空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

自分のライフスタイルや価値観を見直す(2018年の振り返り)

スポンサーリンク

広告

  

f:id:globalcat:20181227111043j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさんcat

 

2018年、あと少し

 

わたしは、誰よりも早く長期休暇に入り、大掃除をし、断捨離をします。

 

そして、今年をひとり静かに振り返り、新年に向けて鋭気を養うようにしています。

 

今年は、12/26 ~ 1/3まで9連休。

 

確か昨年は、もっと早くて2週間以上休みをとりました。

 

日本にいながら、長期休暇をサクッととれる会社でお仕事をさせて頂けるのは幸せです。

 

今年も我ながら、仕事に遊びによく走り抜けた一年だったなと感じています。

 

途中息切れし、最後は胃腸を大きく崩しながらも、年の瀬に調整しつつ穏やかにフィニッシュ。

 

来年は、さらに海外出張が増え、欧米そしてアジアの国々を月に1~2回の頻度で回ります。

 

来年は、もっと速く、もっと力強く飛び跳ねて、走れるように、年末は冬眠します。

 

年末にひとり静かに振り返るのは、自分のライフスタイルについて。

 

今年のわたしは、自分が望む時間の過ごし方をしてきただろうかと。

 

そして、今年のわたしは、自分が望む成長ができたのだろうかと。

 

さらに、来年のわたしは、どんな成長と時間の過ごし方を望むのかなど、ゆっくり考えます。

 

2018年、平成という時代が終わろうとしている今、自分自身の生き方や在り方を見直すには良いタイミングかなと思っています。

 

ライフスタイルとは?

 

f:id:globalcat:20181227111211j:plain

画像:photoACクリエイター:gois×goisさん 

 

よく耳にも口にもする『ライフスタイル』

 

でも、まじまじと『ライフスタイルとは何ぞや?』という問いに向き合ったことは、なかったかもしれません。

 

Web辞書で、言葉の意味を引いてみると、

 

〇生活の様式

〇生活の営み方

〇人生観

〇価値観

〇習慣

 

を含めた『個人の生き方』を総じて『ライフスタイル』と言うようです。

 

lifestyle(ライフスタイル)の意味 - goo国語辞書

 

または、『個人の在り方』とも考えられるでしょう。

 

わたしは、昔から、『生き方』や『在り方』には関心を持っています。

 

スマップの『世界に一つだけの花』という歌の中には、

 

そうさ僕らは

世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

 

というフレーズがありますが、わたしはこの歌詞が好きです。

 

わたし自身も、世界に一つだけの花のように、形はどうであれ、

 

生き生きと、わたしの生を生きていたいと、いつも思っています。

 

そして、『わたしという花』を、どのように形づくって、咲かせて、表現していくか、

 

そして自分を最大限輝かせることができるのか、一生懸命に考えなければならないのは自分。

 

『どのように表現していくのか』ということが、生き方や在り方=ライフスタイルにつながっていくのだと思っています。

 

生き方や在り方は、時を刻んでいく間に、変わっていくかもしれないし、

 

同じ路線をより深く追求するのかもしれません。

 

それはきっと、ひとそれぞれ異なるのでしょうね。

 

ライフスタイルの素地となるもの

 

f:id:globalcat:20181227111400j:plain

画像:photoACクリエイター:ei-miさん

生き方や在り方、人生観や価値観。

 

ライフスタイルの素地となるものは、

 

〇育ってきた環境

〇出会ってきたものや人たち

〇経験

 

ではないかと思います。

 

これらを通じて、自分が思い描く理想のイメージを明確に、もしくは漠然に心に抱き、

 

そして、そこに向かって自分を近づけていく行動こそが、

 

『自身の花(ライフ)づくり』の営みになるのかなと、思います。

 

自身のライフスタイルの振返り

 

f:id:globalcat:20181227111455j:plain

画像:photoACクリエイター:potecoさん 

 

今現在の自身の嗜好を客観的に見つめて、

 

今後、自分はどんなライフスタイルを目指していくのかを考えてみたいと思います。

 

1. 身につけるもの

 

身につけるものと言えば、

 

〇衣類

〇ジュエリー

〇小物

〇靴

〇メイク

〇香水

 

あたりでしょうか。

 

わたしは、正直なところ、お洒落にうとく、

 

お買い物という行為も、あまり好きではありませんし、得意でもありません。

 

できることなら、1度手にしたものを、ずっと使い続けたいと思ってしまうタイプ。

 

なるべく心にも体にもしっくりくるものを1つだけ見つけたいです。

 

