 

バス停A9~13というのが、出口右手にすぐあり、多くの人が待っているのですぐにわかります。

 

ホテルのシャトルバスに乗り込んだのが23:30過ぎ、ホテル到着は深夜23:45ぐらいでした。

 

ホテルから空港までのシャトルバスは、事前に受付で予約が必要です。

 

静かで快適な部屋

 

f:id:globalcat:20190520035627j:plain

 

キングサイズベッドの広めのお部屋でくつろげました。

 

〇ベッドの寝心地Good

〇枕もふっくら適度な沈み

〇WiFi高速問題なし

〇お湯の出GOOD

 

f:id:globalcat:20190520035709j:plain

 

バスタブとシャワーブースが別々ですが、バスタブにも可動式のシャワーがあります。

 

f:id:globalcat:20190520035914j:plain

 

アメニティも充実で、シャンプー、ヘアクリーム(コンデイショナ)、ボディーソープ、ボディークリーム、ありました。

 

 

f:id:globalcat:20190520040027j:plain

 

セキュリティBoxもあり、操作も簡単です。

 

f:id:globalcat:20190520040803j:plain

 

コーヒーはネスカフェアンバサダーみたいなのがありました。

 

お水は無料です。

 

f:id:globalcat:20190520040849j:plain

 

朝日が差し込む朝食会場

 

f:id:globalcat:20190520040119j:plain

 

天井がガラス張りで、朝の光がたっぷり注ぎ込み、緑もたくさんあって、とても開放的な朝食会場です。

 

f:id:globalcat:20190520040206j:plain

 

朝食はいろいろオプションがあり、お願いすればオムレツも作ってくれますが、わたしは、だいたい食べるものは同じにしています。

 

〇エスプレッソ

〇サラダ

〇チーズ&ハム

〇炒り卵

〇パン

〇ジュース

〇ヨーグルト(具だくさん)

 

朝にしっかり食べておけば、ランチを抜いても夜までもちます。

 

充実のスパ施設

 

f:id:globalcat:20190520040404j:plain

 

特筆すべきは、スパ施設。

 

とても充実しています。

 

スパ施設も朝日が差し込む明るい空間です。

 

プールは深くて、わたしは、ぜんぜん足がつかなかったのです。

 

水深2mぐらいはあるかと思います。

 

ジャグジーは残念ながら、under maintenance でした。

 

f:id:globalcat:20190520040602j:plain

 

プールを上がれば、休憩するデッキチェアがあります。

 

f:id:globalcat:20190520040642j:plain

 

誰もいなかったので、サウナの写真も取れました。

 

サウナはドライサウナとスチームサウナの両方があり、また、休憩所もあります。

 

なんと、日焼けサロンマシーンもあります。

 

中には、更衣室、トイレ、それからシャワーブースがあります。

 

f:id:globalcat:20190520040958j:plain

 

ジムエリアも開放的です。

 

f:id:globalcat:20190520041033j:plain

 

なんと、スカッシュコート!?もあります。

 

わたしは、プールとドライサウナのみ、利用しました。

 

プールに入った後にサウナに入れば、水着の乾きが早いです^^

 

お土産屋もある

 

f:id:globalcat:20190520041126j:plain

 

ロビーの奥には、お土産屋もあります。

 

マグネットが結構、可愛いのが売っていて、4つで15€ぐらいだったと思います。

 

売店のおばちゃんに、キューケンホフ公園のチューリップを見に行くようにと、半ばごり押しされましたが、おばちゃんのおかげで、見に行くきっかけとなり、今となっては感謝。

 

開放的なロビー

 

f:id:globalcat:20190520041338j:plain

 

ホテルの外観は大したことないのですが、ロビーが開放的で素敵でした。

 

f:id:globalcat:20190520041405j:plain

 

ちなみに外観は、こんな感じ↓

 

f:id:globalcat:20190520042011j:plain

 

外観は、なんの変哲もない四角形のホテル(;^ω^)

 

アムステルダムに遅い時間に到着する際に、おすすめのホテルです。

 

それでは、みなさま、have a nice day

 

by ちびまる in ハンブルグ^^

ダブリン出張 隙間時間にトラムをうまく使って街歩き

 

f:id:globalcat:20190514023246j:plain

 

1. トリニティ・カレッジ図書館

 

ダブリンで、ここだけは行きたかったという場所『Book of Kells - Trinity College Dublin - トリニティ・カレッジ図書館』です。

 

f:id:globalcat:20190514031844j:plain

 

Old Library と呼ばれる18世紀に造られたトリニティ・カレッジ図書館は、一見の価値ありです。

 

f:id:globalcat:20190514032453j:plain

 

日本語の案内書もあります。

 

わたしは、こういった重厚感や古い歴史を感じられる空間が好きで、何を見るというより、その空間を感じるのが好きです。

 

圧倒される空間が広がっています。

 

トリニティ・カレッジ図書館は、いつでも入れるわけではなく、また入場制限もあるため、事前チケット購入は必須です。

 

料金は11 ~14€です。

 

料金は、時間帯によって異なります。

 

www.tcd.ie

 

1回目は時間帯が合わなくて断念し、仕事の合間にトラムに乗って、サクッと見学してきました。

 

わたしは、展示会場付近のホテルに泊まっていたので、赤ラインのトラム(LUAS)のMayor Squareから乗って、Abbey Streetで降りて、そこから徒歩で向かいました。

 

下記のリンクでトラム路線図を確認できます。

 

アイルランド・ダブリンの路面電車「Luas(ルアス)」とバスの乗り方ガイド | チケットの購入方法や価格、路線図について | トラベロコ

 

トラムは片道4Euroぐらいで、Abby Streetから徒歩で10分ぐらいでトリニティ・カレッジにたどり着きます。

 

f:id:globalcat:20190514033607j:plain

 

トリニティカレッジ敷地内を歩くだけでも見ごたえがあります。

 

 

f:id:globalcat:20190514033640j:plain

 

あちらこちらに、アーティスティックなオブジェがあります。

 

f:id:globalcat:20190514033706j:plain

 

トリニティ・カレッジの中庭を見ているだけでも、たくさんフォトスポットがあります。

 

f:id:globalcat:20190520011835j:plain

 

滞在時間は、展示会を入れても30分ぐらいでしょうか。

 

f:id:globalcat:20190514033832j:plain

 

それほど大きな施設ではないため、図書館のメインを見ればそれで良いという人は、ほんとサラッとみるだけでも十分です。

 

f:id:globalcat:20190514033938j:plain

 

トリニティ・カレッジ図書館の中には、展示物やお土産屋さんもあります。

 

f:id:globalcat:20190514032415j:plain

 

わたしは、トリニティ・カレッジ図書館で、自分へのお土産、トレーナーとTシャツを買いました。

 

2. 聖パトリック大聖堂

 

f:id:globalcat:20190514034606j:plain

https://www.stpatrickscathedral.ie/

 

聖パトリック大聖堂は、トリニティ・カレッジの帰り道に立ち寄りました。

 

f:id:globalcat:20190514034709j:plain

 

ちょうど讃美歌が聞こえてきました。

 

f:id:globalcat:20190514034828j:plain

 

なかなか大きな教会で見ごたえがあります。

 

3. 街歩き&ギネスビール

 

f:id:globalcat:20190514035305j:plain

 

ダブリンの街歩きの醍醐味は、石畳の古くて可愛らしい建物があちこちに見つけられることではないかと思います。

 

f:id:globalcat:20190514035403j:plain

 

地元のダブリンっ子が、地元のタクシードライバーに聞いたお勧めのバーで、ダブリンのギネスビールを飲むという、ぶらり旅。

 

f:id:globalcat:20190514035558j:plain

 

ギネスビール、初めて飲みましたが、見た目ほど重たくなく、グイっと飲めました。

 

ダブリンは、特別、、、なにっという街でもないのですが、アイリッシュバーで有名なテンプル・バー付近をお散歩したり、街角アートを写真におさめたり、そういったちょっとしたこと街歩きが楽しい街なのだと思います。

 

f:id:globalcat:20190514035635j:plain

 

こちらが、有名なテンプルバー。

 

ジモッピーは、The テンプルバーでは飲まないそうです。

 

理由は、高いし、完全旅行客相手のBarだから、とのこと。

 

街を歩けば素敵な風景に出会えます。

 

f:id:globalcat:20190520012053j:plain

 

こんなお店や、

 

f:id:globalcat:20190520012133j:plain

 

こんなおじさんや、

 

f:id:globalcat:20190520012240j:plain

 

こんなお姉さんや、

 

f:id:globalcat:20190520012317j:plain

 

こんな可愛らしいお花など^^

 

トラムをうまく使えば、疲れずに、行きたいところをちょこちょこ見て歩けます。

 

4月半ばでコートなしには歩けない寒さでしたが、暖かい陽気になれば、街歩きもいっそう楽しいだろうなぁ~と思います。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

ロンドン出張 隙間時間で遊ぶおすすめのスポット

 

1. ビッグベン周辺をサクッと観光

 

f:id:globalcat:20190513100141j:plain

 

ロンドン・ヒースロー空港到着が夕方17:00で、ホテルに行って荷物を置いて、19:00~21:00ぐらいまで、サクッとビッグベン周辺を観光してきました。

 

ビッグベンは、黄色のCircleラインか、緑色のDistrictラインのUnderground (地下鉄)駅、Westminster (ウエストミンスター)駅下車、徒歩3分ぐらいの場所にあります。

 

f:id:globalcat:20190513101249j:plain

 

わたしが訪れたのは2019年4月中旬で、ビッグベンは工事中でしたが、ライトアップされており、十分きれいでした♪

 

f:id:globalcat:20190513101358j:plain

 

ビッグベンのすぐ目の前には、ウエストミンスター寺院や、聖マーガレット教会など、美しい建物がいくつかあるので、夕暮れ時に見て回っても楽しいです。

 

f:id:globalcat:20190513101428j:plain

 

夜20時ぐらいでも、このぐらいの明るさです。

 

f:id:globalcat:20190513101524j:plain

 

f:id:globalcat:20190513101549j:plain

 

f:id:globalcat:20190513101618j:plain

 

取り急ぎ、美しそうな建物をいくつか写真に収めましたが、、、どれが、なんの建物だったか、定かでなく・・・(;^ω^)

 

f:id:globalcat:20190513101738j:plain

 

あ~ロンドンに来たなぁ~と実感するには、十分な観光でした。

 

2. Greek Parkとバッキンガム宮殿

 

f:id:globalcat:20190513102046j:plain

 

Green Park(グリーンパーク)駅は、紺色のPicadilly (ピカデリー)ラインと、水色のVictria (ヴィクトリア)ラインが止まる駅です。

 

地下鉄の中で、なんと柴犬を発見!

