空飛ぶちびまる

グローバルに働く女子のブログ

MENU

2017-10-30から1日間の記事一覧

フィレンツェひとり旅 美術館めぐりにはフィレンツェカード取得は必須!

フィレンツェカードを購入する フィレンツェカードだけでは、ドウオモやジョットの鐘には登れない! フィレンツェ中心地は、どこも観光客で大行列!!! フィレンツェカードで訪れた名所(合計7か所) フィレンツェは街自体が世界遺産。 どこにいっても古い…

大枚をはたいて、MBA取得に挑戦して得られたこと、そしてその後の変化。【第24話 - END】

MBA取得のきっかけ MBA取得にチャレンジした理由 入学式当日・・・ 卒業までの2年間 卒業後・・・ 今思うこと・・・ MBA取得のきっかけ 2011年の3.11 から1年が過ぎようとしていた頃、わたしの実家がある、南相馬市の避難勧告の解除が出されました。 わたし…

最初から、自分が希望する海外事業担当に、なれたわけじゃなかった。【第23話】

11年ぶりにシドニーから帰国して、久しぶりの日本社会での生活に大きなギャップを感じながらも、2009年9月に日本での生活をスタートしたわたし。 長年の海外生活を経てからの帰国だったので、できることなら、英語を使って、グローバルに仕事がしたかった。 …

久しぶりの日本社会でのギャップを体験【第22話】

タイムカードを押す 玄関で靴を脱ぐ お掃除当番 デスク周りのプライバシーがない 有休休暇が2年を超えると繰り越しできない ホリデーについて何も聞かない 目の前にいても、メールでしか会話しない 目を見て話さない 会話に主語がない 自己主張がない、意見…

日本人として生きるという選択【第21話】

わたしは、日本を出て海外で生活するまでは、日本人として生まれたこと、日本人として生きること、自分の国籍について、あまり考えたことはありませんでした。 たぶんそれは、日本が島国であり、人口のほとんどが日本で生まれた日本人であり、自分の周囲の人…

海外でいろんな仕事を経験。会社をクビになり、社会から切り離される寂しさも味わう。【第20話】

慣れた職場、銀行を辞める オーストラリアの企業で働く チャンスの神様が再び舞い降りる 海外で事業の立上げを経験する 突然、会社をクビになる 社会から、切り離される寂しさを知る 辛いことを経験する価値 シドニーで生活していた時に、わたしは、大手日系…

自分の意見や意志をしっかり持つことの大切さ【第19話】

わたしは、自己主張が強いとよく言われます。 わがままともよく言われます。 わたしは、自分の意志と意見をしっかりもって、それを相手に伝える、ということを11年間のオーストラリアでの生活を通じて学びました。 日本社会においては、自分の意見や主張は控…

TOEIC900 を超えてみて、わたしが思うこと【第18話】

TOEIC900超えを目指した理由 TOEICスコアは単なる1つの指標でしかない 本当に英語ができるようになりたいなら・・・ 本屋に行くと、棚3~4つほど、英語を学ぶ、それもTOEIC関連の書籍で埋め尽くされています。 それだけ、TOEICでスコアを上げたい、高得…

英語が初心者の人にありがちなこと。言いたいこと、書きたいことを難しい文で考えすぎる。【第17話】

わたしがまだ、英語を自由にしゃべったり、書いたりできなかった、英語初心者だった頃のこと。 自分が書いた英語や、話した英語の後に、英語が上手なネイティブスピーカーと言われる人達に直される文章は、ものすごく簡単な単語と文で戻ってきました。 えっ…

笑ってごまかすことで、外国人を怒らせてしまった【第16話】

英語がまだ、上手くしゃべれなくて、外国人への対応も慣れていなかったとき、悪気がないけど、外国人を怒らせてしまったことが何度かあります。 そのうちの1つが笑ってごまかす、照れ笑い。 英語がしゃべれないから、笑ってごまかすしかない という経験あり…

