空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

LinkedInは欧米BtoBビジネスマーケティングに結構使える

スポンサーリンク

広告

 f:id:globalcat:20201021133141j:plain

画像:photoACacworksさん 

 

仕事ならば苦にならないSNS

 

現在、欧米のBtoBビジネスマーケティングにSNSを使っています。

 

それもLinkedinに的を絞って仕事しています。

 

個人的には、プライベートでのSNS活用はほぼ皆無で、以前はちょっとだけFacebookで投稿などしてましたが、つながりとの絡みが面倒になったのと、また、投稿する意味もイマイチよくわからなくなったので数年前にやめました。

 

友人との連絡に、メッセンジャーをたまに使うぐらいです。

 

そんなわけで、わたしはSNS上でのネットワーキングには基本興味がなかったのですが、仕事となると別で、それほど苦痛ではないということがわかりました。

 

今まで億劫で手を出せなかったSNSですが、わたしの仕事は海外営業なので、コロナ禍においてデジタルマーケティングを主とせざるを得ない状況となりSNSをフル活用して仕事しています。

 

つながり申請を出したり、投稿したりと、面倒なことはそれなりにあるのですが、それでも、仕事で必要な活動であるというしっかりとした目的があり、身になっていくのが実感できるので、全然苦になりません。

 

BtoBビジネスなら面倒な絡みもない

 

LinkedInは、ビジネスに特化したSNSなので、LinkedInを活用している人は基本ビジネスパーソンで、ビジネス上のネットワーキング目的で活用しています。

 

つながる人を選びネットワークを構築するという意味においては、LinkedInも他のSNSと同じですが、LinkedInが他のSNSと違うところは、手あたり次第、つながり申請を出しまくることができないことです。

 

無料版では、名前検索のリミットがあり、つながり申請も手当たり次第出せません。

 

ビジネスプランお有料版は、無制限につながり申請を出せますが決して安くありません。

 

よって、関係のない人とつながるリスクが少ないので、戦略次第では、かなり価値が高いネットワークの構築ができると考えています。

 

また、ビジネスネットワーク目的なので、わたしは基本、ターゲット顧客になり得る人たち、そして既存のビジネスパートナー企業とのみつながるようにしているので、余計な売り込みをかけられることもありません。

 

ビジネス上でのネットワークの構築は、目的次第ですが、自身の顧客となり得る人たちとのネットワーク構築の場合は、それなりに、互いの立場を尊重し、迷惑にならないよう配慮することができるというのが良いです。

 

目的は優良顧客とのつながり

 

Linkedin活用の目的は、優良潜在顧客と接点を持つことです。

 

普段連絡先や名前や役職など、知り得ない情報がLinkedInなら入手できます。

 

運よく、優良潜在顧客のキーパーソンとつながることができれば、

 

〇関係構築

〇必要があれば連絡してもらえる

〇ピンポイントの連絡が可能

 

となるため、優良な潜在顧客との商談やコラボレーションなどができる確率を高めることが可能となります。

 

間違ってもやっちゃいけないこと

 

LinkedInで間違ってもやってはいけないタブーなことは、つながった相手に不躾なしつこい営業メールを送り付けることです。

 

ほとんどのケースが嫌われて、つながり解除になりかねません。

 

あくまでも、indirectなマーケティング目的か、何か特別に伺いたいことなどがある場合に、連絡をするほうが賢明です。

 

つながってくれた方には敬意を表し、末永く関係構築をすることが大事です。

 

企業トップとつながれる

 

わたしの場合、つながりたい相手というのは、グローバル製薬メーカー、ライフサイエンス研究開発企業のCEOやシニア研究者です。

 

国際学会の展示会においても、まずお目にかかることもできないし、ましてや名前や連絡先、役職や経歴などの情報入手は困難であり、なかなかできません。

 

LinkedInなら、それができてしまうのです。

 

数千件の名前検索、つながり申請を出して、つながってくれるのは一握りですが、その数少ない一握りにおいて、価値のあるつながりを数件拾えるだけでも、活動をする意味があります。

 

ヘッドハンターが優秀な人材を発掘する手段としてLinkedInを活用するというのも腑に落ちます。

 

顔写真が掲載され、実名で、企業先でのポジションや役職までわかるため、悪いことはできません。

 

よっぽど手の込んだ詐欺以外は、そうそう変なことに巻き込まれることはないSNSです。

 

つながるスピードがどんどん速くなる

 

まだ、仕事で使い始めて間もないですが、有料版のビジネスプランで、既存顧客リストを頼りにつながり申請を出しまくる活動は、地道で反復作業ばかりですが、価値があると考えています。

 

名前での検索により、もともと既存顧客リスト上にはいない、優良潜在顧客にヒットする可能性も出てきます。

 

そしてつながり申請を出し、承認されれば、新規顧客の獲得となります。

 

数を打ち、つながりを持つ人たちのネットワークがじわじわと拡大し、つながり申請を出せる確率も高くなっていき、つながれる数も多くなっていきます。

 

ものすごく、地味な活動ですが、いつか必ず花が咲くと信じてコツコツ頑張ります。

 

それでは、みなさま、have a nice day

 

 byちびまる