 

f:id:globalcat:20190514014412j:plain

 

中国人のファミリーが連れていたのですが、ライチちゃんという女の子^^

 

とっても、ひとなつっこくって、おとなしくて、かわいかったです。

 

ピカデリーサーカスから一駅です。

 

こちらの駅は、バッキンガム宮殿の最寄り駅となるので、結構混んでます。

 

バッキンガム宮殿には、広々とした、そして青々とした芝生と木々が広がるグリーンパークをてくてく歩きながら(5分ほど)行けます。

 

f:id:globalcat:20190513102432j:plain

 

わたしは、バッキンガム宮殿よりも、こちらのグリーンパークに心惹かれました♪

 

お天気も良く、20℃ぐらいの気温でしたので、ぽかぽか陽気でピクニックをしている人も多く、寝転びたい気分でした。

 

バッキンガム宮殿までの道のりは、人が流れる方向に行けばたどり着きます。

 

グリーンパークの歩道がありますが、バッキンガム宮殿⇔グリーンパーク駅を往復する人たちで混んでいるので、わたしは、人ごみを避け、芝生の上をのんびりと歩きました。

 

f:id:globalcat:20190513102853j:plain

 

バッキンガム宮殿には、砂糖に群がるアリンコのように人だかりですので、サクッと写真を撮って、5分ぐらいで帰りました。

 

f:id:globalcat:20190513103020j:plain

 

こんな感じ。

 

f:id:globalcat:20190513103051j:plain

 

建物はさすがに素晴らしい~!!!

 

f:id:globalcat:20190513103133j:plain

 

11時ごろからスタートの交代式を見ようとすると、大変な人混みですので、少なくとも1時間前には場所取りしないとダメらしいです。

 

交代式でもない時間帯でも激混みなので、のんびり見たい人は、交代式をあえて避けると良いかもです。

 

地下鉄の混み具合が半端ないです。

 

f:id:globalcat:20190513103302j:plain

 

このようなシンボルがあるところには、人が群がってます。

 

f:id:globalcat:20190513103402j:plain

 

ここにも、

 

f:id:globalcat:20190513103425j:plain

 

ここにも、とにかく、人がよじ登って写真を撮るので、人が映らないタイミングで写真撮るのは容易ではないです。

 

f:id:globalcat:20190513103333j:plain

 

サクッとみて、バッキンガム宮殿さようなら~♪

 

3. ニールズヤード (Neal's Yard)

 

f:id:globalcat:20190513103648j:plain

 

Picadilly ライン上の駅、Covernt Garden (コヴァンツ・ガーデン)駅から徒歩5分ほどの場所にある、Cosyなフォトジェニックな場所がニールズヤード。

 

Covernt Gardenは、ピカデリーサーカスから、キングスクロス駅方面に2駅です。

 

行き方は、

 

Covernt Gardenを出て左手に広がる道をまっすぐ行き、突き当りの角を右に曲がって、すぐ左手の細い路地を入ります。

 

f:id:globalcat:20190513104207j:plain

 

歩行者天国のような道があるのでそこを歩いていきます。

 

f:id:globalcat:20190513104246j:plain

 

駅から徒歩5分ぐらいで、途中、こんな可愛らしいレストランが目に入ります。

 

f:id:globalcat:20190513104325j:plain

 

そして、こんな壁画が描いてある細い路地を入っていくと、

 

f:id:globalcat:20190513104403j:plain

 

こんな景色が広がっています。

 

ちっちゃな三角形のスポットなのですが、その一角だけカラフルで、可愛らしくテンション上がる景観が広がっています。

 

f:id:globalcat:20190513104437j:plain

 

ほんとに、こじんまりのとした一角なので、何をするという訳でもなく、お茶するか、ランチといったところでしょうか。

 

f:id:globalcat:20190513104500j:plain

 

マッサージ屋さんもあって、アロマセラピーを受けたかったのですが、空いていなかったので、スポーツマッサージ30分40ポンドで受けてみました。

 

f:id:globalcat:20190513104712j:plain

 

店内はこんな感じ。

 

スポーツマッサージ、初めて受けましたが、着替える時間、カルテに記入時間(これが結構長い)、ストレッチを全部いれて30分なので、実質マッサージの時間は10~15分ぐらいで不完全燃焼で終わりました。

 

40ポンドは高すぎ・・・

 

雰囲気は良いですが、満足度は低いかも(;^ω^)

 

4. ミュージカルを観る

 

f:id:globalcat:20190512212233j:plain

 

ロンドンと言えばミュージカル!

 

一度は本場のミュージカル、観てみたいものですよね。

 

なので、それほどミュージカルファンではないのですが、行ってきました、それも欲張って2つも!

 

ミュージカルは19:30~22:30と夜遅めなので、仕事が終わってからでも十分観に行けます。

 

詳しくは下記のブログから。

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

5. Kings CrossからYorkへ

 

f:id:globalcat:20190514014645j:plain

 

ハリーポッターで有名なKings Cross駅。

 

斬新なデザインです^^

 

f:id:globalcat:20190514014839j:plain

 

例のハリーポッターで有名なプラットフォーム 9 3/4は、写真撮影したい人で、ものすごい人だかりですが、スポットだけ写真撮影してきました。

 

f:id:globalcat:20190514015728j:plain

 

電車のプラットフォームは、10分前ぐらいに大きな電光掲示板に表示されます。

 

Kings Cross駅から2時間ほどのYork (ヨーク)という町に仕事で行ってきたのですが、自然の美しい可愛らしい街でしたので、ご紹介します。

 

f:id:globalcat:20190514015312j:plain

 

特急列車でKings CrossからYorkへ。

 

f:id:globalcat:20190514015510j:plain

 

仕事をしながら、ということでテーブル席で。

 

f:id:globalcat:20190514015606j:plain

 

電車の窓が汚くて、あんまりきれいな写真ではないですが、ロンドンを少し離れると、ひつじが牧草を食べている風景が広がります。

 

f:id:globalcat:20190514015839j:plain


こちら、Yorkの駅。

 

f:id:globalcat:20190514020006j:plain

 

こちら街の様子。

 

カラフルなお花がいっぱい。

 

f:id:globalcat:20190514020147j:plain

 

こんな電車が街中を走ってました^^

 

f:id:globalcat:20190514020250j:plain

 

代理店営業マンと顧客訪問後、ランチをしたのですが、なかなか素敵なカフェでした。

 

f:id:globalcat:20190514020355j:plain

 

こちら、木のぬくもりが感じられる、温かい色彩の店内。

 

f:id:globalcat:20190514020449j:plain

 

手前がわたしのフィッシュ&チップス、そして向かい側が、代理店営業マンのハンバーガー^^いずれもボリューム満点です。

 

f:id:globalcat:20190514020557j:plain

 

代理店営業マンが、スイーツ男子だったこともあり、デザートをいただくことに。

 

めっちゃ甘いですが、美味しかったです^^

 

f:id:globalcat:20190514020656j:plain

 

最後に公園の緑で目を癒して、騒がしい、にぎやかなロンドンへと。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ロンドンは、ひとりでぷらぷらと、気軽に遊びに出かけられる街です。

 

ロンドンに出張の際には、ぜひ、隙間時間に素敵な場所を訪れてみてください♪

 

それでは、have a nice day

 

by ちびまる

ロンドンでミュージカルを観る知っ得6つのポイント

 

f:id:globalcat:20190510061940j:plain

 

本場ロンドンでミュージカルを観るって、心が浮かれます。

 

特に、ミュージカルファンというわけでもないけれど、『なんか、迫力ありそう』と勝手な思い込みでひとり盛り上がり、観てきましたミュージカルをロンドンで。

 

ロンドンのミュージカル鑑賞に行ってみて、初めて知ったこと、事前に知っておくとよかったことなど、いくつかあるので紹介します。

 

1. 劇場は演題で決まっている

  

ロンドン ミュージカル、でググってみると、『ここだけは、行っていたい!』という歴史ある有名な劇場の紹介ブログがたくさん出てきます。

 

有名なのが、

 

QueensTheatre(クイーンズ劇場)

Her Majesty's Theatre(ハー・マジェスティーズ劇場)

 

この2つの劇場です。

 

そして、超有名どころのミュージカルが、

 

レ・ミゼラブル(Les Miserables)

オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)

 

で、 

 

レ・ミゼラブルは、クイーンズ劇場

 

f:id:globalcat:20190512212233j:plain

 

オペラ座の怪人は、ハーマジスティーズ劇場

 

f:id:globalcat:20190512212346j:plain

 

と決まっています。

 

いずれの劇場もピカデリーサーカス駅から、1本道で徒歩5分ぐらいです。

 

ロンドンの劇場は、いくつかありますが、クイーンズ劇場と、ハー・マジェスティーズ劇場は、一度は訪れてみたいと思う素敵な劇場です。

 

クイーンズ劇場

 

f:id:globalcat:20190512212453j:plain

 