日本人が何気なく使う「ガイジン」という言葉は、差別用語に聞こえることもあるので、気をつけよう。【第15話】

ガイジンという言葉は差別用語に聞こえることも ID血筋が複雑な人達もいることを知ろう 悪気がなく、相手を傷つけてしまった時には わたしが勤めた職場は国際豊かな職場でした。 日本人の多くは、純潔な日本人の血筋の人が多いけど、海外に出るとミックス…

問題を自分で解決していくことが、英会話上達の鍵【第14話】

海外生活は毎日が問題解決 自宅に帰れない タクシーで目的地にたどり着けない 銀行の窓口でおつりを間違えられる パスポートを失くされる ひったくりに遭う わたしの英会話力が、飛躍的に伸びた大きな要因は、おそらく、問題が起こるたびに、全て自分で解決…

仕事上での英語はわかるけど、飲み会での英会話についていけない【第13話】

フリートークについていけない理由 話しについていけないので孤立する飲み会 助け舟を出してくれた同僚の存在 困っている人がいたら、助け舟を出してあげよう マルチカルチャーで英語環境の職場にも慣れてきて、仕事上の話しであれば、ある程度、会話につい…

英語の音が聞こえるようになるには、段階がある【第12話】

最初は、ただの雑音にしか聞こえなかった 英語のシャワーを浴びて耳を鳴らす 耳に入ってくる日常会話の例 英会話の引き出しを増やしていく わたしがイタリア語会話で実践していること 英語が喋れるようになるには、英語の音がまずは聞けるようにならないとい…

夢の実現には、必死に、どこにでも飛び込んむ勇気が必要。【第11話】

なんの取り柄もない自分に嫌気がさして、『このままじゃ嫌だー!』『こんな人生つまんなーい!』と感じ始めた23歳。 英語が喋れるようになりたいと夢を見て、田舎を飛び出した24歳の秋。 恋の勢いで日本を飛び出して、移民大国オーストラリアに上陸したのが2…

ワーホリビザから、学生ビザに切り換えアロマセラピストの資格取得を目指す【第10話】

ワーホリビザの有効期限は1年間。 銀行での勤務に慣れてきたころ、オーストラリアに来た一番の理由、アロマセラピストになること、を思い出して、『そうだ、わたしはアロマセラピストになるんだった』と、急きょ学校を探し始めて、学校見学へ。 私が通った学…

聞き取れなければ、英語の会話は成り立たない【第9話】

わたしが渡豪して、英語がやっとできるようになってきたかなぁ~と思えたのは、銀行での勤務が3年ほどたった頃のことです。 会社の人の名前と顔が一致してきて、誰がどの課にて仕事しているかがわかるようになってきて、『〇〇課の〇〇さんと話がしたい』な…

英語が聞き取れなくて、外線電話をとるのが怖かった時代【第8話】

銀行で働きはじめて、社内環境に慣れつつあるころ、総務的な仕事もするようになって、外線電話をとって、社内関係者に電話をまわす、というお仕事をすることになりました。 当時のわたしは、外線電話をとるのが、とにかく、怖くて仕方がなかったです。 だっ…

英文を書く、というアウトプットの練習は、社内メモの文章コピーから【第7話】

『自分の言葉を英語でまとめて書く』というのは、英語初心者の場合、『至難の業』です。 それも、全社員向けのメモだったり、対外的に出す文書だったりすると、なおさら『間違えてはいけない』、という思いがつのり、緊張や不安もあって、なかなかうまく書け…

まずは課長の朝ご飯、コーヒーとサンドイッチの注文の時の英会話を覚える【第6話】

シドニーでの生活が始まる1年が過ぎ、チャンスの神様がまいおりて、めでたくまともな職場、それも銀行という、とてもお堅い組織で働くことになったわたし。 わたしが配属になったのは企画課で、企画課の仕事は、例えば、災害対策プランや経営企画的なお仕事…

