空飛ぶちびまる(自由気ままに)

おひとり様女子のエッセイ

MENU

Bluetoothワイヤレスイヤフォンを買いました。(圧倒的に自由驚くほどフィット)というキャッチに惹かれて

スポンサーリンク

広告

 

画像:Amazon下記サイトより

audio-technica SONICSPORT 完全ワイヤレスイヤホン 防水・防塵 イコライザ- 急速充電対応 最大約36時間再生 ブラック ATH-SPORT5TW BK

 

ワイヤレスイヤホンが壊れた

 

ついこの間、ワイヤレスイヤホンが突然壊れて、急きょ新調しました。

 

今週6でジム通いしているわたしには、Bluetoothワイヤレスイヤホンは、なくてはならない必需品です。

 

が、突然、うんともすんとも言わなくなって、壊れたSkullcandyのネックバンドワイヤレスイヤホン。

 

Skullcandy Method Wireless ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 NAVY/BLUE S2CDW-J477【国内正規品】

画像:Amazon下記サイトより

Skullcandy Method Wireless ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 NAVY/BLUE S2CDW-J477【国内正規品】

 

こちらの品は、米国の友人からプレゼントされたもので、2年ほど愛用しました。

 

首にかけるタイプで、見た目もスタイリッシュで、使い心地も良かったので気に入っていたのですが、壊れちゃったので、急きょ、ヤマダ電機に走り、新調しました。

 

Amazonではなく、ヤマダ電機に走った理由は、やっぱり、フィット感などを確かめてから購入したかったから。

 

溢れんばかりの製品の数々

 

何も、ワイヤレスイヤホンに限ったことではないのですが、日本にいて、結構ストレスになるのが、選択肢の多さ。

 

何を買うにしても、製品数が多すぎて、何が自分にとって良いのか、考えるだけでもうんざりしてしまうほどの製品数。

 

何から、どの視点で、製品選びをすべきか、そこを考えるだけでも一苦労。

 

「あー、誰か、わたしにフィットするイヤホンを教えてちょうだい」と、考えることさえ放棄してしまいそうなほど、めんどくさがりのわたしなのですが、なんとか、自力で考えなければならないのが常。

 

身につけて、常用するものとなると、それこそ、使い勝手がよくなければ、絶対ダメで、特に、神経質なわたしは、ちょっとでも気になると、もうイヤ、と短絡的な結論を出しがち。

 

とりあえず、店員さんをつかまえて、

 

〇スポーツ用

〇ワイヤレス

〇 耐久性

〇再生時間

 

を優先事項として挙げ、人気があるというものを試させて頂きました。

 

がしかし、、、

 

なかなか、耳に、しっくりフィットしない💦

 

ポロっと落ちてしまいそうな不安定感が否めない・・・。

 

フィット感を求めて

 

わたしの耳は、耳自体も、耳の穴も小さいので、まず、耳にかけるタイプのものは全然フィットせず、ことごとくNG。

 

いくつか試すものの、「うーん、、、どれもこれも、イマイチ」

 

音というより、フィット感がまるでダメ。

 

ヤマダ電機の店員といっても、メーカーから来ている人をつかまえちゃうと、自社の製品を押してくるから、これまた、面倒で。。。

 

4つか5つ試したところで、「今一度、自分でよく考えてみます」と言って、店員さんから一旦離れ、端から端まで、試していったが、なかなか、これといったものに出会えず。。。

 

今までのイヤホンは、首にかけるタイプだったので、万が一、耳からイヤホンが外れても、転がってなくしてしまうリスクはなかったけど、耳に入れるだけのタイプだと、走っても、飛び跳ねても、ぽろっと外れないフィット感が重要になってきます。

 

audio-technicaの逸品と出会う

 

圧倒的に自由 驚くほどのフィット感

 

半ば諦め気味で、トボトボと、ショーケースを眺めていたところ、目に入ってきたのがこのキャッチ。

 

それに加えて、

 

〇タフに使えて、水で洗える防水・防浸・防じん性能

〇連続約12時間再生、最大約36時間再生

 

という、なんともハート💛にささる訴求ポイント。

 

それ以外にも、

 

〇ケースで充電

〇耳に差し込むと電源ON

〇耳から外すと電源OFF

 

など、自動化が素晴らしい。

 

それでいて、見た目もスタイリッシュで、ケースも素敵★

 

f:id:globalcat:20210224130928j:plain

これ↑↑↑ 手のひらにちょこっと乗るサイズ。

 

f:id:globalcat:20210224131343j:plain

ケースを開くと、充電レベルが点灯するという、なんともCoolなデザイン設計。

 

f:id:globalcat:20210224131431j:plain

 

実際のイヤホンはこんな感じで、わたしの小さな耳でも完全フィット。

 

キャッチ通りの驚くほどのフィット感!!!

 

f:id:globalcat:20210224131520j:plain

 

こんな小さなポーチに入るので持ち運びも便利。

 

audio-technicaというメーカーをわたしは今まで存じ上げませんでしたが、日本のメーカーさんのようです。

 

故障の原因は、ほこりが多いようで、安いイヤホンは、ほこり対策が不十分なんだとか(ヤマダ電機の店員さんのご意見)

 

耳に装着するだけで電源ONとなり、iphoneのBlutoothへの接続も、めっちゃ早く、簡単でした。

 

また、イヤホンに小さなボタンがあり、一時停止や、曲送り、音量調整なども自由にできて、まさにミニマリストが好みそうな設計です。

 

若干、ボタンが固く押しづらさもありますが、何より、フィット感、そして音、コンパクト感、そして耐久性、再生持続性を考えると、申し分ありません。

 

そのキャッチコピーには、嘘偽りなく、買い手の物選びを助けてくれる、素晴らしいキャッチコピーだなぁと、マーケティングに携わるものとして、えらく関心もしたのでした。

 

価格は、ヤマダ電機では14,000円ぐらいでしたが、Amazonでは2,000円ぐらい安いみたいですが、自分の耳でフィット感を確かめられるのであれば、やっぱり店頭で買うのがいいかなと。

 

店頭で確かめて、ネットで買うというのも手ですが、なんとなく、わたしは、いろんな意味で、それができない派です。

 

良い買い物ができて、めっちゃ嬉しかったです^^

 

週6運動してても、その分食べちゃうから、一向に痩せる気配はないですが、健康に毎日過ごせているので、今日も一日、軽やかな音楽を聴きながら軽く運動して、楽しく過ごします。

 

それでは、みなさま、have a nice day

 

by ちびまる