空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

サンディエゴ長期滞在におすすめ!イタリア人街のコンドミニアム(Charming Little Italy Suites by Sonder)に泊まる

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20181113122503j:plain

 

西海岸サンディエゴの長期出張

 

先週末に米国出張を終え、帰国しました。

 

今回の出張先は、

 

〇サンディエゴ5泊

〇サンフランシスコ3泊

〇サンディエゴ7泊

 

サンディエゴとサンフランシスコを行ったり来たりしながら、3つの展示会を行い、そして顧客との商談や会食などをほぼ連日連夜でしたので、体力的にも精神的にもチャレンジングな出張でした。

 

15泊17日の米国出張の準備にて、一番頭を悩ませたのが持参する衣類の数です。

 

f:id:globalcat:20181113122725j:plain

 

スーツケースは1つ、入れられる衣類の数は限られます。

 

そもそも15日分の下着や衣類を持っていません^^;

 

出張の途中で洗濯が必要でしたので、最初のサンディエゴ5泊を洗濯機と乾燥機のあるコンドミニアムに滞在しました。

 

イタリア人街を選んだ理由

 

f:id:globalcat:20181113123023j:plain

 

この度、サンディエゴのイタリア人街を選んだのにはいくつか理由があります。

 

ダウンタウンに比べ安い

 

サンディエゴは米国内において治安も良く気候が穏やかで、観光地として人気の都市です。

 

また、大きなコンベンションセンターがあるので、学会や展示会の開催地としても人気です。

 

コンベンションセンターがあるダウンタウン、ガスランプクオーターにホテルが密集していますが、とにかく宿代が高いです。

 

学会会期中となると、稼ぎ時なのか、べらぼうに高く1泊4万~5万円台です。

 

コンベンションセンターから徒歩圏内のほうが何かと便利なので、今まではダウンタウンのホテルを1年前から押さえて、なんとか予算内(許容範囲)のホテルを確保していましたが、1年前の確認であっても3万~4万円代のホテルばかりでしたので困っていました。

 

今回は、長期出張ということもあり、旅費もかさむのでダウンタウンのホテル滞在は断念し、ダウンタウンからトラムで3駅のイタリア人街(リトルイタリー:Little Italy)で宿探しをしました。

 

幸い、イタリア人街において、口コミ評価が8以上のコンドミニアムを見つけることができましたので、初めてコンドミニアムに滞在しました。

 

学会会期中は、学会無料シャトルバスが10分~20分間隔で出ており、イタリア人街からも1本シャトルバスが走っており、滞在先からバス乗り場まで徒歩10分圏内でしたので助かりました。

 

f:id:globalcat:20181113135008j:plain

 

3週間前の全額前払いという条件に若干抵抗ありましたが、選択の余地もなく、滞在を決めました。

 

平和で穏やかな雰囲気の街

 

f:id:globalcat:20181113123639j:plain

 

ダウンタウンのガスランプクオーターは、レストランもホテルも多く、常にガヤガヤ、学会会期中となると小さな街に約3万人近くがどっと押し寄せますから、すごい人混みです。

 

人が多いということは、酒場も多く、夜の街中は、連日パーティ状態で騒がしいです。

 

ホテルがバーやレストランに近い場所だったりすると、夜中まで騒音に悩まされることもあります。

 

ダウンタウンからトラムで3駅離れたイタリア人街は住宅街でもありますので、犬を連れて散歩している人が多く、とても平和で穏やかな雰囲気なので落ち着いて滞在できます。

 

ホームレスが少なく治安も良い

 

f:id:globalcat:20181113122854j:plain

 

サンディエゴは西海岸に位置し、また人気の都市でもあり物価も高く、貧富の差も激しいのでは?と思ってしまうほどホームレスが多いです。

 

特にダウンタウンのコンベンションセンター前やガスランプクオーターには、ショッピングカートに荷物をたくさん詰め込んでうろうろしているホームレスや、また薬物を疑ってしまうような奇行をする人たちをお見掛けします。

 

イタリア人街では、それほど多くのホームレスはおらず、夜でも比較的安心して歩けます。

 

スーパーがご近所にあり便利

 

f:id:globalcat:20181113123944j:plain

 

ダウンタウンにも大きなスーパーがありますが、イタリア人街にも小さなグローサリーショップや、デリカッセン(ハムやチーズ、オリーブ、惣菜を量り売りしてくれるお店)が入っているスーパーマーケットがあり、朝食やランチに便利です。

