空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

やりたいことは、やってみよう。行きたいところは、行ってみよう。今すぐにでも

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180723060849j:plain

 

まずは、動いてみる

 

『若い時の苦労は、買ってでもしなさい』

 

という言葉がありますが、苦労じゃなくても、楽しそうなこと、やってみたいことをやってみる、経験してみるということは、それがどんな経験であれ、良いんじゃないかなと。

 

ただし!

 

念のため、断っておきますが、自分や他人を傷つけるようなことはNG

 

あくまで平和的なハッピーライフなワクワクが基本♪

 

〇楽しそうだな

〇面白そうだな

〇見てみたいな

〇聞いてみたいな

〇感じてみたいな

〇やってみたいな

〇いってみたいな

 

など、夢や憧れを叶えたり、自信につながりそうな『〇〇してみたいな』の経験です。

 

経験が1つ増えるということは、それだけ人生も豊かになっていく、とわたしは信じています。

 

よくある話が、

 

〇お金がたまったら・・・

〇宝くじにあたったら・・・

〇定年退職したら・・・

 

と、『いつかきっと』みたいに思い描くだけで、終わっちゃうこと。

 

いつか、ではなく、今すぐに!

 

直近1年ぐらいで、やりたいこと、行きたいところに、行けるのではないかと、まずはまじめに考えてみると、意外とやれちゃう、いけちゃうものです。

 

なぜ今すぐに!が大事なのか。

 

それは、知らず知らずのうちに、自分の中で熱が下がるから。

 

 興味を持つというのは、その時だけのタイミングなのかもしれません。

 

時間が経ってしまったら、『別にいいかな、やらなくても』という気持ちになってしまって、経験する機会を損失してしまいます。

 

わたしは経験してみて、損することはないと思っています。

 

例えそれが苦い経験であっても。

 

だって、経験してみないとわからないこと、感じられないことは多いのだもの。

 

経験しないとわからない

 

わたしは、自己中&わがままなだけあって、今までの人生を自分なりに振り返ってみると、やりたいことは、周りを気にせずやってきた方ではないかなと、思っています。

 

わがままだから、できたのかもしれない。

 

自己中だから、突っ走れたのかもしれない。

 

やってみたい!と思うとすぐに実行してしまうので、失敗も数知れず・・・。

 

痛い目にもずいぶん会いました。

 

子供の頃にさかのぼってみると、、、

 

【小学校】

〇吹奏楽(県大会優勝!)

〇サッカー(かじっただけ)

〇そろばん(7級でおしまい)

 

まともにやったなぁ、と思えるのは、吹奏楽部だけ。

 

それも動機が不純で、好きな男の子が吹奏楽部にいたから。

 

それだけの動機で、トランペットやら、トロンボーンやら、鼓笛隊やら、いろいろやりまして、『好きな子と一緒にいられる✧♡』というモチベーションだけで続けられた吹奏楽。

 

動機は不純でしたが、県大会で優勝(^o^)/

 

今では、残念ながら何の楽器も演奏できず・・・。

 

【中学校】

〇バレーボール(完全補欠)

〇エレクトーン(今では弾けず)

〇新聞配達(小遣い稼ぎ)

 

新聞配達も、これまた不純な動機で、好きな男の子が新聞配達をやっていたので、自分もやれば朝デートができる✧♡ということで、小遣い稼ぎというより恋する乙女の力で頑張ってました。

 

【高校】

〇コンビニのバイト(お金欲しさ)

〇バスケットボール(万年補欠)

 

コンビニのバイトは、父が倒れて極貧になったため、自分の小遣いを本当に自分の労働力で稼がなければならない状況で、お金欲しさで毎朝バイト。

 

バスケはなんとなく、、、青春!っていう気がして頑張って、たくさんの時間と労力を使いましたが、最後の最後にわかったことは、『自分は球技に向いてない』ということでした。

 

たくさん努力して、ものにならなかったことで、『どんなに努力しても、努力する方向を間違えちゃならない』ということを身をもって学べたことは大きな収穫。

 

