空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

サンディエゴおすすめレストラン6選(ダウンタウン:ガスランプ・クオーター地区)

スポンサーリンク

広告

 

今回は米国腎臓学会腎臓週間2018(Kidney Week-ASN 2018)およびSFN 2018 ニューロサイエンス 北米神経科学会議の展示会がサンディエゴで開催されました。

 

約15日間ぶっ続けで仕事し、最後息切れしましたが、なんとか美味しいものを食べながら乗り切りました。

 

今回で4度目のサンディエゴなのですが、今回も美味しいお店を開拓(というより連れて行って頂いた)しましたのでご紹介します。

 

1. Roy's (フュージョン料理)

 

f:id:globalcat:20181121222634j:plain

 

Roy's Restaurantは、普通にステーキやシーフード料理もありますが、ハワイアンと日本料理(味付け)とのフュージョン料理があるレストランです。

 

米国代理店が取り扱う他のメーカーの接待の席(ほとんど関係ない立ち位置)にて、どさくさにまぎれ同席させて頂き、ただ飯を頂きました^^

 

Roy’sは、サンディエゴ・コンベンションセンターの裏手(ハーバー側)の階段を降り、コンベンションセンターと隣接しているマリオットホテルの付近にあります。

 

基本的には高級レストランのカテゴリーに入るかと思いますが、ただ飯ゆえ、金額をほとんど覚えておりません汗(でも、メインで30USD台だったと思います)

 

わたしは小さめの高級ステーキを頂きました。

 

高級とは言え、日本の霜降りステーキのような後から胃もたれするステーキではなく赤身のステーキです。

 

普段は、海外のメインディッシュは食べきれないわたしなのですが、小さめのステーキで、脂っこくなくあっさりと頂けるステーキでしたので、珍しくペロリと完食いたしました。

 

おそらく、海外のメインディッシュでの完食は、これが初めてです。

 

それぐらい、美味しいステーキでした。

 

わたし自身はとても満足のいく会食でしたが、テーブルについたウエィターができない子ちゃんで、メインディッシュが出てくるのに、ものすごく時間がかかり、お料理を出した直後に、『今すぐデザートを頼まなければ、お出しできません』と、たたみ掛けセールスを仕掛けてきました。

接待される側の大御所先生(欧州の研究者)は、あっけにとられ、数秒後にご立腹にて、『君は、僕の朝食まで注文取る気かね?』と嫌味たらたらの苦情を申し付け、デザートは頂けぬという状況でした。

 

お料理はよかったですが、ウエイターの質がイマイチ・・・でした苦笑^^;


日本食というか、日本の味付けのフュージョン料理がたくさんあったのが印象的でした。

 

日本酒もあるようですが、、、

 

〇純米にごり酒(ココナッツ?)

〇純米酒(きゅうり?)

〇テイスティング(きゅうり?からのココナッツ?)

 

日本酒もハワイアンとのフュージョンなのでしょうか・・・。

 

わたしは普通にシャルドネの白をいただきました。

 

寿司もありますが、これも微妙です・・・

 

完全にハワイアンとのフュージョンです。

 

きゅうり、アボカド、サーモン、マグロ、そしてポン酢です。

 

外国人ウケはすると思いますが、日本人の先生方の接待には不向きです。

 

話題作りにはよいかもしれませんが・・・

 

わたしが食したのは、普通のステーキでしたが、すでにメニューが変わっているようです。

 

Roy's Restaurant
ハワイアン&日本食のフュージョン料理
333 W Harbor Dr, San Diego, CA 92101
TEL: +1 619-239-7697
Menu

 

2. Rowing Club (シーフード)

 

f:id:globalcat:20181121223145j:plain

 

いつも日本の代理店の社長さんに連れて行って頂く穴場のシーフードレストランです。

 

コンベンションセンターのすぐ裏手にあり、お昼時のちょっと前11:30頃に行くと、ガラガラ空いてて、落ち着いてリラックスしてお食事ができます。

 

ここの名物料理は、カニです!

 

大きなポットにカニの足、トウモロコシなどがゴロっと入ってきて、まずは紙の前掛けをしてからいただきます。

 

全てが手づかみでいただくので、手はドロドロになりますが、とうもろこしは驚く甘さ、カニも甘くておいしいです。

 

カニと格闘している間は無言になるので、接待には向きませんが、カジュアルでリラックスしたヨットハーバークラブ的な雰囲気なので、ざっくばらんな接待でしたらおススメです。

 

いつもご馳走になるので値段はわからないですが、カニが入っている1ポットでも結構なボリュームで、大人3人で十分、というか余るぐらいです。

 

空いているので穴場です。

 

ゆっくり、のんびり、お話しができます。

 

Rowing Club(Joe's Crab Shack)
シーフードレストラン
525 E. Harbor Drive
San Diego, CA 92101-5995
Rowing Club:619-233-7391
Sun - Thu: 11:00 AM - 10:00 PM
Fri - Sat: 11:00 AM - 11:00 PM
Lunch Menu
All Menu

3. Lou & Mickey's(ステーキハウス)

 

コンベンションセンター目の前のテラス席もあるステーキハウスです。

 

ごめんなさい、写真はありません。。。

 

いつも商談で利用しますが、ステーキハウスなのに、ステーキは食べたことがありません。

 

店内にも席がたくさんあり、またテラス席もたくさんあるため、国際学会のような数万人人が集まるような時でも、予約なしで入れます。

 

