空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

外国人に英語で道案内できますか? 東京オリンピックはもうすぐ! Zipの街頭モニタリングを見て考える

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20170921234628j:plain

どうも、ちびまるです

f:id:globalcat:20170821232546j:plain

 

わたしは毎朝Zipを見てます。

 

たまに、飽きて、他にチャンネルをまわすこともあるけど、とりあえずZipをオン。

 

ついおととい、Zipの特集で、「あなたは外国人に道案内ができますか?」というのを2020年の東京オリンピック開催に向けてやっていたのですが、正直なところ、街頭でつかまった日本人の人達の、あまりの英語のできなさに、愕然としました。

 

そんなわたしも海外生活を経験するまでは、たぶん、まったく、いっこも単語さえ聞き取れなかったのだから、よくよく考えれば、自分だってそうだったじゃないかと、我に返りました。

 

なぜに、そこまで英語がしゃべれないのか

質問は、とても簡単で、回答もとても簡単なはずなんだけど、たった1ワードが思いつかない。

 

気持ちは、とてもわかる。

 

だって、わたしもそうだったんだから。

 

たとえば、山手線 の 線を、なんていったらいいかわからない、みたいな。

 

Yamanote Line ラインです。

 

聞けば、「あー、そっか」と、腑に落ちる。

 

でも、普段、英会話をすることなんて、慣れてないだろうから、引き出しがない、ただそれだけ、なんだと思う。

 

数か月前に、ドイツからの来客があり東照宮にお連れしました。

 

東照宮は、外国人にも人気で、おそらく毎日のように外国人が訪れていると考えられ、東照宮の各建物の説明をする人たちは、決まったフレーズ、説明は、見事に英語でペラペラ話します。

 

ペラペラ話せる理由。

 

それは、ただ単に、毎日、毎日、そのフレーズを口から発しているから、だと思います。

 

だから、道案内も、毎日、毎日、たくさん聞かれれば、自然と英語で道案内がスラスラできるようになれます、誰だって。

 

英会話の引き出しを増やす

英会話は慣れです

 

ただ、それだけです。

 

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

だれでも、慣れれば、話せるようになります。

 

だから、英語が話せるようになりたかったら、慣れればいいんです

 

ただ、それだけです。

 

どうすれば、慣れるのか。

 

英会話のシチュエーション、想定問答をひたすら繰り返す、これが一番早道です。

 

それも、ちゃんと、声にだして

 

ちゃんと、会話のキャッチボールをして

 

なぜ、英会話スクールで、英語が話せるようにならないのか

ただ単に、想定問答を繰り返す、数が足りない、機会が足りなすぎるのだと思います。

 

それも、1つのフレーズに慣れる前に、次から、次へと、新たなフレーズを頭に詰め込むからだと思います。

 

わたしは、どんなシチュエーションでも英語が話せるようになる必要がないひとには、個々の必要だなと思われる、限られたシチュエーションの英会話を、ひたすら繰り返す、それも声に出して、練習させる、それが習得への一番の近道だと思っています。

 

英会話習得に投資しない理由

これは、たぶん、強い動機と目的がないからです。

 

だから、必死になれない、ならない、必要ない。

 

そういう人が大半だと思います。

 

でも、海外旅行をした時に、しゃべれないもどかしさを感じたりすると、その時だけ、しゃべれるようになりたい! というモチベーションが高まりますが、時と共に、そのモチベーションは急降下

 

でも、英語がはなせるようになりたい!

ひとは、楽して、得られないか、それを追い求める生き物だと思います。

 

気持ちはとてもわかります。

 

でも、正直、言語の習得というのは、そうそう簡単ではありません。

 

わたしは、今、イタリア語がなんとかできるようにならないものかと、ちょびっとずつかじりながら、イタリア語会話を学んでますから、英語がはせない人の「なんとか、効率よく習得できないものか、と思う気持ち」はよくわかります。

 

そこで、わたしが考えているのが、全部をわかろうとしない、切り捨てるところは、切り捨てる、とういことです。

 

要するに、最低限、better than nothing ひとつでも、ふたつでも、わかる言葉が増えればいい、そんぐらいの気持ちでいれば、以外と、長続きするものです。

 

その英語、変だよ と言われても気にしない。

 

まずは、自分にとって、一番覚えたいフレーズ、シチュエーションだけにフォーカスすればいいんだと思います。

 

じゃぁ、どうすればいいか

まずは、自分が、どのようなシチュエーションで、スラッと、ちょっとだけ英語ができれば楽しいかも、楽かも、役に立つかも、かっこいいかも、と思えるかを考えることだと思います。

 

あれこれよくばらずに、まずは、1つに絞るのです。

 

例えば、

 

道案内だけ。

 

時計の読み方だけ。

 

数字の数え方だけ。

 

ちょっとした世間話だけ。

 

レストランでのオーダーだけ。

 

空港でのやりとりだけ。

 

など。

 

そうして、考えられるシチュエーションをイマジネーションして、その想定問答を徹底的に、英会話(ライブ)で無理やりやってみることです。

 

わたしに、何ができるのか

わたしは、英語圏ではない外国に出張に出た際に、英語が通じない心細さを感じています。

 

その状況が、緊急度が高ければ高いほど、片言の英語でも、しゃべれる現地の人に出会えて、その人が助けてくれた日には、ひじょーにほっとします。

 

まったく、英語がわからない、しゃべれない、というのと、ちょっとだけ、片言だったら話せる、というのでは、困って訪ねている人にとっては、天と地ほどの違いです。

 

片言でも、要点をわかってくれて、助けになってくれる人がいるのと、いないのとでは、えらく違います。

 

だから、わたしは、2020年の東京オリンピックの時に、たくさん外国人の人達が日本にやってくる時までに、ひとりでも、ふたりでも、道端で外国人に声をかけられ、助けを求められた時に、助けてあげられる人を増やしたいなと考えています。

 

文法なんて、関係ない。

 

伝わればいいんです。

 

そして、最終的に、困っている人を、助けてあげられれば、それでいいんです。

 

少しでも、英語がわかる自分がいれば、少しだけ、心の余裕が持てて、

 

Are you OK? Can I help you?

大丈夫ですか? 何かお困りですか?

 

と、自ら声をかけてあげられると思うのです。

 

わたしは、諸外国で、たくさんの現地の外国人に助けられて生きていきました。

 

だから、日本において、外国人の方が困っておられたら、安心して、すぐそばにいる日本人に声をかけて、助けてもらえる環境ができたらいいなって、思います。

 

英会話ができるようになりたい人へ

わたしは、プロの英語教師ではありませんし、英文法もちゃんと教えられません。

 

でも、「こういう時、なんていえばいいの?」という問いには、答えられると思います。

 

また、その答えは、完ぺきではないかもしれません

 

でも、英会話の練習にお付き合いすることは、微力ながらできるかもしれません。

 

ガチで英語を学びたい人は、ちゃんとプロに習ったほうが良いかと思いますが、とりあえず、通じる英語が学べればそれでいい、と考えている人で、ちゃんと練習をしたいと考えている人には、お手伝いできると思います。

 

そんな人がいたら、相談にのることはできると思いますので、お気軽にご連絡ください。

 

空飛ぶちびまるのEmail: soratobu.chibimaru@gmail.com

 

わたしは、普通にOLやってて、残業もして、海外にも頻繁に仕事でてていますので、なかなかオンタイムで返信はできないかもしれませんので、その点はご了承ください。

 

あったらいいな猫の手、ぐらいに考えて頂けたら幸いです。

 

by ちびまる 愛をこめて

 

 

フッターの欄