 

レストランがたくさんあり便利

 

f:id:globalcat:20181113124103j:plain

 

イタリア人街ですから、もちろん美味しいイタリアンレストランが多数あり、また、テラス席がある雰囲気の良いリラックスムードなレストランがたくさんあります。

 

こじんまりとしたお店も多く、常に満席というお店もありますが、レストランが立ち並ぶ通りにお店がたくさんありますから、ご飯には困らない街です。

 

トラムの駅にも近くて便利

 

f:id:globalcat:20181113124749j:plain

 

サンディエゴはトラムやバスが発達しています。

 

f:id:globalcat:20181113124819j:plain

 

コンパスカードをトラムの駅の自販機で購入し、一度カードを購入すればチャージができますのでとても便利です。

 

リトルイタリー(Little Italy)のトラム駅からダウンタウンコンベンションセンター駅までは3駅、ガスランプクオーターまでは4駅です。

 

サンディエゴ国際空港まではトラム1本ではいけないのですが、タクシーやUberで15分~20分ぐらいで、空港からイタリア人街まで11ドル(チップを入れると13ドルぐらい)でした。(2018年10月)

 

暮らすように滞在する快適コンドミニアム(Charming Little Italy Suites by Sonder)

 

f:id:globalcat:20181113124932j:plain

 

この度、口コミ評価が8以上と評判も上々のコンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在し、とても快適でしたのでご紹介します。

 

www.booking.com

 

Charming Little Italy Suites by Sonder Little Italyの中心地(レストランが立ち並ぶ通り)までは、徒歩で5~10分ぐらいの閑静な住宅地にあるコンドミニアムです。

 

万全なセキュリティ―

f:id:globalcat:20181113125203j:plain

 

チェックインの3日前に、建物玄関のセキュリティ―PINコード(4桁)と、部屋番号、そして部屋のドアのセキュリティ―PINコード(4桁)の情報がメールで送られてきます。

 

とても丁寧なチェックインおよびチェックアウト情報がメールで送られてきますので、入退室に困ることはありません。

 

f:id:globalcat:20181113125409j:plain

 

また、PINコードですべてドアの開閉をしますので鍵の引き渡しもなく、チェックイン、チェックアウト手続きもないのでとても楽です。

 

PINコードなど忘れてはならない情報は、メールの画面写メを取っておくと、PINを覚えられなくてもスマホで画像を開けばすぐに確認できるので楽でした。

 

ひとつ注意点としては、部屋のドアは自動ロックではないので、外出の際には外からPINコードで施錠が必要ですし、部屋に滞在中は内側からPINコードではなくアナログなドア鍵ロックが必要です。

 

スタッフ対応が素晴らしい

 

すべてメール対応でのやり取りでしたが、メールは同日、遅くても翌日には返信があり、海外とは思えない非常に迅速な顧客対応です。

 

相談や困りごとに真摯に対応してくれます。

 

対応スタッフは複数人でアトランダムですが、リクエストや照会を放置されることはありませんので安心でした。

 

広々とした空間で清潔な室内

 

f:id:globalcat:20181113125602j:plain

 

リビング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、ランドリーのスペースがゆったりと確保されており、広めのスタジオアパートメントのような作りです。

 

f:id:globalcat:20181113125641j:plain

 

お部屋のデザインは、リラックスできるようなインテリアで、寝具もソファーも心地良く、仕事を終えて自宅に帰宅するような感覚で滞在できます。

 

また、お部屋はとても清潔なので、安心して滞在できます。

 

キッチン設備が素晴らしい

 

f:id:globalcat:20181113125817j:plain

 

食文化を大切にするイタリアを思わせるような充実したキッチン設備です。

 

コンロは電気ではなくガスコンロで、鍋の種類や包丁も数種類、食器用洗剤、スポンジ、布きん、ディスポーザルシステムの流し台、大きな冷蔵庫、電子レンジ、電子湯沸かし器、トースター、コーヒーメーカーなど。

 

f:id:globalcat:20181113125854j:plain

立派なガス式コンロ、電子レンジに包丁各種

 

f:id:globalcat:20181113125920j:plain

炒め物やスープを作る際に便利なキッチン用具

 

f:id:globalcat:20181113125943j:plain

スプーン、フォーク、ナイフ、計量カップも!

