空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

蘇州出張 Hyatt Regency Suzhou(ハイアットリージェンシー蘇州)に泊まる

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20191101122637j:plain

 

ハイアットリージェンシー蘇州に泊まる

 

この度、はじめて中国の蘇州を出張で訪れ、展示会場での仕事が主でしたので、徒歩10分以内のHyatt Regency Suzhou(ハイアットリージェンシー蘇州)に4泊しました。

 

www.booking.com

 

ハイアットリージェンシーは、インターナショナルなハイスタンダードのホテルですが、蘇州という土地柄、5つ星ホテルというには、いろんな意味において、正直、不完全という印象です。

 

とは言え、お部屋は清潔で広く、また、トラブルがあった際には即座に対応してくれ、セールスマネジャーが気にかけてくれて、エグゼクティブラウンジのアクセスを無料でオファーしてくれたりと、気にはかけていただけたので、快適に滞在することができました。

 

広めのお部屋

 

f:id:globalcat:20191103211404j:plain

 

お部屋はビューが良く静かなお部屋を用意していただきました。

 

f:id:globalcat:20191103213213j:plain

 

とてもシックで落ち着いた雰囲気のインテリアで寛ぐことができました。

 

f:id:globalcat:20191103211535j:plain

 

バスタブから寝室が見える開放的な作りで、また、リラックスできるようソファーが窓際に置いてありました。

 

f:id:globalcat:20191103211729j:plain

 

バスタブは大きく、滑り止めが置いてあり、お湯の出はよかったです。

 

f:id:globalcat:20191103211848j:plain

 

シャワーブースとおトイレは別々にあり、洗面所は、ミネラルウオーターが常時2本置いてあり、とても快適でした。

 

f:id:globalcat:20191103212007j:plain

 

シャワーブースは、若干壁のつなぎ目が、カビが生えていたりして、お掃除が行き届いていない印象でしたが、総合的には十分清潔なシャワーブースでした。

 

f:id:globalcat:20191103212922j:plain

 

こういったカビは、塩素系の洗剤で簡単に落ちるものなので、なんで対応しないのだろうと思いつつも、5つ星ホテルにしては残念とも思いながら、伝えるのも億劫にて放置。

 

お湯の出は、時々お湯が熱くなったり、冷たくなったりと、若干不安定な印象でした。

 

f:id:globalcat:20191103212033j:plain

 

おトイレはいたって普通ですが、最初通された部屋のトイレの水の流れが悪く、部屋を移動することになりました。

 

f:id:globalcat:20191103212244j:plain

 

洗面所には、チベットのミネラルウオーターが常時2本置いてあり、石鹸とボデイーソープがあります。

 

f:id:globalcat:20191103212325j:plain

 

大理石らしき箱の中には、コットンパッド、綿棒など、アメニティがいろいろ入っておりました。

 

f:id:globalcat:20191103212414j:plain

 

お茶を飲むスペースには、電子ケトルがありましたので、持参した水を使って、紅茶を飲んだり、コーヒーを入れて飲んだりしました。

 

f:id:globalcat:20191103212549j:plain


ワードローブにはバスローブもあります。

 

f:id:globalcat:20191103212623j:plain

 

そして、スリッパも。

 

f:id:globalcat:20191103212646j:plain

 

セキュリティーBoxも、もちろんあり、使い方は簡単ですが、最初に通された部屋でも、2番目の部屋でも、取っ手のところが割れてましたので、念のため、『わたしが壊したのではないですよ』ということを事前に伝えておきました。

 

f:id:globalcat:20191103212813j:plain

 

同じところが割れていたので、以前に泊まった客が、無理やり手前に引いたのでしょうね。。。

 

朝食について

 

f:id:globalcat:20191103213329j:plain

 


食事については、ホテル内の一般レストランでの朝食バイキングでは、寿司などもありり品数は多いですが、5つ星ホテルにしてはクオリティは低く、炒め物は独特な油の臭いと味がして、わたしの口には合いませんでした。

 

f:id:globalcat:20191103213431j:plain

 

レストランの中はこんな感じ↑

 

エグゼクティブラウンジ

 

f:id:globalcat:20191103213531j:plain

 

いろいろあって、セールスマネジャーに苦情を言ったら、エグゼクティブラウンジへのアクセスを頂いたので、朝ごはんはエグゼクティブラウンジでいただきました。

 

f:id:globalcat:20191103214204j:plain

 

オプションは少ないですが、サラダ、パン、フルーツなどがあります。

 

f:id:globalcat:20191103214346j:plain

 

ジュースは4種類あって、オレンジジュース、野菜ジュース、スイカジュース、緑の野ジュースで、わたしはオレンジジュースを毎朝頂きました。

 

ジュースは、安心して飲めます。

 

一般フロアの朝食とは、若干品質も良かったですが、オムレツや生野菜、生のフルーツを食べた直後にお腹を壊したので、水か油、もしくは処理の仕方に問題があると思いました。

 

一度ならず2度、速攻トイレでした。

 

f:id:globalcat:20191103213840j:plain

 

エグゼクティブラウンジでは、夜の8時頃まで、ワインやビールなどのアルコールを頂くことはできますが、その後は基本は、ソフトドリンクやお茶だけです。

 

f:id:globalcat:20191103213956j:plain

 

朝から晩まで、中国語の中仕事をしていて、寝る前の一杯に美味しいワインを頂きたかったわたしは、スタッフに無理を言って、8時をまわっていましたが、1杯だけ白ワインをグラスで1杯いただきました。

 

f:id:globalcat:20191103214108j:plain

 

エグゼクティブラウンジからの夜景です。

 

ジムとプールは普通

 

f:id:globalcat:20191103214541j:plain

 

プールはありますが、スイムキャップがないと入れないということがわかり、水着を持ってはきていましたが、わざわざ600円ほどお金を払うのもなんだなぁーと思い、利用しませんでした。

 

f:id:globalcat:20191103214724j:plain

 

スポーツジムは、こじんまりとはしていましたが、一通りマシーンもあり、人も少なく、1度だけ利用しました。

 

f:id:globalcat:20191103214900j:plain

 

こんな感じで、がらーんとしてました。

 

ちなみにSpaは、外部業者が入っている感じで、あまりフレンドリーではなかったので、30%OFFのチケットを頂きましたが、利用しませんでした。

 

外観やその他設備

 

f:id:globalcat:20191103215239j:plain

 

こちら、18Fから撮った眺めです。

 

館内は吹き抜けです。

 

f:id:globalcat:20191103215530j:plain


レセプションの奥には、コーヒーラウンジが広がっています。

 

f:id:globalcat:20191103215627j:plain

 

こちらレセプション前のラウンジ付近です。

 

f:id:globalcat:20191103215706j:plain

 

こちらが正面玄関。

 

ショッピングセンターは目の前

 

f:id:globalcat:20191103215814j:plain

 

新光天地というショッピングモールがあり、香港の飲茶のお店などレストランもはっているので、食事には便利と思います。

 

f:id:globalcat:20191103215929j:plain

 

こんな感じで街自体はとてもきれいで、スタバもすぐ近くにあります。

 

展示会場まで10分以内

 

f:id:globalcat:20191103220110j:plain

 

わたしがハイアットを選んだ理由のひとつは、学会展示会場まで徒歩圏内だったことです。

 

のんびり歩いて10分以内でつくので、展示会場で仕事の人には、朝ものんびりできますしお勧めです。

 

湖畔のお散歩

 

f:id:globalcat:20191103220510j:plain

 

展示会場付近のハイアットリージェンシーが立地するあたりは、蘇州中心部からは離れている分、静かな場所で、湖畔をのんびりお散歩できます。

 

f:id:globalcat:20191103220642j:plain

 

こんな風に、夕暮れ時ぐらいから、イルミネーションがはじまります。

 

f:id:globalcat:20191103220719j:plain

 

最後に・・・

 

蘇州は、北京や上海に比べて、まだまだ発展途上の都市です。

 

Old Townなど東洋のベニスと言われる水の都として観光にも人気の蘇州ですが、まだまだ、5つ星ホテルの、サービスやホスピタリティについては、北京や上海には劣る印象でした。

 

たとえば、部屋からレセプション、もしくはサービスコールをした際に、英語できない人がオペレーターとして電話に出たり、

 

トイレが壊れててお部屋交換する際に、『今すぐ行きます』と言うので、部屋の前で待つこと10分、だーれも来ないので、レセプションに電話をすると、『チェックインデスクが混んでて行けなかった』とか、

 

部屋を交換した際に、対応したスタッフが、『ところで、何が問題だったの?』と、状況を全く把握してなかったり、

 

『Don't disturb』とサインを出しているにも関わらず、営業マネジャーからリンゴのお届けにて呼び鈴を何度も押されたり・・・

 

5つ星ホテルと言うには、ちょっとレベルが低いなぁと感じた次第です。

 

ハイアットは、蘇州での宿泊が初めてでしたが、セールスマネジャーが一生懸命顧客満足度を上げようとしているのは感じられるのですが、食事にしても、接客にしても、金額が高い割には・・・という印象でした。

 

中国出張において、フォーシーズンズホテル北京がスタートでしたので、そこでのホスピタリティが基準となってしまったため、劣って見えたのかもしれません。

 

蘇州は、これから!と思います。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

フッターの欄