空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

フィレンツェひとり旅 イタリアンシェフ経営のB&B (Gourmet B&B Giglio Bianco) 閑静な住宅街に泊まる

スポンサーリンク

広告

 

D17A3DA7-3F20-4D4F-B22F-99147BAAEB0C.jpeg

 

イタリアンシェフ経営のB&B閑静な住宅街に泊まる

 

フィレンツェでは、最初の2泊をドウオモ付近、3泊を閑静な住宅街、そして最後1泊をアルノ川沿いのホテルに滞在と、泊まる先もいろいろ趣向を変えて楽しみました。

 
フィレンツェ街の中心地からアルノ川の反対側にあるボーボリ公園付近のイタリアンシェフオーナーが経営するB&B (Gourmet B&B Giglio Bianco) 閑静な住宅街に3泊滞在しました。

 

フィレンツェのど真ん中のホテルからバスにて移動しました。

 

こちら建物の表札です。


1BFA5ED8-F104-4B84-B045-9796339422F0.jpeg


古い建物の中にある3階のアパートメントの一部屋をB&Bとして使っています。

 

呼び鈴を押すとドアを開けてくれます。

 

こちらのB&Bは3階にあり、エレベーターがないので、スーツケースを階段で自力で上げるしかないのですが、オーナーさんが運んでくれますのでご心配なく。

 

ちなみにチップは不要です^^

 

こちらがB&Bのおうちの玄関です。

 

オーナーさんの自宅兼B&B (1部屋だけ貸出し)です。


67B0FEAA-5A7C-4731-BBB1-E1DED1B5A74C.jpeg

 

B&Bオーナーのお人柄

 

VaryとEdwardは、グローバルに仕事をしているので英語が堪能ですので、イタリア語ができなくても全然心配ありません。

 

自然派イタリアン創作料理を作るシェフVaryとパートナーのEdwardは仕事で世界中を旅しながら、B&Bとお料理教室を経営しています。

 

彼らを一言でいうと見るからにイタリアンといった感じで、とても元気いっぱい、よくしゃべります。

 

とてもストレートでわかりやすく、自分が心を開けば、彼らも心全開で対応してくれます。

 

彼らは日本を3か月間旅行した経験もあり、日本が好きですし、日本食も大好きです。

 

日本人の気質もよく知っていますので、シャイであっても問題ありません。

 

ただ、なんとかコミュニケーションをする努力は必要ですね。

 

彼らは、お料理教室の時間になると、エンターテイナーになります。

 

お料理教室の時間が終わって、生徒さんが返られると、普通の日常のトーンに戻るというか、気を張る必要はないというか、普通のトーンで話します。

 

VaryもEdwardもよくしゃべりますが、ほどよくほっといてもくれるので気は楽です。

 

何がしたい、どうしたい、ということさえ、彼らにはっきり伝えることができれば、全面的に尊重してくれます

 

イタリアの文化のこと、フィレンツェでオススメのジェラート屋さんなど穴場も教えてくれます。

 

ヴェッキオ橋、ピッティ宮殿まで徒歩7分の立地

 

D60B9E3A-AAED-486C-AE7C-6EDA69B96A2A.jpeg

 

ヴェッキオ橋およびピッティ宮殿から徒歩5 ~7分の立地ですので、ドウオモがある中心地まで徒歩でも行けますが、スーツケースがある場合はタクシー利用のほうが無難です。


ヴェッキオ橋までは直線でいけます。

 

またヴェッキオ橋に行く途中、ピッティ宮殿、ボーボリ庭園もあります。


広大なボーボリ公園は目の前にありますが、近くの入り口らしきところは出口なので、そこからは入園できません。

 

地域の住民以外は有料なので、フィレンツェカードが有効な時に入園するとお得です。


62B4DED3-FFED-4CE4-8D42-2982A060A4C2.jpeg


10月中旬のフィレンツェでは紅葉が少し始まっていて、緑と赤のコントラストが美しいです。


A577E808-A7DE-4597-B69F-66FFF0C01387.jpeg


ボーボリ公園には2つの美しい池があります。


1E8E4BC7-F34A-49C9-B8CD-3F72C944ED19.jpeg


美しい白樺もあります。


フィレンツェは観光地なので観光客でごった返している街です。


細い道を車もオートバイもがんがん走っている街なので、こういった緑豊かで喧騒と排気ガスから逃れられるピースフルな場所は貴重です。

 

アンティーク家具のインテリアで落ち着いた空間

 

86241B8D-B7A8-4DED-9974-9661089F6699.jpeg

 

こちらはダイニング兼リビングルームで心地よい朝日が差し込みます。

 

B&Bの内装は落ち着いた色調のアンテイーク家具と美術品で囲まれています。


0A259046-0274-406F-8DDA-EF996211741D.jpeg


ダイニングルームでは、毎朝シェフVary が作る美味しい朝食とエスプレッソをいただけます。


8B4236CD-2A67-4E23-9D48-7D2F156E2E3E.jpeg


朝ご飯は食べたいものをリクエストできます。

 

わたしは毎朝バジル、トマト、チーズの素材の味が感じられるフレンチオムレツをいただきました。

 

さすがプロのシェフが作る朝ご飯。

 

見た目も美しく絶品です。


こちらもフレンチオムレツですが形も違うし、使うチーズやマーマレードも違いますが絶品です。


0FD36F9A-4A6D-4E04-9521-9A5A977D7AC3.jpeg


エスプレッソは日本で飲むのとは異なり、コーヒーの甘く香ばしい香りがそのまま味わえます。


26D441CA-9E74-4F1C-BBB5-D3A8865FCFF4.jpeg


リビングルームは落ち着く空間です。


4EC9520E-626A-4765-A532-3A647EEAC24C.jpeg

 

お部屋の設備

 

お部屋はこじんまりとした感じですが、シャワーのお湯のでも良いですし、シャワーヘッドは使いやすい取り外し式のものです。

 

バスタブはありませんが、シャワーでも快適です。


9591E6CE-E559-4B86-AC97-971FDE3DFE82.jpeg


セキュリティボックスもあるので安心です。


使い方については、オーナーさんが教えてくれます。


6DEE8382-EA65-4160-9EE6-E79C1707559A.jpeg

 

ネットもさくさくつながりますし、ベッドも快適です。

 

部屋のドアは防音なので、お料理教室の時に、ダイニングでわいわいしてても、自分のお部屋は静かです。


ちなみに窓ぎわの黒猫ちゃんは、Edwardが趣味の3Dプリンターで作ってくれたものです。


D17A3DA7-3F20-4D4F-B22F-99147BAAEB0C.jpeg


周辺にはパニーニ屋さんもあるし、こじんまりとしたトラットリアもあるので過ごしやすいです。

 

お料理教室についてはこちらのブログをご覧ください。

 

Gourmet B&B Giglio Bianco
Via Romana 28, Florence, 50123


by ちびまる

 

フッターの欄