空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

リスボン名物トラムは常に長蛇の列!

スポンサーリンク

広告

リスボンは、とにかく心臓破りな坂道ばかりの街ですので、トラムやバス、地下鉄など公共交通機関を利用しないと、無駄に疲労困憊します。

DSCF6483.jpg
このような急斜面の階段ばかりです。

DSCF6493.jpg
こんなようなトラムに乗るんですが、、まず、時間通りにはきません

DSCF6862.jpg
また、市内中心地からAlfamaという旧市街をまわるトラム28番は人気で、ものすごい行列です。

トラムの席が少ないので、立ち乗りしたくない人はそのまま待ってしまうので、なかなか列が前に進まない、という問題があり、わたしは1時間待ちでした。

ようやくトラムに乗り込み、席を確保するものの、後から乗り込んできたおばあちゃんに「どけどけ!」と言われて、無理やり席を譲らされます^^;

リスボンのおばあちゃんたちは、たくましいのです。

また、この古いトラムにみんな乗りたがるんですが、たまに新しい普通の何の変哲もないエアコンがきいたトラムもやってきます。

そちらのほうが車両も長いし、エアコン効いてるし、快適ですが、乗っていても風情はありません。

ちなみに、市街地のBaixa もしくはChiado地区から、Alfama地区まで徒歩でも街歩きはできます。

でも、大変な坂道ばかりなので、一度、サン・ジョルジェ城やグラサ展望台あたりまでタクシーで行って(5€ぐらいです)、そこから下り坂を降りて歩いて街を散策すると効率が良いかと思います。
DSCF6274.jpg

リスボンの街は小さな路地が入り組んでいて、方向音痴な私は、どこにいってもさっぱりわからず、すぐ迷子でしたが、坂を下ればテージョ川に出れるので、道に迷っても困ることはありませんでした。

DSCF6893.jpg
Alfama地区の落書きです。Alfamaでは、リスボン住民の生活感を垣間見れます。

フッターの欄