空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

香港出張おすすめホテル Royal Park Hotel Hong Kong(帝都酒店)のExecutive room宿泊

スポンサーリンク

広告

 

f:id:globalcat:20190310144049j:plain

 

この度、初めて香港を出張を経験しました。

 

取引先のオフィスがニュータウン地域沙田(シャーティン)にあったことから、この度Royal Park Hotel Hong KongのExecutive roomにて宿泊しました。

 

わたしは、ホテル選びには少々うるさいのですが、今回のRoyal Park Hotel Hong Kongは、施設設備・サービス共にとても満足のいくホテルでした。

 

www.booking.com

 

今回の香港・中国深セン出張の知っトク情報はこちら↓ 

 

www.soratobu-chibimaru.com

 

沙田(シャーティン)について

 

f:id:globalcat:20190310144222j:plain

 

沙田(シャーティン)は、香港の九龍島側にあり、香港国際空港から沙田(シャーティン)の地下鉄駅までは、赤色タクシーにて30~40分(300HKD- 高速道路代およびスーツケース積込代込)です。

 

いわゆる香港の観光地である街の中心地からは、ちょっと離れたところにあります。

 

沙田(シャーティン)地域であっても、沙田(シャーティン)地下鉄駅は街の中心地に近い場所にあるため、緑色の郊外行きのタクシーではなく、赤色タクシー乗車となります。

 

シャトルバス(2階建て)も国際空港から沙田地下鉄駅まで20分間隔で出ており、所要時間は45分~1時間、22.5HKDとタクシーの10分の1以下の乗車代で安全に利用できます。

 

沙田(シャーティン)は、街の中心地より離れていることもあり、人の流れは比較的穏やかで、静かな環境です。

 

地下鉄とRoyal Park Hotelと直結しているNew Town Plaza (ショッピングモール)もあり、中国深センに渡る、もしくはタクシーで顧客回りをする出張者にはとても便利な立地です。

 

沙田(シャーティン)からは中国深セン行きのシャトルバスや電車も出ており、所要時間は約1時間です。

 

沙田(シャーティン)駅直結

 

f:id:globalcat:20190310144501j:plain

 

Royal Park Hotel Hong Kongは、沙田(シャーティン)駅とショッピングセンターNew Town Plazaと直結しており、また、国際空港発着および中国深センからのシャトルバスの降車場所がホテルの目の前と、とても便利な立地です。

 

f:id:globalcat:20190310144606j:plain

 

New Town Plazaと沙田(シャーティン)地下鉄駅には外に出ずに行き来できるため、雨の日など傘をさす必要もなく便利です。

 

New Town Plazaには、主に輸入品を扱うスーパーマーケットがあり、日本の食材は日本のスーパーより充実しているのでは?と思うほど充実しており、お米の品種やお菓子なども幅広くあります。

 

余談ですが、あまりにも日本の食材が豊富にあり、逆に香港らしい土産を探すのが大変なくらいでした。

 

日本のスーパーではあまりお見掛けしないご当地お菓子がたくさんあって、違う意味で楽しかったです^^

 

接客とサービスに満足

 

f:id:globalcat:20190310144832j:plain

 

Royal Park Hotelの従業員は全員とても親切であり、気配りをしてくれて満足な接客を受けました。

 

タクシーで到着すると、タクシーのドアを開けてくれ、スーツケースも運んでくれますし、フロントデスクでは、テキパキと対応をしてくれます。

 

たまに笑顔が少ない従業員がいたりもしますが、基本的には親切です。

 

Executive roomをおすすめ!