クイーンズ劇場はピカデリーサーカス駅から、Shaftesbury Avenue(シャフツベリー・アベニュー)沿いです。

 

劇場のエントランスから、とても重厚感のある趣で、『由緒ある劇場』という雰囲気を味わえます。

 

f:id:globalcat:20190512212623j:plain

 

公演が始まると撮影は禁止ですが、始まる前は自由に写真撮影ができます。

 

舞台の下にはオーケストラが舞台に合わせて演奏し、大迫力の音響でミュージカルが楽しめます。

 

幸い、当日とれた席が80ポンドで1階席の前方でしたので、舞台が良く見え、役者の表情まで読み取ることができ、大迫力の演技と歌声、そして音響で心が揺さぶられました。

 

わたしの隣の女性は、感動して泣いてました。

 

f:id:globalcat:20190512212927j:plain

 

劇場の内装も豪華で、天井のアートを観ているだけでも楽しいです。

 

f:id:globalcat:20190512213005j:plain

 

まもなくスタートとなると、スクリーンにこのような映像が映し出されて、公演が始まると劇場内の照明が落とされます。

 

f:id:globalcat:20190512213057j:plain

 

こちらは、ミュージカルが終わって帰る頃22:30のピカデリーサーカス駅付近の風景です。

 

観ての通り、人通りも多く、危険な雰囲気はなく、安心して歩けますが、スリには注意しましょう。

 

ハー・マジェスティーズ劇場

 

f:id:globalcat:20190512213338j:plain

 

ハー・マジェスティーズ劇場は、ピカデリーサーカスからHeymarket(ヘイマーケット)通り沿いです。

 

f:id:globalcat:20190512213759j:plain

 

道中、このような馬の像が見えます。

 

f:id:globalcat:20190512213831j:plain

 

ハー・マジェスティーズ劇場もエントランスからごった返しており、小さな劇場ですが、1階席、2階席、バルコニー席とあります。

 

わたしは、一番安いバルコニー席60ポンドで席を取ったのですが、結構遠くて、舞台の様子はわかっても、演者の表情までは見えません。

 

また、バルコニーのバーが邪魔で見づらいということもあり、空いている席に移動しました。

 

また、席は結構狭いため、バルコニー前方席で、お隣に観客が体が大きい人が座ると、結構、窮屈です。

 

レ・ミゼラブルを先に見てから、オペラ座の怪人だったのですが、すでにだいたいの様子が予想できたので、レ・ミゼラブルほどの感動はなく、『こんなものか』という感じで終わりました。

 

ミュージカルファンの方、ゴメンナサイ(;^ω^)

 

個人的には、レ・ミゼラブルのほうが心に響きました。

 

おそらく、理由は、レ・ミゼラブルの歌を知っていたため、本物を聴いた感があり、オペラ座の怪人のオペラは、あまりなじみがなかった、ということではないかと思います。

 

ミュージカルの大ファン!という訳ではないわたしにとっては、

 

〇本場のミュージカルを観てみたい

〇歴史ある劇場で観てみたい

 

という、ミュージカルの内容そのものというより、どんなものか経験してみたい、という気持ちのほうが強かったので、

 

欲張りなわたしは、ひとまず有名どころの2大ミュージカルを、人気のある劇場で観てみたい、と思いました。

 

ミュージカルファンではない人も、一度は観てみる価値は十分にあります

 

2. 最寄り駅はPiccadilly Circus

 

f:id:globalcat:20190510124116j:plain

 

Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス)は、地下鉄Piccadillyライン上の駅で、ロンドンの繁華街です。

 

夜遅くでも多くの人でごった返していて、ネオンも多く、騒がしい街、といった印象です。

 

クイーンズ劇場も、ハー・マジェスティーズ劇場も、ピカデリー・サーカス駅から徒歩5~10分以内で、一本道なので見つけやすいです。

 

ただし、地下鉄の出口はたくさんあるので、ストリート名をよく確認してから出口を探したほうが良いです。

 

すみません、、、出口の名前を忘れました・・・が、駅構内にストリート名が書いてあるので、難しくはありません。

 

3. チケットは事前購入を

 

f:id:globalcat:20190510071255j:plain

 

チケットは、事前購入が断然おすすめです。

 

理由は、

 

〇間違いなく席が確保できる

〇席を選べる

〇チケット購入窓口が混んでる

 

からです。

 

ちなみに、事前購入していても、チケットを受け取る必要があります。

 

購入からの窓口と、事前チケット購入窓口と2つあります。

 

Londonmusical.com という日本語サイトが便利です。

 

レ・ミゼラブル事前チケット購入

オペラ座の怪人事前チケット購入 

 

クイーンズ劇場も、ハー・マジェスティーズ劇場も、とても人気の劇場であり、また、2大有名どころのミュージカルを上演するため、上演1時間ぐらいでも、劇場の出は入り口は多くの人でごった返しています

 

わたしは、平日に行きましたが、それでもすごい人混みでした。

 

当日劇場にいっても、チケットが取れない可能性も十分ありますので、限られた滞在スケジュールで必ず観に行きたい場合は、事前チケット購入はマストです。

 

4. 公演は長く、夜が遅い

 

f:id:globalcat:20190512212139j:plain

 

曜日によっては14:30スタートという場合もありますが、ほとんどの場合は、19:30スタート22:30終わりと、公演時間も長く、夜が遅いです。

 

女性ひとりで夜遅くに街歩きするのは、なるべく避けたいものですが、途中退散するわけにもいかないので、22:30に終わってから、ダッシュです(;^ω^)

 

ピカデリーサーカス付近は人が多いので、スリなどに気をつけさえすれば、怖いことは何もないですが、宿泊先が遠い場合は、ちょっと心配ですよね。

 

わたしは、ピカデリーサーカスライン沿いで、ピカデリーサーカスから地下鉄で20~25分のGloucesester Road (グローセスター・ロード)駅、および

 

Hammersmith (ハマースミス)駅から徒歩5分圏内のホテルに泊まりましたで、比較的安全でした。

 

個人的には、Gloucester Road駅付近のホテルのほうが静かなのでお勧めです。

 

Hammersmith駅は酒場も多く騒がしい印象です。

 

5. 服装はカジュアルでOK

 

f:id:globalcat:20190512214631j:plain

 

ドレスアップしてくる人もたくさんいますが、だいたいの人は普段着です。

 

わたしは、ジーパンにカシミアのセーター、そして肩掛けスカーフ(大判)で、エコバック片手に行きました。

 

基本的に、ごった返しており、よっぽど変な恰好をしていかない限り、問題ありません。

 

 

6. その他の知っトク情報

 

f:id:globalcat:20190512214930j:plain

 

ピカデリーサーカスは激混み

 

ミュージカルが終わる時間帯に限らず、ピカデリーサーカス駅は常にごった返しています。

 

わたしがミュージカルを観に行った日は、温暖化防止のストライキがあり、駅改札の入場制限がかかるほどの混み具合で、思ったより帰りが遅くなりました。

 

ピカデリーラインは、常に混んでいる印象で、地下鉄も古く、車内も狭いため、座れないことが多いです。

 

パスチケットが断然ラク

 

見知らぬ地で、いちいち電車のチケット買うのは面倒です。

 

Oyster cardという日本でいうSuicaのようなカードがあり、

 

デポジットに5ポンドかかりますが、改札タッチで通過できるため、めっちゃ楽です。

 

Oyster Cardは、地下鉄のどの駅でもチケットマシーンで購入可能です。

 

チケットマシーンは、おつりがでない場合が多いので、クレジットカード決済をお勧めします。

 

もしくは、1日トラベルパス

 

こちらも、何度も使い放題なので、改札に切符を通すとすぐに出てきて改札を通れるのでとても楽ちんです。

 

若干高いですが、自由度や時間効率を考えると、断然お得です。

 

劇場の飲食は高い

 

想像つくと思いますが、結構高いです。

 

レモンジェラートアイス(カップ)を食べましたが、4ポンドでした。

 

1個100円で買えそうなジェラートが、500円近くします!!!

 

ミュージカルを観ながら、何かを飲んだり食べたりしたい場合は、あらかじめ買って持ち込みましょう。

 

しかしながら、あんまり、バリバリ、ムシャムシャ、など、袋から食べ物を出す音などがうるさい食べ物は迷惑なので避けましょう。

 

事前にあらすじを読む

 

事前におおまかなあらすじを下調べしておくと、観ていて理解度が増すので楽しさも倍増です。

 

わたしは、それなりに英語はできるほうですが、それでも、映画やお芝居の英語が全部わかるわけではありません。

 

なんとなくでもストーリーを把握しておけば、だいたいシーンが理解できます。

 

ケチらず1階席で観る

 

数十ポンドの違いであれば、そこはケチらず、1階席で観賞したほうが良いです。

 

役者の迫力の伝わり方が、1階席とバルコニー席では全然違います。

 

トイレは開演前に早めに行く

 

劇場に入る人数の割にはトイレの数が少なく、開演前と休憩時に、女子トイレは激混みです。

 

できれば、劇場に入る前にトイレに行っておくと良いでしょう。

 

終わったらさっさと帰る

 

余韻を楽しみたい人もいるかもしれませんが、とにかく出入り口も、ピカデリーサーカス駅も混むため、地下鉄に乗って帰る人は、公演が終わったら早めに退散をおすすめします。

 

ロンドンでのミュージカル、一度は観てみると良いかと思います♪

 

出張の隙間時間のロンドンでの遊びについて、まだまだ書きたいことはたくさんあるけど、明日からまたオランダ、ドイツ、スイスへ長期出張(;^ω^)

 

書きたいネタはたくさんあっても、ブログを書く時間を捻出できず、無念(-_-;)

 

ですが、めげずに明日に向けて、Let's go!