でも、なかなか、そういったベストフィットなものに出会えないのが悩みの種。

 

わたしは、超がつくほどコンサバティブな嗜好の持ち主です。

 

〇シンプルなデザイン

〇シンプルな色使い

〇シンプルな素材

 

が好きです。

 

柄物は、派手な色使い、ごてごてした装飾も苦手です。

 

選ぶ色は、黒、白、グレー、ベージュ、茶が基本です。

 

質感が良く、着心地が良く、品があり、シルエットが美しいものが好きです。

 

一つでも、好みのブランドを選べればと思ってはいるものの、

 

なかなか出会えずにいます。

 

ちょっとしたカットの具合、長さ、質感、デザインで、

 

『あぁ、残念』ということが多いのです。

 

今のところ、良さそうと思っているブランドは、

 

〇BURBERRY

〇MACKINTOSH LONDON

〇POLO RALPH LAUREN

 

この3つぐらいです。

 

理由は、デザインがシンプルで美しいから。

 

それも、ブランドメーカー品というのが、なるべくわからないデザイン。

 

ブランドカラーやロゴが目立つものはなるべく避けたい。

 

ジュエリーでは、TIFFANYだけ。

 

なぜ?と聞かれると、おそらく、『定番中の定番』だからです。

 

シルバーのオープンハートをひとつ持っています。

 

お手入れをしつつ、シルバーの柔らかな質感、

 

そしてコロンとした丸みのあるハートが好きです。

 

何のブランドでも良いと言えば良いのですが、

 

なかなか『これだ!』と思えるブランドに出会えていない自分がいます。

 

自分にしっくりくるブランドメーカーを自ら探せばよいのでしょうけど・・・

 

でも、田舎暮らしということもあり、多くのお店に出向く機会もないのが現状です。

 

『あなたがお探しのものをお持ちしました。』と素敵なものを出してくれて、

 

『あぁ、こういうのが欲しかった』とサクッと買えて、

 

my コンシェルジュがいるお店が1つだけあったらいいのに、

 

と思っていまします。

 

これからも、

 

〇ベーシック

〇高品質・長持ち

〇シンプル

〇着心地

〇自分らしさ

 

にこだわって、身の回り品をひとつずつ、揃えていきたいと思います。

 

f:id:globalcat:20181227111702j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさんバッグ

 

次に、メイクについてですが、、、

 

化粧は数年前にやめました。

 

どこに行くにもノーメイク

 

ニベアの色付きリップクリームを塗るぐらいです。

 

やめた理由は、

 

〇常に保湿をしたい

〇汚れが気になる

〇費用と時間のムダ

 

と思ってしまったからです。

 

『化粧ぐらいしなさい』と叱られそうですが、

 

年をとればとるほど、化粧なんてしたくない、と思ってしまう自分がいます。

 

いつもでも、どこでも、

 

同じ顔でいたいし、素顔でいたい、心も顔も。

 

スキンケア化粧品も、高いものは一切使っていません。

 

いま使っているのは、

 

〇牛乳石鹸

〇オリーブオイル

〇ハト麦化粧水

〇マダムジュジュ

 

いずれも1,000円以下ですが、これといって、肌の不具合がなく、また経済的です。

 

牛乳石鹸(6個入)400円、オリーブオイル500mL(エキストラバージン食用)800円、

 

ハト麦化粧水(500mL) 500円、マダムジュジュ (45g) 500円、全部合わせて2,200円です。

 

数ヶ月持つので、とても経済的です。

 

テレビを見ながらオリーブオイルで顔のマッサージをのんびりするのは、

 

結構気持ちが良くストレス解消にもなります。

 

オリーブオイルでマッサージの後に牛乳石鹸でさっぱり洗い流せば、

 

突っ張ることもなく、化粧水をつけなくてもしっとりしています。

 

日常的には、ハト麦化粧水とマダムジュジュでもちもちのお肌になれます。

 

わたしの顔には、それで十分と思っています。

 

f:id:globalcat:20181227111741j:plain

画像:photoACクリエイター:momo105さん

 

最後に香水。

 

以前、アロマセラピストでもあったわたしは、香りにはそれなりに敏感なのです。

 

香水は、あまり得意なほうではないのですが、

 

品のある香りがほのかに漂う人はセクシーだなと思うのです。

 

自分も香りぐらいはセクシーでいたいと思ってつけています。

 

仕事仲間から頂いたCHANELの『チャンス オー タンドゥル』という香りがとても好きで、

 

毎朝ほんのり香る程度につけています。

 

あまりフローラル、フローラルしておらず、柑橘系の清々しい香りです。

 

