空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

アメリカ人の友に学ぶ 仕事熱心でも毎日がバケーション

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20180310164108j:plain

 

仕事上のわたしの親友

 

わたしには、仕事上で親友といえる友が何人かいます。

 

一緒に仕事をすることが前提でのお付き合いなんだけど、仕事以外、特にライフスタイルに関して、なんでもチャットして、話しが絶えない相手がいます。

 

そのひとりがアメリカ人の取引先の女性

 

わたしより10歳年下で、2児のママなんだけど、個性が強く、自分を全面に出してくる、わたしとちょっと似たところがある女性

 

先方の取引先の社長には、Twins 双子みたい、って言われます。

 

顔はぜんぜん似てないですが、Nature: もって生まれた素質が似てるんだそうです。

 

彼女とは、いつでも話したいことがあって、時間が合えば、「今、ちょっと話せる?」とスカイプメッセージで連絡がつき、テレビ電話で話をします。

 

ちょっと話せる?が、だいたい小一時間になるのが常。

 

わたしと似たところがあって、話しがあっちこっち飛ぶし、しゃべるスピードも早い(もちろんお互い英語)のだけれど、不思議と通じ合えるんです

 

いつも、わたしと彼女の間に入ってる先方の社長も、先方の同僚(男子)も、わたしと彼女の話しにはついていけず、いつも、目が点になって、キョトーンとした顔して同席してます。

 

仕事版のガールズトークってやつですね。

 

彼女との一番の共通点は、仕事好きなところ

 

わたしも仕事が大好きなので、仕事の話をしていても、全然苦にならない。

 

わたしにとっても、彼女にとっても、仕事はある意味Hobby 趣味みたいなもんで、それこそ、仕事がなくなっちゃったら、人生何のために生きているのかしら?となってしまう。

 

心地良いのが、お互いとっても人間らしいというか、そのまんま、なんですが、べったりすることもなく、個人主義なところがぴったりはまり、お互い干渉することもないし、とっても気軽な関係なのです。

 

彼女との付き合いはまだ1年半ぐらいだけど、お互いの信頼は確かなものと感じています。

 

世の中そういう相手って、どこかにはいるんですね。

 

彼女との共通点

 

彼女との共通点は、いくつかあります。

 

〇本音でしか生きられない

〇飾らない

〇感情はむき出し

〇仕事が大好き(趣味)

〇仕事に厳しい

〇個人主義だけどチームワークを大事にする

〇人生における価値観

〇ヒューマンタッチ

〇ポジティブ

〇経済的な成功は、多くを望まない

〇内臓感覚(第六感)を大事にする

〇心配性だけど冒険したい

〇方向音痴

 

こんなところでしょうか。

 

方向音痴は、彼女のほうがひどい、とわたしは思っているのですが、気がつくと、Google Mapを表示した携帯を持ちながら、ぐるぐる歩き回って、自分の居場所と方角を確認している彼女がいて、わたしは、彼女の隣で、紙ベースの地図をまわしてます。

 

いつも、一緒に同席しているアメリカンの男子にレストランの会場など、目的に連れて行ってもらいます。

 

というか、ふたりして、ただ、ついていくだけなんだけど。

 

まるで引率されてる感じ^^;

 

他の共通点で、顕著なのが、

 

生きていくために、お金は必要だけど、お金のためには働かない

 

それから、相手が誰であろうと、へりくだらない

 

誰とでも対等に仕事をするところは、似ています。

 

そして、自分が楽しめる仕事しかやらない

 

遊ぶように仕事する

 

仕事とプライベートの境目が曖昧。

 

基本的に、とってもわがままというか、やりたいことしかやりたくない、その気持ちがお互いとても強いのです。

 

まるで、幼稚園児のお友達のような感覚なのですが、お互い人生における価値観というか、大事にするところがとっても似ているので、ウマが合うのだと思います。

 

仕事熱心でも毎日がバケーション

 

彼女は、基本的にとても頭の回転が速く、クリエイティブです。

 

野生の感覚で生きているような女性で、彼女が歩けば、誰もが振り返る、というような感じです。

 

とっても美人というわけでもないですが、人を惹きつけるオーラがあるというか、それより何より騒がしい^^; 

