空飛ぶちびまる(自由気ままに)

おひとり様女子のエッセイ

MENU

時はライフそのもの

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20210125133119j:plain

画像:photoAC 想さん

 

時はライフそのもの

 

「時は金なり」

 

時間もお金同様に、大切にしなければならないもの、ということわざがありますが、最近、時はお金以上に大切なものと感じるようになりました。

 

時というのは、否応なくても、誰にでも与えられ、過ぎ去っていくもの。

 

人生という「時間」は、人により長短はあるものの、基本的に、誰にでも平等に与えられ、同じ速度で過ぎ去っていくもので、止めようもないもの。

 

どうしても、人というのは、目の前にある当たり前にあるものに対して、怠惰になりがちで、ついつい鈍感になってしまう。

 

よっぽど、自身の体に危機を感じていない限り、明日も、明後日も、きっと、同じように過ぎていくものと、心の奥底で、無意識に信じ、そのことに自信を持って生きているのではないかと、自分を通して、そう思う。

 

50手前になって、それなりに年を重ねてくると、健康面で、不安も出てくるし、不定愁訴も出てくるし、老いを感じる瞬間も増えてくる。

 

また同時に、周りの大切な人たちも、自分同様に年を取り、特に両親に関しては、あと、何回実際に、顔を合わせて時を過ごせるだろうかと考えると、両手で足りてしまうぐらいかもしれない。

 

そう考えると、与えられた時間をどう過ごすかということに、敏感になってきます。

 

人生の長さは、よく、キャンドルの灯を連想させます。

 

自分のキャンドルの長さが、そもそもどれぐらいの長さなのかもわかりませんが、少なくとも半分まできたとしたら、残り半分、大切にいきたいですし、いつ、どこで、突然吹き消されるかもわからないと考えると、「今この時」がとても貴重に思えてきます。

 

充実感を得る条件

 

先日、偶然、中田敦彦さんとGACKTさんの対談Youtube動画を拝見しました。

 

海外移住、そして、なぜマレーシアを選んだのか、という質問に対して、GACKTさんが、どういう考えで、マレーシアを最終的に選んだのかというのが、とても興味深かったです。

 

下記動画です。

 

【GACKTの勝ち方】海外移住・生き方・ビジネス・ボランティアを語る

 

わたし自身は、GACKTさんとは違って、庶民ですが、少なくとも、海外生活の経験はあるので、自分の時間をどこで生きれば、より豊かな人生を送れるのか、ということに関して、興味を持っています。

 

GACKTさんは、お金も名誉もあり、成功者のひとりといっても過言ではありません。

 

でも、そのGACKTさんが、どんなに有名になっても、どんなにお金を稼いでも、豊かな気持ちになれなかった、というがとても興味深かったです。

 

自分自身が、心から体が喜ぶ、精神が喜ぶ状態を作れない限り、満たされないという事実。

 

自分にとって、大切な価値観とは何か。

 

自分にとって、何が優先なのか。

 

自分にとって、何が快適なのか。

 

ということを、とことん掘下げて、選ばれたのがマレーシアだったようです。

 

そして、その考え抜かれた選択は、時間の過ごし方と直結しているということ。

 

その考え方に、とても感銘を受けました。

 

わたし自身も、私自身が満たされる環境、空間、そして時間の過ごし方を、あらためて、考え直すきっかけにもなりました。

 

時をどう過ごすか

 

毎日、朝起きて、活動が始まってから寝るまでの時間をどう過ごすか、もっと、意識したほうが良いかなと、最近考えています。

 

また、起きる時間も、寝る時間も含めて、自分にとって最適な時間の過ごし方を考えることは、大切かなと。

 

わたしは早起きが苦手で、毎年「今年は早起きする!」と抱負を語っても、すぐにぐーたら寝坊助になってしまいます。

 

でも、今年こそはと、新年から、今現在は、朝5:30に起きて、出社の日は朝温泉だけ、リモートワークの時は、2kmジムで走って温泉、というルーチンを過ごしています。

 

まだ1か月ですが、1週間に10~12km合計スロージョグしているのですが、これが、意外と気持ちよく、心地よい汗もかけて、また、一日のエネルギーレベルも高いということが最近わかってきました。

 

時速7.5ぐらいの、本当にスローな走りなのですが、17分ぐらいで走り終え、それほど疲れもせず、いい感じに体も温まります。

 

温泉は、寒くても露天風呂が好きで、毎朝、寝湯に寝転んで空を見上げて、深呼吸したり、月を眺めたりしています。

 

これが意外と贅沢な気分を味わえ、特別な時間に思えます。

 

朝が早いので夜も早い。

 

体の調子がとても良いです。

 

また、仕事についても、「これは、本当にわたしがやるべき仕事なのか」と考え、わたしでなくても良い仕事は、こだわらずに、周囲に任せるように心がけています。

 

すべてのことにこだわってしまうと、大事なことに時間が避けなくなるからです。

 

プライベートでは、なるべく、大切と思う人と、心地よい時間を過ごすようにしています。

 

不要な不協和音は奏でない意識を持つことで、とても心地よい時間を過ごすことができます。

 

もちろん、こだわるところは、こだわりますが、こだわる優先順位を常に考える、ということをするようになりました。

 

「ほんとうに、そこまでこだわる必要あるのか?」と自問自答です。

 

たいていのことは、しょーもない、たいしたことではない、ということを、客観的に理解していくことが大事かと。

 

そんなことを考えて、今日も一日生きてます^^

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる