空飛ぶちびまる(自由気ままに)

おひとり様女子のエッセイ

MENU

USA ミネアポリス出張、米国初上陸

スポンサーリンク

広告

2016_minneapolis3.jpg

初めてのUSAでのお仕事は、2016年6月にシカゴ経由でミネアポリスへ。

 

ESTA (エスタ)も初申請で初USA入国ゆえ、入国審査の長蛇の列に並ぶこと1時間。

 

乗継ぎの時間にびびりながらのUSA初上陸しました。



2016_chicago1.jpg
シカゴ空港での乗り継ぎは、意外と簡単。荷物をとって、すぐ見えるエスカレーターで空港内トラムに乗って、また荷物を預けて乗継ぎゲートへ。


2016_chicago2.jpg
宇宙に行ってしまいそうな通路。


2016_chicago3.jpg
シカゴ空港の乗継ぎのゲートはわかりやすいが、広いのでアクシデントに備えて2~3時間の乗継ぎ時間があれば安心。


2016_minneapolis8.jpg
ミネアポリスのホテル。広くて心地よかったです。


2016_minneapolis6.jpg
初めてのワッフルマシーン。

ドキドキ失敗”泣”


2016_minneapolis3.jpg

夕暮れ時のミシシッピ川。


2016_minneapolis4.jpg
20時でもこんなに明るい。


2016_minneapolis2.jpg
たった2日滞在のミネアポリス、ミシシッピ川の眺めと、米国代理店の社長夫人に入れて頂いたコーヒーが一番の思い出。

 

社長夫人はアフリカのエリトリア出身で、コーヒーへのこだわりがすごい。

 

緑の豆を煎るところからはじまる。


2016_minneapolis1.jpg
ランチにはチキンサラダを。見るだけでお腹いっぱい。


2016_minneapolis5.jpg
チーズを大きな炎で焦がして食べるお料理。

 

エンターテイナー性が高いお料理。香ばしくておいしい。


2016_minneapolis7.jpg
で、デザートはてんこ盛り。

 

はじめてのUSA出張の印象は、「アメリカ人って、フレンドリー」ということ。

 

もっと、シビアというか、こんなにフレンドリーな国民とは思わなかったので、とても心地よかったです。

 

byちびまる