空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

英会話初心者がよく間違える、あるある英会話の事例

スポンサーリンク

広告

f:id:globalcat:20171030002157j:plain

英会話初心者によくある間違い、があります。

日本人だからこそ、の間違いで、たぶん、わたしに限らず多くの人が混乱するよくある間違い。

それは、Yesと言いたいのに、Noと言っちゃって、混乱するケースです。

わたしも、慣れるまでにだいぶ時間がかかりました。

例えば、どういうことかというと、、、

日本語では、

『明日、会社に来ないんだよね?』 という質問に対して、

うん(yes) 、あしたは来ないよ』となりますが、

英語では、

『You are not coming for work tomorrow, are you? 下矢印2』 という質問に対して、

来ないよ、と言いたい場合は、

No, I'm not coming for work tomorrow.』となります。


どこが、問題になるか、わかりますでしょうか?


日本語でしゃべる感覚で、英語で答えてしまうと、来ないよ(No, I am not coming for work.) という表現を、来ないのNoではなく、うん、 あなたの言う通りのYes、『来ないよ』と答えてしまうんです。


これが、トラブルのもとになるので、気をつけてくださいね。


それなので、だいたいの英会話初心者の日本人は、

You are not coming for work tomorrow, are you? に対して、

Yes, yes, I am not coming for work tomorrow. と、言ってしまうので、


それを聞いた外国人としては、????? 

来るの? Yes?,  

それとも or 、

来ないの? No? 

どっちい~~~~?

となる訳です。

否定文で尋ねられた時に、それに同意する場合は、

いかない と答えたいなら、 No, I am not going,
やらない と答えたいなら、 No, I don't do it.
すきじゃない と答えたいなら、No, I don't like it.
できない と答えたいなら、 No, I can't do it.

です。

「~ないんだよね?」と聞かれた問に対して、同意する場合は、あなたの言うとおりだよのYesじゃなくて、そう、やらない、好きじゃない、できない、~ない と、Noで返答します。

このように、同意のYes、と聞かれた内容への回答がごっちゃごちゃになってしまうので、慣れるまでは大変です。

これは、練習して、感覚をつかむしかないです。

では、みなさま、トラブルのないように・・・英会話の習得、頑張ってくださいね。

ショッピングも旅行もこれ1枚でOK!


ANAカードのサイト

「JALカード」ならマイルがたまる!

リゾートバイト経由→海外行き!貯金0円からスタート出来る留学プランなら【Global Dive】




欧米留学の約1/3の費用で留学可能!

初心者向け>セブ語学留学はこちら

フッターの欄