空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

リスボンでのおすすめグルメ ーひとりでもぶらりと入れる穴場も紹介

スポンサーリンク

広告

DSCF6899.jpg

リスボンは、ひとりでふらっとレストランに気軽に入れるので、一人旅でもご飯には困りません。

また、わたしは、リスボンで出会った旅人たちと一緒にご飯を食べることが多かったです。

初日は、バンクーバーからの旅人とサン・ジョルジョ城を観光し、ポルトガル料理をご一緒しました。

最終日のランチはニューヨークからのビジネスマンとイタリアンでご一緒し(隣の席でした)。

イタリアンの料理はイマイチでしたが、楽しい時間を過ごしました。

最後のポルトガル料理レストランでも、隣のテーブルだったドイツ人とフランス人の旅人(それぞれ1人旅の女子たち)と、3時間ほどガールズトークしながらデザートはシェアして食べました。

リスボンは、誰とでも仲良くなれる街、各国からの旅人たちとお友達になれる街です。

ここで リスボン一言メモ

リスボンで、レストランい行くと、普通になにげなーく、パンとパテのようなものがテーブルに並べられますが、無料ではないのでご注意を^^;しっかりチャージされます

2.5 ~3€ぐらいなので、たいしたことないんですが、食べる前にチャージされるか否かを確認してから、要らなければ No thank you と言いましょう。

ポルトガルのお料理は、日本人の口に合います

Sacramento - リーズナブルなポルトガル料理


http://www.sacramentodochiado.com/pt/

ホテルのコンシェルジェに教えてもらった、ジモッピーが行くリーズナブルなポルトガル料理レストランです。
地下鉄Baixa-Chiado駅からすぐです。

DSCF6311.jpg
牛頬肉のお料理 - 17.5€ お肉がとても柔らかくておいしかったです。でも量が多くて食べきれませんでした。

DSCF6307.jpg
ポルトガル白ワイン 6€ ドライで美味しかったです。

Casa de Fados - Fadoが聴けるポルトガル料理


http://www.ofaia.com/ambiente.html

ホテルのコンシェルジェに教えて頂いた、ポルトガル民族歌謡が楽しめるポルトガル料理のお店です。

DSCF6497.jpg
こちらも地下鉄Baixa-Chiado駅からすぐです。

DSCF6500.jpg
お店は重厚な伝統的なポルトガル料理レストラン、という雰囲気です。

DSCF6503.jpg
こちらは、わたしが頼んだジョンドリ(的鯛(まとうだい))のフライと海老のリゾットです。このリゾット、人生の中で食べたリゾットの中で一番美味しかったです。量が多くて食べきれませんでしたが、ヨーロッパのどこで食べたお料理よりも美味しかったです。

こちらのお店のスタートは20時からで、予約は必須です。とても混みます。

Fadoの生演奏が始まるのは21:30分ぐらいです。

南ヨーロッパの夕食のスタートは遅い印象で、21時ぐらいから、続々と予約客が入店しました。

Fadoの演奏は、とてもセンチメンタルな音色と歌声で、素晴らしかったです。

前菜のCouvert (パン)、白ワイン1杯、メインお料理1品で、50€+チップ2€ぐらい。

少々高めですが、ゴージャスな雰囲気と美味しいお料理、そしてFadoのLive演奏を聴けると思えば安いもんです。

Do Rossio - シーフードレストラン


http://fullest.pt/restaurantes/peixariadorossio/

こちらは、Rossio駅からすぐです。
DSCF6818.jpg
店内にもテラスにもたくさん席があります。ウエイトレスはとてもフレンドリーです。

DSCF6816.jpg
シーフードリゾットを頂きました。ビール1杯、前菜のパン、そしてリゾットで20€ぐらいでした。

Loja das Sopas - スープ屋さん


http://www.lojadassopas.com/

こちらも地下鉄Baixa-Chiado駅からすぐです。

Rua do Carmo 2 | Armazéns do Chiado, Lisbon Portugal

Garrett通りの突き当りにAlmazens do Chiado というショッピングモールがあり、その2Fのフードコート奥にあるスープ屋さんです。

DSCF6776.jpg
3€ぐらいで、美味しいスープが飲めます。スープの種類は、肉とマメのスープ、カボチャスープ、など6種類ぐらいあります。

大量な食事の量に胃がもたれて、ちょっと休憩を入れたい時に、安くておいしいスープが飲めるのは助かります。

Casa do Alentejo - 隠れ家的なポルトガル料理レストラン


Casa do Alentejo

ここは、外観からは想像もできないゴージャスな内観が広がっており、こじんまりとしたレストランですが、リーズナブルで美味しいポルトガル料理が頂けます。
DSCF7060.jpg
場所は、Restauradores地下鉄の駅から徒歩3分ぐらいの場所です、外観がこれ。