 

それでは、have a nice day

 

by ちびまる

ダブリン出張 Clayton Hotel Cardiff Laneに泊まる(コンベンションセンターまで徒歩5分)

 

Clayton Hotel Cardiff Lane総評

f:id:globalcat:20190504145544j:plain

 

この度、ダブリンに出張し、The Convention Centre Dublin (CCD) コンベンションセンターで開催されたBNA (British Neuroscience Associsation / 英国神経科学学会)でお仕事しました。

 

コンベンションセンターまで徒歩5分のホテル、Clayton Hotel Cardiff Lane(クレイトン・ホテル・カーディフ・レーン)に宿泊しました。

 

www.booking.com

 

コンベンションセンターまで徒歩5分圏内という便利、かつ静かなロケーションであったため、

 

コンベンションセンターで仕事をするならお勧めのホテルです。

 

出張には、とても快適かつ利便性が高いホテルです。

 

便利なロケーション

 

f:id:globalcat:20190504150520j:plain

 

ダブリン空港からClayton Hotel Cardiff Laneまでは、20分間隔で走っているエアポートバス(Airlink) が安くて便利です。

 

ダブリン空港のインフォメーションセンターで事前にチケットを購入しました。

 

f:id:globalcat:20190504151146j:plain

 

片道7€で、コンベンションセンター前まで約20分でした。

 

所要時間は道の混み具合に大きく左右されそうですが、30~40分見ておけば良いかと思います。

 

ちなみに、タクシーの場合は、高速道路代を入れて30€ぐらいで、所要時間はバスとほぼ同じです。

 

f:id:globalcat:20190504151116j:plain

 

コンベンションセンター前から、橋を渡った角にアイリッシュパブがあり、その道沿いにスタバがすぐありますが、Clayton Hotel Cardiff Laneはスタバのすぐ隣です。

 

また、赤路線のトラム、Luas (ルアス)は、Liffely River沿いに走っているのですが、コンベンションセンターのすぐ近くに、Mayor Square というトラム停車地があって、徒歩10分以内です。

 

ピンポイントで観光地を巡るには、ルアスが便利です。

 

ルアスは、ゾーン別に利用料金が異なりますが、ダブリン市街地のほとんどの観光地には片道2.8€(350円ぐらい)、往復4.8€(600円ぐらい)です。

 

また、Hop On Hop Offバスという、ダブリンの街を1周し、観光地を巡ってくれるバスがあるのですが、ホテルの前に停留所があります。

 

チケットは、1日券大人22€、2日券大人26€と、結構高いです。

 

わたしは、空港のインフォメーションデスクでチケットを購入しました。

 

Hop On Hop Offは、時間がたっぷりある方にはお勧めですが、隙間時間にダブリン観光する場合は、あまり使い勝手がよくないなと感じました。

 

理由は、

 

〇20~30分間隔

〇1方向まわり

 

なので、行きたいところに、行ったり来たりするには、不向きです。

 

思ったより、気軽に、ホップオン、ホップオフ(乗り降り)、できないじゃん!という印象です。

 

また、ホテルから5分圏内のGland Canal Dock周辺に、レストランやスーパーがあり、食事にも買い物にも便利です。

 

f:id:globalcat:20190504155848j:plain

 

お部屋は快適

 

f:id:globalcat:20190504153502j:plain

 

静かで、適当な広さで、快適でした。

 

f:id:globalcat:20190504153615j:plain



収納棚がたくさんあって、使い勝手は良かったです。

 

ただし、4月上旬のダブリンは、最低気温が3℃ぐらい、最高気温でも10℃を下回り、小雨が降っていることが多かったので、思った以上に寒かったのですが、室内にエアコンはありませんでした。

 

凍える寒さの外から帰ってきたら、すぐにお風呂に浸からないと体が温まらない状況でしたので、バスタブがあってよかったです。

 

掛け布団も薄いものが1つだけでしたので、枕の予備ではなく、掛け布団の予備が欲しかったです。

 

バスタブとアメニティは?

 

f:id:globalcat:20190504154018j:plain

 

バスタブ付きのお部屋を確保していたので、希望通り大きなバスタブ付きのお部屋でした。

 

f:id:globalcat:20190504154104j:plain

 

アメニティは、シャンプー、コンデイショナー、石鹸、ボデイーソープと、必要なものはそろっていましたが、簡素なパッケージで、必要最低限な印象です。

 

WiFiは時々落ちる

 

WiFiは、時々落ちる感じでしたので、イモトのWiFiでつなぐことが何回かありました。

 

お湯の出

 

勢いよく出ますので、快適です。

 

朝食は美味しい、でも。。。

 

f:id:globalcat:20190504154301j:plain

 

朝食は、オプションがたくさんあって、美味しくいただけて満足なのですが、朝食会場のスタッフの数が少なく、回っていない感じでした。

 

会場への入場受付係がひとりで、毎回1組ずつルーム番号をチェックして、席まで案内するため、7~8時ぐらいの時間帯は、毎回長蛇の列ができていました。

 

f:id:globalcat:20190504154654j:plain

 

また、テーブルセッティングが間に合わなくて、フォークがない、ナイフがない、お皿がないなど、スタッフをつかまえて、お願いすることがしばしばありました。

 

朝は忙しい場合も多いので、もう少し効率よい、朝食システムを確立してほしいなと思いました。

 

時間に余裕がない人の場合は、7時前に朝食を済ませることをおすすめします。

 

便利なホテルのパブ飯

 

f:id:globalcat:20190504154943j:plain

 

夜ご飯を、ホテルのパブでいただきました。

 

ビーフパイをいただいたのですが、あっつあつで美味しかったのですが、食べきれませんでした(;^ω^)

 

パイ生地が上に乗っかっていたのですが、パイの中に中身が入っていてほしかったなぁ~。

 

パブ飯は、それほど高くもなく、ちょっと食事をするぐらいなら、ビール1杯分も入れて20€あればおつりがきます

 

ひとりでも、気軽に入れて、居心地も良いので、一人出張の時にはありがたい存在です。

 

フィルター水道水が有料

 

夜、のどが渇いたのでペットボトルの水を買いたかったのですが、外に買いに行くのも面倒なので、レセプションに聞いたら『パブで買えるよ』というので買ったのですが、なんと、フィルター水道水が2€(1L)

 

多くの4つ星以上のホテルでは、ミネラルウオーター(ペットボトル2本)、もしくはフィルター水(1L)を無料てお部屋に供給しているので、水道水が2€と有料というのは、ちょっとがっかり。

 

タクシー予約は再確認が必要

 

フライト時間の都合上、Airportlinkを利用できず、タクシーで空港に向かったのですが、事前にレセプションに予約をお願いしたところ、『直前に再確認して』とのこと。

 

正直、こんなこと言われたの初めて(;^ω^)

 

3日前に予約をお願いしたのですが、『早すぎるので、タクシー会社が忘れちゃうかもしれないから』との理由です。

 

顧客側からするのではなく、ホテル側で、再確認してほしかった、というのが本音(-_-;)

 

スパ施設は充実

 

ãã®å®¿æ³æ½è¨­ã®ãã©ãã®ã£ã©ãªã¼

画像:www.booking.com/Clayton Hotel Cardiff Laneより

 

スパ施設は充実しています。

 

ジム施設、温水プール、ジャグジー、キッズの遊ぶプール、スチームサウナ、低温サウナなど、リフレッシュするには良い施設が整っています。

 

ちなみに、サウナは男女兼用です。

 

タオルはスパ受付で貸してくれます。

 

水着と水泳用キャップを忘れずに。

 

そして、みなさん、ビーサンを持参していました。

 

ホスピタリティは普通

 

f:id:globalcat:20190504160531j:plain

 

特筆すべき、ホスピタリティは、残念ながらありません。

 

4つ星ホテルですが、いたって普通

 

逆に『ちょっと満足感は足りない』感じです。

 

それなりに、みなさんフレンドリーですが、それほど気が利くという感じでもないですし、最低限のサービスを提供してくれる感じです。

 

可もなく不可もなく・・・といった感じでしょうか。

 

最後に。。。

 

コンベンションセンターでお仕事をするのであれば、おすすめしたいホテルです。

 

また、サービスは普通ですが、ホテルの施設としては、快適に過ごせる空間がありますので、サクッと仕事して、隙間時間に観光して、サクッと帰る人には良いホテルかと思います。

 

ダブリン、お天気があまりよくなくて、寒かったせいか、それほど観光したいという気持ちも起きなかったのですが、季節の良い時期に訪問したいと思っています。

 

では、みなさま have a nice day

 

byちびまる

ビジネス英会話でグローバルに仕事がしたいならCamblyで話をしよう(25分間の無料レッスン)

 

f:id:globalcat:20190429135124j:plain

画像:photoACクリエイター:涼風さん

英会話ができるようになりたい?

 

『英語がペラペラ話せて、世界を相手に仕事をしたい』と思いますか?

 

英語を流ちょうに話している人を見かけて、わぁ~すごい!わたしも、話せるようになりたい!』って思いますか?

