空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

イタリアンな食卓 桃のパスタと肉料理

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180820061407j:plain

 

休みの日にクッキングをする

 

『今日の食材』と題してFacebookにのっけた上記の写真。

 

『何か特別な日なの?』と聞かれますが、ただの代休です。

 

特別な日じゃないけど、わたしはイタリアンが好き。

 

それも自分で作って食べるイタリアンが好き。

 

それも、画像検索で美味しそうなものを適当にイメージして作って並べる食卓が好き。

 

好きなことをやってればストレス解消にもなります。

 

夏っぽい、さっぱりしたイタリアンが食べたいなぁ、と思ったので、夏の食材で画像検索して、考えたのが下記のメニュー。

 

【前菜】

〇焼きナスのカナッペ(バルサミコ)

〇タコとキュウリのサラダ

〇ブルスケッタ

〇真鯛のカルパッチョ

 

【メイン】

〇カポナータ

〇牛肉のステーキ

〇桃と生ハムの冷製パスタ

 

焼きナスのカナッペ(バルサミコ)

 

f:id:globalcat:20180820124531j:plain

 

ちょこっと一口さっぱりとしたものが食べたい、と思って作ったのがこれ。

 

ナスを1cmの輪切りにし、両面をオリーブオイルでじっくり焼き、とろけるチーズをトロリのっけて、あらかじめ準備していた玉ねぎ、トマトを炒めてバルサミコ酢で味付けたものをトッピング。

 

ぱくっと一口、ジューシーなナスの甘味とチーズの塩っ気、そしてバルサミコでさっぱりしめる一口サイズの前菜。

 

ビールと合います。

 

タコとキュウリのサラダ

 

f:id:globalcat:20180820124924j:plain

 

こちらもさっぱり、オリーブオイル、レモンと青じそ、塩コショウで味付け。

 

タコはあらかじめゆでてあるものを最小限のサイズを買って、さっぱりしたチーズとキュウリ、アボカドを角切りし、ミニトマトは4等分にくし型切り。 

 

ブルスケッタ

 

f:id:globalcat:20180821055644j:plain

 

こちらは、わたしのお気に入り定番の前菜。

 

ニンニクとイタリアンパセリを入れたバターをバケットにたっぷりぬって、カリッとオーブンで焼き、その上に、ミニトマトの種を抜いて、バジルとともにみじん切りし、オリーブオイルと塩コショウであっさり味付けしたものをのせるだけ。

 

ビールにもワインにも合いますが、たいていバケットが余るので、次の日の朝食にも使えます。

 

シンプルだけど、とっても美味しい一品。

 

真鯛のカルパッチョ

 

f:id:globalcat:20180821055936j:plain

 

真鯛のカルパッチョ、写真を撮り忘れました^^;

 

食卓の写真にて。

 

こちらもめっちゃ簡単。

 

ニンニクの中身の断面がでるように切って、お皿にこすりつけ味と香りをつけます。

 

その上にお刺身用で買ってきた真鯛をなるべく重ならないように、お皿にならべてニンニクの香りと味付けをほんのりします。

 

ちょっと多めのオリーブオイルを上からかけて、塩コショウしてしばらく寝かせます。

 

食べる前にレモンを絞り、ミニトマトで彩をつけておしまい。 

 

こちらもさっぱりしていて美味しいです。

 

ちょっと箸休め的に食し、一緒に白ワインを流し込むと美味しいです。

 

カポナータ

f:id:globalcat:20180821060511j:plain

 

こちらは、トマトホール水煮缶でさっと煮込むだけ。

 

イタリアの野菜煮込み料理ですが、ニンニクなど強い味付けはせず、野菜の甘味を楽しめる優しく、ほっこりするお料理です。

 

普通はセロリもいれて、お野菜だけの煮込み料理のようですが、アレンジして、魚貝も入れてみました。

 

魚貝といっても、冷凍の海老・イカ・アサリをバターで炒めた簡単なものを混ぜるだけ。

 

