空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

夢の実現には、必死に、どこにでも飛び込んむ勇気が必要。【第11話】

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20180107215928j:plain


なんの取り柄もない自分に嫌気がさして、『このままじゃ嫌だー!』『こんな人生つまんなーい!』と感じ始めた23歳。

 

英語が喋れるようになりたいと夢を見て、田舎を飛び出した24歳の秋。

 

恋の勢いで日本を飛び出して、移民大国オーストラリアに上陸したのが26歳のクリスマス。

 

真夏のオーストラリアで、エメラルドグリーンの海、そして真っ白のビーチを自分のこの目で見た時は、心臓がバクバクする程の興奮した。

 

海の美しさに感動しつつも、『わたしはやっと、ここまで来たんだ』と、前進を感じた瞬間に胸が高鳴った。

 

とは言え、実際には一人じゃ買い物さえ満足にできず、オーストラリアという異国の地で、嫌でも直面させられた『無能な自分』

 

何度面接に行っても『あなたは要らない』と言われ続ける日々。

 

何にもできない無能な自分という烙印を押し続けられ、『あんたなんか要らない』って言われ続けると、自分の存在さえ否定されている気がした

 

ただただ、悲しくて、寂しくて、悔しくて、涙ばっかり溢れて、泣いてばっかりいた26歳

 

あの時の悔しさを、わたしはずっと忘れない。

 

自分はそんなに出来ない人間なのかと、どん底まで落ちて、泣くだけ泣いた

 

でも、どんなに辛くても、悲しくても、泣き続けることってできないもの。

 

そのことを、身をもって実感した。

 

思いっきり泣いて、『自分なんて、何もできないクズだ!~無能なんだ~!何が悪い!!』って思う存分グチグチ言ってみると、以外とスッキリして、自然と力が湧いてきた。

 

それからは、開き直って、『失うものなんて、どうせはじめから、何もないんだから』と、意地も変なプライドもかなぐり捨てて、『まずは、すぐ行動』を繰り返した。

 

それからというものの、チャンスの神様がさりげなくやってきては、『次のステップの、はじめの一歩』を、ここぞという時に運んできてくれた。

 

はったりとやる気だけで、2週間のアルバイトで、まずは働くきっかけの切符をもらって、銀行での仕事を手にしたのが27歳の春。

 

胃痛に悩まされながらも、必死に食らいついたアロマの勉強

 

英語が聞き取れなければ、『面倒だなぁ』という顔をされても、何度でも『教えて』と聞きに行く、勇気としぶとさを身につけ、念願のアロマセラピストの資格を取得した29歳の夏。

 

この頃から、本当の意味での『わたしの自我』が目覚めはじめた

 

わたしは、子供の頃から、なーんにも興味を持てるものがなくて、真面目に『自分には、欠陥があるんじゃないか』と思い悩むほど、『これが欲しい、これがやりたい』と本気で思えるもの、興味を持てるものが一つもなかった。

 

だから、こんなに、がむしゃらに、何かを手に入れたいと思えるようになったのも、自分の意志をしっかり持てるようになったのも、オーストラリアにいって、『あんたなんか要らない』って、どん底まで落とされて、自力で這い上がった頃からだった。

 

どんなに辛くても、どんなに泣いても、目の前の現実から、逃げたいとは思わなかった

 

それはきっと、『英語が喋れるようになりたい』と思う気持ちが、辛さよりもずっと強かったからだと思う。

 

はじめて、自分の『やりたい』を見つけた私。

 

毎日が試練だったけど、毎日が楽しかったです。

 

 

byちびまる

 

フッターの欄