 

20代前半のわたしは、英語がペラペラしゃべれる人に対して、大きな憧れを抱いていました。

 

あれから40年、いや、20年ぐらいでしょうか。

 

おかげさまで、当時自分が憧れていた、英語ペラペラの人に、なることができました。

 

英語を自由に話せるようになるまでには、それなりに時間がかかりましたし、決して簡単な道のりではありませんでした

 

海外生活を通じても!です。

 

語学の習得は、簡単なことではありません。

 

英語ができなかった自分を覚えているからこそ、わたしは、

 

『楽に英語(英会話)を習得できる』なんて、

 

絶対に言えないです。

 

だって、楽に英語を習得できるなんて、これっぽっちも思っていないのですから。

 

語学に限らず、何かを習得するということは、時間がかかり努力が必要であるということは、きっと、誰もが心の中ではわかっているはず。

 

ある一定の

 

〇時間

〇労力

 

が必ず必要になります。

 

そして、金銭的な面においても、ある程度の自己投資が必要です。

 

楽に英語・英会話ができるようになりたいと考えている人にとっては、ここに書いてあるコンテンツは役に立ちませんのでご了承ください。

 

ビジネス英会話を本気で習得し、海外で通用するグローバル人材になりたいと、ひたむきに努力をしたい人には、微力ながらお役に立てるかなと思っています。

 

努力をして夢を実現したいという方は、興味があればぜひ先を読み進めてみてください。

 

英会話の習得に必要なこと

 

f:id:globalcat:20190429141832j:plain

画像:photoACクリエイター:sayokoさん

 

ずばり、場数を踏むこと、に尽きます。

 

いろんな国の人と英語で話すこと、です。

 

どんな話でもよいから、量をこなすこと、です

 

あれこれと、手法をうんぬん考えるよりも、英語で会話をする環境に、できる限り多くの時間身を置くことです。

 

〇英語に耳が慣れること

〇英語に口が慣れること

 

理屈より、『慣れが何より大事』です。

 

英会話習得の要素はいろいろありますが、慣れることなく習得なんて、無理な話です

 

英会話ができないのは、単純に、場数が少な過ぎるというのが大きな要因です。

 

相手が何を話しているのかを耳で感覚的にキャッチし、自分の言葉で、相手に伝える練習をすることが大事です。

 

英会話の場数を踏むには?

 

f:id:globalcat:20190429142220j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

 

わざわざ、英会話スクールに時間を割いて出向く?

 

めんどくさいし、忙しいし、なかなか時間が取れない?

 

今の時代、いつでも、どこでも、

 

『隙間時間でサクッとできる』のが良いですよね?

 

インターネットでの英会話レッスンサービスは、数多くありますが、事前に予約してスケジューリングするものが多くないですか?

 

何気にメンドクサイ、事前予約(;^ω^)

 

わたしは、あんまり事前に予定を入れることが好きなタイプではなく、隙間時間にコツコツ何かを続けるほうが性に合っているので、『今やりたい!』と思ったときに、できるほうが長続きするタイプです。

 

場数を踏むためには、

 

隙間時間に少しでも多く話をして量を稼ぐということが必要になるので、

 

ちょこちょこ英会話の練習をしていける環境があれば良いと考えています。

 

日本にいながら、外国に住んでいるのと同じ英会話量をこなすのは難しいですが、

 

少なからず、毎日ちょこっとでも話をする機会を設けるだけでも、

 

英会話習得のための努力貯金ができます。

 

塵も積もれば山となる、です。

 

毎日、英会話に触れる環境を作ることが大切です。

 

予約が要らない英会話Cambly

 

f:id:globalcat:20190429143727j:plain

 

みなさん、Cambly (キャンブリー)という英会話レッスンサービスをご存知ですか?

 

いつでも、どこでも、

 

スマホで友達にチャット、電話するぐらい簡単に、

 

すぐに英会話レッスンを受けられるサービスです。

 

もちろん、無料ではなく有料ですが、

 

〇日時

〇レッスン時間

〇講師

 

など、簡単に選べてすぐレッスン開始できるシステムが整っています。

 

今すぐレッスンを受けたい人には、待機中(要するに、今すぐ利用可)の講師たちのプロフィールが確認できます。

 

もちろん、スケジューリングをして、カレンダー予約をすることもできます

 

忙しい人におすすめCambly

 

f:id:globalcat:20190429144848j:plain

画像:photoACクリエイター:rose015さん

 

ビジネス英会話に直面せざる終えない人、そして、

 

毎回、海外とのテレコンや商談などで冷や汗(;^ω^)というビジネスパーソン

 

結構いらっしゃるのでは?

 

と推察しますがいかがでしょうか?

 

そして、そういったビジネスパーソンは、決まって。忙殺されるほど多忙を極めているのが常

 

朝や昼間のちょっとした隙間時間に15分でも、30分でも空いた時間にサクッと英会話レッスンを受けたい、

 

レッスンというより英会話に慣れたいという人にCamblyはおすすめです。

 

ちょっとしたフレーズが出てこない・・・

 

こんな時、なんていうの???

 

みたいなことって、ありませんか?

 

そういう悩みや、ちょっとしたことを、サクッと聞ける外国人が身近にいたらよいと思いませんか?

 

Camblyは、待機中のレッスン講師がおり、講師を選ぶことなく、

 

『今すぐレッスンを開始』ボタンを押せば、

 

システムがアトランダムに講師を割当てくれます。

 

15分単位でレッスンを受けられるので、とってもハンディーです。

 

いろんな国の人と話せるCambly

 

f:id:globalcat:20190429150140j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん

 

英会話レッスンを受ける際に、『自分を理解してくれ、顔馴染みの同じ先生が良い』という人もいるかもしれません。

 

でも、わたしは、1人の決まった講師と毎回話をするよりも、

 

アトランダムに、いろんな国のさまざまな人種やバックグラウンドを持つ講師と話をするほうが、ずっと良い訓練になると思っています。

 

なぜなら、ビジネス英会話が必要になるシチュエーションは、まさにアトランダムに、

 

多種多様なバックグランドの人と話をする環境だからです。

 

一人の人と英会話をするために、英会話を習得するわけではないからです。

 

どうしても、一人だけの講師とばっかり話をしていると、

 

講師側があなたに話の仕方を合わせてくるでしょう。

 

そうすると、自分に都合の良い、自分がわかりやすい話し方にもなるでしょうし、

 

その人が話す言葉やアクセント、そしてトピックスには慣れますが、

 

多種多様な英会話に太刀打ちできない可能性があります。

 

それでは、意味がありません。

 

Camblyでは、今すぐレッスンを開始でアトランダムに講師を割り当てることもできますし、

 

自分で待機中の講師を選ぶこともできますので、

 

多種多様な英会話に慣れることができます。

 

簡単スタートCamblyの英会話

 

f:id:globalcat:20190429150851j:plain

 

スマホでの画面メニューがこちら↑↑↑

 

Camblyでは、簡単に英会話レッスンをスタートできます。

 

講師を選ぶ

 

f:id:globalcat:20190429151246j:plain

 

待機中の講師一覧がずらっと出てきますので、

 

評価スコアやプロフィール、PR動画などを見て、話してみたい講師を見つけます。

 

f:id:globalcat:20190429151403j:plain

 

講師のPR動画では、30秒程度の自己紹介の動画が流れます。

 

どんな感じの人か雰囲気を確認することもできますし、

 

動画の英語を聞いて、聞きやすそうか、話やすそうかなど、確認することもできます。

 

予算を立てる

 

f:id:globalcat:20190429152136j:plain

 

また、1か月どのぐらいの金額を自己投資するかも計画を立てられます。

 

仮に毎日365日1日もかかさず30分の英会話レッスンを受ける場合でも、3か月プランで申し込んだ場合、1か月2万円です。

 

f:id:globalcat:20190429152347j:plain

仮に、12か月プランで申し込んだ場合、月額は16,049円です。

 

将来グローバルに活躍したいと夢見る人であれば、自己投資として、不可能な金額ではないかなと思います。

 

まずは、第一歩を踏み出すこと、そして、

 

とにかく、量をこなすこと、です。

 

個人的な意見ですが、

 

中途半端に料金をケチってレッスンを受けるのは、

 

非効率的でもったいないです。

 

経済的に許される範囲で、最大限、英会話に触れるための自己投資をすることで、夢に一歩近づくことができます。

 

1回の飲み会より、1回の英会話!

 

その積み重ねで、あなたの未来は変わってくるのではないでしょうか?

 

わたしが20代の頃は、こんな便利なサービスやシステムが存在しませんでしたので、思い切って海外に出ました。

 

よって、英会話の習得には、現地での生活費もかかりましたので、常に仕事をしては、投資し続けて来ました。

 

お金は後からいくらでも稼いで作れるけど、

 

経験を積むのは、早ければ早いほうが良いです。

 

なぜなら、経験は、その後のあなたの人生を豊かにしてくれる肥やしとなるからです。

 

20代でも30代でも、若いうちに、思い切って海外に出て英会話を習得するほうが、断然お勧めです。

 

理由は、海外での経験は、英会話習得以外にも、多くのことを感じ、学び、

 

自身の人格形成の血となり、肉となっていくからです。

 

海外での生活は、語学以外、お金には変えられない経験ができます。

 

今すぐに海外に飛んでいけない人が大半と思いますから、

 

いざ海外に飛んでいく時を夢見て、まずは、

 

英会話を習得する第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

レッスン予約をする

 

f:id:globalcat:20190429152646j:plain

 

レッスン予約は15分刻みで予定を入れられ、

 

f:id:globalcat:20190429152759j:plain

 

レッスンの所要時間も選べて、

 

f:id:globalcat:20190429152857j:plain

 

講師を選んで、

 

f:id:globalcat:20190429152920j:plain

 

あとは続行を押して予約を確定するだけ。

 

カスタマイズする

f:id:globalcat:20190429134559j:plain

 

英会話レッスンの目的や自分の好みに合わせて、カスタマイズすることもできます。

 

まずは、『講師を探す』のページにて、自分のニーズや好みを満たしてくれる講師を絞り込みます。

 

レッスンの種類

〇ビジネス英語

〇会話練習

〇発音レッスン

〇文法レッスン

〇IELTS対策

〇TOEIC対策

〇TOEFL対策

 

そのほか、面接や特定のトピックスでのディスカッションなど、

 

特別なシチュエーションに合わせてレッスンの組み立て相談も可能です。

 

学習レベル

〇初級を完了する

〇基礎

〇中級

〇上級

 

講師のアクセント

〇北米アクセント

〇英国アクセント

〇オーストラリアアクセント

〇その他アクセント

 