 

f:id:globalcat:20190310144857j:plain

 

出張者には、いろいろと融通が利く、Executive roomでの宿泊をおすすめします。

 

Executive roomといっても、他の地域のホテルに比べたらずっとリーズナブルで、軽く予算内で宿泊が可能でしたので、多忙なビジネスパーソンにはおすすめです。

 

海外出張では、一日中取引先やクライアントの訪問や商談にて気を使い、ホテルに帰ってきても報告書を作成したり。。。

 

さらには、通常業務としてメールのチェック(80~多い時で100件/日)を隙間時間にこなさなければならないため、精神的にも肉体的にもハードワークです。

 

ハードな仕事をこなすためには、しっかりと体を休められる環境も必要です。

 

この度Royal Park HotelのExecutive room宿泊で大きかった利点としては、

 

〇Executiveフロアのアクセス制限

〇Executive ラウンジの利用

〇Executiveフロア専用コンシェルジェ

〇Executiveラウンジで朝食無料

〇Executiveラウンジで夕食無料

〇Executiveラウンジでドリンク無料

〇部屋のDrinkバーも無料

〇ミネラルウオーター2本/日無料

〇広い部屋

〇バスタブあり

〇広いデスクスペース

〇美しいcity view

〇ジム、スパへの利用無料

〇新聞無料

〇最長13時までレイトチェックアウト無料(空いていれば)

〇固定電話からの市内電話無料

 

など、特典がとにかく多いのです。

 

Executiveフロアには、Executive宿泊客のみアクセスが許されるため、とても静かであり、ゆったりとした空間が広がっています。

 

一日中、外回りをして顧客や取引先と商談し、遅い時でホテルへ戻るのは22時を回ることもあります。

 

f:id:globalcat:20190310145039j:plain

 

こちら、↑↑↑Executive ラウンジです。 

 

Executiveラウンジにいって、グラスワインを1杯飲みたいとスタッフへ伝えるとテーブルまで持ってきてくれます。

 

宿泊2日目に、中国深センに日帰り出張にてホテル戻り、ラウンジを訪れた際には22時をまわっていました。

 

すでに食事やアルコールを支給する時間より過ぎてはいましたが、疲れ果てたわたしの様子をみて気の毒に思ったのでしょう。

 

こっそり白ワインのグラスを1杯くれました。

 

お疲れでしょうから、お部屋でゆっくり飲んでください。グラスは明日の朝返してくれれば良いですから。』と。

 

キンキンに冷えている美味しい白ワインを1杯くれました^o^

 

f:id:globalcat:20190310145507j:plain

 

この1杯に、どれだけ救われたかわかりません笑 

 

そういった、ちょっとしたスタッフ個人の裁量が利かせられるホテルなのだなぁと、関心しました。

 

f:id:globalcat:20190310145238j:plain

 

個人的にとても助かったのは、500mLのお水が2本、毎日お部屋に常備してくれたこと、そして、

 

帰国日の午前中まで顧客訪問のアポイントがあったので、チェックアウトを13時まで無料で延長してくれたことです。

 

f:id:globalcat:20190310145325j:plain

 

幸い部屋が空いていたので可能でしたが、スーツケースを部屋においたまま、そして、

 

チェックアウトまで報告書を書いたり、シャワーを浴びたり、ちょっと横になったりと、

 

体を休められる環境があったというのは、とても助かりました。

 

ホテルの設備にも満足

 

バスルームも広く、バスタブはもちろんのこと、シャワーが可動式だったので、使いやすかったです。

 

f:id:globalcat:20190310145414j:plain

 

また、お湯の出も最高で、あっという間に温かいちょうど良い温度のお湯をバスタブにはって、入浴を楽しむことができました。

 

f:id:globalcat:20190310145444j:plain

 

ちなみに、アメニティーも充実してました。

 

シャンプー、コンデイショナー、シャワージェルはもちろんのこと、歯ブラシ、櫛、綿棒、コットン、シャワーキャップ、バスソルトなど。

 

f:id:globalcat:20190310145751j:plain

 

枕もベッドも寝心地最高でしたし、セキュリティボックスも使い方簡単(4桁の数字を入れるだけ)、クローゼットもたくさんハンガーがあり使いやすかったです。

 

f:id:globalcat:20190310145603j:plain

 

それから、電源プラグは日本の形とは異なりますが、1つホテルが備品として電源プラグをひとつお部屋に常備してくれていたので、

 

