空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

リスボンで、まさかの場所間違い。強引に相乗りお願いし目的地へ向かう

スポンサーリンク

広告

DSCF6332.jpg

リスボンには仕事できています。

わたしの仕事は海外市場での事業開拓なので、海外での学会展示が主です。

それで、、、Lisbon Congress Center が、学会会場だと思い込んでましたが、

なんと、リスボンには学会会場が2つあった!!!

それも、おもいっきり、反対方向の場所に

完全に間違えて、反対方向にタクシー飛ばすこと20分

ちなみに、タクシードライバーは、ほとんど英語がわかりません

着いたよ! みたいな感じのポルトガル語で話かけられ、オブリガード(ありがとう)と言ってタクシーを降りましたが、様子がおかしい。。。

ひとっこ一人おらず、大規模な学会風なサインも1個もない汗

まずは建物の中になんとか入ってみると、セキュリティらしき人がいたので、聞いてみると、

「ここは、Lisbon Congress Centerだよね?」と。

「うん、そうだよ」というのですが、

「EASD (欧州糖尿病学会)は、この会場だよね?」と聞いてみると、

「ううん、違うよ、それは、ここだよ。」と地図をだし、まるをつけられたところが、

FIL – CENTRO DE EXPOSIÇÕES E CONGRESSOS DE LISBOA というところで、完全に真逆で、えらい遠い!

Oh My God!

完全に、間違えた場所に到着してしまいました。

一瞬途方にくれましたが、ドイツからやってくる代理店のプロダクトマネジャーとの待ち合わせが9時半で、その時すでに9時半!!!

タクシーは一台も止まってないし、車がびゅんびゅん走っているような、だだっぴろいところだし、どーしよーっと一瞬焦りましたが、、、そこに一台のタクシーがゆっくり走ってきたので、思わず、タクシーの前に出て、止めちゃいました

窓をノックしたところ、窓を開けてくれたので、ダウンタウンに行きたいの、乗っけてくれる?急いでるの何とかお願い!!!」と聞いたところ、ポルトガル語で返ってきましたが、幸い後ろに乗ってた若い男性の乗客が英語が話せたので、交渉したところ、「同じ方向だからいいよ、乗って!」と言ってくれ、なんとか相乗りし、スタート地点へ戻りました。

成せばなる、そう思いました。

タクシードライバーは、英語がまったくわからなかったけど、すごくいい人、というのは、雰囲気でわかりました。

車中、その乗客といろいろ話をして、彼はelite fashionで仕事をしていて、リスボンにきて6年目とのこと。

その人も、とてもいい人で、ダウンタウンまで戻る費用は彼が出してくれて、わたしは、ダウンタウンから再スタートで逆方向へ。

タクシードライバーと二人きりの車中、わたしは英語、彼はポルトガル語、ぜんぜん通じませんでしたが、最後に、「オブリガーダ(ありがとう)」と伝え、気持ちとしてチップをお渡ししました。

まさかのハプニングで焦りましたが、なんとかなるものです。

これも、解決した今となっては良い思い出です。

なんとか代理店とも連絡がつき、無事に合流できました^^

海外では、こういった、ハプニングが起こりますが、毎日がトラブルシューティングの海外生活が長かったおかげで、なんとかする術が身につきました^^

終わりよければすべてよし!!

フッターの欄