講師の人柄

〇親切で我慢強い

〇楽しくて社交的

〇学問的で知識豊富

 

予約可能

日時、15分単位、所要時間で絞り込みにて、対応可能な講師の絞り込みができます。

 

Camblyとの出会い

 

Camblyのマーケティング担当の方から、

 

『Camblyのアンバサダーになりませんか』というご提案をいただき、

 

初めてCamblyの英会話サービス知ることになりました。

 

アンバサダーになるということは、Camblyのサービスの内容に共感し、広告塔になるということです。

   

正直なところ、お話を引き受けるにあたり、いろいろと迷いはありました。

 

迷いの一番の理由は、私自身、海外生活を通じて英会話を習得し、日本にいながら、英会話の習得をした経験がないため、

 

本コンテンツを読んでくださっている読者にとって、必ずしもわたしのコメントが妥当であるとは限らないからです。

 

しかしながら、Camblyの社員の方と相談を重ねるにあたり、

 

Camblyの事業運営のポリシーを知ることになり、

 

彼らの志に共感できる自分がいました。

 

よって、実際にCamblyのサービスを経験した後、

 

自分自身が良いシステムと思えれば、アンバサダーになって、

 

本音ベースでのご紹介をしようと考えました。

 

わたしがCamblyのアンバサダーを引き受けた背景には、もうひとつ理由があります。

 

それは、『日本のグローバル化の遅れ』への危機感です。

 

海外に出て仕事をすればするほど、『日本のグローバル対応への遅れ』の危機感は募ります。

 

グローバル化の遅れとは、一概に言葉の壁だけではありませんが、

 

直接英語で話ができなければ、話にならないのは確かです。

 

日本にいる大半の日本人が、普通に英語を話せるようになれば、

 

いろいろと見えてくる世界は違ってくるだろうし、

 

日本の独特の文化や日本人だからこその技術を、

 

もっとスピーデイーに、世界に表現することができるのではないかと感じています。

 

わたしは今まさに、グローバル人材の獲得に悪戦苦闘中です。

 

事業拡大にあたり海外営業スタッフ採用を求められていますが、

 

手ごろな人材が、あまりにも身近に居な過ぎて困っています。

 

都会ならまだしも、わたしが住んでいる地域は地方なので、人材不足は深刻です

 

グローバルな感覚を持った人材はおろか、

 

それ以前に語学の壁が大きな壁として立ちはだかり、

 

まずは、語学面で人材確保に窮しています

 

少しでも日本各地の人たち(特に若者)の英会話力が、

 

英語を第一言語としないヨーロッパ諸国(ドイツ、オランダなど)の人々と同様に、

 

『一般英会話はできて当たり前』

 

という状況に、日本もなっていけたら良いなと願ってやみません。

 

Camblyのレッスンを受けた感想

 

最後に、Camblyのレッスンを受けた感想を述べます。

 

2時間という短い時間での判断となりますことをご理解ください。

 

メリット

〇使い勝手か良い(簡単)

〇フレキシブルでハンディ

〇予約なしにレッスン可能

〇多種多様な講師が勢ぞろい

〇ニーズに合わせカスタマイズ可能

〇比較的安定したビデオ通話

〇英会話の場数を踏める

 

気になる点

超初心者、もしくは、とても恥ずかしがり屋さんの場合、対応できる講師が限られるように思います。

 

わたしの無料デモレッスンに、アトランダムで割り当てられた講師は、超初心者対応は厳しいと、話をされていました。

 

Camblyは、初心者向けというよりは、どちらかというと中級寄りの初心者、

 

もしくは中級レベルで、ビジネス英会話で苦労している方向きかなと思います。

 

なんとなく、相手が言っていることは聞き取れるけど、

 

自分から言葉が出てこないという人で、

 

フレーズを聞けば、

 

『あーそれ!そういうことが言いたかった!』と、

 

あと一歩、フレーズに慣れればスラスラ話せる可能性があるレベルの方に大いに役立つサービスであり、システムであると感じました。

 

もちろん、たくさんの講師がおられるので、

 

初心者に上手く対応できる講師陣も見つかると思いますが、

 

その場合は、講師も生徒も、

 

熱意と根気が必要です。

 

この度、わたしのデモレッスンにお付き合いいただいた先生がおっしゃってましたが、

 

Camblyにサインアップした、目的が明確であることが大事、とのことです。

 

生徒主導のレッスンと言いますか、

 

『わたしは、〇〇がしたい、〇〇ができるようになりたい』と、

 

明確に意思表示ができれば、講師もレッスン構成をしやすいようです。

 

英会話ができないから、レッスンを受けるわけで、

 

『意思表示ができれば苦労しない!』と突っ込まれそうですが、

 

テキストメッセージに、Google翻訳をうまく使って伝えることができれば、乗り越えられると思います。

 

Google翻訳、だいたい言いたいことは伝えられますので、活用してください^^

 

何事も、チャレンジに無駄なことなんてないです。

 

まずはやってみる、トライ&エラーが夢への第一歩♪

 

チャレンジする人へ心よりエールを送ります^^

 

25分間の無料レッスンを体験

 

Camblyは、無料オンラインレッスンを提供しており、通常日本からアクセスする場合は、通常は15分間の無料レッスンを受けられます。

 

『15分では、ちょっと短い』と感じられる場合は、

わたしのアンバサダーコード goglobal を 

紹介コード欄に登録をするだけで、

25分間の無料レッスン

受けることができます

 

ネイティブとオンライン英会話 | Cambly (キャンブリー)

 

下記のリンクより、アカウント作成および無料レッスン申し込みができます。

 

 

アカウント作成を進めていきますと、下記の画面が出てきます。

 

25分間の無料レッスンをご希望の方は、『紹介コード』の欄に わたしのアンバサダーコード goglobal を入力し適用ボタンを押してください。

 

f:id:globalcat:20190508070230j:plain

 

25分間あれば、Camblyのサービスが自分に合っているサービスか否かの判断もしやすいのではと思います。

 

試してみたいと少しでも思ったのなら、思い切ってチャレンジしてみましょう!

 

未来の自分の扉を開くきっかけが、つかめるかも!、しれません^^

 

やってみるか否かは、あなた次第です。

 

ワンタッチで、世界中のネイティブ講師と英会話!ができます。

 

最初は、ドキドキですが、何事も経験あるのみ!です。

 

まずは、やってみる、経験してみることが大事です。

 

チャレンジから、得られることはあっても、失うことは何もありません。

 

あなたの夢の第一歩、踏み出してみませんか?^^

 

陰ながら、グローバルに働きたい!という人を応援しています♪

 

byちびまる

イギリス出張 ロンドンBrook Green Hotelに泊まる Hemmersmish駅から徒歩5分

 

Brook Green Hotelに泊まる

f:id:globalcat:20190427163821j:plain

 

一言でいうと、とてもキュートでcozyなホテルで間違いなく女子ウケするホテルです。

 

〇Hermmersmith駅から徒歩5分

〇大型スーパーはホテルのすぐ裏

〇スタッフも親切

〇可愛いお部屋

〇アメニティ充実

〇WiFi高速で快適

〇大きなバスタブ

〇お湯の出最高

〇美味しい朝ごはん&コーヒー

〇素敵なカフェバー

〇素敵なガーデンテラスetc.

 

とっても魅力的なボンティークなホテルで、とってもわたし好みなのです。

 

が、しかし!

下記2点を除いては。

 

〇車の走行音(騒音)

〇リフトがない

 

メインの道路に面しているホテルであり、客室のほぼ全室がメイン道路側です。

 

f:id:globalcat:20190428123710j:plain

 

部屋からの眺めは良いですが、走行音など騒音はひどいです。

 

隣の部屋がうるさいということはありませんでしたが、外の騒音がすごいです。

 

窓は開けられない2重ガラスになってはいるものの、防音設備が整っているとは言いがたい騒音です。

 

残念ながら、わたしは睡眠について繊細であり、静寂でないと眠れない性質であるため、滞在中は一睡もできず、睡眠不足に陥りました。

 

耳栓しても、眠れず・・・。

 

車、バス、バイクの走行音(特にバイクは吹かす音がひどい)、救急車、パトカー、クラクションの音が、朝5時~24時まで、ひっきりなしに結構うるさかったです。

 

深夜1時~5時前ぐらいまでは、比較的静か、でもたまに、突然のけたたましい、クラクション音やバイク音に目が覚めるという繰り返し・・・。

 

よって、音に敏感な人にはお勧めできないホテルですが、それほど音は気にならない、逆に少しぐらい騒音が聞こえるほうがよく眠れるという人にとっては、お勧めです。

 

リフトについては、上層階のお部屋の場合は、毎回お出かけの際には階段の上り下りがあります。

 

f:id:globalcat:20190428123613j:plain

 

とはいえ、5階建ての小さな宿なので、普段エクササイズをしている人の場合は、大した運動量ではないです。

 

スーツケースは、スタッフの方が運んでくれるので心配はありませんので、私自身はリフトがなくても、それほど不便は感じなかったです。

 

結論としては、騒音がさほど気にならない方にとっては、とてもお勧めできるホテルです。

 

Hermmersmith駅 徒歩5分の立地

 

f:id:globalcat:20190428122142j:plain

 

Brook Green Hotelは、Hermmersmith (ハマースミス)駅から徒歩5分の立地で、駅前の道をひたすらまっすぐ直進するだけなので簡単です。

 

Hermmersmith駅は、Picadilly Line沿いの駅で、

〇Kings Cross駅13駅(25分)

〇Picadilly Circus駅から8駅(15分)

Piccadilly line timetable - Transport for London

 

であり、District Line沿いでもあるので、ビッグベンがある

〇Westminster駅にも9駅(18分)

District line timetable - Transport for London

 

と、とても便利な駅です。

 

ただし、便利なだけあって、人混みもすごいです。

 

