空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

サンディエゴ 海外出張おすすめホテル 繁華街ガスランプクオーターど真ん中!スーパーにも近くて便利(Gaslamp Plaza Suites)

スポンサーリンク

広告

 
2017_sandiego13.jpg

 

繁華街のど真ん中Gaslamp Plaza Suites (ガスランプ・スゥイーツ)

 

2度目のサンデイエゴ(出張)は、繁華街のど真ん中Gaslamp Plaza Suites (ガスランプ・スゥイーツ)に宿泊しました。

 

サンディエゴの中心地(ダウンタウン)は碁盤の目のような感じで、縦に番号、横にアルファベット通りが交差しており、とても分かりやすいのですが、Gaslamp Plaza Suitesは、ちょうどE Streetと五番通りの角に立地しており、ダウンタウンの中心地なのでとても便利です。



2017_sandiego14.jpg

 

このホテルの特徴は、

 

〇ガスランプクオーターど真ん中

〇部屋は広め

〇フレンドリーなスタッフ

〇スーパーまで徒歩10分

〇動物園、バルボアパークまでバス20分

コンベンションセンターまで徒歩20分

〇バス、トラム乗り場まで徒歩5分

〇屋上からサンディエゴを一望

〇朝食のベーグルが美味しい

〇お風呂のお湯の出良し

〇無料WiFiはあるが若干遅い(でも問題ありませんでした)

〇ジム施設はなし


コンベンションセンターまでは徒歩20分ぐらいで、5番通りを一直線に歩いていけば到着できるので、方向音痴の人でも迷子になることはありません。



2017_sandiego35.jpg

 

当ホテルの特筆すべきポイントは、ルーフトップからの眺望です。

 

サンデイエゴの街を一望できます。

 

ルーフトップは朝食場所でもあり、朝食時間外でもオープンにしているので、のんびりしたい時におススメの場所です。



2017_sandiego39.jpg

 

このホテルのほとんどのお部屋がスイートタイプで、ベッドルーム、キッチン、そしてリビングがあり、広々としています。

 

無料のwifiはちょっと遅いですが許容範囲です。

 

高速をお望みの方は、別途料金が必要です。

 

お湯の出は良いですし、バスルームも、クローゼットも広いので、くつろげます。

 

ただし、ダウンタウンの中心地なので、お部屋を予約する際には、「静かな部屋希望:I would like to make a booking with a quiet room. 」とリクエストを出しておくと良いかと思います。

 

また、バスタブ付きを希望の場合も、必ず、「バスタブ希望:I would like to have a room with a bathtub. I need to take a bath every night for relaxing.」と依頼を出して確認をとりましょう。

 

また、ちょっと古い建物なので故障や修築が必要なケースも出てきますが、ちゃんと対応してくれます。

 

トラブル対応も早い

 

わたしの同僚の部屋の天井から煙がでて、アラームが鳴るというアクシデントもありましたが、すぐに修理にかけつけ対応してくれました。

 

原因は、天井裏のエアコン回線のショートです。

 

最終日に、数時間だけ部屋に居られないという事で値引き交渉したところ、20USD値引いてくれました。

 

20USDは会社の経費として計算されるので、実際に迷惑を被った同僚には何のリターンもないですが、まずは言ってみたほうがいいです。

 

2017_sandiego40.jpg

 

徒歩10分圏内に大きなRaphlsスーパーマーケット(101 G St, San Diego),があるので、お水や食料など買いこめば、キッチンの電子レンジでチンして頂くこともできます。

 

スーパーには冷凍食品もたくさんあります。



2017_sandiego34.jpg

 

当ホテルの朝食は、簡易なものでベーグル、ヨーグルト、フルーツ、シリアル、コーヒー、紅茶、ジュースぐらいしかありませんが、ベーグルが美味しいです。

 

わたしはサラダパックをスーパーで購入し、まずはサラダをお部屋で食べてから、ルーフトップでベーグルの朝食をいただいてました。


2017_sandiego2.jpg


お天気が良い日は、パラソルの下で青空を眺めながら朝ご飯を食べるのは気持ちがいいです。


2017_sandiego3.jpg

 

日差しが強い場合は、カフェの中にテーブル席もありますし日陰席もあります。

 

当ホテルのワーカー(特に朝食時にサーブするおばちゃん)は、とてもフレンドリーですので、毎朝、「今日は天気がいいわね~、とか、暑いね~、とか、雨だね~」など、ちょっとしたチャットを楽しむことができました。



2017_sandiego7.jpg

 

こちらはキッチン挟んでベッドルームの反対側にあるリビングルームです。

 

リビングルーム側にも、バスとトイレがありますので、お二人でお泊りになって、シャワーやバス&トイレタイムがバッテイングしても問題ありません。

 

わたしが泊まった部屋はどちらのバスルームにもバスタブがありました。

 

コンパスカードでお得にらくらく移動


2017_sandiego49.jpg

 

E Streetの一本奥(先)は、Broadway Street (ブロードウエイ通り)で、トラムやバス停があります。

 

5番通りとブロードウエイ通りを(コンベンションセンターを背にして)右に曲がったところにすぐバス停があり、バルボアパークやサンデイエゴ動物園まで20分ほどです。

 

image1 (19).JPG

 

ちなみに、バスはだいたい2.5USDぐらいは、どこに行くにも片道かかり、おつりがもらえないので、小銭を用意しておく必要があります。

 

トラムは基本事前支払なので、自販機がある駅で事前にチケットを購入しておく必要があります。

 

1日5USDでトラム、市バスに乗り放題のCompass Card (コンパスカード)が便利です。ガスランプクオーター駅にコンパスカードの自販機があります。

 

Compass Cardを持ってない場合、2USDがかかりますので、一日券を購入するには初回は7USD必要になります。

 

サンデイエゴを、あちこち観光される場合は、Compass Card1日乗車券5 USDを持っているほうが絶対お得ですし、何より便利です。

 

トラムはトラムのプラットフォームの機器に、バスは前から乗ってバスの中の機器に、ピピッとカードをかざして終わりです。

 

また、一度Compass Cardを持てば、必要な分だけをチャージし、必要な時に必要な分だけ使うこともできます。

 

決済は、現金でもクレジットカードでも可能です。

 

サンデイエゴのCompass cardの詳細は、サンデイエゴの情報をまとめられているサイトSan Diego Towm.com が便利かと思います。

 

最新情報は現地で入手ください。

 


2017_sandiego48.jpg

 

仕事の合間にバスで向かったローズガーデンです。

 

バルボアパークのちょっと手前にあります。

 

いろんな種類のバラが咲いていて、ちゃんと香りがして薔薇を感じることができました。

 

ちょっとしたひと時でしたが癒されました。

 

ローズガーデンの隣には、メキシカンな感じのサボテン公園もあります。

 

2017_sandiego58.jpg

 

こちら、バルボアパークの1ショットです。

 

とても広いので、一日いても飽きません。

 

ピクニックエリアもあるので、ご家族連れにもおすすめのスポットです。


サンデイエゴはホリデーにもおすすめです

 

素敵な旅を ボンボヤージ♪

 

byちびまる

フッターの欄