空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

リスボンの交通事情 タクシー、バスも地下鉄もトラムも便利で安全。そしてUberも便利で安全!

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180516183800j:plain

 

タクシー料金の目安

 

リスボンのタクシーは、比較的割安です。

 

例えば、リスボン国際空港から、ロシオ駅付近までは、10分~20分だいたい10~15€ぐらいです。

 

トランクにスーツケースを入れる場合には、追加料金が1.6€別途料金で取られますが、それでも安いです。

 

チップは、1€単位で切りの良い数字、10%ぐらいを目安で良いかと思います。

 

タクシー乗車の安全性

 

リスボンでは、ぼったくられる、というネット情報が多いですが、わたしは2回リスボン経験してますが、ぼったくられる雰囲気はありませんでした。

 

乗車前に、「いくらぐらい?」と聞いておくと良いと思います。

 

だいたいそんなもんかと思える金額を告げられ、言われた通りの金額にてだいたい到着します。

 

タクシードライバーは英語ができない人が多いので、行き先の場所の名前と住所をメモで持っておくと便利です。

 

行先を文字でみせれば、あとは無言で連れて行ってくれます。

 

基本的に、ポルトガルの人は優しく温厚な人が多いので、それほど心配する必要はありません。

 

空港から市街までは、バウチャーを買うことを進めるガイドブックやWeb情報が多いですが、バウチャーの金額は25€ぐらいで、通常価格の2.5倍ぐらいします。

 

こっちのほうが、ぼったくりに近い!、とわたしは思います。

 

Uberがとても便利!

 

日本では、まだあまり知られていないUber(ウーバー)は、米国では、当たり前のようにみんな使いますし、リスボンでも人気です。

www.uber.com

 

わたしの同僚がUberに登録していて、ホテルから学会会場までの行き来をほとんどUberで移動しました。

 

スマホで行き先を入力し、出発地点付近にいるUber車を指定し、早い時で2~3分、遅くても10分以内に予定していたUber車が到着します。

 

見た目は普通の車で、Uberのドライバーも民間人ですが、Uberに登録しており、Uberドライバーの評価制度があるため、Uberドライバーも自身の評価をあげるべく、サービスもタクシードライバーよりも良いのではないかと思えるレベルです。

 

スマホには到着予定の車が、今どの辺にいて、後どのぐらいで到着できるのか、そして、到着する車の車種とナンバー、色までも通知が出るので、どの車かすぐにわかります。

 

また、乗車後も、車がどのルートを走っているのか、スマホの地図で表示されるので安心です。

 

そしてUberの便利なところは、支払が全てクレジットカード自動精算で、キャッシュレスで乗車・降車ができ、清算手続きが一切要らないので、時間も手間も完全に省略できます。

 

またチップも10%、15%、20%と選べて、チップ込みの清算額が自動的にクレジットカードに請求されます。

 

乗車料金は全てUber側で管理されているので、ぼったくられる心配もなく、また、ドライバーを5段階評価する画面も出てきます。

 

領収書も指定のメールに自動配信なので、領主書をもらい忘れや紛失も防げて、本当に便利なシステムだなとつくづく思います。

 

ひとつだけ難点が。

 

Uberはネット環境が必要なので、スマホでネットアクセスができることが前提です。

 

今回わたしたちは、日本出発する際に、Wifiのサービスを利用しました。

 

1日1,000円ぐらいですが、海外では場所を探すのもスマホがないと一苦労。

 

Uberを利用するにも必要ですし、1日1,000円でも十分利用価値は高いと思います。

 

市バスも安全で安い!

 

空港から市街地までは、空港インフォメーションセンターの出口を出て、横断歩道を渡ってバス停1番から出ます。

 

循環バスで、市街地までは4€です。

 

インフォメーションセンターでバス路線のパンフをもらえますので、自分が行きたい最寄のバス停の番号を確認し、乗車時にバスのドライバーに行き先を伝えバスのチケットを買って乗車します。

 

夜は30分起きぐらいに23時ぐらいまで運行していて、乗車客も多いので安心です。

 

スリに合うほどの混み具合でもなく、ラクラク座席も確保できますし、スーツケースの置き場所もありますので便利です。

 

降車場所は、あらかじめバスのドライバーに、「ここについたら教えて」と言っておけば、到着したら大きな声で叫んでくれますので、乗り越すこともありません。

 

インフォメーションセンターで、リスボンカードの冊子をもらうと、1€の割引券がついているのでお得です^^

 

市バスはたくさん走っているので便利です。

 

地下鉄も簡単!安全!

