空飛ぶちびまる(自由気ままに)

おひとり様女子のエッセイ

MENU

春を感じる梅の花、そしてフキノトウ

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20210308125456j:plain

画像:箕郷梅林(善地会場)

 

春の気配を感じる香り

 

春と言えば、連想するのは桜、でしょうか。

 

桜の開花宣言など、テレビでも春になると話題になるのは桜。

 

春の主役です。

 

なので、もちろん、桜を見ることも、春の気配を感じる、わくわくすることのひとつ。

 

でも、わたしにとっては、春の気配を一番感じるのは、実は、梅の花なんです。

 

梅の木は低木なので、梅の花の香りを嗅ぎやすく、たくさんの品種があるので、花を見るのも、香りを嗅ぐのも楽しいです。

 

地味だけど、可愛らしく、ほのかな香りがする梅の花。

 

大好きです。

 

梅林をはしごする

 

わたしは、梅の花のほんのり甘い香りが好きで、毎年、3月初めに梅林に行きます。

 

桜の花見と違って、梅はあまり話題に上がらず、そんなに混まないので、のんびりと、梅の花の香りを楽しみながら、梅林を散歩するのが楽しくて、毎年足を運びます。

 

f:id:globalcat:20210308130814j:plain

画像:秋間梅林 (頂上)

 

梅の産地全国第2位の群馬県には、

 

〇箕郷梅林

〇秋間梅林

〇榛名梅林

 

と三大梅林があり、毎年足を運びます。

 

いずれも、広大で素晴らしい梅林なのですが、今年は、秋間と箕郷梅林をはしごしました。

 

ミツバチがたくさん集まるのは、決まって、甘い香りを放つ白い梅の花。

 

f:id:globalcat:20210308125536j:plain

 

ミツバチのお仕事を邪魔しないように、そっと梅の花の香りを嗅ぎます。

 

f:id:globalcat:20210308125523j:plain

 

梅の花は、小さくて可憐。

 

f:id:globalcat:20210308125556j:plain


ピンクも白も、それぞれ個性があって、可愛らしいです。

 

f:id:globalcat:20210308125614j:plain

 

箕郷梅林(善地会場)は、河津桜も美しく、梅も桜も同時に楽しめるという贅沢な梅林なのです。

 

梅の香りを思う存分嗅いで、土の上をのんびり散策して、お土産に、梅干しや、梅ジャム、ふき味噌など、買いました。

 

梅林で春を感じた後は、お蕎麦屋さんでフキノトウの天ぷらもいただいて、大満足^^

 

ふき味噌をつくる

f:id:globalcat:20210308132438j:plain

 

群馬県は、フキノトウの産地でもあります。

 

途中、フキノトウもいくつか買って、自分でもふき味噌をつくりました。

 

作り方は簡単。

 

1.水洗い

2.軽くゆでる

3.氷水でさます

4.みじん切りする

5.炒める

6.甘みそをからめる

 

です。

 

わたしは、甘みそづくりには、てんさい糖を使います。

 

あっさりした甘さで美味しいです。

 

甘みそを少なめに絡めると、フキノトウの独特の風味と苦みが引き立ちます。

 

フキ味噌塩ラーメン

 

ごはんにかけても美味しいですが、最近発見したのが、塩ラーメンへのちょい足しです。

 

写真はないですが、、、

 

ちょっと水を少なめに塩ラーメンを茹でて、生卵を入れてかき混ぜ、半熟卵汁を作って、その中に、ちょっと多めのふき味噌をトッピングすると、絶品フキノトウ塩ラーメンが出来上がります。

 

やみつきになる美味しさです。

 

ぜひお試しあれ。

 

では、みなさま have a nice day

 

by ちびまる