【専門学校】

〇80年代のドラマ(男女7人夏物語や東京ラブストーリー)にほだされて、旅行関係の仕事に憧れ旅行の専門学校へ

 

大黒柱の父が倒れて母の稼ぎだけの極貧生活の中、150万円ほど学費が必要な専門学校進学を強引に進めたわたし。

 

母の年金を解約させてまで駄々をこねて進学したにもかかわらず、旅行会社での勤務を3年半で終了するという、なんとも親不孝ものなわたし・・・。

 

【20代~30代半ば】

〇ダメンズと恋愛(振り回されて終わり)

〇旅行会社で働く(海外未経験)

〇英字新聞を購読(読めずごみ箱行き)

〇英語教材を購入(聞き取れずごみ箱行き)

〇英会話スクール勤務(英語がしゃべれず)

〇田舎から都会へ(無理やり転勤願い)

〇ジャズダンスを習う(鏡に映る自分に失望)

〇海外留学の貯金(当てもないのに貯金)

〇外国人と付き合う(完全に興味本位)

〇事実婚(破局に終わる)

〇海外へ行く(2週間のはずが11年)

〇海外で生活(まったく英語できず)

〇海外に留学(まったく英語できず)

〇海外で働く(特筆すべきスキルなし)

〇アロマの資格を取得(今は使えぬ資格)

〇アロマのサロン開業(出費ばかりの事業)

〇外資企業で勤務(3ヶ月で退職)

〇海外で転職(2年で解雇処分)

〇永住権を捨てて帰国(浦島太郎状態)

 

【30代後半~今】

〇TOEICを受験(思ったより大変!)

〇MBAを取得(思った通りに大変!)

〇イタリア一人旅(10年越しの夢!)

〇海外出張(なかなか楽しい)

 

その他、

 

〇ヨガ(体固くポーズ取れず)

〇水泳(下半身が沈む)

〇フラメンコ(眉間にシワ似合わず)

〇フラダンス(腰の動きついていけず)

〇草木染教室(一度だけ)

〇お絵描き教室(一度だけ)

〇メイクレッスン(一度だけ)

〇サーフィン(溺れただけ)

〇シュノーケリング(今、ちょっとかじり中)

 

などなど、まずはやってみただけでThe ENDというものは数知れず、ご覧の通り、失敗ばかり。

 

それでも、経験してみて良かった、と思えるのは、やりたいと思ったことをやってみたという満足感と、やってみたけどダメだったという諦め感など、経験したことにより、得られた感覚や知識も多いからだと思います。

 

経験したことにより、より興味が出たこともあれば、興味が失せたことも多々あり。

 

イタリアへ訪れることだけは、10年以上温めた末の経験でしたが、行ってみたからわかったこと、気がついたことがたくさんあったので、これまた良い経験でした。

 

以前ほど、イタリアに行きたい!という気持ちは薄れました。

 

要するに、はまらなかった、ということでしょう。

 

好きは好き、でも、それほどではない、ということなのでしょう。

 

また、経験したからこそ、失敗したからこそ、苦労もしたからこそ、誰かと分かち合える思いや、笑い話など、いろんな意味で引き出しが増えるので話題づくりには困りません笑

 

今の気持ちを大切に

 

わたしは、10代、20代、30代を経験して、ただいま40代を謳歌中です。

 

わたしは、それぞれの時代に、それなりに、自分がやりたい、なりたい自分の気持ちを大切に、失敗しながらも、恥をかきながらも、つまずきながらも、その時代の自分の気持ちに正直に向き合ってきたので、その時代に『やっておけばよかった』という後悔はひとつもありません。

 

後悔はないですが、親には大変迷惑をかけて、心配もかけてきました。

 

『不良娘!出ていきなさーい!』と母親に怒鳴られて、本当に家を出て一人暮らしを早々と経験したのも、今となっては良い思い出です。

 

