空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

幸せのお裾分けL'OCCITANEのハンドクリームに癒される

スポンサーリンク

広告

 f:id:globalcat:20201026122322j:plain

 

スタッフの結婚報告を受ける

気がつけば50歳手前のわたし。

 

わたし自身の結婚報告は、夏に雪が降ってしまうのと同じぐらい、限りなく可能性が低いのですが、わたしの同僚には、まだまだ若い世代もいるので、めでたい話に触れられるチャンスがあります。

 

どちらかというと、控えめで、物静かなわたしの同僚(組織図上は部下)は、あまり自分から声をかけて話をしてくるタイプではないのですが、珍しく、「ちょっとお時間いいですか?」と彼のほうから声をかけてきたので、「何事かしら?」と思って身構えたところ、結婚のご報告でした。

 

とても緊張した面持ちで、「私事ではありますが、この度結婚することになりました。」と結婚の報告をしてくれた彼。

 

まったく想像もしていなかった報告だったので、思わず「わぁ~♡そうなんだぁ~おめでとう~♪」と、大声で祝福の感情を表に出してしまいました。

 

「おめでとう」そして「お幸せにね」と心から思える自分と出会えたことにも、心がほっこり温かい気持ちになれて、幸せのお裾分けって、こういうことなのねぇ~としみじみ感じました。

 

もしも自分自身が結婚報告をしようものなら、きっと、周りがざーっと引いてしまうぐらい、幸せオーラーを出しまくりになるであろうところ、彼の場合、そんな雰囲気や素振りも全く出さないので、良い意味で驚きました。

 

彼は、30代前半ですが、昔の男の要素を感じると言いますか、「これから気を引き締めて、より一層頑張っていかなければならない」といった、ある種の決意表明的な厳かで落ち着いた感じでしたので、そんな彼の姿勢にも、じ~んと感動してしまいました。

 

仕事帰りに、わたしが仕事をしている部屋に、時間を割いて、自身の結婚報告をしに来てくれたことが、とても嬉しくて、ありがたいなぁ、と思えた瞬間でした。

 

贈り物が好きなわたし

わたしは贈り物好きで、身近な人のために、何か素敵なものを選んでプレゼントするという行為が大好きなのです。

 

たくさん同僚がいる中で、時間を割いて、勇気を出して結婚報告をしてくれた彼に、何か記念に残る素敵なものを贈りたいと思い、珍しくショッピングにお出かけしたわたし。

 

結婚のお祝いと言えば、食器や写真立てなどがメジャーかなぁと思うのですが、ガラスや陶器は割れてしまうリスクがあるので「う~ん」と悩んでしまうところ。

 

そんな時、出会ったのがこれ↓

 

f:id:globalcat:20201026125555p:plain

ウェッジウッドのブリスタイム ピクチャーフレーム♡。

 

「ブリスタイム」Blisstimeは、世界中が幸せに満ちた気持ちで包まれるようにとの思いを込めた、Bliss(至福の)とTime(時間)を組合せたウェッジウッドの造語のようですが、アクリル製のため、万が一があっても壊れない、割れないというのが特徴です。

 

クリスタルがちりばめられていて、ハートの形のスタンドというのが可愛らしい^^

 

手紙を添えて、贈り物を渡したところ、結婚式の際にケーキ入刀をしている素敵な写真を飾ってくれている写真を送ってきてくれました。

 

贈った相手が本当に喜んでくれていると実感できることは、この上ない喜びです。

 

幸せのお裾分けを頂く

写真立てのお返しに頂いたのが、L'OCCITANEのハンドクリーム。

 

実は、彼に贈り物を贈っていた別の同僚が、「お返しに〇〇もらったよ」と聞いて、わたしはまだ特に何も頂いていなかったので、心がざわざわ。。。

 

もしかして、勝手に盛り上がって喜んでいたのはわたしだけで、実は、あまりうれしくなかったのだろうか・・・それとも、、、

 

「実のところ、わたし、あまり、快く思われていないのかなぁ。。。」なんて、ちょっと寂しい思いをして、しょんぼりしていたのですが、

 

╰(*´︶`*)╯

 

要らぬ心配でした。

 

頂きました、お返しの品。

 

物が欲しかったわけではなく、忘れていたわけではなかった、というその気持ちが欲しかったのです。

 

人は、おかしな生きもので、いつでも他の人と比べてしまうもの。

 

他の同僚より「お返しを頂いた」と聞くと、「なぜ、自分にはないのか・・・」と、その差に、不必要に思い悩んでしまうものなのです。

 

そんな話を聞くまでは、お返しのことなんて、まったく気にしていなかったのに。

 

凡人極まりないわたしは、そんなことに、イチイチ、しょんぼりしたり、寂しいなって思ったりして、気持ちが落ち込んでしまったり、してしまうのです。

 

でも、彼が忘れていたわけではなくって、ただ単に、贈り物を選んでくれていて時間がかかってしまって、そして、それが今になっただけでした。

 

いずれにしても、「あぁ、ちゃんと考えてくれていたのだなぁ」と思うと、まるで親に褒められたかのうように嬉しく、幸せな気分にして頂きました。

 

人は、きっと、誰でも、誰かに、気にかけてもらいたい、寂しがり屋の生きもの。

 

それを改めて実感した出来事でした。

 

彼からお返しの品として頂いた、L'OCCITANEの黄色の可愛らしいパッケージに入った、シアバターのハンドクリームと石鹸。

 

甘いほのかな自然の香りがして、乾燥しがちな季節に突入する今、しっとりと潤うハンドクリームのチョイスは絶妙で、とても幸せな気分を持続させてくれます。

 

穏やかで優しい彼と奥様が選んでくれたであろうその品は、彼らの幸せお裾分け。

 

きっと、ニコニコしながら、あれがいいかな、これがいいかなと、あれこれ考えて、選んでくれたのでしょう、そう思いたい^^

 

シアバターの香りに包まれながら、今日も一日笑顔で、明るく頑張ろう♪

 

それでは、みなさま本日も have a nice day 

 

by ちびまる