空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

2018年 リスボンお土産おすすめ【10選】

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180512093335j:plain

 

1. 栓抜きマグネット


リスボンには、かわいらしい小物のお土産がたくさんあって、目移りしてしまいます。

 

マグネットも豊富で、2~4€ぐらいで手にはいるので手頃なお土産です。

 

マグネットは、ポルトガルの代表的なタイルアート、アズレージョのマグネットや、リスボンを象徴する黄色のチンチン電車(トラム)のアート、そして、名産のイワシのアート、コルクのアートなど、色鮮やかにえがかれたアートなど種類がたくさんあります。

 

今回、わたしが一目惚れしたのは、こちらの3点。

 

特に、栓抜きマグネットは、冷蔵庫につけておけば、ビールの瓶を開けるのに便利^^

 

2. コットン100%Tシャツ

 

f:id:globalcat:20180512093427j:plain

 

こちらは、100%コットンですが、なんと4枚(1枚はお友達にあげちゃいました)買えば1枚10€(もともと30€)になるというBig Discount!!

 

肌触りもよくて、着心地も抜群です。

 

昨年も同じTシャツショップでリスボンのトラムTシャツを1枚購入したのですが、デザインがかわいくて、気に入って着ています。

 

店員さんも、とてもフレンドリーで「リスボンが大好きなの。」と話をすると、「あら、だったら住んじゃえばいいじゃない?」と、あっけらかんとオファーされるんですが、そういうわけにもいかず^^;

 

f:id:globalcat:20180512114920j:plain

 

下記のお店です。

T-shirts And All

Praça D. Pedro IV, 85
1100-001 Lisbon
Portugal

https://www.yelp.com/biz/t-shirts-and-all-lisboa-4

 

ロシオ駅の目の前の広場を渡ったところにあります。

 

f:id:globalcat:20180512115217j:plain

 

この塔が目印。

 

写真向かって左手です。

 

3. A Carioca (アカリオカ)コーヒーとチョコレート

 

f:id:globalcat:20180512115433j:plain

 

前回のリスボン出張で入手したA Carioca(アカリオカ)のコーヒー。

 

香りがとても良くて、マイルドな飲み心地。

 

社長へのお土産としても絶賛されたので、今回は爆買いしました^^;

 

前回と同じ、Late Presidenteと、今回初めてのチャレンジLate Tavaves をそれぞれ5つ、合計10袋 (250g each)。

f:id:globalcat:20180512120613j:plain

アフリカンコーヒーと、アラビアンコーヒーのブレンドです。

 

f:id:globalcat:20180512120550j:plain

 

豆でも買えるし、フィルターで飲むよう粉で買いたければ、その場で挽いてくれます。

 

250g で3€ぐらいなので、10袋で30€ぐらい。

 

お得です^^

 

スーツケースの中がコーヒー豆の香ばしい香りで包まれました。

 

チョコレートも絶品です。

 

カカオがたくさん入っているチョコなので、甘さも控えめ。

 

店主は英語できませんが、女性の店員が英語話せます。

 

店主しかお店にいない時もありますが、ジェスチャーで、だいたい通じ合えます。

 

A CARIOCAは、Rossio (ロシオ駅)から、青ラインの地下鉄でCasis do Sodre駅行きで1駅目、Bixa-Chiado (バイシャシアード)駅降りて、Rua Garrett通りをPraca Luis de Camoes (カモンイス広場)まで降りてきて、Rua da Misericordia 通りを右に曲がってすぐ、通り沿い左手にあります。

 

f:id:globalcat:20180512120515j:plain

 

A CARIOCA

Rua da Misericórdia 9,
1200-270 Lisboa

A Carioca - Lojas Com História

 

 4. リスボンアートのエコバック

 

f:id:globalcat:20180512121354j:plain

 

出張先でも便利なエコバック。

 

各都市のエコバックは、普段使いもできて、思い出の品にもなります。

 

こちらは、通りがかりのお土産屋で見つけたエコバック3種。

 

1つ5€だったけど、「3つ買うから、おまけして」と言ったら1€まけてくれました。

 

トラムとイワシのアート^^

 

かわいらしいアートで気に入っています。

 

5. コルクのポシェット

 

f:id:globalcat:20180512121646j:plain

 

長財布が入るポシェットショルダーバッグを探していて、ちょうど良いのが見つかりました。

 

コルク製でめっちゃ軽いです。

 

お値段は20€ぐらい

 

f:id:globalcat:20180512121839j:plain

 

こんな感じで、長財布も小銭入れも、車の鍵もすっぽり入ります。

 

f:id:globalcat:20180512121909j:plain

 

後ろにポケットもあるので、カード式の自宅の鍵や、スポーツジムのカードなど、いつも入れているカードが入るのでありがたい。

 

こちらは、以前の出張でも訪れた、コルク製品のお店で買いました。

 

f:id:globalcat:20180512122415j:plain

 

Malas pastas Carteiras

Rua do Amparo, 2a 2b 1100-026 Lisboa

 

f:id:globalcat:20180512115217j:plain


こちらのお店はロシオ駅目の前の広場を渡って、写真向かって左手の2つの茶色の建物の間の道をいってすぐ左手です。

 