たくさん迷惑をかけながら生きてきた(生きてきている~現在進行形)のですが、わたしはわたしなりに一生懸命に生きてきた(生きている)から、それはそれで良いのだと思っています。

 

40代の今のわたしは、結婚もせずに、子供も産まずに、おそらく、親が思い描いていた娘ではなく親にとってみれば、『完全なる想定外』な娘の成長かもしれませんが、それでもわたしの人生に責任を持てるのはわたしだけなのだから、これからも、今まで通り、やりたいように、生きたいように生きていきます。

 

今の気持ち(Feeling)を大切に。

 

やりたいことは、今すぐやろう。

 

行きたいところは、今すぐ行こう。

 

会いたい人には、今すぐ会おう。

 

感謝の気持ちと、愛する気持ちは、いつも惜しみなく言葉で伝えよう。

 

そう思って生きています。

 

最近のやってみたこと(秘境でシュノーケル)

 

思い立って、、、行ってきました、やってきました。

 

伊豆半島の最南端!

 

南伊豆にある秘境と呼ばれる場所『ヒリゾ浜』でのシュノーケリング。

 

ヒリゾ浜の紹介 | 仲木へ行こうよ

 

f:id:globalcat:20180723212203j:plain

 

船でしか行けないヒリゾ浜は、夏は激混み&欠航など、なかなか上陸するには難儀な秘境のようですが、行ってきました、シュノーケリングをしに。

 

f:id:globalcat:20180723212353j:plain

 

ヒリゾ浜は、人数制限があったり、駐車場が夜明け前から満車だったり、かなり気合を入れて行かないとたどりつけない場所らしいんですが、夏休み前の平日は比較的空いてました。

 

シュノーケリングなんて、オーストラリアでちょっとかじったぐらいで、わたしの最近の人生には、ほとんど縁がなかったアクティビティだったのですが、思い立ったら吉日、シュノーケリングのセットを買って、いざヒリゾ浜へlet's go!

 

たいして泳げない&怖がりなわたしは、

 

〇船が沈没したら・・・

〇船に酔ったら・・・

〇沖に流されたら・・・

〇海水を飲んで溺れたら・・・

〇足がつったら・・・

〇ちんくい虫にさされたら・・・

〇日焼けでひどい目にあったら・・・

〇島に取り残されたら・・・etc. etc.

 

どうしよう~~~

 

などと、あれこれと心配ばかりしていましたが、一度じゃぼんと海に入って、何回か、転んだり、岩にひっかかって、もがきながら、若干引き潮に流されそうにもなりながらも、なんとかシュノーケリングを満喫!

 

キラキラの熱帯魚を目にした瞬間、不安なんてなんのその、足がつろうがなんだろうが、キラキラ熱帯魚の群れに心を奪われ、気がついたら3回もじゃぼんと海に入って、しばらくの間シュノーケリングに熱中してました。

 

慣れてくるとフィンをゆらゆらさせて泳ぐのが楽になり、泳ぐスピードも速くなります。

 

気分だけは人魚姫のように、尾っぽ(足)をひらひら。

 

とはいえ、まだまだド素人、もぐったりは到底できず、海面でお魚を眺めるぐらいしかできませんが、ウミヘビもみれたし、大きな魚もみれたし、何より、赤・青・黄色などのキラキラ熱帯魚をたくさん間近で見れたのは、予想以上に楽しい経験となりました。

 

f:id:globalcat:20180723213820j:plain

 

ヒリゾ浜の帰り道に、弓ヶ浜でも遊んできました。

 

海水の透明度が高くて、遠浅で素敵なビーチです。

 

水着で裸足、麦わら帽子にサングラス。

 

ビーチパラソルの下、ビーチチェアに腰かけて、ビールと唐揚げ片手に『あー最高~♪』

 

気持ちの良い風に吹かれて、穏やかな海に入って、涼んできました。

 

ビーチライフ、久しぶりに満喫しました^^

 

仕事も好きですが、遊ぶことも大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

それではみなさま、have a nice summer time

 

by ちびまる

 

 

フッターの欄