持参したプラグをパソコン用として、ホテルのプラグを携帯用としてベッドサイドで使用することができ便利でした。

 

f:id:globalcat:20190310145630j:plain

 

ジム・プール・スチームサウナ

 

f:id:globalcat:20190310145826j:plain

 

ホテルの2Fに広々とした温水プールと女子用のスチームサウナがあり、またジム設備もウエイト・マシーンなど充実しておりました。

 

f:id:globalcat:20190310145846j:plain

 

ジム、プール、サウナ利用の際には、専用の受付スタッフがおり、そちらにお部屋番号を申し出て、ロッカールームの鍵を受け取ります。

 

ちなみに、タオルは2Fの受付で貸してくれるので持参は不要です。

 

また、お水もジムエリアでありますので、のどが乾いたらすぐに飲めます

 

ロッカールームは広々としており、大きめのロッカーがいくつもあり、トイレもシャワーブースも十分な数がありました。

 

プールではストレッチスペースがあったり、ジャグジーもあり、何より女子専用のスチームサウナがあったのは嬉しかったです。

 

朝食も夕食も美味しい

 

f:id:globalcat:20190310150044j:plain

 

朝早く起きて、朝食前にプールでヒト泳ぎし、その後スチームサウナで体を温めすっきりと体をリセットした後に新鮮なサラダ、ハム、フルーツなどの朝食を静かな空間でいただくことができました。

 

通常、朝食は宿泊客でごったがえてしており、朝から忙しい感じですが、この度Executive roomに宿泊したことにより、大人だけの空間でリッラックス。

 

朝ごはんの時間には、1組〜2組の宿泊客がいるかいないかという感じでしたから、Executive ラウンジでのんびりテレビでBBCニュースを見ながら朝食を頂くことがで心が満たされました。

 

朝食は、おかゆ2種類、温かいおかずが5種類(ミートボール、ソーセージ、シュウマイ、チャーハン、卵料理など日替わり)。

 

パンはクロワッサン、デニッシュ2種類、食パン、フランスパンなど各種、コーヒーはネスカフェアンバサダーのような本格的な味わいのエスプレッソなど頂けます。

 

ヨーグルトもプレーン、ストロベリー、ブルーベリー味、そして

 

シリアル、牛乳、ジュースも3種、フルーツ、チーズ、スモークサーモンやハムなど充実しています。

 

サラダのドレッシングも3種類あり、トッピングもクルトン、オリーブ、ケッパー、粉チーズなどオプションも豊富でとても充実しています。

 

f:id:globalcat:20190310162956j:plain

 

イブニングは、お酒のつまみになるようなおかずがバイキング形式で提供されます。

 

仕事も残っていて、外に食べに行くのもメンドクサイという時に、Executiveラウンジで、好きなものを好きなだけ取ってきて、

 

ワインをグラス1杯頂いて食事を軽く済ませて部屋に戻り仕事をすぐに続けられるのはありがたかったです。

 

ホテルで両替

 

f:id:globalcat:20190310163159j:plain

画像:photoACクリエイター:acworksさん香港ドル
 

両替はフロントデスクでいつでも、いくらからでもしてくれます。

 

わたしはVISAクレジットカードからのキャッシュアウトを2回ほどしました。

 

手数料は4%かかりますが、利便性を考えると、大した金額ではありません。

 

タクシーの予約

 

f:id:globalcat:20190310163344j:plain

 

タクシーの予約は、出発直前に部屋からフロントデスクに電話をかけてお願いするか、チェックアウト手続きの際にスタッフにお願いしておけば、すぐに来ます。

 

タクシー乗車の際には、現金を忘れずに。

 

また、タクシーの運転手は英語が全くできませんので、乗車前にホテルスタッフに、行き先を伝えてもらい、また、国際空港行きであれば、ターミナル番号も伝えてもらうとスムーズです。

 

Park Royal Hotel Hong KongのExecutive room、また利用したいです。

 

おかげさまで、体調を崩すこともなく、ゆったりと充実した気持ちで仕事に臨むことができました。

 

それでは、みなさま have a nice day

 

By ちびまる

フッターの欄