空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

ミラノの大聖堂(ドゥオモ)内観はツアーが断然おすすめ(事前予約なしは長蛇の列を覚悟!)

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20191115123942j:plain

 

一見の価値ありミラノ大聖堂(ドゥオモ)

 

約00年かけて建てられたミラノの大聖堂。

 

一見の価値ありです。

 

これまで、多くの国を旅し(出張ですが)、たくさんの教会や大聖堂をみてきたけれど、ミラノの大聖堂(ドゥオモ)は、他のどれとも桁違いの荘厳さで、外観を目にした瞬間、心が震えました。

 

ドイツのケルン大聖堂も、花の都フィレンツエのドゥオモも、とても素敵で感動したのですが、わたしにとって、ミラノの大聖堂はNo.1です。

 

何がNo.1かというと、外観も内観も、そのスケールの大きさと膨大な数の繊細な彫刻の数々がミラノ大聖堂の気迫というか、狂気じみた執念さえ感じる芸術へのこだわりに度肝を抜かれたからです。

 

おしゃれなファッショの街ミラノは、大都会で、どちらかというと商業的な印象があったので、特別な思い入れはなかったのですが、ドゥオモに心を動かされ、再び訪れたい街のひとつとなりました。

 

一大観光地ミラノは混雑は免れず

f:id:globalcat:20191114123323j:plain

 

ミラノに限らず、イタリアの有名な観光都市は、どこもかしこも、人、人、人!!!で、観光客でごったがえしており、特に、ミラノ大聖堂など『一生のうち一度は観ておきたい』と思うような建造物への入館は、なかなか難儀で長蛇の列を覚悟したほうが良いです。

 

わたしは、フィレンツエの大聖堂の内観チケットを取るのに、大変な思いをしたので、なんとなく想像はしていたのですが、チケット売り場は、外まで大行列でした。

 

ミラノ大聖堂はツアーがおすすめ

 

f:id:globalcat:20191114124358p:plain

 

Get your Guideというオプショナルツアーの予約サイトが便利です。

 

www.getyourguide.jp

 

大聖堂の内観やテラス入場チケットだけを買うこともできますが、大聖堂への入場も、テラスへ登るためのエレベータも、どこもかしこも長蛇の列ですが、ツアーであれば、ガイドさんが顔パスで優先的に一般枠とは別枠で、サクッと入場させてくれます。

 

1日しか時間がなかったわたしは、時間をお金で買うことを選び、90分のガイド付き―ツアー(英語)に参加し、ドゥオモの歴史や裏話など、いろんな話を聞きながら、大聖堂の全貌を90分で堪能しました。

 

入場チケットとツアーは1,000円弱ぐらいしか違わないので、時短のためにもツアーのほうが断然お得です。

 

Get Your Guideのアプリをスマホでダウンロードしておけば、チケットもスマホで完結しますのでとても便利でラクチンです。

 

大聖堂ツアーの集合場所

 

Get Your Guideでチケットを購入すると、集合場所の地図も表示されますが、はじめての場所だとなかなかわかりずらいものです。

 

集合場所は、ミラノの大聖堂正面を見たときに、大聖堂の右手に道を挟んで、チケット売り場があります。

 

そのチケット売り場には、長蛇の列がありますが、その列をすっ飛ばして奥に進むとカウンターが突き当りにありますので、そこでツアーに参加するとスマホのチケットを見せると手続きがなされ、イヤホンを渡され、あとはガイドさんを入り口で待つだけです。

 

ミラノ大聖堂ツアーの注意点

 

顔写真付きのIDを受付に預ける必要があるので、パスポートの持参をお忘れなく!

  

ミラノ大聖堂を内観する

 

f:id:globalcat:20191115121537j:plain

 

ミラノ大聖堂の中は、巨大な大理石の石柱や細かい彫刻芸術がいたるところにあり、入った瞬間、度肝を抜かれる内装です。

 

f:id:globalcat:20191115121321j:plain

 

ステンドグラスもたくさんあり、ひとつひとつのアートワークにストーリーがあるのだろうと思いながらながら眺めていると、

 

f:id:globalcat:20191115123659j:plain

 

ずーーーっと上を見っぱなしで首が痛くなるほど見とれてしまいます。

 

f:id:globalcat:20191115121831j:plain

 

ステンドグラスから差し込む自然光で大聖堂の内部は、薄暗い中にも穏やかな明るさがあります。

 

f:id:globalcat:20191115123041j:plain

 

大聖堂の中は、こんな↑感じでごった返していますが、ガイドさんが、内部の各デザインの説明をしながら、『こっちよ』とイヤホンを通じて、ナビゲートしてくれるので、グループからはぐれることはありません。

 

f:id:globalcat:20191115123233j:plain

 

こちら↑聖バルトロマイの皮剥ぎ像

 

皮をはがされた人間の筋肉と骨格を見事に彫刻で表現しており、その精密さ・緻密なデザインに感動しました。

 

f:id:globalcat:20191115123553j:plain

 

こちら、もう少しズーム↑

 

隆々した筋肉や筋、そして曲線美が素晴らしかったです。

 

f:id:globalcat:20191115123749j:plain


↑こちら大聖堂の地価にあり、昔、昔、大浴場として使われていた遺跡です。

 

f:id:globalcat:20191115123908j:plain

 

原型がどんなだったか、見取り図もあります。

 

f:id:globalcat:20191115124027j:plain

 

こんなキラキラの石も☆彡

 

ミラノ大聖堂に登る(テラス)

 

f:id:globalcat:20191115124146j:plain

 

ツアーの目玉としては、ミラノ大聖堂のてっぺん(テラス)に登ることです。

 

ミラノ大聖堂を遠くから全体像を見ているだけでは、大聖堂の一つ一つの彫刻の緻密さがあまりよく見えませんが、テラスを上る途中に、数多くの彫像と尖塔を間近でみることができ、なかなか経験できないことを体験できました。

 

f:id:globalcat:20191115124538j:plain

 

ミラノ大聖堂に登るには、エレベーターを利用するのですが、これがまた長蛇の列!!!

 

内観が終わった後に一旦外に出て、大聖堂の裏側にあるエレベーター乗り場に向かいます。

 

ツアーの良いところは、個人の列をすっ飛ばして、別枠入場ができ、ささっとエレベーターに乗車し、大聖堂に登ることができるところです。

 

f:id:globalcat:20191115124730j:plain

 

ひとつひとつの彫刻があまりに繊細で、感動しっぱなし。

 

お天気も良く、ピーカンの青空、そして飛行機雲に大聖堂。

 

最高の景色でした。

 

f:id:globalcat:20191115124916j:plain



どこもかしこも、彫刻だらけ。

 

f:id:globalcat:20191115124947j:plain

 

大聖堂に登りながら、ミラノも街を望むこともできます。

 

f:id:globalcat:20191115125032j:plain

 

エレベーターを降りてから、徒歩で少しずつてっぺんに向かって登っていくのですが、あまりの美しさにため息がでるほどです。

 

f:id:globalcat:20191115125139j:plain

 

こちら一番のてっぺんからのショットです。

 

f:id:globalcat:20191115125211j:plain

 

金ピカのマリア様がてっぺんに。

 

どんなお気持ちで、毎日ミラノの街を眺めているのでしょう。

 

いかがでしたかミラノ大聖堂。

 

ぜひ、一度ミラノを訪れてみてくださいね♪

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

フッターの欄