嗅覚は人間の一番古い感覚機能であり、人の相性や好き嫌いにも大きく左右する感覚です。

 

ロマンチックな感覚機能なのです。

 

自分が好きだなと思う香りを『ほんのり香らせる女性でいたい』です。

 

2. 食するもの

  f:id:globalcat:20181227112419j:plain

画像:photoACクリエイター:ハピネスさん

 

『食べることは、生きること』

 

いつまでも、食欲旺盛で、美味しいものを美味しいと、食べられる自分でいたいです。

 

10代~ 20代の頃は、『美味しければなんでも良い』と思って、

 

いつでも、好きなものを好きなだけ食べていました。

 

俗に言う『ジャンクフード』と呼ばれる食べ物が大好きです。

 

ポテトチップス、カップラーメン、お菓子や菓子パンなど、高カロリーで栄養価が低い食べ物も好んで食べていました。

 

でも、40代になってくると、体にいろいろと変化が現れ、生活習慣病のリスクを心配し始めます。

 

また、以前のように肉や油っぽいものをガッツリ!、なかなか食べられなくもなってきます。

 

食べたものが、血となり肉となり『健康』に跳ね返ってくるので、

 

体が喜ぶ食材を食して、いつまでも強くしなやかな健康体で、元気に生きていたいものです。

 

忙しいと、どうしても楽な方、楽な方に流れてしまいます。

 

コンビニやスーパーのお惣菜で済ませるのは簡単です。

 

また、それなりに美味しかったりもします。

 

でも、毎日の大半が出来合いものとなると、やはり体には負担がかかります。

 

コンビニ弁当などは、お腹は一杯になっても、不思議なことに、なぜか心が満たされません。

 

また、コンビニでついつい買ってしまうのが缶ビールや缶酎ハイ。

 

特別飲みたいわけじゃないのに、ついつい習慣で買って飲むようになってしまいます。

 

旬な食物を取り入れて、お味噌汁など簡単調理でも良いので、自分で作って食べるようにしたいです。

 

また、お酒も本当に飲みたい時に、

 

美味しいお酒を大切な人と一緒に楽しく歓談しながらいただきたいものです。

 

普段の食生活は質素倹約な食卓で、

 

時々、外食をして贅沢に好きなものを美酒と共に食する

 

というメリハリ生活が理想的です。

 

3. 住まう空間

 

f:id:globalcat:20181227112643j:plain

 

わたしはずっとアパート暮らしです。

 

それも賃貸^^

 

10年前に帰国してから、ずっと同じ住処です。

 

普通のアパートですが、

 

〇とても静か

〇とても平和

〇広めの間取り

〇ベランダも広い

〇開放的な立地

 

と、とても住みやすい環境なのです。

 

ずっとこの先も、住み続けたい住処です。

 

田舎なので、家賃も安いですし、何よりベランダの目の前に遮るものがなにもなく

 

朝日、夕焼け、星空、満月など、自然を楽しめる住宅環境です。

 

狭過ぎず、広過ぎず、田舎過ぎず、都会過ぎず、

 

低層2階建てなので災害時もすぐに逃げられます。

 

わたしにはピッタリな住まいなのです。

 

マンションや戸建てを買って所有したいという気持ちは、まったくと言っていいほどないです。

 

所有するということは、管理をするということ。

 

地域のしがらみに縛られるのも好きではないので、賃貸アパート暮らしが性に合っています。

 

なので、これからも、いつまでも、今の住処にできる限り居たいわたしなのです。

 

4. 物との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227112845j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん

 

『身につけるもの』と同じで、わたしは物をめったに買いません。

 

海外出張に行き始めのころは、物珍しさに、お土産品をいろいろ買ってしまいました。

 

でも、今は自分に買ってくるものとしては、

 

〇マグネット

〇絵葉書

〇Tシャツ

 

ぐらい。

 

よっぽど、一目ぼれしたものでなければ、買わないようにしています。

 

使えるものを捨ててしまう、ごみを増やしてしまうことに大きな抵抗感があります。

 

捨てることもできず、そして自宅に物を増やしたくないので、

 

不要なものは買わないようにしています。

 

プレゼントやお土産も、なるべく消耗品や食べ物などを頂くようにしています。

 

身につけるものも、それぞれ1つか2つで良いと思っています。

 

それでいて、物を増やしたくないという気持ちが強いわたし。

 

ショッピングをする機会も少なく、お金を使う機会も少ないです(;^ω^)

 

そのかわり、欲しいものは高くても買うので、倹約家にもなれず・・・。

 