DSCF7063.jpg
それで、ドアを開けて中に入るとこんなゴージャスな内観が広がります。

DSCF7067.jpg
レストランは2Fの右手で、こじんまりとしてますが、重厚感あふれる内装です。Tシャツ、ジーパンでも問題ありません。

DSCF7070.jpg
わたしが頼んだのはポルトガル白ワインと、Dog fish (ツノザメ)のスープ。デザートにはプリンを頂き、25€ほどでした。グラスワインはないので、ハーフボトルワインを一人で開けちゃいました。

Mercado da Riberia - 巨大フードコート


http://www.cm-lisboa.pt/en/equipments/equipment/info/mercado-da-ribeira

DSCF6477.jpg
Cais do Sodre駅の目の前です。

コメルシオ広場からテージョ川沿いをお散歩がてら歩いていくのも楽しいです。

フードコート内はモノトーンのデザインで統一されていて、Coolな印象です。

DSCF6473.jpg
巨大なハムがずらり!

DSCF6471.jpg
チーズも種類がたくさん!

DSCF6857.jpg
わたしはチキンのメキシカンサラダと白ワインを頂きました。全部で13.50€と割安です。

DSCF6858.jpg
代理店営業スタッフが頼んだのはローストチキン。間違いなくハーフキロはありますが、彼は全て完食しました。

フードコートには、シーフード料理、サンドイッチ、ハム、チーズ、チョコレートのお店、ピッザ、ポルトガル料理、アジアンフードなどいろいろありました。

A Carioca - コーヒー専門店


https://www.afar.com/places/a-carioca-cafe-lisbon
ここは目指していきました。

DSCF6450.jpg
Garrett通りをカモンイス広場方面に行き、Rua do Alecrimを右にちょっと入ったところにあります。

DSCF6447.jpg
店主らしき人は英語がさっぱりしゃべれませんが、ショップアシスタントの女性が英語ができます。コーヒー豆が250gから購入できます。豆を挽いてほしければ引いてもらえます。1つ3€ぐらいなので、めちゃお得です。香りがとても良く、スーツケース一杯にコーヒーの香りが広がりました。

わたしが選んだコーヒー豆を店主が誤ってぶちまけてしまい、床中にコーヒー豆が!!

でも、そんなことは気にせず、笑って掃き掃除してました。

Gelato Therapy - とにかく美味しいジェラート


Gelato Therapy

DSCF7011.jpg
ここのお店は、Alfamaを道に迷いながら散策していたら偶然たどり着いたジェラートのお店です。

DSCF7012.jpg

ひとつずつの鍋のようなものにジェラートが入っていて、1スクープwith コーンで3€ぐらいです。

コーヒー味を食べましたが、美味しくて感動しました!

Solar do Vinho do Porto-Lisboa -ヴィンテージ・ポートワインが飲める店


Solar do Vinho do Porto-Lisboa
Restauradores地下鉄駅のすぐ近く(キオスクの目の前)に、グロリア線というケーブルカーがあります。

DSCF6803.jpg
結構並んでいる人が多いですが、トラムほど待ちませんし、すぐ乗れます。乗車時間は3分ほどですので座れなくても苦になりません。片道3.7€です。

DSCF6793.jpg
最終地点にしかケーブルカーは止まりませんので、そのまま最後まで乗っていくと、終着地点の右側にサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台があり、夕暮れ時は美しいです。

DSCF7025.jpg
ちなみに、ケーブルカーを降りてすぐ左手にはサン・ロケ教会があります。

DSCF7030.jpg
これでもかというぐらい金ぴかな贅を尽くした教会が無料でみれます。

DSCF6794.jpg
ケーブル―カーを降りたすぐ目の前に黄色の建物があります。何も看板がないのですが、その扉の奥にはラウンジが広がっており、ビンテージのポートワインショップがあります。

DSCF6795.jpg
カウンターからメニューをもらって、適当に座って、選んだものを注文します。ここでグラスで提供してくれている理由は、主にテイスティング目的で、少量ですが2~5€ぐらいで味見ができます。

DSCF6799.jpg
わたしが頼んだのはロゼのポートワイン。2.5€です。強いリキュールをロックで飲む感じです。

DSCF6801.jpg
基本、店の人達はボトルを買ってもらうことを商売にしているので、あんまり2.5€1杯だけ飲みにくるような客は歓迎ムードではありません。

10年~30年のヴィンテージワインが20€台から高くても130€ぐらいです。

品揃えも豊富ですので、ヴィンテージのポートワインを買いたい人にはおすすめです。

フッターの欄