 

f:id:globalcat:20181113131607j:plain

フライパンや鍋各種

 

f:id:globalcat:20181113131628j:plain

コーヒーメーカー、オリーブオイルも常備

 

f:id:globalcat:20181113131648j:plain

電子ケトル

 

f:id:globalcat:20181113131703j:plain

トースターがあれば朝ご飯に便利♪

 

f:id:globalcat:20181113131718j:plain

パスタをゆでたり、野菜を洗ったり、ざるがあると便利

 

f:id:globalcat:20181113131737j:plain

キッチン清掃道具も万全

 

f:id:globalcat:20181113131759j:plain

大きな冷蔵庫

 

f:id:globalcat:20181113131820j:plain

食器も充実

 

f:id:globalcat:20181113131835j:plain

コップやカップ

 

ありがたかったのが、塩、コショウ(それもガリガリっと削るタイプ)、小さな瓶のオリーブオイル、そして切れ味の良いラップが常備されていたこと。

 

f:id:globalcat:20181113131439j:plain

お塩やコショウは削るタイプ

 

f:id:globalcat:20181113131534j:plain

まな板、ラップやホイル、鍋敷きも

 

海外のラップは決まって切れ味が悪く使いづらいというのが常ですが、まるで日本のラップのようにパリッと切れ味が良いラップに感動しました。

 

調味料やラップはないだろうと思い、日本からも持参したのですが使わずに済みました。

 

バスアメニティが充実

 

f:id:globalcat:20181113132905j:plain

 

シャンプー、コンデイショナー、石鹸、ボディーローションなど、ホテルのアメニティーの質はホテルによってまちまちですが、Charming Little Italy Suites by Sonderのアメニティは、香りも使い心地もよかったです。

 

f:id:globalcat:20181113133131j:plain

 

ドライヤーも普通のものですが、快適に使えました。

 

バスタブもあり、お湯の出も良好

 

f:id:globalcat:20181113132749j:plain

 

海外ではお湯の出が弱かったり、お湯の温度がぬるかったりする場合はがありますが、Charming Little Italy Suites by Sonderのお湯の出はとてもよく、今回は、バスタブがあるお部屋を事前にリクエストをして確保していたので、ゆっくりと入浴タイムも楽しめました。

 

お風呂の栓は、押して止めるタイプです。

 

f:id:globalcat:20181113133058j:plain

 

シャワーヘッドは固定式です。

 

f:id:globalcat:20181113133021j:plain

 

 

湯船にゆっくり体を沈めて、体を温めることは疲労回復にも良いですし、良質な睡眠にも良いです。

 

ほっとする柚子の香りやラベンダーの香りの入浴剤を入れて、副交感神経を休ませたり、バブルバスにして泡ぶくぶくのお風呂に入るのも気持ちが良いものです。

 

静かな住宅街に立地

 

f:id:globalcat:20181113133242j:plain

 

出張時には夜が静かでしっかり睡眠をとれることが体調管理には重要になってきます。

 

Charming Little Italy Suites by Sonderが立地する場所は、閑静な住宅街なので、夜も静かでベッドの寝心地もよくぐっすり眠ることができました。

 

コンビニとスーパーが徒歩3分圏内

 

f:id:globalcat:20181113133327j:plain

 

Charming Little Italy Suites by Sonderは、受付デスクがあるわけでもなく、完全にアパートの一室を借りるだけの宿泊施設なので、朝食も出ないですし、食料や飲み物の調達は自分でスーパーやコンビニでしなければなりません。

 

Charming Little Italy Suites by Sonderから徒歩10秒以内にセブンイレブンがあり、徒歩3分以内にデリカッセンがあるスーパーマーケットがあるので、朝ご飯やお水の調達にはとても便利でした。

 

f:id:globalcat:20181113133403j:plain

 

コンビニもスーパーも夜遅くまで開いているのでとても便利でした。

 

f:id:globalcat:20181113133435j:plain

店内はこんな感じです。

 

f:id:globalcat:20181113133507j:plain

お土産の購入にも良いですね。

 

f:id:globalcat:20181113133544j:plain

お酒も売っているので、アパートでのんびり飲むのも良いですね。

 

洗濯機と乾燥機も充実

 

f:id:globalcat:20181113133645j:plain

 