心地良いものを少しだけ持ちながら、毎日大事に使いながら、生活したいです。

 

5. 仕事との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113000j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん足

 

わたしの人生にとって、仕事は、自分の価値を見出せる活動です。

 

仕事を通じて、多くのことを学び、そして楽しみを見出し、成長できます。

 

仕事を通じて、友人をつくり、仲間をつくり、

 

社会的な存在価値を見出していけます。

 

だから、わたしは仕事にはこだわりたいです。

 

そして、国際社会に価値のあるものを創造し、提供できる自分でありたいと強く願います。

 

生涯を通じて何を成し遂げられるのか、まだわたしにはわかりません。

 

でも、何かひとつぐらい、『お役に立ててよかった』と思える大業を成し遂げたいです。

 

仕事に重きを置いてしまいがちなわたしは、ついつい頑張り過ぎて、無理をしがちです。

 

誰にやれと言われることもないのに、自ら自分を追い込んでしまうところがあります。

 

もう少し周りを見渡しながら、ハーモニーを奏でながら仕事を進められるようになりたいです。

 

自分一人の力は、たかが知れてます。

 

チームで仕事ができるようにならないと、大きな仕事は成し遂げられないと思っています。

 

6. お金との向き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113040j:plain

画像:photoACクリエイター:photoBさん時間とお金

 

お金は、良く使えば良縁を生み、繁栄をもたらすことができます。

 

お金は、悪く使えば人の邪悪な心を生み、破滅に追い込みます

 

お金との付き合い方も、人生を豊かに生きるには大事なことですね。

 

お金は天下のまわりもの。

 

あまり執着しないほうが身のため、と思って生きています。

 

そもそも、物欲がないわたしは、あまりお金を使うこともないのですが、やはり『備えあれば憂いなし』です。

 

いざという時に、自分の身を守れるように貯蓄は大事と思っています。

 

ただ、貯金ばかりしていても、つまらないので、

 

〇大切な人と時間に

〇自分の健康や癒しに

〇自分の教養と経験に

 

惜しみなく使うようにしています。

 

わたしにとって、時間は一番大事な資源。

 

時間を有意義に過ごすために必要なお金は、惜しみなく使うようにしています。

 

7. 社会との付き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113207j:plain

画像:photoACクリエイター:RRiceさん

 

わたしは、あまり人付き合いが得意なほうではなく、また好きなほうでもありません。

 

営業職なので、社交的と思われがちですが、あまり社交の場が得意ではないのです。

 

人と触れ合うのは好きですが、社交の場は好きではありません。

 

猫ちゃんと一緒かも(^-^; 

 

時々、遊んでもらえたら嬉しいタイプです。

 

例えば、友人関係にしても、1 vs 1の時間の過ごし方なら、心地が良いのです。

 

多くても3人ぐらいまで。

 

相手を大切に想い、のんびり語り合うのは好きです。

 

でも基本的にひとりの時間が好きなので、あまり多くの友人がいても大変です。

 

ましては大人数の飲み会やパーティーなどもってのほかで、疲れるだけで、楽しめないのです。

 

わたしは『不器用&超まじめ』なので、多くの人の人生に関わるのが負担なのです。

 

疲れちゃうんですよね。

 

f:id:globalcat:20181227114531j:plain

画像:photoACクリエイター:ノアノアさん

 

SNSも唯一Facebookのみ関与していますが、

 

『この人とはつながっていけるかも』と思える人とだけつながっています。

 

時の経過とともに、人付き合いの内容も変わってきます。

 

関わり合いがなくなった友人からは、フェードアウトするようにしています。

 

人との付き合いは、その時々、自分のステージで必要な人とだけ、つながっていけば良いかなと、わたしは考えています。

 

『薄情な人』と思われているかもしれません(^-^;

 

でも、多くの人たちと関わることを、心地良く思えないタイプなので仕方がありません。

 

親友と呼べる人でさえも、普段はめったに連絡しません。

 

何か重要な相談などがある時に、連絡をするぐらいです。

 

他の友人とは、機会があれば『ちょっと会おうか』というぐらいで、定期的にお会いする人たちはいません。

 

そして、『ちょっと会おうか』という機会が永遠に巡ってこなそうな人たちとは疎遠になっていきます。

 

わたしは人付き合いに、あまり努力を注げるタイプではないのです。

 

やっと自分なりに、その事実受け入れられるようになってきました。

 

家族とも、友人とも、社会ともお付合いは『ほどほどに』させて頂くほうが、心地良いのです。

 

8. 体との付き合い方

 

f:id:globalcat:20181227113451j:plain

 