 

地下鉄も、とても安全です。

 

いつも学会会場で配られるパスで乗車しているので、切符の買い方はわかりませんが、マシーンで簡単に買えると思います。

 

f:id:globalcat:20180516191708j:plain

 

こんな感じで、青、赤、黄色、緑のラインでシンプルです。

 

わたしが主に利用したのは青のライン。

 

f:id:globalcat:20180516191816j:plain

英語表記はありませんが、色で識別できます。

 

青いラインは、わたしが宿泊したホテルの最寄り駅、Restauradores、Rossio、そして繁華街のBixa-Chidoに止まります。

 

そしてリスボンの大きなマーケット(フードコート)が目の前にあるCaisdo Sodre駅には、Bixa-Chido駅にて、緑のラインに乗り換えて一駅で行けちゃうので便利です。

 

f:id:globalcat:20180516191944j:plain

 

ホームはこんな感じ。

 

f:id:globalcat:20180516192016j:plain

 

地下鉄はこんな感じ。

 

f:id:globalcat:20180516192112j:plain

 

地下鉄の地上入口からは、こんな長いエスカレーターで地下に降りる場合も^^;

 

f:id:globalcat:20180516192219j:plain

 

地下鉄の地上入口はこんな感じ。

 

繁華街、Bixa-Chiado駅の入り口です。

 

伝統トラムは長蛇の列を覚悟!

 

f:id:globalcat:20180513163754j:plain

 

この28番トラム。

 

リスボンに来たら、まず誰もが乗りたいこのトラム。

 

とにかく、いつも長蛇の列です。

 

なので、リスボンについたら、時間に余裕のある日に、まずは1回でも良いので、長蛇の列を並んで(30分はゆうにかかります)乗りましょう。

 

時刻表は、あってないようなもんなので、後ろに何も予定がない時に乗りましょう。

 

Tuk Tuk (トゥク・トゥク)の営業は激しい!

 

f:id:globalcat:20180517060952j:plain

 

映画の中に出てきそうなこの乗り物は、Tuk Tuk (トゥク・トゥク)と言います。

 

リスボンの街中には、Tuk Tuk をたくさん見かけます。

 

走っているTuk Tuk よりも、止まっているTuk Tuk。

 

競争が激しそうです。

 

トラム街をしていると、Tuk Tuk のドライバーが営業をかけてきます。

 

それも結構しつこい^^;

 

確か3か所まわって30分ぐらいで50€ぐらいです。

 

タクシーで行けば10€ぐらいのところ。。。

 

めっちゃ高いなぁと思うのですが、トラム街の人は、交通の手段としてトラムに乗りたいというより、アトラクションとしてトラムに乗りたいので、なかなかTuk Tuk に乗り変える人も少なく、Tuk Tuk の営業は大変そうです。

 

電車もあるけど、メジャーじゃない

 

電車もあります。

 

学会会場からベルンまで、一度だけ乗りました。

 

改札はありません。

 

電車は、、、特記すべきことはありません^^;

 

ヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)が便利!

f:id:globalcat:20180516195315j:plain

 

最後に、、、

 

毎回、地下鉄やら、バスやら、トラムやら、小銭をじゃらじゃら出して、チケット買うのも面倒なので、リスボン観光には、ヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)の購入をすすめします。

 

今回、わたしたちは、リスボン空港到着時に、インフォーメーションデスクにて、観光施設の割引もついているリスボンカードを24時間券を購入したのですが、結論から言うと、元を取れた気がしなかったです。

 

リスボンカードは、購入した日ベースではなく、初めて使用した日時ベースで24時間有効なので、その点については便利だなと思ったのですが、行きたい美術館や施設で、リスボンカードが使えないこともあり、割引率も大したことがないので、あまり得した感は感じられなかったです。

 

それよりも、学会会場で無料配布されたヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)のほうが有効利用価値は高いと感じました。

 

Viva viagem cardのトラム、バス、地下鉄24時間乗り放題カードは6€です。

 

リスボンの移動は、だいたいこの3つで事足ります。

 

また、Viva viagem cardは、24時間乗り放題の他に、料金チャージ式もあり、使った分だけ落とされるという使い方もできます。

 

わたしたちが、この度、学会会場で無料配布されたのは、地下鉄とバスであれば、6回券、電車の利用は4回までのチケットでした。

 

無料チケットもらってから3日ほどありましたが、結局使い切れず・・・・で、まだチャージが2回分ほど残っています。

 

わたしが次回リスボンに旅行に行くのであれば、間違いなくわたしは、リスボンカードではなく、このViva viagem cardをチャージ式で購入します。

 

24時間カードや72時間カードというものは、時間に追われてしまい、なんとなく、落ち着きません。

 

それよりも、日本でいうスイカやPASMOのように、使いたい時に使えるカードを持っているほうが便利です。

 

リスボンカードについては、下記のサイトが便利です。

【ポルトガル】リスボン リスボアカード(リスボンカード)徹底攻略

 

Viva viagem cardについては、下記のサイトが便利です。

【リスボン】 ヴィヴァ・ヴィアジェンカード徹底攻略 | ポルトガル

 

 それでは、みなさま、ボンボヤージ♪

 

byちびまる

フッターの欄