空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

ネコになってみたい、と思ってはみたものの、、、。

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20201118121917j:plain

画像:photoACリズム727さん

 

ネコになってみたい

 

ネコになってみたい

 

そう、わたしは、ネコちゃんへ、ある種の憧れを抱いています。

 

たぶん、単なる妄想に過ぎないのだけれど。

 

本ブログのIDも「globalcat」と、世界を旅するネコちゃんのイメージで命名しました。

 

もちろん、ネコにはネコの世界があって、人間には想像もできない、大変なこと、過酷な境遇なども、たくさんあるのでしょう。

 

それでも、なんというか、あのキョトンとした瞳、コロンとしてて、ふわふわな感じ、そして、何より自由に生きていそうなあの雰囲気、非常に、、、憧れます。

 

本音を言えば、ただ単純に、

 

〇気ままに生きたい

〇自由でいたい

〇みんなに愛されたい

 

だけかもしれない。

 

そんな願望、わたしだけ^^?

 

できることなら、「猫、一日体験」をしてみたい。

 

猫になってみたい

 

そんな願望、わたしだけ^^?

 

なぜネコなのか

 

なぜ、犬でも、鳥でも、猿でもなく、ネコなのか。

 

それは、たぶん、、、

 

〇どんなにわがままでも

〇ツンデレでも

〇いたずらしても

〇寝ているだけでも

〇食べているだけでも

〇ぼーっとしているだけでも

〇遊んでいるだけでも

〇大人だろうが子供だろうが

〇機嫌が悪くても、、、

 

ただいるだけで、「かわいい~♡」と、多くの人に愛されているイメージが強いからかもしれない。

 

もちろん、ネコ嫌いな人もたくさんいると思いますが、ネコ好きな人のその愛情といっ大層なものじゃないでしょうか。

 

わんちゃんの場合は、なんとなく、ご主人様に忠実で、愛されるべく努力をしている感があり、愛されて当然といった「すごくいい子」なイメージがあります。

 

鳥は、大空を飛べて自由なイメージはありますが、「みんなに愛される」という観点から考えると、それほど、ちやほやされる存在でもないというイメージ。

 

「勝手に大空を舞っててちょうだい」、という感じでしょうか。

 

動物園に行った時にそれは結構感じて、野鳥のセクションは、サラーっと通り過ぎる感じで、下手すりゃスルーされる場合も・・・。

 

実際、わたしがそうなので。。。

 

勝手な想像ですが、マジョリティの人は、それほど、「わぁ~♡」と、テンションが上がるほど見てみたい、触れてみたい、という存在ではないように思います。

 

猿の場合は、なんだか、人間以上に上下関係が厳しく競争も激しそうだし、下手すりゃ自由にごはんにもありつけないリスクがあって、生きていくのに大変なイメージ。

 

ザ・サバイバル、ってな感じ。

 

コアラは、あまりに人気もの過ぎて、人間が鑑賞するために働く感があって、それ以外は、食べて寝るだけ(もう、ほっといて)みたいな・・・。

 

カピバラは、ぼ~っとしているのが仕事、みたいな感じで、冬には温泉にも入れてもらえる、ある意味うらやましい存在ではあるのですが、あんまり活発に遊んでいる様子はみたことなく・・・。

 

ゾウも人気ものだけど、あまりに体が大きすぎて、それこそ活発に遊ぶイメージがないです。

 

動物園でみる動物は、生きていく上では楽かもしれないけど、やっぱり、どこか自由度に欠けるイメージ。

 

ネコちゃんは、飼いネコでも、野生のネコでも、なんだか自由そうだし、食べものにも、それほど不自由するようなイメージがなく、なんとなくですが、気楽で楽しそうなイメージ。

 

わたしの個人的な勝手な妄想ですが、そんなイメージなのです。

 

ネコになれたら(願望)

 

なにより、、、

 

「かわいい~♡」って、無条件でちやほやされてみたい^^

 

特に若い男女に。

 

ちやほやされたら、たぶん、調子にのって、いろんなポーズ決めてしまうかもしれない。

 

でも、そんなポーズを決めるネコって、、、たぶん、人気ないでしょうねぇ。

 

今までの人生で、モテて、モテって困っちゃう~♡といった経験は皆無なので、一度ぐらい、老若男女問わず、モテてみたい笑

 

できることなら、素敵なご主人様に飼われて、ほどほどに一緒にいてくれて、ほどほどに遊んでくれて、ほどほどにほっといてくれる人(←ここ大事)と一緒にいたい笑

 

好きな時に、隣に座って、一緒にご飯たべたり、一緒に映画見たり、一緒に遊んだり。

 

チュールを自動給餌してくれて、好きな時に食べられる環境があれば、もう最高♬

 

ネコになれたら(困ること)

 

ネコだから、、、、

嫌でも、嫌って言えない・・・。

 

一番嫌なのが、かぶりもの。

 

たまに見る、変なかぶりものかぶらされているネコちゃん。

 

お気の毒さまぁ・・・と思ってしまいます。

 

自分が着たくない服を着せられるのも嫌。

 

お願いだから、ありのままでいさせてって思っちゃう。

 

必要以上にかまわれるのも嫌。

 

しゃべれないのが辛いところ。

 

好き=赤ボタン

嫌い=青ボタン

お腹空いた~黄色ボタン

ほっといて=緑ボタン

かまって=白ボタン

 

など、ボタン押しで意思表示ができたら、楽かも^^

 

でも結局は、、、

 

ネコも、思ったほど自由でもなさそう^^;

 

だって、好きなものを食べたい時に、食べたい分だけ食べれないし、上手く気持ちを主張できないし、行きたいところにも行くにしても、限度がありそうだから。

 

よくよく考えてみると、今の自分は、ネコ以上に自由で気ままなのでした。

 

もちろん、めんどくさいこと、嫌だなあ~ってことも、いろいろたくさんあるのだけれど、基本的には自分の意志で、なんでも好きなようにできるのだから、

 

〇気ままに生きる

〇自由でいる

 

この2点については、ネコよりはるかに上をいっている気がしてきた。

 

1点だけ得られないのが、

 

〇無条件で愛される、ちやほやされる

 

ということ。

 

それは、ネコには敵わないし、ネコに対抗できるとしたら、それは赤ちゃんぐらいでしょうか。

 

赤ちゃんは、どんなにブサイクな見てくれであったとしても、無条件に可愛い。

 

逆に、ブサイクなほうが、可愛かったりする。

 

でも、赤ちゃんもネコちゃんと一緒で、一見「かわいい」って愛される存在ではあるけれど、しゃべれないし、自分の意志を上手く伝えられない不自由さ、そして無力さがあります。

 

赤ちゃんは、守られなければ生きられない存在。

 

時には、意思の疎通ができないからこそ、無残な扱いをされてしまうことも。

  

そう考えると、、、ネコちゃんも赤ちゃんも、どこか「神聖な生きもの」であるからこそ無条件に愛される存在であり、そして、ネコちゃんは、思ったより、自由なようで自由ではないかもしれない。

 

そして、わたしは結局、ネコちゃんにはなってみたいとは思うものの、やぱっぱり、今の人間である自分が一番いいと、再認識したのでありました。

 

「隣の芝は青い」ってことですね。

 

今自分を大事に生きよう♪

 

それでは、みなさま、have a nice day!

 

byちびまる