空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

笑ってごまかすことで、外国人を怒らせてしまった【第16話】

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20180107215928j:plain



英語がまだ、上手くしゃべれなくて、外国人への対応も慣れていなかったとき、悪気がないけど、外国人を怒らせてしまったことが何度かあります。

 

そのうちの1つが笑ってごまかす、照れ笑い

 

英語がしゃべれないから、笑ってごまかすしかない という経験ありませんか?

 

この、笑ってごまかす、ってのが大きく裏目に出て、外国人の方を傷つけて、怒らせてしまったことがあります。

 

わたしのケースは、直接、英語力には関係のない話ですが、日本人がやりがちな、笑ってごまかすが裏目にでた失敗です。


笑ってごまかすと、誤解されることがある


英会話スクールで営業の仕事をしていた頃の話しです。

 

外国人の先生の中に、日本語を勉強している先生がいました。

 

彼は、日本語を一生懸命話そうとして、アウトプットをしていました。

 

彼が何を日本語で話したかは、今となっては思い出せないのですが、彼が発した日本語が、何を言っているのか、イマイチわからなくて、笑ってごまかしてしまったんです。

 

要するに、適当に聞き流した、自分にとっては、彼が話す日本語の内容について、どうでもよかったんだと思います。

 

だから、適当に「あははぁ~!」って、笑ってごまかしたことが、日本語を一生懸命に話そうとしている外国人の彼にとっては、バカにされた、侮辱されたという気持ちになったのだと思います。

 

悪気はなかったにせよ、なんて失礼な態度をとってしまったのだろうと、反省しています。

 

すごい勢いで、「君の英語だって、すっごい変だよ、あはははぁー!(全然笑ってない、あはは)」って、怒って言い返されました。

 

わたしとしては、彼を侮辱するつもりも、バカにするつもりも、まったくありませんでしたが、わたしが適当にとった態度、笑ってごまかす、という態度が、彼に誤解を与えて、彼を傷つけてしまったんです。

 

その時のわたしは、自分が適当にとった態度で彼を怒らせてしまったという焦りと、どうしよう、という気持ちがありました。


でも、彼も日本語が話せないし、わたしも英語が話せなかったので、それが誤解だということを、上手く伝えることも、理解してもらえることもできず、I am sorry ごめんね、と謝るぐらいしかできませんでした。

 

わからないことがあると、照れ笑いや、笑ってごまかしてしまう日本人って、結構いるのではないかなと思います。

 

でも、外国の方には、この、笑ってごまかす、というのが、どちらかというと悪い方向に取られてしまう、信頼できない人、と思われてしまうことがあるので、みなさんも、気をつけてくださいね。

 

英語がわからなくて、理解できない場合は、ちゃんと、誠意をもって、わからないと伝えましょう。


「わからない」も、言い方がいろいろある

 

わからない、という英語表現にも、いろいろあります。

 

下記は、正しいかどうかは別として、わたしが今まで経験してきた中で、理解している内容です。


I don't know. 


この「わからない」は、何かを聞かれた時に、聞かれた内容について、わからない、情報を持っていない、という意味で、使います。

 

時々、ケンカをした時に、いじわるで、この I don't know. を使うケースもあります。

 

相手が何を言っても、聞いても、「知らなーい」と、突っぱねるケース。

 

日本でも、よくありますよね。

 

I am not sure.


この「定かではない」というのも、I don't know と同じく、聞かれた内容について、自分は知らない、よくわからない、という意味で使います。

 

I don't understand.


この「理解できない」は、シチュエーションによって、ニュアンスが異なってきます。

 

I don't understand what you mean.


「あなたが言っている意味が理解できない」は、相手が話している内容の意図がわからない、という感じです。

 

I don't understand you. 


「あなたのことが、理解できない」は、その人が考えていることが、理解できない、同意できない、という意味で、しばしば、仲たがいしている時に、使ったりします。

 

I cannot understand English.


「わたしは、英語がわかりません」は、その人が話している内容の意味がわからないのではなく、英語がわからないので、あなたの言っていることがわかりませんという意味になります。

 

よって、外国人に何かを話かけられて、英語がわからない場合は、I am sorry, I cannot understand (もしくはspeak) English, so I cannot understand what you say. というと良いかと思います。

 

ごめんなさいね、英語がわからない(話せない)ので、あなたが話していることが理解できないの。

 

と言ってあげれば、「あぁ、この人は英語が通じないんだな」と理解してくれます。

 

笑ってごまかさず、ちゃんと、伝えてられるといいですね。

 

 

byちびまる

フッターの欄