空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

リスボンの治安について 女子ひとり旅でも安心

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180514061604j:plain

 

リスボンは安全な街なの?

 

結論から言うと、安全です。

 

わたしの肌で感じたフィーリングでの結論ですが、わたしは基本的にとても心配性なので、心配性のわたしが「安全」というのだから、安全なほうだと思います。

 

とは言え、人種が雑多な街であることは間違いなく、リスボンにいる人が、みんな良い人な訳がなく、悪い人がいることも、忘れちゃいけないです。

 

スリに気をつけて

 

リスボンでは、スリとぼったくりにさえ気をつければ大丈夫です。

 

スリに合わないためには、お財布やパスポートなど大事なものは、

 

〇必ず体の前に(バックパックのポケットはダメ)

〇ショルダーバッグで斜め掛け

〇腰に巻くタイプのバッグ

〇チャックは体側(表向きにしない)

〇丈夫な素材のバッグ

〇ジャケットの内側ポケット

 

にて持っていること。

 

これが大事です。

 

間違っても、ズボンの後ろポケットや、ハンドバッグ(肩掛けのトートバック)、背中に背負うバックパックのポケットなど、自分の目が届かない場所には入れないことです。

 

わたしは、日本円とパスポートは、ホテルの部屋のセキュリティボックスに入れてしまいます。

 

リスボンでは、USAとは異なり、アルコールをレストランで頂く際に、パスポートの提示は不要なので、パスポートを持って出歩く必要性はありません。

 

ぼったくりに気をつけて

 

よく聞く話が、空港到着ロビーを出たところのタクシースタンドは危険という話しです。

 

わたしは過去2回、タクシーからダウンタウンまでの移動をタクシーは利用していませんので、本当のところはわからないですが、経験者の記事を読む限り、リスボンに到着したばかりの観光客を狙ったタクシーが多いようです。

 

出発ロビーのタクシースタンドからタクシーを拾うのが良いというご意見が多いようです。

 

ちなみに、空港のインフォメーションセンターで購入できるタクシーのバウチャーは、ものすごく高く、確かダウンタウンまでの金額が、通常タクシーで10~15€のところ、25€ぐらいしてたと思います。

 

タクシーのバウチャーのほうがぼったくりのような^^;

 

空港からは循環バスが安くて便利!

 

わたしは、空港の循環バスを2回とも利用しました。

 

到着ロビーのインフォメーションデスクのすぐ傍のドアから外に出て、横断歩道を渡ったバスストップNo.1 からバスが出ます。

 

バス停に最寄り駅を見つけて、バスのドライバーにNo.とバス停を伝え、切符を買い、ドライバーに「着いたら教えてね」と言っておくと、目的地のバス停についた際に、大きな声で教えてくれます。

 

料金は4€ですが、インフォメーションデスクで、リスボンカードの冊子をもらえば、そこに市バスの割引券がついていて、1€安くなります。

 

バスは多くの人が乗車しますし、空港からダウンタウン雪のバスは23時が最終でしたので、ギリギリ間に合いました。

 

ドイツ経由でリスボン入りしたのですが、ドイツより、リスボンは1時間遅れていますので時計の針を戻すのをお忘れなく^^

 

 

 リスボンの夜は長い

 

リスボンの夜は長いです。

 

わたしが経験したのは、5月と9月。

 

いずれの月も、20時を過ぎても明るいので、夜遅くても人通りも多く、21時ぐらいまでは、一人歩きをしていても、怖いなと思うことはありません。

 

わたしは仕事でリスボンを訪れましたが、17時に仕事を終え、それから遊びに出かけてました。

 

リスボンの夜は人通りも多いですが、人通りの少ない夜道の一人歩きは避けたほうが無難です。

 

また、通りによっては物騒な地域もあるようですので、油断は禁物です。

 

リスボンでは、夕食の時間も遅く、20時スタートのレストランも少なくなく、22時ぐらいから食事にこられる人たちもいるぐらいです。

 

レストランの閉店時刻は1時~2時というところも多いです。

 

最初は不安だらけだった

 

リスボン、ポルトガル。

 

昨年はじめて降り立った時には、

 

〇英語は通じるのか?

〇夜間の移動は安全か?

〇タクシーでぼられないか?

〇迷子にならないか?

〇ご飯はどうする?

 

など、いろいろと不安だらけだったのですが、経験というのは、素晴らしいものです。

 

一度でも経験すれば、知っているという「安心」が生まれます。

 

どんなに事前にインターネットで情報収集していたとしても、「この街は安心して街歩きができる」ということを、街の空気感というか、肌で感じることができることほど安心できることはありません。

 

女子ひとり旅でも安心

 

リスボンは、わたしのお気に入りの街のひとつです。

 

それは、ひとりでも、街をプラプラと気軽に歩けるし、可愛らしい街なみやアートにたくさん出会えるから^^

 

リスボン、おすすめですよ♬

 

それでは、みなさま have a nice day

 

by ちびまる

 

フッターの欄