 

なので、彼女が道を歩けば、「なんだ?なんだ?」と、みんな彼女に目線がいくのです。

 

そんな彼女と、昨日のランチタイムにスカイプしました。

 

彼女は自宅から、子供を寝かしつけた後、夜間にスカイプしてきます。

 

時にはキッチン、時には書斎、時にはベランダ・・・自由奔放です。

 

ちなみに、彼女はとても大きな一軒家、庭付きプール付きの大豪邸に住んでいます。

 

真っ赤なガウンを羽織って、「元気ィ~?どうしてる~♬?」って、話してきます。

 

そんな彼女の頭の中は、仕事のことでいっぱい

 

普通、仕事のことで頭がいっぱいというと、どちらかとういとストレスを抱えているどんよりしたイメージですが、彼女はぜんぜん違います

 

まるで、子供が遊園地にいって、次何に乗る?あっちいく、いや、やっぱり、こっちに行く~?みたいなノリで、アイディアや、やりたいことが頭の中にぐるぐるたくさんまわっているので、口(言葉)が追い付かない感じ^^

 

子どもが何言っているかわからないけど、とにかく、たくさんしゃべる感じ、そう、あれです。

 

頭の中のやりたいことが、うわぁ~って溢れ出てる感じで、とにかく目をキラキラさせて、楽しそうなんです。

 

そんな彼女が一言。

 

「わたしにとって仕事をする毎日は、バケーションそのものなのよ♬ もちろん、ストレスなことも嫌なこともあったりするよ、でもね、いろいろ考えるのが楽しくてしょうがないの。」といいます。

 

彼女にとって、仕事は遊びと一緒

 

とは言え、とてもプロフェッショナルなんですけどね。

 

彼女は前職で、1つのバイオマーカー(仕事柄、商材がこういうもの)をゼロベースから、米国市場において、自分なりに戦略を立てて、100億円のドル箱商材に育て上げた人なのです。

 

前職では、世界中をまわり、あちこちで鍵となる研究者や企業と人脈形成をしていって、大きな仕事を成し遂げた成功体験を持っています

 

だから、きっと楽しいのでしょうね。

 

そんな有能な彼女といろんな話をしたり、一緒に時間を過ごすのは、とても楽しい。

 

仕事してても毎日がバケーションなんて、最高じゃないですか?

 

彼女の労働環境

 

前職で大きな価値を生み出した彼女を2年越しでヘッドハンティングして、やっと彼女を手に入れた取引先の社長は、彼女に対しては、あれやれ、これやれは、一切言わず、自由に泳がせています

 

タスクは、数字を作ること、それだけ。

 

彼女がそれを成し遂げるには、自由に仕事をさせるというのが必須要件

 

何時に会社に来てもいいし、何時に帰ってもいい。

 

大空を飛び回る鳥、草原を走り回る馬や犬のように、とにかく自由にさせているようです。

 

そんな風に、自由に野放し状態の彼女ですが、仕事を遊ぶようにやるので、自宅にいても、夜遅くまで仕事をしてたり、飛行機で移動中だって、スマホでメールチェックして対応しています。

 

また、勉強熱心で、自分で論文をリサーチして、あれこれ戦略を考えたり、鍵となる研究者にアプローチしたり、とにかく、野放し状態でも、少しは休めと言われても、仕事をしちゃう人なのです。

 

あまりに仕事ばっかりするもんだから、たまりかねた彼女を雇った社長は、出張中でもいいから、遊ぶ時間を確保しなさい!、遊びに行きなさい!といったらしいです。

 

 

その取引先の社長も面白い人で、人間らしい人なのです。

 

お金を使って、遊ぶことも大事といって、ニューオリンズで一緒に仕事した時は、カジノに連れて行ってもらい、社長はたった数秒で200USDをギャンブルで負けてすって、わたしと彼女は、1セントから楽しめるスロットマシーンで延々と、終わりのない小さなギャンブルをして遊びました。

 

他国の取引先の社長や出会った人たちから、わたしは多くのことを日々学んでいます。

 

人生は、楽しむためにある

 

それを、彼らは教えてくれます^^

 

仕事も遊びも熱心にね。

 

byちびまる

フッターの欄