夜の23時頃でもHermmersmith駅は、多くの人々でごった返しています

 

Brook Green Hotelは、Hermmersmith駅から徒歩5分の距離ですが、出口を間違えると大変です。

 

地下鉄を降りたら、まずは『Buss』と記載のある出口へ向かいます。

 

駅構内をまっすぐ進んでくると、右手にスタバや、マクドナルドがあり、真ん中にはお花屋さんやドーナツ屋さんなどがある方向へ向かいます。

 

f:id:globalcat:20190428121644j:plain

 

プラットホームを降りて、出口に向かう途中に、右手にHammersmith駅の改札があります。

 

f:id:globalcat:20190428121920j:plain

 

上記の黄緑色の雑貨屋さんが右手角に見えれば正しい出口です。

 

f:id:globalcat:20190428122022j:plain

 

出口を出ると、左手に地下鉄の赤いマークがあり、右手前方道路の角にNando'sというチキンお店があります。

 

f:id:globalcat:20190428120028j:plain

 

Nando'sとピンクの建物が見える間の道(Sherpherds Bush Road) をNando's側の歩道をまっすぐ歩きます。

 

駅を背にして左手道沿いに日本食レストランWagamamaがあり、ひたすらまっすぐ行くと、右手前方に交差点の角に小さな公園(芝生)が見えてきます。

 

自分が歩いている側の歩道沿いにBrook Green Hotelが交差点の角(Brook Green公園のはす向かい)にあります。

 

昼間と夜とでは、町の雰囲気や見える感覚が異なるため、道をしっかり覚えておかないと迷子になります(;^ω^)(→迷子になった人、わたし)

 

ヒースロー空港からのアクセス

 

ちなみに、大きなスーツケースを持って、ロンドン・ヒースロー空港からの地下鉄移動は、Picadilly Line沿いで、Hemmersmith駅も止まりますが、5分といえども大変です。

 

理由は、

 

〇すごい人混み

〇駅は階段

〇地下鉄小さく狭い

〇地下鉄も混んでる

 

混雑している地下鉄と駅構内を通過するだけでも大変ですが、大きなスーツケースをゴロゴロ転がして、5分徒歩移動というのは結構距離があります

  

個人的にはタクシーをお勧めします。

 

ホテルから空港までは30£ぐらいです。

 

大型スーパーはすぐ裏に

 

f:id:globalcat:20190428123520j:plain

 

ホテルを出て1分もかからずにスーパーに行けます。

 

ほんと、ホテルのすぐ裏手!

 

TESCOというイギリスの大型チェーンスーパーがあり、ちょっと水を買ったり、お菓子を買いに行ったりと便利です。

 

f:id:globalcat:20190428124009j:plain

 

スコッチウイスキーをスーパーで買いました。

 

シングルモルトのスコッチウイスキーが26ポンド(約2,900円)でした。

 

ちなみにこの銘柄、日本で買うと4,300円ぐらいです。

 

空港の免税品店では、なかなか30ポンド以下のウイスキーが見つけられず、スーパーで買いました。

 

ちなみに、ワインはダブリンで買ったアルゼンチンワインです(;^ω^)

 

お土産に喜ばれました^^

 

クラッシックで可愛いお部屋

 

f:id:globalcat:20190428124718j:plain

 

Brook Green Hotelのお部屋は、とにかく女子ウケしそうなお部屋です。

 

おしゃれで可愛い♪

 

私自身、部屋に入った時には、かなりテンション上がりました♪

 

f:id:globalcat:20190428124827j:plain

 

ベッドの裾に赤いソファーがあって、ちょっと腰かけて洋服を畳んだりするのも楽ちん。

 

またベッドのすぐ前にもまた別の赤いソファーがあり、可愛いクッションもたくさん!

 

クッションは特に使いませんでしたが、インテリアとしてテンションがあがります。

 

f:id:globalcat:20190428125007j:plain

 

枕元のデスクには懐かしいダイヤル式の黒電話 (´⊙ω⊙`)

 

f:id:globalcat:20190428125150j:plain

 

デスク回りもこんな感じ↑↑↑で、シンプルでどこか懐かしさを感じるアイテムが!

 

f:id:globalcat:20190428125316j:plain

 

これ、↑ラジオ( ˊᵕˋ )

 

f:id:globalcat:20190428125431j:plain

 

お茶も豊富で、ネスカフェエスプレッソマシーンやケトルもコンパクトに常備。

 

お水は水道水をフィルターかけたもので無料でした。

 

おなかが弱いわたしが飲んでも大丈夫でした。

 

また、日本から持って行ったドライフード(おかゆなど)をいただく際にも利用しました。

 

f:id:globalcat:20190428125552j:plain

 

冷蔵庫にも飲み物がたくさん!

 

もちろん有料ですが、小さなワインやら、ヨーグルトやら。

 

f:id:globalcat:20190428125634j:plain

 

なんと、赤ワインとグラスはワインラックに!

 

おしゃれ~♪

 

アメニティも充実

 

f:id:globalcat:20190428125750j:plain

 

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソープ、髭剃りセット、歯磨きセット、シャワーキャップ、綿棒やコットンなど。

 

グッズの容器がとてもかわいくて、見ただけでテンションがありました。

 

コストを削減されやすいところを、あえてキュートなデザインのボトルデザインにするという気の利かせ方。

 

歯磨きセットがあるというのは珍しいですが、ちょうど、歯ブラシをなくしたところだったので、助かりました。

 

大きなバスタブ

 

f:id:globalcat:20190428130035j:plain

 

バスタブは、とにかく大きい!!!

 

お風呂好きにはたまらない大きさです。

 

お湯の温度の調整が若干難しかったですが、お湯の出はとても良いです。

 

バスタブとシャワーブースは別々にありますので、わたしは、何度もバブルバスにして泡ぶくの入浴タイムを楽しみました。

 

たくさんのアワアワの中に身をうずめて、泡と戯れるのは、この上ない気持ちよさです。

 

また、タオルをかけるラックは温かくすることもできるので、電気を入れておけば、いつでも温かいタオルを利用できます。

 

バスタブにも可動式のシャワーがついているので、さっと泡を流して出られるのもよかったです。

 

f:id:globalcat:20190428130225j:plain

 

シャワーブースも大きくてドアがついていました。

 

可動式のシャワーと固定式のシャワーどちらもあります。

 

WiFiは高速で安定

 

WiFiは高速で安定していました。

 

つなげるのも簡単で、1FのカフェBarでもつながります。

 

美味しい朝ごはんとコーヒー

 

f:id:globalcat:20190428130635j:plain

 

Brook Green Hotelの特筆すべきGoodポイントは、なんといっても朝食の美味しさ

 

また、カフェBarの空間も静かで素敵です。

 

イギリス滞在中、一番好きな空間だったかもしれません。

 

f:id:globalcat:20190428130757j:plain

 

わたしは朝食付きプランで宿泊したのですが、普通はバイキングでコンチネンタルブレックファーストか、決まった内容です。

 

でも、Brook Green Hotelは、通常カフェメニューから好きな朝食を選べて、かつ、バイキングにあるパンやシリアルなどもいただけます。

 

コーヒーもマスターが『何を飲みますか?』と聞いてくれて、わたしは毎朝カプチーノをいただきました。

 

f:id:globalcat:20190428130832j:plain

 

あまりにもおいしくて、わたしが毎朝食、そしてランチにも頂いたアボカドレモンのスコッチエッグトースト

 

こちら、絶品です!!!

 

量的にもちょうどよく、味付けもシンプルで、ほどよくレモンが利いていて、アボカドのクリーミーさが緩和されて、しつこくなくさっぱりといただけます。

 

お昼にもいただきましたが、アボカド・スコッチエッグトーストとカプチーノで11ポンド(1,200円ぐらい)でした。

 

f:id:globalcat:20190428131051j:plain

 

朝食やランチの時間は人が少なく静かでのんびりお茶したり、ごはんをいただけます。

 

f:id:globalcat:20190428131202j:plain

 

ここのマスターが親切で、道を教えてくれたり、スーパーを教えてくれたり、とてもありがたかったです。

 

夜はBarになって少しは人が多くなりますが、それほど混みあいません。

 

ここのカフェBarは、朝から夜までずーーーっと開いていて、いつでも、朝食メニューをいただいたり、お酒もいただけるので気軽に利用でき、また料金もホテルにしては良心的です。

 

ワインを昼間に1杯頂きましたが、大きなグラスに結構注いでくれるので、1杯で十分でした。

 

f:id:globalcat:20190428134008j:plain

 

シャルドネの白辛口をいただきました。

 

キリリと冷えていて、飲みやすく、とても美味しかったです。

 

昼間から一人で静かにのんびりと飲んで、ほろ酔い気分になれるというのは、とても幸せで贅沢な時間♪

 

 

ガーデンテラス

 

f:id:globalcat:20190428131540j:plain

 

カフェBarの奥にはガーデンテラスもあります。

 

こちらは喫煙が可能なので、たばこの煙が苦手な方にはお勧めできませんが、誰もいない時間帯にのんびり日向ぼっこするにはよい場所です。

 

目の前の公園でのんびり

 

f:id:globalcat:20190428133952j:plain

 

幸い最終日は、お天気も良くポカポカ陽気で、フライトまで時間もありましたので、のんびりとロンドンを楽しむことができました。

 

こちらは、Brook Green Hotel目の前の公園です。

 

f:id:globalcat:20190428134116j:plain

 

街のど真ん中にある小さな公園ですが、一歩公園に足を踏み入れると、それほどうるさくもなく、鳥のさえずりや風の音を感じることができ、平和な空間を楽しむことができました。

 

都会の中で、こういったちょっとした時間に公園の芝生に転がり、緑と土の匂いを嗅ぎ、風を感じられる時間を持てるというのは、生きた心地がするというか、とてもほっとします。

 

親切でフレンドリーなスタッフ

 

最後に、スタッフはとても親切でフレンドリーです。

 

騒音で眠れず、少し後ろに向いているお部屋に移動をお願いした時も、いやな顔せず対応してくれました。

 

残念ながら、騒音はそれほど違いはなかったのですが、その対応には感謝をしたいと思います。

 

こじんまりとして、とっても素敵なホテルなので、騒音さえ気にならなければ、また泊まりたいお宿のひとつです。

 

防音対策、してくれるといいなあ~♪

 

防音対策させしてくれれば、また泊まりたいな!