ランチタイムは混むかもしれませんが、14時~17時ぐらいであれば、こちらのレストランのテラス席でのんびりビールでも飲みながら、オープンに商談ができます。

 

日本の先生の場合は、昼間からビールやワイン、というわけにはいかない場合も多いですが、欧米の企業の場合は、当たり前のように昼間っからビールやワインを飲みながらの商談です。

 

あまり知られていないかもしれませんが、サンディエゴにはビール醸造所がたくさんあり、地元の人はよく飲みます。

 

こちらのレストランは、チョイ飲みしながら、さくっとおつまみをつまむ感じの商談に利用させて頂いています。

 

Lou & Mickey's
ステーキハウス
224 Fifth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-237-4900
Menu

4. Rustic Root(開放的なRooftop Bar)

 

f:id:globalcat:20181121223633j:plain

 

こちらはコンベンションセンターから5番通りを3ブロック歩いてIsland Avenueを渡ったセブンイレブンの隣(コンベンションセンターを背に5番通りの右側)にあります。

 

コンベンションセンターから歩いて5分もかかりません。

 

わたしは体調を崩していたので、お酒も飲めず、ちょこちょこつまむ程度でしたが、いわゆるパブ飯が美味しいお店です。

 

f:id:globalcat:20181121223726j:plain

 

こちら、アメリカでは珍しい、ハードシェルのタコス。

 

アボカドソースが下に敷いてあって、ちょっと辛めの味付けのおせんべいみたいなタコシェルで、中身は海老とキャビアもどきのとびっこ!?(イマイチわかりませんでした)がのっかっていて、酒のつまみにはもってこいのおつまみでした(わたしはお酒が飲めませんでしたが)

 

f:id:globalcat:20181121223945j:plain

 

こちらは海老のフリッター、スイートチリソース絡め。

 

ビールにピッタリ!なはず・・・

 

f:id:globalcat:20181121224050j:plain

 

こちらはアツアツのミートボール、グツグツでした。

 

わたしたちは、2回のRooftopBarでご飯を食べたのですが、窓がなく、天井もなく、バルコニーにソファーがあって、キャンドルライトがあり、柔らかな光と風が気持ち良い空間です。

 

さくっと食べて、さくっと飲んで帰るにはとっても良いBarです。

 

ウエイトレスは、めっちゃ露出の高いミニスカ、ピチピチの黒づくめの装いで、アイラインが黒でビーっと引かれたアバンギャルドな女性たちが、きびきびとしており、ちゃきちゃきとオーダーも取りにくるのでストレスフリーでした。

 

Rustic Root
アメリカ料理店(Rooftop Bar)
535 Fifth Ave, San Diego, CA 92101
TEL:+1 619-232-1747
Menu

5. The Dubliner(アイリッシュパブ)

 

こちらは、完全にスポーツバーのアイリッシュバーです。

 

若くて可愛らしいギャルがピッチピチのshirtやワンピース、スカートなど露出の高い装いで、サーブしてきます(完全にわたしはおじさん化)。

 

忙しいと若干サーブが遅いですが、感じは良いです。

 

f:id:globalcat:20181121224355j:plain

 

わたしは体調を崩しており、お酒を飲めず、アイリッシュバーでオープンサンドを食するというなんとも迷惑な客でしたが、わたしと一緒にいた若いアメリカンボーイ2名が、ガッツリ食べて、ガッツリウイスキーなどを飲んでくれたおかげで、肩身の狭い思いをせずにすみました。

 

f:id:globalcat:20181121224422j:plain

 

こちらは3人でシェアして食べた、コーンビーフ巻き(アイリッシュ名物なのだとか!?)

 

f:id:globalcat:20181121224521j:plain

 

こちら、若干ピンボケで恐縮ですが、米国代理店アメリカンボーイ(30歳代)が食べた超ビッグなハンバーガー

 

f:id:globalcat:20181121224617j:plain

 

こちらもピンボケごめんなさい汗

 

もうひとりのアメリカンボーイが食したフィッシュ&チップス

 

f:id:globalcat:20181121224717j:plain

 

そして、こちらが最後。

 

わたしが食したアボカドオープンサンド。

 

とてもフレッシュなキュウリ、トマト、アボカド、チーズがアツアツのトーストに乗っかっていて美味しかったです。

 

これ、10ドル。

 

米国にしちゃ、安いでしょ。

 

サンドイッチ、何気に美味しくて感動~♪

 

The Dubliner
アイリッシュパブ
554 Fourth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-239-5818
Food Menu
Drink Menu

 

6. La Puerta (メキシコ料理)

 

こちらは、実は予約でいっぱいで入れず、隣の隣のThe Dublinerアイリッシュスポーツバーにわたしは流れたのですが、アメリカ人代理店の営業ボーイズたちは、わたしが体調不良でダウンしている間に再度チャレンジで食にありつけたようです。

 

わたしは食べてないので、1次情報でなく申し訳ないのですが、アメリカ人ボーイズ(30代)が、really really good! (めっちゃ、めっちゃ!!!美味しかった)というので、おススメに挙げておきます。

 

La Puerta
メキシコ料理(The Dublinerのすぐ近く)
560 Fourth Ave, San Diego, CA 92101 USA
TEL: +1 619-696-3466
Food Menu

サンディエゴでお過ごしの際にご参考にしていただければ幸いです♪

 

では、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

フッターの欄