米国の洗濯機と乾燥機を使うのは初めてで、使い方に戸惑いましたが、米国人の仕事仲間にどこに洗剤をいれ、どこのボタンを押せばよいのかを教わり、簡単に使えました。

 

f:id:globalcat:20181113133721j:plain

ランドリールームにはクローゼットやアイロンもありますので便利です。

 

f:id:globalcat:20181113135753j:plain

 

洗濯をする=アイロンもかける、ですね。

 

f:id:globalcat:20181113135835j:plain

 

アイロン台の広げ方は簡単ですが、意外とわからない閉じ方。

 

この裏面のバーを下に押して、足をたたみます。

 

洗剤はキューブの中に液体が入っているタイプのものが3つ備え付けてあり、所定の場所に入れるだけでしたので、備え付けのものを利用しました。

 

f:id:globalcat:20181113133828j:plain

左手のポケットを開けると洗剤を入れる場所があります。

 

f:id:globalcat:20181113133909j:plain

これ洗剤。このまま洗濯機にいれます。3つ洗剤が備え置きされてました。

 

洗濯機と乾燥機は、結構音が大きいので深夜や早朝の利用は控えたほうが無難です。

 

f:id:globalcat:20181113134025j:plain

 

下にある機械が洗濯機で、ダイヤルをお好みの洗濯(ジェントル、スピーディなど)を選んで、あとはボタンを押すだけでスタートします。

 

f:id:globalcat:20181113134151j:plain

上にある機械が乾燥機。こちらもダイヤルをお好みに合わせてボタンを押すだけです。

 

それほど大きな騒音ではないですが、他の部屋で夜中に洗濯機や乾燥機を回している音が聞こえました。

 

テレビのつけ方が難しい

 

f:id:globalcat:20181113134246j:plain

 

こんな画面と格闘しました。

 

難しいというほどでもないですが、TVと書いてあるボタンを押してもテレビがつけられず、テレビのリモコンと数日格闘しました。

 

f:id:globalcat:20181113134327j:plain

 

どこ押しても、この画面に戻りスタックしてしまうという・・・

 

米国人の仕事仲間に使い方を聞いたところ、TVを選択ではなくHD?という選択をすると地上波テレビが見れました。

 

チェックアウトも手続き不要

 

チェックアウトの日は、使った食器やキッチン用具を洗って元の定位置に戻し、ドアのPINコードを入れるパッドのマークを押すと施錠がされチェックアウトとなります。

 

エレベーターはなく階段のみ

 

f:id:globalcat:20181113134450j:plain

 

ひとつだけ大変だったのは、エレベーターがなく階段だけなので、重たいスーツケースを、よいしょ、よいしょ、と3階まで持って上がらなければならなかったことです。

 

3階が確か一番最上階なので、大したエクササイズではありませんが、チェックインとチェックアウトの際にちょっとだけ荷物運びが大変です。

 

コンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderの総評

 

f:id:globalcat:20181113134603j:plain

 

とても安心してリラックスし滞在できましたので、次回サンディエゴ出張の際に、またCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在したいと思います。

 

朝ご飯込みの宿泊代ではないので、朝食代は実費になりますが、スーパーでフランスパン、ハムとチーズ、サラダパックなどを購入しておけば、朝食とランチは自炊できますので安上がりです。

 

f:id:globalcat:20181113134632j:plain

美味しいハムとチーズ、そしてフランスパンとオリーブを買って、ランチと朝食を作って食べてました。

 

f:id:globalcat:20181113134749j:plain

朝ご飯はこれで十分でした。

 

また、通常米国のホテルの朝食では、サラダが出ることはなく、朝からマフィンやワッフル、フルーツ、ベーコン、ソーセージなど糖質が高く高カロリーな内容なので、自炊のほうが、食べたいものを食べたい分だけ頂けるので、食べ過ぎることもなく健康管理にも良いかと思います。

 

f:id:globalcat:20181113134918j:plain

 

お天気が良い日は、Little Italyから港の散歩道を通り、コンベンションセンター方面に歩いていくこともできますので、サンディエゴのイタリア人街Little Italyでの滞在は、仕事にもホリデーにもおすすめです。

 

米国の出張はサンディエゴの確率が高く、今回で4度目のサンディエゴでした。

 

今後は迷わずイタリア人街のコンドミニアムCharming Little Italy Suites by Sonderに滞在したいと思います。

 

それでは皆様、have a nice day

 

by ちびまる

 

フッターの欄