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

イギリス出張ロンドンおすすめホテルAshburn Hotel(アッシュバーン ホテル)に泊まる

 

f:id:globalcat:20190423123514j:plain

 

はじめてのイギリス出張を経験してきました。

 

今回は、ロンドンを拠点に、

 

〇ロンドン⇔ストックホルム

〇ロンドン⇔ダブリン

〇ロンドン⇔ヨーク(UK北部)

〇ロンドン⇔ケンブリッジ 

 

と移動が多い出張でした。

 

ロンドン市内には、10日間の出張のうち、前半2泊、そして後半2泊と2回滞在し、今回は、前半に2泊したホテルをご紹介します。

 

抜群のロケーション

 

f:id:globalcat:20190423124746j:plain

 

ロンドンは地下鉄が発達しており、中でもピカデリーライン (Picadilly Line)沿いの駅付近でロンドン市内中心地に近い場合、アクセスがとても便利です。

 

Ashburn Hotel(アッシュバーン・ホテル)は、Picadilly Line沿いのGloucester road (グローセスターロード)駅から徒歩5分以内に立地し、治安も良いエリアです。

 

アッシュバーン ホテル(ロンドン)– 2019年 最新料金

 

Gloucester road駅から、劇場がたくさんあるPicadilly Circus駅、そして郊外列車の終着駅Kings Cross駅までは約20分なので、どこに行くにも便利です。

 

また、Gloucester road駅のすぐ隣にはGloucester アーケードがあり、大きなスーパーマーケット、そしてファーストフード店、レストランがあり食事やお買い物にも便利です。

 

f:id:globalcat:20190423125014j:plain

 

Ashburn Hotelは、Gloucester road駅に近いですが、メイン通りもそれほど交通量が多いわけではないため、夜はとても静かで騒音に悩まされる心配もありません。

 

また、それなりに人通りも多いため、ミュージカルの帰りで遅くなっても、女性一人でも安心して歩けます。

 

空港からのアクセス

 

Picadilly Lineはロンドン・ヒースロー空港にもつながっていますので、荷物が少ない方で、コストを抑えたい方は、地下鉄利用はリーズナブルでおすすめです。

 

また、Picadilly Lineは、通勤ラッシュの時間帯(朝7時~9時、夕方は17時~19時)は、東京のラッシュアワーと似たような混み具合ですので、大きなスーツケースを持って地下鉄に乗り込むのは、なかなか難儀です。

 

それから、Picadilly Lineは、劇場がたくさんあるPicadilly Circus駅にも止まりますので、ミュージカルを鑑賞する人々で、いつも地下鉄は混んでいる印象です。

 

ちなみに、ミュージカルは19時半~22時半ぐらいなので、結構遅くまで混んでいます。

 

ヒースロー空港からの所要時間は、1時間ぐらいみておいた方が良いと思います。

 

大きなスーツケースをお持ちの場合は、リフトがあっても階段(20段程度)ありますので、タクシーのほうが無難です。

 

タクシーの場合は、時間帯にもよりますが、ラッシュアワーは1時間、空いている時で30分です。

 

わたしはホテルにタクシーを頼み固定料金で利用しましたが、空港拾いは駐車料金なども入るため割高で70£、空港行きは60£でした。

 

クラッシックな外観

 

f:id:globalcat:20190423125049j:plain

 

外観は、とてもクラシックで、こじんまりとした落ち着いた雰囲気のホテルです。

 

イギリスにいながら、我が家に帰るような温かいほっこりした雰囲気なので、リラックスできます。

 

可愛らしいお部屋

 

お部屋は、女子のテンションが一気に上がりそうな、可愛らしいインテリアです。

 

甘すぎず、クラッシックな落ち着いた壁紙やインテリアなので、心地良い時間を過ごすことができました。

 

f:id:globalcat:20190423125544j:plain

 

ソファーやテーブルの空間もmy homeのようなゆったりとしたスペースなので、のんびり腰かけてお茶を飲んだり、新聞を読んだりリラックスすることができます。

 

f:id:globalcat:20190423125711j:plain

 

内装をリフォームしたばかりとのことで、上品な色合いの鳥と花の壁紙が印象的でした。

 

WiFiは安定

 

WiFiは、接続も簡単でしたし、常時安定していました。

 

ビジネスユースに問題ないです。

 

床暖房のバスルーム

 

f:id:globalcat:20190423125851j:plain

 

バスタブ付きのバスルームを事前にリクエストしておきました。

 

お湯の出もよく、シャワーは可動式、そして床暖房が入っていたので、足元も温かく、とても快適でした。

 

充実のアメニテイ

 

f:id:globalcat:20190423130020j:plain

 

ネロリの優しい香りが配合されたシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ぼディークリーム、そして石鹸がおいてありました。

 

昔、アロマセラピストであった私はネロリが大好きで、サンダーウッドとネロリを組み合わせてマッサージオイルを配合していたことを思い出しました。

 

寝心地の良いベッド

 

f:id:globalcat:20190423125429j:plain

 

欧米のホテルのベッドは、だいたい高さが高いのですが、こちらのホテルも例外なく、ベッドの高さは高いです(^-^;

 

でも、寝心地は、適度にフカフカで、とても良いベッドでした。

 

枕も、固すぎず、柔らかすぎず、ぐっすり眠れる枕でした。

 

とても静か

 

f:id:globalcat:20190425061304j:plain

 

Picadilly Line地下鉄のGloucester Road駅(Picadilly Cirucs 中心部から20分ほど)から徒歩5分以内で比較的大きな通りに近い場所に立地しているホテルですが、館内はとても静かで、夜もほとんど物音はせず、静寂に包まれています。

 

わたしは眠りが浅く、静かでないと眠れない性質なので、静かなお部屋というのは、とてもありがたく、ホテル選びには必須の条件になります。

 

Ashburn Hotelは、建物が古いにもかかわらず、とても静かなホテルでしたので、夜はぐっすり眠ることができ、また、リラックスして時間を過ごすことができました。

 

セキュリティBoxも完備

 

f:id:globalcat:20190425061859j:plain

 

セキュリティBoxもお部屋のクローゼットの中に完備されています。

 

4桁の数字を入れるだけなので、簡単に問題なく開閉できます。

 

海外のセキュリティBoxは、時々、トラブルがあり扉が開かない、なんてこともありますので、貴重品を中に入れる前には必ずテストをするようにしています。

 

美味しい朝食

 

f:id:globalcat:20190425062316j:plain

 

こじんまりとした朝食会場ですが、とても爽やかな時間を過ごせる空間が広がっています。

 

f:id:globalcat:20190425062215j:plain

 

コーヒーは、Teaポットのような容器に入ってる濾すタイプで、とても美味しい雑味がなくとても美味しかったです。

 

また、ちょっと時間はかかりましたが、こんがりとした焼きたてのクロワッサンやデニッシュを頂くことができ、ハムもチーズも味がしっかりしている割には臭みがなく、ひとつひとつがとても丁寧に作られた素材で美味しかったです。

 

お泊りのお客様たちは、ご年配の方が多く、みなさんのんびりと、朝食の時間を楽しまれている方々ばかりでしたので、わたし自身も、とてもリラックスして朝ご飯を頂けました。

 

1杯ドリンクサービス

 

f:id:globalcat:20190425062959j:plain



滞在中に、エントランスを入ってすぐ右手にあるホテルのBarで、1杯ドリンクサービスがありました。

 

わたしは、到着した夜にシャンパンらしきのみもの(シャンパンではないです笑)を頂きました。

 

夜も遅かったので、そのままBarでピザを頼み頂きました。

 

ひとりでいただくには大きかったのですが、ホテルで食べるにしてはリーズナブルで美味しいピザでした。

 

ひとつ残念だったのは、チリが欲しくて頼んだのですが、出てきたのが、マヨネーズ、ケチャップ、そしてBBQソースという・・・苦笑

 

おそらく、冷蔵庫にあるものを全部一通り持ってきてくれたのだと思いますが、『チリ』ではなかったので、使いませんでした。

 

気が利くサービス

 

f:id:globalcat:20190425063422j:plain

 

到着翌日の朝、わたしは朝7時にホテルを出なければならなかったのですが、ホテルの朝食の時間が7時半からでした。

 

朝ご飯必須なわたしは、ホテルのフロントに『どうにかならない?』と相談したら、前日夜にフルーツ、ヨーグルト、シリアルをお部屋に届けてくれました。

 

シリアルの牛乳は、コーヒーに入れるカップミルク(小さいミルク)が3つほど冷蔵庫に入っていて、ミルクの量がちょっと少ない気もしましたが、心遣いに感謝です。

 

信頼できるスタッフ

 

ホテルのフロントは、とてもフレンドリーで気が利きます。

 

また、タクシーの運賃でトラブった際に、タクシー会社に電話をかけてくれて、多く取られた分を取り返してくれました。

 

ホテルのスタッフが信頼できるというのは、滞在するにあたり大きな安心材料となります。

 

立地的、静けさ、WiFiのつながり、お湯の出、居心地の良さ、スタッフの質、朝ご飯の美味しさなど、総合的にとても満足のいく滞在でした。

 

アットホームで落ち着くホテルが好みという方におすすめのホテルです。

 

それでは、みなさま、have a nice day

 

byちびまる

 

 

フッターの欄