自分の体は、自分が大事にするしかありません。

 

40代半ばになると、いろんなところがガタついてきます。

 

メンテナンスが必要になり、また、強化していく必要も出てきます。

 

体は、先天性のものを除き『習慣』で作られます。

 

〇食べる

〇寝る

〇動く

〇鍛える

〇考える

 

全てが自身の選択になりますが、

 

習慣は味方につければ強い武器になりますが、

 

敵に回すと厄介です。

 

悪習慣は、病をもたらします。

 

難しいのがストレス。

 

精神的なストレスは、捉え方次第でいかようにもコントロールできるものですが、

 

なかなか容易なことではありません。

 

海外にあちこち回っていると、『どこでも生きていける、図太い神経を持っているんだろう』と思われがち。

 

でも、わたしは神経質ですし、外的環境に弱いところがあります。

 

打たれ弱いですし、すぐお腹を壊してしまいます。

 

ものごとの考え方、捉え方を学んでいかないと強くはなれません。

 

わたしの来年の抱負は、『胃腸を鍛えること』です。

 

特に『腸』です。

 

腸は、免疫機構に大きな影響力を持ちます。

 

腸内環境が悪化すると、免疫力は低下し、病気にかかりやすくなります。

 

なので、まずは腸を鍛え、同時に精神も鍛えます。

 

強くしなやかな、逞しい自分でいたいです。

 

無理をせず、怠惰にもならず、

 

ものごとの考え方・捉え方を学び、

 

心身共に強くなる努力をします。

 

9. 大切にしたいこと

 

f:id:globalcat:20181227113337j:plain

画像:photoACクリエイター:TicTacさん

 

大切にしたいこと、まずは『自分』です。

 

自分を大切にして、

 

それから周りを大切にして、

 

社会に貢献できる自分になりたい。

 

社会とは、会社の人、友達、家族、地域の人、日本の社会、国際社会、いろいろな形や範囲があります。

 

自分の精神が未熟なので、社会貢献に至っていません。

 

まずは小さなところからはじめて、大きなことを成し遂げられる自分になりたいです。

 

基本的なところで、

 

〇自分を大切に

〇人には親切に

〇環境を大切に

 

この3つです。

 

10. 立ち振る舞い

 

f:id:globalcat:20181227113707j:plain

画像:PhotoACクリエイター:acworksさん女性

 

今後、わたし自身が学んで改善していかなければならないこと、

 

それは、立ち振る舞い『所作』です。

 

〇人への接し方

〇ものの言い方 

〇立ち振る舞い

 

特に、人との関わる際の『所作』です。

 

わたしは、

 

〇自分勝手過ぎる

〇自分中心過ぎる

〇主張が強すぎる

 

ところがあり、無礼な態度をとることも少なくありません。

 

特に、ものごとが上手くいかない時に、品性を保てず、怒ってしまう自分がいます。

 

多少なりとも、わたしのまわりの皆様にご迷惑をかけていることは否めません。

 

今の自分は、自分が理想とする人物像から大きくかけ離れたところにいます。

 

徳を積み、徳のある人になりたいです。

 

徳のある人とは、『精神的・道徳的に優れた品性・人格を持ち合わせた人』のことです。

 

自由な心で生きることと、自分勝手に生きることは、似て非なるもの。

 

徳を積むには、徳のある人から学ぶのが一番かと思いますが、

 

歴史上の人物から学ぶのも良いかもしれませんね。

 

わたしは、人の気持ちよりも、自分の主張を優先するところがあります。

 

その人の気持ちを汲みつつ、自己主張できるようになりたいです。。

 

個性を失わずに1アップできるように、来年も頑張りたいと思います。

 

2018年を振り返って

 

f:id:globalcat:20181227114249j:plain

画像:photoACクリエイター:チョコラテさん光

 

みなさんにとって、2018年はどんなお年でしたか?

 

わたしは、たくさんの国に出かけて行って、

 

たくさん仕事をして、たくさん遊んだ一年でした。

 

また、自分の不甲斐なさに反省し、自分らしさを失わずに、人格を磨いていきたいと、 

感じた年でもありました。

 

それから、何より健康第一!とも思った年でもありました。

 

反省は毎日で、進んでいるようで、停滞しているようで、、、。後退してなきゃ良しとしよう。

 

いろいろな想いを胸に抱きながら、来年もまた、まわりに感謝を忘れずに、精一杯生きたいと思える年でした。

 

それでは、みなさまhave a nice day

 

そして、良いお年をお迎えください♪

 

byちびまる

フッターの欄