空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

新たな発見や学びは、真逆のタイプから

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180701163136j:plain

 

わたしは猪突猛進タイプ

 

わたしは、幼いころから、猪突猛進タイプで、今も健在。

 

正直に、まっすぐにしか生きられません。

 

変化球も投げられないし、いつも直球ばっかりしか投げられない。

 

まっすぐ行けばよいけれど、上下左右ずれることもしばしば。

 

正論でまっすぐにしか進めないわたしは、ナンセンスと思ったことを受け入れられず、なんで?なんで?、そんなの嫌だーと駄々をこねるタイプなのです。

 

上司にとってみれば、かなりメンドクサイタイプだと思います。

 

なんてたって、黙ってられないので、うるさいですからね。

 

かくかくしかじかと論理的に納得のいく説明をしてくれなきゃ、理解できないタイプのわたしは、白黒はっきりつけたがるほうですし、グレーでも、グレーなりの理屈が欲しいのです。

 

ドウドウ~と、わたしを上手く使える上司は、とりあえず、得意分野において、気に上らせておけば良くて、調子に乗らないように、時折ペチッと、お尻ぺんぺんしてくれていれば、きっと、わたしは何かの役に立つはず。

 

頭脳で戦う、戦略家にはなれない

 

わたしは、戦略家ではないです。

 

だって、そういう頭は持ってないんだもん。

 

先を読むことが下手で、目先のことしか見えないです。

 

それも、真ん前だけ。

 

オセロなど、ゲームは勝った試しがなく、すぐ目に付くものを白から黒へ、黒から白へ、喜んでひっくり返して、最後にどんでん返しを食らうのが常。

 

そう、たぶん、そういった頭はないというか、頭悪いんだと思います。

 

戦略家タイプの人は、先の先の先まで考えるらしく、自分の立ち位置、そして周囲の状況を細かく察知し、その上で、自分の出方を決めるらしい。

 

わたしの知人は戦略家タイプで、一言でいえば、世渡り上手なタイプ。

 

自分が不利な立場に置かれないように保身はもちろん、相手の立場を考えて、言葉を選んでアプローチするそうです、それも穏やかに。

 

わたしは感情で動く人間なので、喜怒哀楽がはっきりしていて、すぐに顔と態度に出ます。

 

知人曰く、目的が達成できれば良いのだから、無駄なエネルギーを使う必要はないし、必要以上に、自分が首を突っ込む必要はないでしょう、と言います。

 

要するに、自分の立場をわきまえるということでしょうか。

 

大人ですね。

 

「こういう時には、どうやって返すの?」と聞くと、かくかくしかじか説明してくれるんですけど、到底わたしには真似できないわぁ。。。とスマートなアプローチ。

 

賢いアプローチだなぁとも思います。

 

基本的に、静かに冷静に(ここ大事!)質問を繰り返し、相手を自分自身で窮地に追い込ませる作戦なんだそうです。

 

相手に考えさせ、相手に自分が欲しい回答をさせるように仕向けるんだそうです。

 

わたしは、ガチンコで相手に自分の主張を突きつけて、「それで、あなたはどう思うのよ?」と真っ向勝負しか経験がないのですが、相手に考えさせて、空いて自ら自爆させる(言葉は悪いが)、負けと非を認めさせ、降参させるやりかたは、レベルが高い。

 

人の上に立つには

 

わたしは、いつの日か、経営側に立つ人間になりたいです。

 

理由は、「組織」と「ビジネス」に興味があるからです。

 

そして、組織を動かし、成果を出してみたい。

 

そのためには、今のやり方、ヒトへのアプローチでは、ダメなんだろうなと思います。

 

戦略家にはなれないとしても、自分の意見ばかりを押しつけるようじゃダメで、総合的に情報を集めて、最終的にロジカルに結論を出す、そして責任を取る、ということができないとダメなんだろうなと。

 

難しいことは専門家に情報整理をお願いするとしても、先見の明が必要なんでしょうね。

 

リーダーシップを発揮でき、まわりに賛同が得られる組織づくりをし、価値のある企業に育てて、大きな社会貢献をしたい、それがわたしの今の夢。

 

自分勝手なわたしが、どれだけ成長できるかは、これから。

 

真逆のタイプから、立ち回り、生き方などを学んで、せっかくの人生だから、素敵に生きたい。

 

いつ時も、学びを忘れずに。

 

みなさま、本日も have a nice day

 

by ちびまる

フッターの欄