突然、 チャンスの神様が舞い降りた!【第5話】

ワーホリでシドニーに行くも、ぜんぜん仕事が見つからなかった頃、時は1998年にさかのぼります。 英会話スクールの時と同じく、『キャラと勢いだけ』で雇ってもらった銀行のアルバイト。 採用期間は『たったの2週間』。 その後が不安であったが、まずは目の…

なんのとりえもなく、無能の烙印をおされる渡豪1年目【第4話】

英会話スクールで、少しは英語が話せるつもりになっていたわたし。 思った以上に、現実は厳しく、スーパーに行くにも、バスに乗って、お出かけするにも、言葉が通じず、何にもまともにできない日々。 外国に行ってみて初めて分かったことは、英会話スクール…

英語どころか、平均以下の人間なのでは、と思い悩む日々【第3話】

『英語を身につけたい!』という一心で、勢いで、英会話スクールに転職したわたし。 待っていたのは、地獄の営業トークのトレーニング。 体育会系のノリで、店長を含めほぼ全員20代の職場。 若気の至りで乗り切ったが、楽しくも厳しい職場。 毎日、夜10時過…

勢いで転職、飛び込んだ英会話スクールの営業【第2話】

ぜ~んぜん、英語がわかんない超初級レベルなのに、いきなり英字新聞や中級レベルの英語教材に手を出し、お金をゴミ箱に捨てたわたし。 まじめな話、わたしの英語の力は平均以下で、、、 Hello! こんにちわ!How are you? 調子はどうだい?I am Sam. 僕は、…

英語がまるっきしダメだったわたし。無駄に費やした英字新聞と英語教材【第1話】

今となっては、まわりから、「英語ができていいわねぇ」とか、 「仕事で海外にあちこち行けて、いいわねぇ」とか言われるが、 私にも、『ぜ~んぜん英語ができなかった時代』が、もちろんありました。 さかのぼること、かれこれ、約20年前。 旅行代理店で働…

事実ベースの情報をもとに物事を判断・選択をする難しさを自覚し、自分なりの結論を出す勇気を持つ

ニュースで、衆院選の投票の際にフェイクニュース(ブログも含めて)に気をつけてと注意喚起を促しているのを拝見しました。若い世代においては、テレビや新聞に触れる機会が少なく、物事の大半をインターネット、SNSで流れてくる情報で判断しているというこ…

ビジネスでも、プライベートでも、本音でしか付き合わない

本音と建前、とはよく聞きますが、わたしの辞書には「建前」はありません。たとえ、会社の上司であっても、わたしは本音でしか付き合わないし、相手がわたしに心を開く努力をしなければ、信頼関係構築は困難と考えています。幸い、わたしの上司もスタッフも…

ビジネスにおいて、海外市場、海外事業そして、海外戦略を一括りでは考えられない理由。

ビジネスの話をしていると、海外市場に参入しよう! 海外事業を伸ばそう! 海外戦略を立てよう! など、地球上で日本以外の他の地域を、”海外” という言葉で一括りにされてしまうことがあります。でも、実際のところは、現場担当の観点から話をしますと、他…

グローバルに働くには、取引先の外国企業だけでなく、自社の企業文化や組織体質を熟知し理解することは必須。

海外事業担当になって、海外取引先との商談が増えてきてから、気がついたことがあります。それは、もちろん、相手方のお国柄的な文化、業界的な特性、企業文化、そして個人的なキャラなどを考えて、商談や関係構築をしていく必要があるというのは当然のこと…

グローバルに働くのは、日本にいてもできる

今日のわたしの一日は、海外の取引先とのスカイプ会議で埋め尽くされた、一日でした。わたしが勤める企業は、ベンチャー企業なので、わたしは3つの異なる事業の海外事業開拓の窓口をやっているので、話す内容も、話す相手も、多岐にわたります。3つの事業…

フッターの欄