空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

自宅でできるライザップにチャレンジ(食事編)

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20180103215046j:plain

 自己流ではどうにもならないこのカラダと心

 

40過ぎてなかなか上がらない基礎代謝

 

上がらないどころか、基礎代謝はさがる⤵一方で困ってます。

 

40過ぎてなかなか増えない筋肉量。

 

筋トレを自分ならがにやってはいるものの、筋肉量もさがる⤵一方で困ってます。

 

体重と体脂肪は増えるばかり。。。

 

自分のお腹のお肉をつかんでは、ため息をつくわたし。

 

お肉を掴んだところで、何にもならないのに、はみ出たお肉をつかまずにはいられない。

 

血糖値を気にしながらも、止められないお菓子やスイーツ。

 

わたしの家族は、完全に糖尿病の家系です。

 

じいちゃんも、ばあちゃんも、もう亡くなりましたが糖尿病でした。

 

お父さんも、お母さんも、糖尿病のお薬を飲んでます。

 

兄も血糖値が高めでHbA1Cは7点代で、完全に糖尿病に足を突っ込んでいます。

 

わたしは、ギリギリHbA1Chは6以下ですが、空腹時の血糖値は右肩上がり。

 

わかっちゃいるけど、やめられないお菓子や甘いもの。

 

だって、大好きなんだもん、お菓子も甘いものも。

 

食べたきゃ、動け! そう自分には言い聞かせてます。

 

毎日、危機感をつのらせながら、誘惑に負けっぱなしのわたしと私の家族。

 

ほぼ完敗です。

 

年末年始に1週間も実家に帰っていたわたしは、母に出されるがままに、おせちに、ぜんざい、お煎餅、チョコレート、スポンジ菓子、アイスにフルーツ、なんでもかんでも、お口にポイポイ。

 

実家でやることといったら、お菓子食べながら、こたつでゴロゴロ、ワイドショー、レコード大賞紅白歌合戦などお正月番組みを両親と一緒に見るぐらい。

 

うちの実家は田舎まち。

 

行くとこもこれといってないし、せいぜい母と一緒に夕飯のお買い物に出かけるぐらい。

 

下手すりゃ10分間隔ぐらいで、これ食べる?と母から食べ物を手渡されるという始末^^;

 

「これぐらい食べれるでしょ?」と言われて、「そうね、そのぐらいなら、ま、いっか」と、とにかく栄養の過剰摂取状態

 

さすがに危機感をおぼえて、毎日3kmスロージョギング&2kmウオーキング、合計5kmの有酸素運動体幹トレーニングをやってはみたものの、消費カロリーが摂取カロリーを上回れず、体重は人生最大、またもや頂点に。

 

こりゃまずい、なと。

 

ほんとに、まずいぞ、わたし!!!、と思っている次第です。

 

ボディメイキングの8割は食事

 

かれこれ8年以上、わたしはジムに通っているのですが、なかなか理想の体型になれないまま、現状維持、いや、どうも下降気味^^;

 

わたしは、ちょくちょく、20代半ばのインストラクターに、筋トレなどのアドバイスをいただいています。

 

教えてもらった筋トレを週2回続けているのですが、なかなか結果がでないわたし。

 

そのインストラクターの男性いわく、ボディメイキングの8割は食事なんだそう。

 

頭では、なんとなく理解はしているものの、食べることが大好きなわたしは、すぐに誘惑に負け、目の前にある美味しいものを頬張ってしまいます。

 

それも、あまり罪悪感もないまま。

 

何ごとにも、我慢ができない、それはわたしの特徴です。

 

理性よりも欲望が勝る、わたしのカラダとココロ。

 

やりたい放題、40年以上、生きてきてしまいました。

 

若い時は、ちょっと運動すればなんとか体重を維持できましたが、40半ばのカラダは、そうもいかないようです。

 

やはり、ボディメイキングには、まずは食事を節制するしかなさそうです。

 

まずはやってみよう!自宅でライザップ(食事編)

 

わたしの長所は、まずやってみる、動いてみる、良さそうなものに手を出してみる!ことです。

 

そこで手を出してみました、自宅でライザップ(食事編)

 

テレビCMで、モニターの変わりようをみると、まるでマジックのようなライザップ。

 

ライザップは、わたしには到底手が出せない高額なサービスですので、他人事と思ってみていたのですが、「自宅でできるライザップ食事編、そして運動編」を本屋で見つけ、まずは食事編を即入手しました。

 

キャッチフレーズは、

 

この本であなたの人生が変わる!

 

です。

 

単純なわたしは、この一言で、ワクワクしてしまうのです。

 

「え~、どう変わっちゃうのぉ~?」って。

 

大項目で要点をざっと掴んでみると、

 

〇3食の食事をしっかりとる

〇炭水化物など糖類摂取を極力控える

〇筋肉をつくる栄養素材でお腹を満たす

基礎代謝よりやや多めのカロリー摂取

〇お尻、太もも、背中など大きな筋肉を鍛える

 

ぜんぶ、わかっちゃいるけど、ぜんぜんできていないということは、アプローチとメンタル面に問題があるのだろうと思います。

 

怠惰なカラダをほっぽり投げるわけにもいかないので、トライ&エラーで前に進むしかありません。

 

投げ出さなきゃ、なんとかなるでしょ、たぶん。

 

ストレスにならない食材選びやレシピの研究と、自分のライフスタイルにそれをどうやって当て込んでいくかが課題です。

 

主食を確実に抜く(2週間)

 

最初の2週間、ウエイトダウン期は、完全に主食を抜いて糖質OFFにするようです。

 

ぱん、ごはん、パスタなどの炭水化物やお菓子、スイーツ全部OFFです。

 

1日3食をしっかりとる

 

主食を抜くので、そのぶん他の食材で栄養素を補い、飢餓状態に陥らないようにすることが大事のようです。

 

飢餓状態に陥ってしまうと、いわゆるリバウンドをしてしまうらしい。

 

基礎代謝よりちょっぴり多いカロリー摂取が目安のようなので、わたしの場合は、1,200Kcalぐらいが目安となりそうです。

 

タンパク質のおかずを主に食べる

 

筋肉量が落ちないように必要なカロリーをしっかり摂取します。

 

筋肉量が落ちると、基礎代謝が落ちるので、タンパク質の摂取がメインになるようです。

 

たとえば、肉、魚、卵、納豆、豆腐あたりが手ごろな食材です。

 

ちなみに肉の場合は、ソーセージやハムなどの加工品ではなく、牛肉、豚肉、鶏肉などの生肉を調理したものを食べるのが重要のようです。

 

それと野菜は、緑の野菜(葉物など)とキノコ類をメインにし、糖類の多いイモ類などは控えめ。

 

十分な水分をとる(女性は2L、男性は3L)

 

水分といっても、ジュースやビールではなく、お水です。

 

便秘防止の目的もあるようです。

 

コーヒーやお茶などカフェインが入っているものは利尿作用が高いので、普通のお水を一気に飲まず、ちょびちょびと飲むのが重要のようです。

 

大きな筋肉を鍛える

 

お尻、太もも、背中の筋肉です。

 

今わたしがジムでやっているお尻、太もも、背中の筋トレは、

 

〇20kgのウエイトを持ってのスクワット10 x 2

〇12kgのウエイトを胸に引き寄せ背中を鍛える筋トレ10x2

 

このあたりを継続してやります。

 

まずは、一番課題の糖質OFF2週間にチャレンジしてみます♬

 

Byちびまる

フッターの欄