空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

グローバルに働く(もしくは働きたい)人達への応援ブログ

スポンサーリンク

広告

みなさま、こんにちは。

年中、あちこち、いろんな国に飛びまくってる、わがまま猫の『ちびまる』です。

ふつつかものですが、よろしくおねがいします。

f:id:globalcat:20170821232546j:plain

 

ちびまるの自己紹介

Easy Going = イージーゴーイング(楽観的)な国、オーストラリアに11年住み、09’年に帰国し、日系企業海外事業開拓担当として仕事しています。

 

 ちっちゃくて、まるっこくって、激しくおっちょこちょいな、グローバルに働くわがまま猫『空飛ぶちびまる』というブログ名をつけました。

 

 わがまま、気ままに、猫のように、どなたにでも、『スープの冷めない距離感』で、ほどよーく、自分の好きなよーに、生きていたいと思いながら、今日まで生きてきました。そうしましたら、気がつけば、子供の気持ちのまま、40半ばのおばちゃんに。

 

 結婚も子供も産まないというのは、少子高齢化社会的には、よろしくないのだが、その分、違う形で、少しでも穴埋めできればと、日々奮闘中です。

 

 はて、どんな形で、社会に貢献できるのか。ということを考えると、それは、わたしが、わたしなりに一生懸命走り抜けてきた中で、得られた経験・得られた情報・考え方などをシェアすることで、『あー、こんなんでもやってけるのかー』とか、『こうすれば、できるんだー』とか、『おー、それは面白いかも』とか、『へぇ~、そんなこともあるんだぁ~』など、何かしら、地球上のどこかの、誰かに、『何かヒントとなる情報』が届けられればいいかなと。

 

 わたしは、たぶん、同じ年齢の女性たちに比べたら、ずっと子どもっぽくて、他人よりも自分を優先してしまうところがあるので、世間でいう『オトナな洗練された女性』ではないと思う。でも、子供のように『わがまま』に生きてきたからこそ、得られたものもあると思っています。

 

グローバルに働くとは

 自分が通ってきた道のりで、シェアできる経験としては、

 ①英語が全然できなかった自分から、できるようになった自分への道のり 

②10年以上の海外生活を通して得た経験と知識

③グローバルに働けるようになるまでの道のり

 の3つでしょうか。

 

 ところで、近年、グローバル企業、グローバル人材、グローバルに働く、など、グローバル〇〇というキャッチフレーズが多くなった今日この頃ですが、皆様にとっては、グローバルという言葉には、どのような印象を持っているでしょうか。

 

 たぶん、これは、英語がわかる人、しゃべれる人が少ない日本だからこそ、注目される言葉なんだと、自分は思っています。ちなみに、海外の国々において、あんまり、グローバルうんぬん、という話も、言葉もでてきません。話題にあまりあがらない。

 

 また、『海外で働く仕事』と、『国内で外国企業で働く仕事』と、『海外向けに働く仕事』と、『外国人向けにサービスを提供する仕事』では、微妙に働く外的環境が異なり、全部がぜんぶ、『グローバルに働く仕事』とは言い切れないんじゃないかと思います。

 

 わたしの中で、『グローバルに働く』という概念は、英語を使って、不特定多数の国々の企業相手に働く=各国々のお国の文化的背景・商慣習・その他もろもろ、、、を加味しつつ、上手~く、調整をとりながら、商談をまとめ、ビジネスを成功させること、という感じです。

 

ビジネスで使える英語を身につけるということ

 外に出てみてわかることだけど、日本は島国であり、外国人観光客が増えたとは言え、日本語と同じように、英語の読み書き・聞く話すができる人って、少ないと感じます。なので、TOEICのスコアで、だいたいの英語力をはかるしかないのだと思います。

 

 そんなわたしも、全然英語ができなかったころから、約20年の時を経て、海外に長期ででたりしながら、やっと、不特定多数の国々の人達と、英語でビジネスができるようになってきたのだから、言語の習得というのは、やはりた容易いことではないんだとは思います。

 

 ただ、ひとつ、思うことは、言葉はあくまで、意思疎通のツールであって、全てではないので、片言だろうが、文法間違えていようが、プロの通訳者や翻訳者でない限り、ところどころ間違っていたって、ビジネス上は、さほど影響はないということ。

 

 だって、地球上のほとんどの人達にとって、英語は第一言語ではないし、それぞれの国によって使われる英語も、いつも正しいとは限らないので、お互いに、『だいたい、そーいうことだよね?』と、重要なところさえコンセンサスがはかれていれば、それでOKだと私は思っています。

 

 そんなわたしも、常日頃から、英語のメールや会話も、間違いだらけだし、果たして文法的にあっているのかも『?』ですが、何の問題もなく、商談も折衝もトラブル解決もできます。

 

 要するに、重要なことがちゃんと伝わって、そして、こちらの意図をちゃんと理解してもらえて、相手方に好いてもらえれば(もしくは、理解が得られれば)それでOK。

 

 なので、ここでは、英語についても、ゆる~く、なんとなく、使える、ぐらいの内容で、わたしの経験などをシェアできればと考えています。

 

どうぞ、よろしくですm(_ _)m

フッターの欄