6. 道端にいる画家のリスボンアート

 

f:id:globalcat:20180512122557j:plain

 

ポストカードは、そこらへんのお土産屋さんに行けば、いくらでも買えますが、道端で描いている画家の絵は、唯一無二のアートで、良い思い出になります。

 

こちらのアートは、Alfama (アルファマ)地区のMiradouro de Santa Luzia (サンタ・ルジア)展望台で買いました。

 

f:id:globalcat:20180512122940j:plain

 

奥のほうで、熱心に絵を描いているお兄さんの作品です。

 

お隣にも、他の画家がいたのですが、こちらのお兄さんの絵のタッチのほうが、繊細というか、素敵だったので、4枚の絵を買いました。

 

全部で20€です。

 

f:id:globalcat:20180512123151j:plain

 

こちらの絵は、2€まけていただきました。

 

同僚のお友達に残り2枚はお土産にあげました。

 

ちなみに、こちらの画家さん、商売っ気がなくて、「買いたいんだけど」と言うと、絵を描いているところを邪魔されたかのような感じで、「早く絵をかきたい」というのが体からにじみ出ていて、2€のおつりがなかったようで、「あと1枚買ってくれたら20€でいいよ」というので、上記の1枚を自分用に買いました。

 

良い思い出になりました。

 

7. ロゼのポートワイン

f:id:globalcat:20180512123731j:plain

 

こちらは、目指していかなきゃ、なかなか見つけられないお店で買ったポートワインです。

 

f:id:globalcat:20180512124021j:plain

 

こちらは、看板がわかりずらいので、まさかこのドアの奥にラウンジが広がっていて、格安でポートワインをテイスティングできるお店とはなかなか、店構えからはわかりません。

 

Rossio駅のすぐ隣の地下鉄Restauradore (レスタウラドーレス)のすぐそばに、グロリア線というケーブルカーがあります。

 

そのケーブルカーで、ものすごく急な坂道をあがると、すぐ目の前にポートワインのお店があります。

 

ちなみに、このケーブルカーは時々故障します。

 

故障したら、待てども、待てども、来ません。

 

そんな時は、ちょっとしんどいですが、徒歩で心臓破りの上り坂を登ります。

 

徒歩5分ぐらいでてっぺんへ到着しますのでご安心を。

 

ちなみに、このポートワイン屋、Institudo Dos Vinhos Do Douro E Port, IP というのですが、お店のおじさんたちは、まったくフレンドリーではありません。

 

格安(1,90 €)ぐらいからテイステイングできるのですが、テイステイングにしては、結構な量がでます。

 

お店のおじさんたちは、「コイツら、ワイン買ってくるんか!?」という顔で、じーっと、いかつい顔してテイステイングをしている客たちを眺めています。

 

みんな気にせず、テイスティングと言いながら、ほぼ飲みに来ている感じです。

 

おじさんたちのいかつい顔と、ホスピタリティにめっちゃかける接客ですが、おそらく悪気はありませんので、その辺りを気にせずにいられるなら、おすすめの場所です。

 

わたしが買ったのは、Caves Sta Marta Rose というポートワインで9.80€です。

 

8. イワシの缶詰

 

f:id:globalcat:20180512124917j:plain

 

ロシオ駅のすぐ近くに、まるで遊園地?という装飾のイワシの缶詰専門店があります。

 

年代別(中身は一緒でしょうが)の缶カラに入ったいわし。

 

思わず、自分が生まれた年の菅詰めを買いたくなります。

 

わたしは、それほどイワシが好きではないので買いませんでしたが、わたしの同僚が家族の生まれた年をそれぞれ買っていって、レジでお姉さんに「2018年にリスボンを訪れたのだから、2018年の缶詰も良い記念になるわよ!」と勧められ、それも購入^^

 

f:id:globalcat:20180512125154j:plain

 

年代別にカラフルなイワシの感が並べられている店内は、その場にいるだけで楽しい空間です。

 

9. コルクのコースター

 

f:id:globalcat:20180512125753j:plain

 

こちらは、通りすがりのお土産屋さんで買った、コルクとタイルのコースターです。

 

トラムの絵も可愛かったので1つ買いました。

 

会社のデスクで使おうかと思ってます。

 

厚みがあるのでどっしりしていて、コルクの素材なので滑らないし、デスクに黄色のトラムの絵があると、なんとなくほっこり和むので良いかなぁ~と思っています。

 

10. 小さなメモ帳

 

f:id:globalcat:20180512130436j:plain

 

 こちらは、わたしがリスボンで一番好きな場所、Igreja Mosteiro de Sao Vicente de Fora (サン・ヴィンセンテ・デ・フォーラ修道院)で購入したメモ帳です。

 

1つ確か3.5€ぐらいだったと思います。

 

f:id:globalcat:20180512130803j:plain

 

修道院の屋上からの眺めです。

 

こちらは、わたしが、訪れた観光地の中でNo.1です。

 

なぜかいつも空いていて、修道院の中ですれ違う観光客は、数えるぐらいです。

 

アズレージョ壁画も素晴らしく、心穏やかに時間を過ごせる素敵な空間です。

 

では、みなさま、have a nice day!

 

by ちびまる

 

フッターの欄