ズッキーニとナスは少し太めに1cm弱に輪切りにし、なるべく形が崩れないようにして、野菜を噛んだ時に、野菜のうまみがジューっと口に広がるぐらい、太めに切ると美味しいです。

 

フライパンで簡単に作れます。

 

牛肉のステーキ

 

f:id:globalcat:20180821061215j:plain

 

こちらは、和牛1級品!のステーキ。

 

霜降り高級お肉は、胸焼けしちゃってわたしのお腹には合わないので、赤身で美味しいお肉を買いました。

 

1級品といっても、1,500円ぐらいだけど^^;

 

お肉に塩コショウして、5分ぐらい寝かせます。

 

オリーブオイルをちょっぴり多めにフライパンに流し込み、ローズマリーとニンニクを入れ弱火でじっくり香り付けをします。

 

ニンニクが茶色になってきて、美味しそうな香りがたってきたら、ローズマリーとニンニクを取り出し、アツアツに香りづいたオリーブオイルひたひたのフライパンに、お肉を入れて、ジューっと焼き上げます。

 

両面に焦げ目がつき、あとはお好みで、レア・ミディアム・ウェルダンに。

 

この度はちょっとレア気味で仕上げました。

 

お肉を焼き上げたら、余分な油をフライパンから他のお皿に移し、まだ熱があるフライパンにバルサミコ酢30mLほどを、ジャーっと流し込み、肉汁とともに煮詰めます。

 

フィレンツエで買ってきたオリーブの木の小さなまな板にリーフを乗せて、その上からパルメザンチーズをスライスしたものをたっぷりのせ、お肉をスライスし盛り付け、ローズマリーとニンニクも添えて、あとは食べる直前に、煮詰めたバルサミコ酢をさっとかければ出来上がり!

 

桃と生ハムの冷製パスタ

 

f:id:globalcat:20180821062113j:plain

 

今回のイタリアンな夕べの主役はこちら。

 

わたしはフルーツの中では桃が一番好き。

 

桃の甘味と生ハムの塩気、そして、バジルの香りを一緒に味わうと、極上の美味しさ。

 

夏なので、レモンとオリーブオイル、そしてパルメザンチーズをたっぷりすりおろしたものを混ぜて、イタリアンパセリとバジルをみじん切りしたものを入れて、軽く塩コショウしパスタソースを作り、ちょっと細めなスパゲッティをいつも通りにゆでて、さっと氷水にくぐらせ、水気をきったものをソースに絡めます。

 

塩コショウで物足りない場合は、スープストックを少しだけお湯に溶かし、それをパスタソースに混ぜるとうまみが増します。

 

桃は食べる直前にむき、パスタの上に飾りつけ、生ハムを散らして出来上がり。

 

お好みで、パルメザンチーズのスライスをパラパラと。

 

辛口の白ワインと、とっても合います。

 

ちなみに、この度は、イタリアンな夕べなので、ワインもイタリアワインを手に入れました。

 

料理も感覚で適当な作業ではありますが、結構うまくできたので、おなかも気持ちも大満足な休日でした。

 

f:id:globalcat:20180820060859j:plain

 

こちら、イタリアンな夕べの食卓。

 

パスタだけは、直前に作るので、これらを食した後に登場。

 

ビールだけはシカゴビア^^;

 

あっさりしたビールなので最初の1杯に登場。

 

こだわりは、ボヘミアングラスのお気に入りの一輪挿しに、元気いっぱいのひまわりを。

 

わたしは、わたしをよく知る友人から、

 

『日向のオンナ』

 

と言われたことがあります。

 

性格と容姿から、陰のある、ミステリアスなオンナにはなれないと。

 

オープンで、あけっぴろげな、日向のオンナ。 

 

ひまわりに、申し訳ない気持ちもありますが、タンポポ同様、わたしに似合う花かなと、自分では思っております^^

 

では、みなさま、have a nice day

 

by ちびまる

フッターの欄